2018年度:俺的、思わず惚れてしまった「最強バンドマーチTOP10」!!

TER181224009

今年も残り7日、1週間をきったわけだ、今日はクリスマス!街中あふれているカップルを見てヘイトが極限までたまっているので今日もヘヴィーミュージック漬け、そして「性」なる、いや「聖」なる今夜もいつもと変りなく、音楽ネタをインプットしアウトプットしようとブログを書いている!「さみしくなんかないからね!」



仕入れた情報はライブ情報でまさかのHARVESTの来日を知る!今は亡きTrustkill Recordsが当時好きだった人なんかは記憶に残っているバンドでしょ?30代のごく一部は歓喜しているのではなかろうか?てかこれは不意打ちすぎるwwwでも東京だけなのね・・・

TER181224010


2019年、来日ラッシュすぎやしませんか?

・The Acacia Strain
・State Champs / Knuckle Puck
・Terror / Stick To Your Guns
・Starmarket
・Harvest
・Taking Back Sunday
・While She Sleeps
・Unseen Faith
・Vitamin X
・The Dickies
・Neurosis / Converge
・Earth Crisis / Sect
・ALLiSTER
・Gang Of Four
・Mae
・Mineral
・Coarse(元CapsizeやOld Woundsのメンバーによるバンド)
・Download Festival
・The Story So Far / Citizen / Elder Brother
・Polaris / Landmvrks
・Flogging Molly
・Samiam

盛り上がっていきそうだ!!ライブだけじゃなくニューアルバム、音源の発売、そして新しいグッズの発売、ワクワクが止まらないね!グッズに関してはね、どんなデザイン、どんなアイテムが流行るのか?など勝手に予想し楽しんでいる、18年もバンドマーチは進化し続けていたからね、ということで今回は「最強の10枚」をいったん忘れて、「最強のバンドマーチ10枚」を紹介していこう!もちろんこの目で生で見て触ってたたんで計測したアイテム!ジャンルは問わずに僕が惚れてしまったバンドグッズ、バンドマーチである!

TER181224011

VULVODYNIA / ヴルヴォディニア – VENOM プルオーバーパーカー(総柄)

正直、届くまでは半信半疑だった、けど届いたときのインパクトは過去最高、派手なだけじゃなく、デザインのレベルが高い!生地も良い!しかも今年映画となったヴェノムデザインって!!完全に俺得アイテム!何処へ出かけても視線を集めてしまう一枚である!現在はスラミングデスやデスコア中心だがハードコアの総柄なんかも発売してくれると嬉しいかな!※このアイテムが気になった方はこちらをクリック!







Gorilla Biscuits

Gorilla Biscuits /ゴリラ・ビスケッツ – New York Tシャツ(ロイヤルブルー)

売り切れては再販売となかなか入荷できなかったゴリビスのまさかの新作、ロンTなども発売されたが、NY感に強いこの一枚に惚れた!MerauderもサンプリングしていたNYメッツな配色にデザイン!スポーティーなストリートアイテム!90’Sストリートが流行中の18年だからこそお申し込みも多かった作品!今年はあまり着用していないから来年はパーカーの上から着用したり、夏はハーフパンツと合わせたり、コーデを考えるのも楽しみな一枚である!※このアイテムが気になった方はこちらをクリック!







Polyphia/ポリフィア

Polyphia/ポリフィア – The Worst ジップアップパーカー(ホワイト)

今年から急激に増えたホワイトのパーカー、そしてハイセンスすぎるバンドマーチでもおなじみのPolyphiaから登場したハイブランドの高級感すら感じさせてしまうこのバックデザイン、さりげないフードに落とし込まれたプリント、実はPolyphiaの中でもあまり人気がなかった商品、僕的にはPolyphiaマーチのNo.1作品!生で見る前から惚れていますがこの手に取りじっくりと生で見たときの高揚感は忘れない!とにかくオシャレな一枚!今では少なくなってきたジップアップってのもいいよね!※このアイテムが気になった方はこちらをクリック!







EMMURE / エミュア(アンミュレ)

EMMURE / エミュア(アンミュレ) – Cult Circle コーチジャケット(迷彩)

先ほど登場したPolyphia同様、バンドマーチのおしゃれ度では引けを取らないEMMUREのコーチジャケット、目を引くブルーのプリント、フロントには一切プリントがないのが僕のお気に入り、そしてボディーがさりげなくダークなカモ柄になっているとこ、これはコーチジャケット史上10本の指に入る名作かと、ロングスリーブでは主流のスリーブプリント、これがコーチジャケットにまで広がってくれて来たのは最高にうれしいね!※このアイテムが気になった方はこちらをクリック!







Madball / マッドボール - For The Cause カレッジ・ジャケット(ジェットブラック)

Madball / マッドボール – For The Cause カレッジ・ジャケット(ジェットブラック)

まだまだ記憶に新しいMadballの新作ジャケットは誰よりも早く注文したのにぼくのXLサイズは売り切れ・・・・まだ入手できていないのだが、このアイテムを見つけたときの興奮は今年一かもしれない!実際に入荷し、そのクオリティーの高さにもびっくり、袖のレザーはだいぶ柔らかく薄めだが同じブラックの配色でも素材感で他と差別化できるし、ボールのワッペン、バックもシンプルなフォント、とにかく早く着用したい!最近再販売されたんでしっかりXLサイズ発注かけときました!※このアイテムが気になった方はこちらをクリック!







Being As An Ocean/ビーイング・アズ・アン・オーシャン - OK プルオーバーパーカー(ブラック) Off-Whiteサンプリング

Being As An Ocean/ビーイング・アズ・アン・オーシャン – OK プルオーバーパーカー(ブラック) Off-Whiteサンプリング

こちらもマーチには定評のあるBeing As An Oceanのマーチなんだけど、ハイストリートOff-Whiteのサンプリングデザイン!もはや訴えられるほどに類似した点が多いがそこに女性のフォトや、さり気に落とし込んだOKのロゴ、厚めのボディーを使用しフードもたつ、着用したからこそわかる存在感と合わせやすさ、デートやすこし上品な場所に行く際にも通用する高級感、こちらは届いた実際に着用してほれ込んだ一枚でした!※このアイテムが気になった方はこちらをクリック!







Cold Cave / コールドケイブ - NUN Tシャツ(ホワイト)

Cold Cave / コールドケイブ – NUN Tシャツ(ホワイト)
おっぱいポロリしちゃっていますが、ダークかつカルト全開なCold Caveの世界観が見事表現されている、まさに無二な作品!とにかくカルト臭でまくりんぐな一枚!個このフォトが持つ圧倒的な存在感、今年も多く登場したフォトデザインの中でも胸を鷲頭神にされ虜になってしまった一枚だ!※このアイテムが気になった方はこちらをクリック!







Converge / コンヴァージ - The Dusk In Us Metallic ジップアップパーカー

Converge / コンヴァージ – The Dusk In Us Metallic ジップアップパーカー(ブラック)

数多くあるコンヴァージアイテム、今年も多くのアイテムを入荷してきたんですが、その中でも一番はこれ、ラメの入ったかのようなメタリックなプリント、デザインは名作の「The Dusk In Us」、フロントや袖はアートかつ控えめに、バックにはアートが爆発した「The Dusk In Us」デザイン、Convergeファンという完全な個人的な意思が強いですが、このアイテムはホレてしまいましたね!最新epのBEAUTIFUL RUINのデザインと迷ったんですけどね・・・※このアイテムが気になった方はこちらをクリック!







Face To Face /フェイス・トゥ・フェイス - Skull Crown フランネル・ボタンダウン・シャツ (ネイビー)

Face To Face /フェイス・トゥ・フェイス – Skull Crown フランネル・ボタンダウン・シャツ (ネイビー)

USメロコア・哀愁メロディック・パンクFace To FaceグッズはロンTも最高にイケてたんだがこのボタンシャツは最高だね!バンドマーチでは少ない単色のボタンシャツ、若干の起毛がかった 独自の質感が渋いネに胸にワンポイントの刺繍、この刺繍っていうのも2018年の重要なキーワードだね!一生付き合えるリアルクローズな無骨な仕上がりはすこしキレイめのスタイリングでも使える!一枚持っておくと重宝するアイテムだ!※このアイテムが気になった方はこちらをクリック!







Terror/テラー - KOTF プルオーバーパーカー(ホワイト)

Terror/テラー – KOTF プルオーバーパーカー(ホワイト)

やはりテラーアイテムは入ってくるよね!ブラック、レッド、ネイビーとKOTFが発売された当時爆発的に人気だったプルオーバーの晋作、しかもトレンドを踏まえたホワイト!さらにプリントはネイビーで清潔感ある仕上がりに、Polyphiaのホワイトパーカーと迷うがやはり一番好きなハードコアバンドのマーチこちらの勝利!とはいっても汚れるのがこわくてあまり着用できていないんで、ストック用を今発注しているところ、気を遣うホワイトだけど、それ以上の魅力、おなじみのメッセージ性があるからね!!※このアイテムが気になった方はこちらをクリック!







いかがでしたか?正直あと20枚ほどアップしたいんだけど、何とか10枚に絞ってみました、これもシリーズ化して毎月1回はアップできるようにしていくね!!!

そうそう、あとTERRORに関してなんだけど、我らの兄貴スットコ!違う!スコットいるじゃん?そんなスコットが在籍したバンドといえば?一番有名なのがBuried Aliveだよね?さらに2バンドいるのはハードコアフリーク、テラーマニアにはご存じだよね!そうですDESPAIRにそれ以前に在籍していたSLUGFESTこれらのマーチ追加したからチェックしてね!!

DESPAIRマーチSLUGFESTマーチ共に48時間限定のみ販売!当然、僕は全種手に入れる予定!僕と同じくTERROR好きは一緒に手に入れようね!!このデザインTERRORマーチでもよく使われているよね!当然元ネタはSLUGFESTなんです!

TER181224005

48時間限定のみ販売!12/26日の夜9時に終了します!

DESPAIRマーチSLUGFESTマーチはこちらをクリック!

【ポジ散歩】TERROR、DYNASTY、BDHW、のグッズ着用で敦賀港イルミネーション「ミライエ」に突入!

ミライエ

2019年へのカウントダウンが始まった、年末、年越し、その前にやってくるのが悪しきクリスマス!街中にリア充があふれ、いたるところでクリスマスソングが垂れ流される、そんな性なる、いや、聖なるクリスマスをブラックメタルで街中を闇黒に染め上げたい!!自分で言ってヤッベーヤツだと思うんですが、クリスマスに何の良い思い出も皆無のワタクシ、恨み、妬みが体を支配し、完全な闇属性、このままだとダークサイドに落ちてしまうため、少しばかり聖属性を体内に注入しようと、リア充の巣窟、イルミネーションに潜入することに!

MIRAIE181220005



車での移動のBGMは先日の「18年度最強の10枚」にも登場したNothing の 「Dance on the Blacktop」で変わらない田舎風景にNothing サウンド、思わずトリップしてしまいそうだったが無事敦賀港に到着、赤レンガを拝見することに!赤レンガの隣に展示してあった電車ではなくガソリンで動く汽車、

敦賀赤レンガ

高校時代はこの汽車に乗って通学してました!汽車というと「いつの時代やねん!」とよくツッコまれるのだが、結構最近まで活躍してたんですよww、汽車内ではよくケンカが勃発し通学は結構地獄でしたwwwノスタルジーに浸る・・・

赤レンガ



敦賀赤レンガ館の外周から攻めることに、歴史を感じさせるレンガの壁、この赤レンガ倉庫はアメリカはニューヨークの石油会社によって1905年に建てられた石油倉庫なのである!
敦賀赤レンガ



レンガってハードコアなイメージが強い!しかもニューヨークの会社が作ったって聞くとストリート感あるニューヨークハードコアを連想してしまう。

TERROR



グリーンのHundredthキャップに真っ赤なパーカーはDynastyFacedown recordsのハードコアバンド、まだ活動しているのかな?ロゴ内にフォトが落とし込まれた大好きな一枚!



本館が見えてきた、2錬あるのだが一つはレストラン、一つはミニチュア、ジオラマ館なのである!にしても世界が崩壊したんじゃないかと思うほど人っ子一人いない・・・嫌な予感・・・・

赤レンガ館



嫌な予感は的中!まさかの本日休館!!水曜日休みって珍しくない???リサーチ不足だった・・・・このために昼ご飯を我慢していたのに!!!

敦賀赤レンガ 休み



イルミネーションが点灯するまでにはまだ時間があるため、敦賀港を散歩してみることに、資材を運んでいたであろう廃線があった。

敦賀廃線路



グリーンのキャップにレッドのパーカー、お気づきだろうか?クリスマスカラーなコーデなのである、数は少ないけどレッドのマーチってこの時期の季節感を演出してくれるよね!はぐれても目立つからすぐ見つけてもらえそうだしwww

TERROR


周りを探索中に尿意に襲われトイレを探すことに!トレイだと思って入った先は・・・
ランプ館

それはランプ小屋という建物、


列車の灯火に使用されるカンテラの燃料を保管する油庫として、かつては主要な駅に一般的に存在したものです。しかし光源が電灯に変わるなどして、その用途が消滅すると、駅の増改築などで急速にその姿を消していきました。

僕のコーデを予想しているかのようなグリーンとレッドの蒸気機関車が使用していたランプの展示が。

ランプ館


2つの部屋があり、こちらはランプ小屋に関するパネル展示、鉄道好きマニアにはたまらない施設なのかも、ではないぼくは、特に何もwwwま、学ぶという点では貴重な施設、ってか場所分かりにくいって!!見つけたときはトイレかと思ったもんね!

ランプ小屋


陽が落ち始めるとともに雨も強くなる、ライトアップされたレンガ館にて
敦賀レンガ


寒い寒い寒い!光量の強いライトはなかなか暖かいね!冷え切った体と心が少し暖かくなった・・・

MIRAIE181220018



イルミネーションの点灯10分前、続々と人が集まる。シャトルバスも出動するくらい人気なようだ!意外と年配のおじさんやおばさまが多かった。
ミライエ




そして18:00、真っ暗だった港の公園がきらびやかに光りだす!!!

MIRAIE181220020



う、う、美しい!!!想像以上に美しいじゃないか!!!点灯とともに大歓声があがる!



敦賀港に面する金ヶ崎緑地がLED電球約45万球の光で包まれる北陸最大級のイルミネーション。緑地の樹木は色鮮やかなイルミネーションで装飾され、全長約70mのアーチや機関車のオブジェなどが登場し、幻想的な空間を演出する。このイルミネーションはボランティアにより設置され、電源はすべて廃食油から精製されたバイオディーゼル燃料でまかなわれている。周辺には、敦賀赤レンガ倉庫や、人道の港敦賀ムゼウムなどの施設もあり、家族やカップルに人気のイルミネーションスポットとなっている。



想像をはくかに越えてきやがった!!やるじゃんミライエ!!!!

ミライエ



人がいなくなるのを見張ってパシャリと一枚!さすがは北陸最大級のイルミネーション、LED電球を55万個以上使用しているそう、体に染みついた闇が浄化されていく気分である。その一枚撮影後にはカップルがキスしながら写真を撮っていた・・・それを見た僕の中にある妬みのドロドロした闇が上昇したのは言うまでもない!

イルミネーション


あまりの寒さとカップルの接吻で体と心は冷え切る、自販機でホットのコーヒーをとじゃり銭を入れるもなぜか10円が反応せず・・・悲しみが背中に現れているね・・・

MIRAIE181220023



イルミネーションのトンネル、自販機をぬけると時計台に巻きつけられたイルミネーション、温かみあるカラー、ナチュラルで良き感じ。
MIRAIE181220024



グリーンのイルミネーションも美しい!
MIRAIE181220026



海沿いの手擦りにはホワイトとブルーのライト、光るが水面に反射して揺れる、良い感じ!!

イルミネーション2019



この日、降った雨も光が反射し幻想的に演出しやがる!
MIRAIE181220028



光り具合で階段の境目がわからずおもっくそコケて数人に目撃される、恥ずかしさを殺しながらカッコつけて一枚ww
イルミ

音楽も相まってクリスマス一色、やはりマライアは鉄板、聴き飽きてるけど、この日ぐらいは許そう!そう思わせてくれるくらい心の闇は晴れてきたのかもしれないwww

敦賀ミライエ

敦賀市内の小学生がペットボトルで作った提灯、手作り感満載なライト、この光は一番温かみがあったな。

MIRAIE181220031

この日、着用しているのはTERRORのディッキーズジャケット(廃盤)、ジャケット、パーカー共にXLサイズである!

TERROR Dickies



TesseracTを連想させる光キューブの中で宇宙パワーを授かる、次元がゆがんだこのようなボケがいいでしょ?
ミライエ


SLのモニュメントもあったよ!
ミライエ

スマホ、カメラの電池、小銭、ちょっとしたお出かけに役立つBDHWのバッグ、この日も役立ちましたよ!

MIRAIE181220035


はい!今回突撃した敦賀イルミネーションのミライエ、心が浄化されました、クリスマスはそこまでやってきた!リア充なアナタはぜひ敦賀ミライエへ!!

MIRAIE181220036






今回の着用アイテムは

Hundredth のウール生地、スナップバック・キャップ※廃盤
TERROR のディッキーズジャケット(XLサイズ)※廃盤
Dynasty のプルオーバーパーカー(XLサイズ)※廃盤
BDHW のプッシャー・ミニバッグ
・ノーブランドのパンツ(34インチ)
・Afterbase のソックス(ワンサイズ)
・NIKE AIR MAX 90(29cm)

AIR MAX 90



撮影場所

敦賀赤レンガ倉庫
敦賀港イルミネーション「ミライエ」






※スタイリング写真投稿者全員に500円クーポンプレゼント中!
 
そして毎月1名に当たるクーポンですが

11月からルールが変わりました!写真投稿の数に関係なしに5000円クーポンを投稿者の中ら1名に抽選でプレゼントします!

さらに投稿が5件を超えると1件につき1000円アップ!6件あれば6000円10件あればなんと10000円クーポンにもなります!

投稿数が増えればクーポン金額がアップは変更なし1件でも5000円クーポンは1名に当たるってことです!

あなたからの投稿、楽しみに待ってるぜ!!!

投稿していただいた最高なスタイリング写真は一気にこちらのページから見れるからチェックしてね!投稿があり次第更新していきます!






あなたのバンドマーチスタイリング募集中!



あまり気にせず軽いノリ的なスタンスで参加していただいたら大丈夫ですよ!ただただ、仲間たちでバンドマーチ着用スタイルを共有したいんですよね!以前インスタにあげてた写真Facebookで使用した写真などでもいいし、少しくらいぼやけてても大丈夫っす!ww送っていただく内容も上半身だけだったらその他は空欄でいいしね。


・上半身のみでもOK
・顔が映ってなくてもOK
・バンドマーチは1点装着していればOK
・Positivedive以外で購入したアイテムでもOK

だからガンガン送ってみてください(^^♪

着用画像の送り先はinfo@positivedive.comにお願いします!

随時募集中!あなたからの投稿待ってるぜ!!

コピペして画像と一緒にメールで送ってね!(記入したくないとこは記入せずでともOKです!)



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■あなたのお名前:(ニックネームでも構いません)

■身長:cm 体重: kg(教えたくない方はなしでもOK!)

■トップスの名前とサイズ:

■インナーの名前とサイズ:

■アクセサリ(キャップ、バッグ、指輪、ネックレスなど)

■パンツのサイズやメーカー:

■スニーカーや靴などのメーカーやサイズ:

■最後にスタイリングのポイントを教えてください。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



着用画像の送り先はinfo@positivedive.comにお願いします!

あなたの2018年のスタイリング楽しみにしてます!

河内野

【2018-12月部門】「へい」さんによるグリーンの「Easy money」パーカーでスケータースタイル!【No.53】

Easy Money

イージーマネー

BDHW

BDHW

へいさんいつも最高な写真、ありがとう!以前投稿していただいたStay sick Clothingパーカーのモノクロコーデも最高だったんですが、今回はストリート感の強い、スケートスタイル、大好物なスタイリングです!



ワーナー・ブラザースのアニメーション作品ルーニー・テューンズに登場するBugs Bunnyをサンプリングしたデザイン、グリーンのボディーとの相性が最高ですね、ジョーダンともコラボしたBugs Bunny、バスケ好き、90’S好きは思わず反応してしまうデザインですね、ディッキーズのショーツとスケートソックス、ショルダーバッグ、定番のオールドスクールではなくベルクロってとこもへいさんのこだわりが見えます!ニット帽が何色だったのかが気になりますww僕の予想ではオレンジなんですが、そしてキックボード、ハンドル部分がボールになっているんですが、今はそれが主流なんですか?キックボードも相まってストリート感が演出された最高なコーデでした!


「へい」さん最高な写真ありがとう!

へいさんはBLOODAXEで購入されたEasy Moneyのパーカーということでネットではもう購入できないパーカー、これは参加したからこそ手に入ったパーカー、うらやましいです・・・・・が、このデザインのクルーネックなら取り扱いあるからぜひチェックしてみてください!

Easy Money




では!500円クーポンを発行させていただきますね!最新のバンドマーチのお買い物の際にぜひ使ってくださいね!





※スタイリング写真投稿者全員に500円クーポンプレゼント中!
 
そして毎月1名に当たるクーポンですが

11月からルールが変わりました!写真投稿の数に関係なしに5000円クーポンを投稿者の中ら1名に抽選でプレゼントします!

さらに投稿が5件を超えると1件につき1000円アップ!6件あれば6000円10件あればなんと10000円クーポンにもなります!

投稿数が増えればクーポン金額がアップは変更なし1件でも5000円クーポンは1名に当たるってことです!

あなたからの投稿、楽しみに待ってるぜ!!!

投稿していただいた最高なスタイリング写真は一気にこちらのページから見れるからチェックしてね!投稿があり次第更新していきます!






あなたのバンドマーチスタイリング募集中!



あまり気にせず軽いノリ的なスタンスで参加していただいたら大丈夫ですよ!ただただ、仲間たちでバンドマーチ着用スタイルを共有したいんですよね!以前インスタにあげてた写真Facebookで使用した写真などでもいいし、少しくらいぼやけてても大丈夫っす!ww送っていただく内容も上半身だけだったらその他は空欄でいいしね。


・上半身のみでもOK
・顔が映ってなくてもOK
・バンドマーチは1点装着していればOK
・Positivedive以外で購入したアイテムでもOK

だからガンガン送ってみてください(^^♪

着用画像の送り先はinfo@positivedive.comにお願いします!

随時募集中!あなたからの投稿待ってるぜ!!

コピペして画像と一緒にメールで送ってね!(記入したくないとこは記入せずでともOKです!)



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■あなたのお名前:(ニックネームでも構いません)

■身長:cm 体重: kg(教えたくない方はなしでもOK!)

■トップスの名前とサイズ:

■インナーの名前とサイズ:

■アクセサリ(キャップ、バッグ、指輪、ネックレスなど)

■パンツのサイズやメーカー:

■スニーカーや靴などのメーカーやサイズ:

■最後にスタイリングのポイントを教えてください。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



着用画像の送り先はinfo@positivedive.comにお願いします!

あなたの2018年のスタイリング楽しみにしてます!

河内野

【18年まとめ企画】今年も開催するぜ、あなたが選ぶ「18年最強の10枚」!!

BL181114046

12月も突入し早くも4日が経過、今日はヒートテック + ロンT + パーカー + コーチジャケットとなかなかのフル装備で出勤したんだけど、気温なんと22℃、12月だよ!!!1年通して一番過ごしやすい最高な気温、寒くてメインで着ることがなかったJesus PieceのロンT一枚で過ごしている、いよいよJesus Piece来日だね!hate5sixも一緒に来日だから気合いあ入っているモッシャーも多いはず!

ジーザスピース



テレビではM-1グランプリ、今年の終わりが徐々に近づいてきているのを感じる、何かやり残したことはないか?自問自答している12月、やり残したことだらけ、と思い急遽、昨日から開催したメルマガ購読者のみのイベント、もなかなか好調、来年からはメルマガ購読者のみの特典プレゼント、メルマガ購読者のみのセールなんかもやっていくから登録しといたほうがお得だよ!



年末といえば、やはり忘年会、今のところ決まっている忘年会は3つ、なかなか会えない仲間、さらにはキュートな女子たちも一斉に集まるからファッションも気合いが入る、当然バンドマーチでね!年末の飲み会のためにと色々なコーデをネットでは見つけ、同じようなスタイリングを鏡の前で試す、もちろんガンガンにハードコアを流しながらね、いわゆる一人ファッションショーである。



忘年会以外にクリスマスも待っているが僕は関係ないww年末といえばポジティブダイブ恒例の



あなたが選ぶ2018年度【俺の10枚】アンケート


当然今年もやりまっせ!!2017年度は43名の仲間に参加、その43名からいただいたアンケートに登場のアルバムを集計して2017年度Top5も紹介したよね!


・第6位:AlazkaPhoenix
・第5位:CounterpartsYou’re Not You Anymore
・第4位:Code OrangeForever
・第3位:Neck DeepThe Peace and the Panic
・第2位:Darkest Hourgodless prophets & the migrant flora
・第1位:ConvergeThe Dusk In Us

2017年はという結果になりました。名盤アルバムだらけ!当然僕はConverge!!2位にランクインしたDarkest Hourは意外だった。



2018年度のTop5はどのバンドのアルバムになるのか?ワクワクしています!!



今年はどんな感じにアルバムを紹介しようかと考え中


・アルバム10枚
・その10枚の中の最強な一枚は?
・18年度N0.1の名曲は?
・18年度一番好きなMVは?
・18年度最強のジャケットデザインは?
・18年度NO.1お気に入りマーチは?

去年は「今年観た映画・ドラマのNo.1」のアンケート項目もあったけど無しにしときます。


追加してほしいアンケート項目などあればガシガシ教えてくださいNE☆!



メタル専門になってしまうけど、Metal StormというサイトではTop 20 albums of 2018という記事が、20枚を厳選してその中からみんなで1位を選ぼう的な?現時点での最高位はAmorphisの「Queen Of Time」というアルバム!聴いてないからちょっとチェックしてみる!


BL181114044


8位にいるRivers Of Nihilの「Where Owls Know My Name」は僕も大好きなアルバム!サックスパートが斬新、ぼくは前作より断然こっちだね!!





完全にメタルバンド、オンリーなランキングだけど、メタルも愛する僕はこういった記事が大好物、知らないバンドがいれば1つ1つ調べてとりあえず聴いてみる、常にそんな感じだからさ2018年の10枚を選武のが本当に大変なんだよねww


一番はハードコアだけどメタルにメタルコア、デスコアからポストハードコア、パンクもメロディックも、ヒップホップもアンビエントもオルタナも好き!・・・・・・ツ、ツライ!!!選べるのかオレ!!!!

sputnikmusic.comというサイトは幅広い各ジャンルで2018年度、最高なアルバムがアップされているからチェックしてみ!!僕はこのサイト結構お世話になっています!ヤッベーバンドのアルバム見つけちゃってください!


BL181114045



画像のようにポップパンク部門もあるんだけど、見ているだけでもワクワクするし、「18年にアルバムだしてたの?」と見逃していた名作を見つけることもできます!!1位に表示されているSpanish Love Songsってバンド、MENZINGERS好きなら間違いなしの哀愁親父パンク!!!




そろそろ、始めようと計画中なので、しっかり10枚厳選しといてね!!!またメルマガやブログなどでお知らせしま~す!


あなたが選ぶ2018年度【俺の10枚】アンケート



お楽しみに!!!!!

当然クーポンも用意してるからね!!



当然今年もオールジャンルで大丈夫!アイドルでも演歌でもクラシックでもOK!!

【ハードコア】あのイギリス雑誌が「USA-各50州」それぞれを代表する「ハードコアバンド」を選出したようだ!「全部分かったアナタはハードコアフリークです!」

ハードコア

今日は最高の秋晴れだった、気分良く出勤しメールフォルダを開く、メーカーからの一通を見て激怒!!!!先日のイベントでも大盛況だったMadballのレザーカレッジジャケットあるじゃん?

僕が頼んだXLサイズのみ売り切れ!!!!

売り切れが発生しないために早め早めに頼んだアイテム、しかも個人的には18年の最強アイテムだと超楽しみにしていたアイテム、残念過ぎて今日は全くやる気が出ません!!!!奇跡的にXLサイズは僕以外の注文なかったんでその他サイズ10着ほど入荷予定!楽しみにしててね!!メーカーには文句言ってやりますよ!!!!!


そんな感じで一日が始まったんだけど、例のケラングの記事、メタル、パンクが終わったんで、そう!!


今回はお待たせ、ケラングが発表した

これが各州の最強のアメリカンハードコアバンドだ!



を紹介するぜ!!!みんな大好きハードコア!意外とね、近々の現行バンドも選ばれているし、名前すら聞いたことのないバンドまで、めちゃくちゃ勉強になりました!とても長い記事になるんでDigする感じで軽くチェックしてみてくださ~~い!!あなたが求めていたバンド1つでも見つかればうれしいっす!!!



では、スターツッ!!





KERRANG!

アラバマ州: 【Dismal Dream



まだ歴史はない新しいバンド、タイトな演奏、アグレッシブでクロスオーバーなサウンドの7インチ7th Realmを聴く限り今後人気が爆発するかもしれない注目のバンドだということがわかる、アラバマという土地柄はやはりクロスオーバーが盛んなのだろうか?




アラスカ州: 【Facehugger



アラバマはハードコアに限らずパンクバンドも少ない土地、「Alaska Sucks」というアルバムタイトルからいかにアラバマにハードコアシーンが根ずいていないのかが分かる、粗削りではあるがハードコアパンクでありながら抑揚があるサウンド、名前くらいは覚えておこう!





アリゾナ州: 【Jody Foster’s Army (JFA)



81年に結成、今もなお名前はマーチのデザインは有名なスケートパンク/ハードコアバンド、軽くて早いそしてチープ感がたまりません!パンク好きでスケボー好きはもちろんご存じのレジェンドである!




アーカンソー州:【Inrage



サウンドは文句なしのハイクオリティーなハードコアバンドながら、マーケティングが糞なのか、全く知名度がない!マジでクールなバンドなので最新のep「Struggle」は要チェックである!





カリフォルニア州:【Black Flag



何の文句もなく間違いなくカリフォルニアを代表するハードコアバンドといって良いだろう!説明不要のレジェンド!!





コロラド州: 【Line Brawl



コロラド州中北部に位置する都市デンバー産、かっ飛びファストハードコア!Irish Voodoo Recordsからの2017年のEP、Worse Offはハイレベルなサウンドながら、全く注目されていないバンド、僕もこの記事で初めて知ったバンド、一聴で惚れてしまいました!Irish Voodoo Recordsの所属バンドにも注目!知名度はないがクールなバンドが埋もれまくっているレーベル!





コネチカット州:【Youth of Today



同じ意味でもレジェンドではなく伝説と言いたいコネチカット産ユースクルー・ハードコアの代名詞!多くのハードコアの礎
となったハードコア史の中でも最重要なバンド!僕はShelterから入った、完全に後追いのバンドですが、やはりレイはカリスマですね!





デラウェア州: 【Year of the Knife



アメリカ合衆国大西洋岸中部に位置するデラウェア州を代表するのは次世代ハードコアバンドの中でも注目度がずば抜けているバンド、過去二年でリリースされた2枚のEPだけでこの人気、ただものじゃない!!Vein、Jesus Piece、そしてYear of the Knife、最もフルアルバムのリリースが望まれているメタリックハードコアバンドである!サウンドとは相反してキュートなモチーフをミックスするマーチも注目、ゆるキャラのフォトをしたマーチは話題になりましたね!





フロリダ州:【Culture



フロリダ産のニュースクールハードコアをたとっで行くと必ずたどり着くバンドCulture!!、後にMorning Againというのは有名!!フロリダの伝説的な叙情派ニュースクールハードコア、Shai HukudやStrongarmだって影響を受けている、ま、Shai Huludの初代ボーカリストのDamienはCultureにいたんですけどね、久々に聴きなおしたCulture、フロリダ産ニュースクールにもう一度ドップリはまってしまいそうです!





ジョージア州:【Foundation



ジョージア州はアトランタ産、すでに解散してしまった90’sなクラシカルなハードコアにグルーブを加え、モダンなハードコアサウンドだけどモダンすぎない絶妙なサウンドは今のキッズにもチェックしてほしいバンド、解散後もいまだ人気、音源のアートワークのハイセンスなデザインも脳裏にこべりついています、最後の音源となったTurncoatデザインのポリティカルかつアートなシャツは未だ愛用してます!





ハワイ州:【Die Slow



8つの島と100以上の小島からなるリゾート地ハワイ産ハードコアバンドDie Slow、Warzone、Cro-Mags、Baneなどから影響を受けたバンド、2012年解散、ハワイのハードコアシーンを知るならHawai Hardcoreをチェック!





アイダホ州:【Septic Death



カナダとの国境に面する、アメリカ合衆国北西部のロッキー山脈にある州、アイダホからはパスヘッドがボーカルを務めたハードコアバンドSeptic Death、個人的にはサウンドよりもマーチ、デザイン先行で知ったバンド、パスヘッドがデザインしたあアイテムは常に高値で取引、MISFITS、METALLICAのアートワークでもお馴染みだけどやはりCOCOBATのCOCOBAT CRUNCHがおなじみだね!




イリノイ州:【Charles Bronson



主要都市はシカゴのイリノイ州、ファストコア、パワーバイオレンス好きなら俳優よりもこのバンドが思い浮かぶ、3年ほどの活動のみでシカゴのハードコアシーンを世界的にも広めた重要なバンド、早くてうるさい、でもカッコ良いCharles Bronsonです!




インディアナ州:【Zero Boys



開拓民の州としてもおなじみのインディアナ州はハードコア・パンクバンドZero Boys、どちらかといえばメロディック好きのほうがファンファ多い、82年リリースの捨て曲一切なしのVicious Circleは必聴!いろんなモチーフをコラージュさせたフェイスデザインとイエローの背景のジャケットはハイセンス!ハードコアの暴力性がありながらもポップ、一家に一枚的な名盤ですね!





アイオワ州: 【Modern Life Is War



ド田舎のイメージが強いアイオワ、感情むき出しなエモーショナルオールドスクールハードコア!個人的にも思い入れのあるバンドが選ばれているのがとてもうれしい!WITNESSに収録のD.E.A.D.R.A.M.O.N.E.S.は名曲中の名曲、車の中でいつもシンガロングしているww2013年に復活しFever Huntingをリリースから5年経った今年に7インチ2枚を発売でフルの発売も楽しみである!ラモーンズデザインをサンプリングしたマーチはポジでもベストセラーでした、もう廃盤だけど・・・





カンサス州: 【Spine



野球ボール並みにデカイ、ヒョウが降ったことぐらいしか記憶にない田舎風景が広がるカンサス州からはWEEKEND NACHOSのVo.JohnがDr.を務めていることでも知名度ある、ヘヴィーかつファストでダーティーなハードコア、アンガーなボーカルが個人的には好み!BRIDGE NINEからリリースされた9曲入りの Faith は話題になったよね!





ケンタッキー州:【Knocked Loose



リンカーンやモハメド・アリの出身地としてもおなじみのケンタッキー州からは来日後日本でも人気のゴリッゴリのヘヴィーなビートダウンハードコアサウンドとハイテンションでキー高めのボーカルとのバランスは奇跡!間違いなくハードコアの歴史上欠かせない音源となったLaugh Tracksは一家に一枚!!できればマーチの数を増やしてほしい!!Pure Noiseの所属バンドってマーチの数少なくね!!Counting Wormsの「オウッ!オウッ!」はいつ聴いてもテンション上がる!!





ルイジアナ州:【Shell Shock



ルイジアナ州はニューオーリンズ産、79 年に結成のハードコアバンド、ジャパンスラッシュのShell Shockは知っていたんですがニューオリンズのShell Shockは個人的には知らなかったバンド、しっかりチェックしてみます!




メイン州: 【Cruel Hand



Hopeless Records所属OUTBREAKのメンバーが結成したメイン州はポートランド産ハードコアバンド、グルーヴィーでメロディアスな要素もプラスさせた進化したモダンハードコアサウンド、サウンドもボーカルも多彩、現最新作Your World Won’t Listenでは個人的にTHE ALMIGHTYのJONESTOWN MINDを連想させた、ハードコアバンドの中でもクラシカルなサウンドよりも個性的なのがタイプな人にはもってこいのバンド、旧作のマーチも復活する予定なのでお楽しみに!





メリーランド州:【Turnstile



ボルティモアでもおなじみのマサチューセッツ州からは説明不要、ハードコアを飛び越えたジャンルからの支持も高いオルタナティブ・ハードコアヒーローTurnstile、サウンドにファッション、アート、音楽の枠を超えて新しいムーブメントを引き起こすまさにスターである!





マサチューセッツ州:【SSD



才あふれるバンドを輩出し続けるレベルの高いマサチューセッツ州はボストン産の重要バンドハードコアSOCIETY SYSTEM DECONTROLことSSD、初期はスラッシーなハードコア、後期はAC/DC的なロッキンクロスオーバー、やはり初期が好き、個人的に同じくボストンのDYSと一色たんになってしまうモグリなので叱り音源購入しよっと!





ミシガン州:【Negative Approach



ミシガンだけでなく80’s アメリカンハードコアを語るうえで絶対に外せないバンド、アングリーハードコアNegative Approach、音源をまとめた編集盤「Total Recall」を持っていればマチガイナシ!パワーバイオレンス系バンドにも多大な影響を与え続けるバンド、圧倒的で暴力的でスラッシーなのが聴きたいならNegative Approach!!




ミネソタ州:【Hüsker Dü



ミネソタはミネアポリス産の3人組、パンクからハードコア、オルタナティブなどのシーンに影響を与えたレジェンド、サイケなどのたとえもよく使われるけどヴォーカルの歌い方はハードコアそのものノイジーでメロディアスなギターも聴きどころ、去年はメンバーの一人が亡くなるという悲しいニュースもあったけど、現代も相変わらずよく名前を耳にするバンド、バンド名のみ知っている人もいるけど音源もしっかりチェックしてみよう!!





ミシシッピ州:【The Grumpies



ハードコアというよりもキャッチーなパンクロックというイメージのThe Grumpies、名盤名高いWho Ate Stinkyは捨て曲なし!良い意味でチープでショボイ感がたまりません!ポップパンク好きにも聴いてほしいバンドである!





ミズーリ州:【Free At Last



ミズーリ産オールドスクール、TURNING POINT直系なメロディアスとクラシカルなオールドスクールハードコアが融合、Triple B Recordsから発売のEmbrace Youが必須、比較的最近のバンドである!




モンタナ州: 【Deranged Diction



モンタナ初のハードコアバンド、なんとあのモンスターバンド、パール・ジャムのベーシストJeff Amentの最初のバンドである、ノイジーでカオティック、ファストなハードコアサウンドが特徴!僕は全く知りませんでした・・・・




ネブラスカ州:【Bent Life



ネブラスカはハードコアシーンなど皆無な荒れ果てたリンカーンから現れた最高級なハードコア、ヘヴィーでメタリックなタフな
ハードコアサウンド、16年BRIDGE NINEリリースのnever asked for heavenは名盤です!





ネバダ州: 【7 Seconds



USの西部に位置するネバダ州からは、みんな大好き(多分)7 Seconds、キャッチーでメロディアスな疾走するハードコアパンクサウンド!初期USハードコアを代表するバンドである!ポリティカルなリリックにも注目!初期が名盤とされているが、05年作Take It Back, Take It On, Take It Over!や14年作のLEAVE A LIGHT ONも衰え知らずの名作である!





ニューハンプシャー州:【Backstabbers Incorporated



ニューハンプシャー州はランカスカー産グラインド・コア、クロスオーバー・スラッシュ、ポスト・ハードコア、デス・メタルの要素を組み込んだ激列ハードコアサウンドはクール!04年発売のKamikaze Missionsは必聴!!





ニュージャージー州:【Misfits



パンクヴァージョンとともにニュージャージー代表として登場の説明不要のUSホラーパンクの始祖Misfits!!メロディーライン、コーラスワークが極上なんです!





ニューメキシコ州:【Logical Nonsense



ニューメキシコ産、あまりにも黒い世界観、ブルータルでありスラッシーでありグルービーアートワークも含め最強なLogical Nonsense、グラインドコア、パワーバイオレンス好きにもプッシュしたいバンド!





ニューヨーク州: 【Agnostic Front



一番気になっていたニューヨークはNYHCゴッドファーザー、ロジャー、ヴィニー率いるAgnostic Front!何の文句もなく納得です!彼がいなければクロスオーバーなハードコアしかり、今のNYHCはないでしょうね、それくらい重要なのです!AMERICAN DREAM DIEDは15年リリース、MadballもSick of It Allも新譜リリースが18年にあったんで、そろそろニューアルバム期待しちゃいますよね!





ノースカロライナ州:【Catharsis



ノースカロライナ産、90年代半ばから00年代初頭まで活動しアンダーグラウンドの伝説として語り継がれる、ニュースクールハードコア、激情ハードコア、スラッシュ、クラスト、ポストロック、までも取り組んだ無二なサウンドを奏でる、3枚目のアルバムpassionは名作中の名作である!





ノースダコタ州: 【Swing Low



USの中西部の最北部に位置するノースダコタ州はファーゴ産ハードコアSwing Low!!





オハイオ州: 【 Integrity



オハイオはクリーヴランドが生みだしてしまったモンスター!暗黒デスメタリック・ハードコア、先日の来日でも記憶に新しいIntegrity、30年以上に渡り活動を続け、闇黒ヘヴィサウンドにおけるアイコン的存在、ぶれないサウンドにアートワークからマーチにも注目である!





オクラホマ州: 【N.O.T.A.



アメリカのほぼ中央に位置しているオクラホマはN.O.T.A.、正式名はNONE OF THE ABOVE!!全く知らなかったバンドこちらもしっかりチェックします!





オレゴン州: 【Poison Idea



オレゴンはポートランドが生んだ80年代初頭に結成され巨漢メンバーも記憶に残っているハードコア、USハードコアのオリジネイターとして有名なPoison Idea、マイナースレッドが掲げたストレート・エッジとは真逆、ビールにハンバーガー、セックス、ドラッグ!の荒くれたアメリカンなハードコア、この当時のUSハードコアサウンドの中でも破壊力からスピードも増し増しで群をぬいていたようだ!





ペンシルヴァニア州:【Paint It Black



ペンシルヴァニア州はフィラデルフィア産のメロディックハードコアバンド、LifetimeとKid Dynamiteの中心人物Danが率いるバンドとしてもおなじみだよね、オールドスクールハードコアの良さとメロディックパンクの良さ両方ともがうまく詰め込まれたサウンドは幅広くの人に愛され続けている。NEW LEXICONも記憶に新しいけどリリースからもう10年もたつんですね・・・




ロードアイランド州: 【Verse



日本における滋賀県と同程度の面積しかない、全米50州の中でも最も小さい州から生み出されたのは泣きのオールドスクールハードコアサウンドを奏でるVerse!!僕の中ではモダンオールドスクールの4天王的存在、度の音源も定期的に聴きたくなる!すべてがモダンオールドスクール、泣きのオールドスクールの名盤である!





サウスカロライナ州:【Guyana Punch Line



サウスカロライナからは超ド変態カオティックハードコアGuyana Punch Line!!渦巻くカオスのど真ん中で発狂し暴走、ブチ切れカオティック代表といっても過言ではない!意外と聴きやすくキャッチーにまとまっているところが不思議、意外と聞き終わった後さっぱりしますよww





サウスダコタ州:【Souls



サウス・ダコタ産、最新Epは17年発売と現在も活躍しているハードコアバンド、Souls!!Full of HellやTrap Themにも通づるヘヴィーで邪悪なアンダーグラウンド感ある今後が楽しみな注目のハードコアバンドである。





テネシー州: 【His Hero Is Gone



テネシー州はメンフィスから登場したダークハードコア・レジェンド!説明不要のHis Hero Is Gone!!




テキサス州: 【MDC



本土では1番の広さを誇るテキサス州からは80’sポリティカルハードコアMDC、究極的に左翼的なリリックは当時危険視され、結果自分の首を絞める結果となってしまった、サウンドは80’sハードコア好きなら、マチガイナシ!!




ユタ州: 【Clear



ユタはソルトレイクシティー産、ヴィーガンストレートエッジ、Clear!!Earth CrisisやHatebreedに影響されたことを自負している、メンバーのMickは7年間Eighteen Visionsで活躍、しかし35歳の若さで他界したようです。




バーモント州:【Drowningman



西部をニューヨーク州、東部をニューハンプシャー州、南部をマサチューセッツ州、とハードコアの聖地に囲まれたバーモント州はTDEPとのスプリットでもおなじみのエモーティヴなカオティックサウンドを奏でる、Drowningman!!エモ、スクリーモ、激情、ハードコア、ノイズを消化したサウンド、で未だに人気のバンドである!





ヴァージニア州:【Scream



ヴァージニア州からは、1981年に結成、ニルヴァーナのDave Grohlも所属していたDCハードコアサウンドを奏でるバンドScream!!





ワシントン州: 【The Accüsed



ワシントン州からはシアトルが生んだ80’Sクロスオーバースラッシュ、アクの強いボーカル、メタリックでスラッシーなギターはいまだ色あせない!!D.R.I.よりも好き!って方も多いのでは?





ウェストバージニア州:【Th’Inbred



ウェストバージニア州からは暴走レイジングスラッシュハードコア!Th’Inbred、疾走しながらも変則的に遊び心ある展開は無二!音源を購入するなら36曲収録のLegacy of Fertilityだね!





ウィスコンシン州:【Die Kreuzen



ウィスコンシンはミルウォーキーが生み出したまさにモンスター80’sハードコアバンドDie Kreuzen、ツッペリンやサバスなどのハードロック的な要素を見事にハードコアとマッシュアップさせたオリジナルなサウンド、ハードコアを飛び出し形容しがたいサウンドを奏でるオリジネーター、独特な世界観がたまりません!





ワイオミング州:【stoic.



全米50州の中で最も人口が少なく、当然ハードコアシーンも根付いていない土地であるワイオミング州からはstoic.、バンド数自体が少ないためワイオミングでは神格化されているバンド、ひたすら重苦しくヘヴィーでありカオティックなバンド名の通り闇黒なストイックさ感じさせるバンドである!近年のバンドではあるがすでに無期限の活動停止を発表、と残念である!暗黒でメタリックで邪悪なバンドがハードコアのトレンドの一つでもあるから人気が出そうな気もするのだが・・・




アメリカのどの州にも属さない連邦政府の直轄地」という意味が込められていD.C.、コロンビア特別区のワシントン市、そうワシントンDCはMinor Threatだ!と記事を書いている方が最後に締めくくっている!アメリカンハードコアを語るうえで最も外してはいけないバンドだね!!




とてつもなく時間がかかってしまったハードコアヴァージョン!ハードコア好きでも知らないようなバンドがちらほら、最高に楽しませてくれた今回の企画、今度は1つの州に絞ってハードコアバンドをリストアップしてほしいね!ケラングはマジで楽しい記事がいっぱい何でメルマガ登録しておくといいよ!



では!河内野

KERRANG!参照