【17年度】明けましておめでとうございます!「店長:河内野」が選んだ2017年度「最強な10枚!」で2018年スタート【No.9】

BLG16120106111



どうもどうも、明けちゃいましたね、2018年、おめでとうございます!今年もよろしくです!


新年、特に正月らしいこともせず、エクストリームな音楽まみれで過ごしています、初夢は覚えておらず、初マーチはTERRORジャケットとFit For A Kingのパーカーで朝日を見てきた。



新年一発目は「俺の10枚」河内野編でスタート!年末から考えだしたなんだけどマジで迷いましたww


BLG161201052-0

BLG161201060
AYS

ユーロ圏でいち早くモダンなテイストを取り入れたグルービーでオリジナルなハードコアサウンドを奏でるAYS から5枚目のアルバム「worlds unknown」やはり先駆者、曲ごとに表情を変え飽きない一枚、とにかくセンスが良い、ジャケットデザインも毎回独特でカルト的なのからアジアンテイストなど、他のバンドにはないセンスが爆発、マーチは癖が強く若干ダサいんでスルーしてますがww一発目はAYSでした~!





コンバージ
今回のアンケートでも多くの仲間が選んだ、説明不要、Convergeの「The Dusk In Us」100点満点としたら1万点越えしてしまう規格外のすばらしさ、すでにCD100周越えしてます、深化している部分はあるもののやはりハードコアなんですよね、文句なしの名盤、1曲を選ぶとしたら?「選びきれません!」コロコロ変わってしまうけど現時点ではConvergeの最高傑作かと!「ここまで興奮させてくれてありがとう」と言いたいねww





オールピッグマストダイ
Convergeのベン、The Hope Conspiracyのケヴィン、Bloodhorseのアダムにマット、そして最新作「HOSTAGE ANIMAL」からTrap Themのブライアンの カオティックオールスター率いるAll Pigs Must Dieの「Hostage Animal」ちょっと….やばくない、初聴、「あ、Converge越えちゃってる?」なんて思ったり、正直どちらのほうが良いのか?いまだ判断できず、、、油断する隙すら与えない怒涛の展開に今作もブラックがかったトレモロ、荒々しいブラストで爆走するデス・クラスト・メタリック・ハードコア!!!最強なアルバムでした!マーチはイケてます!






ハイアーパワー

イギリスはLeeds出身のモダンでグルービーなハードコアHigher PowerのアルバムSOUL STRUCTURE、初聴はShelterやん!!そう大好きなShelterを連想させる高音のメロディアスなボーカル、グルーヴィーでメタリック、90年代の初頭のポストハードコアを連想させるあたりも僕のツボ、ShelterからQuicksand、Leeway、Turnstileが好きなら間違いないね!






Zola Jesus
コールド・ケイヴ関連で知ったZola Jesus、アルバム「Okovi」ひそかにマイブームだったダーク・ウェイヴ、初めて聴いたのは「Exhumed」で大好きなビョークからの影響を感じたんで速攻音源ゲット、USアンダーグラウンドの若き暗黒女王”と呼ばれるのも納得な暗黒でアバンギャルドで美しいエレクトロサウンド、Okovi(「束縛」)』というタイトルも納得の傑作、前作も一緒に購入したんですがひどいくらいにポップで速攻売りましたww次回作も同じくダーク・ウェイヴな路線で行ってくれるのであればうれしいのだが
ジャケットに惚れてからサウンドに惚れたパティーンです!この手のサウンドはもっと掘っていきたい、詳しいそこのあなたいろんなアーティスト教えて!!!





コックスパーラー

ロンドンはストリートパンク、オイ・パンクのレジェンド”COCK SPARRERは10年ぶりのアルバム「Forever!」、バイク好き、サッカー好きの兄貴の友人があまりの興奮気味で「コックスパーラーアルバムでるぞ~~!」店に来るたびにCDをガンガンかけられたおかげでどっぷりハマってCD買っちゃいました!キャッチーでシンガロング必須、極上のメロディー、男らしさ、やっぱり「音楽ってシンプルでストレートがかっこいい!!」そうお思わせてくれた一枚!パンクスなスタイリングにあこがれてMサイズのマーチを買うもピチピチすぎて着用していない…..痩せなければ….Booze & Gloryと迷ったけどやはり歴史と貫録を見せてくれたCOCK SPARRERを選びました!





ノー・ウォーニング

もう二度と聴くことはできないと思っていたNO WARNINGのニューアルバム、賛否両論だった前作「SUFFER, SURVIVE」から早くも12年、ついに発売された「TORTURE CULTURE」まずジャケットを見た時点でただものじゃないセンスを感じたんだが中身は予想を超えて80~90年代パンク/ハードコアとベイエリアスラッシュのクロスオーヴァー感あふれるサンドを現代にブラッシュアップ、Alice in Chainsを連想させる曲などや人気のモダンUSハードコアな部分も若干プラスさせ完全オリジナルに仕上げた名作、当然LPも入手、今年一番聴いた作品かもしれない!






パワー・トリップ

USはテキサス産のクロスオーバー・スラッシュPower Tripの2ndアルバム「Nightmare Logic」今では引っ張りだこなバンド、マーチも初期作品から購入し愛着あるバンド、Armaggedon bluesでスラッシュ好きの仲間内で話題になったのをよく覚えている、30代40代のハートも鷲つかむザックザクに刻むリフ、80年代のベイエリアスラッシュがそのまま現代にタイムスリップしてきたようだ!仲間たちとメタルライブに行く途中の車の中では何度「Swing of the Axe!」とシンガロングしたことか、テンションを上げるとき、単調な作業をしているとき、車の運転時とどこに行くにもPower Tripがここにいた!!!






カウンターパーツ
叙情系なら間違いなくNo.1作品であろうCounterpartsの「You’re Not You Anymore」ランニングマシーンに乗りながらレックしてんじゃないかってくらいの疾走感は相変わらず、ハードコアの攻撃力と綺麗な叙情的フレーズの回復力、RPGの主人公のようなヒーロー感、さすがっす!マーチも一気にアートに寄てきまして17年人気だったな~なんて、よく撮影とかに行くんだけどその道中によく聴いた思い出が、想像通り、あの疾走感、車のスピードはみるみる上がり、リミッターカットで叙情的なフレーズに涙し爆走していたw「美しいハードコア」この言葉が一番ハマる「You’re Not You Anymore」でした!






メンジンガーズ

フィラデルフィア産、エピタフ所属ののパンク・ロック・バンド、The Menzingersの5枚目となるアルバム「After The Party」キラキラとしたポップパンクもよかったがやはり大人の哀愁、を感じさせつつもパンクってのがいいんですよね~いまだ大人になりきれない30代.40代には伝わるであろうこの大人になり切れないけど絶妙に感じさせる哀愁感、17年の初めあたりに発売されたんだけど車には常備、黄昏るときもこのアルバムは年中通して良く聴いていた思い出がある、ストリートパンク好きからポップパンク好き、にもマジ大推薦な一枚!


NO WARNINGの「TORTURE CULTURE」発売された喜び、Power Tripなどクロスオーバーやスラッシュなどにハマった17年、その中でも大好きなハードコアバンドNO WARNING、Convergeと迷ったが明らかにNO WARNINGのほうが聴いていたってことでNo.1に決定!
No Warning





BLG161201053

SWAIN – Never Clean My Room

SWAINというグランジ、オルタナバンド、いろんなサイトで音源探してたら妙にインパクトあるアルバムジャケットを発見、ピンク背景に頭部借り上げた部分にアルバムタイトル、Youtubeで検索し出てきたのがNever Clean My Room、もろに好みのグランジサウンド、名曲揃いなんだけどNever Clean My Roomが良すぎてこの曲しかほとんど聴いてない、もっと聴きこんでいたら間違いなく10枚の中にランクインしてたんだけど….根暗でナード、薄汚いんだけどリアルな美しさがある、個人的にはRadioheadのCreepやNirvanaのHeart-Shaped Boxを初めて聴いた時と同じような電流が体に走った、そんな個人的名曲、アルバムも最高なのでぜひ!





BLG161201054

August Burns Red – Invisible Enemy

August Burns Redも最高なアルバムだったんだけど購入して1か月後に友人に貸してから返ってきていないんですよね、そこでMVばっかり見てたんですがこのInvisible Enemy、サウンドも最高なんですがデジタルなMV、CG、リリックビデオが多い中アナログでしっかりと手の込んだつくりの人形劇がたまらなく好きなんです!





BLG161201055

完全にジャケットアートにほれ込んで全くの情報なしに購入した一枚!まさにジャケ買いです!17年初めに発売されたんですが知ったのは夏あたり、サウンドはアトモスフェリックなポストハードコア、後期のPoson The Wellにメランコリックをプラスさせたかのようなサウンド、暗黒で孤独で憂鬱なアートなジャケットにほれ込みました!!

The Drowned God






TERRORの限定ジャケット、今季一番お気に入りのアウター、Sylarの限定ジャケットと迷ったんだけど、バンド自体はTERRORのほうが好きなんでwwお馴染みのイーグルロゴが 胸に、バックにはHARDCORE TRUE BELIEVER、そして中期のバンドロゴがさりげなく、ハードコアなメッセが詰められた背中に仕上がっている さらに、袖にはHCハードコアの頭文字がプリントで他のMA-1をさらにハイレベルに仕上げた最強ハードコアアウター!!
テラー ハードコア





BLG161201059

みんな大好き、ウォーキング・デッドのシーズン6後半から7、「ニーガンやべ~~!」の一言に尽きますwwシーズン8はこの正月にって思ってたけど時間がない!!!じっくりと見ていきます!今年は映画ほとんど見れなかったんだよね~!






2017年はこんな感じでしたね、音源に関しては最高な音源がありすぎて….明日になればこの10枚も変わってくるくらい迷いに迷いました、17年、特にデスコア、グラインド、ブラックなどに関しては掘り下げれなかったんで18年こそ!!マーチではピンクが流行りカラーヴァリエーションが増えた年、加工されたアイテム、ブリーチ、タイダイ、ヴィンテージのヴァリエーションも増えたしアウターの種類も増えた、18年のマーチの進化も楽しみである!そしてメーカーの担当者が変わって塩対応になったのが残念wwクッソ~!

ということで2018年もよろしく!!!

河内野

追伸:
今年はガキ使見てないんだけど面白かった?

【17年度】「ずーしーほっきーさん」が選んだ2017年度「変態的な10枚!」【No.6】

ズッシーホッキー

2017年も残すところ5日をきったぜ!いよいよ2017年も終焉を迎える!!

AttilaのフロントマンFronzillaの自宅に空き巣が入ったようだね、SNSなのではFranzファミリーのセレブな生活が公開されているわけだがFronzってなんであそこまでお金持ちなのかがわからないんだが…..ステイシックでフェラーリが買えるわけでもないし… 空き巣怖いよね、被害が最も多いのが年末ってことであなたも気を付けてね!!

さて2017年度の最強な10枚、「俺の10枚」行きましょう!今回は「ずーしーほっきーさん」が選んだ10枚!


BLG161201052-0BLG161201060

phantom anthem

ただ良いんじゃなく最高なギターメロディ、キラーチューンの連発、「初っ端聴いて最高」、「聴き込むたびにさらに好きになる」そんなアルバムもなかなか珍しい最高なAugust Burns Red の Phantom Anthemでした!








Veil of Maya  false idol

Sumerian Records所属のプログレッシヴ・デスコアバンド、Veil of Mayaは通算6作目「false idol」!!前衛的過ぎるジャケットはとてもインパクトあり、サウンドも幾何学的な複雑だけど計算されている、インテリジェンスを感じさせる傑作、このアルバムも聴くたびに新し発見がある、テクニカルでブルータルでドラマチック、難しいんだけど聴きやすい、いろんな感情を引き起こす妙な感覚にしてくれる最高なアルバムでした。








メイク・ゼム・サファー

オージー産シンフォニック・デスコアバンドMake Them Sufferの通算3作目となるアルバム「worlds apart」さすがのオージーバンド、前作のドス黒さはなくなったが逆にまぶしすぎるほどの光、ホーリーな作品になった印象、ジャンルに縛るのがもったいなく感じる、とてつもない進化を遂げて、今後手の届かない存在になってしまうかも!と思わせる可能性を感じさせてくれた一枚!








シクス

今、活躍するDjentバンドたちにも大きな影響与えたバカテク・カオティック・プログレメタルバンドSikThの11年ぶりの通算3作目アルバム「the future in whose eyes?」このアルバムも回数を重ねるたびに新しい発見があるプログレッシブなアルバム、やはりどこかニューメタを感じさせるあたりもジェントだけではない世界観、無二な存在感は今作でも!そして伸びやかなメロディーは頭に残る、色々なジャンルをうまく融合しているのにゴチャゴチャにならないのが毎回感心しますww








ブラック・ダリア・マーダー


USはデトロイト産メロディックデスメタルバンドThe Black Dahlia Murder、8枚目となる「nightbringers」毎回ハイクオリティーで今作も聴く前から安心していたんだが、今作はより攻撃力増し増し、これ以上強くなるの無理でしょって毎回思うんですが、アルバム出るたびにブレずに強くなる、ブラダリさすがっす!!車のBGMにして何度事故りそうになったことか!!








ダーケスト・アワー

メタル・コア界の先駆者であり常に第一線で活躍するDarkest Hourの9作目のアルバム「godless prophets & the migrant flora」、多少のサウンドチェンジはあるけどブラダリと同じくブレずしっかりコンスタントにアルバムを発売してくれる、聴く前から安心と信頼の「Darkest Hour」というブランドである!しかもレコーディング・エンジニアにKurt、コンヴァージのね、最強でしょう!!日本盤のみボーナス・トラックにMINOR THREATJUDAS PRIESTのカヴァーが入ってんだけどこれがまた良い!!買うなら日本版ね!そしてジャケデザイン最強です!!!








ウィズィン・ザ・ルインズ

USはMA産テクニカル・デスコアバンドWithin the Ruins、5thアルバム「halfway human」想像を良い意味で裏切るテクニカル具合は他のバンドにはない個性、男臭さあふれるストレートな雄叫び、複雑だけど乗りやすいザックザックのリフはインダストリアルすきにもアピールできるんじゃないですかね、ジャケデザインはもう少し考えてほしかったかなww








コンヴァージ

Converge コンヴァージ」のThe Dusk In Us!個人的には今年のリリースでもっと待ち望んだ一枚!カオティック・ハードコア番長は、やはり神ってました!今作が最高傑作という声もちらほら見るくらいの究極なアルバムなのかもしれない!








ピネハス

Solidstate Records所属のクリスチャンメタルコアバンド、Phinehas、完全にスルーしてしまっていた作品、漢のメタルコアってイメージかオモロなMVもあったような…しっかりチェックしてみます!








ザ・フェイスレス

前作「Autotheism」から5年ぶりとなる待ちに待ったSumerian Recordsからの最新アルバム「in becoming a ghost」はまさにフェイスレスなジャケットデザインで期待感を膨らませ、サウンドは超絶テクニカルでプログレッシヴなデスコアサウンド、いろんな楽器を使用したり難解な展開、妖艶なメロディー、完全に一般人には掘っても掘っても届かない深部まで深化した無二の作品、








BLG161201052

ずーしーほっきー さんが選んだ2017年の最強の1枚
Within The Ruins の Halfway Humanでした!

Within The Ruins/ウィズィン・ザ・ルインズ








BLG161201053

ずーしーほっきーさんが選んだ2017年の最強の名曲
August Burns Redlifelineでした!








BLG161201054

Veil of Maya – Overthrow








ずーしーほっきーさん最強の10枚はどうでしたか~、テクニカルな変態ばかりで、空っぽの脳みそが音の洪水でパンパンになってしまった、Phinehasは完全スルーしてたんで大きな収穫でした!個人的にも大好きなThe Black Dahlia MurderDarkest Hourが入っているのがとてもうれしかった!猪突猛進にがんがんに攻め立てる勢いの凄まじいデスメタルは最高にテンションが上がります!あと持ってるのにあまり聴いていなかったMake Them Suffer の worlds apartがやばいことに今日、気づき…..今では虜ですww



最強の1枚はwithin the ruins の「halfway human」ってことで、最強の10枚の中、within the ruinsがNo.1だとは正直思いませんでした、完全に聴き込みが足りてないからこちらも聴きなおしてみま~す!そして今年の名曲No.1はAugust Burns Red の Lifeline!!3分後半からのギターワークは涙必須ですよね!

ずーしーほっきーさん、最強な「俺の10枚」ありがとう!










引き続き2017年度「俺の10枚」アンケート募集中です!

【17年度】「ユウさん」が選んだ2017年度「最強な10枚!」【No.5】

俺の10枚

メリークリスマス!!うん!予定はなし、あなたが投稿してくれた今年の10枚、「俺の10枚」を見て音源を漁ってはニヤニヤしているだけ、チキンはもちろんファミチキで!!!!

ボッチのさびしいクリスマスライフは置いといて、「俺の10枚」によく登場するポップパンクバンドNeck Deepの来日が決まったね!来年3月と少し先だが、早めにチケット勝っておかないとSold Outするかもね!

さて今回は「ユウさん」が選んだ「俺の10枚」を紹介していくぜ!!

BLG161201052-0

BLG161201060

サバイブ・セッド・ザ・プロフェット

2011年に東京都で結成された通称、サバプロことsurvive said the prophetの アルバム「WABI SABI」








デッド・バイ・エイプリル


よりメジャー感を意識した作り、歌モノな曲が増え、初期から進化、た日本人の琴線に触れる極上の北欧的メロディーが素晴らしく、スクリームとのバランスも良い、DEAD BY APRIL の 「WORLD COLLIDE」








コンヴァージ


Converge コンヴァージ」のThe Dusk In Us!個人的には今年のリリースでもっと待ち望んだ一枚!カオティック・ハードコア番長はやはり神ってました!人間離れしているんだけど人間味があるリアルな内容、








オーガスト・バーンズ ・レッド


ただ良いんじゃなく最高なギターメロディ、キラーチューンの連発、「初っ端聴いて最高」、「聴き込むたびにさらに好きになる」そんなアルバムもなかなか珍しい最高なAugust Burns Red の Phantom Anthemでした!








Dave Hause


The Loved Onesのボーカル、Dave Hauseのソロ作品、エモ、インディーロック、カントリー、すべてのロックファン必須のアルバム、何のギミックもないストレートな作品は心打ちます!








ウイ・ケイム・アズ・ロマンス

SharpTone Recordsへ移籍し発売された5枚目のアルバム「cold like war」美しく壮大でスケール感もアップした印象、個人的には彼らの最高傑作!!








グラスジョー
15年ぶりのアルバムが発売され17年後半ポストハードコア好きの中でも話題になったGlassjawのMaterial Control!!ジャケがいいね!キャッチーじゃないんだけど耳に残る独特なメロディーラインは前作と変わらず、相変わらずセンスが爆発してます!








ムービーライフ



グラスジョー並みにスパンが空いての14年ぶりのアルバムThe MovielifeのCities In Search Of A Heartドライブスルーレコード全盛期によく聴いたバンドが解散や新たなバンドなどを経て再結成しアルバム発売、相変わらずの青春なパンクロックサウンドに渋みが増しメロディーにも磨きがかかった今作、そこまで話題になっていないけど個人的には結構な名作なんです!





アウェイクン・アイ・アム

Victory Records所属、オージー産ポスト・ハードコアバンドAwaken I Am の「BLIND LOVE」先日は来日も果たし日本でも知名度、人気も急上昇なバンド、ユウさんが一枚目に挙げたSurvive Said The Prophetらと共演もしてますね、








ノット・ウォンク

ユウさんに教えていただいたバンドってことで知ったのは最近、2010年冬北海道は苫小牧で結成、USインディーに影響を受けたロックバンド、このアルバムには収録されていないがThis Ordinaryという曲がマジで大好きです!








ユウさんが選んだ2017年の最強の1枚は
survive said the prophetWABI SABI でした!

wabisabi








ユウさんが選んだ2017年の最強の名曲
WE CAME AS ROMANScold like warでした!








BLG161201054

Survive Said The Prophet – Listening (feat.Tielle)









BLG161201055

Dave Hause Bury Me In Philly

Dave Hause  Bury Me In Philly








BLG161201057

August Burns Red








ダンケルク

映画『ダンケルク』予告2【HD】


クリストファー・ノーラン監督・脚本・製作による2017年の戦争映画である[6][nb 1]。第二次世界大戦のダンケルク大撤退が描かれており、イギリス、オランダ、フランス、アメリカ合衆国の4カ国合作映画である

Wiki参照


BD/DVD【予告編】「THE FLASH / フラッシュ サード・シーズン」


『THE FLASH/フラッシュ』(原題: The Flash)は、超人的なスピードを武器に犯罪者と戦うDCコミックスのキャラクターである「フラッシュ (バリー・アレン)」を主人公としたThe CWによって放送されるアメリカ合衆国のテレビドラマシリーズである。

Wiki参照




ユウさんには本当にいろんなバンドを教えていただきました、今回のアンケートだけじゃなく、メールで何度もやり取りさせていただきました、中でも詳しかったエモバンド、OWELは最高にはまったバンド、今回の10枚では日本のバンドからメタルコア、カオティック、ポストハードコア、パンクなどなど幅広いセレクトでした!



最強な10枚の中ユウさんが今年の最強な一枚に選んだのはsurvive said the prophetの WABI SABI、 listeningを聴いてわかるように、とてつもないポテンシャルを持ったロックバンド、今後も注目のバンドですね。


個人的にはDave Hauseが大好きな一枚、しっかりアルバム購入して聴きまくります、ジャケもエモ前回な美しいアートな作品、映画ダンケルクは年末に見る予定、ノーラン監督はハズレなしですもんね!

ユウさん、最強な「俺の10枚」ありがとう!



引き続き2017年度「俺の10枚」アンケート募集中です!

【10月部門】Terrorの限定ジャケット+TerrorのTシャツ+August Burns Redのキャップ装着、世代を超えるジェネレーション・スタイリング!

TERROR

3連休楽しんだ?最終日の今日は当然、最強なバンドマーチでお出かけしたよね?


地元では市開催のイベントがちらほら開かれている、昔に比べると「最近のパパママはシャレオツだな~」なんて思いながらも、どのパパ、ママも、よく見かけるスタイリング、夏日ってことでTシャツスタイルのパパをよく見かけたんだけど、やはり見かけたメタリカシャツ!!こんな片田舎でも見かけるようになった、マジではやっているんだね、親子で着用したいバンドマーチNo.1はTerrorのジェネレーションデザインだよね!!


いつになるかわからないけどww子供ができてTerrorのジェネレーションシャツ着て記念撮影するのがでもある。


そんな僕の夢を、いち早くかなえたポピーさん、今回のスタイリング写真はテラーマーチで決めたポピーさん

では早速いってみよ~!!




August Burns Red

オーガスト・バーンズ・レッド

テラー KOTF

テラーの限定ディッキーズジャケット、やばいですね!!ジェネレーションTとの丈感、渋みあるAugust Burns Redのダッドハット、グレーのパンツにVansのキックス、ダークなカラーのグラデーションが美しく、色味を抑えたクールな着こなしが素晴らしいです!!サイジングや丈感、色味、完成度高めな秋、冬スタイリングでした。

僕もテラーの限定ジャケット持ってるんでこのスタイリング、パクらせていただきますww
ジェネレーションTとリンクした親子の写真はマジ最高です!!子供がもう少し大きくなったら是非、お揃でジェネレーションシャツ装着で写真送ってくださいね!待ってま~すww

ポピーさん、ありがとうございました!!!!

テラーの限定ディッキーズ・ジャケットはもう手に入らないけどちょうど今、ヤッベーTERRORのジャケットが販売中ですよ~!もちろん完全限定ね!

テラー・限定ジャケット

TERRORの限定ジャケットはヤッベーこちらから!


さらにFit For A Kingのイベントは明日の夜9時までね!特典もあるよ~!
Fit For A King 来日

10月10日(火曜)夜9時まで



10月もスタイリング写真募集中です!!参加待ってるぜ!もちろん今までに一度投稿した方も再チャレンジして

クーポンゲットしちゃってください!

※スタイリング写真投稿者全員に500円クーポンプレゼント中!
 毎月1名に10,000円クーポンもプレゼント!

あなたからの投稿、楽しみに待ってるぜ!!!

投稿していただいた最高なスタイリング写真は一気にこちらのページから見れるからチェックしてね!投稿があり次第更新していきます!






あなたのバンドマーチスタイリング募集中!



あまり気にせず軽いノリ的なスタンスで参加していただいたら大丈夫ですよ!ただただ、仲間たちでバンドマーチ着用スタイルを共有したいんですよね!以前インスタにあげてた写真やWearの載っけた写真などでもいいし、少しくらいぼやけてても大丈夫っす!ww送っていただく内容も上半身だけだったらその他は空欄でいいしね。

去年撮った写真でも昔の写真でもOKです!


・上半身のみでもOK
・顔が映ってなくてもOK
・バンドマーチは1点装着していればOK
・POSI以外で購入したアイテムでもOK

だからガンガン送ってみてよ(^^♪

着用画像の送り先はinfo@positivedive.comにお願いします!

随時募集中!あなたからの投稿待ってるぜ!!

コピペして画像と一緒にメールで送ってね!(記入したくないとこは記入せずでともOKです!)



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■あなたのお名前:(ニックネームでも構いません)

■身長:cm 体重: kg(教えたくない方はなしでもOK!)

■ジャケットサイズ:

■アウターサイズ:(パーカーやトレーナーなど)

■インナーサイズ:(Tシャツ、LSなど)

■アクセサリ(バンド、ブランド)

■パンツのサイズやメーカー:

■スニーカーや靴などのメーカーやサイズ:

■一言(記入しなくてもOK)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



着用画像の送り先はinfo@positivedive.comにお願いします!

河内野

【今年の10枚】に確実にチャートインするAugust Burns Redの新譜を聴いたら神降臨した!

オーガスト・バーンズ・レッド


昨日からさ、ず~~っとAugust Burns Redの新譜Phantom Anthem聴いてるんだけど、マジやばいよね、原点回帰してるしているような気もするし、これこそ芸術、、メタルコアバンドの新譜でここまで感動したのはかなり久々かな、CDはまだ手に入れていないけどもうLPも買っちゃう!!!!間違いなく今年の10枚に選ぶ一枚だね!!



今のところ一番好きな曲はこれ!

August Burns Red – Generations

どの曲も最高すぎて辛い…明日には一番好きな曲も変わってるかも、それくらい名曲揃いの新譜だった、リフがどうの、このパートがそうの、このタッピングがどうの、楽器してないしそんなのわかんねぇけど、感覚的に最高なんです!グラミー候補レベルのメタルコアバンド、さすがっす!

クリスチャンメタルコアのすばらしさ、なんとなくわかったかも、前回のブログでは多くのクリスチャン・コアを紹介してきたけど、もっと「今」活躍しているバンドを教えてほしい!というリクエストをいただいたんで紹介していくぜ!





宣伝があまりうまくないせいかあまり話題になっていないけどハイクオリティーなVictory Records産メタルコアDarkness Dividedボート漕ぎピットでも話題になったよねww

Darkness Divided – Back Breaker




カリ産Solidstate Records所属、ニューアルバムも発売予定のクリスチャン・メタルコアPhinehas、ふざけたMVの印象が強いんだけど正統メタルコアサウンド、ABRと通じるもんもあるよね!

PHINEHAS “My Horses Are Many”




こちらもSolidstate Records所属、久々に発売された3枚目のアルバム「Dead In The Shadow」も記憶に新しいTo Speak Of Wolvesサザンロックからの影響も感じさせる、程よいカオティック、プログレ感も魅力のバンドです!

To Speak Of Wolves – Haunt Me




FacedownからEqual Vision Recordsに移籍後のアルバム「Cold」も記憶に新しアリゾナ産クリスチャン・コアGideonヘヴィーでモッシーなんだけどメロディアスっていうね!オリジナルなサウンドを奏でるバンド!

Gideon “Cursed”




ロス産クリスチャン・メタルコアバンドSilent Planet、神聖さポイント激高な空間的サウンドとダークでメタリックなサウンドが一体になった素晴らしいバンド、ハイセンスなマーチでもおなじみだよね。

Silent Planet – Understanding Love As Loss




今一番、勢いのあるクリスチャンメタルコアといっても過言ではないのがFit For A King4thのdeathgripは間違いなく名盤!激しくも神が降臨してしまうんじゃないかと錯覚してしまう崇高なサウンド、叙情クリスチャンメタルコアの最右翼!!

Fit For A King – Deathgrip


そんな今一番、勢いのあるクリスチャンメタルコアFit For A KingだけどCRYSTAL LAKEの結成15周年記念イベント「TRUE NORTH FESTIVAL」に参戦!そう!来日だ~ね!

CRYSTAL LAKE

クリスチャン・メタルコア一度も生で見たことないからさ、とても興味がある、けど関東だけなのね…あのサウンドを大きい会場で爆音で体験したら、間違いなく神が降臨するだろうな~!せっかく日本来るなら関西にも!!!!!

Silent Planetとともにハイセンスなマーチを発売するバンドとしても有名なFit For A Kingからまたしてもとんでもないマーチが発売されたんだけど、せっかく来日するからイベント開催します!

ちょっと待てよ….

来日公演は10月21日

もう2週間をきってる!!!!

今開催してもさ、最新マーチが、

来日に間に合わないじゃない!

Fit For A King


男に二言はない!!一度言ったのなら、このまま強引にでも開催するぜ!



FFAK1633134

Fit For A King

フィット・フォー・ア・キング

Fit For A King

あなたからのお申込み楽しみにしてます(^^♪

では!

河内野