【怒り】バンドTシャツを流行だけで着ているクソどもよ!

BL16715039

90’S HipHopなTシャツが流行しているらしい。コテコテなデザインのね!

そんなHip Hop界でもバンドTシャツを着ている人をよく見るけどさ、
いろいろ調べるとバンドTシャツ自体も流行っているようだね。

街を歩いてたりするとこんな地方でも見かけるくらいだからこの流行は
マジなようだ、意外だよ!「最近よく見かけるよね~、バンド好きなんかな?」
そんな話を友人とよくするんだけどさ、友人いわく

「あいつら確実に知らないよ!」

そう断言するわけ、「100%が知らないとは言えないけど9割は知ら
ないでしょ!」って

「そうだ、あれ見た?」

と友人が言う、そのあれとは水曜日のダウンタウンという番組、今ままでの
会話にぴったりの面白い企画があったそうだ。いくら動画を探しても見当たら
ないからネットで調べてみた。

どんな内容だったのかというと

BL16715036

「セカイノオザワ」でお馴染みの小沢一敬の持ち込み企画のようだ。さすがの
パンク好き小沢さん!ナイスな企画だ!




登場したバンドTシャツは

・ニルヴァーナ
・ガンズ・アンド・ローゼス
・アイアンメイデン
・レッド・ホット・チリペッパーズ
・AC/DC
・クイーン
・メタリカ

などなど、




インタヴゅーに応えた若者たちは

ニルヴァーナをニラヴァーナと答えたり。
「ニラってww」



アイアン・メイデンの曲をXジャパンだと言ったり、
「Xの曲すら知らないだろ!」



レッチリシャツを見ながらもレッド・ホット・ペッパースと言ってみたり、
「クーポン?」



一番笑ったのはガンズをグンズって……やばすぎる!
「下着メーカーでなかった?それグンゼ!」



動画では見れなかったんだけどネット上で見かけた静止画だけでも
転げまわるくらいに大爆笑してしまった。

流行だけで着ているクソども

の典型的な例だね。




僕たちからしたら考えられないよね、もうバンドTシャツである意味すらなく
なっている。デザイン先行でそのバックボーンは全くの無視!「バンドTシャ
ツがダサイ!」と言っていたヤツですらバンドも知らずに着用してそう、

危機感すら感じるよ、バンドTシャツ流行、今ではイケているアイテムという認識。これって「今」だけじゃない?流行が終わればまた「バンドTシャツがダサイ!」に逆戻りどころか数年後には「あいつまだバンドTシャツ着てるぜ?」ってことになりかねないよね!

このクズどもが着用しているバンドTシャツがゴミ同然の扱いになるのが目に見えるよ!これがきっかけで、着用するバンドにハマり、さらにディグって…..そんなことは期待しないほうがいいねww



クソなセレブがバンドも知らずにバンドTシャツを着用する。

クソセレブに憧れているクソな一般人がセレブも着ているからという理由だけで取り入れる、

そして流れを感じたファストファッションブランドが大量生産を仕掛ける!

クズどもが群がる

流行が終わってポイ!



この流行ってバンドTシャツの価値を完全に下げてるよね!!「腹がたってきた!!!」



安心できる点もある。取り上げられるのはビッグネームのバンドばかり、あくまで大御所バンドのみ、僕たちが愛するバンドTシャツでは起こりえないことだよね。

だって普通の大型店やファストファッションブランドのお店にする絶対に並ばないそんなバンドばかりだもの。僕たちはイントロクイズだろうが9.9割は答えられるであろう!!イントロの答えられなかろうがそのバンドについて何かしら答えられるであろう、確実に! だよね?



流行が悪いって話じゃないの、流行だからの理由だけで着用するってのが間違いなわけ。流行が終わればすぐに乗り換える、そんなビッチにはなって欲しくないね。




取り扱っているバンドグッズだって「今」なものをうまく取り入れているし、そこにバンドの信念、思い、メッセージが込められている、こっち側が流行をうまく流行を利用しているわけ、だから流行アイテムを取り入れたり流行のカラーを取りれたりするのは大いに有りだ!



けどね僕たちのようなアングラな世界の中でも流行ってのがある、「あのバンドはもう旬じゃないからこのアイテムはもう着ない」そう言う奴も少なからずいるんだよね、音楽性が変わって自分の好みではなくなってしまった!そうならわからんでもないけど……



バンドが売れているときだけ着用する!落ち目になればもう着ない、そんな愛の無いヤツにはなって欲しくない!!!「デザイン先行ではなくアーティストがありきの無二のファッションアイテム!」それが普通のファッションにはないバンドTシャツの魅力なんです!



ファッションやバンド、サウンドに限らず全てにおいて柔軟に考えてほしんだ、

流行や新しいことをうまく取り入れているバンド、そのバンドにハマっているファンを見ては「新参物は何も分かってねーよ!」「流行りサウンドかよ」とじっくり聞かずに決め付けるオッサン達

ブレずに突き進んできたバンドを いつまでやってんだよ!!説教くせーよ!古臭せーよ、「今はこのバンドだろ!」と聞かずに決めつけ馬鹿にする新参者たち、




前者、後者、どっちにもなって欲しくないね!!!!視野を広げればもっと楽しいのに!って常に感じるんだ!



流行は悪いことではなく、うまく取り入れて利用する、それが僕の答えです!

では!

河内野







追伸:

そんな流行をうまく取り入れたアイテムが発売されたんだけど、ちょっと紹介するね!

何が流行なのかって?それはカラーリング、ストリートで注目度の高いピンク!

ピンクのボディーを使用したやばいTシャツ、そこにこのロープのデザインだよ!


◆Counterparts(コカウンターパーツ)の完全限定アイテムはこちら

ただのピンクのシャツなら全くそそられないんだけどさ、このデザインがプラスされることによって

バンドTシャツでありバンドTシャツのレベルを超えたハイエンドなアイテムに仕上がっているんだよね!

首吊りロープだけどさ、

「死ぬ前にもう一度考えろ!踏み止まれ!」

「死ぬ気になればもう一歩踏み出せるだろ!」

「常に死を考えて生きろ!」

そんなメッセージを読み取ることもできる!

フロントは刺繍ロゴだしさ、バンドTシャツも進化し続けているね!!!

今最も熱い叙情派ハードコア・バンドCounterpartsのアイテム!ってのも最高だよね!

完全限定アイテムで8/20日の夜9時まで!!
◆Counterparts(カウンターパーツ)の完全限定アイテムはこちら

Counterparts “Burn” Official Music Video

◆Counterparts(カウンターパーツ)の完全限定アイテムはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です