友人も「ひとめぼれ」したヴェニスハードコア重要バンド「EXCEL」のクルーネック・スウェット!!

EXCEL / エクセル - Wreck Your World クルーネック・スウェット・トレーナー



12月も折り返し地点を過ぎ残すところ15日、今朝は朝風呂に入りさっぱりと、まずは剛毛の髪の毛をバスタオルでフキフキ、そして体を拭こうと頭から体へとスムーズにタオルを移行した瞬間にとんでもないスメル・・・・


気持ちも体もサッパリとし最高の一日が始まったと思った今日でしたが最悪の始まり、そうです「K」です、カメムシです!!カメムシエキスをから弾ふんだんに塗りたくったのである。


もちろんもう一回お風呂へ・・・・浴室のムンムンとした蒸気とカメムシのスメルが浴室に充満、気分悪いままスタートした本日でした。

今日は友人とちょっと茶でもシバキに行こうかと・・・そんな友人をわが家に迎えた瞬間「臭くねぇ?」・・・えー、わかってますとも・・・・



丁度この日に店長の気まぐれで入荷した商品を見た友人がそのマーチに一目ぼれ、冒頭の「画」でわかるので先にいますが、EXCELのマーチです。

友人は相当気に入ったようで、速攻でそのEXCELのマーチを着用し茶をシバキに、いや、ついでに動画撮影しようとのことで出かけましたとさ。



その動画がこちら↓





毎回即完売してしまうEXCELのマーチなので今回は即納用にと入荷してみました。



XCEL / エクセル - Wreck Your World クルーネック・スウェット・トレーナー(ホワイト)


今更説明する意味がないほどにレジェンドなEXCELですが、簡単に説明すると、


Beowülf、No Mercy、Suicidal Tendenciesなどと共にヴェニスのハードコア・シーンの最重要バンド、スケートはもちろん、サーフなど横乗りからグラフィティー、ハードコア、パンクなどなど様々なストリートカルチャーに影響を与え続けているレジェンドそれがEXCELである!




僕は完全い後追い、兄貴の影響で好きになったSuicidal Tendencies、そこから知ることになるなんですが、ザクザクのギター、スラッシュビートスケートコアに虜になった20代の半ばを思い出します。



EXCEL

メンバーのAlex BarretoChain Of StrengthInside Out、最近でもないけどWorld Be Freeにも在籍しているレジェンドとして有名ですね、

音はもちろんのことアートワークやマーチデザインもイケイケで有名ですよね、スケートやサーフに関わってきた人ならバンドは知らずともデザインは見たことあるはずです、Suicidal Tendenciesとともに現在のストリートカルチャーにも影響を与え続けています。

有名な小話でいえば、EXCELの代表曲でもあるTapping into the Emotional VoidはMETALLICAのEnter Sandmanに似ていることから


「メタリカがパクりやがった!!」

と訴訟を検討していたってこともありましたよね、訴えを起こしたのは元メンバーのようですが・・・聴き比べてみるとかなり似ている部分はありますね!


今回入荷したのは秋冬ってことでクルーネックスウェット、厚すぎず薄すぎないミドルウェイトのホワイトのトレーナー、これからの時期だったらアウターを着用してもかさばらない丁度良い厚さになっています、裏起毛なので結構暖かいです!


EXCEL / エクセル - Wreck Your World クルーネック・スウェット・トレーナー(ホワイト)


注目のデザインはこれぞヴェニスハードコア、西海岸ギャングスタなデザイン!デザインを手がけたのはALEXIS ROSS(アレクシス・ロス)、LA 在住のレジェンドアーティストです!

アレクシス・ロス


親しい友人やスケーターとのプライベートプロジェクトBoys Of Summerに関わっていることでも有名、USでも再熱しています、時折入るムービーシーンなどもシャレオツ!スケーターからも注目を浴びるALEXIS ROSSですが全くスケートはしないようで、昔はスケーターを嫌っていたようですwww




FACTやFTC、RVCAさらには人気のWACKO MARIAとのコラボやデザインも手がけています。



一目でALEXIS ROSSだとわかるグラフィック、ストーンロゴを胸に、


EXCEL


バックにはヴェニスギャングスタイルな大迫力なスカル


EXCEL / エクセル - Wreck Your World クルーネック・スウェット・トレーナー(ホワイト)


そして87年リリースの1stアルバムSPLIT IMAGEに収録のWreck Your Worldが記されている、


EXCEL



ドッグタウンと呼ばれたベニスの危険な世界観が表現されている極上のデザインに仕上がっています!



EXCEL / エクセル - Wreck Your World クルーネック・スウェット・トレーナー(ホワイト)



動画や画像んも登場している友人のスペックは167cmで70kgのがっちり体系でXLサイズを愛用しています、裾野リブはよくあるクルーネックほどゴムがギューッとしておらずストンと落ちる感じ、見た目のシルエットは分厚いロングスリーブのようです。



既に友人がXLを購入してしまったので1枚貴重な在庫が減ってしまいましたが、S~XXLサイズまで入荷しておりますので下記の画像をクリックしてお早めにお手続きしてね

EXCEL スウェット

再入荷の予定は無しです!


冬の海、ハンバーガー、撮影、楽しい一日を過ごさせていただきました!では!



EXCEL







追伸:

今回もメルマガ購読者のみお得に購入できるキーワード送信しています、お得に購入したい人はメルマガ購読しといてね!あとYoutubeの登録もお忘れなく!


メルマガ登録はブログ右上から行ってくださいね!

【Gorilla Biscuits】2019年に一瞬でSOLDしたBMXデザインのホワイト、2年の時を越えて奇跡の復活!

Gorilla Biscuits

さぁ、今日を始めよう!








はい、早速ですが「今日を始めた」瞬間にピンポンとベルが鳴る、荷物が届いた、早速開封すると・・・・・届きましたよ例のブツ、みんなから注文いただく前に自分用とあなたのために数枚を入荷したYO!



2019年の頭あたりだろう、突如リリースされたぶっ飛んだプリントまみれのBMXデザインのホワイト!こちらは1週間もたたないうちにソールドし1枚も入手できなかったアイテムだけあって開封した瞬間はシャツが輝いて見えたよ!



Gorilla Biscuits /ゴリラ・ビスケッツ - BMX  ロングスリーブ



2019年にホワイト、続いてブラックにブルー、2020年にナチュラルカラーがリリースされたよね!





ゴリビス






と登場してきが今作は原点に戻りホワイトの復活!これでもかと言わんばかりのプリントの嵐で死角なし、どこから見てもプリントまみれ!


Gorilla Biscuits /ゴリラ・ビスケッツ - BMX  ロングスリーブ

ゴリビス

Gorilla Biscuits

ゴリビス



まずはフロント、ゴリラフェイスが両肩下にデザイン、GBのサークルデザイン を胸に、そして「New Direction」ラッパのイントロではじまるライブ定番の名曲中の名曲!ハードコアクラシックな1曲のタイトルプリント!!





さらにバックにはオールドスクールなBMXやモトクロスのジャージー風に仕上げたレトロでド派手なデザイン!袖にはバンド名が落とし込まれる!!!ここまで手の込んだロングスリーブは見たことない!絶対に見逃してはいけないシャツがここにある!




ゴリビス




2019年にリリースされたときの一瞬での売り切れから学んでメーカーも前回よりかは多めに生産したようだが、すでに一けた台にになっているサイズもちらほらあります!だから今回の入荷分を見逃すと手に入らないサイズも出てくるのは確実です。


ゴリビス




と、今回は個人的にもクソ興奮したアイテムの紹介でした、このロングリーブが気になるあなたはこちらをクリックしてNE☆メルマガ購読者の方には販売開始時間を先にお知らせしています!




ゴリビス



そうそう、メルマガ購読者はしっかりコメント欄にメルマガでお知らせした番号忘れず記載してくださいね!




ではでは!近々に例の年末のアンケート開始するから参加してね!



ゴリビス

サウンドもファッションも超一流!「時代を変えたハードコア界の風雲児」

TSYD211027008




10月もあと数日で終わりを迎えるね、なんやかんやであっという間に2021年も終わっていくんだろうね、とはいってもあと2か月残っているわけだけですが21年も数多くのハードコアアルバムがリリースされてきたけど、2021年で最も好きなハードコアあアルバムって何?気になります。



僕的に今年のハードコアな一枚といえばやはりTurnstileのアルバム、「Glow on」は外せないよね!

Turnstile

ハードコアの枠に収まらないサウンド、インディーロックを感じさせるソフトなサウンド、RATM、311,レッチリ、などニューメタル/ミクスチャーなどのパイオニア的な特有のグルーヴ、ポップなメロディー、まさに新感覚なハードコア!




この一枚でポストパンク、ハードコアパンク、グランジ、シューゲイザー、ラテンサウンド、ダンスミュージック、ドリームポップ、無限にいろんなサウンドを感じさせてくれた、


そんな多様なサウンドにもかかわらず、どこから聴いてもTurnstileな「らしさ」は失わず多くのサウンドをうまく昇華させるセンスにぶっ飛んだ人も多いはずです!






ピュアでクラシックなハードコアサウンドも好きなんだけどTurnstileにしろ、昔から一癖ある、いろんなジャンルからのバックボーンも感じれる独特なバンドってのには魅力を感じます、まさに独特、異端、そんな言葉が似合うのは、


Vision of Disorder



そうです!Vision of Disorder絶対に外せないハードコアの異端児!今年でリリースから25年というアニヴァーサリーな作品、1996年にRoadrunner Recordsからリリースされた名作、ニューメタル全盛期にリリースされた一枚、知ったきっかけはRoadrunner Recordsのコンピレーションアルバムに収録されていたElement、テイムの決してうまくはないネチっこいクリーンから一気に爆発するサウンドと雄たけび、そこからハードコア的疾走、初聴で一気にファンになってしまったのを今でも覚えています!

NYHCでは異端的な存在でしたね、よりハードコア色を強めた次作にImprintとこのセルフタイトルのアルバムは必聴くです。現在でもVision of Disorderは唯一無二のハードコア史に残る異端な存在、全く色あせることのない名盤なです!



その後にもろにニューメタ化、そしてティムによる別バンドBloodsimpleでもレベルの高いニューメタルを披露しましたが個人的には刺さることなく・・・・2012年には11年ぶりの待望のオリジナルアルバムCursed Remain Cursed、そして2015年にはRazed To The Groundリリースしていますがやはり初期が良いですね!





NYHCでいえばMAXIMAM PENALTY、クラシックなNYHCサウンドにメロディアスな歌唱のアンサンブルには衝撃を受けました!メタルからヒップホップ、さらにはジャズなどの要素も感じれます!





歌唱法という点もですがスラッシュメタルとハードコアが見事に融合したNYクロスオーバー・ハードコアの伝説LEEWAYは外せないですね、当時クラシックなハードコアでは満足できなくよりヘヴィーなサウンドを求めヘヴィーメタルからスラッシュメタルにもドップリ入れ込んでいる時期でもすんなり入れたバンド、サウンドはメタルなのにストリート感を醸し出す斬新すぎるスタイルは衝撃でした、完全に後追いでハマったバンドですが自慢げにメタル好きの友人たちに激プッシュした覚えがあります、でも反応はいまいちだったな・・・・





同じく2000年代初期に衝撃を受けたのがニューヨークはブルックリンのCandiria、「300 Percent Density」Toy’s Factoryからリリースということで地方でも流通していてリアルタイムで入手した一枚、帯に書かれていた知的重音・・・っていうワードで購入を決めた一枚でしたが全く想像を裏切ってくるサウンド、初聴で感じたのは「何?このオシャンティーなハードコア」っていう印象、ヒップホップ、ジャズ、フュージョン、をカオティックなハードコアサウンドに組み込んだ匠なサウンド!今聴いても前衛的ハードコアな名作!





ニュースクールハードコアの名盤として名高い「Progression Through Unlearning」が有名ですが、2002年にリリースされた4枚目のアルバム「End Transmission」はグルーヴ感を強めエモーショナルなメロも注入しニュースクールの枠を飛び越えた作品、そうですSnapcase!!仲間内でもかなり賛否あった作品ですねwwwインテリジェンスを感じさせるハイセンスなポストハードコアサウンドに移行しましたがサウンドの要である甲高いボーカルは見事にマッチしていますよね、初期も最高ですがBright FlashesとともにEnd Transmissionも聴いておきましょう!RefusedのShape of Punk to Come並みに重要な作品だと思っています!





2004年Eurogyからリリースされ話題になりまくった記憶があるアルバム「War Is Hell」はThe Warriors !!ストリートなラップをかますハードコアバンドともニューメタルやミクスチャーともまた違うベクトルから現れたWarriors!メタリックなハードコアとRATMを見事に癒合させたサウンドは彼らより有名となったStray From The Pathなどのフォロワーも生み出してきました、ハードコアの新しい形を生み出したレジェンド、当時の縦ノリ系ハードコアの究極系かと!





などなどパッと思いついたバンドを挙げたんだけど、独自なサウンドを展開するハードコアバンドの特集もいつかじっくりとやっていこうかなと思っています、近々ではインダストリアル要素をクロスオーバーさせたVeinCode Orange、ドゥームメタルとハードコアの新しいクロスオーバーの形を魅せるTwitching Tongues、ポストパンクへ移行したCeremonyやポップに振り切ったクラシックなハードコアパンクAngel DU$T、独自のモダン要素、オルタナもいち早く取り入れたThe Beautiful Ones、まだまだ記憶にも残っている、ここ数年で現れた彼らの作品も革新的でじっくりと紹介していきたいのだがあるがキリがないのでこの辺で・・・・・





2021年のリリース、ハードコアにファンクやソウルをクロスオーバーさせた個性派なモダンハードコアサウンドを奏でたSlopeの「Street Heat」はごく一部で話題になりましたね!かなり好きな作品です!






近々で話題になっているのはドイツのGhetto Justiceっていうバンド、曲間に入る怪しげなサンプリング音源などの使い方、入れ方が独特である、Cold World的センスとストンピンなラップコアよりもグルーヴをプラスし、TRCなんかも連想させるサウンド、ハードコアの新しい形を表現するバンド、鮮度抜群モダンハードコア注目のバンドである!ドイツ語ってのも良いよね!







Your Demise



最後に紹介したいのはYour Demiseの2010年にリリースされたThe Kids We Used To Beと2012年にリリースされたThe Golden Age!「The Kids We Used To Be」は今年8月にリリースから10周年、コロナで1年延期してリリース11周年としてライブが披露されましたよね!2022年にはoutbreakfestにも出演予定ってことでもしかしたら新しい音源がリリースされるかもしれませんね!



TSYD211027003


ボーカルがEd McRaeに代わってリリースされたThe Kids We Used To Beと




よりメロディックな部分を強めた4枚目となるアルバム、The Golden Age



ハードコアが根っこにありつつもメロディックな要素を強めたこの2作で日本でも爆発的人気を誇りました、サウンドは違うけど現代でいうTurnstileみたいな、いやそれ以上の盛り上がりを魅せたと当時を振り返るとそう感じます。



とにかくハードコアに興味がなかったファン層までもがYour Demiseにどっぷりとハマっていったイメージ、まさに時代の風雲児、とてつもない存在ですよね。


さらに彼らの強みはそのファッションセンス、彼らのスタイリング、コーデの特集をんだポジティブダイブのブログは今もなお閲覧上位に君臨しています。


かなりメロディックに振り切ったThese Lightsのサウンドは賛否分かれましたがバンドマンのファッションにも影響を与えたMVがこちら。




それはポジで売れるサイズもYour Demiseの影響で大きく変わってきました、それ以前は上下細目のスタイリング、S,M,Lサイズが主流だったんですがYour Demiseのトップス大き目パンツ細めのスタイリングでL,XLサイズが主流となったくらいですから、日本の雑誌オーリーでも特集されていましたよね!とんでもない影響力です。


アカウントは変わり昔のスタイリングは見られませんが、ボーカルEdのインスタをチェックしスタイリングを参考にしていた人も多いはず、現在でもかなりシャレオツ何でぜひ参考に




そして彼らのマーチのセンスの良さ、SupremeからStussy、ラルフローレンなどのテイストをうまく取り入れたり、著名人をサンプリングしたデザイン、ジャスティンビーバーの頭に銃の照準を当てるデザインはとんでもないインパクトでしたね、あとはニッキーミナージュや、ドラマ、ブレイキングバッド、ビースティーボーイズサンプリング、カラフルなボックスロゴやレオパードのボックスロゴなどなど数えきれないほどの名作を生み出しています。


Your demise




先日僕が染めたシャツもYour DemiseのTシャツでしたね!




この動画アップしてからというもの数件の「YDマーチ求む!」リクエストも来ていますので検討中!

ファッション面もサウンドもハイセンスだったYour Demise、時代を動かしたハードコアの風雲児これからの動向がとても気になるバンドです!





いかがだったでしょうか?独自のサウンドを奏でるハードコアバンド達、簡単になってしまったのいつかわ特集して記事を書きますのでその時はよろしくです!




河内野





追伸:
この記事がいまだ人気です。

【Youtube】エモ・レジェンド 「Texas Is The Reason 」の Chain of Strengthロゴ・サンプリング Tシャツ



今回はTexas Is The Reason のシャツを装着して古民家が並ぶ熊川宿へ!



若狭から京都を結ぶ「鯖街道」ってやつですね!サバは嫌いですがwww古民家のそばに流れる小川は清流並みに美しく透明感がある、避暑地としても良き場所、古民家では雑貨屋やカフェ、おみやげ屋さんが数点あったのですがこのご時世、空いている店舗はほぼなかった、カフェはオープンしてたんだけどシャレオツすぎて一人で入る勇気がなかったwww次回は女子と来よう(妄想)


熊川宿は以前にも撮影で訪れていますので余暇たらぜひチェックしてみてください!この時はTERRORのディッキーズコラボジャケット装着!このジャケットをはるかに超えるヤバイアイテムチカジカ入荷します!メルマガ登録者先行で販売する予定です!!



熊川宿は1時間ほど滞在して帰り道は道の駅 うみんぴあ大飯のそばにある公園で撮影、月に2.3回来てしまう、お気に入りの場所、海を眺めて「ぼーっと」する時間が最高の癒しなんですが暑すぎてそれどころじゃなかったね!この暑さいつまで続くのやら!公園に隣している海は釣り禁止なんですが釣りをしている初老のオッサンは海にタバコのポイ捨て・・・・まじ殺意を覚えました!




今回はTexas Is The Reasonのシャツ、ロゴはChain of Strengthのロゴをサンプリングしたデザイン!過去にも以前リリースされていたものの速攻でソールドした一枚でしたがユーロ圏の取引先が再販してくれたので速攻入手!ハードコア好きも初期エモ好きも思わず反応してしまう一枚ですね!ちなみに僕はストレートエッジではございません!そのシャツに切りっぱなしのチノパンツ、Adidasのスケシューにバケットハットとバンダナ、今回はさわやかにスタイリングしてみました!

Texas Is The Reason



バンド名:Texas Is The Reason
商品名:Girl Tシャツ
カラー:ホワイト
サイズ:XL
身長:172cm
体重:68kg



ニューヨーク産、108、Shelter、のメンバーで94年結成、90年代エモにおける重要なバンドと称され今もなお神格化、エモならずインディーロック、ポストハードコアなどなど影響と与え続けているレジェンド! Chain of Strengthのロゴをサンプリングしたデザイン!過去にも以前リリースされていたものの速攻でソールドした一枚!ハードコア好きも初期エモ好きも思わず反応してしまう一枚だ!

ニューヨーク産、108、Shelter、のメンバーで94年結成、90年代エモにおける重要なバンドと称され今もなお神格化、エモならずインディーロック、ポストハードコアなどなど影響と与え続けているレジェンド!
Chain of Strengthのロゴをサンプリングしたデザイン!過去にも以前リリースされていたものの速攻でソールドした一枚!ハードコア好きも初期エモ好きも思わず反応してしまう一枚だ!





上記アイテムもいつ廃盤になるかわからないのでお手続きはお早めにNE★



夏の夕暮れはエモサウンドが染みる!この日の帰り道はTexas Is The Reason、そしてMineralでした(^_-)-☆
その流れで曲は覚えているんだけど、どうしても思い出せないエモバンドを検索し数時間、何とか見つけ出すことができたそのバンドはHomesick For Space!!懐かしくない?アルバムUnisonの1曲目Unisonはマジ名作!MineralGloria Records好きなら必聴だね!







00年代以降のエモバンド
も最高だけどやはり90年代のエモ、いわゆるクラシックな作品は深みがあるというか、個人的にはその時代の曲が染みるんですよね、悲しい時に自分を奮い立たせるためにポップな曲を聴くのも良きですが、悲しい時こそ、その時の気持ちに寄り添ってくれるエモソングを聴くのもアリでしょう!90’sエモのプレイリストがあるのでぜひチェックしてリラックスしていきましょう!






1999年、90年代最後の年にリリースされたJimmy Eat WorldのClarityもエモ90年代最後の傑作として語り継がれているんだけどロック色が強くなったBleed Americanで一気に人気が爆発したね!



Bleed Americanといえばエモ史上究極の名曲と言われるSweetness、コレの初期バージョンって知ってる?2001年Toy’s FactoryからリリースされたSTアルバムの1曲目に収録されています、YoutubeではClarity versionとしてアップされているんだけどClarityの再販の際にも収録されているようですね!






今でも鮮明に覚えているんですが、今はなく三宮のHMVの視聴コーナーで聴いたこのSTアルバム、1曲目Sweetnessが始まった瞬間に全身に鳥肌、神曲との出会った瞬間ってのは覚えているもんですね!視聴機で10回は聴いてしまったね!そして当然速攻でレジへ向かいました。今でもBleed Americanに収録されているヴァージョンよりこっちのほうが好きですねぜひ聴き比べてみてください!






そんなBleed Americanですが今年でリリース20周年、そんなアニヴァーサリーな2021年、20周年記念のマーチもリリースされましたのでぜひチェックを!



今年2021年でリリース20周年、人気を不動のものとした不屈の名作Bleed Americanマーチが登場!20周年を記念し作成されたレアマーチ!アルバムアートを4分割で描き淡く涼やかなティファニーブルーのボディーカラー、バンドロゴとアルバムタイトル、そして「20th Anniversary」がしっかり刻印されているあたりが最高です!周年を祝うマーチですがハイセンスに仕上がっているので普段着用とコレクト用にぜひ!

今年2021年でリリース20周年、人気を不動のものとした不屈の名作Bleed Americanマーチが登場!20周年を記念し作成されたレアマーチ!アルバムアートを4分割で描き淡く涼やかなティファニーブルーのボディーカラー、バンドロゴとアルバムタイトル、そして「20th Anniversary」がしっかり刻印されているあたりが最高です!周年を祝うマーチですがハイセンスに仕上がっているので普段着用とコレクト用にぜひ!



ちなみにTexas Is The Resonの雄いつのフルアルバム「Do You Know Who You Are? 」は今年2021年で25周年!25周年マーチもリリースされるかもね!






————————————
■バンドTシャツの「Positivedive」ホームページ↓
https://positivedive.com/
————————————
■Texas Is The Reasonのアイテム↓
https://positivedive.com/shopbrand/432/
————————————
■Chain of Strengthのアイテム↓
https://positivedive.com/shopbrand/432/
————————————
■エモ関連のアイテム↓
https://positivedive.com/shopbrand/ct1739/
————————————
■インスタグラム↓
https://www.instagram.com/positivedive/
———————————–
■撮影場所
福井若狭町熊川宿
https://www.fuku-e.com/010_spot/?id=135

■道の駅 うみんぴあ大飯
https://michinoeki-ohi.com/
———————————–