【ライブ】OLEDICKFOGGYにTrapped Under Iceを見てきた!

シルバーウィークは連日、ライブに参加してきた!まずは先日のブログでも行ってきた
福井の和田海水浴場にあるカフェバー、ファミリア。

目の前は海やし、最高のロケーションの中にあるカフェバーである。

本日はライブハウスとして貸切で営業!

アーティストは

・REAL REGGAE
・OLEDICKFOGGY
・The Wrestling Crime Master

到着したのが19時前、リハも終わり本番が始まるまでのゆるーい時間が流れていました。

砂浜から見るとこんな感じの場所。

ドリンクとポテトを頼んで腹ごしらえ、

バーテン、店員さんもさわやかな笑顔、イケメンだった。

19時を過ぎREAL REGGAEがスタート。

舞鶴を代表するバンドだけあって、さすがの貫禄でした。

先日はNaparm Deathと共演したようだ、その時の映像がこちら。

REAL REGGAE // 2016 9/7 Umeda Club Quattro




聞いてのとおりただ疾走するハードコアではなくレゲエやダブ、斬新な展開、フレーズは
耳に残るしよかったらチェックして欲しいバンドである。

とにかくドラムがすごい!楽器をやっていない僕ですら感動させてしまうドラミングは
素晴らしかった。

カメラ買いたて、設定がわからなく写真すべてがブレブレで終わってしまったのは残念だ。

次回までにはしっかり使いこなしていくぜ!

続いては大阪のThe Wrestling Crime Master

90’s日本ハードコアシーンを語る上でも重要なバンドの人るでもある
The Wrestling Crime Master、グルーヴィーでキャッチーなんだけどヘヴィーな
ハードコアサウンド、独特でした。

マーチもシャレオツ!サウンドとリンクしたクロスオーバーなデザイン!
特にグラフィックロゴのシャツは最高でした!

WARZONE、BIOHAZARD、QUICKSAND等の海外バンドのサポートも数々こなしてきた
バンドだけあって説得力あるステージングが素晴らしかったです。

Big Town Calling / Wrestling Crime Master




そしてトリはOLEDICKFOGGYオールディックフォギー!

こんなクソ田舎にもしっかりファンベースを作っている、とんでもない人気なんだなって、
感じました。

どの曲が始まっても歓声がが上がり大合唱、耳に残るメロディー、お酒が飲みたくなる、
パブパンクなどんちゃ騒ぎ状態、ハードコアにない平和なくピースフルな空間が心地
よかった。

名曲、月になんて!は涙出そうになったくらい感動しました(つд⊂)

OLEDICKFOGGY/月になんて

最高の一日でした。

この日見たバンドTシャツはOLEDICKFOGGYメンバーがライブ後に着用していたFugazi、
Doggy Hoods、The Devil Wears Prada、お客さんではShockwave、Numb、Sandでした。




続いて、翌日は大阪に!
※前日カメラをコンクリに落としウルトラブレイクダウン、故障です!
ので写真はありません!

見に行ったのはコレ!!

4時スタートだが大阪についたのは19時頃、ちょうどTigerが始まったところ!

精力的に活動している大阪ハードコア、関西のみならず全国のシーンで活躍
しているだけステージングはピカイチ!ここ最近増えてきたラッピンモッシュコア
の中でもダントツにかっこよいバンドだね!

TIGER – NCON – [Official Video]




続いてCRYSTAL LAKE!USの人気インディーレーベルARTERYとも契約を交わし
絶好調なメタルコアバンド、さすがのパフォーマンスと完璧なサウンド、
ラップ調ボーカルもうまくもっと長く見たいと感じました。

カヴァー曲Beastie BoysのBody Movinはメタルコアサウンドにもばっちり
ハマってました!

Crystal Lake – Body Movin’




そして5年ぶり?久々に見たTrapped under Iceはやっぱりやばい!
前回の来日で見た数倍よかった、メンバーそれぞれがサイドプロジェクトが
盛り上がっちゃってるから「もうTUIは見れないんだろうな」なんて思って
たから本当に本当に待ち望んでいたライブ。

やっぱりフロントマンJusticeのあの肉体は相変わらずすごく存在感、カリスマ感、
最強のハードコアなパフォーマンスでした。

Trapped Under Ice – FULL HD LIVE SET – Karlsruhe




ラストはSand、説明不要の極悪メタリックサウンド、ピットも大荒れ、相変わらず危険でした。
pierrotの後半パートはもうゾクゾクが止まらない!やっぱり最狂でした!!

SAND -OFF THE TABLE

サウンドなんかは詳しい説明できないけど、やっぱりハードコアのライブって最高、
音源では味わえない魅力はやっぱりライブにあるんだなと再確認、無理に時間を
作ってもライブには行くべきだなと感じた夏の終わりでした。

個人的なライブの楽しみ方はバンドマンやお客さんたちのバンドマーチをチェック
するってこと。

さすが大阪ってことでいろいろなバンドマーチや独自なファッションスタイル、
めっちゃ参考になった。

昔に比べいろいろなジャンルのバンドマーチを着用しているイメージ、ガチムキ
なハードコアアイテムから懐かしのニュースクールマーチ、オールドスクールな
マーチ、までいろいろチェック!ライブに来てマーチを見るだけでも楽しいね。

ちなみに自分はDynastyのTシャツにComeback Kidのガチャベルトで参加しました。

あさって24日はいよいよ東京で開催のBloodAXE!関東エリアの方が羨ましい!

ChokeholdにLifeless、そしてXibalba、Capsize、そしてTUI!
さらに国内バンドも豪勢、誰かライブレポよろしく!!

では!

追伸:
キャメラは現在修理中、治り次第またどこかに出かけて撮りまくるぜ!

【Posi散歩】We Came As RomansのコーチジャケットにピンクのバンドTシャツでキメて海に行ってきた

どうも河内野です、おっさんの顔のドアップから始まりましたが久々のコーデブログ
再開します!

実はカメラがいくら充電しても充電されないの、画質は2010年あたりで止まったまま、
ピントは合わないし、カードも読み込まない、寿命だね!7年もの間ありがとう!

「もう2016だよ!」ってことで新しいカメラも格安で購入!

でも2012年モデルの型落ちのヤ~ツ、画質は数弾よくなったしキャメラ復活ってことで
これからガンガンアップしてくぜ!

ってことで復活第一弾は秋も近づいてきたってことでコーチジャケットを装着!

Smapも解散で世間は盛り上がっているからYoutubeでSmapの名曲「朝日を見に行こうよ」
を聴いていたわけ、だったら見に行こう朝日を!!

ってことで4時に起きて車で海に向かう、BGMは昨日熱く語ってしまったComeback Kidで!

ハイテンションで海に到着!時間は5時を過ぎたあたり、「早すぎた!」

ほんで曇ってるやん!!!

コーヒーを購入して一服しております。

日の出は諦め砂浜をお散歩開始。

そういえば今年の夏は一度もう見に行かかなかった、夏らしいこともしてない、
あっという間に秋、体重も増加、「食欲の秋」なんて言ってられない、痩せないと….

スニーカーはコンバースのオールスター(29cm)に細目のパンツ34インチ

ちなみに店長のスペックは身長173cm 体重70kgのほんのりポッチャリ!

※高身長でイケメンのモデル募集してますww

今日着用のコーチジャケットはWe Came As RomansのROMANS Black コーチジャケット
を愛用してるぜ!

※(ボディー:Augusta XLサイズ:身幅63cm:着丈:75cm)

着丈はXLにしては短めだけど、レイヤードにはもってこいだね。

※コーチジャケットのボタン開閉は丁寧に扱いましょう!

一句呼んでいいっすか?

「海の風、心にしみる、彼女欲すぃ~」

30代、嘆きの俳句でした。

ズボンもビリビリ、心もズタズタ、海が癒してくれます。

このコーチジャケット、袖のプリントの存在感やばくないっすか?

フロントはあえてプリントなし、両袖に太めの文字、今までのコーチには見かけない
タイプだよね!

インナーはピンクシャツXLサイズとさらに下にはホワイトシャツXLサイズを装着!

林家ペー愛用のピンクカラーだ!

ピンクシャツはVILLAINSが改名したYuth Foreverってバンドね!

いわゆるニューなメタルコアサウンド、今注目のバンドだね!とことんヘヴィーで暗黒な
サウンドSworn iNとかに近いかもね。

Yüth Forever – GROWING PAINS

Yuth Foreverのマーチもイケてるからチェックしてみてよ!

※(ボディー:ヘインズ XLサイズ:身幅59cm:着丈:78cm)

フロントはシンプルに胸にワンポイント、ブラックとピンクの相性抜群でしょ?

「ピンク一枚だと恥ずかしい!」なんてシャイなあなたは重ね着としてピンクを取り
入れるのはアリアリだよ!

コーチジャ脱ぐとこんな感じ、ブラックのドッグタグとハットでピンク特有の甘ったるさを
抑えてます。

ハットはニューヨークハットね、流行のツバ広のハットじゃないからね!
Lord Ezec aka Danny Diabloに憧れてるだけだからね!!!!(強調)

袖は2つ折り、ビッグシルエットはやってるけど「バンドスタイルのほうが先じゃね!!」
って思っております!

時計はTERRORのスウォッチ!(廃盤)これもブラックで合わせております。

ワンポイント:
白Tシャツをインナーにしてるんだけどピンクの裾をひとつ折ってアイロンすれば
いい感じにレイヤードできるよ!

これから大活躍の白ロングスリーブを合わせてもバッチリハマるね!

バックデザインはこんな感じ!ってピンボケがヒドス!!

商品画像よりちょっと決めのピンクだけど晴天の日に着用したら商品画像のピンクに
近いよ。

マント風にコーチを着用!

まだまだピンクアイテムに抵抗ある人が多いけどめっちゃ使えるしイケてるから
挑戦してみよう!バンドマーチでも増えてきたしね、これからだったらパーカー類
でも増えてくる予感、ピンクのコーチなんかももしかしたら……

バンドマーチは黒、白だけじゃない!!

いろんなカラー着用してコーデを楽しまないとね!

夏も終わって秋冬とさらにコーデが楽しくなる季節だから、と言いながらも持っている
アイテム「7割はブラックだな~~~!」

トレンド関係なしに自分の中ではグリーンにハマってるんで近いうちにグリーンコーデ
も紹介していくね!

雲行きも怪しくなってきたから帰るとすっか!

あ、そうそう、今日紹介したヤバイブツ、We Came As Romans – ROMANS Black
のコーチジャケットあるじゃん!

MサイズとXLサイズの在庫がひとつづつあるからさ、コーデブログも復活ってことで
コメント欄に「ブログ見たぜ!」 って記入してくれたら2000円と送料割引きしちゃう!

各サイズ1点ずつだから早めにね、そして内密にね!自信を持っておすすめできる
最強アイテムだから、お得な時に手に入れておこう!!!

購入はこちら

あなたからのコーデも募集してます!何かプレゼントがあるかも!ブログ下のコメント欄からぜひぜひ参加してください!

では!

河内野

撮影場所

撮影で着用したアイテムについて

【CBK】Die Knowingってアルバムはクソなのか?


昨日のブログで言ったComeback KidとMisery Signalsなんだけどさ

Comeback Kidには特に思い入れがあるんだけどさ、同じ大ファンの友人

(僕と同様に全ての音源を持っているしLPも揃えるマニア)

曰く現時点での最新アルバムが「正直CBKじゃないよ!クソだね!」
って言ったわけ、とても悲しかった。

気持ちはわからんでもないけど、クソ入っちゃダメっしょ!!

聴き込みもしないで「クソ」っていうやつほんと嫌い、

ジャンルに縛られて聴きもしないで最近のバンドを馬鹿にするし、
なんか悲しくなるとともに「もったいねーな」って思っちゃう。

なんか思い出したら腹たってきた!
      ・
      ・
      ・
      ・

話を戻して、確かに、今までのアルバムに比べ………..

とにかくファーストのやばさから紹介していくからさCBK好きは
チェックしてよ。

記憶が正しければ2003年Facedown Recordsから発売されたファーストアルバムTurn It Around
をSTMで視聴して1曲でぶっ飛ぶくらいにやられたのを覚えている。

Turn It Around

いわゆるオールドスクールって当時は軽くて古臭い、そんなイメージしかなかったんだ
よね。

メタルからハードコア好きになったからさ、ニュースクールなバンドばかりを好んで
聴いていたわけ、いわゆるフロリダのニュースクールとかMAメタルとか、当時で言う
デスコアとか、(今のでスコアではないよ。)

当時はメタリックな要素が多くないと好きになれなかったわけ、そこに突如現れた
Comeback KidのTurn It Aroundを聞いて衝撃が走ったんだよね。

オールドスクール特有のハイトーンなボーカル、ハイテンションで哀愁なリフ、
ドラマ性のあるメロディー、思わず拳を上げシンガロングしたくなるパンチライン
スピードあり疾走しているんだけどしっかりモッシュパートも入れてくる。

「こんな完璧なバンドいたんだ!」鳥肌の連続だったね。

モダン・ユースクルー、モダンオールドスクールにどっぷりハマる
きっかけになった人生の中でも最重要な一枚それがTurn It Around!!

曲が短いからササっと聞けるってのもいいよね。

Comeback Kid – Turn It Around






そしてVictory Recordsに移籍し発売された2ndアルバムWake The Dead、日本での知名度が
一気に上がったのはこのアルバムからだね。

Wake The Dead

不動の人気を誇ったのもやはりアルバムタイトルにもなっている神曲Wake The Dead!!
未だにこの曲を超えるモダンオールドスクールソングは生まれてないんじゃないかな。

1stよりも哀愁度数もアップ、ブレイクダウンもパワーアップ、絶妙な展開は計算され
付くして作られたんじゃないかって思うほどパーフェクトなアルバム。

オールドスクールを代表するアルバムがこのWake The Deadだ!

ジャケットのにもギミックがあってアートワークも印象に残っている一枚。

Comeback Kid – Wake the Dead






続いて2007年発売の3rdアルバムBroadcasting、アルバムが発売される前にVictory Records
のサンプラーに入っている曲を聴いて………….「アレ、何かが違う!!!」そう思ったわけ

Broadcasting

違和感はそう、ボーカル変わってる!!!スコットからアンドリューに!

違和感は感じたんだけどサウンドはさらにタフさもアップし幅も広がったしスケールも
格段に上がった印象。

しか~~しオールドスクール感は減少気味かな。

ギジュ的な部分や声量なんかは格段に安堵流が上なんだけど
僕はスコット派なんだよね…..

Figure Fourらしいメタリックな部分も増えてきた印象だったね、とにかく完成度の
高い名盤、カナダだけじゃなくアメリカでも認められたアルバムじゃないかな。

Comeback Kid – Broadcasting






続いては2010年Victory Recordsからアンドリューになってからは2枚目の4thアルバム
symptoms + curesが発売!

前作を聴き込むにつれ好きになるんだけどやっぱり聞いているのは1stと 2ndなんだよね。
今作symptoms + curesそこまで期待はしていなかったんだけど、ジャケット公開時には
アートワークはお馴染みのデザインってことで期待は高まる!

そしてコンポにセットしsymptoms + curesが流れる。

1.2.3.4と曲が終わるたびに、「もしや、このアルバムやばいんじゃないか!」って
最後の曲Pull Back the Reinsが終わった頃には、

「出ました!名盤決定!」

期待を遥かに超えるアルバムだった、ベースはモダンオールドスクールなんだけど
叙情性は格段にアップ、スケール感もまし壮大!CBK史上一番泣けるアルバム。

哀愁メロからのブレイク、にお馴染みのシンガロングが上手く組み立てられた
パーフェクトを超えた一枚。

メロディックハードコアファンにもアピールした一枚、このアルバムが最高傑作という
人も多いんじゃないかな!

聴き終わったとき僕は号泣し拳を天に突き上げた。

「我が人生に一片の悔いなし!」

そう思わせてくれたアルバムでした。

Comeback Kid – Symptoms + Cures






そして前作から4年ぶり、2014年に5thアルバムがVictory Recordsから発売!
その名も「Die Knowing」

Die Knowing

おなじみのアルバムアートワーク、今作はセルフプロデュース作品、そんな情報を
先に耳にし期待が高まる、届いたアルバムは早く聴きたいためバーコードのシール
ごとジャケットを開けてしまったためジャケットはバリバリに割れてしまった。

コンポにCDを装着しツマミを回し音量を上げ爆音で、レッツスタート!

1曲目、2.3.3.4.、前作のような泣きのメロは皆無!「めっちゃハードコアじゃん!」
ってイメージ、これはこれでかっこいいんだけど….

Should Know Betterでようやく叙情的なメロやリフが垣間見れるも6曲目では
CBKらしいリフや展開はあるもハードコアなストレートな曲、
泣きの拳ではなく漢なストリートパンク的なシンガロングパートもあり、
Unconditionalはミドルテンポではあるが泣きのメロディー全開の曲、後半で疾走
しメロディアスな波がなだれ込む。

Didn’t Even MindはRise Againstぽいメロディックハードコアからのモッシュパートが
印象的。

そしてFull Swingスピード前回で始まり、初期を感じさせると持ったらなんと
全ボーカルのスコットが参加していた!

ラスト曲はラストを飾るにふさわしいメロディアスなシンガロング満載の
名曲で幕を占める。

シンプルでストレート、一番アグレッシブなアルバムだった、期待したアルバムでは
なかったが何故かつい聞いてしまう不思議なアルバムだ。

とは言っても基本はCBKサウンド、CBK史上1のハードコア・アルバムだった!

Comeback Kid – Die Knowing






2014年発売当時「これはCBKじゃない!クソだ!」といった友人も今ではこの
アルバムは「最高だよ」といってる、当時の言葉は撤回してくれたし、
新作がでれば必ず買うと言ってる。

嬉しいね。

僕もなんやかんやでComeback Kidは超大好きなバンドであることに変わりはない!

これからも追っていくぜ!そろそろアルバム発売してくれないかな……

オールドスクールからモダンオールドスクール、が大好きになったきっけのバンド、
ハードコア音楽の幅を広げてくれるキッカケを作ってくれた偉大で愛してやまない
バンドそれがComeback Kidである!

なんやかんやでComeback Kidあなたも好きでしょ?

いよいよ11月に来日、予習しておかなくっちゃね!

Sick Of It Allとのツアーも終わった頃、最新のライブ動画でどの曲が
ライブの定番なのかチェックしてシンガロングポイント抑えておこう!

COMEBACK KID [HD] 17 AUGUST 2016

やっぱりCBKのライブはシンガロングの嵐!盛大に盛り上がるね!

河内野

【感激】Rise Recordsツアー・ジャパン参加者からのスペシャルフォトが届いた!

まだまだ暑いけどさ、夏も終わりに近づいてきたね。

今年の夏はどんなライブやフェスに参加した?

先週はRise Recordsツアー・ジャパンも盛り上がったみたいだね!

そんなRise Recordsツアー・ジャパン大阪公演に参加した渡邊さん
から最高のメールを頂いたんだ。

彼女とフル装備での参戦が出来ました。

crown the empireものすごくかっこよかったです。

そして何より大阪に着いてライヴまで時間がかなりあったのでアメ村
をぶらついていたらライヴを待たずして迷子になっているデイヴィッド
とブレントに遭遇し、会場まで案内するというミラクルまで起きて、
バンダナとTシャツのおかげですんなり話せました。

本当に持ってきていただいて助かりました!

これがあるとないとでは全然違っていたと思います。
本当にありがとうございました!

当然二人と写真も撮りましたので一応添付します。

追伸:
あと全然関係ないですが大阪に向かう新幹線では石野卓球に会いましたw

その写真がこちら

渡邊さんが着用しているのはCrown The Empire – Beak White TシャツのMサイズ
彼女さんが着用しているのはCrown The Empire – Masks Album Art TシャツのSサイズ
そしておそろいのCrown The Empire – Double Skull Blackバンダナ!




まずは「ナイスカップル」と言いたい!一般人にはあまり理解されないヘヴィーな
サウンドが大好きな彼女なんてそうそう見つからないよね!

羨ましいぜ!!!!!

バンダナもばっちり決まってるし最高ですね!

そして写真に写っているのはデイヴィッドとブレント、
「お届けしたグッズがきっかけですんなり話せた」ってのがたまらなく嬉しい!!!

迷子のデイヴィッドとブレントってのがなんだか可愛い…….

lights up the skyのメンバー友写真が撮れたようで最高の一日でしたね!

渡邊さん本当にありがとう!我が事のように嬉しかったです!

石野卓球さんにも会えるなんて渡邊さんは強運の持ち主ですね!

僕は全然ライブイケてないからさ、話を聞くだけでもすごい嬉しい、
田舎好きだから都会に引っ越す予定はないけど

来日が続くと地方はツライね、僕と同じ思いの仲間もたくさんいるんだけどさ、

ライブ好きでよく参加するそこのあなた!あなたからの投稿も待ってるよ!

・ライブに着ていったバンドグッズ
・バンドマンはどんなスタイルだった
・ライブは盛り上がった?

などなど、バンドマーチのショップだからさただ単にライブレポじゃなくてさ、
来日バンドのファッションや会場にいるファンたちのスタイルとか、
絶対に仲間たちも喜ぶと思うんだ。

だから本気で募集します。

あなたのライブ体験

参加してくれた方には必ずプレゼントを用意するからさ投稿待ってるよ!

info@positivedive.com

まで送ってね!できれば写真付きで!!!!!



夏も終わりが始まってきたけどさ来日ラッシュはまだまだ続くね!

来週から始まる国内最大のハードコアフェスBloodaxe Festival 2016では

・Despeised Icon
・Xibalba
・Trapped Under Ice
・Chokehold
・Capsize
・Lifeless

とんでもないメンツが来日!!

10月6日~10月10日にはハードコアパンクバンドAngel Dustが来日





10月12日~10月16日には叙情派ハードコア/ポストハードコアバンドNapoleonの来日でしょ!





カオティックハードコアRolo Tomassiに叙情派ハードコアHigh Hope、
ドイツのハードコアバンドColdburn
、インディーロックのCitizen、そしてラウパーやノットフェス、

やっべーぞ!!

夏あたりはポストハードコアバンドなんかが多かったけど秋からはハードコアバンドたちの
ガッツリなスケジュール。

ここまでのラッシュだと迷っちゃうよね!

あなたはどのライブに参戦する?

参戦するあなたからのライブレポ待ってるぜ!!

中でもレジェンドなComeback KidとMisery Signalsの最強なタッグでの来日がやばす!

このライブだけはなんとしても参加しておきたい。

僕の中のヒーロー的なバンドしかも2バンドともにこの手のサウンドがさらに
好きになったきっかけのバンドだからね。

カナダのハードコアバンドComeback Kidとカナダの叙情派/カオティックハードコアバンドMisery Signalsが来日します。
日程は下記の通りです。


11月16日(水) 東京 渋谷THE GAME
11月17日(木) 大阪 CLUBDROP
11月18日(金) 愛知 名古屋3STAR
11月19日(土) 神奈川 横浜LIZARD
11月20日(日) 東京 新宿ACB

招聘元:http://alliance-trax.com/tour/

あと二ヶ月、この頃は完全に秋、冬に突入するあたり、平均気温は20度くらいかな、

バンドマーチも完全にTシャツからパーカーやコーチジャケットに移行している頃、

「どんなグッズを装着し参戦するのか?」そろそろ考えて新しいグッズ仕入れておかなくちゃね!

河内野

【秋コーデ】1年中愛用できる最強のバンドマーチがこれだ!

まだまだ暑い日が続くけどさ、そろそろ準備しない?

そうコーデが楽しくなる秋がやってくるぜ!

何が楽しいかって、今はバンドTシャツ1枚あればコーデが成り立つわけ、

「バンドTシャツ」 + 「パンツ」とかね。

これからはアウター、長袖シャツ等とのレイヤードなどなど、


・クルーネックのトレーナー
・プルオーバーパーカー
・ジップアップパーカー
・ロングスリーブシャツ
・コーチジャケット
・ウィンドブレーカー
・スタジアムジャケット
・ニット帽(ビーニー)

コーデの幅が一気に花咲く季節が始まるってわけだ。

ファッションを楽しむ秋冬が迫ってきたということだ!

炎天下で外に出るのも苦痛な夏はお出かけはしたくなるけど、建物に逃げ込むこと
が多いじゃない、涼しくなり外に出かけること、が増えると思うんだけど、
どっか行く予定はある?

僕は夏にできなかった、京都市内への小旅行、紅葉を見にキャンプ、美術館、芋掘り
ウォーキング、イカ釣り、などなど、やってみる予定だ!ワクワクすっぞ!!

外出が増える分、行く場所やしチェーションも増えていく、

ってことでファッションの幅が無限に広がる。

「芸術の秋」っていうくらいだかファッションが一番熱い時期だと思うんだよね。

タンスに眠ったアウター類を今眺めてるけど、やっぱ新しいスタイルにも挑戦したい。

シンプルコーデの夏と違いコーデのごまかしがきかないのがこれからの時期だからね、

夏に「おしゃれだなー」って思ってたやつが秋冬のスタイルになると
急にダサくなる奴って結構いない?

「本当のオシャレマンは秋冬にアリ!」

ってことだ!

スタイルチェンジのこれから仲間、愛する彼女にがっかりされないために気合いれていこうぜ!

特に一発目の秋冬スタイルはかっこよく決めたいもね!

そこでこれからの時期取り入れるべきアイテムを紹介するぜ!

一時ブームを起こしたあのアイテムがここに来て再加熱している!

そう、デニムベストだ!

1:Pierce The Veil デニムジャケット


夏スタイルに合わせたデニムジャケットだけどイケてるでしょ?
ブリーチ染めが施されたオールドスクールなデニムベストはホワイトと相性が抜群だった。
これからならホワイトのロングスリーブやパーカー、クルーネックのトレーナーと合わせたいね!
差し色としてレッドカラーをキックスに!

・Mサイズ着用
・店長スペック:身長173cm 体重70kg
・デニムジャケットはこちらから

この画像のように真っ赤なシャツにブラックパンツ、ブラックTとの相性も抜群です。




2:MIss May I デニムジャケット



チェックのボタンダウンシャツなんかと合わせると一気に飽きっぽくなるよ!
デニムジャケとは丈が短めだからレイヤードも楽しめる!

B1697004

・Mサイズ着用
・店長スペック:身長173cm 体重70kg
・MIss May Iデニムジャケットは廃盤




3:Gravetakersデニムベスト



GravetakersのデニムベストにMadballのワッペンなどを装着させオリジナルに仕上げたベスト。
ブラックのデニムベストにブラックのジップパーカー、同じブラックだけど生地感で差をつけたスタイリング!

・Mサイズ着用
・店長スペック:身長173cm 体重70kg
・Gravetakersデニムジャケットは廃盤

デニムベストのカスタムはこちらをクリック




爽やかに決めるならホワイトT、ロックに決めるならブラックなどのインナーを合わせるとよいでしょう!

数年前に流行った時と違うのは、ワッペンやピンバッジを大量につけるのがトレンドなようだ!

あとアースカラーのインナーに合わせるのも今年っぽいかな!

画像のようにやはり秋冬のヘビロテアイテムになること間違いないがTシャツとも合わせれることから
1年中愛用できるアイテムってのが魅力的だ!

そういえば昨日2アイテムのデニムベストをアップしたよ。

Attila(アッティラ)のフロントマン(Fronz)が手がける最先端ロックブランドの
ステイ・シックのデニムベスト!

ステイ・シック
Stay SIckデニムジャケットはこちらから



さらにケラングアワード2016で見事インターナショナル・ニューカマー賞を受賞した今最も注目の
サウンドを奏でるニューメタルコアバンド Cane Hill / ケーン・ヒルのデニムベスト

Cane Hill / ケーン・ヒル
Cane Hill デニムジャケットはこちらから

新たに発売されたけど、販売数もTシャツなどに比べ1/10ほど、再販売率も低め
気になったらすぐに手続きしておいてね!

Void Of Visionのクリップを見ていたらロンTがもっと欲しくなった、秋といえばロングリーブシャツ!

「デニムベスト」 x 「ロングスリーブシャツ」ってスタイルで今秋の一発目はキメてくぜ!

では!

河内野