【Vol.02】俺的オルタナ・グランジの名作たち「店長-高校編」1995~

オルタナ特集




高校に入学し、音楽好きな仲間も増え、知識も増え、デスメタルメタルからスピードメタル、スラッシュメタルなどのメタル全般、Green DayやNOFX、RANCIDなどブームだったメロコアやパンク、OasisやBlur、PulpにSuedeなどなどのブリティッシュポップ、MADBALLをきっかけにハマったハードコア!ブームは去ったけどまだまだ掘り下げれていないオルタナまで幅広く聴くようになった高校時代、バイトも始めたおかげで給料日には地元のCDショップに行っては買い漁っていたね!


前回のオルタナブログは下記をクリック




ここから前回の続きです!




高校では中学校から続けていたバスケ部に入部しほぼバスケ中心の生活、駅まで自転車で30分、そこから電車で1時間、駅から徒歩で30分、と合計2時間という地獄の通学、そして朝練なんて朝の5時には起きて・・・・


今考えるとよく「続けていたな」と感心します・・・2時間の通学に欠かせなかったのは当時主流だったCDウォークマンにお気に入りのCDをぶち込んで聴いていた大好きな音楽たち、高校の通い始めていたころに良く聴いていたのはCollective SoulHints Allegations & Things Left Unsaidってアルバム、1曲目のShineが神曲すぎてもう・・・全米でも大ヒットした楽曲ですね、メロ重視のオルタナ寄りのハードロックサウンドですね!




Collective Soulに関してはこのアルバム以降2枚ほど追いかけましたが、個人的にハマることはなくShineが僕的にはハイライトになってしまったバンドですね!








The Plot In You

部活帰りの癒し的アルバムだった一枚アリス・イン・チェインズのフロントマン、レイン・ステイリー、パール・ジャムのギタリスト、マイク・マクレディ、スクリーミング・トゥリーズのドラマー、バレット・マーティンとベーシスト、ジョン・ベイカー・ソーンダースで結成したMad SeasonAboveスローでブルージーな渋い曲が大半、部活での疲れた体にレインの妖艶な声が染みわたって帰りの電車では子守歌のように効いていたのを今でも覚えている!





厳しい部活になれることなく毎日が廃人のように帰宅後は即ベットになだれ込む、そんな生活が続いていた高校1年生、そんな時に出会ったのがオーストラリアから現れた同年代のグランジニューカマー!

The Plot In You

俺的グランジアルバムNo.1作品!SilverchairFrogstompだね!出会いはテレビで流れていたTomorrowなんだけど、ここまで心揺さぶられた楽曲は僕の人生の中でも数少ない大切な曲、これまで聴いてきたグランジバンドの中でも音圧がスザマジくヘヴィーであり琴線に触れるメロディーは今聴いても鳥肌が立つくらいです!Tomorrowだけでなくその他楽曲も名曲ぞろい、十代半ばでこんなアルバムを生み出したSilverchairは奇跡です!









翌年リリースされたよりヘヴィーになったFreak Showに99年リリース、ストリングスの導入など音の幅が広がったNeon Ballroomも間違いなく名作、名曲まみれなので全曲聴いてほしいね!中でも個人的に好きな楽曲がAna’s Song (Open Fire)である!




なぜかSpotifyでは聴けないDIORAMAってアルバムも壮大で幻想的なロックアルバムに仕上がっているからチェックしてほしいね!聴けば聴くほどに癖になるアルバムです!





頑張っていた部活ですがバスケへの情熱がまったくなくなり2年には退部、そのころから同級生などと電車を乗り継いでは京都の都心部やアメ村などに出かけるように、そこで手に入れた初のオルタナグランジ系のバンドTシャツはNIRVANASonic youthだったね、アメ村の怪しい路面店で買ったからフェイクかもしれないけど、特にSonic youthのシャツは擦り切れるくらい着用していた、先日も買い直しましたwww多分歴代5代目になる洗濯機デザイン!



当時はいわゆるメロコアやブリットポップなんかも流行り出した時代でとにかくいろんな音楽を聴いていた時期、そんな中、通学途中に周りの目線も気にせず大声で「ヤッベーアルバム見つけた!」と興奮しながら迫ってきた友人が教えてくれた一枚!

Ash

オルタナ?ブリットポップ?パンク?何これ最高やん!ASH1977である!USのオルタナも感じさせつつもクラシックなUKパンクのキャッチーさ甘酸っぱいポップ感、それまでに体験したことないサウンドにどっぷりとハマる、なんせ名曲だらけすぎる、翌日友人に会った瞬間に言葉は交わさずにハグしたのを今でも思い出す(笑)全曲必聴の名盤、オルタナだけじゃなくポップパンクやギターポップ好きにも聴いてほしいな!








1977以降のアルバムも購入したんだけど、特に印象はないかな、アルバムよりも1977以前にリリースされたTrailerというミニアルバムは名曲揃いなのでオススメです!






「いまいち良さがわからんし、1000円で良いで買わん?」ASHを教えてくれた友人がまたしても、今回は気に入らかかったそのアルバム、ブリットポップ全盛期にリリースされた一枚!



Placebo

グラムロックxグランジ?これまでのバンドにはない世界観!

PLACEBOのセルフタイトルのデヴューアルバムですね!OasisやBlurが学校内でも流行っていたけど、それらとは違う独特な世界観は初聴で一気に引き込まれました、その前にまずアートワークがめっちゃ好きです!2曲目のTeenage Angst、5曲目のHang on to Your IQ、そして6曲目のNancy Boyを聴いた瞬間に「これ買います!」って言ったね!友人は不思議そうな顔してたけど、Nancy Boyは今も良く聴く名曲!




その後じっくり帰りの電車でアルバムを堪能したんだけど、名曲Nancy Boyに続いて悲し気なI Knowって楽曲でおまわずウルときてしまいました、全体を通して美しくも悲しいメロディー、同性愛者やバイセクシャルなメンバーだからこそ生み出された世界観、他のバンドにはないオリジナルなサウンドにハマりました!心から友人に「このアルバムに出会わせてくれてありがとう」とお礼を言いたい!



98年にリリースされた、2枚目のフルアルバムWithout You I’m Nothingも名作ですが、3枚目となるBlack Market Musicは、デヴューアルバム共にいまだに定期的に聴いているアルバム、エレクトロな要素を強めより内向的にインダストリアル的なアプローチやラップを披露したりと実験的でありより深化した名作だね!


このアルバム以降も追いかけているバンドですが、上記で挙げたアルバムほどのお気に入りはなくですが、2013年リリースのLoud Like Loveに収録のToo Many Friendsを聴いてハードコアにどっぷりはまっている時期でしたがPleceboに再びハマってしまいましたね!2016年にはコンピですがまさかのRISE recordsからのリリースで歓喜したのも記憶に新しい。






そして2022年には9年ぶりのオリジナルアルバム発売で僕の中では現在再熱中、しかもかなりの良作なので今年の10枚に選ぶかもしれないね!






そして当時夜中のMTVで観たオルタナソングの神曲Creepに心奪われアルバムを買うもCreepが強烈すぎてその他の楽曲にはそこまで惹かれず(今では大好きな楽曲ばかりです)・・・そして駅前のCDショップにて次作のアルバムを中古で購入したのである。


Radiohead

オルタナだけでなくロック史に残る大名盤

RadioheadBendsですね!ピュアなオルタナロックやソフトで美しい曲が多いので初聴のインパクトはなかったものの聴くたびにそれぞれの楽曲に魅了されていく、アルバムを通してここまで聴きこんだアルバムはないかもしれない、浮遊感ある始まりのPlanet Telex、トムヨークのファルセットが美しい名曲のHigh And Dryはよく真似して友人たちと誰がうまく裏声を出せるか、通学中に歌っていた記憶もあります(笑)、そしてJustからMy Iron Lungの流れは最高でこの2曲を特に聴いていた覚えがある。ディストーションがかかった轟音のギターサウンドに妖艶なメロディーと変則的な展開は当時とても新鮮で聴いていてワクワクが止まらなかった好きすぎる2曲だね!







Black StarやSulk・・・もうすべての楽曲が最高なのですが、ラストを飾るStreet Spiritは心が締め付けられるほど切なくて壮大、とんでもないアルバムですよね!




そして衝撃の進化を遂げるOK COMPUTERに続くんですが、これまた駅前のCDショップで予約してまで買った一枚、当時何がすごいのかわからず、友人たちとも「よくわからんけどなんかすごい・・・」言葉では説明できない凄みに圧巻されていた記憶があります。とはいっても音楽を語り合う友人たちの半数は拒否反応を起こしてましたね(笑)僕はここまででした・・・・続いてのKid Aは全く理解できず、そこから10年以上はOK COMPUTER以降のRadioheadを理解することはできなかったのである(笑)30歳になってから徐々にKid A以降も好きになりましたが、やはり僕的にハイライトはOK COMPUTERです。







兄貴が持っていた音源を「今金欠やで買ってくれと」ほぼ強制的に5枚で10000円という価格で買わされる、その5枚とは、

1枚目はStone tenple pilotsのCoreというアルバム、大ヒットしたPLushはいまだに良く聴く名曲だけど、どこか地味ではーぢろ億色が強かったせいがそこまではまらずのバンドでしたね!とはいっても以降のアルバムもPurple、Tiny Music…Songs From The Vatican Gift Shopまではしっかり音源は購入してました。




2枚目はFailure の Fantastic Planetというアルバム、日本でもあまり知名度なかったんじゃないかな、当時は良くいるグランジバンドって印象だったんですが2000年以降買い直しては待ったバンド、グランジだけじゃなく、エモやインディーロックも感じさせるしスペーシーな浮遊感ある楽曲もあるし15曲目のStuck On Youはいまだに大好きな楽曲である!




3枚目はSponge のRotting Pinataっていうアルバム!兄貴に売ってもらったアルバムの中では一番印象に残らなかったあアルバムですねwwwけどアルバムのアートワークが印象的でなんとか思い出すことができました(笑)とはいえ、PlowedやMollyを聴くと当時の記憶がよみがえりますね!それ以降のアルバムも聴いてみよっと!



4枚目はThe Presidents of the United States of AmericaのThe Presidents of the United States of America!!このアルバムはとにかく聴きまくりましたね!ちょっとおバカ系のイロモノバンドっていうイメージが強いんですが、ファジーなギターにとにかく耳残りの良いポップなメロディー、Lumpは名曲!Spotifyにはなぜかこのアルバムがないんですよね・・・以降のアルバムは特に印象ないです・・・この機会に聴きなおしてみます!



5枚目はBlack Market Flowers のBind、こちらも当時一切、話題になっていなかったんですが、かなり聴きこんだ大好きな作品、ここがすごい!っていう突出した部分はないグランジフォロワーなバンドなんだけど、Soundgarden2割のブルージーな渋さ、アリチェン2割のうねるヘヴィーさ、ストーンテンプル2割の正統派ハードロック調のオルタナロックをミックスしたようなサウンド?
8曲目のダークでどこか美しくスペーシーで儚さのあるSick to the gillsは大好きな1曲!



オルタナ、グランジのガールズバンドといえばカートの嫁はん、Holeだが

L7

グランジの女王「L7」
アルバム自体は1992年リリースだが、ガールズバンドにも詳しかった兄貴に教えてもらったのは高校2年生、1997年ごろだったと記憶している、L7のBricks Are Heavy!!メタルにもどっぷりとハマっていたからこのヘヴィーなサウンドがたまらなくのそれでいてしっかりグランジを感じさせるし、しかもガールズバンドってのがめちゃくちゃ新鮮で、一時期はBricks Are Heavyしか聴いていなかったね!地元のCDショップの店員さんにどうしてもL7のポスターがほしくなり取り寄せてもらったものの、兄貴とのケンカでビリビリに破られちゃいましたがね(涙)



よりヘヴィーになったHungry For Stinkも賛否両論だったThe Beauty Processも好きなんですが、それ以降は追いかけることもなく約20年が経過…そして2019年にまさかのニューアルバム発売でL7再熱したんですが結局はBricks Are Heavyばかり聴いていますね!



高校も3年1997~1998年になるころには地元でもようやくオルタナメタル、ニューメタル、グルーヴメタルの話題が音楽好きの友人の中で広まりだすRage Against Machineを筆頭にKORNが特に人気、LUNA SEAのベーシスト「J」のラジオで流れていたLimp BizkitのFaithは衝撃的、翌日は友人たちと2時間以上かけて大阪のタワレコまでアルバム「Three Dollar Bill, Yall$」を購入しに!しかしラジオでははっきりとしたバンド名を覚えておらず、タワレコの店員さんに経緯を話して親身にs菓子当ててくれたのを今でも覚えています、「あの時の店員さんありがとう!」




自宅に戻り速攻で「Three Dollar Bill, Yall$」をCDコンポにセット、数曲聴くも・・・・「思ってるのと違~う!」Faithみたいなポップなメロディーでヘヴィーなサウンドと思いきや違う違う違う!!!・・・・のちにカヴァー曲と知る(笑)



今回はオルタナメタル、ニューメタル、グルーヴメタル関連は省きますが、唯一Deftonesはいまだに大好きなバンド!25年以上も経った2022年でもAround The Furはいまだ聴き続けているアルバムです!当時はどこあAlice in ChainsMy Bloody Valentineを掛け合わせたかのようなサウンドだと友人に紹介してましたね。



DeftonesAround The Furシャツも当然所持しています。着用しているのは3代目!



高校も3年生になり・・・都会に巣立っていた一個上の先輩が大型の連休には戻ってきたり、尼崎の整備学校に行っていた兄貴の帰省で、都会のアンダーグラウンドな音楽たちに触れることに、そこで知ったMADBALLNYHC、ハードコアバンド達です、そのせいかオルタナを聴く頻度も減っていったわけである。





BUSH

中古屋で出会ったUKグランジアルバム、
これまた地元のCDショップにて中古で購入したアルバム!Bushの「Razorblade Suitcase」、NIRVANAのパクリだとか当時ボロカス言われてんですがアルバムはそうと売れたんじゃないかな?このアルバム前、1994年にリリースされた「Sixteen Stone」も同時に購入、めちゃ格安だった覚えがある、一気にその日2枚を聴いたんですが、「Razorblade Suitcase」収録のSwallowedはマジ名曲!これぞグランジバラードなダークでヘヴィーで美しい楽曲。

アルバムを通して聴くと、「Sixteen Stone」のほうが好みだった記憶があります。久々にアルバム聴きなおしましたがSixteen Stoneは疾走感あるパンクなスタイルとグランジがうまくマッチングした楽曲。マジ懐かしいです(笑)

Glycerineとかも好きだったな~、上記2枚共にSpotifyにはないね・・・・ライブヴァージョンは下記。

これ以降のアルバムは聴いていません、調べると結構コンスタントにアルバムリリースしているんですね、チェックしてみようかと思います。






テレビで見たMV「No Rain」が気に入って購入した、Blind Melon の Blind Melonですが、思っていたサウンドは違うものの「購入したから聴かないともったいない」と我慢して聴いていくうちに好きになったバンドですね、でも思い出すとこの「No Rain」しか覚えていない・・・・

だけど先日倉庫に寝かしているCDを掘り返してみると、アルバム、「Soup」もボーカルシャノン・フーンの追悼アルバムとなった「Nico」も所持していますね、当時はオルタナバンドとして聴いていましたが、クラシックなアメリカンロックも感じれるサウンドですね!!サウンドよりもアルバムのアートワークのほうが記憶に残っているんでTシャツも探してみます!





Verve

水中で浮遊しているような感覚にハマり・・・
これはブリットポップ好きの友人に「全く良さがわからん」と格安でたたき売りされたアルバム、Verveのアルバム「A Storm In Heaven」、オルタナとして紹介してよいのかわからんけどシューゲイザー好きの中でも人気の1枚ということで取り上げてみました。

全く期待していなかったせいか初聴では「フワフワしたロック」というイメージ、この曲が最高!っていうキラーチューンがあるわけでもないんですが、サイケで浮遊感ありの当時では新体験なサウンドにハマりました、アルバム全体を通して1曲のような感覚で聴いていましたね。



そして同じバンドとは知らずに購入した「Urban Hymns」はご存じの名作、サウンドがかなり違うのと前作はバンド名にTheがついていなかったので数年間、同じバンドだと知らずに聴いていましたね(笑)こちらはサイケで浮遊感ありますがよりポップにキャッチーな楽曲が多いですね、Bitter Sweet Symphonyが有名ですが、それに負けない捨て曲なしのアルバムですね!



上記に挙げなかった高校時代に出会ったオルタナやグランジの名曲張っていくんで聴いてみてください!あなたの琴線に触れる曲に必ず出会えます!

Ben Folds FiveBrick



BlurSong 2



Marcy PlaygroundSex & Candy


EverclearSanta Monica



Local HBound For The Floor



SummercampDrawer



FilterHey Man, Nice Shot



BeckLooser


EelsNovocaine For The Soul


GarbageStupid Girl



HoleJennifer’s Body



My Bloody ValentineOnly Shallow

現時点で覚えているのはこれらくらいかな、思い出したら更新していきます。




と言った感じで今回は高校で出会ったオルタナやグランジバンド達でした。次回は、田舎からの脱出、神戸の専門学校に入学し日々レコ屋をめぐるのが趣味に、1998~2000年後半までにハマったオルタナバンドのアルバムや楽曲を紹介していきます!

つづく・・・








追伸:


オルタナグッズ数多く取り扱い中です!クリック!クリック!

オルタナ グランジ Tシャツ

【Vol.01】「まずはここから!」俺的オルタナ・グランジの名作たち

オルタナロック

どうも、2022年もあっという間に5月、桜も散り、近所の小学生たちもあっという間に中学生、ブカブカの制服を着て登校していくその姿に「俺にもあんな時代があったんだな」と思うとともに、中学生の子供がいても良い年齢だよな!だが40歳を超えても結婚の「け」の気配もない自分をいたくなった本日です。







主にハードコアを中心にパンクやデスメタル、エモなどをメインに記事を書いてきましたが切っても切れないのがオルタナ、オルタナと言っても幅広いんですが、オルタナサウンドを取り入れるバンドも年々増えてきたよね。





オルタナの記事を書いてみようと思ったのはTURNSTILE の MYSTERYがきっかけ、

この曲を聴くと中学校後半や高校、オルタナに出会いは待っていたころを思い出してしまう、彼らはオルタナだけじゃなくいろんな要素を吸収しているんだけどMYSTERYのメロディーラインやリフはオルタナやグランジムーヴメントをリアルで体験してきた僕と同じく30代後半40代前半のオジサンどもには少しノスタルジックな気持ちを引き出してくれるでしょう、そして「何にでもなれる!」そう感じていた,
いわゆる無敵な中二病時代の気持ちも感じさせてくれる最高な楽曲だよね!




なもんで、この機会にオルタナ関連の記事を書いてみようかと思ったわけです。





中学のころから本格手に聴きだした音楽に語っていこうかと、いまから20年以上も前、世間ではTKファミリーが流行り出しているころ兄貴の影響でハードロックやメタルを知りハマる、そしてあのモンスターバンドが登場してからオルタナ、グランジに目覚めたのであった。※90年代初期~半ばの話です。


オルタナティヴ・ロック(英語: Alternative Rock)は、ロックの一ジャンルである。オルタナティヴ、オルタナ、オルト・ロックなどの略称がある。

オルタナティヴ(Alternative)とは、「もうひとつの選択、代わりとなる、代替手段」という意味の英語の形容詞。オルタナ・ロックは、大手レコード会社主導の商業主義的な産業ロックやポピュラー音楽とは一線を画し、アンダーグラウンドの精神を持つロックのジャンルである。イギリス、アメリカだけでなく、世界の多くの国に存在する。

ジャンルの傾向は、1970年代後半から80年代前半に隆盛を極めた産業ロックへの反発から、1960年代半ば以降のロックへの回帰(音楽面・思想面両方)を志向し、ジャンル内にインディー・ロックを含んでいる

wiki参照



思春期真っただ中、毎日兄弟げんかに明け暮れていたが音楽に関しては仲良く語り合っていた記憶がある、そんな中、教えてもらったのがNirvanaNevermindである。




その当時は特にジャーマンメタルやパワーメタル、スピードメタル、シンフォニックでとにかくクサいメロディー、いわゆる美しくも激しいサウンドに心奪われていたころだからNirvanaの荒くてパンクでダウナーなでありながらキャッチーなサウンドは本当に衝撃的だった。



Nirvanaを知ったころにはIn Uteroもリリースされていたんだけど、僕はよりダークでヘヴィーなIn Uteroのほうが好みでした。



そしてすでにカートは他界していることを兄からサラっと告げられた夜はMTVアンプラグド版のAll Apologiesを泣きながらリピート再生していた覚えがあります。


NIRVANAのグッズはこちらをクリック



Nirvanaをきっかけにし読む雑誌もBURRN!と合わせてCROSSBEATやrockin’onは毎月必ず購入することになって一気に聴く音楽の幅が広がっていった、CROSSBEATからオルタナやグランジを掘り下げるようになり出会ったのがSoundgardenSuperunknown




94年ごろKBS京都の早朝に放送されていたMVを垂れ流す番組かなんかで流れていたBlack Hole Sunを聴いた、観たときはNirvanaの所聴よりももっと衝撃的だった、ポップでカラフルなんだけど気味の悪い映像、テレビ何で毎回1分半ぐらいでフェードアウトしていくんでフルで映像見たときも再度衝撃的でしたね!どこか風格あるというか深みあるサウンドにクリスの渋い声、静かな曲調の中にある狂気と絶望感、いまだに定期的に聴きたくなる人生で欠かせない1曲ですね!





エモバンドCopelandによるBlack Hole Sunも大好きです!



アルバムでいえばSuperunknownよりもDown On The Upsideのほうが好きかな、よりクリスコーネルのソウルフルな歌声が満喫できる一枚!それまでのアルバムよりも地味ですが、Pretty Noose、Blow Up The Outside World、Boot Campは大好きな楽曲!





クリス・コーネルの声に魅了されAudioslaveにソロ作も必ず発売日に購入してましたね!1999年作のソロ音源Euphoria MorningのPreaching The End Of The Worldは大好きな1曲、聴くたびにウルウルきちゃう名曲です、



Soundgardenのグッズはこちらをクリック




クリスも生きていれば58歳、まだまだ彼の声聴きたかったなぁ~(涙)カートもクリスもAlice In Chainsのレインももういない・・・・



とうぜんAlice In Chainsにもドップリハマりましたよ!グランジ四天王のなかでもよりダークでヘヴィーなグルーヴ、そこに陰鬱かつ随所に魅せる泣きメロディーは中毒性があり独自のスタイル、メタル好きもすんなり入れたバンドなんじゃないかな、地元のCDショップにて帯に書かれていた

へヴぃーなうねりが圧倒的存在感を示すセカンドアルバム、問答無用

というコピーライティングに引き寄せられDIRT購入!まさしくヘヴィーでうねりまくっているサウンドに殺られちゃいましたね!!




ザックザクのリフで始まるThem Bonesからラストを締めくくるWould?、と捨て曲なし、アルバム通してはグランジにの中では一番聴いたアルバムだね!この作品は1992年リリースだけど、それ以降のメタルバンド達もグランジムーヴメントに乗っかってグランジ化するバンドもたくさんいたよね!どのバンドもミドルテンポになって批判喰らいまくっていた記憶があるね、BURRN!なんかではかなり酷評されていた大御所なメタルバンドを見ると悲しくなってしまうね!テンポが遅くなったけどバカ売れしたメタリカのブラックアルバムの成功も影響しているかと、そんな中でも好きなのは

まぁ、そのメタルバンドがグランジ化することでグランジメタル、オルタナメタル、ニューメタルという次のムーヴメントが来るわけで・・・オジーの復活作オズモシズに関してはもともとグランジバンドたちがブラックサバスなどに多くの影響を受けていたわけだからこの枠に当てはまるかわからないけど・・・・



話を戻してDirtの次にリリースされたのがセルフタイトルアルバムになりますね!足が一本ないワンちゃんのジャケット、ネオンなイエローにパープルのクリアケースが印象的だったね!日本版では規制がかかってジャケット-デザインが違いますね!これは高校1年の時かな、京都は福知山市にあったセイデンというショップで購入!当時持っていたポータブルのCDプレイヤーにセットし帰りの電車でじっくり聴いたのを今でも覚えている。


ボーカルのレインのドラッグの問題で声に張りがないように聴こえるんだけど逆にそのけだるさとサバス直径な暗黒かつ妖艶なサウンドで聴けば聴くほどに好きになったアルバム、ヘヴィーな曲も良いがアコースティックなHeaven Beside YouやOver NowはこれぞJerry Cantrellな曲、Jerry Cantrellのソロ作も当然大好き1998年リリースのBoggy Depotも名作です!


2021年にEighteen VisionsがThem Bonesカヴァーしましたよね、よりメタリックにヘヴィーになったThem Bonesも最高です!


Alice In Chainsのグッズはこちらをクリック





そしてこの流れで必然的に登場するのはPeal Jam、有名なTenではなくVS.が初Peal Jamでしたね!サウンドは置いといてこの魚眼レンスで撮られた羊のアップフォトのアートワークは大好きなデザイン!




広大なUSの土地を感じさせるアメリカン・ロックにガレージサウンドを加えたかのようなサウンド、グランジか?と言われれば・・・なんだけど捨て曲なしの名盤なのは間違いなし、1曲目を飾るGOは今聴いてもテンション上がります!その後Vitalogy、No Code、Yieldまでは追っかけていたんですが2000年以降のアルバムはレンタルなどであまり記憶に残っていない・・・・Vitalogy収録のNothingmanとBetter Manはふとした時に聴きたくなるやさしい楽曲!エモのChamberlainとか好きなら気に入ると思うよ!




とこれまで定番にしてクラシックなグランジ名作アルバムを紹介してきたわけだけどしっかりここからオルタナ全般の音源たちを紹介していこうと思う。



兄貴にしてやられた!




中学の後半にグランジにハマり、雑誌などでオルタナなどを掘り下げるようになるもネットなどない90時代、「Dinosaur JRって知っとるか?めっちゃやばいらしいからCD買ってみたら?」兄貴の言葉を信じて・・・




両親が隣町福井県の小浜市に買い物に行くということでついていくことに、小浜市にあるショッピングセンターにある小さなCDショップにて音源を漁る、そこで見つけたのがDinosaur JRWhere You Been、兄貴の言葉を信じて即購入、帰り道の車の中ではワクワクしながらライナーノーツや歌詞カードをチェック、期待は膨らむ、家に着くやいなやダッシュでコンポにWhere You Beenを挿入し再生ボタンを押す・・・・





「なに?このやる気ないボーカル」けだるそうなボーカルなのにバックサウンドはノイジーでうるさいし時に高音であ~~って歌ってるし(Start Choppin)ね・・・全く良さがわからない、速攻兄貴の部屋に駆け込み「嘘ついたな」と吐き捨ててWhere You Beenをそっと置いていった記憶がある(笑)



しかし次の日には兄貴から「Dinosaur JRえ~やんけ!」と・・・「正気か?」と思うも気になり再度聴くことに、しかしよさがわからず・・・でもね少ないお小遣いをかき集めて購入したアルバム、嫌嫌ではあるが聴くこと数十回、いや100階誓は聴いたね!授業中などではふとメロディーが浮かぶしリフやメロディーを口ずさんでいる自分がそこにいたんですよね、



はい!ドップリとDinosaur JR、J. Mascisの声のとりこですwww今の便利な時代だったらハマっていなかったかもしれない、無理やりにでも聴いたからこそ分かったすばらしさ、だからそこのあなたも一聴出諦めないで何度かチャレンジしてみて!!!



翌月にはGreen Mindを購入、さらにWithout a SoundもHand it Overも、そして解散してしまい、数年後の再結成後も当然アルバムは全て購入しているほどに大好きなバンド、選ぶのはとっても難しいほどに名作だらけなんだけど僕はHand it Overが一番好きかな!





4曲目のI’m Insaneのイントロはふとした瞬間に口笛でメロディーをなぞってしまうんですよね!ダイナソー好きはわかりますよね(笑)



Dinosaur JRのグッズはこちらをクリック





The Plot In You

名曲に出会うも曲名もバンド名すらわからない・・・

中学生当時、当然に自分の部屋にはテレビなどはなく、毎朝、親父の部屋では洋楽のMV特集をチェックしてから投稿するのが日課になっていた、映像の右下に数秒表示されるバンド名と曲名だから、その一瞬を見逃してしまうとその音源に派手うことはできず数年・・・・そんなことも多々あった。



上記の画像でバンド名、曲名が分かったアナタは相当なオルタナ好きですね、その映像にも写っている独特なMVもバンド名がわからず、街のCDショップに楽器屋に行っては店員さんに相談、それでもわからず、専門学校に行ってから格安のワゴンセールスで買ったCDの中に収録されていた時はマジでうれしかったね!それがこのMVです。



サウンドも映像も印象に残るでしょ?LIVEという単純だけどややこしいバンド名、アルバムは「Throwing Copper」




全米で600万枚も売り上げたモンスター級なアルバムですが、僕の周りでは一切話題に上がってこなかったバンド、I Alone以外にも名曲ぞろいの名盤、どこかカルト的でブルージーな世界観あるオルタナロック、自作のSecret Samadhiもワゴンセールで300円ほどで購入、その後のアルバムもチェックはしていたが「Throwing Copper」を超えるアルバムは僕の中ではなかったね!Secret Samadhi収録のTurn My Headも大好きでたまに聴きたくなりますね!




音楽に関しては当然兄貴のほうが詳しかったわけで兄貴が外出しているときには無断で部屋に侵入しCDやエロ本をチェックしていたのを思い出す(笑)洋楽好きだからなのかエロ本も洋物ばかり、しかも丸見えの裏本、中坊の自分には刺激が強すぎたね、音楽も性にも兄貴の影響で目覚めてしまったわけである(笑)




The Plot In You

オシャレなアートワークデザインに惹かれて・・・・

話がそれましたが自分では購入していないけど兄貴の部屋に潜り込んでは勝手に聴いていた音源、その中でもオシャレなアルバムアートワーに惹かれて聴いてみたのがSonic Youthの「GOO」である!






後のグランジムーヴメントのきっかけともなった1枚として有名ですが僕はムーヴメントが終わったころに知ったバンド、ノイジーなギター、陰鬱なメロディ、そこに程よくポップさも加え無二のサウンドで正直初聴ではあまりよさがわからなかったんだけど、ファッショナブルでアートな部分に魅了されて聴きこむたびに好きになっていったバンドではあるんだけど、「A Thousand Leaves」以降はそこまで聴きこむこともなく今に至る、突出しょして好きなのは長尺で美ノイズなThe Diamond Seaやまさに当時のグランジ的サウンドでイントロから一気に引き込まれるSugar Kaneかな。



この洗濯機デザインのシャツは全バンドのTシャツの中でも10本の指に入るくらいにファッショナブルでアートな名作ですよね!同じデザインを4回以上買ったのはこのシャツくらいだね!



ソニックユース洗濯機Tシャツ

Sonic Youthのグッズはこちらをクリック





中学も3年生後半、それは冬だった記憶があるんだけど、街に出かける親についていってはCDショップをめぐっていた、そんな冬のある日駅前にあるCDショップの洋楽コーナーで激プッシュされていたのがこの神作品である!



The Plot In You

「メロンコリーそして終わりのない悲しみ」という邦題に惹かれて・・・
そうです、Smashing Pumpkinsです!当時の洋楽好きの全中二病はこの邦題に殺られちゃいましたよね(笑)ファンタジーなアートワーク、2枚組のぶっといCDケース、少しお値段は高かったけど即買いでしたね!開封すると豪華なブックレット、絵本のようなデザイン、ジョン・クレイグによるデザインですね、それそれの歌詞のページに描かれているアイコン、耳でも目でも楽しませてくれた一枚だった。



1曲目は美しい映画のスタートのよう、そして代名曲、Tonight, Tonight、もうこの曲を聴いた時点で「このアルバムはあたりだ」と確信したよね!




話はずれるけどエモバンドMAEの「The Everglow」の1.2.3曲目を聴くとスマパンのこのアルバムを思い出してしまいます。






Tonight, Tonightが良すぎて、全体を聴く前に何回この曲をリピートしただろうか?人生の中でもここまで心震えた楽曲はあまりない、落ち着いてアルバム全体を聴く、激しい曲から優しく癒される曲まで幅広く、しかも2枚組の大容量、さらに名曲だらけってことでこんな満足感を味わえたアルバムは初だったね!



そして当然彼らのとりこになり、過去作はもちろん、新譜は発売日には必ず購入するほどに大ファンとなったバンド、メランコリーの次作、「Adore」は初聴のインパクトはなかったものの、メランコリーよりも末永く聴き続けている作品、「Adore」はまさに夜なアダルティーさも醸し出していて、キラキラしたものよりも闇や深みを求めていた10代後半の多感な時期に出会ったからなのかもしれないが僕はこの作品が一番好きですね!






Smashing Pumpkinsのグッズはこちらをクリック

Drug ChurchのBliss Outを初めて聴いた時にスマパンを思い出したあなたは同士ですwww



そして高校に入学し、音楽好きな仲間も増え、知識も増え、デスメタルメタルからスピードメタル、スラッシュメタルなどのメタル全般、Green DayやNOFX、RANCIDなどブームだったメロコアやパンク、OasisやBlur、PulpにSuedeなどなどのブリティッシュポップ、MADBALLをきっかけにハマったハードコア!ブームは去ったけどまだまだ掘り下げれていないオルタナまで幅広く聴くようになった高校時代、バイトも始めたおかげで給料日には地元のCDショップに行っては買い漁っていたね!



ということで次回は高校に入ってからハマったオルタナバンドなどを紹介していくんでお楽しみに!(最終的には現行バンドも紹介していきます)







続く・・・





オルタナ・グランジグッズ

■2022■見逃し厳禁!今週「04/19~04/27」の【注目のMVまとめ!】Silent Drive、18年ぶりの新曲

MV特集



いよいよゴールデンシークだね!特に出かけるわけでもないし、休みなわけでもないけどワクワクします、毎日新商品アップしていくんでお暇なときはPositive Diveチェックしてね!



先日はMADBALLベスト着用して巨大な大仏を見に行ってきたからYoutubeにアップするね!そちらもお楽しみに!

BG220416017



さて今週「04月19日~04/27日はどのようなバンドのどのようなMVが公開されたのか?見ていきましょう!









Vagrants “Aimless”


フロリダはペンサコーラ出身Equal Vision Records所属のポストハードコアバンド Vagrants からAimlessのMVを公開!美しく壮大なスケールの楽曲、高めの歌メロとTDWPも感じさせるシャウト、00~10年代のスクリーモやポストハードコアも感じさせる、色気あるエモーショナルなメロディーや展開が印象的、メンバーが一人抜けたんだね!







Billy Howerdel – Poison Flowers


Rise 所属、ア・パーフェクト・サークルのBilly Howerdelのソロ作品、 Poison FlowersのMVを公開!90’s後半のニューウェーブxオルタナなサウンド、程よくエレクトリックで艶やかなメロディーライン、APCの壮大さも兼ね備えた1曲である!







CAVE IN – Blood Spiller

RelapseRecords所属 CAVE INの新曲Blood SpillerのMV公開、独特なグルーヴ感、初期のヘヴィーさとAntenna以降のスペーシーなオルタナ風味が混ざり合い、時たまキャッチーなメロディーラインを奏でる芸術的なヘヴィー作品!







Terror “Pain Into Power”

アルバムリリースも迫ってきた現行ハードコアの代名詞TERRORからPain Into PowerのMVが公開、これまで以上にヘヴィーでありながらも1分も満たないショートチューン!オールドな映像やメンバおそろいのパーカーと世界観もさすが!このパーカー販売してくれないかな!!ここで売り込みを入れていきますが、先日入荷したTシャツも残りわずかです!







Weird Nightmare – Wrecked

カナダはトロント産Sub Pop所属、METZ のフロントマン Alex Edkins のプロジェクトWeird Nightmareから WreckedのMV公開!クラシックなガレージポップサウンドにオルタナも少々感じさせる楽曲である!ワンちゃん好きにはたまらないMVですね!







Silenus “The Garden Is Burning Visual Experience

NYはロングアイランド産DAZE STYLE所属のSilenusからThe Garden Is Burning Visual Experience、EPまるごと4曲分をMVに!まさに次世代なハードコア/メタルコア/カオティックサウンド、VeinからCode Orangeも感じさせます!闇な映像と時折入る不穏なメロディーも個性を感じさせる大注目のバンドである!







Beach Rats – “Rat Beat”

LifetimeのAri KatzにBad ReligionのBrian BakerそしてThe Bouncing SoulsのPete SteinkopfとBrian Kienlenという豪華すぎるメンツで結成されたBeach Rats!!18年にはBridge NineからEPをリリースして以来音沙汰なかったんだけどここにきてまさかのEpitaphと契約しRat BeatのMVが公開された!オールドスクールなメロディックハードコアサウンド!だけフックはもろにLifetimeやKid Dynmaiteを感じさせてくれるあたりがニクい!







SEPTICFLESH – A Desert Throne


ギリシャが誇るシンフォニック・デス、Septicflesh!!5/20発売予定の新譜から3曲目ととなる新曲A Desert ThroneのMV公開!壮大でシンフォニックかつドラマチックな楽曲!







Simulakra “Fading Away”


デラウェア産DAZE所属、ハードコア/メタルコアSimulakraから5月後半リリース予定の音源からFading AwayのMVが公開!90’s~00’sのハードコアやメタルコアにConvergeのno heroesあたりも感じさせる凶暴で野蛮なサウンド!!







Burn “Ill Together”


NYHCレジェンドBURNによる新曲!かと思いきや2017年リリースのDo Or Die収録のIll TogetherがMVに!オールドスクールなNYHCを基盤に独自のグルーヴィーかつメロディアスな無二な存在、改めてその偉大さに気づく楽曲!







Silent Drive “Dearly Beloved”

MA産Equal Vision Records所属のエモーショナルポストハードコアSilent Driveオジサン世代は確実に歓喜しているだろう、Silent Driveの新曲、およそ17年ぶり?の新曲Dearly BelovedのMVが公開!当時はCave In、The Year Of Our Lord、BANE、のメンバーからなるバンドとしてかなり話題になったんですが現在のメンバーは?







Grumpster “Fever Dream”

カリフォルニア産Pure Noise Records所属のインディー・ポップパンクバンドGrumpsterからFever DreamのMV公開!90’sオルタナも感じさせつつもキャッチーなポップパンクサウンドにしゃげた楽曲、ブレイク必須の注目なパンクバンド!







Architects – “when we were young”

UKメタルコアの最重要バンド、Architects待望の新曲、モダンなグルーヴ感も加えたアグレッシブな楽曲、そして最高なメロディーの山場、相変わらずのレベルの高いサウンドである!







All Get Out “Sumter”

USはチャールストン産Equal Vision Records所属のインディーロックバンド、All Get Outから新曲SumteのMV公開!表情豊かなボーカル、哀愁あるメロディーライン、インディー/オルタナなスタイルの優しくも感情揺さぶられる楽曲です!







VEIL OF MAYA – Synthwave Vegan


プログレッシブメタルコアVEIL OF MAYAから最新曲Synthwave VeganのMV公開!変態サウンドが戻ってきたね!程よいクリーンもレベル高く相変わらずの技巧派でとめどなく変わる展開でもまとまりがある最高な楽曲である!








と、言った感じの最新MV特集でした!ライブ関連では[hate5six]撮影のDAREのライブの始まりがSTRIFEってことでテンション上がりました!

DAREのグッズはこちらをクリック












さて4月19日以降の新作グッズは下記をチェック!

デスメタル【 Cryptopsy 】グッズ追加!
ポップパンク【 Bowling For Soup 】グッズ追加!
ラップメタル【 Bodycount 】グッズ追加!
ハードコアパンク【 New Found Glory 】グッズ追加!
ハードコアパンク【 Dead Kennedys 】Tシャツ追加!
オルタナ/HxC【 Turnstile 】Tシャツ入荷!
【 CIV 】Tシャツ登場!
完全限定【 Agnostic Front 】ボンバージャケット登場!
闇黒帝王【 INTEGRITY 】ウサ耳スカル!!
即納【 Glassjaw 】キャップ入荷
デスコア【 Carnifex 】グッズ登場!
メロディック【 Useless ID 】グッズ登場!
エモ・メロディック・ハードコア【 Lifetime 】初期デザイン!
アフリカンデス【 Xavleg 】グッズ登場!
オルタナ【 Sonic Youth 】グッズ登場!

Agnostic Front

INTEGRITY /インテグリティ

Useless ID / ユースレス・ID




アグノのボンバージャケット、インテのタイダイシャツ共に今週末で締め切りますのでお見逃しなく!


では!



河内野


■2022■見逃し厳禁!今週「04初旬~04/18」の【注目のMVまとめ!】お久しぶりです!



どうも、お久しぶりです!決してサボっていたわけではありません!色々ありまして・・・・・まぁいろいろです(笑)前回のブログが3月の半ばということでおよそ1か月が過ぎてしまいました、家から見える桜並木もすでに花は散り、そのそばにある川は桜の花びらで絨毯のようになっていた。

sakura

この時期は何かが始まりそうな予感、ワクワクが止まりません、近所では小学生だったガキたちが制服を装着し中学生として投稿する姿は懐かしくも「歳取ったな~」なんて感じてしまう。




自分の中学時代はバスケ三昧、そして音楽に目覚め、兄貴の影響でスラッシュメタルからオルタナ、グランジにどっぷりとハマっていたの思い出す。




ポジティブダイブをチェクしてくれているあなたは気づいているだろうけど、ここ最近オルタナグランジ、特に90’sに登場したレジェンドたちのバンドのグッズを多くアップしているんですよね!現行で活躍するハードコアなどもオルタナやグランジ的なサウンドを多く取り入れ始めているということでレジェンドバンドたちも取り扱いを開始したということである。






まさに思春期、青春時代に寄り添ってくれた90’sのオルタナやグランジバンド達、意外と詳しいので今後ブログでも現行のバンドと比較して記事を書いていくので僕と同じオジサンはノスタルジーに浸って、若人たちは当時のバンドのすばらしさにも気づいてほしいな!




現行のバンドで当時のサウンドを思い出させてくれるWebbed Wing のMake A Dimeはオルタナやグランジドップリ世代は思わず反応してしまったでしょう!



オルタナって言ってもかなり幅広いけどそれらに特化した記事楽しみにしててね!



さて今週「03月半ば~04/16日はどのようなバンドのどのようなMVが公開されたのか?見ていきましょう!

今回は駆け足で動画のみ貼っていきますね!









Soreption – Död Jord







Young Guv & James Matthew VII – “Change Your Mind”







TRASH PANDA – VALLEY OF JUNK







PottyMovth – “Stress Relief”







Lucrecia – Mementos








Breakthrough Even – Afterglow (feat. Mike Semesky)








REPRESSED – NO EXCUSES








Windwaker – Superstitious Fantasy








Exocrine – The Hybrid Suns








Moon Tooth “Alpha Howl”








Cultus Black – “Killing the Beautiful”








Lifespark. – Sympathy








Mini Trees – “Doomsday”








Naima Bock – Giant Palm








State Champs “Eventually”








Primitive Man – Cage Intimacy








Magnolia Park – “Tokyo” (feat. Christo Bowman)








CEREMONY – “Vanity Spawned By Fear”








Jungle Rot – A Call to Arms








A Wilhelm Scream – Figure Eights in My Head

A Wilhelm Scream / ア・ウィルヘルム・スクリーム








Pears – Naptime








DECAPITATED – Hello Death ft. Tatiana Shmayluk of JINJER








Mantar – Hang ‘Em Low (So the Rats Can Get ‘Em)








I Am Revenge – Creeping Decease








Chunk! No, Captain Chunk! – Marigold








TEMPLE OF VOID – Deathtouch








Helms Alee “Tripping Up The Stairs








Stick To Your Guns “Weapon”






シドニー産ビートダウンハードコアSPEEDのライブが最高にテンション上がりました!







個人的に気に入っているニューリリース音源!









さて4月に入ってからアップのアイテムたちは

アフリカンデス【 Xavleg 】グッズ登場!
オルタナ【 Sonic Youth
即納【 Terror
即納【 Belmont
ハードコア【 Knocked Loose
ハードコア【 BANE
オルタナ【 Smashing Pumpkins
インスト【 Polyphia
オルタナパンク【 Drug Church
メロディック【 Bad Religion
ポップパンク【 Like Pacific
ハードコア【 Inclination
グランジ【 Soundgarden
レジェンド【 Bad Brains
メタリックHxC【 End






個人的にも激プッシュな一枚がコレ!↓





TERROR Tシャツ

TERROR Tシャツ

TERROR Tシャツ




残りわずかですがサイズが合う方はぜひ!ぜひ!


では!



河内野


■2022■見逃し厳禁!今週「03/13~03/19」の【注目のMVまとめ!】Hot Water Musicの新譜は最強です!

MV

春到来!!を感じた先週とは打って変わって冬に逆戻り、まだまだ春は来ないね・・・・先日は仕事中にネットがつながらなくなり、何をしても、ネット回線先に電話しても解決しないので急遽ハンバーガーを食いに兵庫県は西脇市にあるバーガークレイジーにてハンバーガーを喰らってきました!

バーガークレイジー


当然美味、お店の雰囲気もバイカーやパンクハードコア、スケート、からアメリカンカルチャーを感じれる最高な空間でした!家に戻ってきたときにはなぜかネット回線が回復、一体何が原因だったんだろう?



さて今週「03/13~03/19日はどのようなバンドのどのようなMVが公開されたのか?見ていきましょう!





mad honey — “Odds”

伝説のグランジバンドMudhoneyではなく、シューゲイズ・ドリームポップmad honeyの新曲OddsのMVが公開!マイブラ直径なギターサウンドと甘くも色気あるボーカル、今後注目のバンドですね!





CAVE IN – New Reality

カオティック路線からオルタナ経由のスペーシーなポストハードコアに以降、オルタナ期のサウンドをさらにヘヴィーに仕上げた新曲New Realityは5月にリリースされるニューアルバムを楽しみにさせてくれます。そのアルバムはなんと2枚組!気合入っていますね!





Spanish Love Songs “Losers 2” (Etc Version)

Spanish Love Songsから人気曲Losers 2のEtc VersionのMVが公開!オリジナルよりもエモーショナルに仕上げた泣ける1曲、リリックと映像もばっちりあっていますね!





Weird Wolves – Nightmares

USはOut Of Line Music所属のエレクトロ・ゴス・デュオの新曲NightmaresのMVが登場!美しくも儚く悲し気なバラード曲!





MONUMENTS – False Providence

UKは4月にCentury Media Recordsからリリースされるアルバムも楽しみなテクニカルメタルコア、MONUMENTSからFalse ProvidenceのMVが公開!公開されている楽曲3曲共にかっこよすぎる、すでに名盤のにおいがするのは僕だけだろうか?





MONUMENTS – False Providence

4月に ニューアルバムをリリース予定のPure Noise Records所属のポップパンク Devon Kay & The Solutions のMVが公開!ポップでスカでインディーロックも感じさせる独自のバランスのサウンドは新しく今注目を浴びているバンド!





Hot Water Music “Habitual”

ニューアルバムが遂にリリースされたんだけど、マジ名作、たぶん今年の10枚にランクイン決定だね!Hot Water MusicからHabitualのMVが公開!ここにきて最高傑作を創り上げてしまった!初期も感じさせるしこれまでの作品を感じれるバラエティーに富んだアルバム、ベテランの説得力と親父の哀愁も増し増し!!





Extinction A.D. – Culture Of Violence

ニューヨーク産Unique Leader Records所属、スラッシュメタル/クロスオーバー・スラッシュExtinction A.D.ニューアルバムからCulture Of ViolenceのMVが公開!ザクザクなスラッシュリフトスピード感、グルーヴも加え落としもある!アゲアゲな楽曲である!





Slope – Fluid

BDHC所属、ドイツのオルタナハードコアバンドSlopeからインスト曲FluidのMVが公開!毎回映像へのこだわりがすごいです!





PRAISE – All In A Dream

Champion、Mindset、のメンバーからなる、TurnstileのドラマーDanielも以前在籍していた80’sなDCハードコア、オールドスクールサウンドを基盤にエモーショナル、ほんのりとオルタナも感じさせるサウンドが特徴のPRAISEからAll In A DreamのMV公開!5月リリースのアルバムも楽しみである!





DARKO – The Ladder

UK産、高速テクニカル・メロディック・ハードコアDarko から新ボーカリストにAlmeidaのTomが加入後初のMVが公開!テクニカルに高速に疾走しドラマチックなメロディーが絡む7分越えの大作の誕生です!






個人的に気に入っているニューリリース音源!









さて今週アップのアイテムたちは

HxCオールスター【 World Be Free 】ニューマーチ90’sメロディック【 Diesel Boy 】マーチ「初」登90’sハードコア【 Ascension 】マーチ「初」登場!



USはカリフォルニアはサンタ・ロサ産、Fat Wreckの兄弟レーベルであるHonest Don’sで90年代半ば~2001年あたりまでの活動、90年代のメロコアにどっぷりハマった世代には懐かしすぎるDiesel Boy、同じようなメロコアバンドがあふれていた当時の中でも疾走するだけでなくミドルな曲からバラード調な曲までレパートリー豊富で異彩を放っていた記憶があります!そんなDiesel Boy / ディーゼル・ボーイのグッズが初登場である!
Diesel Boy / ディーゼル・ボーイ



では!



河内野