一般人を困らせる(ディスターブ)Disturbia Clothing最新作のリップオフ作品が鬼ヤバな件!

Disturbia

昨日もお話したけど、Disturbia Clothing(ディスタービア)最新作(17年春/夏コレクション)ですが先行して全ての商品をチェックしたぜ!

相変わらずぶっ飛んでんだけど、ブランド名「困らせる(ディスターブ)」ということだっけあって困っております。

困ってるのは「選びきれね~」ってこと、暗黒度合いは増し増し、しっかりデザインのルーツも感じれる、普通のブランドにはない世界観が今回も爆発してたわけ、昨日紹介したスニーカーやシャツとともにコーデの幅が広がる、

バンドマーチではないシルエットのアイテムが多数。メンズだと30種ほど、レディース入れたら軽く50種ほど、

いち早くDisturbiaファンのあなたにも見せたいんだけどさ、商品アップにもう少し時間がかかりそうだ。豪華な特典も決めなきゃいけないしね!

開始予定は明日

3月27日の夜9時のスタート

あくまで予定ね、遅れる場合は連絡するね!

ディスタービアではお馴染みのリップオフ、サンプリングデザインがあるよね?今回の新作のリップオフ、サンプリングデザインを紹介していこう!ごく一部だけどねww

No Friends/ノーフレンズ – Tシャツ

ディスタービア

ボッチな俺にぴったり…..「うるせ~!」少なくとも友達はいるっちゅうねん!とただメッセージを読むと感じてしまうが、90年代から00年代初期に大流行したコメディードラマのロゴなんです。

「社会に出てもなかなか大人になれない」そんな登場人物たちのスタイルや友情、恋愛を描いたドラマなんだけど、やはりポイントは「社会に出てもなかなか大人になれない」というメッセージ性、

僕含め大人になりきれない、いつまでもガキ、いつまでも子供でいたい、大人の腐りきった世界に染まりたくない!そんなメッセージが込められている。

NOと付くことでフレンズのコメディ感をアンチしアングラな世界に引き込むというメッセージが込められているのかも、デザイナーにしかわからないけど、デザインによって多くの話が広がる、これぞサンプリングデザインのメリットなのではないだろうか?

デザイン面でもシンプルだけど字と字の間の「・」のカラーリングひとつとってもセンスを感じさせてくれる!



Horrorshow/ホラーショウ – Tシャツ

DISTURBIA

毎回のコレクションでごくわずか発売されるホワイトTなんだけどこの配色、字体、映画好きならわかるよね?そう「時計じかけのオレンジ、」「何を考えているか分からない変人」っていう意味合いを持つ言葉、スタンリー・キューブリックの名作映画だね!

美しさと醜さを含めた人間の本質が描かれた名作なんだけど、主役のアレックスは快楽主義こそ人間が持つ本来のライフスタイル、

暴力や快楽を求め生きるんだけどどこか紳士で潔癖、世間から見ればサイコだけどやはり共感できる部分もある、自分が怖くなってしまう映画、

そんな名作をチョイスするのもハイセンスだけどリアル・ホラーショウと描かれているあたりも映画が持つメーッセージから生まれたワードではないかと!



リップオフ作品もまだまだあるんだけど、あまり見せすぎたら明日の楽しみがなくなってしまうもんね、ここらへんにして、春先にも役立ちそうなアウターもひとつだけ紹介しよう。

Salem Cagoule – ハーフジップ・ナイロンジャケット

ディスタービア・くろーじんぐ

先日行ったイベントではコーチよりも人気だったハーフジップ・ナイロンジャケットがディスタービアからも登場!全貌はまだ見せないけど、両袖にはオールドイングリッシュのプリント。

袖に書かれているSalem、セイラムとはエルサレムの古名、オレゴン州の州都なんだけど、「魔女の街」としても有名な地区だよね。

片腕には裁判、 公判、 審理を意味するTryals、合わせてみると魔女裁判などを意味する、なんとも暗黒でサタニックな仕上がりになっている。

胸には1962という年号が描かれているんだけど実はこの年、セイラムで200人ほどの村人が魔女として告発された年、ブラックメタルが好きならお馴染みの年号だね、

わかるやつにはわかる暗黒なデザインに仕上がっている、ただ単に流行っているという理由でオールドイングリッシュを多用するブランドとは別物、しっかりとしたバックグラウンドが見える最強なジャケット。



前回紹介したキックスやシャツに記載されているNever Kneelという言葉、「ひざまずきずっと祈りを捧げよ」的なニュアンスも含まれている、悪魔にひざまずき祈れ!そんな風に見えてくるシャツ、

スニーカーは自信が悪魔として一般ピープルに「俺にひざまずけ」そんな意味合いとして捉えたんだけど、上から目線、ムカツク上司やパイセンに「この靴いいでしょ!」ってね!しゃがませてオレに跪けって心の中で叫ぶ!なんてねww良い子はしちゃダメよ!

DISTURBIA

こういったように販売されるアイテムそれぞれに隠れたメッセージが込められている、しかもそのメッセージは暗黒、たまらないよね!

意味を知って着用する、これぞバンドマーチの精神を持った

最強なロックブランドはないか!

紹介したアイテム以上にやばいデザイン、メッセージが込められたアイテムが登場するからね、

初期に比べ暗黒度数は増し増し、デザインのレベルも極限に上がった2017年度の新作、マ・チ・ガ・イ・ナ・シです!

これらのアイテムに共感できるあなただけ明日参加してください!

一般人を「困らせる(ディスターブ)」Disturbia(ディスタービア)の新作お楽しみに!

3月27日の夜9時のスタート

特典の発表なども楽しみにしててね!びっくりさせるから!!!

では!

追伸:

メッセージ性ばっか押してきたけどディスタービアやっぱり生地が最高なんだよね!特にTシャツなんか一度着用すると病みつきになってしまうでしょう!

【Posi散歩】TERRORの限定ジャケット装着で福井県は三方上中郡若狭町にある鯖街道、熊川宿に行ってきた!

TERROR

鼻水垂れ流し!花粉で春を感じだした河内野です!

今回は福井県は三方上中郡若狭町にある鯖街道、熊川宿にTerrorのワークジャケットを装着し行ってきたぜ!

鯖(サバ)好きならご存じだろうが鯖街道とは?


主に魚介類を京都へ運搬するための物流ルートであったが、その中でも特に鯖が多かったことから、近年になって鯖街道と呼ばれるようになった

wikipedia参照

鯖を運ぶルートってわけね!冷凍技術のなかった当時サバを塩漬けにして京都まで運んでいた、京都までは80キロもあるのに、それを徒歩で…..恐るべし昔の人たち、足腰は相当なもんだろう!僕なら5キロであきらめモードに入りそうだww

サバ街道の長いルートの中今回やってきた熊川宿は交通と軍事において重要な場所だったそうだ。国道沿いの駐車場に車を止めいざ出陣!春は迫ってきているがまだまだ寒かったのでテラーのジャケット上にAgnostic Frontのコーチジャケットを装着!

Agnostic Front

レトロな街並みがステキやん!現代から昔にタイムスリップしたかのような街並み、電柱は建物の裏に隠して雰囲気を壊さないよう気を使われているステキやん!

アグノスティック・フロント

脇を流れる小川は透明感あるきれいな水、山から直接流れてきている水だけあってかなりの冷たさだ、近所の人の話だとこの小川で今でも野菜や包丁を研いだりしているそうだ。

河内野)「洗濯物も洗えますね?」

おばちゃん)「昔はねっ、今は全自動洗濯機…」

そこはウソでもこの小川で洗っていると言ってほしかったww

NYHC

この日はマジで寒い!テラーのジャケットメインで出かけたんだけどさ寒すぎるから
車に積んでいたアグノのコーチを着用しているんだけど即席のアウターONアウタースタイリングになっています。着用サイズはこんな感じ!


※アグノのコーチ:XLサイズ
※テラーのディッキーズジャケット:Mサイズ
※ファーストブラッドのレッドTシャツ:XLサイズ

ニューヨークハードコア

面白い看板を発見、なんて読むかわかる?

テラー

答えは:タバコ

明治時代の看板とのこと、教えてくれたのは背後霊のように映っているオバアちゃん。

TERROR

ここは駄菓子屋、近所の小学生が集まって楽しそうにはしゃいでいる、駄菓子屋もみけなくなったよね。小学生と話すと明日から春休みってことでウルトラハイテンションだった。昔通っていた駄菓子屋なども記憶の中ら読み込みノスタルジーを感じながらおばあちゃんや小学生との会話がとても楽しかった。

日本昔話とまではいかないけど昔ながらの建物たちが並ぶ、車とか通れなくすればもっとこの風景に入り込めるんだけどな、そうもいかないよねww

にしても人少なすぎ!日本遺産に認定されている場所なんだけどね、おばあちゃんによると土日は多くの人が訪れるようだが平日はさみしいくらいに誰も歩いていないようだ。

大正ロマンを感じさせる建物を発見!この場所は熊川宿資料館、入ることにしよう。

入場料200円を支払い(安い!)いざ建物内に、語り部のおばちゃんに鯖街道の話を語ってもらった。語っているそばでは完全遺墨を無視した状態でオジさんが大きなキャタツを広げ天井の修理をしている姿は実にシュールだった。語り部の話も「入ってこないっちゅうねん!」耳に残ったパンチラインは京は遠ても、十八里

「ここから京都までは遠いといわれてるけど近いもんだ、たったの十八里だ!」

ってことね、十八里ってどれくらい?

答え:70キロ

遠いじゃねーか!!車でも結構な時間がかかるのにこの距離を歩くなんて!!想像しただけで疲れてしまう!

畳のお部屋があったのでとりあえず正座しときました。

資料館ってことで写真や模型、サバを運ぶ際の桶や道具、当時使っていたものが歴史を刻み並んでいる、温故知新だね!今でも昔から学ぶことはたくさんある。

KOTF

資料館を出て散歩再開、小川にはふきのとうが!天然のふきのとうを見たのはいつ以来だろうか?美しい!というよりも天ぷらにして食べたいという感情が先に来る僕は一体…..

今日のコーデはテラーのワークジャケットの短い丈を利用してレッドシャツとのレイヤードを楽しんでみた。

ジャケットはMサイズでTシャツはXLサイズね!ちょうどFirst Bloodのタグ風プリントを利用して合わせてみた。

テラーマーチ

サイドから見ると結構幅の広いレイヤードになる。ホワイト、ブラックのシャツとも合わせてみたがばっちりハマった!

テラーグッズ

襟にはディスタービアのピンを装着して小物でジャケットをデコる!エナメルピンでも缶バッジでもワッペンでもいい感じにデコれるぜ!もともとかっこいいアイテムだけどね、遊び心は忘れずに!

ディスタービア

ガチャベルトもワンポイント、Tシャツのプリントに合わせてホワイトで!

キックスはコンバースのオールスターのレッドで!ハイカットのトップまで見えるようパンツの裾は折ってるぜ!

某雑誌を見たらコンバースのオールスターが注目のスニーカーno.1だっだ。Vansの次はConverseのオールスターがキテいるようだ!このオールスターは10年以上も前に購入したアイテム、加水分解もないしオールスターは最高だね!

コンヴァース・オールスター

Anti-FlagのギターChris #2の!黒シャツに真っ赤なネクタイと真っ赤なモヒカン、レッドxブラックの配色が一番好きなルーツはChris #2かもしれない!

Anti-Flag – Turncoat

真っ赤なオールスターもはいてたよね?とにかくオールスターが好きになった理由、ブラックxレッドの配色が好きになった理由はAnti-Flagである!

今はハイカットのスニーカー、オールブラックを狙っているんだけどVansのSK8 HIかオールスター、迷ってるんだよね!あなたならどっち?

そしてバックはこのKOTFデザイン!最強でしょう!

飲食店も2件ほどオープンしていた、名物のサバ寿司もあったがサバ嫌いなもんで….ソフトクリーム寒すぎるので断念、駄菓子屋の自販機でホットコーヒーを飲み1時間ほどおばあちゃんとお話ししてました。

風車があったり小さい滝があったり大きな川があったりでかい岩があったり、本日もお散歩楽しみました。

お散歩に戻るけど、ここにきて雨が降りだすし、その雨は雪に変わる、春よ早く来い!

テラー

撮影場所

そうそう今月のスタイリング募集は3/31日まで!今なら高確率で1万円クーポンが当選するかも!投降者全員に500円クーポン発行!

4/1に幸運な当選者発表するね!

スタイリング

追伸:
マジで鼻水止まらないんだけど!!そこのあなた!花粉症対策教えてください!

【春コーデ】カウンターパーツのコーチジャケット、コールドケイブの長袖シャツ装着で福井県小浜市にある久田の里森林公園に行ってきた。

Counter parts

春が近づいてきたってことで今回はCold CaveのホワイトのロングスリーブシャツにCounterpartsのコーチジャケットを装着し福井県小浜市にある久田の里森林公園に行ってきた。

今回も完全B級観光地、いつも大自然に囲まれている僕には刺激がない場所wwてかネットで調べてきた場所だから若干の期待はあるのだが、看板を見ても…………

Cold Cave

春も近づいてきたからさ春コーデを意識して薄手出来てしまった……この公園は山の上部、気温は4度、寒すぎる。

駐車場に車を止め早速公園の中心部へと、まず見えた吊り橋の手前には「クマ注意」ここ最近マジで熊が出没するらしい、若干ビビり始めた河内野であった。

カウンターパーツ

なかなか立派な橋が掛かっているが強烈な冷風が体を突き刺す、早く春よ来い!

コールドケイブ

さすがの上流、川は結構な深さがあるにも関わらず透明感はアイドル並!夏はアユなど釣れそうである!

コールド・ケイブ

川を渡るとそこには、超絶にしょぼいアスレチック、BBQができそうな広場があった。一応遊んでみた。らせん状の滑り台、

Counterparts マーチ

いつぶりだろうか、ブランコって楽しいね、となりに誰かがいればもっと楽しいのに……ボッチは寂しい。

Counterparts Tシャツ

思いのほか楽しんでますww大自然を眺めマイナスイオンを感じてます。

Counterparts キャップ

さてさて、ご自慢おアイテムを紹介しよう。今日のコーチジャケットはCounterparts,CPのオールドイングリッシュがかっこいいでしょ?軽くて着脱しやすいコーチは最高だね、さらにデザインが最高にイケている!お気に入りのアイテムである。

Counterparts コーチジャケット

バックデザインはお馴染みのアートデザイン、大自然にも大都会の街並みにもマッチする主張しすぎないナチュラルな最高のデザインだ。

サイズはMサイズを装着、(店長173cm 70Kg)実はLサイズを注文したのにMサイズが届く、メーカーよ毎回サイズ間違いが1点以上あるんだが、頼むぜ!!とは言ってもMサイズでジャスト、若干僕の体型だと腕周りがきついかな。

カウンターパーツ ジャケット

インナーはCold Caveのホワイトロングスリーブ(XLサイズ)を着用。フィラデルフィアとNYを拠点とするニュー・ウェイヴ~テクノポップを織り交ぜ、芸術性を持ったロック・バンド、 ボーカルはなんとボストン・ハードコアレジェンド、American Nightmare、 Give Up the Ghostのウェスリー!!

Cold Cave – Confetti

世間のストリートファッションでも流行の袖プリントのロングスリーブ、流行りのルーツは完全バンドマーチなんだけどね!春も迫っている!ってことでホワイトのロングスリーブを装着!

コーチジャケットを脱いだ時に袖のプリントでシャレオツ感をアピールできる、かっこいいジャケット脱いだらダサいインナーだったらガッカリだもんね!

コールドケイブ ロングスリーブシャツ

小さい橋を渡る、バンドやっているならこういう大自然の中でPVを撮ってみたい、カラフルな煙を出して演出したりね!あるあるだよね!

カウンターパーツ グッス

大きなサークル状の広場の中心で宇宙と更新している図、ちょっとしたフェスもできそうな広場である。

デスウィッシュ

美しい川の堤防前、ドカンの上で一枚、コーチとロングスリーブでレイヤード!

レイヤードコーデ

コーチジャケットはストリート感、スポーツ感が強くさらりと着こなせる、そこに最高なバンドマーチのデザインが落とし込まれる。マストなアイテムだ!年中愛用できる使えるブツなんだがやはり春先に一番バッチリとハマるアイテム、お花見そしてGWも愛用するであろう!僕のストックでは18枚もコーチジャケットがタンスに眠っている!これから毎日違うデザインで春コーデを楽しむぜ!

デスウィッシュ

特に目立った場所がないから川の付近まで降りてみた。指差す橋がわたってきた場所である。

Counterparts パーカー

春コーデできたがまだまだ寒い、早く帰って暖まろう。

カウンターパーツ 長袖

今日の着用アイテム。

バンドマーチ

そうそう、あなたのスタイリング随時募集中です!毎月1名様に1万円のクーポンプレゼント中!次回は4/1に当選者発表するね!

スタイリング

撮影場所

撮影で着用したアイテムについて

とにかく一度聴け!批判はそれからだ!

BL17222048

先日のブログでも語ったSuicide Silenceのアルバムに関してなんだけどさアンケートイベントにも参加してくださったMETAL凛Chan さんから熱いいメッセージが届いたので紹介するね!


スーサイドのNEWアルバム聴きました。率直な感想としては、悪くないしコレはコレで有りだなと思いました。バンド側も以前のアルバムを否定してるわけじゃないし、こちら側としてはハードな音が聴きたければ、前のアルバムを聴けばいいじゃん!って思いますね。
劇的に曲調が変わったというものでは、80’後半~90年代のTHRASH METALバンド、特にEXODUSやFORBIDDEN、DEATH ANGEL、VIO-LENCEといったベイエリアスラッシュをリアルタイムで聴いてた世代なので、みんながみんなヘヴィーな曲調になってしまった「PANTERA症候群」に陥ったことにすごくショックを受けました。
特にEXODUS!「俺達は永遠にスラッシュし続ける!」なんて歌ってたのに、次のアルバム「FORCE OF HABIT」で腑抜けたロックを披露してきた時は、もうメタル聴くのやめた!って思いましたねw
その当時の劇的ショックに比べれば、今回のスーサイドのアルバムは順当とも思える進化ですね。だからといって批判するヤツらを批判するつもりは無いし、それはまともな感覚だと思います。
批判すべきは、ちょっとカジっただけで「コレは終わった!」とか豪語してる連中。河内野さんがおっしゃっていたように、まずは聴いてから言葉に出せ!と言いたいです。

フムフム!違うバンドで例えて下さるのは本当にわかりやすい!ベイエリアスラッシュをリアルタイムで聴いていたわけじゃないけどその「PANTERA症候群」ってのはすごい事件だったんだね、90年代初期の頃ですよね、なんとなく記憶にあるのはPANTERAを代表とする新世代ヘヴィネスバンドが急激に増えていった記憶はあります。

「PANTERA症候群」と言わせるほどの影響力もすごいですよね! EXODUSは「FORCE OF HABIT」から入ってしまった、Testamentでも「Low」から入ってしまった僕は逆に幸せだったんですかねww  今回のスーサイドのアルバムに関しても最新のアルバムから聞いたのならアリになってしまうのかもしれません、それがスーサイドなのだから、先日からも何度も通して聴いてるけどやっぱり、本音は昔の方が好き、良い部分もあるし耳に残るフレーズもたくさんある、思い描いていた姿と明らかにかけ離れてしまったことと「急すぎる」サウンドチェンジ、けどやっぱり好きなんですよねスーサイドサイレンスが、だから今後も聴き続ける!!

ベイエリアスラッシュやメタルバンドのモダンへヴィーネス化、更に90年代半ばではメタルバンドのオルタナ化なんて流れも当時はショックだったけど今ではね….時間が解決してくれるってことでwwでも次回作はとんでもないことになってしまうかも!

そういった期待感もあるんですよね!過去は振り向かず未来を見据えて変化し続け結果とんでもないアルバムを発売してくれたら今回の作品も重要なアルバムになるんじゃないかな、現在批判している人たちが数年後、「あのアルバムは聞き直したらメチャ良い」ってなるかもしんないしwwMETAL凛Chan さんが言うようにとにかく批判する前に聴け!ってことですね!わかりやすい例など上げていただき本当にありがとうございました!

ここでベイエリアスラッシュのEXODUS問題作「FORCE OF HABIT」を聴いてみよう!ザクザクリフでスラッシーな疾走感は確かに皆無、完全なヘヴィーネス化、以前からのファンだったらいかってしまうのも納得ですが、これはこれでかっこいいですねww

Exodus – [1992] Force Of Habit [Full Album]



続いて、先日お部屋を紹介してくれたゆうさんからもメッセージが届いたぜ!

suicide silenceの変化、自分は有りだと思います。変化というのはバンドの経験値が上がり深みをもたらし、次のステップアップに必ずつながると思います。逆に今までのデスコアを研ぎ澄まし突き進むのもありだと思いますし、
結局音は違えどsuicide silenceはsuicide silenceですし。今回のアルバムがあってこそ次のアルバムでは凄いアルバムを作ってくれると信じています!BMTHも少しずつ変化してthat’s the spiritという、もの凄いアルバムを作ってくれました。
suicide silenceの場合はいきなり音が変わりすぎて、ファンがついていけてないだけで絶対にこの変化は良い方向につながるものと信じています。昔CAVE INも変化して批判を受けていましたけど、
今ではカオティックコアの枠を超えて凄くカッコよくなっていますよね!

パンク、ハードコアを通過してポストロック、エモバンドにシフトチェンジするバンドも沢山ありますけど、そういうバンドはやっぱり深みがありますよね!
逆に変わらないバンドとしてはconverge はやっぱり凄いですよね!jane liveは3月3日の発売日に速攻でbandcampで購入しました。何百回も聴いているアルバムなのに全く飽きないのはやっぱり凄いです!あと、
変わらないバンドとしてheaven shall burnが個人的に大好きです!
音楽に正解はないので、結局はファンがどこまでそのバンドを信じてついていけるかどうかだと思います!
僕は信じて変化についていきます!!

ゆうさん的には大アリなんですね!確かに経験値は大幅にアップするでしょうね!だからこそ次回作はマジ楽しみですよね!良い意味で今作を超える裏切りを行って欲しいですww音は違えどsuicide silenceはsuicide silenceなんですよね、

変化が凄すぎてファンがついていけてない感はめちゃくちゃありますよね、でもこうやって話題になるし批判の嵐になるってこと、改めてsuicide silenceへの期待感はとんでもなかったってことだね、結局はファンがどこまでそのバンドを信じてついていけるかどうか
この言葉が全てですね、僕もゆうさん同様彼らにはついていきますよ!!ちょっと心配なのがセールスの部分で次回作が作成できなくなるとか….そういったことにはならないように祈ります。

CAVE INも大きな変化をしましたよね、オルタナ、ポストハードコア化したアンテナも顔ティックハードコア全開なUntil Your Heart Stops両アルバムともに今でも大好きな作品です!懐かしいですww
Convergeですら若干メタリックになったとか騒がれた時期もあったんですが基本的な部分はブレずに突き進んでいますよね!heaven shall burnはジャーマンメタルコア最後の砦と言われるくらいですからねw相変わらずかっこいいです、Calibanのクリーンボイスの多様は当時はショックでしたが今となっては頭から離れないメロディーもたくさんあるし、変化も、変わらないことも両方いいもんですね、

Converge “Jane Live” Official Video (Full Set)



続いて、ヤンマーさんからもメッセージが届いてます!


僕は正直ショックでした、本当に大好きなバンドなんでこの変化はちょっと、変化はいいんですよ、
でもコメントなどでも言われているようにDetones、Kornなどの焼き回し、劣化版にしか聴こえないんですよね、
オリジナリティーある変化だったら僕は許せたと思います、たとえスーサイじゃないバンドだったとしても
このアルバムはレベルが低く感じてしまうんですよね。ファンやめたいとも思いましたが、
やっぱり気になるんです(^O^) だから次回作はオリジナリティーを出してスーサイにしかできないアルバム作って復活して欲しい、
真似事はやめてほしい!これが正直な感想です。
昔の話ですが、マシーンヘッドがいきなりラップパートを取り入れたくらいショックでした。

ヤンマーさん正直な意見、ありがとうございます!確かにDetones、Kornなどを感じる部分はありました、変化はいいけど、オリジナリティーという部分!けど気になるっていう部分、好きだからこそ許せない部分もあるんですよね、変化の仕方の部分でちょっと失敗しているのかもしれません、やっぱり次回作ですね、次に全く同じことをしていたら僕もスーサイから離れてしまうかもしれませんww頼むぜ!

マシーンヘッドは衝撃的でしたよねwトレンドに乗ってもやはりメタルが染み付いているせいか「なりきれていない」感が当時は可愛くも思えましたww

批判な声も正解、肯定的な意見も正解、どう感じるのかは人それぞれ、ただこうやって語り合えるのが僕は嬉しい、もう2度と聴かないと投げ捨ててしまったらそこで全て終わるからね、どんなアルバムでも好きじゃないジャンルでもとにかく一度聴いてみよう!批判はそれからだ!

河内野

【今月開催】ハードコアフェスBNB Bowlのメンツがやばい件!

3月だね!Marchだね、一文字変えればMerch、そう3月はマーチ、バンドマーチの月なのである!!なんて強引に結びつけちゃったけど、極寒の冬、寒さも和らいでくる時期でもある、冬は冬でバンドマーチをいっぱい着用できる最高な季節だが、春先のバンドマーチスタイルも冬や夏とも違って一つ何かを羽織ったり、パーカーオンリーで出かけられたりと…..



ま、年中バンドマーチを推進してきているわけだからどの時期のスタイリングも楽しいわけで……..どの時期も「バンドマーチ楽しめよ!」ってことが言いたいわけ、それにしても時が経つのは早い、2017年も早くも1/4が終わったてこと。

少しづつだが暖かくなりライブに足を運ぶ頻度も増えていくわけだけどさ、今年もガンガンやばいバンドの来日が決定してきているよね。


Death By Stereo
Hey Mercedes
The Queers
In Her Own Words
Strength What Remains
Whitechapel
Teenage Bottlerocket
The Menzingers
All Time Low
Fury
American Football

メロディックからポップパンクにデスコア、モッシュコア、ハードコア、エモとなんでも聴く僕にとってはどのライブに行くべきか?諦めるべきか、地方住見にとっては究極の選択なんだよね。MegadethとAnthraxなんていう奇跡の2マンもあるわけじゃん、渋っている間に来日公演が一つ一つ終わっていく…..そうならないためにも早くチケットはとっておかないとね。

来日ではないけどこの時期といえばさやっぱり本場アメリカはニューヨークで開催されるBNB Bowlだよね。

NYHC

注目はやはりREST IN PIECESにTOKEN ENTRYではなかろうか?N.Y.ハードコアの名作1STアルバムMy Rageは有名だよね、聴いたことはなくてもハンマーをもったアンガーなキャラは見たことがあるだろう、

Rest In Pieces – My Rage ( Full Album )

そしてスケートロック、パンク/ハードコアなTOKEN ENTRY、キャッチーだったからハードコア初心者の頃は入りやすいアルバムだったな~マジ懐かしい、ぼくのようなオジサン連中は反応してしまうバンドだよね!

Token Entry – “From Beneath The Streets

メンツはこんな感じ

GORILLA BISCUITS
REST IN PIECES
TOKEN ENTRY
TERROR
MAXIMUM PENALTY
FIRE & ICE
BRICK BY BRICK
VIETNOM
LINE OF SCRIMMAGE
BREAKAWAY

グッズの取り扱いも多少ある極悪オジサンによるトロイハードコアBRICK BY BRICK、その他もとんでもないメンツ、こんなバンドが一気に見れるなんて、さすがは本場、来年こそ!!!!!

THESE STREETS – BRICK BY BRICK

ここ最近はエモばっかり聴いていたから、暖かくなるにつれ刺激も欲しくなってしまう、そこで今週はハードコアばかりを聴きまくっている。この流れでハードコア大特集!!なんてイベントも考えたんだけどさ、去年には取引先は倒産するわで一気にハードコアアイテムの入手が限られて少なくなってしまったわけだが、ようやく新しい業者とも取引が可能なったんだよね、毎日チェックしているあなたはお気づきだろうけど昨日はBNB Bowl2016でも出演したドイツ産タフガイ・ハードコアバンドRykersアイテムを追加したぜ!ドイツ産だけど直球NYHCなストロングスタイル!チェックしてみてね!

RYKER’S “High Five In Your Face With A Chair”

とにかくハードコアグッズいっぱいアップしていくから楽しみにしててね!

今日の着用アイテムはDeath ThreatのTシャツ!

BL17222047

河内野