おい!「Babymetal」パクってんじゃねーぞ!!!

BABYMETAL

今回の台風19号、被害はないでしょうか?こちらはとてつもない風が吹き荒れた程度、停電程度ですんだんですが、報道を見るとすごい被害が出ているようで、驚いています、大丈夫でしょうか?被害にあわれた方、一日でも早い復旧をお祈りしています。



嵐の中現れた友人がハイテンションで盛ってきたのはBabymetalの新譜、ファンクラブに入っているくらいのマニア、僕はというと、CD、音源を購入するほどでもないけど好きですwwメロディックスピードメタルなどは中学時代にドはまりしたので、イジメ、ダメ、ゼッタイ、Road Of Resistanceなどはタギります!!


事務所も早めに締め、帰宅途中に聴いた新譜、なんかテクノでパフュームみたいな曲から始まり、TRFみたいな曲、正直良さはワカリマセンwwwそして数曲進んでいき、始まった曲がBrand New Day・・・・

ん?これもろにPolyphiaじゃね?サンプリングどころじゃないもろパクじゃねーか!!!



とっても腹が立ち、嵐の中車を止め、CDをじっくりとチェックしてみると・・・・

Brand New Day (feat.Tim Henson and Scott LePage)



ん?ティムにスコット?え~~~~Polyphiaやん!!まさかのコラボ曲だったのね!!先走った発言、ごめんなさい・・・・


にしてもどのような接点があってコラボすることになったのだろうか?普通に4月あたりにコラボするっていうニュースは流れていたみたいで・・・勉強不足でサーセン!インタヴュー記事もありました。


ー「Brand New Day」の作業はどのようなものでしたか?

スコット:既に出来上がったトラックをもらって、それに俺とティムでギターを入れたんだ。ツアー中だったんで2週間ぐらいかかったけど、比較的スムーズにレコーディング出来たよ。完成したバージョンを聴いて、「ワオ!」って思った。残念ながら、彼女たちにはまだ直接会ったことがないんだ。ぜひ俺たちのショーを見に来て欲しいね。

Rolling Stone Japanのインタヴュー参照




まだ会ったこともないのね、実際に共演する日も近いのではないか?もし共演となったらティムの顔面とテクニカルでしなやかなギターサウンド、その手の動きを見てしまったら「惚れてまうやろ~」状態に!なんてね、ファンは心配かもしれないねwwwこんなこと言ったらファンから怒られそうなので先に「サーセン」




Polyphiaですが、現在期間限定のお取り寄せ中アイテムもたくさんあるのでチェックしてみてください!


Polyphia

10月18日(金曜)夜8時までだからね!

マジハイセンスなアイテムばかり、専属のデザインナーがいるのかな?って思てたけどマーチデザインはすべてティムが作成しているようで、ギターだけじゃなくてデザインの才能もあるんですね!!!!



個人的に好きなデザインだと、このLook But Don’t Touch Tシャツ!極悪なSM嬢のフォトに真っ赤なデスロゴと鎖の枠、Look But Don’t Touchのメッセージで仕上げたエロチズム、ストリート、 アートをうまくブレンドさせた極上デザイン!バックの縦上に入ったメッセージもハイセンスですよね!

PP191011052



Barbed Rose プルオーバーパーカーはヒモ、フード、両袖、フロント、バックと死角なしのハイセンスパーカー、 フロントにはデスロゴがワンポイント、バックにはデスロゴ、ローズと有刺鉄線が一体になる、配色の合わせ方も 独特で無二、袖にはロゴなどのリピートではなく袖がメインになりそうなくらいに手の込んんだ暗黒なスカルデザインと バンドロゴの3連、フードにはバックにも使われていた有刺鉄線を落とし込む、配色からデザインまで無二な極上の一枚だよね!

PP191011007



CHONも人気だったホワイトのウィンドブレーカー、こちらはHeadless ハーフジップウィンドブレーカーフロントには一切デザインがなく、袖にはデスロゴを大胆に落とし込む! バックには2020年のユーロ/UKツアーのフライヤーにも使われているアートデザインを落とし込む、神々しくも残虐でありポップなアートに昇華させる デザインには脱帽、見る者を魅了させてしまう不思議なデザインだね!

PP191011026



バンドマーチでは数が減ってしまったクルーネック、個人的に今年はクルーネックをビッグサイズで着用するのがマイブームなのでこれはうれしいね!Fallen クルーネック・トレーナーJapan Tourの限定マーチでも登場した神々しいデザインのクルーネックのマルーンカラー! ニュースクール、エッジメタルを感じさせつつも最新のトレンドを昇華させたハイセンスマーチだね!

PP191011019



確実に秋冬のコーデの主役になるアイテムばかり、迷ってしまいますが入手できるのは【10月18日(金曜)夜8時まで】だからね!下記のバナーをクックして、上記以外の鬼ヤバなアイテムもチェクしてみてね!

Polyphia

朝晩は冷え込むので体調管理には気を付けてね!そろそろパーカーいっぱい注文しなくちゃね!すでに購入予定のパーカーは10着以上!またブログやポジのYoutubeで紹介していくね!


では!


河内野





追伸:


このブログの読者でBabymetal好きいる?ちょっと気になります!ファンクラブに入るくらいのマニアの友人にライブ誘われているんだが、いまだに観に行くか迷っています、BMTH見れるし、Polyphiaが出てくれたら喜んでいくんだけど、どうしようかな~・・・



にしてもラストを飾るArkadiaは名曲でした!良い意味でメロスピとJ-popが融合したような、その影響で久々にピュアなメロスピにもハマってしまいそうだ、僕の中ではアングラやストラトヴァリウスで止まっているんですが、ネオクラシカルなクッサいサウンドも良いですよね!メロスピ名盤で検索したんですがほとんどわからない・・・スピードを求めるだけならグラインドコアのほうが早いんですが、あのクサメロは時々、無性に体が求めてしまうんですよね。





クサクサでしょ?この2バンドは知らないけど、ドラゴンと闘ったりなリリックはどうでもよく当時はただクサメロにハマっていたのである!早くはないけどクサクサメロメロバンドといえば、僕の中ではこのバンド、Facedown RecordsのKingston Fallsですね、もう活動してないのかな? アルバムArmada On Mercuryはかなり聴きましたね!




さようなら・・・Victory Records / ヴィクトリー・レコード!!今だからこそ改めて聴きたいVictory Recordsの名作たち!【15選】

Victory Records

青春を共にした、ハードコアを好きになったきっかけでもあるVictory Records終了のお知らせ!


インディー系の有力レーベルであるConcordは、Tony Brummelが1989年に設立したシカゴのパンク・エモ系レーベルVictory Recordsを買収した!!

との記事が9月の30日にBillboardにアップされていた。


・Victoryからリリースの4,500枚のマスターと3,500曲の楽曲がConcordへ
・買収は2,700万〜3,400万ドル、日本円で30~35億円!!
・Victoryの名前とBulldogのロゴを取得
・Victoryのレーベル社員30名は引き続きマーチ事業に携わっていく
・Victoryアーティストのアルバムをリリースする場合は、Fearless Recordsからのリリースとなる予定

内容は、こんな感じ気になる点もたくさんあるが、そもそも今回買収をしたConcordって何?


Concord Music Groupは、カリフォルニア州ビバリーヒルズに本拠を置く独立系音楽会社であり、Universal Music Groupを通じて世界中に販売されています。同社は録音と音楽出版に特化しています。 Concordのカタログは、12,000以上のアルバムと390,000の楽曲で構成されています。

※ウィキペディア参照

インデペンデントだけどでっかいレーベルってことだね、パッと30億円を払えるんだから相当な資産があるようだね、Concord Musicは年間約4億5000万ドルの売上を上げているらしいから余裕なんだろうね、てか現時点のVictoryに30億以上の価値があるのかも不思議だが、条件がとてつもなく良かったから売却になったわけだろう。


なぜVictoryのアーティストの今後のリリースがFearless Recordsからのリリースとなるのかよくわからんが、Fearless RecordsもConcord Musicの傘下にあるわけだが、それ聞いてもいまいち理由はわからない。

当初は、音楽出版社からレーベルまで200近い買収を行ってきたそうで、僕たちもなじみのある、Fearless Records、Razor&Tie、Nitro、Time Bomb、Vanguard、なども買収!


Victory Recordsが終わるかも?とはいったもののFearless Recordsも絶好調に運営されているし、その心配はないのかもね!よく考えると、Victory RecordsのニューリリースはFearless Recordsからと考えると、Victory Recordsやあのブルドッグは残らないってこと?そうなるとちょっと寂しいな。30代半ばや40代前半に人はまさにあの頃のメタルコア、ハードコア、スクリーモ、エモに青春をささげていたと思う、僕もハードコアを好きになったきっかけの一つでもあるVictory Records、その中でもオムニバスには本当にお世話になりました。Victory Style!!懐かしいでしょ?

Victory Style


Victory Style 5はSpotify(スポティファイ)にもアップされているね!この5も名曲揃いなので必聴ですよ!




当時は今ほどネットも普及してなかったし、オムニバスからバンドを知るっていう方法が必須だった、自分好みのバンドを見つけたときの喜びは今では味わえないね、とはいっても収録されているバンドのアルバムの半分は入手していましたがwwwそれほどに名曲が収録されています!Victory Styleの1~5はアマゾンで安く入手できるんで必ず手に入れておいてください!当時のVictoryの勢いを感じれます!



今回は今だからこそ聴いておかないといけないVictory Recordsの「名盤15選」を紹介していきます!!


完全に個人的な15枚ですが、なるべくジャンルは幅広く選びました!あなたが選ぶVictory Recordsアルバムも良かったら教えてね!




Victory Recordsの「名盤15選」

1.Warzone – Old School To New School


NYHCバンドWARZONE!!IZONEよりもAs Oneですよねwww再結成作品ではああるがパイセンにプッシュされたけど当時は良さがわからず、改めてハードコア音楽を掘り下げていくうちになんてっかっこよいアルバムなんだと再確認、やはりRaybeezの熱いボーカルはテンション上がります!カリスマですな!





2.Earth Crisis – Destroy The Machines


NYはシラキュースのヴィーガンSxEバンドEARTH CRISISの超超超名盤のファーストフルアルバムDestroy The Machines!!このアルバムも完全い後追いなんですが、恥ずかしながら賛否両論へヴィネスな要素の強いSlitherから聴き始めてからさかのぼってこのDestroy The Machinesにたどり着く、これぞメタリックなニュースクールハードコアの名盤、いや神盤である!





3.Path Of Resistance – Who Dares… Wins


こちらもNYはシラキュース!Earth Crisis聴くならやはりPath Of Resistanceも絶対に忘れてはいけない!ま、Earth Crisis活動停止中に結成されたバンドなんだけど、ガラの悪いジャケットも最高だが3人のボーカルの掛け合いに、極悪でモッシーなメタリックハードコアサウンド!久々に発売されたマーチは一部だけど大歓喜してましたねww





4.Killing Time – Brightside


ひょっこりはんなジャケットはバンドを知らなくても見たことあるはず!Killing Time!!89年にリリースされていたんだけど、95年に再販、僕はBrightsideといえばVictoryなんで今回入れさせていただきやした!ザックザクのギターとストンピンなボーカル、タフガイ、メタリックニューヨークハードコアの教科書的な超クラシックな一枚!





5.Snapcase – Progression Through Unlearning


NY・バッファロー産、ニュースクールハードコアバンドの中でも異才を放っていたレジェンドSnapcase、Snapcaseといえばやはりこの2ndアルバム「Progression Through Unlearning」、1曲目のCabooseはハードコア史に残る名曲!擦り切れるくらいに聴いた1枚、クリアで今聴いても全く古さを感じさせない名盤である!





6.By The Grace of God – Perspective


USケンタッキー産エモーショナル SxE ハードコアバンド、去年18年まさかの新作が発表されびっくりしましたがほとんど話題にならなかった・・・・これまたパイセンに教えてもらった一枚!パイセン曰くBy The Grace of Godは号泣ハードコアと、これこそがエモーショナルハードコア、エモコアだね!





7.Strife – In This Defiance


カリフォルニア出身SxEメタリックハードコアStrife!!ファーストも良いけどさらに磨きのかかったセカンドアルバム「In This Defiance」神戸在住時のショップで買ったStireのシャツをきっかけにハマったバンド、DVDでもなくVHS、Victory Video Collection Vol. 2に収録されていたBlisteredの映像は神がかっていますよね!Blisteredもハードコア史に残る名曲!





8.Hatebreed – Satisfaction Is The Death Of Desire


もはや説明不要ですよね、不動の人気を得たHatebreedのファーストフル!今もなおこのアルバムが最高傑作という人も多いよね、数多くのフォロワーも決して追いつくことのできない完成度、通っていたツタヤのワゴンセールで見つけて購入し帰宅しコンポに入れ再生を押した瞬間の衝撃は今も鮮明に覚えている!





9.Fury Of Five – At War With The World


ニュージャージーの極悪ストンピンハードコア野郎Fury Of Five!!ヒップホップzメタルxハードコアをセンス良くミックスしたそのサウンドは衝撃的でした!骨太でタフなボーカルも極悪、ちょこちょこブックオフでたたき売りされてるんで見つけたらすぐ入手しとくべし!





10.All Out War – For Those Who Were Crucified


デススラッシュとハードコアを最高な形で融合させたデスメタリックなニューヨーク・ハードコアバンドAll Out Warの大名作「For Those Who Were Crucified」、HatebreedやMerauderとともに当時でいうデスコアをシーンで流行らせた究極な一枚!ダークなアートワークも最高です!





11.Buried Alive – Death Of Your Perfect World


TERRORとして活動しているScottが以前にプレイしていたハードコアバンドBuried Alive、Terrorよりもメタリックにモッシーに仕上げた名作「Death Of Your Perfect World」このアルバムに影響を受けたと公言しているバンドもよく見かけるくらいに影響力ある一枚!





12.Reach the Sky – So Far From Home


ボストン産REACH THE SKY初のフルアルバム「So Far From Home」!SxExオールドスクールタイプのサウンドにメロディーを加えたモダンオールドスクールの名盤!セカンドよりも僕はこのファーストの完成されすぎていない初期衝動が好き!ボストンオールドスクールが好きなら絶対にマチガイナシ!PMAなポジティブな思想も好感持てます!





13.Grade – Under The Radar


ハードコア、エモ、パンク、程よいメタリックなニュースクール感を見事にマッチングさせたスクリーモの先駆者的なバンドの一つ、このバンドもVictoryのオムニバスで知りどっぷりとはまったバンド、その中でもこの「Under The Radar」が一番の名盤だと!





14.Skarhead – Kings At Crime


リアルなストリートヘッズから多大な支持を受けるDANNY DIABROを中心にDMS クルーのオールスターで結成されたSkarheadの名盤「Kings At Crime」ボーカルの掛け合い、まさに漢なハードコアサウンド、ストリート全開でサグ感からタフガイたちによるパーティー感、たまりませんね!NYHCクラシック!!





15.Integrity – Humanity Is The Devil

クリーヴランドの暗黒ハードコア帝王Integrityの3枚目の超名盤アルバム「Humanity Is The Devil」前曲が最高な名盤、暗黒に染まったメタルハードコア、だれもが取り入れなかった弾きまくりのギターソロが泣きまくり!きっかけはPUSHEAD作のジャケット!完全にジャケ買いして大当たりなパターンでしたwww





2000年までのリリースでこの名盤揃い、とてつもないレーベルってのが分かるでしょ?これ以外にもVictory一枚目のリリースInner Strength 、Ice Burn、Cause For Alarm、Doughnuts、Guilt、Bloodlet、In Cold Blood、Catch 22、とお勧めしたいバンド、アルバムはまだまだある、2000年までのリリースでは上記の15枚かな!1ページでは全く収まりきらなかったんで2000年以降のリリースは次のページで

ore10005

Victory Recordsの「名盤」後半戦はこちらをクリック!

【ポジtube】Merauder /メラウダーのロンT装着で兵の北部にある余部鉄橋「空の駅」に行ってきた!【ポジ散歩】

9月も残りわずか、いよいよ8%から10%に・・・・金額あげるかもよwww9月も後半というのに昼間は暑い!この日はなんと28℃と夏日、購入したコーデュロイパンツとMerauderのロングスリーブは暑すぎた・・・・


無骨な鉄骨でできた40メートルの高さある余部鉄橋、小さいころにいた記憶とは違い、ほぼ9割がコンクリへと・・・しかし3本の橋脚は現地保存され、余部鉄橋「空の駅」展望施設として生まれ変わっていた!鉄道マニアでもないが今回は余部鉄橋(あまるべ)へ、レッツラゴー!!





いかがだっただろうか?きれいな場所でしょ?余部鉄橋よりも、豊岡で食らったラーメンがうますぎて、そちらの記憶ばかりが脳裏に刻まれる!


関西北部に旅行に来た際はぜひ麺や 樂へ!

着用アイテム

Newera NYヤンキース メッシュキャップ(フリーサイズ)
Merauder /メラウダー ロングスリーブ(XLサイズ)
Reign Supreme / レイン・シュプリーム タンクトップ(Lサイズ)廃盤
ユニクロ コーデュロイパンツ(XLサイズ)
Adidas スーパースター(28.5cm)
Gult Trip ボディーバッグ 廃盤



撮影場所:
余部鉄橋「空の駅」展望施設
麺や 樂 raku

まだまだMerauderの余韻が抜けないんだけどあなたはどう?着用したマーチはFive deadly venoms!!ボディーがAlstyleなので着丈長め、デザインは文句なし!今期の一軍のロングスリーブである!そういえば!「Bloodaxe Festival 2019」にも出演したウルトラヘヴィーなハードコアバンドVarialsがニューアルバムをドロップするね!10/11ともうすぐ!!これまた楽しみな一枚が増えたぜ!

サウンドもだけど、マーチのセンスがずば抜けているのがVarials!新作マーチも楽しみである!


では!次回はどこに行こうかな?

【2019年10月部門】の見逃せないパンク~ハードコア~デス、重要リリース情報!「名作の予感」

10月リリース

定期的に同じこと言ってんですがPure Noise Recordsやばくない?!


何がやばいって、移籍の嵐!!先日は予想外のBelmont / ベルモントPNへ!ポップパンクの中でも無二なサウンド、予想外の展開やドラムの手数、メロディーライン、大好きなバンドなんですがBelmontがPNね!音源も楽しみだね!

そしてこちらも予想外のTake Offense/テイク・オフェンスまでもが、PNへ移籍!!クロスオーバーサウンドと現行のハードコアを絶妙なラインでミックスさせたハードコアバンド、Take Offenseだよ!!TERRORとも仲の良いバンドだからね、おなじPNだからツアーも一緒に回るだろうね!さらにTake Offenseは早くも10月16日にアルバムリリースとうれしいニュースが続く!80’sスラッシーかつほんのりとサイケなアートワークもたまりません!


Take Offense/テイク・オフェンス



Take Offenseも含め10月のリリースもヤバめ!多くのバンドのリリースが控えておるのだ!!!ということで今回は早速ですが、忙しいあなたのために10月のヤッベー、リリース情報をアップしていきます!ビビっと来る音源が一枚でも見つかれば最高だね!!





Fire From The Gods – 「American Sun」

10/3リリース予定
Fire From The Gods - 「American Sun」


USオースティン産Rise Records所属のメタルコア・バンド!かなり歌い上げている!黒人ボーカルならではのリズム感の良さ歌のうまさ、グルーヴ、今作もバラエティーに富んだ作品になるのだろうか?とても楽しみな一枚である!






Kublai Khan -「Absolute」

10/4 リリース予定
Kublai Khan「Absolute」

USはテキサス産Rise Records所属のダウンチューンブルータルモッシュメタルコア、うねりあるヘヴィーなリフはまさに聞いている自分が強くなったかのような錯覚を覚える!






Lagwagon -「Railer」

10/4 リリース予定
Lagwagon「Railer」 (Fat Wreck)

老若男女大好きなメロディックハードコアLagwagonの待望の新作!!!アルバムのアートワークでまず期待させられるよね!そして公開された2曲も最高!全人類必須の一枚だ!






The Menzingers -「Hello Exile」

10/4 リリース予定

The Menzingers -「Hello Exile」

Lagwagonの新譜並みに楽しみな一枚!フィラデルフィア産のダンディズムすら感じる大人の渋さ哀愁を感じさせるパンクロックサウンド、この季節にもぴったり、ヒマな夜は用もなく車に乗り込んでこの「Hello Exile」をBGMに!どのアルバムも定期的に聴きたくなる、飽きのこない数少ないバンド、期待値は相当高まっています!






Spite -「The Root of All Evil」

10/04リリース予定

Spite -「The Root of All Evil」

カリフォルニア産Stay Sick Recordings所属のヘヴィダウンテンポが特徴のデスコアバンド、落としまくる極悪なモッシュパートは新作でも健在か?







The Devil Wears Prada -「The Act」

10/09リリース予定

The Devil Wears Prada -「The Act」

進化を続けるTDWP、「Transit Blues」から3年も経ってるんだね、現在進行形のポスト・ハードコアを知りたいならやはりTDWPである!新曲を聴く限りでもさらに空間的な広がりを見せる、今作も玄人向けな作品になるのか?ジャケットデザインは初期を連想させるけどね!






Toothgrinder -「I AM」

10/09リリース予定

Toothgrinder -「I AM」

ニュージャージー産Spinefarm Records所属、プログレッシヴ・メタルコアと言われているもののUSの骨太なヘヴィーロックも感じさせるToothgrinderであるが、新曲も路線は変わらず、TraptやTraust Co.な唄もののヘヴィーロックにプログレ要素をほんのりと添えました的な聴きやすく耳に残るサウンド!






Gideon -「Out Of Control」
10/09リリース予定

Gideon -「Out Of Control」

CRYSTAL LAKEとの来日ツアーで知った人も多い?個人的にはFacedown時代から大好きなバンドはEqual Vision Recordsへ移籍しCOLDを17年に発売、そして19年待望の新作がもうすぐ発売!
新曲でもウルトラヘヴィーでダウンテンポハードコア好きから叙情派メタルコア好きまで納得の作品になること間違いなしだね!






Thousand Below -「Gone In Your Wake」

10/9リリース予定
Thousand Below -「Gone In Your Wake」

サンディエゴ産Rise Records所属、名作だった前作「the love you let too close」を超えることができるのか?メロディアスかつエモーショナルなポストハードコアバンド、新曲聴く限りではまたしても名作が生まれてしまう予感がするね!ポスコア好きから叙情派好きまでお勧めしたい!






I Declare War -「Downcast」

10/16リリース予定
I Declare War -「Downcast」

シアトル産、今作も自主リリースかな?songs for the sickから3年が経過し待望の新譜がもうすぐ発売!!新曲は攻めまくりのブルータルなデスコアサウンド、ズッシリと臓器にまで響くダウンチューンサウンド、ジャケットのデザインからも醸し出されているやばさ、期待せざるを得ない!






Refused -「War Music」

10/16リリース予定
Refused -「War Music」

スウェーディッシュハードコアレジェンドRefused!!まだまだ記憶に新しいFREEDOMからもう4年もたつのね!新譜はSpinefarm Recordsから!新曲もリリックもパンキッシュでロッケンローな要素強めのオリジナルなサウンド、ETIDとか好きなら気に入ると思うんだが、前作同様に少し玄人向けなのかな?






Mayhem -「Daemon」

10/18リリース予定
Mayhem -「Daemon」

ノルウェーのブラック・メタルレジェンドCentury Media所属のMayhemの新譜は5年ぶり!厳格すぎるアルバムのアートワーク、ストレートなブラックメタルサウンド!前作が傑作だったのでかなり期待してます!






Signs of the Swarm -「Vital Deprivation」

10/11リリース予定

Signs of the Swarm -「Vital Deprivation」

アメリカ/ペンシルヴァニア産Unique Leader Records所属のブルータルデスコア!2年ぶりのニューアルバム、Vital Deprivation!!妖艶度数アップなアルバムアートワーク、新曲も安定のブルタリティー、エグイシャウトは健在、1曲しか聴いてないけどもう名作に決定ですwww






Rings of Saturn – 「Gidim」

10/18リリース予定
Signs of the Swarm -「Vital Deprivation」

変態テック宇宙デスwwRings of Saturnの待望の新譜!新曲も超絶変態的、テクニカル要素もパワーアップか!アートワークもぶっ飛んでる!マーチもヤバイんでお楽しみにwww






SLOW CRUSH -「EASE」

10/21リリース予定

SLOW CRUSH -「EASE」

ベルギー産Holy Roar所属のシューゲイズ・バンドSLOW CRUSH!!高純度シューゲイズサウンド!ポジではあまり人気のジャンルではないけど、前作はDeafheaven等も手がけるJack Shirleyがミックスを担当ということで知ったバンド、ぜひシューゲイズの世界へ!






Norma Jean -「ALL HAIL Mirror」 

10/23リリース予定
Norma Jean -「ALL HAIL Mirror」 

Solid State所属カオティックマスコアNorma Jeanもつねに深化しています!今作も一筋縄ではいかないサウンドを聴かせてくれるのか?エモーショナルな部分は控えてカオティックなブチ切れパートが増えていてくれれば・・・・個人的な好みなんですけどね。






Violent New Breed -「Bad Reputation」

10/23リリース予定

Violent New Breed -「Bad Reputation」

SBG Records所属、元Escape The FateのメンバーMax GreenによるバンドViolent New Breedの音源がいよいよ!ADEMAなどを感じさせるほんのりとデジタル、インダストリアル感あるヘヴィーロックサウンド、ハワードさんも参加のBury Meは名曲決定ですね!






Fit For An Autopsy -「The Sea Of Tragic Beasts」

10/25 リリース予定

 Fit For An Autopsy「The Sea Of Tragic Beasts」

USはニュージャージー産Nuclear Blast所属のデスコアFit For An Autopsy!!!ドン引きしてしまうくらいに新曲がヤバインだが!シンフォニックに歌い上げるサビ、クリーンを無理やり取り入れたバンドとは比にならない自然な流れでの極上のサビ、ブルータルな中に悲しみのフレーズを散りばめ極上な1曲に仕上がっているThe Sea of Tragic Beasts、これはマジやばいYO!






Secret Eyes -「HOLDING ON」

10/30リリース予定

Secret Eyes  -「HOLDING ON」

ペンシルバニア,ピッツバーグ産、inVogue Records所属ポストハードコアSecret Eyes!前作から4年ぶりとなる新譜Holding Onが10月のラストに!ハイトーンのボーカル、透明感、そして何より記憶に残るメロディの良さがずば抜けているバンド、長年付き合える一枚になるであろう新譜!早く聴きたい!!!






Counterparts -「Nothing Left To Love」

10/30リリース予定Counterparts -「Nothing Left To Love」

みんな大好きカウンターパーツ!待望のニューアルバム「Nothing Left To Love」来日も迫ってきたね!2曲新曲が公開されているけど、僕はWings of Nightmaresは思わず泣いちゃったね!

なんてエモーショナルでドラマチックな楽曲なんだ!今のところ前作を越えてきそうな予感がするんだけどどう?待ちきれない新譜No.1作品!やはり現行の叙情派代表ですな!






これでもほんの一部、好みのアルバム、バンド、サウンドは見つかったかな?かなり幅広いジャンルとはなるけど、一つでもビビっときたバンドがいたらうれしいな!リリースラッシュは永遠と続きますね、11月もヤバイリリースが控えているんでまた10月に紹介するね!そうだJimmy Eat WorldやDeez Nutsの新譜も10月だよね!忘れてた・・・・・

では!
10月もシクヨロで~す!!11月の新譜紹介は10月末あたりにまたお会いしましょう!

河内野

【ポジTube】俺の一軍のロングスリーブを見やがれ・・・サーセン見てやってください!

本格的に秋が到来したね!といっても明日は30℃を超えるようだ、明日はTシャツだな!もうタンスに眠っているロングスリーブは引きずり出したよね?僕は今季の一軍のロングスリーブシャツを引きずり出してからの~装着してYoutubeにアップしたからチェックしてみて!

昔着用していたSサイズ、Mサイズのロングスリーブは痩せないと着れないわ・・・・


今開催中のロングスリーブイベント、明日23日の夜8時までだからね!下記バナーをクリックしてチェックしといてください!僕は新たに4枚増えそうだwww

https://positivedive.com/shopbrand/ct2289/

特典はSick of it Allのバンダナね!!



https://positivedive.com/shopbrand/ct2289/



とはいってもね、バンダナの用途は無限!頭に巻いたり腕に巻いたり足首に巻いたり、パンツに装着したり、ジャケットのポケットに入れたり、ハンカチとして使ったり、お弁当包みに使ったり、今回のような汚れている場所の敷物に使ったり・・・一枚持ってるとマジで役立ちます!



バンダナ自体も在庫数はそこまでなく売り切れれば廃盤なので、SOIA好きはもちろんNYHC好きは手に入れておいてください。