【WARZONE】ウォー・ゾーンのパーカー着用で日本昔話のような風景が広がる「美山 かやぶきの里」に行ってきた!

今日の気分はイエロー、ということでイエローのプリントが印象的なWarzone / ウォー・ゾーンのプルオーバーパーカーを着用して、日本昔話の世界観、古き良き日本の田舎風景が広がる京都は美山にある「かやぶきの里」に行ってきた!



かやぶきの里は二度目、ポジ散歩でも去年18年の8月に一度訪れた場所である、写真で見たい方は下記をクリックしてね!


■着用アイテム■

・ノーブランドのビーニー「ニット帽」イエロー(フリーサイズ)
Warzone / ウォー・ゾーンOld School プルオーバーパーカー(ネイビー)XLサイズ
Turnstile / ターンスタイル – Nonstop Feeling Tシャツ(XLサイズ)
・ロスコのカーゴパンツ(Lサイズ)
NIKEAir Max 90(29cm)


■スタイリングのポイント


アグノの新譜が発売されたからアグノのパーカーを着用するつもりだったんだけど、タンスをいくら探そうが見当たらない!タンスを漁っているときに見つけたのは久々のWARZONEパーカー、着用するのは2年ぶりくらいかな!ちょうどイエローに今は待っていたからぴったり!ビーニーのイエローとプリントのイエロー、キックスのイエローを合わせてみた!パンツも久々にはいたロスコのカーゴパンツ、定番のカラーだよね!イエローの配色にも合う主張の少ないパンツ、かなりファットですが足首が絞れるのでしっかりキックスが見えるくらいに絞る、オールドスクールなデザインはレア音源をまとめた1994年にリリースのアルバム「OLD SCHOOL TO NEW SCHOOL」の配色キャラクターを使用したオールドスクールな 名作デザインアイテム!存在感あるでしょ?バッグはイベントも行ったGuilt Tripのボディーバッグで色の外しを演出、お気に入りのスタイルだけどもうワンサイズパンツのサイズを小さくしたね!



WARZONEと同じくNYHCつながりで、今期間限定でMADBALLマーチのお取り寄せをしています!19日の8時まで!それ以降はお取り寄せしないんでお見逃しなく!

MADBALL



■撮影場所:■
美山 かやぶきの里






次回はどこに行こうかな?
では、また!


河内野






追伸:
RAYBEEZが亡くなったのは1997年、もう20年以上も経つんですね・・・今夜はいっぱいWARZONE聴こっと!

無骨でブレない硬派なWARZONEマーチは⇒「こちら」からね!

オシャレの最短ルートは「小物」を使ったバンドマーチコーデである!

PDBL1882006

各地で花火大会にお祭りが開催されている、事務所の前も多くの人が歩いて祭りへと向かう姿を目にする、



若い子たちからパパやママ、高校生など人間観察をしていて思った。連日35度を超える猛暑、のおかげでとてもシンプルな服装だったのである、年齢層関係なくね、


Tシャツ
+
ハーフパンツ
+
サンダル

みんな、どの世代を見てもこの格好なんだよね(じんべい以外)、それぞれのアイテムで個性を出したり、差別化を図るシルエット、サイズ感で変化をもたらせればいいんだけど、見る人の9割がそんなこともなく・・・・



僕たちでいえばバンドマーチでね、普通のシャツじゃないもんね!!とはいってもさ、ここ最近はシンプルなデザインが多いのは事実、「わかるやつだけわかれば!」それも正解なんだけど、一般人から見ればいたって普通のシャツ、まぁ、ド派手なデザインやタイダイ、ボーダーなどのデザインもあるから一概にはいけないけど、正直、本音を言うとね、普段着としてバンドマーチを着用している僕らは「一般人からもおしゃれだと思われたい!」悔しいけどそうなんだよね。



そんなお祭りに出かける人たちを永遠と見ていた時、思わす2度見、いや3度見したね!明らかにオスアンティーな、ハイセンスなオーラを身にまとっている人がそこに存在していた!その人に天からスポットライトが当たっているくらいに特別に思えたぼである。

その理由は何だったんだろう?



ストーカまがいにその人が歩いている方向に僕も歩き、全身を舐めまわすように隅から隅までその男性をチェックしていた、そして分かったことがある。

「小物使いがマジうまい!!」



これなんです!そうなんです、Tシャツにハーフパンツに、スニーカー、スニーカーはいたって普通のVansのオールドスクール、そこにプラスされていた「小物」が彼のスタイリングのすべてを昇華させていたのである!



かなり詳しく、ピーコのファッションチェックのごとくチェックしたから説明していくと、


小物1)プッシュしまくっている、ミニバッグ、ショルダーを装着!

Tシャツはいたってシンプル、ブランドはわからなかったけどワンポイント胸にデザインがあるホワイトのシャツ(この時点で清潔感が出ている)、そのTシャツをクロスするように肩からかかっていたバッグがミニショルダー、間違いなくこのカーハートのバッグだったね!

カーハート

伝わりずらいかもしれないけどショルダーを短くし手装着しているシルエットもオシャンティーに見えた!ポケットには一切何も入っていなくパンツのシルエットも崩れていなかったことから、携帯、財布にキー(鍵)もこのバッグの中に入っているのだろう、このバッグを装着していないスタイルもその彼で想像したがやはりミニバッグは重要なのだと大いに感じた!ちょっとほしくなったけどDisturbiaのミニショルダーのほうがかっこいいんでいらな~いww下記のDeez NutsのJJのようなイメージだね!※サングラスも使える小物です。

Deez Nuts



小物2)ブレスレット

二の腕から先は裸、なにも装着しない人が本当に多い、寂しいよね腕先は裸だもの、時計も小物としては重要だけど、もう一つの腕回りにはシルバーアクセ、といってもヴォリューミーじゃなく、あくまでさりげない2個付け、シルバーということで夕日に照らされほんのりと輝く、細いブレスなんだけど存在感がある、このさりげなさに僕はやられたね!シルバーに限らず、バンドマーチでいえばラバーリストも使えるよね!Neck DeepのDaniのようにシンプルに1本装着してもあるとないとは大違い!

Neck deep



小物3)デザインのあるソックス

彼の履いていた靴はVansのオールドスクール、パンツはハーフパンツ、そこにデザインのあるソックスを装着していた。サンダルが多く、サンダルといえば靴下は不要、そんな中だから余計と目がそちらに向いた、ソックスでも遊び心を持っている、ブランドまではわからなかったがちょいホラーでポップなドラキュラのデザインだった、丈はスケートソックスのように長くないミドル丈、しつこくなくスマートに履きこなしていたあたりがオシャンティー、真っ白なソックスも流行ではあるが一歩間違えれば日曜日のお父さん見たくなるから上級者向け、デザインソックスはすぐに取り入れるべくである!ラインソックスはマジで合わせやすいです!HundredthのChadのようにキックスをホワイトにソックスをブラックに合わせるスタイリングもイケてる!

PDBL1882004



小物4)キャップ・ハット

小物の王道なんじゃないかな!見かけた彼はベースボールキャップを装着、少し浅いダッドハットだったかもしれない、ワンポイントの刺繍が入ったトレンドアイテムだ、今までのブログで何度も言っているけどTシャツよりも先に目が行くのが顔なのである、ということはファッションの顔は帽子なのである。着こなしにスポーツ感をミックスさせてくれる、キャップのデザインはファッションの名刺代わりといっても過言ではない、だからこそ僕は絶対にバンドマーチのキャップを愛用すると常に決めている!バンドマーチのキャップは種類もデザインも豊富だしね!僕自身は美容院が苦手なせいか、髪型に余りこだわりを持っていない分、セットするのもめんどくさい、だから常にキャップはかぶっている、もちろん前髪は出さないスタイルで、そしてこの猛暑、一番熱を吸収してしまう頭を守ってくれる!一石二鳥なのである!しか~~しダッドハットが似合わないというwwだからハットかスナップバックなんだけど、ストリート感も増すしね!フォーマルなスタイルにも合うってのもいいよね!

PDBL1882005




その他使えるのはサングラスにネックレス、いろんな使い方ができるバンダナとかだね、その日見た彼は装着していなかったけどマジで使える小物たちだ。



これら昇華した小物たち、あるのとないのとは大違い!ということは理解していただけたと思う。


あなたもぜひ今回紹介した小物を夏コーデにプラスさせ仲間と差をつけてください!



そして一般人からもアイツお洒落だな!と必ず言わせてちゃってください!



では!



河内野



追伸:

新曲公開したBasementのギターのバンダナを首に巻くスタイルもイケている!挑戦してみよう!

新曲、さらに洗練されている感じがする、ニューアルバムがマジで楽しみである!!

Basementグッズはこちらをクリック