【ライブ】ニューヨークハードコアの重鎮「Agnostic Front」アグノスティックフロント見てきた!【大阪Drop】

18-5-11024

「ライブは平日ということもあり前日まで「参戦できるのか?」わからなかった、チケットはとらず、売り切れの心配をしながらも当日を迎えた。

当日、何とか参戦できることが決定し、インターネットでチケット予約を……


18-5-11001


一般発売・受付期間終了・・・・


やっちまったな!!!!!!!当日は買えないのね・・・・無知は罪である!


納得できるわけがない!!!まずは会場であるDropに電話、何度電話してもつながらない、この時点でお昼の12時を過ぎている。


出川哲郎並みに「やばいよやばいよ」と連呼しながらも小さい脳みそで考える。


そうだ、ダメもとで、Palmのボーカル、Takahashiさんに連絡してみよう。


いきなりですんません!当日券、2枚取り置きできますか?(河内野)


大丈夫ですよ2枚取り置きしてきますね!



ライブ中の悪魔が降臨し客席に突撃していくイーヴォーなTakahashiさんとは違い普段は仏のようなやさしさ、本当に本当にありがとうございます!!



パイセンと一緒に舞鶴を出発、音楽の話で盛り上がっていると高速の降り口を見事にスルーするも、無事5時半ごろには大阪アメリカ村に到着。

会場はアメリカ村三角公園の目の前にあるDROP

18-5-11002

三角公園でたこ焼きを食い時間つぶし、6時を過ぎた時点で会場入り。

Agnostic front

早すぎたせいか、出演者や、数名のお客さんたちのみ、「何を購入するか?」マーチを物色しながらスターを待つ!

ドロップ

18-5-11006




トップバッター:EX-C

EX-c

ダンサブルでほんのりロッキンでメタリックでもありモッシーなハードコアサウンド、ボーカルUM8さんのバンダナとデニムジャケットのスタイリングがまさにサウンドとリンクしていて「漢」な印象に残るいでたち、生で見るのはCOLD WORLD来日時のSMD Nightだから7年ぶりくらいに見たけど当然当時よりも超パワーアップ、個人的にも超好みのサウンド、NYスタイルのハードコア好きも思わず反応してしまうサウンド、写真がブレブレばかりで使えるのがなかったですが、最高なトップバッターでした!

SMD CREW




2番手:PALM

パーム

邪悪な世界観が突出している、カオティックやグラインドコアや、スラッジ等々をミックスしているんだけど形容しがたい完全に孤高のメタリックハードコア!初っ端からステージを降り客席に、ブチ切れた絶叫、ベースが外人さんになってからは初見なんだけど、いつ見ても鳥肌が立ってしまう、やはりすべてが現実離れしている、まさに地下音楽の最高峰、そしてボーカルから楽器隊すべてがプロフェッショナルだから、格の違いを感じてしまうんです、MCもなく一気に突っ走った25分くらいかな?、異質な違う世界にぶっ飛べた緊張感ありながらも至福な時間でした。

PALM

今年の夏にはニューアルバム「TO LIVE IS TO DIE, TO DIE IS TO LIVE」

生きる ため に 生きる こと は 死ぬ こと で あり, 死ぬ こと は 生きる こと で ある”

が発売、震えて待たせていただきます!




3番手:NODAYSOFF

nodaysoff

BURNING SIGNCRANKNORDEDESERVE、そしてLAST ONE STANDINGという京都ハードコアオールスターと言える豪華メンバーによる京都ハードコア!ヘヴィーでモッシーなハードコアサウンドの説得力はさすがのメンツ、本物感が出ますよね、大好きだったポジティブハードコアLast One Standingからは想像できないほどタフなサウンド、ボーカルの諏訪さんのステージング、ジャンプは最高に絵になります!!写真では撮れませんでしたがww

アルバム「Radical east」も発売中!

NODAYSOFF


京都出身5ピースバンド。活動休止中の滋賀県産Positive Hardcore『LAST ONE STANDING』のリーダー諏訪氏をシーンへとカムバックさせるべく、BURNING SIGNの林、ex. NORDeのシュンスケ、ex. DESERVEのチューベー、そしてCRANKの神戸により結成された京都ハードコアオールスターズ!すでにSICK OF IT ALL等の来日公演にも出演し話題性もあり!18年のデビューFULLとなる本作は、LAST ONE STANDINGからの長い付き合いとなる名門RADICAL EASTより!これまでメンバーそれぞれが培ってきた、オールドスクールやユースクルーを軸に、NYHCや90’s Eastcoast Hardcore、ユーロハードコア、スキンヘッドなど様々な要素を消化・吸収したタフ、ヘヴィ、モッシーな揃ったハードコアサウンドを展開!10曲15分強とタイトに凝縮した濃厚すぎる作品となっている!

礎-ishizue




4番手:T.J.MAXX

TJ Maxx

関西のNYスタイル・ハードコアシーンを築き上げたレジェンド、モッシパートとコーラスを重要視したニューヨークスタイル!!ノリノリになれるキャッチーでモッシー、シンガロング必須のリリック、重みと説得力はさすがの重鎮、あの曲が生で見れたときはウルっときてしまった。




お・ま・た・せ:Agnostic Front

アグノスティックフロント

壮大なSEが流れはじめ、メンバーが出てくるたびに歓声が上がる、やはりヴィニー・スティグマが出てきたときの歓声はこの日一番!1曲目はCause for alarmに収録の「The Eliminator」でスタート。

アグノスティックフロント

オーディエンスのテンションもハイボルテージ、シンガロング、モッシュ、2ステップ、パイルオン、もうぐちゃぐちゃ、写真もブレブレになるのも仕方ないですよねww

盛り上がっているとはいえ、後方で見ている客たちを煽るもいまいち反応が無く、ロジャーも苦笑いしてたねww

ヴィニー・スティグマ

数曲までは曲順を覚えているんだけど、写真も撮りたいし生のNYHCサウンドにおぼれたい、素直に楽しめないんでもう曲順はワカリマセン・・・・・セトリも知らないほうが楽しめそうだしねwwっていう言い訳wwま、12.13日、その目で確かめてきてください!

AGNOSTIC FRONT

以前に紹介したセットリスト予想ブログで紹介したは全曲やってたと思う、やはりキャッチーで分かりやすいリリック、中期から最新の曲My Life My Way・For My Family・Old New York・Peace・Never Walk Aloneのほうが盛り上がった印象もある、けどVictim in Painはやはり盛り上がるね。

18-5-1101

さすがの貫録、ポーキーはアジアンな顔なんで親近感沸きますね。ロジャーよりもめっていたのはNYHCのゴッドファーザー、ヴィニー、お茶目でしたww

18-5-11018

なんやかんやで一番盛り上がったのはそう、Gotta Go、大合唱でしたね!

Gotta Go演奏中のフォトです!

アグノスティックフロント

ラストは、これまたおなじみのカヴァーで!

18-5-11020

そして「ワンモア」のコールが鳴り響き、ロジャー以外がステージに再降臨するもヴィニーがマイクを握り、お客さんの一人の女性のためにとハピーバースデーの歌を歌う、あの曲は何だったのだろうか?

18-5-11021

そしてロジャーも降臨、Tシャツ着替えてるし、そのシャツは名コンピレーション「The Way It Is」デザインをサンプリング、 ジャケットのフォトをアニメ風に、顔をすべてゴリラにしたGorilla Biscuitsシャツだった。

18-5-11022

ここから数曲するも意外と盛り上がらずww

BLITZKRIEG BOPで終わっていれば…..

ファンからすれば少しでも長い時間、レジェンドとともに過ごせるんだから最高なんだけど、メンバー同士も苦笑い。

大体の名曲は聴けたし、予習不足で正直わからなかった曲も数曲あるけどワンマンライブ並みのフルヴォリュームなライブ、超大満足でした!参戦するのを渋っているあなたに言いたいのは

絶対に見たほうがいいです!

確実に後悔しますよ!!あのNYHC界の生き証人アグノスティック・フロントが生で、しかも至近距離で見れるんですよ、そしてハードコアに残る名曲たちをそのあなたの体で体験できるんですよ!!これは事件といっても大げさではない、いまだに余韻が抜けないまま、至福の時間を過ごしています、こんな幸福感は久々です!まじ幸せでした!


アグノを日本に呼んでくれたAlliance-Traxさん、本当にありがとうございました!!!!

今日は名古屋、もう始まっているころだね、そして明日は静岡・浜松、そしてファイナルは東京・渋谷!!

18-5-11023

今回は11年ぶりの来日、次はいつになるやら、次があるのかもわからない、行ける方は絶対に参戦したほうがいいよ!まじで!!!

河内野



追伸:

17年度「最強な10枚!」にも参加してくれたBar Wonderさんが会場で声をかけてくれました!めちゃめちゃうれしかったです!

心斎橋にあるBar Wonderで働いているようなのでライブ後飲み足りない時はぜひBar Wonderに行ってヘヴィーミュージックに花咲かせながらお酒飲みましょう!大阪でライブ参戦したときは僕も行かせてもらいますね!

ハードコアニュース最前線!アグノスティック・フロント来日まであと1か月

アグノスティック・フロント

本日は4月の10日、ということはついに1か月をきったわけだ!!何がって?

Agnostuc Frontの来日でしょ~~!

Agnostic Front


5月9日(水曜)東京 新宿ANTIKNOCK
ETERNAL B, STRUGGLE FOR PRIDE, CIVIL DEFENSE

5月10日(木曜)大阪 CLUB DROP
T.J.MAXX, PALM, EX-C, NODAYSOFF

5月11日(金曜)愛知 名古屋3 STAR
SLAPDOWN, DIEDRO LOS DIABOLOS, FACECARZ, LOST COMMITMENT

5月12日(土曜)静岡 浜松G-SIDE
NUMB, BEYOND HATE, 九狼叫

5月13日(日曜)東京 渋谷THE GAME
NUMB, LOYAL TO THE GRAVE, BLINDSIDE

招聘元:http://alliance-trax.com/





いよいよだね!1か月なんてあっという間、ゴールデンウィーク挟んでもうすぐだね!5月病にならないようにね!!アグノスティックの来日ニュースからハードコアが世間的にも盛り上がっているんだけど、近々のハードコアニュースを今日は紹介していこう


3月の半ばだけど、まさかの25 ta lifeが新曲EPリリース!!極悪ハードコアの起源は彼らだ!というハードコア好きも多いはず、アートワークなんかも極悪ストリート、おなじみのいなたさがあるよね、ヴォーカル、リックはロジャーと同じく吐き捨てスタイル、「まだやってたの!!」って衝撃的だったんだけど、ハードコア好きにはビックリなニュースだったよね、まずは聴いてみてよ!




あれ、リックってこんな声だった?てかボーカルリックじゃないじゃん!!!!!ボーカルはStikmanってことでもろにFury Of Fiveな雰囲気だけど25 ta lifeな印象も受ける、これはこれでめっちゃかっこいい!!にしてもこの時代に25 ta lifeが聴けるとは!!





Convergeのジェイコブもお気に入りのBlacklisted新曲キタ~~!!オリジンハードコア!!「WHEN PEOPLE GROW, PEOPLE GO」以来3年ぶりの音源だよね、今回もハードコアスピリットを根本に持っているんだけど枠に収まらない、相変わらず無二な仕上がり!





Six Feet Under Recordsから、プロデュースはQuicksand, Code Orangeを手掛けるWill Yip「そりゃヤバイわ!」やはりセンス抜群!フルアルバムが楽しみである!





The Mongoloids, Suburban Scum, そして ManipulateのメンバーからなるニューバンドWorld Demise!!


MongoloidsSuburban Scum共に大好きなバンドだから期待も高まっていたんだけどかっこいいね!メタリックでモッシー、さすがの2バンド、完成度高し!!This Is Hardcore 2018にも出演、期待のバンドである!





フィラデルフィアで開かれるハードコアの祭典This Is Hardcore 2018のラインナップが公開されたね!

ハードコア



毎年思うんだが、このメンツ、ヤバすぎるどころか完全胃もたれするね!そしてなんと日本からNUMBが参戦!!





One King DownTen Yard FightE-Town ConcreteEighteen VisionsSick Of It AllArkangelAll Out WarIncendiaryHarvestMerauderDistrict 9Knocked LooseCarnivore A.D.Twitching TonguesVeinShark AttackFor The Love OfWisdom In ChainsJesus PieceShattered RealmShipwreckedKing NineTrail Of LiesYear Of The KnifeNumbCandy
Agents Of ManSworn EnemyQueenswayRegulateTrue LoveLionheartMindforceThree Knee DeepDepartedInvokeRaw BrigadeVamacharaSafe And SoundNo VictoryWorld DemisePlease Die


もはやドリームマッチ!おなじみのバンドから、Retribute RecordsからリリースされたTrail Of Liesも注目ですね!


そして、TerrorKnocked LooseJesus Pieceとのツアーで注目度アゲアゲのYear Of The Knifeはマジで注目だね!

Knocked LooseJesus Pieceくらいにブレイクするバンドは誰だろうね!やっぱりVein?






ボストンハードコアレジェンド、Slapshotのニューアルバムも強烈に楽しみ!!アルバムタイトルは「Make America Hate Again」!!

Bridge Nine Recordsからのリリース、発売は6月!11曲入り!ジャケットデザインをそのままシャツにしてほしい!!!



ハードコアニュース最前線でした!!

18年もハードコア盛り上がってるね!

では!!

河内野



この曲って「Gotta Go」だよね!!

ナイス選曲!サッカー興味ないけど少しグランパスが好きになりました。

【ハードコア】コーデブログに登場したマッドボールのマーチ、今ではすべて廃盤なのです!

B180203001

Agnostic Frontの来日が決定し手からというもの自分の中のハードコア熱が急上昇中、あなたもそうだよね、マジすごいことだよね、そして新たに来日のニュースが届いた。



2年ぶりの来日が5月に決定したUSモダンでありクラシックなハードコアサウンドを奏でるFORCED ORDERだ!!

Forced Order

2年前の来日後から日本でも人気急上昇、現行のハードコアを追っかけている人は必ず知っているバンドだろう。ボーカルが着用しているNYHCバンドIndecisionのグリーンのシャツがカッケーな~ほしいな~!


ハードコア熱が急上昇中って言ったじゃん?ここ最近の夜は大好きなハードコアをガンガンにかけながらハードコア・マーチを整理するのが楽しくて仕方ない、昨日なんて気が付けば夜中の3時、今朝起きるのがマジ辛かった。


整理して思ったのは冬に入ってからというものTシャツは全然着用できていないし、保存方法が悪かったのか白TやロンTが汚れていた、白Tの汚れを落とす方法は以前のブログをチェックしてほしいのだが、かわいいかわいい我がバンTチャンたちをもっともっと着用しなければという使命感に駆られているww

今後はインスタに今日のバンドマーチという感じで毎日投稿も予定している。今までのコーデブログを見直しても8割ほどのアイテムが写真に残っていないもんね、毎日投稿、めんどくさそうだけど、楽しそうでもある。

今回はコーデブログに残っているマッドボールマーチ装着の写真をアップしていく、完全に個人の趣味であるが、ヒマだったら見てってね!





マッドボール
マッドボールの中でもお気に入りのボールロゴのパターンデザイン、かわいくストリートな一枚!一番持っているハードコアマーチがマッドボールでした!今イベント中のレアシャツももちろん手に入れます!





Madball
ひどい写真でサーセン!NCAA(ノートルダム大学 ファイティングアイリッシュ)のキャラをサンプリングしたデザイン、このシャツもお気に入り、ちょっとね生地が薄いボディーで真夏は脇汗が地獄なんであまり着用できてないね。





マッボー
おなじみのボールロゴデザインだね、Good Fight Recordsから発売された一枚、結局このデザインのシャツは4枚購入、一枚は着用用、一枚は保管用、一枚はデニムカスタムに装着するよう、もう一枚は痩せたとき用にMサイズを…このデザインは定番であり鉄板なんで結構着用してます!ちなみにデニムジャケットに装着した際のブログはこちら





ニューヨークハードコア
このパーカーは毎年必ず装着してるね、おなじみのボールデザインだけど胸にさりげなくだからアウターとの相性もバツグンなんだよね、バックは結構インパクトあるから、メインで装着してもアウターと合わせてもハマるヘビロテパーカー、当然廃盤ね、





マッドボール
このパーカーも胸にワンポイントデザインにバックはニューヨークなストリートな仕上がりだからアウター、インナーとしてきた押している一枚である、やはりブラックが多い中グレーでもないヘザーグレーのボディーってのがお気に入り、清潔感が出る城に近いグレーだから、モノトーンのコーデにもはまる!





コーデブログに登場したマッドボールのマーチはこれだけだった、まだまだ所有しているからさ、さっきも言ったようにインスタなどにアップしていくかも!!!

そうそう、今回紹介したアイテムすべて廃盤人気のポストハードコアバンドなどに比べると生産数も少ないし再販売の可能性も低いから見つけた時すぐに手続しておくのが鉄則です!

今、イベント中のこのアイテムもね!

今、イベント中のこのアイテムもね!

マッドボールイベント

MADBALL限定アイテムはココをクリック

15セット限定

、正直言うと残り半数もありません、お早めに!

では!

河内野




追伸:

ちなみに今日はアグノシャツ装着です!

アグノスティックフロント

今日はCause For Alarmを10回以上リピートしてますwwライブの予習も兼ねてね!

【バンドマーチファッション】トレンドカラーとうまく付き合う方法!

BG1795005

漆黒のブラック、松崎しげるからのブラッケンドなハードコア、暗黒なハードコアバンド、ブラックというカラーの内部を前回のブログで紹介したわけだけど、今回はバンドマーチのスタイリングに重要なカラーについて話していく。


今季のトレンドカラーは何なのだろうか?夏に比べさらにブラックなスタイリンが増えてしまう僕だが、秋冬こそいろいろなカラーを取り入れていこうかなと検討している、バンドの事と同様にファッションのことを考えるのもワクワクする。


「トレンドなんか無視しろよ!」とも言われそうだがトレンドもうまく取り入れればさらにかっこよくなることは今までのブログで実証済み、トレンドに流されるのではなく、トレンドをうまく、さりげなく取り入れるのがポイント、ま、とにかくトレンドのカラーやアイテムをチェックしてみよう!


まずはカラーだ!夏はピンクオレンジイエローなどが流行してたようだけど、どう?確かにピンク、オレンジはよくわかるけど、イエローはバンドマーチではあまり見かけなかったかな、ピンクっていうか淡いパステルカラーはバンドマーチでも多くのアイテムが発売されたね!


ではこれからの秋冬のトレンドをカラーを見ていこう、
(※参考にしたサイトは最先端を行くFashion Press)


一番注目されているのはネイビー、これはバンドマーチでも人気のカラー、そこまで多くは発売されていないが今季は注目していこう!僕が持っているネイビーのアイテムでお気に入りなのはおなじみのAgnostic Frontのコーチジャケット!(廃盤)オリーブとの相性もいいよね!

アグノスティックフロント


ネイビーと相性の良い薄目のブルーグレーも注目のトレンドカラーである。グレーはバンドマーチでも定番のボディーカラー、薄目のブルーは結構珍しいよね。僕が持っている薄目のブルーといえばCold World のシャツやSet It GoalsのTシャツ、グラデーションになっているけどPierce The Veilのデニムベストなんかも薄目のブルーだよね。

PTV

先日イベントでも今日票だったPolyphiaのプルオーバーパーカーも薄目のブルー、やっぱこのアイテム最強だな!ネイビーのパンツなんかと合わせてもよい感じにハマりそうだ。

POLYPHIA


去年に続き濃い茶色・濃いめのピンク、マスタード、など秋冬らしい濃いカラーも注目されている。マスタードのアイテムたまにバンドマーチでも見かけるようになった。くすんだイエローって感じのカラーですね。

BG1795004

プレオーダーのアイテム観てたら2.3点はこのカラーのアイテムがバンドマーチから発売されそうだ。お楽しみに!


いろいろなサイトから雑誌までチェックしたのだが鮮やかではっきりとしたカラー、ビビットカラーが一番多く鮮やかなレッドはよく目にした。その次にネイビーって感じ、秋冬でも鮮やかに着こなすのがカラーコーデの1つのテーマなのかもしれない!

ここまで派手なカラーがトレンドになるってのも聞いたことがないから意外だったんだけど、しっかりとした理由があったわけだ。


ファッション界では、ノームコア(究極の普通の意)ブームが過ぎ、タッキー(悪趣味の意)ブームが到来。ノームコアファッションでグレージュやブラウンなどのナチュラルカラーをよく着ていた反動から、人々が鮮やかな色を欲しているのではないか!

by.S参照

ファッション用語バリバリ、ノームコア?新しい音楽ジャンルかよ!と思わず突っ込みをいれたくなったが確かに上記の内容も納得できる部分もある。タッキー(悪趣味の意)ブーム?そんなのがキテんの?僕たちはいつだって悪趣味だからね、それが普通なんだけどww(誉め言葉)

大まかにいうと

秋冬でもド派手にキメろ!

ってことだな、トレンドだけを追うだけならね!

問題なのはバンドマーチでそのトレンドカラーがあまりにも少ないってことだ!無理にトレンドは追わなくてもいいがやはりどこかワンポイントは確実に取り入れるべきだ。好きなバンドのマーチでトレンドカラーがないのならバンドマーチ以外や「小物で取り入れろ」ってこと。カラーヴァリエーション豊富ですぐに取り入れやすいのは秋冬の必須アイテムニット帽、ビーニーである。

マスタードのカラーのニット帽も秋っぽくていいよね。一番に取り入れやすいのがニット帽ということだ!

僕が着用しているLeft Behindのロングスリーブやっぱイケてんな~!(自画自賛)

そういえば新譜も10月の終わりに発売されるぜ!

Left Behind – Tough Love

STIGMATAのメンバーが運営しているレーベル「Unbeaten Records」ヘヴィーでブルータル、メタリックな注目のハードコアバンド!


わざわざボディーのカラーでトレンドを取り入れなくてもさ、プリントの一部がトレンドカラーのほうがさりげなくていいんじゃないの!という結論に達してしまいましたw このLeft behindのグッズのようにね!

Left Behind

・アクセサリ、小物で取り入れる
・ニット帽、ビーニーがとりいれやい
・プリントの一部でトレンドカラーをさりげなく使う

トレンドはうまく付き合えば最高にオシャレになるが取り入れすぎたらダサくなるってことを頭の片隅においておこう!

河内野

30年以上活動する最強のバンドの来日が決定!【今日着用アイテムはTurning PointのTシャツ】

Turning point

梅雨はいずこに!!連日ピーカンで雨の気配すらなし、このまま雨が降らず梅雨が終わってもいいんだけど….やはり地球には潤いが必要なわけで…..

雨が降っているからこそ家ではエモソングも聴きたくなるわけで、そう考えると雨もいいな~なんて…

雨の日に聴きたいエモソングって何?



そうそう、わたくしいろいろありまして事務所を移転しました!!

兄が経営していたバイク屋の事務所の一角を借りております!

ターニングポイント

ある意味ターニングポイントってことで今日のマーチはTurning Point のTシャツ(XLサイズ装着)

Turning Point – Anxiety Asking

ユースクルー直系のオールドスクールサウンドのエモ要素をぶち込んだレジェンド!
音源をまとめた1988-1991 Discographyはぜっていに持っておかなくてはいけない一枚。

事務所感満載マザファッカーなんで少しずつバンドグッズ、ポスターやフラッグなどを壁に貼っていこうか、それともシャレオツな壁紙を貼るか悩んでおります。

前事務所から持ってきたマーチ、グッズを移動するのも一苦労で….ハードコア

エアコンの風を感じながら…..暑くなったね~、バンドTシャツ本番がいよいよやってきたぜ!といってもまだまだ朝晩は冷え込む、ロングスリーブをしまうのはもう少し待っておこう。

そういえば衣替えっていつが基本なの?店の前を通る学生は学ランからシャツにチェンジしてるからもう衣替えの時期は終わってるの?

今日はストレートのデニムとターニングポイントのTシャツで合わせてみました。

・Tシャツ:XLサイズ(Turning Point)
・デニム:34インチ(Macdaddy)
・キックス:29cm(コンバース・オールスター)

Tシャツがオールドスクールなデザインだからデニムはロールアップでソックスを見せハードコアパンクを意識!パンツもストレートで普通だけどサイジングや丈でこだわったスタイルに仕上げました!

90年代初期のバッシュなんか合わせたらクロスオーバースラッシュなスタイルにもなるよね!

ハードコア

ソックスはもちろん Sick Of It All!!
Sick Of IT All

ファンならご存じ、Sick Of It Allの来日が決定したよね!!!

SOIA NYHC

このニュース、マジで興奮したぜ!ハードコア好きなら確実にテンション上がったっしょ?

結成30年越え、いまだ現役、というか若いバンドよりも元気!楽しみすぎる!

SICK OF IT ALL – 30 ANNIVERSARY | Live @ PROXIMA | Warszawa 16.03.2016 | Poland |

来日がうれしいから思わずソックス履いてきちゃったww

決まっているハードコアの来日アーティストは、

・Integrity
・FIRST BLOOD
・NASTY
・INCENDIARY
・Full Of Hell

今年も盛り上がってるね!やっぱりSICK OF IT ALLはうれしすぎるニュースだ!

バイクに乗ってライブに行こうかな….

河内野TP