The Hundredsと Revelation Recordsとのコラボ「完全乗り遅れた!!!」

REV

超絶にへこんでるんですけど!!!

SICK OF IT ALL来日のニュースに金玉大爆発するくらい大喜びしている間にさ、とんでもないことを見逃してしまっていたんだ。

今では超有名になったブランド、The Hundredsってあるじゃん?僕もバックやパンツ、ジャケットなど数アイテムは愛用している大好きなブランドなんだけど。

The Hundreds

パンク・ヒップホップなどの音楽や、グラフィティ・スケートなどのカルチャーの影響を感じさせシンプルでアーバンなロサンゼルスストリートスタイルなブランドなんだけどさそのThe Hundredsがさなんとあのレーベルとコラボ作品を発売させたんだよね!

そのレーベルとはハードコア好きならご存じ、Revelation Records

B17-6-26003

JudgeBoldYouth Of Today、そしてみんな大好きゴリビスなんかが有名だよね!

The HundredsとRevelation Recordsとのコラボなんて完全に俺得じゃん!

こんなヤバイコラボを知ったのは友人から電話、そして購入ができるサイトをのぞいてみるとすべてのアイテムが

ゴリビス

マジか……..再販売なんてありえないだろうし………どのアイテムもやばすぎるっしょ!だれか手に入れた?

BOLD

ゴリビスのGBロゴが爆弾になっているあたり最高のコラボデザイン!!!多少高くてもほしくなるよね、売り切れになってしまったが、一目ぼれしちまったんでプレ値が付こうが購入予定!

硬派なハードコアデザインもリゾート感がミックスされ、コラボじゃないとあり得ない配色、たまらんぜよ!

ただのグチみたいなブログになってしまったwwこのコラボアイテムを手に入れた強者よ、
ちょ~~だい!

The HundredsとRevelation Records実は二回目のコラボなんだよね、ということは3回目も?数年先になるだろうけど必ずコラボが実現するだろう!次回は絶対に見逃さないぞ!!

今回のコラボに関してアリ?ナシ?あなたはどう思う?

河内野

追伸:
このコラボアイテムを着用しているモデルはハードコアは好きなのだろうか?
ちょっと気になったww

そうそう、ちょうどYouth Of Todayの新作追加したから、コラボ作品手に入れられなかったあなたはチェックしてみて!

いくらコラボじゃないとはいえ生産数は少なめだからね!!

Youth Of Todayの新作はこちら

TERRORから学ぶ世界のハードコアバンド109選

BG17116100

野郎ども!バレンタインは最高だったかい?僕はというと毎年もらっていたオカンからも、もらえずさみしいバレンタインデーを過ごしたぜ!

さみしい夜のお相手は友人ミッチーとの電話、思わず「チョコもらった?」そう聞いてしまったのが終わり、そこから永遠と何故か説教ww



「バレンタインだ?」「何チャラついてんだよ!」「そんなもんお菓子会社の陰謀だろ!」ここからバレンタイン関係なしに人生論を語られ、ミッチーの哲学論を語られと散々な夜になった。



電話後、妙に気持ちがダダ下がりしたため大好きな音楽を爆音でかけることにしたんだ、気分はパンクでもエモでもメタルコアでもデスコアでもなくこんな日はハードコア、今一番はまっているFirst Bloodの最新アルバムRulesだ。



チョコを貰えなかった不甲斐なさと、めんどくさい奴との長電話のうさ晴らしになるとともに、やる気がみなぎってきた、なんか強くなれたようなwwモヤシな自分にとってはハードコアはどんな薬よりも効能のあるモノである!





そしてTERRORの最新MVをチェックしながら世界中のハードコアバンドをチェックしディグっては音源を探したりと良き一日となった、そのMVはこれ。

TERROR – Deep Rooted (OFFICIAL VIDEO)

The 25th Hour’の最後14曲目を飾る名曲である。このビデオには世界中のハードコアバンドが登場するんだけどさ、今からハードコアを好きになるあなたもハードコアが好きすぎるあなたも最高に楽しめるMVだよね!

NYHC

東海岸、ニューヨーク周辺のハードコアバンドが登場


・Agnostic Front
・Breakdown
・Cro-Mags
・Gorilla Biscuits
・Judge
・Killing Time
・Madball
・Sick Of It All
・Warzone
・Youth of Today

とお馴染みのハードコアバンドたち、ロゴのデザインを見るだけでも楽しいよね!





HOODS

次は西海岸のバンドたち!


・Carry On
・Descendents
・HOODS
・Excessive Force
・Inside Out
・Infest
・Outspoken
・Powerhouse
・Strife
・Suicidal Tendencies

東と比べサウンドの違いなどを見つけるのも最高に楽しい。





Converge

次はボストン周辺


・American Nightmare(Give Up The Ghost)
・BANE
・Blood For Blood
・Converge
・In My Eyes
・Reach The Sky
・Slap Shot
・SSD

ボストン周辺,独特な世界感のあるバンドが多いね!

American Nightmare(Give Up The Ghost)のボーカル、ウェスリーによるCold Caveも熱いね!

Cold Cave – Confetti





次はCT、NJ、VA周辺

・100Demons
・AVAIL
・Bad Brains
・Brace War
・Death Threat
・Dag Nasty
・Down To Nothing
・E Town Concrete
・Floorpunch
・4 Walls Falling
・Hatebreed
・Lifetime
・Mayday
・Minor Threat
・Mouthpiece
・Turning Point


一気に土地が広がったけどオリジナルでパイオニア的なバンドもいっぱい!
Maydayは恥ずかしながら知りませんでした、このバンドやっべー!!グッズとかもう手に入らないだろうな……

Mayday – Virginia Beach/Hampton Hardcore





ColDAsLife

デトロイトやクリーブランドなどの極悪地域


・Cold As Life
・Face Value
・INTEGRITY
・Negative Approach
・One Life Crew
・Pitbull
・Ringworm

デトロイトやクリーブランドハードコアって聞くだけで恐ろしいイメージですww

RINGWORM – “Snake Church” (Official Music Video)






テキサスハードコア

テ~~キサス!


・BItter End
・Iron Age
・Will To Live

Will to Live – “Old Habits Die Hard” Filled with Hate





シアトルハードコア

シアトル


・Brotherhood
・Champion

brotherhood – the deal






その他アメリカとCBKはカナダ


・ComebackKid
・INSIGHT
・The Killer
・Clenched Fish
・Foundation
・Kids Like Us
・Strech Arm Strong
・Day Of Suffering
・Next Step Up
・Turmoil
・Cold World
・All Out War
・Stigmata
・Zero Tolerance
・Earth Crisis
・Cruel Hand
・No Warning
・A Death For Every Sin

Strech Arm Strong大好きだったな~!復活してくれないかな!

Stretch Arm Strong – Worst Case Scenario





UKHC

UK


・DIscharge
・Knuckle Dust

UK、少なっ!!!

KNUCKLEDUST – HUMANITY’S NIGHTMARE






EUHC

ヨーロッパ


・Back Fire
・No Turning Back
・Born From Pain
・Dead Stop
・Charley’s War
・True Blue
・Kickback
・Last Hope
・Raw Power

BACKFIRE! – WHERE WE BELONG






メキシコ!!


・Massacre68
・ULTIMA VICTIMA
・tiopia aclitud
・なんて読むの?

Ultima Victima – Maldito Traidor (ft. Martijn from No Turning Back)






Billy the kid

コスタリカ


・Billy The Kid

Billy The Kid – Gran Jaguar






ブラジルハードコア

ブラジ~ル


・Point Of No Return
・Confronto
・Clearview

CLEARVIEW – CONSTANT DENIAL






JPHC

我が日本+韓国


・Doggy Hoods
・SAND
・Loyal To The Grave
・Fc Five
・The Geeks

DOGGY HOOD$ ”Bitch and Money” feat PRINCE JO$E of BLASPHEMY BOYZ official music video






Feel The Burn

マレーシア+インドネシア


・Second Combat
・Saber Tooth
・Feel The Burn
・Rightning Wrong
・Overthrown

Overthrown – Unbroken






o-sutorariaha-dokoa


・Miles Away
・No Apologies
・Toe To Toe
・Mind Snare

TOE TO TOE – HOPE & SORROW






ニュージーランドハードコア

ニュージーランド


・Evil Priest
・Antagonist

evil priest at hamtown smakdown 2003






どうでしたか?自然に自分はどこの地域のバンドが好きなのか?どの国のバンドが好きなのか?自分の好みの地域やサウンドも、ウッスラとわかるハードコアの教科書的なMVだね!っていいてももっと有名なバンドや活躍しているハードコアは登場していない、このMVの本当の意味は明日またじっくり語っていくね!

バレンタインではチョコはノーゲッツだったけど南米のヤバイバンドもしれたし最高な2/14になったぜ!

TERRORいつもありがとう!

河内野

「廃盤になったアイテムをもう一度復活してくれ!」そんなこと言っても無駄

梅雨対策のために全てのTシャツを取り出してすべてのシャツをたたみ直す!

昔よく着たシャツや、思い出とともに大切にたたみ直した、

しか~し!ない、ない、な~~い!

見つからないんだよね!この大事なシャツが!!

全ての収納スペースを調べたが見つからない、どこか知りません?マジでショックだわ、
その他にもあるはずのシャツが数枚ないんだよね、神隠し以外に考えられない!!!!

どこに行った俺のSick Of it Allシャツ!!!!見つからないから昔発売されていた
画像いっぱい見ていたんだけど懐かしさとともに

ほぼ廃盤になってるじゃん!と気づく、当たり前か….

「廃盤になったアイテムをもう一度復活してくれ!」そんなこと言っても無駄、
もう一生手に入らなくなる、アングラなバンドマーチの宿命でもあるよね。

昔からポジをチェックしている方には懐かしい画像でしょ?

個人的に名盤だと感じたSick Of it All、Madball、Agnostic Frontアイテムを見てみよう!

やばいっしょ!!○○周年なレアなアイテムは確実に手に入れているんだけど
手に入れられなかったアイテムも多数ある。

数年前には手に入ったアイテムの9.9割が廃盤、上記はごく一部、何十年と活動してきたバンドなら数百枚!

下手したら1000ほどのデザインのアイテムが廃盤になっているんだろうなと思うと、いま発売されている
アイテムでもビビッときたアイテムは今すぐ手に入れておかないとダメってことだね!

当然いまイベント中のアイテムも半年後、
いや、数ヵ月後にはもう手に入らない、その可能性は大だ。

特にアニーバーサリーな○○周年シャツはすぐに手に入れておこう!

NYHC

昔の画像をあさってたらNYHCアイテム着用の画像もいっぱい出てきた、
NYHCアイテム着用でいろいろなことをしたなと感じながらも

既に手に入らない「レアなアイテムも結構あるな!」と、

手に入れたアイテムたちとはいっぱいの思い出がを紹介していこう。

Madballのパーカーでライブ会場に物販に行ったり
king002

Sick Of It Allのキャップをかぶって絶景を見にいったな~


Agnostic Frontのコーチジャケットで初詣にもいった。
hatu006


Madballのシャツ着て日陰記念館にもいった。



Sick Of It Allのマフラーで極寒の冬を耐えた。



Madballのパーカーで早朝のお散歩したり



Madballのシャツ着て山に登ったり海行ったり。



Madballのパーカーで焼き芋したり

この夏もSick Of it All、Madball、Agnostic Frontアイテム週に一回は着用する予定!

もちろんこないだアップした新作とともに!

最近ではコーデブログしていないからまたいろんな場所に遊びに行って撮影してくるね!

今回のイベントはお申込み期限は5月28日(土曜日)夜9時まで!!

ポジでも人気のレジェンドなバンドたち、結構注目されているからこの機会にイベントにしちゃおう!

ちょうどさ、 Sick Of It All 30周年を迎えたしさ、その記念に

Sick Of It All のバンダナをプレゼントしちゃう!

入手方法は簡単NYHCページに表示されているアイテムのグッズどれかと、
その他なんでも好きなアイテムを合わせて10,000円以上のご注文で、
もれなくSick Of It All のバンダナ
(1980円相当)をプレゼント!(お一人様一セット)

今すぐ【Agnostic Front】【Sick Of It All】【Madball】の新作アイテムをチェックしてみよう!

お申込み期限は5月28日(土曜日)夜9時まで

【Agnostic Front】【Sick Of It All】【Madball】の新作に限らず旧作のアイテムたちも
いつ廃盤になってもおかしくないアイテムばかりだからこのお得な機会にゲットしておこう!

NYHC

何かと役立つバンダナ、しかもNYHCのレジェンドSick Of It Allバンダナをゲットだ!

お申込み期限は5月28日(土曜日)夜9時まで

5月28日(土曜日)夜9時を過ぎたらいっせいにメーカーに発注するね!

では

河内野

追伸:
探しに探しまくったSick Of It Allのシャツどこいった!!

いつごろ着用したのか?

着用してどこいにいったか?

悩みに悩み記憶をたどっていった結果

もしや……….

ふと頭に浮かんだ友人、ライブに行くときに貸してあげた記憶があるぞ!!

すぐに電話!

友人「あるよ!」

はい!ドンピシャ!友人が持ってました。

てか結構、着ていたようです!

「あるよ!」じゃね~よ!

そういうのを借りッパチって言うんだよ!

まだ見つからないシャツがある、どこいった僕のシャツ?

【バンドマンへの提案】練習も大事だけど、ステージ衣装はもっと大事な理由

uchiage001

地元のライブの打ち上げに参加したんだけど、若手のバンドが言ったことに、先輩バンドがモノ申していたんだよね。

先輩バンドマン

おつかれ!今日のライブよかったじゃん!

若手バンドマン

ありがとうございます。

ライブでの音の出し方、MCのやり方など、詳しくディスカッションされていた。僕もその中に入り、会話に参加していたんだけど、話はステージングや衣装についての話になったわけ。

若手バンドマン

先輩達ってライブの衣装ってこだわってます?やっぱり見られる立場だから結構考えるんですよね・・・

先輩バンドマン

はぁ~気にしね~~し、俺は音楽で勝負してるから!

若手バンドマン

そうですか……

先輩バンドマン

ステージで着る服なんかを考えている暇あったらもっと練習しろ!

若手バンドマン

はぃ……

異様な空気が流れていた。その場は頭をかくしかなかった。

428061.TIF

正直に言うと、「先輩よ、それ間違ってない?」そう思ったんだ。

先輩バンドは結構ベテランのバンド、後輩バンドは結成して間もなく、ライブもまだ10回程度のバンドだったわけ。

両方ともに激しいパンクバンド、先輩バンドのステージを見て思ったのは音はかっこいいし、MCでもよいことを言っているが、新鮮味がない。

地元では毎回同じ曲で、MCも似たようなこと、そして正直ダサイ。ダサイと言うか、衣装なんかは全く気にしていない感じ、というか汚い。ダサくてもバンドの空気感があって、サウンドとマッチしていればいいけどそれも感じない。

若手のバンドはオシャレしてきた!って感じだけど、バンドのカラーを感じれるしサウンドは若手って言うだけでフレッシュで勢いがある。先輩バンドのようにダラダラした感じはない。

視覚と聴覚両方でかっこいいと思えたのは若手のバンド、サウンドの好みとかではないよ。

「ステージで着る服なんかを考えている暇あったら、もっと練習しろ!」

この言葉は僕の心には届かなかった。俺は正直言って、先輩バンドマンが言ったことは間違っていると思う。

練習が足りず、悲惨な演奏をしたバンドならその意見も飲み込めるんだけど、素人目に見ても、後輩バンドはかっこいいバンドだと思ったし、演奏もしっかりしていた。

音楽勝負ってのもすごいわかるけど、それプラス見た目、視覚で楽しむことってすごく大事なことじゃないのか。

ヤバいくらいの音楽に、見た目もイケてたら相乗効果で、もっとかっこよく見えるわけじゃない?だったらステージの衣装もたいせつだろう!

バンド側ではなく、お客さんとして、そしてバンドグッズのショップ側として言わしてもらうからね。

バンドの衣装とはそのバンドの見た目である!

考えてほしい。ライブやPVは視覚だよね。SNSなどでは写真を残すわけだよね。ファンなら見るよね?これだけでも衣装って大切でしょ?

バンドグッズを販売して感じているのは、バンドはブランドでもあるってこと。メンバーの姿は、ブランドの顔と言うこと。

やはりオシャレなバンドは人気が出るのが事実。サウンドがイケていて、ファッションもイケているバンドと、サウンドはイケているけどダサイバンド、君ならどっちを好きになる?当然前者だよね。

Your demiseなんかとくに、見た目にも最高に気を使って、着実に人気を徹底させたバンドである。PVであろうが、ライブであろうが、イケている衣装で登場し、ファッション・アイコンとまで言われるようになった。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

Your demiseのThese Lightsのビデをはファッションの教科書みたいだよね。

バンドのカラーがイメージできるのも衣装のおかげだ。たとえば、バンドグッズを毎回愛用しているバンドなんかは、どんなバンドが好きでルーツにあるのかもわかるよね。ジャンルやどのようなシーンにいるかもわかる。ジャンルレスのライブなんかだと特にね!

例えば、オシャレバンド、HundredthはShelterのシャツ着ている。「え、Shelter好きなの?」と意外なことでバンドがさらに好きになることもある。レイキャポが好きなら反応してしまうよね。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

地方だと、僕たちが好む激音のバンドは結構少なく、ジャンルレスなイベントになってしまうことも多々ある。そんな時には、特に注意が必要だ。

オシャレでいろ、派手でいろ!ってわけじゃないよ。そのバンドのこだわりや、カラーを大事にしてほしいんだ。バンドマンは「見た目」もブランドの一つであると意識して欲しいんだ。

衣装にも気を使い、サウンドと見た目が合致した特の破壊力はすごいものになるのだ。

先輩よ、バンド練習も大事だよ。けどね、衣装にもバンドのセンスを求めているという意見が多いことを分かってほしい。

さて次回は、実際にどんなアイテムがステージ衣装に向いているのか、売る側の立場から、俺がいろいろ提案することにしよう。楽しみにしていてくれ。

河内野