【17年度】「関野さん」が選んだ2017年度「最強な10枚!」【No.13】

BLG18-1-7001


さて今回も「俺の10枚」行ってみましょうか!

今回は関野さんが激選してくれた10枚、超重量級なヘヴィーなアルバムが多く登場!

重量級正月祭りのスタートだ!




BLG161201052-0

BLG161201060

1枚目:CURRENTS – アルバム:「 THE PLACE I FEEL SAFEST
CURRENTS





2枚目:WHILE SHE SLEEPS– アルバム:「 YOU ARE WE

WHILE SHE SLEEPS





3枚目:SWORN IN – アルバム:「 ALL SMILES
スウォーンイン





4枚目:WAGE WAR – アルバム:「 DEADWEIGHT

ウェイジ・ウォー





5枚目:SPITE– アルバム:「 NOTHING IS BEAUTIFUL
スパイト





6枚目:EMMURE– アルバム:「 LOOK AT YOURSELF
アンミュレ・エミュア





7枚目:GET THE SHOT– アルバム:「 INFINITE PUNISHMENT
ゲット・ザ・ショット





8枚目:NASTY – アルバム:「 RELIGION
ナスティー





9枚目:FIT FOR AN AUTOPSY– アルバム:「 THE GREAT COLLAPSE
フィット・フォー・アン・オートプシー





10枚目:THY ART IS MURDER– アルバム:「 DEAR DESOLATION

ズイー・アート・イズ・マーダー





BLG161201052

関野さんが選んだ2017年の最強の1枚
THY ART IS MURDER の 『DEAR DESOLATION』でした!

THY ART IS MURDER





BLG161201053

関野さんが選んだ2017年の最強の名曲
SPITEKILL OR BE KILLEDでした!





BLG161201054

GET THE SHOT / BLACKENED SUN





BLG161201055

CURRENTS/ THE PLACE I FEEL SAFEST

CURRENTS/ THE PLACE I FEEL SAFEST





BLG161201057

WHITECHAPEL / Webby Blade Tシャツ

ホワイトチャペル





BLG161201059

映画『IT “それ”が見えたら、終わり。』 

とある田舎町で児童が行方不明になる事件が相次ぐ中、おとなしい少年ビルの弟が大雨の日に出掛け、大量の血痕を残して姿をくらます。自分を責めるビルの前に突如現れた“それ”を目撃して以来、彼は神出鬼没、変幻自在の“それ”の恐怖に襲われる。彼と同じく“それ”に遭遇した人々とビルは手を組み、“それ”に立ち向かうが……。





叙情感を感じさせるメタルコアサウンドで人気のCURRENTS、関野さんジャケットアート部門でもNo.1の作品で始まり、UK産モダンメタルコアWHILE SHE SLEEPS、いち早くニューメタルの要素を取り入れた暗黒メタルコア、Sworn In今作も病的に暗黒に仕上がっていましたね!次はメロディアスなメタルコアでマーチも人気だった記憶があるWage War、プロデュースはA Day to RememberのボーカリストJeremyってのも話題になったよね、SPITE重量級ダウンテンポデスコア、極悪すぎる段階的ブレイクダウン、ビートダウン、とびぬけて暗黒な作品でした!そしてEMMURE、Frank 以外のメンバーが交代で若干の心配はあったけど良い意味で変わらない、ニューメタルの要素をいち早く取り入れたバンドだけあってサウンドの説得力はずば抜けていました!90’sなメタリックハードコアにはたまらないGET THE SHOT、そして来日の記憶も新しいユーロビートダウンハードコア代表、Nasty、相変わらずハイセンスな落とし方極悪なへヴィーサウンド、僕も世話になった一枚でした!極悪でテクニカル、SHATTERED REALMのメンバーが入りってことで大好きになったバンド、今作もぶれずの超邪悪で極悪なデスコア、ニュージャージーを感じさせてくれるあたりもグッド!THY ART IS MURDERとともに来日、とんでもない2組!

そして関野さんNo.1アルバムがTHY ART IS MURDERDEAR DESOLATION、オーストラリアのチャートではなんとトップ10入りする人気バンド、4枚目ということですブレずにさらに強力な重戦車級ブラスト、たまらん!個人的には現時点での最強デスコアです!

映画『IT “それ”が見えたら、終わり。』これはDVD待ちです、予告編でチビってまいそうですww



関野さん、最強な「俺の10枚」ありがとう!



では次回もお楽しみに!

「俺の10枚」まとめてみたい方はこちらをクリック!

【17年度】「トトさん」が選んだ2017年度「最強な10枚!」【No.7】

トトさん

2017年も残すところ4日をきったぜ!


今一番楽しみな音源はAmerican Nightmare(Give Up The Ghost)、バンド名はAmerican Nightmareに戻っているが問題はないのだろうか?にしてもまさかもう一度American Nightmareの新曲が聴けるとは!!聴きもしてないのに来年の「俺の10枚」にランクインの予感ww


今年の「俺の10枚」も続々と届いてんだけど、いかんせんアップするのに時間がかかるもんで、あなたの投稿もしっかりアップするから待っててね!!


今回はの「俺の10枚」「喜怒音楽 -きど”おと”らく-」ブログでおなじみ、スタイリングブログなどにも参加してくださったトトさんの10枚!!うちのブログなんか鼻クソって感じるくらいの濃い記事を量産しているトトさんの10枚!!楽しみである!!!


BLG161201052-0

BLG161201060

バックワード

Stay Sick Recordings所属テキサス産、ニューメタルバンド、BackWordz アルバム『Veracity』、ニューメタリバイバルのバンドの中でも群を抜いて質の高いバンドではないでしょうか、黒人が持つグルーブ感リズム感はやはり独特で気持ち良すぎる、ニューメタルコアではなくピュアなニューメタルという印象、Fronz がfeatしたSelf Ownershipは今年よく聴いた一曲、クリアのメロディーは口ずさめるほどキャッチー、次回作で、爆発しとんでもない存在になるかもね








コールドブラック
デンマークはコペンハーゲン産Artery Recordings所属のポストハードコアバンドCold Blackアルバムタイトルは『Circles』シンセにストリングス、壮大でドラマチック、今日はこちら雪景色、そんな景色を見ながら『Circles』を聴くと雪空に吸い込まれそうな錯覚に、聴きやすくクセのない、どこにいくにも手に届くところに置いていきたい!そう思わせてくれるアルバム!









フォーザウィン来日

カリフォルニアはサンディエゴ産Victory Records所属のポップパンクバンドFor The Win アルバムは『Heavy Thoughts』4月頃に発売、そして来年は来日公演も決定している、ポップパンクでありイージーコアなサウンド、随所にはハードコアも感じれる、なかなか珍しいタイプのバンド、ハードコア好きからポップパンク好きまでアピールできる作品、日程的にはNeck Deepの来日と被っているのが….交互に大阪⇒東京だからダイジョブそうだね!








イフ・アイ・ワー・ユー

アメリカはNY産のポスト・ハードコア、If I Were You、アルバム『Life After Death』相変わらずの完成度、シャウト、クリーン、スクリームのバランスが神ってますよね!個人的には4曲目のPull Me Underが一番好き!








ネックディープ
ポップパンクの代名詞といっても過言ではないくらいに人気超爆発したNeck Deep、3枚目『The Peace And The Panic』アルバムチャート全米2位&全英4位だもんね、ポップパンクの歴史上語り継がれる名作かと!








アワー・ホロウ・ アワー・ホーム

UK産メタルコアバンドOur Hollow, Our Home!!リリース日にはイギリスのiTunesロックチャートでいきなり一位を獲得した『Hartsick』!!強烈なシャウト、一転してエモーショナルな歌メロと1曲の中でヘヴィなメタルコアとポストハードコアをうまくバンスよく融合しているあたりがやべぇっす!









ローム・ポップパンク

UK産Hopeless Records所属ポップパンクバンドRoam アルバムジャケットが印象的な『Great Heights & Nosedives』は相変わらずのグッドメロディー、夏から秋に代わる時期にぴったりはまるような切なさも兼ね備えシンガロングしたくなるパートが多いのもイイネ!








シー・マスト・バーン

注目の新星!! UKはロンドン産のブラックメタルやメタルコアの要素も取り入れたデスコアバンドShe Must Burnのアルバム『Grimoire』シンフォニックで、ハイピッチのスクリームからの女性クリーンのコントラストが素晴らしく僕も虜にした一枚!








サイアミーズ
トトさんのブログで知ったバンド、デンマークはコペンハーゲン出身のハードロック・バンドSiameseのセクシーなお尻ジャケット『Shameless』ソウルフルに歌い上げヴァイオリンが織り成す旋律がアクセントになっている、オルタナロックになるのかな?じっくりアルバム通して聴いて見る!!








Blog17-12-27016
SharpTone Recordsへ移籍し発売されたWe Came As Romansの5枚目のアルバム「cold like war」美しく壮大でスケール感もアップした印象、個人的には彼らの最高傑作ではないかと!!!








BLG161201052

トトさんが選んだ2017年の最強の1枚
Neck Deep の 『The Peace And The Panic』でした!

Neck Deep








BLG161201053

トトさんが選んだ2017年の最強の名曲
Neck DeepDon’t Wait feat. Sam Carterでした!








BLG161201054

Roam “Playing Fiction”








BLG161201055

Seaway 『Vacation』

シーウェイ








BLG161201057

アイス・ナイン・キルズ








BLG161201059


音楽ってことで『SING』にしたいけど、
涙の量で『僕のワンダフル・ライフ』

少年に命を救われたゴールデンレトリバーが、転生を繰り返しながら自分の使命に気付く物語が描かれる。




トトさん最強の10枚はどうでしたか~、ついついレジェンドなバンドの音源をあさったりと現行のバンドをあまり掘り下げれていなかったのも事実、やはり現行のバンドもかっこいい!Our Hollow, Our Home、If I Were You、Cold Blackと今日も新しい音源、バンドを知ることができた、マジ最高です!トトさんが17年の最強の一枚にえらんだNeck Deep の 『The Peace And The Panic』はマジでポップパンクの歴史上、最重要な作品になるでしょうね、まじ名作です!

トトさんは自身のブログ「喜怒音楽 -きど”おと”らく-」2017 Best Album – Top 10 国内編って記事もアップされているからよかったらチェックしてみ!楽しいよ!トトさんの「俺の10枚」に登場したアルバムたちは詳しくレヴューされているからね下のリンクをクリックしてチェックしてみ!

Blog17-12-27020

トトさん、最強な「俺の10枚」ありがとう!





引き続き2017年度「俺の10枚」アンケート募集中です!

「Sylar」の世界限定150枚のアウターを装着し「福知山城」に忍び込んできた

Sylar サイラー

届いたぜ、例のアウターが!!!!

ということで「Sylar」の世界限定150枚のアウターを装着し「福知山城」に忍び込んできた!!

城のふもとに到着、昇竜拳ではなくアーチ状の昇竜橋を渡る!

サイラー


福知山城(ふくちやまじょう)は、京都府福知山市字内記内記一丁目周辺にある日本の城(平山城)跡。江戸時代には福知山藩の居城であった。2017年続日本100名城(158番)に選定された

Wiki参照

シラー

回転扉風の前で忍んでみた。

Sylar ウィンドブレーカー

ベンチに腰掛け城を下から見上げる…

サイラーウィンドブレーカー

5年間に来たときはThe FacelessのTシャツだったな~…

The Faceless

城へ向かう坂道を上り~の

シラー ウィンドブレーカー

にしてもSylarジャケットやばいっす、かっこいいっしょ?

Sylar ジャケット

お城も見えてきたぜ~!


天正7(1579)年、丹波を平定した明智光秀が築城した福知山城は、明治のはじめに取り壊され石垣と銅門番所だけが残っていました。昭和61年、市民の瓦1枚運動などの熱意によって三層四階の天守閣が復元されました。

福知山市の観光ページ参照

FUKUCHIYAMA

福知山城といえば明智 光秀、彼といえば戦国武将、名前はよく聞くよね?本能寺の変だよね!

Sylar マーチ

結構迫力があるお城、天守の高さは20.2 mである。

福知山城

福知山城に関しての詳しい説明を読みながら建てられた経緯などを妄想中。

Sylar ナイロンジャケット

ここにきて数10枚の外観の写真を撮るもすべてブレブレ、これは光秀の呪いかもしれない!

福知山城

カメラ設定を変えると元通り、ベンチに腰掛け休憩、フロント胸のSylarロゴは刺繍で仕上げられている。

Sylar アウター

では城内に潜入だ!!!!

Sylar バンドTシャツ

お気づきだろうか?
福知山 お城

あきらめきれない!!白の入り口で内部をのぞいているところ、受付のお姉さんに

「まだ大丈夫ですよ~!」

とのお言葉、やさしさに触れた僕は受付のお姉さんがお姫殿にみえてしまった、そのあとそのお姫殿が言った

「お二人様ですか?」

悲しいかな「ボッチです…..」

そして入場料320円を支払い城内に、展示物の撮影は禁止とのこと、

「畳のお部屋は入っていただき写真撮っていただいて大丈夫ですよ!」

福知山城、城内

とのことで速攻、畳のお部屋に潜入!

思わず正座をしてしまうほどきれいな和なお部屋だった。

Sylar パーカー

5年前もここで一枚撮影していた。障子の外側での撮影である。

フェイスレス Tシャツ

部屋に置かれていたカブトは自由にかぶっていいとのことで、またブレブレww

Sylar キャップ

城内部には時代背景関係なしのレトロフューチャーな案内板、ここで操作し城がロボットに変形!なんて妄想をしつつ….

SYlar ロングスリーブ

城を守るソルジャーを発見、思わず忍んでみた。(小学校の時の夢は忍者になることだった….)

Sylar 限定

鬼や侍が入り乱れ戦っている浮世絵になるのか?大きな絵があまりもカッコよかった!

シラー 限定ジャケット

お城内部から見る福知山市街は夕日に照らされ絶景だった。

福知山

天守閣は10畳ぐらいの広さ、階段を除けば5畳くらいかな、寝るくらいなら十分なスペースだ!

シラー限定

閉館のアナウンスが流れ足早に城から退場、


「5時からお城のライトアップあるんで見て帰ってください。」

とのことで夕日が沈むのを待つ間、城から銃を撃つ鉄砲狭間で一枚!完全に不審者である!

FUKU171222026

城の敷地内部にある神々しい場所で一枚!

Sylar コーチジャケット

ライトアップまであと30分、まだ空は明るい…..

Sylar ジャケット

暗くなる前に着用のヤッベーアウターを紹介しよう!2トーン、レッド+ブラックのカラーリング、配色のバランスがまず素晴らしい!

Sylar

サイズは「」を装着、袖に入った3連の刺繍ワッペンも気に入っている部分。アームホール(腕回り)は細目のため、着用すると美しいシルエットを生みだしている。

Sylar 袖ワッペン

身幅と丈はパーカーなどに比べると長め、ヒモも長めww

Sylar パーカージャケット

レッド部分にはおなじみのアイコン、ブラック部分にはバンドロゴ、薄いナイロンジャケットとは違い裏生地も使われているのとジャージにも使われているリブもあって結構暖かい、この日の気温は5度、問題なく過ごせた。

Sylar レッド・ジャケット

細部はこんな感じ

Sylar

FUKU171222044

Sylar

完全にSYlarというファッションブランド、こだわりがすごい!見た目のかっこよさ、シルエット、生地、着用したときのスタイル、ぱーげくとである。

そうそう、極少入荷してるから、ヤッベーバンドアウター探しているそこのあなたはチェックしてみてくれ!


世界限定150枚の激レアSylarジャケット、ウィンドブレーカーはこちらをクリック

ようやく空は暗くなりライトアップも開始された!!城をバックにSylarジャケットを見るとアイコンが「和」に見えてきた!!

Sylar

自分もライトアップされてみた。

FUKU171222037

FUKU171222038

Sylar

サイラー

サイラー

十分にライトアップも楽しんだんで帰りま~す!


昇竜橋から見上げる福知山城、良きかな!

FUKU171222042

では!

Sylar ジャケット限定

次回はどこに行こうかな?

河内野


撮影場所

撮影で着用したアイテムについて

第60回グラミー賞にノミネートされたメタルコア代表バンドそれが「オーガスト・バーンズ・レッド」だ!

グラミー2017

第60回グラミー賞のノミネートが発表されたぜ~!

84ととんでもない数の部門があるわけで、ほとんどの部門は興味がないわけで….ロックメタル部門のみしっかりチェックしてみよう!


■最優秀ロック・パフォーマンス■

・レナード・コーエン「You Want It Darker」
・クリス・コーネル「The Promise」
・フー・ファイターズ「Run」
・カレオ「No Good」
・ナッシング・モア「Go To War」

クリス・コーネルは本当に残念だったね、リンキンパークのチェスターもとても残念だったけど、思い入れの強いSoundGarden、グランジの中でも一番好きだったバンド、クリス・コーネルがソロで出したEuphoria Morning、その3曲目に収録のPreaching The End Of The Worldは僕の人生の中でも重要な曲。

最優秀ロック・パフォーマンスに僕たちが好むバンドやアーティストはいないようだ。



■最優秀ロック・ソング■

・メタリカ「Atlas, Rise!」
・K.フレイ「Blood In The Cut」
・ナッシング・モア「Go To War」
・フー・ファイターズ「Run」
・アヴェンジド・セヴンフォールド「The Stage」

K.フレイナッシング・モアは恥ずかしながら知らなかったんだけどナッシング・モア結構好きかも!アヴェンジド・セヴンフォールドはWaking The Fallen以降はしっかり聴いてないから友人に借りようw



■最優秀ロック・アルバム■

・マストドン「Emperor Of Sand」
・メタリカ「Hardwired…To Self-Destruct」
・ナッシング・モア「The Stories We Tell Ourselves」
・クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジ「Villain」
・ザ・ウォー・オン・ドラッグス「A Deeper Understanding」

マストドンはレミッションに収録のMarch of the Fire Antsがやはり個人的にはNo.1、ブルータリティがなくなった今はあまり聴いていないからこれまた友人に借りてみようww



■最優秀メタル・パフォーマンス■

・オーガスト・バーンズ・レッド「Invisible Enemy」
・ボディ・カウント「Black Hoodie」
・コード・オレンジ「Forever」
・マストドン「Sultan’s Curse」
・メシュガー「Clockworks」

オーガスト・バーンズ・レッドボディ・カウントコード・オレンジそしてメシュガー、このノミネートは興奮したね!

ラップメタルキングBody Countは意外だったね、ニューメタルやミクスチャーとは違う本物感がずば抜けてるもんね!歌詞もポリティカルだし、うれしいぜ!!!

そしてコード・オレンジバンド名にKidsが入っているころから注目してきたダーケストハードコアキング、アンダーグラウンド感バリバリなのにデスウィッシュから今ではロードランナーだもんね、すげえっす!FOREVERでもプロデュースはコンヴァージのカートってところがいいよね!

そしてオーガスト・バーンズ・レッド!!説明不要メタルコア代表といっても過言ではない!クリーンボーカルは使わず、攻撃的かつメロディアスなギターにユニークな展開、聴くたびに新しい発見があるし、何度聞いていても飽きない、今回こそ受賞してほしいね!

確実に今年の10枚に入る作品、12月の半ばから

あなたが選ぶ今年の10枚

アンケートも開始するからぜひ参加してね!

第60回グラミー賞授賞式は来年の1月の終わり、最優秀メタル・パフォーマンスの結果のみ楽しみであるww


ポジが開催するバンドマーチ.グラミー賞ってのもやってみたいね!100部門は軽く考えれそうだww

・Tシャツ部門
・パーカー部門
・トレーナー部門
・キャップ部門
・最強アウター部門
・ロックブランド部門
・シンプルデザイン部門
・アートデザイン部門
・グロデザイン部門
・サタニック部門
・ピュアメタルデザイン
・メッセージ部門
・ライブフォト部門
・アートフォト部門
・袖デザイン部門

いつか開催されることを想定し今回は最強アウター部門、河内野の独断と偏見で数点、選んでみたぜ!

しっかりこの手で触り生で見た作品の中から5点選んでみた!

■バンドマーチ最強アウター部門■

The Plot In You /ザ・パイロット・イン・ユー - Praying Hands コーチジャケット(ブラック)

・The Plot In You /ザ・パイロット・イン・ユー – Praying Hands コーチジャケット

来年の2月にアルバム「Dispose」発売のThe Plot In You /ザ・パイロット・イン・ユー、ハイセンスなバンドマーチをドロップし続けるバンドだけあって最高なデザインは当たり前、一見ハイセンスな定番のコーチジャケットと思いきやレザーのような風合いでかなりの肉厚の生地で作成された完全無二なコーチジャケット、届いて生で見たときは感動したよ!この記事が広まって多くのバンドから発売されればいいんだが今のところPlot In Youのみの販売だーね!限定ボディー、しかもSとLサイズのみしか残っていないからお早めに!





TERROR/テラー - KOTF All Weather フード・ジャケット

・TERROR/テラー – KOTF All Weather フード・ジャケット
先日入荷したハードコアの代名詞TERRORの限定ジャケット、まずテラーとグリーンっていう珍しい配色にやられたぜ!ボディーはFit For A KingのマルーンボディーのDeathgripジャケットで火が付いた雨や風を防ぐレインジャケット、ボタンアップでタフなつくり、KOTF(信念の守護者)ロゴがグリーンボディーのカジュアルにストリートなジャケットに落とし込んだ傑作、当然完全限定アイテム、もう一生手に入りません、いまだにリクエストはいただきますが無理なんです!!

取り扱うバンドマーチでは初となるこのボディーを使用した迷彩柄のアイテムが登場したぜ!しかもThe Dillinger Escape Plan気になる方はチェックしといてね!





Converge / コンヴァージ - The Dusk Is Us ジップ+ボタン・コーチジャケット

・Converge / コンヴァージ – The Dusk Is Us ジップ+ボタン・コーチジャケット

先日のイベントもおなじみ、こちらもようやく入荷したConvergeアイテム、コーチジャケットよりもタフな生地を使用しフロントはジップとボタンの2重構造、そこにCONVERGE縦ロゴとハイセンスなデザイン、デザインとボディーと相まってバンドマーチにないシルエットも生み出す、また裏地はTシャツと同じコットンが使用されてかなり暖かい!やはりコンヴァージロゴの存在感はさすがだね!





Stick To Your Guns /スティック トゥ ユアー ガンズ - Snow Camo プルオーバーパーカー

・Stick To Your Guns /スティック トゥ ユアー ガンズ – Snow Camo プルオーバーパーカー

幅広いジャンルから愛されているメロディック・ハードコアバンドStick To Your Gunsの限定アイテムなっだけど、生で見たときの衝撃は今年一かもしれない!迷彩といえば定番のグリーンなど、しかし取り扱うバンドマーチでは初となるスノーカモ、ストリートでも話題になったスノーカモ、そこに真っ赤だけどそこまで主張しないバンド名などの落とし方がハイセンスすぎる、I’m Still Here(俺はここにいるぜ!)というハードコアなメッセージ性にもやられた一枚である!





Stay Sick Clothing/ステイ・シック - Sick Sport ウィンドブレーカー

・Stay Sick Clothing/ステイ・シック – Sick Sport ウィンドブレーカー

先日のコーデブログでもおなじみ、Stay SIck Clothingのプルオーバータイプのナイロンジャケット、発売は結構前なんだけどさなんせメーカーでは人気すぎてXLサイズを仕入れることができなかった、ぼくはLサイズを手に入れたんだけど、丈長めのシルエットとカンガルーポケット、プリントの配置が最高に気に入っている、スポーティーな11のナンバリングも最高だしまったくとして非の打ちどころなしの最高なアイテム、fronzillaのようなカリスマが着用するからカッコよく見えるのは当たり前と思ってたけどさ、実際生で見て、手に取って、着用してみて、「これはやばい!」とリアルに感じた、あとはXLサイズが再販売されて入手するのみ!!!





そうそう、バンドのフロントマンが装着し人気のアイテムといえば、Sylarの限定アイテムあるじゃん?イエローは手に入らず、グレーも入手できず・・・・

限定250枚とか無理ゲーでしょ!!

そして先日新しいレッドカラーが登場したのは知ってる?これがまたしてもというか、さらに数が少なくなり

限定150枚で発売!

もっと作れよ!!!と思わず突っ込みたくなったが、SサイズMサイズLサイズは若干残っているようだ。

SYL16329047

確実に入手できるのかは怪しいところだけどさ24時間限定でサイトにアップするから一応手続きしておいてよ!

12月01日(金曜)夜9時で完全に締め切るからね!

いきなりでごめんね、とにかくチャレンジしてみます!!

このアイテムも確実にポジグラミー・アウター部門にノミネートされる最強アウター、神様どうか僕の手元に!!!!!

では!

河内野

「Stay SIck」ステイシックのSick Sportウィンドブレーカーを装着し「吊り橋」を渡ってきた!

ステイシック

つり橋効果とは?

不安や恐怖を強く感じている時に出会った人に対し、恋愛感情を持ちやすくなる効果のこと。

とは全く関係なく、Bridge Nine Records から発売されたBacktrackが最高だったことから…..「ブリッジ」⇒「橋」⇒「吊り橋」ってことで、今回はステイシックのプルオーバータイプのウィンドブレーカーに身を包み、京都は福知山市大江町にある新童子橋(つり橋)に行ってきた!

本日の気温は14℃と11月の終わりにしてはまだ暖かい、が、あいにくの雨、駐車場に車を止め、吊り橋への道を確認する。

ステイシック・アッティラ

かなりアバウトな地図、駐車場から続いている道をとにかく進む!

Staysick

道をふさぐ大きな岩、「道ないんですけど~!」

普通に間違えた!

Staysick Clothing

正しい道を発見、しっかり赤鬼が目印になっていた。
Stay Sick

つり橋よりも先に山を登ると鬼の博物館があり、4~5年前にはそこで撮影をしている、時がたつのは早い!その時はブラダリのシャツにグレイブテイカーのデニムジャケットを装着していた。

前回の鍾乳洞への道並みに心臓破りな坂を上り本格的な入口を見つけるもフェンスで入れないと思いきやしっかりフェンスに書いてある。

とびらをあけて通行してください

Stay Sick Clothing

フェンスにはひもが巻き付けられ、それをほどき、いざ突入!

ATTILA

「もののけ」が出そうな大自然の中道を進むと「鬼の爪跡」を発見、鬼ってデカイんだな……

ATTILA アッティラ

ここで足がつる…完全に運動不足である。ストレッチには最適な大きな岩である。

Stone Hardcore

岩といえば石のでかいヴァージョン、石といえばストーン、そうPure Noiseからの新譜が楽しみなStone発売は2月28日、まだまだのようでもうすぐ、楽しみなリリースである。

にしてもリリースラッシュだし、来日ラッシュ、僕たちにとって最高な日々が続いてるね!

数百メートル歩き見えてきた吊り橋

Pure Noise

けっこーすげ~~じゃん!

ちょっくら感動してますww

吊り橋

もっとチープで、イカニモ崩壊しそうな吊り橋を想像していたからだいぶ安心したww

ロープも極太の鉄ループだからね、無事に生きて帰れそうだ。

ステイシッククロージング

一応気合い入れました。橋の名前ではなく川の名前が刻まれているのは少し不思議である。

大江山吊り橋

「うん、しっかりしている」、滑りやすいコケ以外は問題なさそうだ。

インスタ映えない

入り口は鳥居になっている、こういったこだわり、素晴らしす!

大江山 観光

紅葉は今が最盛期、ビューティフォーな景色、おいしい空気、よきかな!

紅葉 バンドTシャツ

写ってはいないが板の隙間から下界がうっすら見える、それが恐怖を植え付ける。

Stay Sick

今日は実は感じないほど高いところが大好き、この橋はどれくらい揺れるのか検証してみた。

釣り橋 大江

揺れる揺れる、揺れる思いby ZARD….床板がうねるように揺れる、これはスリル満点である、クラスに一人はいたよね揺らす奴…..

冒頭でいった吊り橋効果って実際どうなの?ちょっと気になった…..実証する相手すらいない「黄昏る河内野」悲しい1枚である。

吊り橋効果

小雨が降っていたんだけど、このステイシックのウィンドブレーカー、しっかりと雨をハジいてくれています!

Stay Sick

無事生還

Sick Sport ウィンドブレーカー(ブラック)

まだ先がありそうだと進むと通行止め、先日の台風の影響だろう。にしても真っ赤な看板と大自然と僕、我ながら「良い感じだ!」

Bridge Nine

鋭角な下る道を発見。

川に沿って道が続く、てか岩すごくね?

TB171129024

湿った岩に生えたコケのおかげで足グネりました。

ステイシック

岩すごくね~?(2回目)

Stone Purenoise

マジで岩すごくね~!!(3回目)

大事ではないけど3回言っときました。

Sick Sports

先ほどわたってきた吊り橋を下から見た図である。

大江山 吊り橋

道は続く…………..

PURE NOISE RECORDS

岩すごく…….もうやめときます。

マジで大きな岩がゴロゴロ、大迫力、自然ゴイスーである。

StaySick Clothing 2017

吊り橋ではないけど味のある小さな橋もいっぱいあったぜ!

ステイシック

今回はブラックとホワイト2色のみ使ったシンプルなブラックコーデステイシックのSick Sport ウィンドブレーカーはLサイズを装着。

ステイシック

XXLサイズのロングスリーブと良いバランスの丈感、コーチジャケットなどと比べると丈は長めのジャケット、身長172cm体重が70kgある僕でジャストなイメージ、インナーにパーカーを装着する予定で入手したんだけどサイズ間違えたねww、XLサイズ改めて購入予定、今回のお散歩で装着したから割引きして即納に出すから、Lサイズでばっちりって方はよろしくね。

オーバーサイズで合わせたいならワンサイズ上をお勧めします。

Sick Sportというだけあってタフな作り、スポーツはもちろん、ライブから普段着のおしゃれアイテムとしてもばっちりのアイテム、お気に入りはSICKのプリントとカンガルーポッケだね!

ステイシック

大きな道も見えてきまして無事出発地点にたどり着けそうである。

ステイシック

最後は青鬼がお出迎えしてくれました。

青鬼「被ってんじゃねーよ!」

ステイシック

ステイシックのアウター保温性にも優れんだよね、暑くなって脱いじゃいましたとさ!おわり!

Cruel Hand

次回はどこに行こうかな!



撮影場所

撮影で着用したアイテムについて




11月もスタイリング写真募集中!!参加待ってるぜ!もちろん今までに一度投稿した方も再チャレンジして

クーポンゲットしちゃってください!

※スタイリング写真投稿者全員に500円クーポンプレゼント中!
 毎月1名に10,000円クーポンもプレゼント!

あなたからの投稿、楽しみに待ってるぜ!!!

投稿していただいた最高なスタイリング写真は一気にこちらのページから見れるからチェックしてね!投稿があり次第更新していきます!






あなたのバンドマーチスタイリング募集中!



あまり気にせず軽いノリ的なスタンスで参加していただいたら大丈夫ですよ!ただただ、仲間たちでバンドマーチ着用スタイルを共有したいんですよね!以前インスタにあげてた写真やWearの載っけた写真などでもいいし、少しくらいぼやけてても大丈夫っす!ww送っていただく内容も上半身だけだったらその他は空欄でいいしね。

去年撮った写真でも昔の写真でもOKです!


・上半身のみでもOK
・顔が映ってなくてもOK
・バンドマーチは1点装着していればOK
・POSI以外で購入したアイテムでもOK

だからガンガン送ってみてよ(^^♪

着用画像の送り先はinfo@positivedive.comにお願いします!

随時募集中!あなたからの投稿待ってるぜ!!

コピペして画像と一緒にメールで送ってね!(記入したくないとこは記入せずでともOKです!)



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■あなたのお名前:(ニックネームでも構いません)

■身長:cm 体重: kg(教えたくない方はなしでもOK!)

■ジャケットサイズ:

■アウターサイズ:(パーカーやトレーナーなど)

■インナーサイズ:(Tシャツ、LSなど)

■アクセサリ(バンド、ブランド)

■パンツのサイズやメーカー:

■スニーカーや靴などのメーカーやサイズ:

■一言(記入しなくてもOK)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



着用画像の送り先はinfo@positivedive.comにお願いします!