【Victory Records買収事件】Tシャツやパーカーやキャップ!マーチはどうなるの?もう消滅した?

Victory Records イベント

昨日アップしたVictory Records買収の記事は見てくれた?数件のメールをいただきました!ブログにコメントしてくれると助かるんですけど・・・


正直、全盛期は過ぎ去ってしまったレーベルのように感じられてもいるが前回のブログで紹介した音源などを見ると、とてつもないレーベルなんだと、ハードコアにしろ、この手のジャンルの分岐点となるバンドを多く輩出している、改めてそのすごさに気づいた人も多いはず、改めて思ったのはVictoryという響き、今更ですがネーミングも素晴らしいwww

では、今回は仲間からいただいたメールの1件を紹介しよう!



僕はやっぱりVictory Recordsといえばハードコアレーベルって印象が強いですね。


00年の半ばあたりからはあまり掘っていないんでいろんなジャンルのバンドがいたんですね、意外でしたw僕はHOONDSのTIME THE DESTROYERまでくらいですかね。


ブログ拝見したんですがVictoryの買収、初めて知りました、老舗のインデペンデントなレーベルが大手に買収されるのはとても切ないですね。僕もオムニバスは持っていますよ!


VRに所属してたバンドのアルバムが新しく出る場合はFearless Recordsからと拝見しましたが、あのブルドッグは消えてしまうんですか?そしてグッズも心配です!!



現在あるアイテムが売り切れれば廃盤なんてことはないですよね??とても気になります。





「ヤスさん」、メッセージありがとう!買収の記事見てくださいましたか、ありがとうございます!HOONDSの「TIME THE DESTROYER」最高ですね!ダイナマイトな危険なアートワークと同様にサウンドも超危険なモッシュサウンド!18年も前の作品ですが色あせないっす!!



いや~さみしいですよね、Victoryで働いてたスタッフはクビにはならず残って仕事ができるようですが、いまいち新譜はFearless Recordsからってのがよくわからんですよね、Fearless Recordsからっていうんだからあのブルドッグロゴは今後見れないかもしれないですね・・・

Victory Records


引き続き進展がありましたら直でメールしますwww


そうなんですよ~グッズにマーチですよね!?こればかりは全く分からないですよね、いろんなメーカーやレーベルとも取引してきましたが、そのレーベルマーチのすべてが突如、取引不可、というかサイトから抹消されることもまれにあったんでね、今手に入るアイテムは早めに手続きしておいたほうが良いかもしれませんね!

このメールをいただいたかなり怖くなってきたんだけど、恐る恐るマーチのリンクを開いてみた・・・現状は問題ないようだ、けど今までの経験上、急遽サイト閉鎖もあり得ないことではない、担当者のマイクにも連絡済だが今のところ返事はない、今日は土曜だもんね、日本時間の火曜日の午前中には返事があるとは思うんだが、なんかとてつもなく心配になってきた!!!!!!大丈夫だよね!?大丈夫だよね?

ということで急遽ではあるんだけVICTORYから入手できるマーチでイベント開催しちゃいます!



一番心配なのは、やはりVICTORYといえばブルドッグのロゴだよね、そのブルドッグを落とし込んだマーチ、このロゴは継続するのか?それとも消滅してしまうのか?消滅ならまず一番にこれらのマーチの販売が不可になるよね!


Victory Records



買い逃していない?僕は数種類所持していますがやはりレッドのバックのクラシックロゴはまだ未購入、急いで注文する予定、その他、バンドのマーチでもVICTORYロゴががっつり入っているアイテムがありますよね!このTERRORのアイテムとかね!

TERROR

こういったアイテムはもちろん、Victoryからドロップされたマーチたちも当然消えてしまう心配がある、今回のイベントアイテムとしては350アイテム有名どころでいうと、



・TERROR / テラー
・Counterparts / カウンターパーツ
・WARZONE / ウォーゾーン
・Blood Fro Blood / ブラッド・フォー・ブラッド
・EMMURE / エミュア・アンミュレ
・EARTH CRISIS / アースクライシス
・Comeback Kid / カムバックキッド
・Snapcase / スナップケース
・Path Of Resistance / パスオブレジスタンス
・Thursday / サーズデイ
・Cro-Mags / クロマグス
・All Out War / オールアウトウォー



ハードコア、その他ジャンルの歴史を刻んできたバンドばかり、やっぱVictoryすげーな、これらのバンドのマーチが手に入らなくなる可能性がるのです!その他もたくさんいます!いますぐに手続きをお勧めします!



当然イベントなんでね、豪華な特典を付けますよ。その特典は!!!!


ore10005VICTORY MERCH

ステッカーは消滅した時用に、使う一枚とストックする一枚と2枚、そして何かと使えるトートバッグ、僕はレジ袋として使ってますwww「お!Victory Recordsじゃん!」と気づかれたことは無いのですが、都心部にお住みのあなたは気づかれるかもよ!ということでステッカー二枚とトートバッグのセット2580円相当をプレゼントします!入手方法はしっかり上記の画像をチェックしてね!

心配性ってのもあるんだけど、いきなりの消滅もあり得るので
10月10日(木曜)夜8時
でいったん締め切ります!!



10月10日(木曜)夜8時以降も問題がなければグッズは引き続き販売しますが、いつ消滅するかわからないからね、このイベント終了後、はっきりとしたお知らせはできなくなると思っていてください!気づいたときには「もう消えてた」これはVictoryに限らずいえることだからね、何度も何度も言っていますがTERRORのスコットの名言を紹介!

「ほしいと思った瞬間に確保しておかないと永遠に後悔するのがバンドマーチだ!」

ANBN037



では、あなたからのお申込み楽しみにしています!




Victory




河内野





追伸:

VICTORY RECORDS 789枚目となる音源は先日7インチを発売したところのCro-Mags、またしても3曲入りの7インチ「From the Grave」を11月に販売する予定、はっきりアナウンスはされていないが、果たして本当にリリースされるのか?こちらも少し心配である!あとCro-magsのドラムがドリカムに居たっていう話も盛り上がっているのだが真相は?マッキー・ジェイソン?・・・・

ANBN038

今だからこそ改めて聴きたいVictory Recordsの名盤15~30!!

無くなってしまうかもしれないVictory Recordsの名盤15戦前半戦は見てくれたかな?まだの人は下記をクリックしてね!

2000年までにすでに15枚を超えてしまったんで今回は2000年以降のVictoryリリースの名盤を紹介していきやす!ハードコア色強かった90年代、00年以降はVictoryと大モメあのバンドも登場するぜ!では16枚目からスタート!





16.Shutdown – Few and Far Between

ニューヨークハードコアShutdownこちらはセカンドアルバム「Few and Far Between」アグノのロジャーがプロデュースでしたよね!ファストなオールドスクールハードコアサウンドからのいきなりのモッシュパートが特徴中でもMadballのフレディー参加のFew And Far Betweenは名曲ですよね!





17.Thursday – Full Collapse
Victoryに移籍し発売されたセカンド「Full Collapse」で大ブレイクしたThursdayといえばこの作品ですよね!エモーショナルなロックサウンドでありスクリーモ好きからも支持を受けた名盤、やはり彼らの代表曲といえばUnderstanding In A Car Crash、ドラマチックなメロディーから曲の展開、リリックに至るまで芸術の領域!!そして19年の12月には来日!





18.Boy Sets Fire – After The Eulogy
デラウェア産ニュースクール、ポストハードコア、エモコア、スクリーモとして90年代後半からカリスマ的存在だったBoy Sets Fireの「After The Eulogy」ニュースクールな曲から王道の美メロなロックな曲、ほんのりカオティックな曲までバラエティーに富んだ楽曲、その1曲1曲が名曲といっても過言ではないほど!





19.Student Rick – Soundtrack For A Generation

インディアナ産ポップパンクバンド、Student Rickのアルバム「Soundtrack For A Generation」極上のメロディーラインと美しいコーラスワーク、名曲揃いの一枚です!現行のポップパンクやエモ寄りのポップパンク好きは絶対に聴いておいたほうが良いですよ!





20.Blood For Blood – Outlaw Anthems
4枚目にして最高傑作だと!ボストンハードコアBlood For Blood の 「Outlaw Anthems」メタリックでタフガイなグルーヴなハードコアにOiやロッケンロール、ストリートパンクな要素を詰め込む、これぞボストンハードコアな危険なストリート感がぎっしりと詰め込まれたBlood For Bloodにしか出せない世界観、それが一番現れているのがこのアルバムかと!





21.Atreyu – Suicide Notes And Butterfly Kisses

ニュースクールからMaメタルなメタルコアの流れが生まれだした時代の代表的なアルバム、Atreyuの「Suicide Notes And Butterfly」メタリックかつデスいサウンドにシンフォニックなサウンドを注入し時にキャッチーでエモく、ドラムが歌い上げる姿がいまだ印象に残ってるね、中でもラストを飾るLip Gloss and Blackは名曲中の名曲、先日の来日では歌ったのかな?





22.Hoods – Pray For Death
CAサクラメントのWEST COAST 極悪ハードコア代表Hoods によるセカンド「Pray For Death」完璧なブレイクダウンにビートダウン、モッシュパート、シンガロング、まさにフロアを意識したパーフェクトなモッシュコアアルバム!定期的に聴いてしまう名盤ですな!Eurogyからリリースの次回作のKing Is Deadも名盤中の名盤!





23.Waterdown – The Files You Have On Me
そこまでは知名度はないが個人的に大好きな一枚なのでオススメしたいのがWaterdownの「The Files You Have On Me」当時のスクリーモバンドに多大な影響を与えたバンドの一つ、finchも彼らのファンで影響を受けたと公言してましたよね、僕の中ではスクリーモといえばこのアルバム、ニュースクールハードコア的なザクザクなメタリックなサウンドに極上なエモーショナルを注入し時にDeftonesのような妖艶さもミックスさせた大名盤!この次の作品は普通のメタルコアになってしまってかなりショックだったな・・・





24.Silverstein – When Broken Is Easily Fixed
歴代スクリーモTop10に確実に選ばれるであろう、カナダ産スクリーモSilversteinによるファーストフル「When Broken Is Easily Fixed」、メロディアスでドラマチックな展開、ひ弱に感じる感情的なスクリームはサウンドの繊細さとマッチしてこれまた最高なんです!





25.Dead To Fall – Villainy And Virtue

シカゴ産、ニュースクールハードコアをしっかり通過したブルータルなメタルコアにスウェディッシュデスなリフが交差するサウンド、日本での人気はすこぶるなかったイメージだけど、隠れた名盤アルバムだと!テクニックだけのメタルコでは血がたぎらないあなたはこの当時のメタルコアを聴くべし!





26.Bury Your Dead – Cover Your Tracks

ボストン産のゴリッゴリのヘヴィーなメタリックモッシュコア、Bury Your Dead の セカンドアルバム「Cover Your Tracks」スーツ姿で演奏するMVはあなたの記憶にも残っているはず!





27.Comeback Kid – Wake The Dead

これまた説明不要のモダンユースクルー、モダンオールドスクール、Comeback Kid のFacedownからVictoryに移籍しドロップされたセカンド「Wake The Dead」とにかくすべてのセンスがズバ抜けている、やはり神曲Wake The Deadですよね!世界的にもブレイクした名盤、





28.A Day To Remember – For Those Who Have Heart
やってきましたA Day To Remember、ブルータルなモッシュコアかと思ったら突如現れるメロディックパート、スクリーモでもない、メタルコアでもない、これは何ぞや!当時はマジで衝撃でしたね、歴史が大きく動いた重要作品、やはり初期が好きだね!その後Victoryの看板バンドへと、Victoryの稼ぎ頭となり裁判沙汰に・・・





29.Emmure – Goodbye To The Gallows
これまた説明不要、Emmure のファーストフル作品「Goodbye To The Gallows」ブルータルでカオティック、重力を感じるくらいにへヴィーでドロドロなローテンポでザクザクなブレイクダウン、変幻自在の多彩なボーカル、時にエモーショナルに日に多くのフォロワーを生み出しているがEMMUREの世界観には一切太刀打ちできていない強烈なインパクトを残した名作!





30.The Warriors – Genuine Sense of Outrage
これまた衝撃的だったThe Warriors の「Genuine Sense of Outrage」モッシュコアにラップスタイル、サグ感あるストンピンなハードコアではなくRATMとモッシュコアをミックスしたような無二のサウンド、新しいハードコアスタイルを創り上げたバンド、ほんのりとロッキンな要素も散りばめられてハイセンス、当時マーチがバカ売れした記憶があります!





あれ・・・・30選でもまだ00年代半ば、終わりが見えない、上記に上がっていない名盤アルバム、バンドでいうと、A Perfect Murder、Beneath The Sky、Endwell、Spitalfield、Between The Buried And Me、The Autumn Offering、Sinai Beach、Hawthorne Heights、いくらでも出てきます、恐ろしやVictory!!!ハードコアからメタルコアスクリーモが00年代は一気に増えてきたよね、00年代半ば以降は、また次回にでも・・・・・

今回はこれまで!!!!

では!

河内野

追伸:

80年代後半から90年代のリリースは前のページでチェックしてね!

ore10005

Victory Recordsの「名盤」前半戦はこちらをクリック!

花粉症じゃなくても涙と鼻水必須のモダンオールドスクールハードコア/メロディックハードコアは奇跡のジャンルである!

DLF19028

ヤクルト400



止まらない・・・・・クシャミに鼻水が!


花粉量は「例年の2.5倍」やばくない!でもこの例年の何倍!とか毎年言ってない?あれは本当なのか?

さておき、オカンによるとヤクルト400が花粉症に効く!という、信じがたいが、今すぐにでもこのクシャミに鼻水、目の痒さを止め痛い!ってことでコンビニに直行するもヤクルト売ってないやん!!!!ヤクルトは普通に売ってないのね、オワタです・・・・・



そんな僕をいやしてくれた今日の最高な天気、夕方の空はまるでKilling The Dreamの「IN PLACE, APART」


killing The Dream




を連想させる神々しいサンセット!ジャケットのように太陽を囲む輪っかは何?虹?雨も降っていないにこの虹みたいな輪っかは何?その答えは



大気中に飛散した大量のスギ花粉によって生じる光環。光の回折現象の一種で、虹のような輪が二重三重に広がって見える。



「花粉かい!!」


あの美しい太陽を囲む神々しい虹の原因は花粉なようだ・・・・止まらない涙に鼻水、泣きじゃくる小学生みたいな状況だが、これはいつ回復するのやら、特効薬もないようで、我慢するしかなさそうだ、クシャミに鼻水、目がかゆいのも困るんだけど、この倦怠感、まるで風邪をひいたみたいに体がだるい、昨日のブログで紹介したダークなソングを聴いても余計にぼ~っとしてしまう。

感情は花粉への怒り、だけど涙と鼻水の垂れ流し、先ほども言ったが「泣きじゃくる小学生」状態!この状況にこそぴったりな音源が思いついたんだけど、怒りながら涙を流す、そうモダンオールドスクールサウンドこれが今の僕を表しているオールドスクールハードコアに叙情性をミックスさせたようないわゆる泣きのオールドスクールサウンド!先ほど登場したKilling The Dreamもそうだが、一番い頭に浮かんだのはHave Heartである!



そんなHave Heartですがまさかの再結成でライブが決定したよね!

Have Heart

チケットはSoldoutしているようで2009年解散後、10年が経つのにこの人気、恐るべしHave Heart!!



90年代後半から00年代半ばまでおもっくそハマったジャンル、ここ最近ではあまり新しいバンドが出てこないけど、ハードコアの中でも大好きなサウンドの一つ、メタリックな要素よりもパンクの要素が強いからメロディック好き、ポップパンク好きも聴いてほしい!そこで泣きじゃくるセットリスト作成したよ~!涙と鼻水を垂らしながらの通学、通勤中、ドライブのBGMにどうぞ!


花粉症じゃなくても泣けたでしょ?

このセットリスの中でも大好きなバンドがDefeater / ディフィーターなんだけど新譜が楽しみすぎてツラい!先行で公開された新曲聴く限り、相変わらず泣きじゃくってるし、ボストン・ハードコア・シーンの最重要バンドと言われるだけありますよね!





泣きじゃくりながらこぶしを上げ全力疾走するモダンオールドスクール、奇跡のジャンルですよね!!Defeater / ディフィーターに関してはオールドスクールというよりも激情、メロディックハードコアだからCounterpartsTouche AmoreBeing As An Ocean好きにも絶対に聴いてほしい!ニューアルバムの発売は5月!毎回、渋すぎるジャケット、見事復活し歓喜した15年ドロップの「abandoned」から早くも4年だもんね、マジ待ってました!ここまで待ち遠しい新譜もなかなかないからね!



Defeater / ディフィーター

そんなDefeater / ディフィーターですが数年ぶりにグッズアップしたぜ!!普通に販売しても面白くないということで、待望のニューアルバムの発売もあるし

今回は Defeaterイベント!

を開催したいと思います!ハードコアの聖地でもあるボストン、その中でも重要視されているDefeaterのグッズは他のハードコアバンドとは一線を画すデザインが多い、硬派なハードコアデザインよりもアートな叙情系やエモバンドを連想させるデザインが多いのもメロディーを取り入れた幻想的サウンドでありながらストレートさのあるボストンハードコアのスタイルもしっかり継承している部分も独自なマーチを発売する理由の一つかと!春が来て夏が来る、Tシャツ一枚でのお出かけも増えてくる、そんな時にもお勧めしたいのがDefeaterのマーチ!



Defeaterらしい1枚といえばこの普段の情景が落とし込まれたフォトデザイン!
DF18104060




とはいってもまさにハードコアなライブフォトデザインもある!

DF18104046




20点ほどアップしたからぜひチェックしてみてください!


気になる特典は?

DF18104057


特典の入手方法は?

Defeaterのグッズを1点、その他何でも合計1万円以上のお買い物で1600円相当のエナメルピンバッジとステッカーをプレゼント!


画像のようにデニムジャケットからバッグにキャップ、ジャケットの襟(えり)などに装着しあなただけのオリジナルなマーチを作成してください!

DF18104052

Defeaterイベントは3月12日(火曜)夜9時まで!

topnanner16-03-20SS220603

Defeaterグッズは今すぐこちらをクリック!



アップしたあアイテム、すでに売り切れているサイズもあるけど、アルバム発売後はさらに入手が難しくなるんでこのお得な期間、アルバム発売前に手に入れておきましょう!





では最後はおなじみHate5sixのライブ動画でお別れ!

河内野

【2018ハードコアまとめ!】NYHC顔面凶器Sheer Terrorのポール激似のオジサンに・・・・

BL181114027

昨晩は力尽きて11時には就寝、朝の5時には目が覚め、やることはやはりハードコアの動画を漁る、Hate9sixにアップされていたRegulateのライブ映像を見てテンションが上がる、テンションを保ちつつ、完全に運動不足のためスケボーしに近所のパークへ、オーリーすらままならない状態、何度スッテンコロリしたことか、1時間近くスケートを楽しみ近くの自販機でジュースを購入しているときに現れたチワワを散歩しているおじさん、そのおじさんの顔が・・・

The Plot In You


人を数名、殺めたであろうヤ〇ザにしか見えない顔面、まさに顔面凶器、NYHCが好きだったらわかるよね、そうSheer Terror のボーカル、Paul Bearerポールにクリソツだった、元祖極悪ハードコアというイメージがあるからそのおじさんも間違いなく極悪なのだと、けど散歩しているのはチワワ、これがいわゆるギャップ萌えというヤツだろうか?


「お、おはようございます」と若干声を震わせながら挨拶、すると、「おはよう!今日はいい天気だね~!」、満面の笑みで挨拶を返してくれた、当たり前の行為だが、あの強面から出る笑顔をはステキだった、




「抱かれてもいい」とまではいかないものwww少し好意を持ってしまった、これは恋のなのか?あいのりなみに真実の愛を探しているが、その愛は男性?しかもおじさん?というわけもなく、変な妄想をして吐き気がした秋の朝。

sheer terror

ということで一発目の動画はNYHCを知るには基本バンドと言えるSheer Terror(新曲)で!



唯一無二のサグいボーカルがたまりませんね、やはりNYHCは最高である!Sheer Terrorのマーチも取り扱いがあったんだけど、先日言ったようにメーカーの倒産で現在入荷不可、新たに探しているんでまた見つかったらお知らせしま~す!



毎年行ってるかもしれないけど2018年もハードコアが盛り上がったよね、ちょっと振り返ってみよう!

1月



Code Orange盗難事件
Knocked Looseの来日!

2月



Turnstileのニューアルバム「Time & Space」が発売される!
Fallbrawlが来日!

3月



・次世代ハードコアSanctionがまさかのPure Noise Recordsと契約!!音源発売!
Cave Inのベース兼ヴォーカルCaleb Scofieldが他界。

4月



・叙情系Takenの14年ぶりの音源が発売!

5月



・モダンオールドスクールComeback Kidニューアルバム発売!
Forced Order来日!
Agnostic Front来日!

6月



NO ZODIAC来日!
SlapshotニューアルバムMake America Hate Again発売
Madball、ニュー・アルバムFor the Cause発売!
Vein、待望のアルバム発売!
ConvergeニューEP発売!

7月



・叙情系Hopesfallが約10年振りのニューアルバム発売!
・オフランス産激情ハードコアBirds in Rowニューアルバム発売!

8月



・大阪産ハードコアPALMが6年ぶりのニューアルバム発売!
Left BehaindまさかのPure Noiseに移籍!
Jesus PieceフルアルバムOnle Self 発売!

9月



Terrorニューアルバム発売!
Lionheart 来日!
All Out War 来日!
Xibalba 来日!
Turnstile 来日!
Trail of Lies 来日!
Easy Money 来日!
Harm’s Wayがツアー中に機材やマーチが盗まれる!

10月



・ポストハードコアバンドQuicksand来日!
・NYHC、Judgeが来日
Danzig、Warzone、Murphys Law、Fireburn、等で活躍したギタリストTodd が他界。
Cult Leaderのニューアルバム発売!

11月



・ハードコアバンドOld Woundsニューアルバム発売!
・ハードコアパンクバンドAngel Du$tが予想外のRoadrunner Recordsと契約
Sick Of It AllニューアルバムWake The Sleeping Dragon発売!
Rise Of The Northstarニューアルバム、ザ・レガシー・オブ・シ~SHIの伝承発売!
SHEER TERRORのニューEP発売!!
KING NINEニューアルバム発売!

12月



・注目の新世代ハードコアJesus Pieceの初来日予定!
・歓喜TRAGEDYの音源発売予定!

2019年には、

TerrorStick To Your Guns来日予定
NeurosisConverge来日予定






細かいリリースなどはもっともっとあったんだけど覚えている限りだとこんな感じ、何か重要なリリースや事件を忘れているような気もするが・・・来日にリリースに訃報、盗難事件、いろいろありましたね、個人的にはやはりAgnostic Frontのライブに参戦、



そしてMadballのニューアルバムが一番テンション上がったかな!RANCIDのティムにIce-Tもゲストボーカルで参加、Madball節全開だけどまだまだ進化している!やはり僕の中でNYHCといえばミーハーと言われようがMadballなのである!



やはりNYHCが大好きなんだな!と感じた年だった、終わってないけどね!今年に入ってMerauderDistrict9Visoion of DisorderE-town ConcreteBiohazard、などレジェンドたちのマーチは追加してきたけど、NYHCも幅広い、まだまだ取り扱えていないバンドは星の数ほどある、そこでNYHCマーチ発掘作戦を先日から開始しています、何としても今まで取り扱えなかった激やば激渋なNYHCアイテム取り扱うので期待して待っていてください!



最後は1988年のリリースから今年2018年で30年周年を迎えて発売されたWARZONEの2ndアルバム「OPEN YOUR EYES」からアルバム2曲目を飾る「Dance Hard Or Die」でお別れ!!

今は亡きRAYBEEZといえばやはりライブで装着するグローブだよね!

では!

【17年度】「チュッパさん」が選んだ2017年度「最強な10枚!」【No.15】

Darkest Hour



さて今回も「俺の10枚」行ってみましょうか!

今回はチュッパさんが激選してくれた10枚、!チュッパさんのおかげで2アルバムの購入が決定!まだまだ知らなかった名作が登場します、毎回ワクワクしっぱなし!!では

チュッパさんの「俺の10枚」スタートだ!





BLG161201052-0

BLG161201060

1枚目:Cloud Nothings – アルバム:「 Life Without Sound
クラウド・ナッシング





2枚目:Comeback Kid – アルバム:「 Outsider
カムバックキッド





3枚目:Polaris – アルバム:「 The Mortal Coil

ポラリス





4枚目:Mastodon – アルバム:「 Cold Dark Place
マストドン





5枚目:Darkest Hour – アルバム:「 Godless Prophets & the Migrant Flora

ダーケストアワー





6枚目:All Pigs Must Die – アルバム:「 Hostage Animals
カオティックハードコア





7枚目:Converge – アルバム:「 The Dusk in Us
コンバージ





8枚目:Employed To Serve – アルバム:「 The Warmth Of A Dying Sun
Employed To Serve





9枚目:HEXIS – アルバム:「 Tando Ashanti

ヘクシス





10枚目:Primitive Man – アルバム:「 caustic
プリミティブ・マン





BLG161201052

チュッパさんが選んだ2017年の最強の1枚
Darkest Hour の 『Godless Prophets & the Migrant Flora』でした!

ダーケストアワー






BLG161201053

チュッパさんが選んだ2017年の最強の名曲
MastodonToe to Toesでした!





BLG161201054

Mastodon / Show Yourself





BLG161201055

Primitive Man/caustic

Primitive Man / caustic





BLG161201057

Converge – The Dusk Is Us コーチジャケット

コンヴァージ・コーチジャケット





BLG161201059

映画『沈黙 -サイレンス-』 

江戸時代、激しいキリシタン弾圧下の長崎。
師の棄教を確かめるため異国の地に足を踏み入れたポルトガル人宣教師ロドリゴ。想像を絶する光景を前に、彼は自らの信念を貫くのか、それとも弾圧に苦しむ弱き民を助けるのか―







チュッパさん、最強な「俺の10枚」ありがとう!


では次回もお楽しみに!

「俺の10枚」まとめてみたい方はこちらをクリック!