【ポジ散歩】世界文化遺産「姫路城」に「Terror」ボンバージャケット「Agnostic Front」のポロシャツ着用して行ってきた!

BL19426002

Knocked Loose から Veinの来日も決定して盛大に盛り上がっていますが、僕はマイペースにポジ散歩へ・・・


パッとしない天気だが、単焦点のレンズを購入、そして友人もこの日は休みだということで撮影のお手伝いをしてもらうことに、友人を拾い、いざ出発、目的地は未定のまま車を走らせる、洋風の城、白鳥城でも訪れた姫路へと・・・


なぜモテないのか?などをオッサン二人で真剣に話しているうちに到着、結論は「勢い」だった(多分間違っている)・・・あの若かれし頃の勢いを取り戻そうとテンションを上げて撮影に挑む!

今回の撮影場所は姫路市ある、姫路城へ!その前に美術館にも言ってみることに!

BL19426004

そこでは今話題の「チームラボ」の展示があるじゃないか!(先日テレビ見て知ったばかり)

BL19426003



「チームラボ」とは?

プログラマー、エンジニア、数学者、建築家、デザイナー、アニメーター、絵師……。さまざまなスペシャリストから構成される、チームである!



受付にて1400円を支払いチケットを購入し潜入!

世界は暗闇から始まるが、それでもやさしくうつくしい

チームラボ

なんかすごいテーマだな・・・まず見えてきたのはスクリーンに映し出されたドット調のカラフルな作品!

チームラボ

この作品の前に立つとスクリーンが反応するギミックがある、鮮やかな配色で描かれた動物、鳥が多かったかな、

BL19426007


その先は大きなスクリーンたちで展示、スクリーンに浮かぶ文字が上から流れ、触れている部分に吸収される、床と天井以外は全スクリーンなのでまるで異世界にいるような感覚に陥ってしまう!

BL19426008



うごめく波は飲み込まれそう、そのすごさ、写真で伝わるのは数パーセント、生で見ることをオススメめします!

BL19426009


うごめく波を超えて現れたのは、鮮やかな花たちが融合した神秘的なスクリーン、絵ではなくスクリーンに映し出すことによって輝く明るさ、鮮やかすぎる配色は感動です!

チームラボ



お近くに住んでいる人はぜひ!美術館を後にし城へ向かうことに!

本日着用しているアウターはTerrorの限定ボンバージャケット、温かくなってきたから、今季着用するのもラストになりそうだね!

TERROR


胸のイーグルの紋章がお気に入り!

TERROR


今回はポロシャツをパンツにインするダッドスタイル!そこにボンバージャケットでほんのりとOiをイメージ!!

ポロシャツ


ありがとう!姫路美術館

BL19426013

それでは姫路城に向かおう!奥の上部に見ているのが国宝である姫路城である!

姫路城


広大な敷地を歩いて城に潜入ということで、ボンバージャケットは車へ、インナーはAgnostic Frontのポロシャツ(Mサイズ)を着用!Tシャツなどにはない「カチッと感」があるよね!それはボタンと襟があるから、たまに装着したくなるんですよね!残念ながらこのアイテムも廃盤・・・

Agnostic Front



ポケットにはアクセントになるレッドのバンダナ、Municipal Wasteのバンダナである!

MWBND


ボンバージャケットを脱げばポロシャツのみ、半袖、さすがに寒いので車の中にあったネイバーフッドのボタンシャツを装着!

ポロシャツ


ポロシャツもバンドマーチでは数少ない貴重なアイテム、現時点では13種類取り扱いあるんでぜひチェックしてみてください!

https://positivedive.com/shopbrand/Polo/


最新のポロシャツだと、多くのバンドに影響を与え続けるリッチモンド産メロディックハードコア、Avail / アヴェイルのポロシャツ、最近復活して海外では話題になっているよね!若い子たちは知らないかな?色あせないカッコよさがあるんで音源のほうもぜひチェックしてみてね!


城といえば堀、ゲームはしないけどプレイ動画は好きなわたくし、SEKIROを思い浮かべてしまう・・・

BL19426019


姫路城にやってくるのはおよそ20年ぶり、当時よりも大きく感じるんだけど、そして石垣こんだけ高かった?

姫路城

ディスタービアのバッグに装着しているのはCeremonyのエナメルピンバッジ、そしてBeach Ratsのエナメルピンバッジ!ちょっとしたアクセントになるよね!だれもが持っているようなブランドにもエナメルピン一つ装着するだけで差別化を図れるよ!

beach rats

Bad Religion、Minor ThreatのライアンにLifetimeのアリ、The Bouncing Soulsメンバーを中心に結成されたハードコア/パンクバンドがBeach Ratsね!メンバーがレジェンドばかりなので音源がかっこよいのは当然!


おなじみのwww隣に誰もいないさみしさ・・・

姫路城


門もご立派、さすがの国宝だ!

BL19426021


お城に青い空と赤い植物のコントラストがステキです!

姫路城

城に到着するまで、結構な距離があるのね!なかなかたどり着かない・・・・

BL19426024


いよいよ、本殿に潜入!土足はダメ、こういう時のハイカットスニーカーは脱ぐのに時間がかかるね、待っている人たちが多くいる中、プレッシャーを感じながら脱靴!

コンバース

天守閣でプレイングハンズ!!

姫路城天守閣


姫路城(ひめじじょう)は、兵庫県の姫路市にある日本の城である。江戸時代初期に建てられた天守や櫓等の主要建築物が現存し、国宝や重要文化財に指定されている。また、主郭部を含む中堀の内側は「姫路城跡」として国の特別史跡に指定されている[8][9]。また、ユネスコの世界遺産リストにも登録され[10][11]、日本100名城[12]などに選定されている。別名を白鷺城(はくろじょう・しらさぎじょう。詳細は名称の由来と別名を参照)という。

wiki参照


内部の印象派というと、とにかく階段の角度がキツイ!そこかよ!とツッコミを入れられそうだが、マジでデンジャーな角度なんです!!

BL19426027



閉館の時間が迫っているため、ほぼ撮影せずに急ぎ足で登って天守閣につき、急いで降りる、太ももが悲鳴をあげていた、からくり的な造りなどが目を惹く、歴史ある木材、梁、ピカピカの床、どこか気分が落ち着く暖かさを感じながらも、当時はここでどれくらいの侍や兵たちが刀で斬られたのだろうか?ふとそう思ったのはSEKIROのせいだろう!

BL19426028



侍といえば来日が決定したMerauder!!次回城に行くことがあるならこのシャツを装着していこう!

BL19426030


気温は20℃ながらたくさんの汗をかいた、シャツを脱ぎ純一スタイルにて!完全い休日のおじさんみたいなスタ入りイングになっている!!!!ファッションではダッドスニーカーにダッドハットとダッドが流行しているからアリだよね!これが本当のダッドスタイルだ!!!

BL19426029


着用アイテム

ニューヨークハット(フリーサイズ)
TERRORボンバージャケットXLサイズ(廃盤)
ネイバーフッドのボタンシャツLサイズ
Agnostic FrontポロシャツMサイズ(廃盤)
Disturbia Clothing ミニショルダーバッグ
Beach Ratsエナメルピンバッジ
Ceremonyのエナメルピンバッジ
Dickeisパンツ874WD(34インチ)
Municipal Wasteバンダナ(廃盤)
コンバースオールスターHi 29cm

姫路城

撮影場所:姫路城

撮影場所:姫路市立美術館


撮影協力:もっさん

BL19426034

ハードコア・アイテム装着で青葉山ハーバルビレッジに行ってきた!

スポーツの秋?いや、断然、食欲の秋っしょ!!!

最近、食いすぎるんだよね、特に米、米がうますぎる!!!毎回おかわり、
そのせいで腹がデブってきた。

いきなり走るのはキツいから、今回もお散歩、ウォーキングってヤツをしに
青葉山ハーバルビレッジにやってきた。

ようやく秋らしく木々が色づいてきた、あいにくの雨だが…….

青葉山ハーバルビレッジってのは今年の5月にオープンした「人と自然がつばがる」
がコンセプトの施設。

家から来るまで10分程度の山の麓にある施設、

到着まで10分程度だがしかりBGMは厳選してドイツの叙情派、Destinyで!

◆Destiny “Forsaken Love”◆

胸打つエモーショナルな旋律、思わずスピードも上がる、
号泣しながらダッシュするイメージ、スポーツのBGMとしても優れた曲だ。

そういえば叙情派ではないがジャズやフュージョン、ヒップホップを取り入れた
プログレッシブなハードコア、キャンデリアの新譜、聴いた?

◆Candiria “While They Were Sleeping”◆

青葉山ハーバルビレッジのマップをチェック!

何の情報もなしに来たが、一人で来るところではないね、あったかい家族が楽しく
はしゃいでいる姿が想像できるような場所である。

さみしい……

駐車場にめちゃめちゃ猿いるんですけど~~~~~!!

この施設で働く若い子達が棒を持って追っ払っていたが、
人間が逆に猿に遊ばれているようだった。

店員さんドンマイ!

この日見た猿は30匹ほど、もう猿と戯れる施設にしてみてはどうだろうか…..

落ち葉を見ていると、黄色やオレンジ、エンジなどを取り入れた
コーデがしたくなってくるんだよね。

完全病気だね。

今回はAgnostic Frontのコーチジャケット(XL)を装着。

ネイビーだからエアマックスのブルーと合わせてみた。

こうやってみるとカーキのパンツとイエローやオレンジの相性って抜群だと感じる。

そういえばさ、以前紹介したオレンジのパーカーあるじゃん?

そう、Sylarのパーカー、これ11月の後半に発売決定だよ!!!待っててね!

袖プリントやばいね!

ロックガーデンってのを見つけたんだが全然ロックしていない
、大きな岩が数個並んでいるだけだった……

この鮮やかなグリーンを見るとAttilaのアルバムを思い出すねww

新譜どうだった?

ロッジのシャレオツな建物が並ぶ。

ここはビジターセンターとワークショップ。

すごく感じの良い店員さん?受付の人たち、「惚れてまうやろ~!」キレイなお姉さんもいた。

お姉さん「よかったら、見てってください」

河内野「ぶはい、ほい!」

ハイという2文字をかんでしまった、情けない…..

エモい気持ちになりました。

紅葉を見ながら休憩。

そしてシャレオツなカフェやショップを発見。

こんな別荘がほすぃ~!

カフェでは美味しそうなポケットパンが販売。

しかーし、目的はカロリーオフ!パンは諦める!

アイスコーヒー(¥300)を購入!

紅葉を見ながらシャレオツなカフェでコーヒーを飲む、ちょっとリッチな気分!

紅葉や枯れた木々、落ち葉なんか見てると頭の中でCounterpartsが流れてくる。

Violent Side のホワイト・プルオーバー(Lサイズ)廃盤

Agnostic Frontのコーチジャケット(XLサイズ)廃盤

を装着、ホワイトとネイビーの相性って抜群だよ、爽やかさやユース感もでる
カラーコーデ。

パーカーとカーキのパンツの間には迷彩のシャツでレイヤード。

色を使いすぎないようにパンツのカーキに合わせた迷彩シャツ。

Reaper Recordsのロゴが袖にリピート。

3年以上前のパーカーだが、袖プリントはバンドマーチの定番。

現在のトレンドにもなってるけど、僕たちからしたら当たり前のデザインなんだよね!

このカフェ、最高に落ち着く、土日は人が多いそうだが平日は少なめ、
また癒されに来よう。

この時期ぴったりの叙情派ハードコア、Counterpartsを流しながら
およそ1時間近くもチルしてしまいました。

「イヤホン持ってきたらよかった~~~!」

紅葉と叙情派ハードコアのマッチングは最強でした!

hb161115022

そういえば叙情派ハードコアのグッズあまり持ってない!!!

以前発売されたCounterpartsの限定シャツ、お客さんが「どうしても」ってことで
譲ってしまったんだけどちょっと後悔……..

再販売は絶対にないんだよな………..

メーカーにどうにかならないか連絡してみよっと!

来年には来日だし、限定のアイテムで参戦したら羨ましがられるだろうな……..

アグノに合わせてNYロゴ(アフターベース)のキャップ装着!

サイズはまとめると、

こんな感じ!

今回はウォーキングで終わったが慣れてきたらしっかりジョギングして体重落とすぞ!!

米(ライス)の誘惑には負けないぞ!!!!

では!

撮影場所

撮影で着用したアイテムについて

全て廃盤

Counterpartsグッズ!
パーカーやコーチ、ジャケット、アウター類



追伸:

迷彩のシャツはレイヤードに大活躍!

ブラックパーカーとの相性も抜群です!

一枚持っておくといいよ!

hb161115002