たまには音源の紹介もしていこうかな!今回は【ハードコア】最新クリップ特集で!

hardcore

Convergeの新譜「DUSK IN US」手に入れました!!!

という声をいただいた。しか~し、ワタクシには


届いていないんですけど!!!


これだから地方は……


チェックしてみると、タワレコやユニオンには到着して、店頭販売が開始しているようだ。


ということは僕の手元に届くのは明日?Youtubeでは全曲が公開されているけど、「何としてもこの手に入れるまでは!」とMVになっていない曲は聴いていない!!ようやく明日この手に「DUSK IN US」が!!!Quicksandの新譜「Interiors」は全曲Youtubeで聴いちゃったけどwwこれまた激やばかった!!



で、「DUSK IN US」どうだった? 自分が良ければいいんだけど、やはり大好きなバンドだとほかのファンたちの声も気になっちゃうんだよねww

今はこの曲で我慢します!

今晩は玄関に布団を引いて、翌日「DUSK IN US」がポストに投函された瞬間にドアを思いっきり開けて郵便局員をびっくりさせてやるぜ!今晩は震えて眠ります!

てか、今年の10枚アンケートを開催する予定なんだけどさ、マジで今年も豊作だったよね、間違いなくConvergeはオレの10枚にランクインします(※まだ聴いてないけど)しかも17年後半に発売されたアルバムを多く選ぶ形になりそうだ。

あなたも選んどいてね!



たまには音源の紹介もしていこうかな。今回はハードコアMV特集で!


ConvergeのメンバーHope ConspiracyのメンバーによるハードコアバンドAll Pigs Must Dieプロデュースはお馴染みKurt、コンヴァージの新譜並みに重要な作品だね!

All Pigs Must Die





ハードコア好きからは微妙な位置づけとされる前作「Suffer,Survive」からもう12年か!! 「I’ll Blood」のころに回帰か?!と思いきやごっちゃまぜ!1曲目はもろにベイエリアスラッシュ、ボーカルの音質まで、あれ、テスタメント?って思っちゃうくらいwwけどこれがまた良いんです!!Alice in chainsみたいな曲があったりと幅広いサウンドの一枚、これまた今年の10枚に入りそうな予感だ!

NO WARNING






Trapped Under Iceよりも人気出ちゃってしまった感が否めないハードコアのニューヒーローTurnstileのニュービデオ!この曲、Snapcaseを思い出したのは僕だけじゃないはず!またまた進化しちゃってますww

Turnstile






思わずジャケ買いしてしまいそうなシャレオツなアートワークのアルバムは7年ぶり!ジャーマンビートダウンUNITED AND STRONG!!ストレートなNYHCでほんのりハードコアパンクな要素、NYHC好きなら間違いないね!

UNITED AND STRONG






ニューヨークはあるバニーを拠点にRiseからのepもついに発売された期待のハードコアバンドDownswingRiseもハードコアバンド増えてきたね!

Downswing






同じくRise Recordsからオージー産、暗黒ハードコア、ボーカルはなんと女性!Code OrangeNAILSなども影響を感じさせるヘヴィーサウンド!Kublai Khan好きなら間違いないね!

Cursed Earth





Good Fight Music所属、ボストンハードコアGreat American Ghost、カオティックかつメタリックでヘヴィーかつ暗黒でしっかり落とす、マーチもイケてます!

Great American Ghost





相変わらずのストロングなモッシュ・コアスタイルで安心!BDHWから新譜もついに発売!ライオ~~ンハ~~♪

Great American Ghost





NY産オルタナティヴ要素が強いが紹介させていただきたいオルタナ/ハードコアパンクDrug Church、No Sleep RecordsからPure Noise Recordsに移籍!!Pure Noiseさん、センス良いバンドしっかりとつかまえるよね~!オルタナなサウンドに骨太なボーカルの違和感が最高に好きなんです!

Drug Church





最後はやっぱりマッボー!!Wisdom In Chainsとのスプリットも全然話題になっていないのが悲しすぎる!前作のアルバムHARDCORE LIVES以来の新曲だよね!ユーロ圏などのビートダウンハードコアのほうが聴く回数は多くなっているがやはりNYHC相変わらずクールです!来年はアルバム発売予定らしいぜ!!!!

Madball





Madballフレディーの兄貴ロジャーといえばAGNOSTIC FRONT! そんなアグノの活動を追ったドキュメンタリー・フィルムTHE GODFATHERS OF HARDCOREのトレイラー映像が公開されたね!スティグマのおじきはもう還暦60歳を超えてるんだぜ!

Pure NoiseやRiseなどのようにいろんなレーベルからゴリゴリのハードコアバンドの音源が発売されたらピュアなハードコア人気がとんでもないことになりそうだね!

では!

河内野

「アグノスティック・フロント」+「スイサイダル・テンデンシーズ」のマーチ装着で日本三景のひとつ「天橋立」を目指す!

Agnpstic Front

「あれからもう5年かぁ~」ちょうど5年前の秋に遊びに行った天橋立、5年ぶりにAgnostic Frontのコーチジャケット(XL)プラス、Suicidal Tendenciesのロングスリーブシャツ(XXL)装着して日本三景、天橋立が一望できる天橋立ビュ-ランドに行ってきた!



目的地は矢印のリフトに乗って山の上にある天橋立ビュ-ランド!!
天橋立


右下は5年前グレイブテイカーのデニムジャケットを装着して来た時の写真である。5年前に着た場所は軽く流して…
Grave takers


600円の駐車料金を支払い徒歩でリフト乗り場を目指す。
アグノスティック・フロント



受付にてリフト券、往復850円支払いいざリフトへ!
Agnostic Front コーチジャケット



スキー場にあるリフト、一人ヴァージョンって感じ!
NYHC



高いところは好物なんでワクワクが止まらない!
NYHC コーチジャケット


この浮遊感、たまんない!こう見えて意外と高いんですよ!
アグノ・パーカー



見えてきた、見えてきた!
amanohashidate


無事に到着!
ビューランド


早速絶景とともに!話題のインスタ映えしそうな場所でしょ?
インスタ映え


小さい遊園地って感じ、カップルにも人気のスポットである。全体のマップがコレ
橋立ビューランド


天橋立といえば有名なのが「股のぞき」DA★NE!!
Suicidal


通常その景観は龍が降臨する姿を望めます。
そのままでも十分美しい天橋立をお楽しみいただくことができますが、股のぞきをすることで、天と地が逆さになり、龍が天へ舞い上がる様に見えます。そのため、天橋立ビューランドからの景観は「飛龍観」と呼ばれています

ま、どう転んでも龍には見えない….心がピュアなら龍に見えるのだろうか?
スイサイダル・テンデンシーズ



回廊部分は「龍」の体駆をイメージされ作られた「飛龍観回廊」に潜入!イサイダル・テンデンシーズ - Possessed



絶景に秋風が気持ち良い!
クロスオーバーバンド SxTx


下から見るとこんな感じ、リア充爆発しろ!うらやまし….
Z-boys



特に見せ場はなく「飛龍観回廊」を後に少し歩き見えてきたのはメリーゴーランド!
クロスオーバーのルーツ



人が少ないせいか起動しておらず、受付もいない、乗りたかったな~。
SUICIDAL TENDENCIES



エモバンドでこんなジャケットのアルバムなかたっけ?「ん~~思い出せない!!」どんだけググっても出てこない、気になる、気になる、気になる!!!!エモに詳しいそこのあなた!教えて!!エモじゃない可能性も…..
Possessed コーチジャケット



上半身は90’sを意識してFatに、下半身は細目ですっきりと、印象の良いネイビーとホワイトを合わせ癖の強いカモ柄のパンツでストリート感をプラスさせました!
スイサイダル・テンデンシーズ


スケーターがトリックの時に邪魔になるバックルのベルト、それを解消してくれる靴紐ベルト、これは慣れると本当に楽チン!シャツと合わせてホワイトで!
靴紐ベルト スケーター

迷彩のジョガーパンツなら今日ちょうどヤッベーやつ追加したぜ!Stay sic Clothing(ステイシック)膝のデスロゴのジョガーパンツ、今作もイケれてるね!(誉め言葉)
Stay SIck Ckothing

サイドからのシルエット、コーデの外しアイテムにビーニー秋らしいマスタードカラーのビーニーを装着!
ヴェニス出身のスラッシュメタル


見てしまった以上、乗らなきゃいけないよね?
SxTx



店員さんの冷ややかな視線を感じながらもチケット300円を払い~の観覧車へ乗り込む!悲しそうな表情が物語ってるね!
天橋立



載っているのは僕ののみ、貸し切り状態、数多くいたリア充たちは観覧車に乗ってチュッチュすればいいのに、
クロスオーバーバンド



アーチェリーや射撃、ゴーカート、子供が喜びそうな乗り物がありつつもレストラン、絶景、老若男女にオススメのテーマパークであった。10月29日には冬の花火大会が開催されるそうだ!
宮津 冬花火



夕日に照らされる天橋立も美しきかな。
スイサイダル・テンデンシーズ



人が少ない平日が狙い目、休日はリフトに乗るだけでもだいぶ待たないといけないようだぜ!十分楽しんだんでリフト券を見せ下界へ!
スイサイダル・テンデンシーズ



コーチジャケットにロンTでジャストな気温だった、これからはインナーにパーカーだね!では!!
アグノスティック



天橋立ビューランド桜満開 2017春

撮影場所

撮影で着用したアイテムについて

思わず手を合わせたくなる、神々しいクリスチャン・コアバンド「17選」

クリスチャンメタルコア

お~~神よ!!Polyphiaのティモシーのギターテクニックを我に与えたまえ!

都合の良い時だけ神頼み、どうも河内野です。

芸術の秋ってことで芸術に関しての記事書いてたら神の話になってしまった前回のブログは読んでくれた?今回は

クリスチャン・コア・バンド特集

ってことでガンガン紹介していくぜ!

ピロピロテクニカルサウンド、巨漢のボーカルとオモロなMVが印象的、Djent的な変拍子リフもいち早く取り入れ現れるのが流行ったA Plea for Purging


A Plea for Purging – “The Life”







オージー産クリスチャン・メタルコアFor All Eternity叙情メタリックなサウンド、高音のクリーン、完成度が高いにもかかわらずあまり話題にならなかったのが不思議でたまらない、Misary Signals好きだったらたまらないと思うんだが….

FOR ALL ETERNITY “Metanoia”






先日解散してしまったクリスチャン・ハードコアバンドThose Who Fear同じくクリスチャンのFit For A KingRyanが参加した一曲だ!


THOSE WHO FEAR “Ego Trip”







ピュアなメタルコアサウンドを奏でるWAR OF AGESもクリスチャン、2014年以来アルバムが出ていないが現在は何してるのやら、9月にはフェスには出ていたようだが…とにかく硬派なメタルコアサウンド、ぶれないけどクオリティーが毎アルバムごとに上がる、安心と信頼のWAR OF AGES

WAR OF AGES “Chaos Theory”







Haste The Day!!色あせない名曲だよね、もう13年も前の曲になんだね、ミリタントニュースクール風なだみ声シャウト、いきなりロックバラードな展開、またアルバム聞き直そっと!

Haste The Day – American Love







プログレッシブでテクニカルなクリスチャンメタルコアバンドHope for the Dying 、シンフォニック、メロデスとモダンなメタルコアサウンドが一体になったハイブリットサウンド、クサメロメタル好きにも人気が高かったバンドである!

Hope for the Dying – Setting Sun







ex As Cities BurnBetween The Buried And Meのメンバーが在籍のクリスチャンメタルコアバンドOh,Sleeper!!あまり話題にならんかったんですけどめちゃめちゃクオリティの高いメタルコアサウンド、このバンドもメロディーが素晴らしく、印象に残る名曲も結構あるんです!

Oh, Sleeper – “The Finisher”







90年代のピュアなFury Edge系のサウンドでコアなファンには大人気のSaving Grace、貴重なサウンドを奏でるバンド、新しいマーチも発売されているから近いうち何らかの動きは期待できる、このまま解散だけはやめてね!

Saving Grace – “Recidivist”







クリスチャン・メタルコアの代表格、現在ではより芸術的な孤高なサウンドに進化したThe Devil Wears Prada、キーボードを前面に出していた初期のほうがクリスチャン・メタルコアな印象は強かったね!

The Devil Wears Prada – Worldwide







Solid Stateの看板バンド、メタルコアとヘヴィロックの間位のサウンド、最近ではメロディーに重点を置いた先品が多くどのアルバムにも名曲が必ずある、だからアルバムは毎回買ってしまうんですねww

Demon Hunter – “Dead Flowers”







ボルティモア産クリスチャン・メタルコアバンドI THE BREATHERメタリックでテクニカルかつブルータル、激しいリズムチェンジの中に叙情的なメロディーが印象的、Sumerianらしいサウンドだね!


I THE BREATHER – SOUL : SEEK







EXTOLのOleによるニューバンドFleshkiller、さすがのEXTOLメンバーだけあってプログレッシブなデスメタルサウンドに仕上がっている注目のバンド!

Fleshkiller – “Warfare”



frameborder=”0″ allowfullscreen>





サウスダコタ産クリスチャン・メタルコアバンドColossus、ダウンチューン系の重いザクザクのリフ、程よい叙情サウンド、完成度高めのFacedownらしいバンドである。

COLOSSUS “Demons’







LA産ウェストコースト・クリスチャン・ハードコアバンドDYNASTY、アルバムbeyond measureではWu-Tang Clan、TERROR、AGNOSTIC FRONT、など豪華すぎるゲストで話題になったんだが、最近は動いていないようだ…

DYNASTY “Explicit Method”







ノースキャロライナ産クリスチャン・メタルコアバンドONWARD TO OLYMPAS、メロディックなデスメタル・スタイルのメタルコアサウンド、このバンドも日本での人気は皆無….


ONWARD TO OLYMPAS “Wolf’s Jaw”







個人的にも大好きなALOVE FOR EMEMIESのメンバーにより結成されたクリスチャン・メタルコア・バンドLETTER TO THE EXILESメロデスの要素も強いメタルコア、ブルータルに落とす強烈なブレイクダウンもたまりません!

LETTER TO THE EXILES “The Greater Hands Of Lesser Sons”







カリ産クリスチャン・デスコア・バンド、Impending Doom本当にクリスチャンなの?ってくらいの残虐なサウンド、ホーリーなパートなんて皆無、デスコア勢の中でもずば抜けて高いセンスをもったバンド、現在はラフミックスも完成したようで新しいアルバムが楽しみすぎる!

Impending Doom – Doomsday



クリスチャン・コアのバンド特集でした~!!

結局はFacedownのバンドばっかになっちまったけど、この中からあなたにばっちりハマるバンドが見つかればうれしいです!

では~!





追伸:
クリスチャン・コア代表格はやはりAugust Burns Redだね!アルバムも発売開始!もう全曲聞いた?待ちきれないからダウンロードしたんだけど、今作も激やば!!何がやばいってそりゃあなたの耳で確かめてくださ~い!

August Burns Red – King of Sorrow

「お前もか!」大好きなバンドのTシャツが一般ピーポーにまで浸透、それでも着る?着ない?

ジャスティン・ビーバー
80’s、90’sのハードコアをこよなく愛するパイセンたち、事務所にたむろし、武勇伝からゲスい話、バイクの話、音楽の話、そして最終的にはファッションの話、パイセンの一人、
山パイセンが放った言葉。

山パイセン

「メタリカのTシャツめっちゃ着とるヤツおらへん?」

河内野

「確かに良く見かけますよね~。」

山パイセン

「そうなんやって、着て出かけるんが恥ずかしくなてきたは!」

※山パイセンはハードコアも好きだけどメタリカも大好き、パスヘッドデザインのレアなシャツも多く所持している

 (自称、オークションに出せば数万円にはなる激レアなシャツも持っているようだ。)

河内野

「別にいいじゃないっすか!山パイセンのレアなメタリカシャツやったらかぶらないっしょ!」

山パイセン

「せやけどさ、出かけたら絶対見るんやってメタリカ、中学生とか高校生とか若い子特にな。」

河内野

「エグザイルとかジェイソウルブラザーズとか、ジャニーズとかもテレビで着用しとん見かけますよ。多分それ、その影響でしょうね?」

山パイセン

「そうなんや、それではやっとんか?余計に着たくなくなったは!」

ごもっともな意見、別にエグザイルやジャニーズも好きでも嫌いでもないけど(どうでもいい)一般ピーポーの中ではやっているものは着用したくない!

けど大好きなバンド、そのTシャツ、どうしても着たくなる、ブームが去るのを待つしかないんだろうか? スタイリングで個性を出してトータルで一般人とは差別化すればいいわけだが、難しいところだ、

ニルヴァーナやローリングストーンズ、ガンズ、ピンクフロイド、アイアンメイデンはもちろんここ最近ではスレイヤー、メガデス、テスタメントやエクソダスまでも見かけるようになった。スラッシュメタルがブームなのか?

そんなわけもなく、そもそもはカニエさんやジャスティンビーバーからアイドルや著名人が着用して人気が出ただけで、決してスラッシュメタルがブームなわけはない、ということはそのバンドの曲すら知らない、以前のブログでも記事にしたけどダウンタウンの番組で行われた企画もチェックしてみて。

BL16715040

完全なるブームだから落ち着くかと思いきや1年遅れくらいでここ日本でも爆発的に着用者が増えてきている、このブームはまだ続きそうだ、反吐が出そうだww

メタリカやスレイヤー、ましてはテスタメントのシャツまでもが一般ピーポーの間ではやっているのに対してアンスラックスって……スラッシュメタル四天王だよね?

本音でいうとメタリカやスレイヤーのTシャツを着るのはめっちゃ抵抗がある、(現在ね)けどアンスラックスとメガデスは特に抵抗がなく…特にアンスラックスに関しては月に2.3回は着用している、
メタリカやスレイヤーに比べれば少ないかもしれないけど着用している一般ピーポーもいるはず、パブリック・エナミーとのブリング・ザ・ノイズ

Anthrax & Public Enemy – Bring The Noise (Live)

そしてデザインも他バンドにはないストリート感も兼ね備えている、まさにクロスオーバースラッシュ、スコット・イアンはメタルとハードコアをクロスオーバーさせた張本人だしね、クロスオーバーがニューヨークで生まれそしてハードコア好きも1回はハマったであろうLAのSUICIDAL TENDENCIES、スケートロックなどもミックスさせスケートスラッシュ、
スケートチームZ-BOYSのメンバーの弟が中心となって結成したバンドだけあってストリート感、ギャング感が僕たちを熱狂させる要因だろう!

Suicidal Tendencies – You Can’t Bring Me Down

今聞いても新鮮である!!先日はアルバムも発売されたしね!現役でかっこいいバンド

Suicidal Tendencies, “Living for Life”

ANTHRAXにせよSUICIDAL TENDENCIESにせよいまだにグッズは人気があるよね、一般人からではなく本気で音楽やハードコアカルチャーが好きなヤツからね!

だから今ブームのメタリカシャツが着れないなら、今こそANTHRAXにせよSUICIDAL TENDENCIESグッズを着用しようぜ!CRO-MAGS, LEEWAY等のメタルハードコアなクロスオーバーなバンド達も要チェックだ!

その後たくさんの会話があったが山パイセンとの会話の締めくくりは

山パイセン
「別に何を思われようが好きなら関係ないけどな、けど当分メタリカは着んとくは!!」

その日山パイセンが着用していたのはD.R.Iであった。

もし自分が大好きなバンドのTシャツが、そのバンドのことを全く知らない一般ピーポーに着られ、巷では大流行してたらあなたはどう思う?

あなたの意見聞かせてください!

あなたの意見聞かせてください!

ちなみに今日、オカンはTerrorのシャツを着てました。お前もか~~!

河内野




追伸:

人気な現行クロスオーバーバンド、ちょっと前のバンド、スラッシーなリフがたまらないバンドなどなども紹介していこう!

Iron Age – Sleeping Eye of the Watcher

Alpha & Omega – No Rest No Peace

今の勢いが半端ない!
Power Trip – “Nightmare Logic”

スーパースターたちのクロスオーバースラッシュ!
IRON REAGAN – “A Dying World”

最近はこのバンドばっか聴いてますwはやいはやいはやい!!

Terrifier – Weapons of Thrash Destruction (Full Album, 2017)

忘れてはいけないのがAgnostic Frontだね!

若干ハードコア寄りになった3rd、この絶妙なクロスオーバーがたまらない!

Agnostic Front-“Liberty & Justice”

GHOUL – Ghoulunatics – official lyric video

バンドマーチ好きの河内野がなぜかバイク雑誌に載ったらしいぜ!

Dragonash

「悪いやつは大体友達」(自分は悪いヤツはだいたい避けてきましたけど)日本のhiphopの中でももっとも有名なパンチライン、ドラゴンアッシュのグレイトフルデイズのジブラのリリック、そして後半の「時は経ち、今じゃ雑誌のカヴァー」

ポジティブダイブも早10年(途中休憩あり)わたくし河内野もようやく雑誌に載ることになりました!(カヴァーじゃないけど)その雑誌はこれ

カスタムバーニング

バイク雑誌、カスタムバーニングである!そして河内野が映っている写真がこれだ!

power trip

僕だけカメラ目線…..しかもニヤついている、雑誌のカヴァーどころか特集をされたわけでもなくたまたまナイスポジションで偶然、写っただけなのであるwww期待させてしまってスマンw

(ニヤついている理由は後程)

この写真ってのは先日神戸で開催されたハードコアのフェスでもなくライブでもなく、バイクのカスタムショーなのである、中免すら持ってないんだけど、兄がバイク屋ってことで兄の仲間たちと参戦してきました。仲間って言ってもガラの悪いパイセンたちと

高速の車からの写真。


※アホだけど「今」を最高に楽しんでいる最狂なパイセンたちです(パイセンたちがこのブログを読まないことを願います…)

こういったバイクのカスタムショーなんかは生まれて初めての体験、もちろんバイクもたくさんあって物販もたくさん、バイク部品からアパレル、グッズなどなど、グッズのデザインなんかはバンドマーチと通づるものもあるし、男くさくて最高の空間だったぜ!

チョッパー

自分の知らない世界が広がっていて最高に刺激的だった、わざわざ体をむき出しにして危険なバイクに乗ること自体が普通じゃない、イカレてると思うんだけど、そこらへんはやはり僕たち激音好きに通づる部分があるなと。


出展されているバイクの中で一番のお気に入りはこのファイヤーパーターン、カウルからシート、おしり部分まで一体になっているラインがたまらなくセクシーでよい意味でバカっぽくて最高に好きだ!

ファイヤーパターン

雑誌に載っている写真、実はSMショーを待っているゲスい男たちの集まった場面が押さえられているのであるww僕のニヤけ具合でわかるでしょ?


バイクに興味なくただSMショーを見に来たカメラ小僧は女王様に「邪魔!!」と、ムチでカメラを落とされてましたwwちょっと切なくエモい気持ちになりました。

アホで超ドMなパイセンはSM嬢に踏まれてご満悦。「恥ずかしげもなく<もっと強く~~!>と叫ぶパイセンに若干引きましたけどww

SMプレイ

自分の知らない世界をのぞくのは最高に楽しい、来年には免許を取得してイベントに参加するぜ!ポジを愛用してくれているあなたはバイクは興味ある?、バンドのMVでもバイクはよく出てくるじゃない?「バイクも大好き」っているあなた教えてください!


今回参加したのはチョッパーというスタイルのイベントなんだけど、バイクのMVといえばパッと思いついたのがこれ!

Suicidal Tendencies Smash It Music Video Featuring Metal Mulisha

このチョッパーショーでもSuicidal Tendenciesのアイテムを装着しているイカツイ兄ちゃんたちはいっぱいいたし、Agnostic Front装着もちらほら、最高にテンションが上がったぜ!やはりバイクxハードコアはつながっているんだね!


さらに感じたのはスケートを持ち込んでいるお客さんも結構いたし、バイクxハードコアxメタルxスケートxエクストリームスポーツ、これらはつながってるんだなと!!

そういえばXIBALBAのMVでも一瞬だけどバイク映ってるよね!

XIBALBA “COLD” MUSIC VIDEO

デッキに乗ってバイクにつかまって結局こけてヒジがずる剥け….ケガも気にせずホットドッグを食らう、マジでアホだな~~!ww


ちなみにこのカスタムショーに参加したときはPower TripのTシャツを装着してたぜ!

バイクのショーだからさ、「だれも気付かないんだろうな」なんて思ってたけどさブースを出しているお店の人に声かけられましたwww

この日におきた最高にうれしい出来事、音楽の話もたくさんしたけど、バイク好きはクロスオーバースラッシュ好きがたくさんいるとのこと、その中でもやはりSuicidal Tendenciesは群を抜いて人気、崇拝してるんだってさ、「メタリカも好きだけどTシャツ着るのはハズかしい」らしい!しかし有名なSuicidal Tendenciesは全く恥ずかしくないとのこと、なんかその絶妙なニュアンスはすごいわかる….


知らな世界から入りろなことを学べた最高な日でした!

河内野