【待ってた】2018年初頭「ハードコア」オススメのリリース情報

B180125004

こちら京都舞鶴は大雪、約60cmの積雪、2時間ほどかけての雪かきで腰がスクリームしております。


最近でもないけど特に1月後半からハードコア熱が急上昇中、その理由はKnocke Looseの来日のおかげ・・・・

行ってねーけど!!


FYSとともにチケットを取るも行けず、この年になればいろいろあるんですよ(言い訳)といってもそのチケットは友人に譲りしっかり参戦してきてもらいましたよ!その友人にリアルタイムでインスタでライブ配信もしてもらったんだけど、音はバリバリ、ぐちゃぐちゃ、何を見せられているのかも理解できないくらいのライブ配信でしたww
後日にその友人が言った言葉。

「ピットが地獄」

とんでもなく盛り上がったんだ,
ということがすごくわかる言葉、その友人はずっと「アウッ!アウッ!」と、口癖になっています、行けなかった悔しさで「アウッ!アウッ!」を聞くたびにイライラしてますw


この「アウッ!アウッ!」KLファンならすぐにわかりますよねww


Pure Noiseってこともありポップパンク好きのお客さんたちからハードコアライブに始めていくお客さんなどと結構な数参戦したようで。

・ハードコアが好きになりました。

これからハードコアガンガン掘り下げていきましょう(^^♪

・ピットの治安悪すぎて、帰り道自分が強くなった気がしたんですが、コンビニにたむろしているDQNからしっかり目線をそらしました!!

めっちゃわかります、僕だったら妄想でDQNをボコボコにします、妄想でねww

・多ジャンルのライブよりオシャレな人が本当に多かったイメージでした!あとインフルエンザもらっちゃいましたww

ほかのジャンルのライブはあまり参戦できていないんですが、なんとなくわかりますよ!ハードコアキッズはファッションのアンテナも高いですよね!あとお大事に!





ハードコアライブの雰囲気、空気感ってホント独特ですよね、ハードなピットは完全イカレていますもんねwwこのままハードコアも好きになってくれたらマジうれしいです!



すんません完全に脱線してますね、ハードコア熱が急上昇ってことで今回は

注目のハードコアバンドのニューリリースを紹介!

Twitching Tongues

Twitching Tongues – Gaining Purpose Through Passionate Hatred
ニューアルバムが3月にリリースのTwitching Tongues、ハードコアの枠を超えてクラシックなヘヴィメタルサウンドをクロスオーバーしたサウンドが特徴的、新曲ハラキリも最高、18年度の10枚に入るかもしれないほど期待しているアルバムです!ジャケも最高!







HARM'S WAY

HARM’S WAY – POSTHUMAN
Death WishからMetal Bladeに移籍後初となるHARM’S WAYからPOSTHUMANが2月初旬に発売!超重量級のブルータルメタリックハードコア、美しいじゃけデザインからサウンドの進化はあるのか?早く全曲じっくり聴きたい期待の一枚である!








HARM'S WAY

Vein – SELF DESTRUCT
すでに発売はされているがThis Is Hardcore Fest17の出演で強烈なインパクトを残したブレイク必須Veinのep.
ブチ切れシャウトにメタリックでノイジーなギター、不協和音、カルト的な効果音など完全にぶっ飛んだバンドが誕生です!フルアルバムが一番楽しみなバンドである!







Stone

Stone – Inch of Joy
元ExpireのギタリストZachによるハードコアバンド、ハードコア界隈でも注目のバンドがついにフルアルバム発売、しかもPure Noise Records、Knocked LooseやTerrorとレーベルメイトだね!レーベルのプッシュもありブレイクするか!?グルーヴィーでモッシーでメタリック、マチガイナシ!







American Nightmare Self-Titled

American Nightmare – Self-Titled
これまたまさかのニューアルバム発売!!!15年ぶり!!さらにRise Recordsって!!初めてこのニュースを目にした時は目を疑ったね、そしてようやく2月の半ばにセルフタイトルで発売!!オールドスクールにほんのりとメタリックを足し若干のエモさハードコアパンクな疾走感、モダンオールドスクールハードコアパンク!ワクワクが止まらない一枚!WesはCold Caveでも活躍してるよね!








Turnstile

Turnstile – Time & Space
大出世!Code Orangeと同じくRoadrunnerに移籍、アルバムTime & Spaceは2月の23日に発売、ハードコア好きなら誰もが知っている現行ハードコアシーンの中でもNo.1の人気、来日も経験で日本でも爆発的人気のTurnstile、すでに新曲も数曲公開でハードコアの枠を超えて人気が爆発しそうな予感です!今作も国内版が発売されたらうれしいな!







Wolfpack Loathe

Wolfpack – Loathe
おフランスはパリ産ビートダウンハードコア、アルバム「Loathe」は3月に発売!前作はEurogy、今作はBDHW、まだ新曲は公開されていないがユーロ圏内ならではのThugいへヴィーサウンドに鉄板のビートダウン、そしてメタリック、ニューアルバムではさらに進化しているのか!気になる!







BDHWつながりでいうと新曲の安定感もッパなかったBORN FROM PAIN、そしてビートダウン系では何よりも楽しみなのがWORDS OF CONCRETENasty好きだったら間違いないんだけどそれだけじゃなくドラマチックな要素もプラスさせているあたりがツボなんですよね、アートワークもまだ発表されていないけど新曲が公開!





Die Young

Die Young – The God In Which We Suffer
テキサス産、Good Fight Musicから2月初頭に発売されるニューアルバムThe God In Which We Suffer、ミリタント・ヴィーガン・ハードコア!ミリタントでメタリックでありモッシー、ハードコアのいろんな要素が楽しめる最高なバンドだと、新曲も数曲公開、







ハードコアも本当に幅広いですよね、気にったバンドから徐々に掘り下げてあなたが本当に好きなハードコアバンドが見つかると嬉しいな!

なんの発表もないけど、TerrorAgnostic FrontMadballあたりが今年に新譜出してくれないかな~(切望)

僕の周りのハードコア好きは「え、そんな曲あった?」ってよく突っ込まれるんだけど、しっかりepもWisdom In Chainsとのスプリットだけど発売しているんだけどな~!最後はMadballのFor the Causeでお別れです!

河内野

追伸:
そうだ、ハードコアじゃないけどSleeping giantの新譜も発売だね、解散が決定しているのが悲しい・・・・

「松崎しげる」に学ぶブラックの魅力!

ブラック

黒のカリスマ、Shigeru Matuzaki「松崎しげる」とカルビーのスペシャルコラボ作品

黒いポテリッチ

が発売されたのはご存じだろうか?

ブラッケンド・ハードコアにも負けない漆黒なブラックしげるが「デヴュー!!」とスクリーム、雄たけびを上げるこの動画、そこら辺のMVよりもインパクトがあり僕の記憶の中に漆黒なブラックの愛のメモリーを刻んでくれた!

ポテリッチ「濃厚!しげるTV」 浮き出るしげる編

ブラックボディーにうっすらと映る漆黒のしげるシャツが販売されるなら僕は迷わず購入するだろう。

松崎しげる

35周年に発売されたアルバムはなんと14曲入り、すべてがしげるの代表曲(※それ以外知らねーけど)「愛のメモリー」という一般人が理解できないカオスなアルバム。さすがのカリスマ、やることが違うぜ!

この夏もいろんなカラーリングでバンドマーチのスタイリングをしてきたわけだけど、結局のところやっぱりブラックのTシャツを一番着用していた、バンドマーチの生産されているカラーの割合でいえば仕方がないんだが昔に比べればカラーヴァリエーションも増え柄のアイテムも増えている、のになぜブラックを選んでしまうのだろうか?

■黒色の心理効果といえば

 

・実際よりものを重く感じさせる
・強さや圧力、権力など力を感じさせる。
・高級感を与える。
・自己主張を強くする。
・暗い気持ちになる。
・老化を促進させる。


・ポジティブイメージ(一例): 高級、神秘、自信、威厳
・ネガティブイメージ(一例): 絶望、孤独、恐怖、暗い

■黒の性格・キャラクター


無口、ひとりが好き、音楽が好き、打ち解けない、嫌われ者と思っている、才能があると思っている、他人が怖い、孤独、独立心が強い、完璧主義、威厳、粘り強い、ポーカーフェイス、自信過剰、近寄りがたい、秘密主義、強情、干渉されたくない、芸術肌、反骨精神旺盛

参照元


合わせやすいってのが一番の理由なのかもしれないけど、「自己主張」「近寄りがたい」「芸術肌」「反骨精神旺盛」という部分ではすごく共感できる。もしブラックくらいほかのカラーが生産されていたのならわざわざブラックを選ぶのだろうか?もしそうであってもブラックを選んでしまうんだろうな。

僕に当てはまったのは

無口、(無駄なことはあまり話したくない)※若干コミュ障ですww
ひとりが好き、(群れるのがあまり好きではない)
嫌われ者と思っている(一般人からすれば…)
干渉されたくない(ほっておいてほしいw)

当てはまる項目が多すぎる。けどネガティブな要素、多くない?!!

けどブラックが大好きだ

ブラックのイメージ、あなたは当てはまった?

ブラックといえば、ベルギー産の暗黒大将Integrityと、東京のハードコアバンドCreepoutによるジャパンツアーがいよいよ来月からスタート!

INTEGRITY

INTEGRITY – “Burning Beneath the Devils Cross” (Official Video)



暗黒なハードコア、アングラ間でまくりのハードコアも人気ってことでおすすめのバンド貼ってくぜ!



ロス産、暗黒ハードコアTWITCHING TONGUES、ダークでメタリック、超絶ヘヴィーなサウンド!

Twitching Tongues “Insincerely Yours” (OFFICIAL VIDEO)





シカゴ産 、極悪ハードコアバンドNo Zodiac精神と時の部屋で修行しているような、とにかく重苦しいサウンドは病みつきになります!

No Zodiac – Santisima Muerte





極悪といえば忘れていけないのがXIBALBA

Xibalba- “GUERRILLA”





落としまくる落としまくる!もはや地獄絵図のような横網級スローパートは暗黒極まりない!Code Orange!!

Code Orange – Forever [OFFICIAL VIDEO]





僕の中ではやはり暗黒帝王といえばToday Is the Day!!聴いてるだけで体調が悪化しそうな病的変態サウンド。最初は受け継無かったんだけどね、今でもうやめられません!

Today Is the Day ‎– Sadness Will Prevail

掘り下げればきりがないほどいる暗黒ハードコアあなたのおすすめは?

では!

河内野

メタルTシャツがダサいと言っている奴は自分がダサいことに気づいていない!

posiblog16323001

隣にいたら席を2つ以上空ける!

臭そう!!

オシャレとはほど遠いところにいる人達!

メタルTを着てるとなんか引くよね!

なんか古臭い

田舎のヤンキーが着てそう!

こういう記事をネットで見ては「ふざけんな!!」一般人が!

「メタルTはダサいが褒め言葉なんだよ!」

「一周まわってかっこいいんだよ!」

なんて思っていたがこの考えも古いんではないかという考えにたどり着いた。

その理由は今から言うぜ!

思いもよらないアーティストたちがメタルTを着用しているんだよね!

定番のメイデンだけどポップシンガーのHilary Duffが着用!

posiblog16323002
ラグランシャツがいいね!ブラックパンツでロックに決めているのがグッド!

ティーンのあこがれのセレブなアーティストたちがこぞってメイデン!
メイデン

一般人が大好きなセレブがメタルTシャツを愛用しているんだぜ、流行にだけ流されているお前よそれでもメタルTシャツダサいって言える?

ほかにはスレイヤー、メタリカ、アンスラックス、メガデスなど王道のメタルシャツはセレブに人気なようだ!

中には着用しているバンドの音源自体を聞いたことのないヤカラもいそうだが、そこは今回置いといておこう!

デスメタルのロゴにインスパイヤされたハイブランドまで出てきているんだよ!

メタルアイテムやメタルデザインがオシャレ!と言わざるを得ない!

逆にど直球なデスメタルデザインをポップなアーティストがサンプリングしているグッズもたくさんある!

その例を見ていこう!
セリーヌディオンwwww

フィルコリンズ!!!!

メタルのデザインはイケているんだと証明できたよね!

コテコテのメタルデザインのワッペンを大量につけたハイブランドも去年話題になった!「蟹江さん!」 「ちがったカニエさん、あんたイケてるよ!」

特に最近はラッパーのPVにメタルシャツがよく出てくるんだ!

若手ラッパーでいま話題のBonesはBurzum シャツ!


※携帯で動画を見るにはここをクリック。

HIPHOP界の新星として大注目のTravis Scott、ファッションスターとしても有名な彼はなんとEXODASシャツ!!


※携帯で動画を見るにはここをクリック。

セレブだけでなく本気のアーティストたちもメタルシャツを愛用しているんよ、メタルデザインの流行は誠なのである!

宗教的で暗黒なシンプルデザインが流行なバンドマーチ、コテコテのメタルデザインもトレンドがきているから今のうちに取り入れておいたらあなたは最先端!

こちら日本でもメタルシャツを愛用しているラッパーもいる、


※携帯で動画を見るにはここをクリック。

メタルといってもマンソンシャツだけどKOHHのグッズではメイデンデザインのツアーシャツもある!

できればもう少しコアなバンドのデザインをサンプリングして欲しいな!

「メタルTはダサいが褒め言葉なんだよ!」「一周まわってかっこいいんだよ!」みたいな自虐的にな考えは捨てたほうが良い、堂々とメタルTシャツを着れば良いのだ!

メタルデザインがださくはないことがわかったところで次はスタイリングも重要なことがわかるよね、上記に上がったセレブやラッパーのスタイリングを取り入れることも重要!

イカニモ!なメタラースタイルも僕は好きだがやっぱりおしゃれにも着こなしたい、

これからだったらロング丈のシャツにメタルシャツを合わせるレイヤードなどもグッド!

メタルらしくないグッズをコーデのどこかに取り入れるのがポイントだね!

ゴールドのネックレスやバッシュ、ハットとかね!

コテコテのメタルシャツはダサくない!最強のアイテムだってこと!

メタルTシャツを馬鹿にしている一般人よ、よ~~くわかったか!!お前らがダサいんだよ!

そうだ、定番のメタルグッズも取り扱っているからチェックしてね!

ちなみにメイデンシャツは3枚、メガデスシャツは2枚、スレイヤー4枚、アンスラックス3枚、コテコテ王道メタルシャツも持ってます!ハードロックのシャツやロックTもいっぱい持ってます!ハードコ等は100枚以上だけど!

青春時代はメタルにどっぷりはまっていたからメタルも大好きなんです!ハードコアやデスコアとともにメタルシャツ、2016はいっぱい着用するぜ!

河内野でした。

2014年の流行の激音とファッションはこれだ!

posiblog20141218002

ポジティブダイブもリニューアルオープンってことで

あらにスタートをきったって感じてますが、2014年も数多くのバンドがアルバムを発売したね。

音の変化やバンドマンのファッションに関しても変化があった年だと思う。

音の変化で言えば、エレクトロな要素、いわゆるピコリーモなバンドも少なくなってきた代わりに
90年代半ばに流行したニューメタルなどミクスチャーやラウドロックの要素が強くなってきたね。

My Ticket Homeなんか聞いていると懐かしい気持ちになるし新鮮にも感じる。ギターをスクラッチするあたりが懐かしい。

※携帯で動画を見るにはここをクリック。

バンドマンの服装にも変化があるよね、見ての通り、オルタナやグランジ、メロコアなどを混ぜたような、サイズアップしている。

ここ最近の激音の主流としてはVansのエラですがコンバースのオールスターもまた主流になってきている。

My Ticket Home

ポップパンクがオルタナ、グランジよりのサウンドに移行していることもあってネルシャツも流行ってるね。

Title Fightや先日来にしたBasement、ポップパンクではないけどTwitching Tongues聞いていたらAlice In Chainsを思い出してしまう。後半のザクザク具合もたまんない!


※携帯で動画を見るにはここをクリック。

Alice In Chains自体がドゥーミーでいろいろな要素を昇華かしたバンドだかど今になって聞きなおすと本当に新鮮に感じる。口では表せないメロディーラインなんか本当に当時を思い出してしまう。


※携帯で動画を見るにはここをクリック。

個人的にはDiamond Youthが最強なんですがね。


※携帯で動画を見るにはここをクリック。

Seahavenなんかもそうだね、アメリカの田舎を想像させると言ったら失礼かな、アメリカの田舎のバーでいそうな兄ちゃんたちってイメージのファッション、渋いんですよね、スキニーではなくスリムなパンツってところも変わってきているかな。

Seahaven

90年代ファッションのリバイバルとともにこの流れが来ているようです、Emmureのサウンド、このMV見ているとどうしてもLimp Bizkitを思い出してしまう。


※携帯で動画を見るにはここをクリック。

Rage Against The Machineから影響を受けているThe Warriorsはちょっと早すぎたのかなww新譜出さないかな~?、


※携帯で動画を見るにはここをクリック。

Stray From The Pathはうまく波に乗った感じだね。


※携帯で動画を見るにはここをクリック。

そんな中でもISSUESは群を抜いて人気爆発したね、やはり洒落なバンドマンがいると人気も上がるね。彼らがよく愛用するホッケーシャツやベースボールシャツ、ナンバリングシャツなんかも今年は流行したね、


※携帯で動画を見るにはここをクリック。

服装はやはりワンサイズ大きめで細めのパンツ、ヒップホップなどとの距離感が縮まってきているようにも感じる、ハードコアxヒップホップってのは昔から繋がりがって共演しているのをよく見るけどポストハードコアとの共演も今後は増えていくでしょうね。だからヒップホップなんて聞かね~よって方はついていけなくなるかもよ。

ハードコアバンドとよく共演している、ASTROID BOYSも激音ファンのあいだでも話題になっているしね。


※携帯で動画を見るにはここをクリック。

硬派なメタルやロックスタイルで行くのもしストリート感を強めに出してコーデしていくのもアリ、バンドマーチでスタイルを楽しんでいきましょう。

まだまだ知名度低いHellionsなんかも注目だね、いつの間にかRIse Recordsだし、もっと叙情的なサウンドだった気が……..にしてもMVもメンバーもシャレオツ、これはクルね!


※携帯で動画を見るにはここをクリック。

ニューメタルでもラウドよりのポストハードコアではSworn Inはジワジワ人気が出てきているね、グッズも良く売れます。やっぱりオールブラックコーデははかっこいいね。


※携帯で動画を見るにはここをクリック。

パーカーはプルオーバーが人気、以前は断然ジップがメインだったのに、これもバンドファッションの変化ですね、大好きなバンドTシャツが見せれないっていう点もあるけど、プルオーバーは一つのアウターとして成り立つアイテム、それ以外にも胸にワンポイントのプリントってのも今年のトレンドかな、ワンポイント+ポケットTも今年からだよね、そう考えると2014年のバンドグッズも進化したな!って感じるね。
Sworn In

ポストハードコアバンドとともに硬派なハードコアバンドのグッズも一緒に購入する人が増えた、距離感が縮まってきているのを実感した2014年でもありました、Your Demiseの貢献度が半端ですよね、ファッションに関してはオールブラックからド派手な柄物、ハットにナンバリング、ベースボールシャツ、いろいろな流行が生まれました。

流行を気にせず自分あ好きなものだけを着て貫くかっこよさもあるけどワンポイント流行のアイテムを入れておしゃれに決めるのもあなた次第、ま、両方すればよい!って感じです!

僕なんかは細めに決めるのもダボダボに決めるスタイルもオールブラックからメタル一直線の格好もするからいろいろなスタイルで楽しんじゃえって感じ!

2015年はどんなアイテムが現れどんなバンドが現れ、どうなっていくのか本当に楽しみで待ち遠しい、いろいろなジャンルを昇華するニューなバンドも現れるだろうね!

ニューといえばポジティブダイブも新しくなりました。もうチェックしてくれた?リニューアルオープンを記念してスーパーウルトラビートダウンなセール開催中です!

スーパー・ウルトラ・ビートダウンなセールページは下記のバナーをクリック!

7.8iv006

かなりのハイペースで注文いただいているけどまだまだやばいグッズが残ってるからね、まだこのブログなどでしか伝えてないからまだまだチャンスはあるよ!じっくり吟味して自分の分を確保してから友人に教えてあげてね。

今日紹介したバンドのグッズもあるかもね!

12月22日(月)夜9時まで

クリスマスに忘年会、年末年始、色々と出かける際は毎日違うバンドグッズでスタイリングしてお出かけしようぜ!

ではまた!

河内野でした。