【Disturbiaボンバージャケット】まさにボンバー、爆発してしまうくらいかっこいジャケットだ!

前回に続き最強なDisturbiaのジャケットを紹介していくぜ!

今回もMサイズを装着(173cm x 69kg)

インナーはホワイトのプルオーバーパーカーでホワイトとブラックのみでスタイリング!

流行のボンバージャケットには出せないデザイン力がこのバックに集結している!

一つのリングに繋がっているタフなライン。
パラシュート部隊からヒントを得たデザインのようだ!

お尻を覆うくらいの丈感も魅力の一つだが、やはり、リングデザインがお気に入り。

ミリタリーをモチーフにストリート感も出しながらの暗黒なモード感を
ミックスさせている最強のデザイン!

ボンバージャケットではお馴染みの腕にジップポケット、
  ※本来はシガレットポケットと言われている。

布を重ね貼りし、ドローコードも装着、切れ味悪いナイフなも
弾き飛ばしてくれそうなタフな作りだ!

バックも2重構造で想像を超えるこだわった作りだった!

フロントは開けても占めてもかっこいいシルエット、ストリート感もあるので
今回のようなモノトーンコーデでなくとも合わしやすい無二のジャケットである!

インナーのパーカーはLサイズ、Mサイズのジャケットは少し窮屈、
パーカーやTシャツのサイズと合わせたほうがいいかもね!

パーカーを脱いだ場合の首元はスッキリ、肩にかけてリングを繋ぐラインが
チラ見えするのがポイント!

パーカージャケットと同様に意味もなく出かけてしまいたくなるほど
イケている最強ジャケット。

パーカーを脱ぐとかなりすっきりしたクールなスタイリングも可能。

この時点でインナーにはTシャツ+ロンT+ヒートテック、十分暖かい。

そうだ、裏生地もサラサラとした光沢ある裏生地が装着されしっかりしている。
熱も通しにくいしさすがの本格アウターである!

裾にもドローコード装着でシルエットの変化も自由自在。

さりげないDISの刺繍も最高だぜ!

リングを囲んでいるラインがフロント裾にまで、これまたさりげなくこだわった
ニクい演出だ!

サイドから見たときの腕のジップ、そしてリングのラインが少し
浮いているのが分かるだろうか?

動きによって変化するこれまたニクい演出!

何度も言うようだが、やはりこのバックスタイルのシルエットが最高にかっこいい!

胸ポケットにはiPhone6sが余裕で入るくらいの大きさだった。

いつかこのジャケットを装着してスカイダイビングがしたい!

インナーはマッドボールシャツ、ハードコアアイテムであろうがばっちりハマるジャケット。

ジャンルを超越したジャケットがこのディスタービアのボンバージャケットだ

注文してくれたあなたのスタイリングも待ってるぜ!

あなたはフードジャケット派?それとも今回のボンバージャケット派?

僕は当然、両方手に入れちゃいましたww

撮影場所は家の近所なんだけどさ、いたるところに「クマ注意」の看板。
ここ最近クマの目撃情報が多発してんだよね!

僕の対策はアイフォンでガンガンハードコアソングを流す!

新しい音源が楽しみなTerrorでクマは一切近寄ってこないことでしょう!

■Terror “Bad Signs” Official Music Video■

では!

河内野

追伸:
ちなみにさ、メーカーが1点サイズ間違いで送ってきやがったんだよね!
これ毎回……..

Sサイズの在庫が1点手元にあるから欲しい方はメールしてね!
先にメールいただいた方に明日連絡します。

ハードコア・アイテム装着で青葉山ハーバルビレッジに行ってきた!

スポーツの秋?いや、断然、食欲の秋っしょ!!!

最近、食いすぎるんだよね、特に米、米がうますぎる!!!毎回おかわり、
そのせいで腹がデブってきた。

いきなり走るのはキツいから、今回もお散歩、ウォーキングってヤツをしに
青葉山ハーバルビレッジにやってきた。

ようやく秋らしく木々が色づいてきた、あいにくの雨だが…….

青葉山ハーバルビレッジってのは今年の5月にオープンした「人と自然がつばがる」
がコンセプトの施設。

家から来るまで10分程度の山の麓にある施設、

到着まで10分程度だがしかりBGMは厳選してドイツの叙情派、Destinyで!

◆Destiny “Forsaken Love”◆

胸打つエモーショナルな旋律、思わずスピードも上がる、
号泣しながらダッシュするイメージ、スポーツのBGMとしても優れた曲だ。

そういえば叙情派ではないがジャズやフュージョン、ヒップホップを取り入れた
プログレッシブなハードコア、キャンデリアの新譜、聴いた?

◆Candiria “While They Were Sleeping”◆

青葉山ハーバルビレッジのマップをチェック!

何の情報もなしに来たが、一人で来るところではないね、あったかい家族が楽しく
はしゃいでいる姿が想像できるような場所である。

さみしい……

駐車場にめちゃめちゃ猿いるんですけど~~~~~!!

この施設で働く若い子達が棒を持って追っ払っていたが、
人間が逆に猿に遊ばれているようだった。

店員さんドンマイ!

この日見た猿は30匹ほど、もう猿と戯れる施設にしてみてはどうだろうか…..

落ち葉を見ていると、黄色やオレンジ、エンジなどを取り入れた
コーデがしたくなってくるんだよね。

完全病気だね。

今回はAgnostic Frontのコーチジャケット(XL)を装着。

ネイビーだからエアマックスのブルーと合わせてみた。

こうやってみるとカーキのパンツとイエローやオレンジの相性って抜群だと感じる。

そういえばさ、以前紹介したオレンジのパーカーあるじゃん?

そう、Sylarのパーカー、これ11月の後半に発売決定だよ!!!待っててね!

袖プリントやばいね!

ロックガーデンってのを見つけたんだが全然ロックしていない
、大きな岩が数個並んでいるだけだった……

この鮮やかなグリーンを見るとAttilaのアルバムを思い出すねww

新譜どうだった?

ロッジのシャレオツな建物が並ぶ。

ここはビジターセンターとワークショップ。

すごく感じの良い店員さん?受付の人たち、「惚れてまうやろ~!」キレイなお姉さんもいた。

お姉さん「よかったら、見てってください」

河内野「ぶはい、ほい!」

ハイという2文字をかんでしまった、情けない…..

エモい気持ちになりました。

紅葉を見ながら休憩。

そしてシャレオツなカフェやショップを発見。

こんな別荘がほすぃ~!

カフェでは美味しそうなポケットパンが販売。

しかーし、目的はカロリーオフ!パンは諦める!

アイスコーヒー(¥300)を購入!

紅葉を見ながらシャレオツなカフェでコーヒーを飲む、ちょっとリッチな気分!

紅葉や枯れた木々、落ち葉なんか見てると頭の中でCounterpartsが流れてくる。

Violent Side のホワイト・プルオーバー(Lサイズ)廃盤

Agnostic Frontのコーチジャケット(XLサイズ)廃盤

を装着、ホワイトとネイビーの相性って抜群だよ、爽やかさやユース感もでる
カラーコーデ。

パーカーとカーキのパンツの間には迷彩のシャツでレイヤード。

色を使いすぎないようにパンツのカーキに合わせた迷彩シャツ。

Reaper Recordsのロゴが袖にリピート。

3年以上前のパーカーだが、袖プリントはバンドマーチの定番。

現在のトレンドにもなってるけど、僕たちからしたら当たり前のデザインなんだよね!

このカフェ、最高に落ち着く、土日は人が多いそうだが平日は少なめ、
また癒されに来よう。

この時期ぴったりの叙情派ハードコア、Counterpartsを流しながら
およそ1時間近くもチルしてしまいました。

「イヤホン持ってきたらよかった~~~!」

紅葉と叙情派ハードコアのマッチングは最強でした!

hb161115022

そういえば叙情派ハードコアのグッズあまり持ってない!!!

以前発売されたCounterpartsの限定シャツ、お客さんが「どうしても」ってことで
譲ってしまったんだけどちょっと後悔……..

再販売は絶対にないんだよな………..

メーカーにどうにかならないか連絡してみよっと!

来年には来日だし、限定のアイテムで参戦したら羨ましがられるだろうな……..

アグノに合わせてNYロゴ(アフターベース)のキャップ装着!

サイズはまとめると、

こんな感じ!

今回はウォーキングで終わったが慣れてきたらしっかりジョギングして体重落とすぞ!!

米(ライス)の誘惑には負けないぞ!!!!

では!

撮影場所

撮影で着用したアイテムについて

全て廃盤

Counterpartsグッズ!
パーカーやコーチ、ジャケット、アウター類



追伸:

迷彩のシャツはレイヤードに大活躍!

ブラックパーカーとの相性も抜群です!

一枚持っておくといいよ!

hb161115002