【ハードコア】Knocked Loose好きなら聴いておかないといけない現行のハードコアバンド!

ノックドルーズ

グラミー賞「最優秀メタル・パフォーマンス」部門はCode OrangeでもなくBody Countでもなく期待していたAugust Burns Redでもなくマスト丼の “Sultan’s Curse”でしたね!

Mastodonもかっこいいけど、ABRに期待してた分ちょっと残念かな、そしてだれも気にしていないだろうけど、われら日本代表のエモーショナル・スピリチュアル・キーボーディスト、喜多郎さん(KITARO)最優秀ニューエージ・アルバム部門を逃したようだ……

喜太郎

そもそもなんでグラミー賞ってメタル部門があるのにパンクハードコア部門がないのだろうか?ロック、オルタナティブ、ポップス、R&B、ヒップホップ、ジャズ、ダンス、クリスチャン、などなど、全84部門あるんだからさ~、1つくらいあってもいいと思うんだけど。受賞歴のあるグリーンデイとかじゃなくて本気のパンクハードコアだけどね!!


前回のブログでは注目のハードコア・アルバム・リリース2018の記事をアップしたんだけど、Kocked Loose来日効果もあってハードコアを好きになっているキッズが増えてきている、数年前のYour Demise効果と似たような感じだね。

そんな中、SATOさんからこんなコメントが届いた。

ハードコアに最近ハマりだしたんですが、何から聴き始めたらいいですか?

SATOさんはよくポップパンクのグッズを購入してくれていることから、ポップパンクからハードコアも聴き始めたという流れになるんだと思うんだけど、メタリックなハードコアよりもオールドスクールなパンク経由のハードコアが入りやすいかも!とも思うんだけど、knocked looseに衝撃を受けたことからメタリック、ビートダウン系も全然イケる口だね、そうなると難しいね。


マジでハードコアも幅広いんです!


オールドスクール・ハードコア
ニュースクール・ハードコア
カオティック・ハードコア
クラスト・ハードコア
モダン・ハードコア
メタル・ハードコア
クロスオーバー・ハードコア
ミリタント・ハードコア
ビートダウン・ハードコア
ダウンチューン・ハードコア
ユースクルー・ハードコア
モダン・ユースクルー・ハードコア
ストレートエッジ・ハードコア
ヴィーガン・ハードコア
ノイズ・ハードコア
ファスト・ハードコア

ここからさらに細分化もできるしきりがない・・・・

まずはパンク・ロック/ハードコア史を読んでもらうのもいいかも!ハードコア、パンク史の本なんだけどハードコア寄りだから、ここから掘り下げるのもオススメです!

ハードコア
Amazon:パンク・ロック/ハードコア史



映像から入るのもあり、アメリカン・ハードコアのDVD

B180120013

Amazon:アメリカン・ハードコアDVD




現行で活躍しているオススメするハードコアバンドを紹介していくね。



SATOさんにオススメすることを前提にチョイスしましたよ!


LIONHEART

先日の「俺の10枚」にも登場したアメリカはカリフォルニア産のメタリックモッシュコアバンドLIONHEART/ライオンハート、思わず垂直に飛び跳ねたくなるストンピングルーヴなハードコア、そしてキャッチーな部分もあって聴きやすいハードコアバンド、




Brutality Will Prevail

ハイセンスなUK産ヘヴィー・ビートダウン・ハードコア、暗黒度も高め、グルーブ感も強め、ノリやすく踊りやすいハードコア、前作はちょっと凝った感あるハードコアだったんでシンプルな初期かMVの曲も入っている新作がオススメかな。





Desolated

Brutality Will Prevailとともに現行のUK産ヘヴィー・ビートダウン・ハードコアを代表するバンドDesolated、ユーロハードコアの中でのトレンドを築き上げるバンド、メタリックで重苦しいほどのヘヴィーサウンドなんだけどキャッチーで聴きやすい、Knocked Looseが好きだったら間違いなし!





Kublai Khan

テキサス産ダウンチューンハードコア、超絶危険なモッシュピットが想像できる破壊的なヘヴィーサウンド、とにかくヘヴィーなハードコアを求めるならKublai Khan





Left Behind

ウェストバージニア産ヘヴィー・ビートダウン・ハードコアこちらもとにかくウルトラヘヴィーで超重力を感じれるハードコア、独自の暗黒な世界観があるバンド、ボーカルの声質もウルトラヘヴィーです!





Varials


ダウンチューンモッシュハードコアの中でも大きな注目を浴びているフィラデルフィア産バンド、オシャレなジャケからは想像できないくらいのヘヴィーなサウンド、FEARLESSからのリリースってことから多ジャンルからの注目も高く知名度もうなぎのぼり、ズンズンと落としてくるビートダウンはたまりません!Knocked Loose並みにブレイクが期待されているバンドなんで要チェックです!





Backtrack

「俺の10枚」で一番多く登場したハードコアバンド、NYHCを基調にメタリックでもスラッシーなクロスオーバーなハードコア、軽快でクラシカルなハードコア要素も強く聴きやすく踊りたくなるハイクオリティーなハードコア、





Incendiary
来日の記憶も新しいNYはロングアイランド産ハードコアバンドIncendiaryも注目のハードコアバンド、モダンな現行USハードコアのグルーヴ感とクラシックな90’sハードコアな空気感がミックスしたオリジナリティー強めのバンド、





ヘヴィーなハードコアばかりで疲れたときはオルタナティブな要素が強いトレンドのサウンドを奏でる現行ハードコアシーン最高峰TURNSTILEからSlope、Higher Power、などものハードコアもオススメ中でもDrug Churchも注目なバンドである!

Drug Church

ハードコア、パンク、オルタナ等をクロスオーバーさせたサウンド、オルタナティブな要素強め、入り口としては入りやすいバンド、だけどクセが強いから好き嫌いは分かれそうだ!





いかがでしたか?Knocked Loose好きだったら間違いないバンドばかりでしょ、中でもダントにセンスを感じさせるKnocked Looseってやっぱスゲーな!!


次回は河内野的、絶対に聴かなきゃハードコア好きとは語れない名盤10選を紹介するぜ!あくまでも河内野的ね!

では!

河内野

【17年度】「つよさん」が選んだ2017年度「最強な10枚!」【No.4】

TUYO171220001

2017年も残すところ10日をきったぜ!いよいよ2017年も終焉を迎える!!

17年度、「俺の10枚」も数多く届いているんだけど、自分の10枚が選びきれない、そう思うとあなたも悩んで悩んで最高の10枚を「時間かけて選んでくれたんだ!」と思うとマジでうれしいです!!そしてありがとう!

先日発売されたFacedown Records所属For All Eternityの最新アルバム「The Will To Rebuild」がやばすぎたんだよね、俺の10枚に入るか?入れないか?マジで迷う……..

迷ている間にも数多くの「俺の10枚」が届いているわけで、今回は「つよさん」が選んだ「俺の10枚」を紹介していくぜ!!

BLG161201052-0俺の10枚


コンヴァージ

1枚目はConverge最新アルバム「The Dusk In Us」狂気で彩られた暗黒かつ美しい最強のアルバム、何に形容もしがたい無二のサウンド、わたくし毎日聴いてます!!








コード・オレンジ


Code Orangeからはグラミーにノミネートされている作品「Forever」やはり彼らの魅力は圧巻のライブパフォーマンス、ライブ映像も必見です!!








カムバックキッド

カナダを代表するハードコアバンドComeback Kid、6枚目のアルバム「Outsider」前回は減っていた叙情性も復活し疾走かつエモーショナルでモッシュ&シンガロング必須の最強のモダン・オールドスクールハードコア、ゲストも豪華でまさかのDEVIN TOWNSENDってのは意外だった!








バックトラック

Bridge Nine Records所属、前作同様、Terrorのニックがプロヂュース!「ついこないだ」と思っていた前作から3年、待ちに待ったBacktrack 、現行のハードコアのスタンダード的な一枚!さらっと聴けるんで100回以上は軽く愛聴してます!タフでストレートでグルーヴィー、ハードコアの魅力がすべて詰まった最強アルバム!








スロープ

BDHW Records所属のジャーマンハードコア、TurnstileやTrapped Under IceやAngeldustなどのPop Wig Records好きならたまらないバンド、BDHWのサンプラーの1曲目を飾っていたぐらい期待されているハードコアバンド、MVやジャケットアート、マーチのセンスも抜群です!








ゲット・ザ・ショット


カナダはケベック産メタリックかつグルーヴィーな注目のハードコアバンド、ハイピッチなボーカル、グルービーに歌ったりと個性が爆発している!ハードコアxクロスオーバーな作品の中でも群を抜いて完成度高い一枚!僕も購入する予定!








ヴィクティム・オブ・ディセプション

TRIPLE VISION所属、東京産5ピースのデスコアバンドVictim Of Deception世界基準のサウンドそしてヴォーカル….才能あふれるボーカリスト・Daichiさんは急病で亡くなられたようで……日本だけでなく世界の中でも重要な17年度のデスコア作品である!








ウィー・ライド

Victory Records所属スペイン産ハードコアバンド、なぜかYoutubeの広告でよく流れてきたときは「女版Comeback Kidか?」という印象で速攻チェックしたのを覚えています!ハイトーンが心地よく、程よいエモーショナル、モッシュパートやブレイクもレベルが高くコーラスでは思わずこぶしを上げて一緒にシンガロングしたくなる最高な一枚でした!








テラー


まさかのPure Noiseへの移籍、からのあいさつ代わりのEP、MADBALLの「Step To You」のカバーには震えましたね!NYHC、極悪兄弟、フレディーとロジャーがゲストボーカルで参加と俺得な一枚、日本盤歌詞対訳付のALLIANCE TRAX盤、日本版を買うべき!相変わらず己の信念を貫くぶれない奴ら!お気に入りはKill ‘Em Off です!「キルモ~キルモ~♪」








ディス・パッチ・オブ・スカイ


バンド自体知らず、ダンケルク産に教えていただいたバンド、ジャケットのような浮遊感、別世界、異空間にトリップできる一枚、このアルバムのおかげでよい夢見れました!








BLG161201052

つよさんが選んだ2017年の最強の1枚
Code Orange の Foreverでした!

コードオレンジ








BLG161201053

つよさんが選んだ2017年の最強の名曲
ConvergeI Can Tell You About Painでした!








BLG161201054

GET THE SHOT – BLACKENED SUN FEAT. JESSE BARNETT









BLG161201055

This Patch of Sky / These Small Spaces

This Patch of Sky These Small Spaces








BLG161201057

Alazkaのblack×goldのパーカー

ちょっと画像が見つかりませんでした…








BLG161201059

仮面ライダー平成ジェネレーションズfinal








つよさん最強の10枚はどうだった?頭文字がCOで始まるバンドの3連ちゃんで始まり、ハードコアをメインにデスオアVictim Of Deception、そしてインストゥルメンタル/ポスト・ロック・バンドThis Patch of Skyで幕を閉めた。


そんな最強の10枚の中でつよさん最強の1枚Code OrangeForeverこれでグラミーを獲ればハードコアだけでなくラウドミュージックの歴史的傑作に!グラミーが楽しみである。まさか異形のハードコアバンドがこんな大きい存在になるとは!!


Get The Shotはついさっきポチりましたよ!超好みなサウンド、ボーカルの声も大好き!MVも最高でした。


This Patch of Sky の These Small Spacesのアートワークが出来上がるまでの工程がMVになっていますね!これくらいイジれたら楽しいだろうな~!



Alazkaのblack×goldのパーカーはどんなデザインなのかとても気になりますね、そして最後は仮面ライダー平成ジェネレーションズfinal、全く未知の世界、仮面ライダーの進化にびっくりでしたww

つよさん、最強な「俺の10枚」ありがとう!



引き続き2017年度「俺の10枚」アンケート募集中です!

【17年度】するめイカさんが選んだ2017最強な10枚!!【No.3】

surume171217001

2017年も残すところ12日、2週間をきったぜ!

またまたうれしいニュースが飛び込んできた!人気爆発中のハードコア「Turnstile」のアルバムが2月23日に発売される!タイトルはTime & SpaceさらにレーベルRoadrunner Recordsから!!!!すげ~出世したね「Turnstile」マーチの入手が難しくなりそうだ、Pure Noiseあたりに来てくれたら最高だったんだが…




来年のことは置いといて、今回も2017年度「俺の10枚」で盛り上がっていきましょう!

今回はするめイカさんが選んだ「俺の10枚」を紹介!



ではスタ~~~~~ト!!!


俺の10枚

WSTR

UKはリバプール産No Sleep Records所属のポップパンクバンド「WSTR」、前作よりもポップパンク度数高めになりましたね、天気の良い日にいっぱい聴いた作品でした!








Grayscale - Adornment

Fearless Records所属フィラデルフィア産5ピースバンド、エモ色、オルタナ色強めだけどポップパンクをルーツに持つ、とにかくメロディーが素晴らしいバンド、ジャケもいいですよね!As It IsのPatty ゲスト・ボーカルとして迎えた2曲目Come Undoneは名曲ですよね!!








Knuckle Puck - Shapeshifter


1月には来日も決定しているRise Records所属、シカゴ産5ピース、ポップパンク・バンドKnuckle Puck、数多くいるポップパンクバンドの中でもトップレベルの人気を誇るバンド、ポップパンク部門があったら間違いなく3本の指に入る名作ですよね!








Seaway

Pure Noise Records、ICE GRILL$ RECORDS所属のカナダを代表するポップパンクバンド、ポップセンスはずば抜けていますよね、夏は何度このアルバムをリピート再生したことか、夏だけじゃなく寒い今でもVacation聴いて夏の思い出に浸ってます!








ネックディープ


Hopeless Records所属イギリス・レクサム産のポップパンクバンド、3枚目となるアルバム「The Peace and the Panic」でさらに人気が爆発、名曲だらけのアルバム、in bloomは400万再生とポップパンクバンドの中でも群を抜いて人気ですね、脳裏に植え付けられるメロディーセンス、ふとしたら歌っちゃってますもんね!








カウンターパーツ

Pure Noise Records所属、カナダが誇る叙情派ハードコアの雄もう5枚目にもなるんですね、とにかくこの「You’re Not You Anymore」ジャケがハイセンス、レコードプレイヤーもってないのに購入して飾ってますww叙情派好きから、そうでない人もはまる楽曲センス間違いなく17年度の叙情派No.1ですね!








Stray From The Path

Sumerian Records所属、NYはのロング・アイランド産ミクスチャーメタルコア!!政治的な曲でも問題になったりと話題性も抜群、ETIDやKnocked Looseのメンバーも参加な豪華なアルバム、ヘイトがたまったときによく聴いた一枚である、








ロイヤル


オランダ産LONG BRANCH所属のメタルコア・バンドThe Royal!!ドイツのフェスではCrystal Lakeと共演ということで知ったバンド、僕的にはAugust Burns RedやParkway Driveが頭に浮かんだ、ただ似ているっていうんじゃなくてそれくらい完成度が高いってこと!日本での人気が爆発するのも近いかも!








ナーウルブス

UKでは想像を超えるほど人気なスケートパンクバンドGnarwolves、ポップ・パンク・ムーブメント前回の中、貴重な存在、荒くアグレッシブなメロディック・パンクが大好物な僕としては最強な一枚でした!








バックトラック

Bridge Nine Records所属、前作同様、Terrorのニックがプロヂュース!「ついこないだ」と思っていた前作から3年、待ちに待ったBacktrack 、現行のハードコアのスタンダード的な一枚!さらっと聴けるんで100回以上は軽く愛聴してます!タフでストレートでグルーヴィー、ハードコアの魅力がすべて詰まった最強アルバム!









するめイカさんが選んだ2017年の最強の1枚
Knuckle PuckShapeshifter でした!
ナックルパック








BLG161201053
するめイカさんが選んだ2017年の最強の名曲
Knuckle PuckWant Me Around でした!









BLG161201054

Neck Deep – Motion Sickness









BLG161201055

Grayscale – Adornment

グレースケール








するめイカさん最強の10枚はどうだった?Wstrで始まりポップパンクの名盤が続く、そこに叙情派CounterpartsやミクスチャーコアのStray from The PathにメロディックなメタルコアRoyal、スケートパンクGnarwalvesでハードコアBacktrackと最強な10枚でした。

2017年の最強の1枚はKnuckle Puck の Shapeshifterとポップパンクの歴史上欠かせない一枚をチョイス、17年度最強の名曲には同じくKnuckle PackのWant Me Around!!

MVはNeck Deep – Motion SicknessとNDのライブ映像、オフショットやスケートシーン、遊園地で遊ぶシーンなど共にNDと旅しているような錯覚を覚える映像に名曲サウンドが乗る、メンバーのスタイリングなどもじっくり見れるし、ファッションが好きな人も楽しめ、参考になるMVですね!

17年度No.1のジャケットアートはGrayscale の Adornment、おじいさんの頭部がアイランドとなったデザイン、配色やリアルなタッチ、昔なら思わずジャケ買いしてしまう一枚である!





するめイカさん、最強な「俺の10枚」ありがとう!




引き続き2017年度「俺の10枚」アンケート募集中です!

「Stay SIck」ステイシックのSick Sportウィンドブレーカーを装着し「吊り橋」を渡ってきた!

ステイシック

つり橋効果とは?

不安や恐怖を強く感じている時に出会った人に対し、恋愛感情を持ちやすくなる効果のこと。

とは全く関係なく、Bridge Nine Records から発売されたBacktrackが最高だったことから…..「ブリッジ」⇒「橋」⇒「吊り橋」ってことで、今回はステイシックのプルオーバータイプのウィンドブレーカーに身を包み、京都は福知山市大江町にある新童子橋(つり橋)に行ってきた!

本日の気温は14℃と11月の終わりにしてはまだ暖かい、が、あいにくの雨、駐車場に車を止め、吊り橋への道を確認する。

ステイシック・アッティラ

かなりアバウトな地図、駐車場から続いている道をとにかく進む!

Staysick

道をふさぐ大きな岩、「道ないんですけど~!」

普通に間違えた!

Staysick Clothing

正しい道を発見、しっかり赤鬼が目印になっていた。
Stay Sick

つり橋よりも先に山を登ると鬼の博物館があり、4~5年前にはそこで撮影をしている、時がたつのは早い!その時はブラダリのシャツにグレイブテイカーのデニムジャケットを装着していた。

前回の鍾乳洞への道並みに心臓破りな坂を上り本格的な入口を見つけるもフェンスで入れないと思いきやしっかりフェンスに書いてある。

とびらをあけて通行してください

Stay Sick Clothing

フェンスにはひもが巻き付けられ、それをほどき、いざ突入!

ATTILA

「もののけ」が出そうな大自然の中道を進むと「鬼の爪跡」を発見、鬼ってデカイんだな……

ATTILA アッティラ

ここで足がつる…完全に運動不足である。ストレッチには最適な大きな岩である。

Stone Hardcore

岩といえば石のでかいヴァージョン、石といえばストーン、そうPure Noiseからの新譜が楽しみなStone発売は2月28日、まだまだのようでもうすぐ、楽しみなリリースである。

にしてもリリースラッシュだし、来日ラッシュ、僕たちにとって最高な日々が続いてるね!

数百メートル歩き見えてきた吊り橋

Pure Noise

けっこーすげ~~じゃん!

ちょっくら感動してますww

吊り橋

もっとチープで、イカニモ崩壊しそうな吊り橋を想像していたからだいぶ安心したww

ロープも極太の鉄ループだからね、無事に生きて帰れそうだ。

ステイシッククロージング

一応気合い入れました。橋の名前ではなく川の名前が刻まれているのは少し不思議である。

大江山吊り橋

「うん、しっかりしている」、滑りやすいコケ以外は問題なさそうだ。

インスタ映えない

入り口は鳥居になっている、こういったこだわり、素晴らしす!

大江山 観光

紅葉は今が最盛期、ビューティフォーな景色、おいしい空気、よきかな!

紅葉 バンドTシャツ

写ってはいないが板の隙間から下界がうっすら見える、それが恐怖を植え付ける。

Stay Sick

今日は実は感じないほど高いところが大好き、この橋はどれくらい揺れるのか検証してみた。

釣り橋 大江

揺れる揺れる、揺れる思いby ZARD….床板がうねるように揺れる、これはスリル満点である、クラスに一人はいたよね揺らす奴…..

冒頭でいった吊り橋効果って実際どうなの?ちょっと気になった…..実証する相手すらいない「黄昏る河内野」悲しい1枚である。

吊り橋効果

小雨が降っていたんだけど、このステイシックのウィンドブレーカー、しっかりと雨をハジいてくれています!

Stay Sick

無事生還

Sick Sport ウィンドブレーカー(ブラック)

まだ先がありそうだと進むと通行止め、先日の台風の影響だろう。にしても真っ赤な看板と大自然と僕、我ながら「良い感じだ!」

Bridge Nine

鋭角な下る道を発見。

川に沿って道が続く、てか岩すごくね?

TB171129024

湿った岩に生えたコケのおかげで足グネりました。

ステイシック

岩すごくね~?(2回目)

Stone Purenoise

マジで岩すごくね~!!(3回目)

大事ではないけど3回言っときました。

Sick Sports

先ほどわたってきた吊り橋を下から見た図である。

大江山 吊り橋

道は続く…………..

PURE NOISE RECORDS

岩すごく…….もうやめときます。

マジで大きな岩がゴロゴロ、大迫力、自然ゴイスーである。

StaySick Clothing 2017

吊り橋ではないけど味のある小さな橋もいっぱいあったぜ!

ステイシック

今回はブラックとホワイト2色のみ使ったシンプルなブラックコーデステイシックのSick Sport ウィンドブレーカーはLサイズを装着。

ステイシック

XXLサイズのロングスリーブと良いバランスの丈感、コーチジャケットなどと比べると丈は長めのジャケット、身長172cm体重が70kgある僕でジャストなイメージ、インナーにパーカーを装着する予定で入手したんだけどサイズ間違えたねww、XLサイズ改めて購入予定、今回のお散歩で装着したから割引きして即納に出すから、Lサイズでばっちりって方はよろしくね。

オーバーサイズで合わせたいならワンサイズ上をお勧めします。

Sick Sportというだけあってタフな作り、スポーツはもちろん、ライブから普段着のおしゃれアイテムとしてもばっちりのアイテム、お気に入りはSICKのプリントとカンガルーポッケだね!

ステイシック

大きな道も見えてきまして無事出発地点にたどり着けそうである。

ステイシック

最後は青鬼がお出迎えしてくれました。

青鬼「被ってんじゃねーよ!」

ステイシック

ステイシックのアウター保温性にも優れんだよね、暑くなって脱いじゃいましたとさ!おわり!

Cruel Hand

次回はどこに行こうかな!



撮影場所

撮影で着用したアイテムについて




11月もスタイリング写真募集中!!参加待ってるぜ!もちろん今までに一度投稿した方も再チャレンジして

クーポンゲットしちゃってください!

※スタイリング写真投稿者全員に500円クーポンプレゼント中!
 毎月1名に10,000円クーポンもプレゼント!

あなたからの投稿、楽しみに待ってるぜ!!!

投稿していただいた最高なスタイリング写真は一気にこちらのページから見れるからチェックしてね!投稿があり次第更新していきます!






あなたのバンドマーチスタイリング募集中!



あまり気にせず軽いノリ的なスタンスで参加していただいたら大丈夫ですよ!ただただ、仲間たちでバンドマーチ着用スタイルを共有したいんですよね!以前インスタにあげてた写真やWearの載っけた写真などでもいいし、少しくらいぼやけてても大丈夫っす!ww送っていただく内容も上半身だけだったらその他は空欄でいいしね。

去年撮った写真でも昔の写真でもOKです!


・上半身のみでもOK
・顔が映ってなくてもOK
・バンドマーチは1点装着していればOK
・POSI以外で購入したアイテムでもOK

だからガンガン送ってみてよ(^^♪

着用画像の送り先はinfo@positivedive.comにお願いします!

随時募集中!あなたからの投稿待ってるぜ!!

コピペして画像と一緒にメールで送ってね!(記入したくないとこは記入せずでともOKです!)



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■あなたのお名前:(ニックネームでも構いません)

■身長:cm 体重: kg(教えたくない方はなしでもOK!)

■ジャケットサイズ:

■アウターサイズ:(パーカーやトレーナーなど)

■インナーサイズ:(Tシャツ、LSなど)

■アクセサリ(バンド、ブランド)

■パンツのサイズやメーカー:

■スニーカーや靴などのメーカーやサイズ:

■一言(記入しなくてもOK)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



着用画像の送り先はinfo@positivedive.comにお願いします!