見逃し厳禁!今週「10/03~10/09」の【注目のMVまとめ!】Jockoってハードコアバンド知ってる?

DW21022003754


10月に入ってからも夏日、今日なんて30℃越え、まだまだTシャツで過ごせる季節、なかなかお出かけもできずお披露目できなかったシャツを装着し久々にカフェなんかに行っちゃったりしてますが、来週末は30℃の半分15℃あたりとBULLDOZEのビートダウン並みに気温が下がるので体調には気お付けてね!


来週のために長袖はもちろん、フーディーやスウェットまでタンスから引っ張り出して整理してます、Your DemiseのTシャツを染める動画は見てくれた?久々に取り出したYour demiseのロングスリーブも来週染めてみようかと検討中です!



その動画をUpしてからというものYour Demiseのグッズを取り扱ってほしいと数多くリクエストが届いているので今検討しています!YDのマーチはイケイケですもんね!お楽しみに!



さて今週「10/3 ~ 10/09」はどのようなバンドのどのようなMVが公開されたのか?見ていきましょう!





Portrayal of Guilt – “…where the suffering never ends”

テキサス産Run For Cover Records所属、11/5にアルバムリリースも控えている闇落ちエモバイオレンスサウンドを奏でるPortrayal of Guiltの新曲MV!ホラー映画を1本見たかのような濃厚なMVですね!サウンドはエクストリーム極みハードコアサウンド!RFCってのが意外ですよね!





The Last Ten Seconds of Life – The Sabbath

Usはペンシルベニア産Unique Leader Recordsから2022年1月28日にアルバムリリース予定のダウンテンポ/デスコアの重鎮The Last Ten Seconds of Life の新曲MV!ブルータルすぎる落としは快感ですね!





The World is a Beautiful Place & I am No Longer Afraid to Die – “Trouble”

バンド名長すぎ系エモThe World is a Beautiful Place & I am No Longer Afraid to DieニューアルバムからTroubleのMV!ダイナミックで疾走感あるエモーショナルな楽曲、アルバムがとんでもない名盤なのでぜひ前曲聴いてみてください!震えます!





GENOCIDE PACT – Perverse Dominion

Relapse Recordsからのニューアルバムが来年2月にリリース予定のDCのブルータルデスメタルGENOCIDE PACT 新曲MV!





Like Pacific – Ketamine Jesus

トロント産Pure noiseのポップパンクLike Pacific、12月リリースの新作からMV公開!サウンドもダイナミックにスクリーモ、エモ、ポップパンクそれぞれの良さをうまく取り入れた絶妙なバランスの名曲ですね!どこかJEWも感じさせます!





With Confidence – What You Make It

Hopeless Records所属のポップパンクWith Confidence !先日リリースされたアルバムからWhat You Make ItのMV公開!相変わらず突き抜けたキャッチーで歌いたくなるポップサウンド!





SUNFALL – INDUSTRIAL

近年アンダーグラウンドでじわじわと増えてきているNu Beatdown/Nu Deathcoreバンド、その中でも注目度の高いSUNFALL からINDUSTRIALのMV公開!





Dan Andriano & The Bygones – “Dear Darkness”

Alkaline TrioのDanのバンドDan Andriano & The BygonesのMV、オールドアメリカ、クラシックなカントリーとロック、ブルースやカントリーほんのりとパンクも感じさせる渋みある楽曲!時代に左右されず愛される楽曲に仕上がっています!とにかくDanの声が最高なのです!





Narrow Head – “Cool In Motion”

Run For Cover Records所属のオルタナ/グランジバンドNarrow Head2020年リリースのアルバムからCool In MotionのMV公開!90’sオルタナのレジェンドを感じさせる王道なオルタナサウンドは当時を思い出します!





Calling All Captains “Laurel Canyon”

カナダ産Equal Vision Records所属のポップパンクCalling All Captains先日リリースされたEpからWastedのMV、ポップパンクサウンドにエモーショナルを演出するギター、しゃがれたボーカルの声質も魅力的、スクリームパートもあり、ハードコアを経由したポップパンクなんかが好きな人も、メロディックハードコア好きにもアピールできる楽曲!





SpiritWorld – The Bringer Of Light

USはラスベガス産CENTURY MEDIA所属のスラッシュSpiritWorldからThe Bringer Of Light のMV公開!スラッシーなサウンドに西部劇+ホラーの映像が素晴らしい!





Volumes – Bend

Fearless Recordsから11月19日にリリース予定のHappier?からBendのMVを公開、トレンドでもある路線に完全に移行を感じさせる楽曲!スクリームがないのはさみしいね・・・





SHORELINE – Distant

エモとメロディックを行き来するようなサウンドで話題となり先日待望の新曲を公開したSHORELINE からまたしても待望の新曲MV公開!End Hits Recordsに移籍しこれからリリースされる音源も要チェック!





NOTHING – The Great Dismal

シューゲイズNOTHING、まだまだ記憶に新しいTHE GREAT DISMAL のB-side「The Great Dismal B​-​Sides」収録のThe Great DismalのMV!





と言った感じの今週のミュージックビデオまとめでした!気に入った曲は見つかったかな?ハードコア関連の新曲も少しずつですが更新していきます!

中でもJockoは注目ですね!クラシックなハードコアパンクにHiphopや現行のモダン要素も注入した次世代のハードコアバンド!




追伸:
今回登場したバンドのグッズも取り扱っていますので秋冬に向けてチェックを!





1万点のバンドグッズはこちらをクリック!








【2020年間ベスト:VOL.04】「てぃーやんさん」が選んだ「最強な10枚」

TY201225001


クリスマスも終わり12月も残り5日!メリークリスマスと言ってくれたのはカーナビの音声だけ・・・これ聴きながら泣きました・・・



先日からスタートした2020年度の最強な10枚のアンケート、今回登場するアルバムも名作まみれ、全く知らなかったバンドの名作を数枚知ることができました!最強な10枚アップするたびに自分の音楽の幅も広がる、われながら最高な企画www



さて4発目に参加してくださったのは?早速見ていきましょう!!



ore10005



20年度「てぃーやん」さんが選んだ「最強の10枚」



1枚目:Touché Amoré – Lament

Touché Amoré - Lament


Touché Amoré – Lament (どストライクの音楽性なのになぜかずっと聞いてこなかったバンド。激情という言葉をそのまま音楽にしたような作品)















2枚目:IDLES – Ultra Mono

IDLES - Ultra Mono


IDLES – Ultra Mono (前作と比べてよりヘヴィになり、かつヒップホップも取り入れてポストパンク勢から頭一つ抜けきった印象を受けました)















3枚目:Tame Impala – The Slow Rush

Tame Impala - The Slow Rush


Tame Impala – The Slow Rush (いつも通りの名盤。全作品の中でも一番とっつきやすいです)















4枚目:Loving – If I Am Only My Thoughts

Loving - If I Am Only My Thoughts


Loving – If I Am Only My Thoughts (牧歌的で少しサイケデリックなフォーク。ぽつぽつと言葉を紡ぐボーカルが素敵)















5枚目:Narrow Head – 12th House Rock

Narrow Head - 12th House Rock


Narrow Head – 12th House Rock (グランジ×シューゲイザー×オルタナメタルのいいとこどり。ささくれ立っていた思春期を思い出す一枚)















6枚目:Nothing – Say Less

Nothing - Say Less


Nothing – Say Less (これまでの音楽性をベースに、スペースロック的な壮大さを纏った一枚。ジャケのインパクトがかなり大きい)















7枚目:Aminé – Limbo

Aminé - Limbo


Aminé – Limbo (西海岸の軽快さに、キャッチー&センチメンタルなスパイスをふりかけた聴きやすい一枚)















8枚目:Bring Me The Horzion – POST HUMAN:SURVIVAL HORROR

Bring Me The Horzion - POST HUMAN:SURVIVAL HORROR

Bring Me The Horzion – POST HUMAN:SURVIVAL HORROR (今年溜まったフラストレーションを全部ぶちまけるかのごとく攻撃的な作品。自分が知っているBMTHが帰ってきて懐かしい気持ちになりました)















9枚目:END – Splinters from an Ever-Changing Face

END - Splinters from an Ever-Changing Face


END – Splinters from an Ever-Changing Face (Billy Rymerの爆撃ドラミングがまた聞けることが何よりも嬉しかった一枚)















10枚目:KAYTRANADA – BUBBA

KAYTRANADA - BUBBA


KAYTRANADA – BUBBA (洗練された音選びと抜群のグルーヴ感で耳を掴んで離さない一枚。なぜかディストピア感があります)















「俺の10枚」の中で1位を選ぶなら、どのアルバム?




ore10005



第一位Touché Amoré – Lament

Touché Amoré - Lament BEST


Touché Amoré – Lament (押し寄せる激情になんとか耐えながら全て聴き終わったあと、いい意味で何も残らず、まっさらな気持ちで何周も聴ける素晴らしい作品でした)






20年度の最強の1曲を教えて!


犬式/DoggyStyle – アルバムタイトル


犬式/DoggyStyle – レゲミドリ (今年の曲ではないのですが、なぜかずっと聞いていた曲なので。レゲエ・ダブを軸にしたインストに歌謡曲のようなメロディをのせるセンスに脱帽しました)





20201218012

どこかで「コロナ禍の影響で聞く音楽が変わった人が多数いる」という記事を見かけたのですが、振り返ってみれば確かに自分も少し変化していました。時代を遡ってみたり、学生時代に聞いていた音楽をもう一度聞きなおしたりと、今年は温故知新と再発見の年でした。



てぃーやんさん 最強な10枚ありがとうございました。


Touché Amoré のLament、入ってきますよね!アルバム発売前に公開されたLAMELIGHT聴いた時点で名作確定だったんですが、アルバム聴いて確信に!てぃーやんさんもNo.1作品に選ぶだけあってな名作でした!プロデューサーがロス・ロビンソンってのも胸熱でした!そしてNarrow HeadNothing間違いないですよね!Narrow Headは初期のSilverchairなどを彷彿させるグランジサウンド、そしてNothingは完全スルメアルバム聴くたびに好きになる作品、今回のアンケートでもそうそう以上に多くの方が挙げるEND、言わずもがな人気のBMTHそして僕の視野を広げてくれたAminéKAYTRANADA 、幅広いセレクトですね!そして締めでは犬式と・・・てぃーやんさんさすがっす!ジャケワングランプリンならIDLESのUltra Monoです!by:店長






さてアンケート始めますか!今年も当然クーポンを準備しています!投稿者全員に500円クーポン!そして抽選で1名に12000円クーポンではなく!!今年は3000円アップの15,000円クーポンを1名にプレゼントしちゃいます!!!

下記のアンケート欄からあなたが選んだ最強の10枚を投稿してください!アルバムごとに一言添えてくださいね!




アンケート参加ありがとう!このブログでガンガン紹介していくから楽しみにしてて!そして自分も知らなかった名作に巡り合うことができるでしょう!マジで楽しみです!



あなたの周りも「アンケート開始したよ!」って教えてあげてくださいね!


では!


河内野




【2020年8月部門】の見逃せないインディー・パンク・ハードコア・デス・ポストハードコア、リリース14選!

202007AB042

暑い暑い暑すぎる!!!クーラーは壊れ、室内温度39℃の環境で頑張っております、楽しみにしていた夏がやってきたけどここまで暑いとね、仕事の合間には冷房フルマックスにしてドライブがてらに佐川急便へと梱包袋を取りに行く。


そして帰り道に事件が起こる・・・車のダッシュボードから何か動く物体が、深い森のようなグリーンにうねるように動くいくつもの足、そうですム・カ・デ!!!

202007AB043



マライアキャリーの高音、ホイッスルボイス並みに悲鳴を上げてしまった、しかも国道で止まることもできない、ムカデはダッシュボードから完全い飛び出し、サイドの窓の縁を上り天井に・・・・

事故らないよう前を見ながら、ムカデの動きもチェック、写真で撮ったら完全い顔だけブレてしまうくらい斜め左前とブラストビート並みに高速に首を動かす。イメージはこのCode Orangeのマーチデザインのような・・・・



Code Orange


ムカデはもう頭上近くまで這ってきている、このまま落ちてきたらジ・エンド

しっかりと安全確認しながらコンビニの駐車場に止め、速攻で脱出、ムカデは運転席の天井、頭上位置に陣取る、「何とかしなければ」と後部座席にあったアマゾンの段ボールでムカデと天井の間にスゥ~っと、段ボールに移動したムカデを反対側の開けたドアの方向に段ボールごと全力投球するも・・・



段ボールがまっすぐ飛ぶはずもなく、助手席に不時着、そしてムカデはそこにいない・・・・・帰れない・・・・


灼熱の紫外線を浴びながら徒歩でドラッグストアへ、そして購入したのが



車内のどこか気いるのはマチガイナイ、車内にスプレーを全力噴射!!!ちょっと吸ってしまって気分が・・・コンビニで20分ほど待機して車をチェックするもムカデの屍は一向に見当たらず・・・・諦め無事に帰路に就いたのであった。



いかがでしたか夏のある意味怖い話2020、ムカデはこの時期多いらしいよ!あなたの車にもムカデキンチョール 駆除・忌避スプレー 300mL 行動停止プラスを一本常備しときましょう!!




では!



河内野




じゃなくて・・・すでに6日経過しましたがついに8月に突入!

今回は8月のリリース作品を紹介していこう!ってブログ!今回もジャンル幅広く紹介していきまっせ!


見逃してはいけない8月のリリース音源紹介!


あなたの感性に刺さる音源が1枚でも見つかるとマジ嬉しです!では早速いってみよう!!!




ore10005



ore10005




ore10005





■ Misery Signals – 「Ultraviolet」 08/07

Intronaut

Absent Lightから早7年、Misery SIgnalsの新譜がついに!!!!The Ghost Insideの復活とはまた違う感動だね!歓喜したファンも多いはず!全叙情派好きにお勧めしたい1枚!このブログがアップされる頃のはもうすでに公開されているかもね!5月に書いた記事を見てもらえればわかると思うんだけど、ほんとほんとに楽しみにしていた1枚!

■ニューマーチもアップしたから下記バナーをクリックしてチェックしてね!

Misery Signals / ミザリー・シグナルズ

<







■ Throw The Fight – 「Settle Your Sins」 08/07

Intronaut


ロック寄りのスクリーモ、ポストハードコアバンドThrow The Fight、程よくメタリックでキャッチー、まだやってたんだね!突出した個性はないものの引き込まれてしまうのはやはりグッドメロディー、公開されている曲もすべてがグッドメロディー、Funeral For A FriendやStory Of The Year好きなら間違いないね!







4枚目となるNewアルバム「To Better Days」

■ Slaves – 「To Better Days」 08/07

Intronaut

何度も解雇されているJonny Craigから新ボーカルにMatt McAndrewを迎えたニューアルバムが遂に!Jonnyにも引けを取らない歌うまマット!今作もシャレオツなポストハードコアサウンドを奏でる、さらに空間の広がりを見せるスケールのでかい楽曲、公開されている曲共にハイクオリティーな楽曲、ジョニーじゃなくてもソングライティングのレベルが極上なので安心して聴けますね!







■ Year Of The Knife – 「Internal Incarceration」 08/07

Intronaut


デラウェア産、Pure Noise Records所属、新生代ブルータルハードコアバンドYear Of The Knife待望のニューアルバム「Internal Incarceration」がいよいよ!公開されている楽曲も相変わらずのブルータルでウルトラヘヴィーサウンド、前作よりもミックス、マスタリングが向上しているのかヘヴィーなサウンドの迫力が増し増しですよね!!Pure Noiseのハードコア勢の中でも一歩、2歩と飛び出してしまうかもね!あとニューマーチもアップしたんで要チェックね!

Year Of The Knife       Internal Incarceration







■ Stand Atlantic – 「Pink Elephant」 08/07

Intronaut

オージー産ポップパンク!Stand Atlanticのニューアルバム「Pink Elephant」よりダイナミックなトレンドでもあるエレクトロなロックテイストを強め、脱ポップパンクを図っていこうという流れも見える一枚!ポップパンクとロックが絶妙なバランスで保たれている、ポップパンク、ロック好きからも支持を受ける一枚かと!







■ Ingested – 「WOGMT」 08/14

Intronaut

ブルデスIngestedのニューアルバムがもうすぐ発売!TOOL – SoberやStatic-X – Push It のようなクレイアニメーションの動画が一部でバズった新曲 Another Breathでは新境地を感じさせるボーカルにメロディーを導入しサウンドもさらに深化している、まだ1曲のみの公開なのでわからないがトーンでもないアルバムがドロップされてしまうんじゃないかと期待しております!







■ State Champs – 「Unplugged」 08/14

Intronaut

説明不要、ステチャンことState Champsから結成10周年を記念して作られたアンプラグド作6曲入りのEPではあるがIce Grillsから発売される日本版はさらに7曲追加とサブスクで聴いてCDは日本版を買うのがおすすめ!さすがのソングライティング、アコースティックなサウンドになろうが群を抜いてハイセンスなメロディーは極上!避暑地に行ってコーヒーでも飲みながら聴きたいね!







■ Cytotoxin – 「Nuklearth」 08/14

Intronaut

ジャーマンテックデス、3枚目GAMMAGEDDONから3年ぶりの新作「Nuklearth」がもうすぐリリース!ゲルマンソルジャーのような見た目通りブルータルでありながらも繊細でテクニカル、テックデスとブルデスを見事に融合させたサウンドは新曲でも健在、テックデスの中でも一番期待している楽しみな一枚!







■ No Redeeming Social Value – 「Wasted For Life」 08/14

Intronaut

NY・ドリンキン・パーティー・ハードコア!先日THUG RIOTとのスプリットも記憶に新しいNo Redeeming Social Value!!Dead City Recordsからニューアルバムリリース、公開されている新曲も相変わらずノリノリ、oi、ハードコア、パンクのごっちゃ混ぜサウンド、さすがのベテランの風格!アルバムのアートも最高なんでこのデザインのマーチが発売されたらうれしいのですが・・・







■ Be Well – 「The Weight And The Cost」 08/21

Intronaut

BANE、CONVERGE、TEN YARD FIGHTを渡り歩いてきたAaron DalbecにBATTERYのBrian McTernan、同じくBATTERYやDARKEST HOURにも在籍したMike Schleibaum、個人的に思い入れのあるエモバンドFAIRWEATHERのメンバー二人の激やばメンツで結成されたBe Well、待望のファーストフルがEqual Visionから!彼らの経験を生かした渋さも持ち合わせたエモーショナルなハードコアサウンド、メロディックから、モダンオールドスクール、パンク好きも思わず反応してしまうでしょう!8月のリリースの中でも特に楽しみな一枚!







■ RESERVING DIRTNAPS – 「ANOTHER DISASTER」 08/21

Intronaut

War RecordsからニューEPをリリースするメタリックハードコアバンドRESERVING DIRTNAPS!筋金入りのThug感あるヘヴィーなメタリックサウンド、初期THROWDOWN、Full Brown Chaos、Thick As Bloodなんかが好きなら間違いないね!Quennswayのパトリックもゲスト参加!EPだけど楽しみな一枚!モッシュコア、メタリックハードコア好きは必聴!!







■ Gorgatron – 「Pathogenic Automation」 08/21

Intronaut

ノースダコタ産デスメタル、Gorgatronのニューアルバムが8月後半いリリース!オールドスクールなデスラッシュスタイルなサウンド、Anthrax、Testament、Black Dahlia Murderなどとも共演しある程度の知名度はあるバンドだが日本ではまだまだ知名度の低いバンド、デスメタルからフロリダあたりのオールドデス、メタリックなハードコア好きにもアピールできるバンド、15年リリースの前作からサウンドのクオリティーも数段にアップしています!







■ Narrow Head – 「12th House Rock」 08/28

Intronaut

RUN FOR COVER RECORDSがプッシュするオルタナ/エモバンド、公開されている新曲はオージーを代表するグランジSilverchairやスマパンも感じさせる。90’sオルタナグランジサウンドからエモコア、シューゲイズと近年のトレンドでもあるオルタナシューゲイズ、Nothing好きにも激プッシュしたいバンド!個人的には先日リリースされたHUMの新譜よりもNarrow Headの新譜のほうが楽しみだったりする・・・







■ VENOMOUS CONCEPT – 「Politics versus the erection」 08/28

Intronaut

Napalm DeathやBrutal Truthなどグラインドのレジェンドが結成したグラインドコア/ハードコアパンクバンドVENOMOUS CONCEPTのニューアルバム「Politics versus the erection」が8月の終わりにリリース!前作同様ハイスピードのハードコアパンクに乗るKevinのヴォーカルが最高なんです!公開されている新曲は珍しく3分を越えているし、Lemonadeは少しエモーショナルなギターのメロディーラインとキャッチーで爽快で爆走するサウンドが少し深化しているイメージ!







■ BRACKET – 「Best of Wurst」 08/28

Intronaut

カリ産メロディックパンク!BRACKET!!19年リリースされたニューアルバムも記憶に新しいが早くもニューアルバムが!と思いきや未発表曲やBサイド曲デモ曲やアコースティックソングを集めたアルバム!と言ってもこのリリースはマジうれしい!どこまでもキャッチーでありながらも哀愁あり、天才的な独特なメロディーライン!、1曲も公開されていないから余計と楽しみだ!MVは去年リリースのアルバムから1曲!







といった感じの8月のリリース情報でした、気にいったバンドはいたかな?9月のリリースはさらにヤバいんで楽しみにしててね!前半紹介したバンドのアルバムはすでに配信がスタートしましたね!Misery SIgnalsのUltravioletがスザマジく素晴らしいのだが!と言ってみたもののまだ2曲目Sunliferまで聴いていないんだけどこのSunliferで鳥肌立ってしまった!!久々なこのぞくぞくする感覚、今夜はMS祭りだ!!!やはりヴォーカルはJesse派です!





では!



河内野






追伸:



HEALTHとFull of Hellのコラボ曲Full of Healthも最高ですね!1曲じゃなくてアルバムだしてほしい!