タダの「オシャレ・クソ野郎」と「こだわる」僕たちの違いとは?

BL17740026-17027

出ました、早速、現れたメタリカTシャツ装着マン!!!一回りも下のHiphop好きの後輩なんだけど、まさにタイミングがいいのか悪いのかwwメタリカシャツを装着して現れた。

わかってたけど聞いてみた!

「メタリカ好きやったっけ?」

と聞いてみた、返ってきた言葉は

「知らないっす!!」

「けどHiphop好きの中でも流行ってますよ~!」

ジャスティンビーバーそのまんまなスタイリング!まさにジャスティンフィーバーだ!

※ジャスティンだからかっこいいんだって!!!!


まさに前回話していた内容、雑誌のモデルの格好をそのまま真似したようなスタイリング、確かにおしゃれだけどなにも魅力を感じないだよね。真似するのはいいんだけどなんでわざわざそこをチョイスするかな~….いわゆるオシャレクソ野郎だ!

べつにいいんだけどさ、熱狂するほどメタリカファンでもないし(めっちゃ好きですけど)、どちらかといえばアンスラックスやスレイヤーのほうが今は好きだし。

ただ気にくわないのが「流行っているから着ている」ってとこ、あまり詳しくないからベタだけどさHiphop好きならN.W.A、アイスキューブとかウータンクラン、とかのTシャツもあるじゃん?なんでわざわざメタルシャツをチョイスするんだろうか?不思議でたまらない…..

別にいいんだけど…..

そんな時、これまたタイミングよく、スタイリングブログにも参加してくれたトトさんから前回のブログに対するコメントをいただいた。

前回のブログはこちらをクリック


もし自分が大好きなバンドのTシャツが、そのバンドのことを全く知らない一般ピーポーに着られ、巷では大流行してたらあなたはどう思う?



に対していただいたトトさんの意見である!


ワタシの意見を述べに来ました←

とはいえ、一度こちらでも記事にはしてますし、それを河内野さんが読んでいただいたかどうかはわかりませんが…


その記事も最近みるみるアクセス数が伸びていて「バンドTシャツ ダサい」でググるといちばん上に出てくるようになってしまいましたw


トトさん、ライブレポや音源レビュー、その他もろもろ、音楽シーンの良きも悪きも、色んな音楽をネタにブログを書かれています!有名なバンドだったりアングラなバンドだったりのライブレポなどなど

トトさんが書かれているブログはこちらをクリック


検索してみましたwwトップに表示されますねww


ダサいことを書いた記事ではないんですが、タイトルのせいですねw



しっかり読ませていただきましたよ!!確かに「バンTはダサい」とは一言も言ってませんよねww

肝心の自分の見解ですがー…… 難しいですよねぇ。

今やマーチもキッカケのひとつになる時代だと思いますが、

そこからバンドを聴き出すような人が少なすぎる(てか、いるんだろうか…)のがまた…



「マーチきっかけでバンドを聴き出す」これもまた十人十色ですね、もともとが音楽やバンド好きなら別ですがファッションとして着用しだした人が音源もあさるってことはほぼないような気もしますねwww


最近はデザイン性の高いお洒落なマーチも増えてきてますし、Tシャツだけじゃなく色んなアイテムを展開してるバンドもいますし……


本当に昔に比べるとバンドグッズは進化してますよね!全身そろえちゃいますしww


うーん、どうせ着るならそのバンドもチェックしてみてよ!とは思ってしまいますねやっぱり。



ですね、せっかく着るなら…..てか気にならないんですかね?バンドグッズじゃなくても、アパレルブランドでも、このブランドはどこで生まれて、どういったコンセプトで、どういったメッセージ性どういった歴史があるのか?調べちゃいますけどね。ディグらずにただ単にデザインが好きだから、有名人が来ていたから、好きなアーティストが着ていたから!そんな感じなんでしょうね。けどそれって楽しいのかなって思います。

まぁ、でも○○Rerとかに着られるくらいなら、ファッションで着てくれる人の方がよっぽど良いと思ってしまいますwww

※○○Rerとは(熱狂的なONE OK ROCKファンのことをOORerと呼ぶそうだ!)



○○Rerという言葉があるんですね!!思わずググってしまいましたww、正直ONE OK ROCKをあまり知らないのと、ググる限りOORerに絡まれると怖そうなんで控えさせていただきますww、

にしても


「メタリカはワンオクの後輩 OORerファッションブランドと勘違いして炎上」


はヒドすぎますねwww


全国のOORerよ、僕の考えはどうだろうか?



・タカの着ているメタリカシャツって何なんだろうググってみよ!
  ↓
・へえ~バンドTシャツなんだ!!スラッシュメタルっていうジャンルのバンドなんだね!
  ↓
・ていうことはタカはスラッシュメタルが好きなの?
  ↓
・スラッシュメタル4天王ってんがあるのね、メタリカ、メガデス、アンスラックス、スレイヤー、
  ↓
・メタリカで検索してたらこんな写真が今話題になっていた。
metallica

  ↓
・隣に移っているガラの悪そうな人は誰
  ↓
・Cro-Magsっていうバンドのメンバーだった
  ↓
・クロスオーバースラッシュっていうジャンルもあるんだね!
  ↓
・このCro-MagsっていうバンドのTシャツ着ていったらタカに気づいてもらえるだろうか?
  ↓
・ポジティブダイブでCro-MagsTシャツを購入!
  ↓
・OORerがすべてポジティブダイブでTシャツを購入
  ↓
・河内野ウハウハ!!なんつって~!





ま、Cro-magsのTシャツ着てライブに言っても誰も気付いてくれないだろうけどね!!しか~しタカだけは気づいてくれるかもよ!!!!もしくはパスヘッドがデザインしたINTEGRITYのシャツを着用するとかね!

INTEGRITY

誰もが同じようにメタリカのシャツ着てもタカは何とも思わないよ、ただ気付いてほしいなら違うことしなきゃwww



話を戻して、あまりのも有名になってしまったバンドならバンドロゴやデザインがオシャレのアイコンになってますもんね、トトさんの記事でも書かれていたストーンズのベロTとかね、好きでもないし、デザインもそそられないし、恥ずかしくて着れないけどww



僕自身バンドTシャツ、バンドグッズはファッションとしても着用するし、そのバンドが好きっていうことが前提で着用しているのでちょっと特殊なのかもしれません、コテコテのメタルシャツだって、よい意味での「ダサさ」が逆にかっこいい的な部分もあるし、現行のポストハードコアバンドたちのアイテムは、もはやそこら辺のブランド並みに手が込んでるし、
スタイリングのメーンをはれるアイテムもたくさん発売されてるし…..


あと特殊なのがやはりハードコアですよね、

ハードコア

NY/HC的な●●ハードコア、フロリダニュースクール、MAメタル、地域によってのサウンドの特徴、ストレートエッジやヴィーガン、アニマルライツなどの思想、ハードコアマーチってのはデザインでもありメッセージ性でもありライフスタイルでもある、多くのライブに行った結果やはりハードコアのライブが一番バンドTシャツを装着している確率が高いと感じるし、アンダーグラウンドな世界なのにさらに深いところまで掘り下げる姿勢は一番かな!



来日しているバンドに関連するバンドのCrewのバンドだとか、流行関係なくハードコアへの愛が感じれるんだよね。



ライブに行くたびに面識ない人が着ているシャツから始まり、その周りのバンドの話へと広がる、それもまたハードコアライブの楽しみでもある。これはハードコアに限らずだね!

バンドTシャツの本来の役割ってバンドをサポートしている!これに尽きると思うんだよね、だから絶対にオフィシャルのアイテムしか買わない。GU、ユニクロ、H&Mで売っているバンドTシャツはしっかりバンド側にお金が回っているのだろうか?そもそもそんな大手で販売されるぐらいビッグなバンドだったら別に関係なさそうだけど、てかGU、ユニクロ、H&Mで売っているバンドTってことだけで僕的には価値が下がるような……無地のパンツやその他のアイテムだったら全然いいんだけどわざわざなんでファストファッションの店でバンドTシャツを買うのかが理解できない!



ファッションとしてのバンドTシャツとしてよく使われているバンドをたくさん見てきたんだけど、その中でも異彩を放っているSUICIDAL TENDENCIESっていうバンドいるじゃん?

スイサイド・テンデンシーズ

僕も大好きでグッズは10点以上は所持しているんだけどさ、その他ファッション化してきたバンドアイテムと何が違うのか考えてみたんだよね。

まず、一般人ではなくこだわりを持ったヤツしか着用していないってこと




その1:ハードコアスケーターが多い!



映画にもなった、スケートチームZ-BOYS(見ていないあなたはお盆休みに見るべし)

そんなZ-BOYSのメンバーでもあるジム・ミューアの弟がSUICIDAL TENDENCIESのボーカル、マイク・ミューアである。マイクのローカルギャングスタイルがクールすぎる!!!!
SUICIDAL TENDENCIESのボーカル、マイク・ミューア

グッズのデザインでもプルーでメイクするスカルのデザインがおなじみだよね!

SUICIDAL TENDENCIES

地元のスケートパークでも、おしゃれなスケータに交じってマイクぽいディッキーズのショーツにハイソックス、ロン毛にバンダナのキッズが滑っちるのを見かけるんだけど完全に良い意味で浮いてるね、思わず声かけて友達になったんだけど、今度ブログも登場してもらう予定だから楽しみにしていてね!
オリンピック競技になってじわじわと増えてきたスケート、やはり危険なスポーツだもんね、わざわざ危険なスポーツを選ぶのヤツって時点で変わり者だ!(良い意味でね)


その2:バイク乗り、カスタムカルチャー好きが多い



先日のブログでも言ったんだけど、チョッパースタイルのバイクのショーで一番多く見かけたバンドマーチがSUICIDAL TENDENCIESだった、そしてパイセンたちの中でも崇拝されている一番のバンドがSUICIDAL TENDENCIES、レジェンドスケーターであり、バイクシーンでは、雑誌で特集が組まれるほど人気で、シーンに影響を与え続けているジェイソン・ジェシーはよくSUICIDAL TENDENCIESとコラボしているよね、その関係でバイク乗りのも人気なのである。


その3:西海岸の悪いスタイル好き



ワークシャツのトップボタンのみ閉めるスタイルはおなじみだよね!
ジェイソン・ジェシー

ショーツにハイソックスにバンダナ!これまたサグいスタイリングの基本!
スイサイダル

ツバ裏グルりんのフィリップキャップもルーツはSUICIDAL TENDENCIESである。
フリップハット

このようにしてバンドのサウンドだけじゃなく多くのカルチャーやファッションに影響与えまくりのレジェンド中のレジェンドがSUICIDAL TENDENCIESである。

もちろんハードコア好きからスラッシュメタル好きまでをも魅了するサウンド、メタル側からもハードコア側からもいまだにライブのオファーが絶えないのがその人気の証明でもある!

JudgeやIntegrity、Down To Nothingなどとの共演、メキシコで開催されるフェスOFF LIMITS
LIVE

AvengedやStone SourにMastdonなどの大御所との共演するHouston Open Air!!
Houston Open Air

僕が思っている以上のモンスターバンドなんだけど世界中に人気なバンドなんだけどアンダーグラウンド感があるのは彼らぐらいじゃないのかな?やはりいろいろなカルチャーからの支持を受けているからこそなのである!

スイサイダル・テンデンシーズ

ちなみにSUICIDAL TENDENCIESで一番好きな曲はSuicidal Tendencies – War Inside My Headでしょう!!!再録盤のアルバムからSxTxを知ったもんで、やはり一番衝撃を受けたStill Cyco After All These Yearsが今でも一番好きだ!!

Power Tripのおかげでクロスオーバースラッシュに再熱してから久々にSuicidal Tendenciesにどっぷりはまっているwwサウンドにライフスタイルまで最強にかっこいいバンド、やっぱりSUICIDAL TENDENCIESが大好きである!

ファッション面でも最高にイケてるバンドってことで久々に取り扱い再開しました!!!!

SUICIDAL TENDENCIES

SUICIDAL TENDENCIESアイテムはこちらをクリック

もちろんイベントってことでしっかりと特典を付けまっせ!

Suicidal Tendencies

SUICIDAL TENDENCIESアイテムはこちらをクリック

1980円相当のステッカーセットが手に入るのは

8月12日(土曜)夜10時まで!

SUICIDAL TENDENCIESアイテムはこちらをクリック

話が大幅にずれてしまったけど

トトさん最高のコメントありがとう!

バンドTシャツをもう一度しっかりと考えるきっかけになりました!!

河内野

Cradle of Filthにディスられた世界的有名アーティストとは?

カニエ

とうとう新曲のビデオが公開になったよね!そう4月の後半に発売されるTERRORの新しい音源。

1曲目:Balance The Odds
2曲目:Kill ‘em Off
3曲目:The Walls Will Fall
4曲目:No Love Lost
5曲目:Step To You

2曲目に収録されているKill ‘em Offのビデオが公開となったわけだ。

Terror “Kill ‘Em Off” Official Music Video

車の爆発シーンがサムネになっている時点で激しさを連想させ期待を膨らませてくれた。じっくり聞いての感想はクロスオーバーでメタリックな疾走感あるスラッシーリフにモッシュパート、ブレイクダウンと期待を裏切らない、いや期待以上な名曲だった。

相変わらず歌詞もドープだし!ジャケットを見た時点でどこかオールドスクールなハードコアだけどクロスオーバーな要素も感じさせているからね。

TERROR

オールドスクールな良い意味で手書きのチープ感と死神やモンスターたちのデザインはやはりクロスオーバーメタル感をほんのりミックスさせたデザインが最高なんですよね。

本格的にスケートも再開しようかななんて考えているからこういったデザインはもっと増えて欲しいぜ!

本格的なメタルデザインもいまストリートでは注目されているじゃん?例えばねTestamentのシャツなどを愛用して話題になったカニエ、蟹江敬三さんじゃないよ!

アメリカのブラックミュージック業界を代表するカニエ!あんま知んねーけど!アディダスとカニエ・ウェストのコラボレーションによるスニーカー、イージーブーストなんか有名だね!

そんなカニエさんが又してもメタルアイテムを愛用していて話題になってるよね、そのバンドとはCradle of Filth,、英国のヴァンパイアメタル、ホラーメタルとも呼ばれている、いわゆるシンフォニックデス、ハードコア好きにはあまり馴染みはないバンドかもしれないけど、そんな

Cardle of Filthは

「Kanyeは俺たちのただのファン。幸運にもコラボレーターじゃない」

と、Facebookページに投稿している事からカニエを完全にディスっているあたりが壮快で気持ちが良いwwコラボするわけがないもんね、そもそもカニエさんよ~Cradle of Filth知らねーだろ!

バンドマーチの世界では

「知らないバンドのTシャツ着るってのは最悪にダサいんだぜ!」

Rihannaは自分のロゴをデスロゴにしてライブのスクリーンに映したり、VETEMENTSっていうブランドもデスロゴを使用したり、どこまでデスメタルの世界観をわかっているのやら…にしてもデスロゴやメタルが持つ暗黒なモチーフってのはストリートで大流行中なんだよね。

リアーナ

なんかね、この流れはね、カニエきっかけでCradle of Filthのファンが増えるわけでもなく、ヒップホップよりのショップでは店主がバンドすら知らないのに大量にバンドマーチを仕入れ販売しているのを最近はよく見かける、

以前にも言ったけど実際京都のショップにおとぞれた際、店員に販売しているバンドに話を振ってもちんぷんかんぷんだったし、上手くメタルアイテムが利用されている現状だね、

メタルに限らずパンクやハードコアって世間に中指立てているアンチテーゼ的な世界じゃない?いくら有名なアーティストが自身のバンドマーチを装着してくれようが嬉しくもなんともないと思うんだ。

ここ最近のシュプリームだってヴィトンとコラボでスケーターからはSupremeばなれが実際に起きているわけじゃない、



なんかねアングラなストリートが一般大衆化している気もするんだ、良いことなのか悪いことなのか、あなたはどう思う。

Supremeにしてもカニエ、コラボレーションによるスニーカー、イージーブーストなんかも高値で取引されたり、そこまの魅力がどこにあるんだろう、ただの知名度だけじゃん、イージーブーストのカッコよさもイマイチ理解できない僕は異常なのだろうか?




Cradle of Filthじゃなくてねもう少しアングラなバンドのグッズを選んだりしてくれたら「お、カニエやるじゃん!」って思うんだけど、SupremeだってねTerrorとコラボするならいくらでも並んで購入するよ!

イージーブーストなんかオークションなんかでは20万円とかだからね!それならこのスニーカーを僕はこのキックスを20個購入するぜ!

前回のブログでもオールブラックのスニーカー探してるって言ったじゃん?ちょうど見つけたのがこれ、オールブラックではないけど高級感あるテカるエナメル素材やブラックでも異素材で上手く作られ暗黒なペンタグラムやサイドジップ、ホワイトのロゴ、見つけたときは発狂してしまったぜ!

タン部分にはDIS、そうDisturbia Clothing(ディスタービア)の新作アイテム、2017SSアイテムなんだよね、カニエとは違ってロック、パンク、メタルのバックボーンがあるブランドだからデザインに真実や説得力を感じることができるんだよね!!




取り扱いが可能になったら販売するから楽しみに待っててね、そしてストリートで流行なデスロゴや悪魔的な暗黒モチーフの話もしたじゃん、そこらへんはDisturbiaのお得意なモチーフ、例えばこのシャツ

このアイテムも17SSの新作なんだけど初期ブラックメタルシーンの中核的なメイヘムのデスロゴサンプリングだよね!チョイスするバンドが渋いんだよね!ハードコアのCold Worldも以前サンプリングしてたよね!

さすがDisturbia、今では新作が出れば必ず雑誌で特集が組まれるほど、信頼度がぱない!世界的なブランドのグッズと並んで紹介されていまるくらいだからね!




ここ最近はレディースグッズに力が入りすぎてスルーしてたけど前年のイベント開催ころからしっかりメンズアイテムも多くドロップされている、もう少し待ってててね!



やっぱりバックボーンがしっかりしているバンドのデザイン、ブランドのデザインってかっこいい!

ただ流行っているから取り入れるのはダサい!それが言いたかったわけです!!

では!

河内野

【2016年度:俺の10枚】悠樹さんが選んだ幅広い10枚がこれだ!【第2弾】

今回の「俺の10枚」が悠樹さんから届いたぜ!

第2弾の「俺の10枚」必ずあなたの心に響く一枚が見つかるはず!前回のブログを見てビデオも一緒にアップしてくれってことで10マイの名盤に入っている曲のビデオもアップしたからじっくりチェックしてくれ!

1枚目:SAOSIN (Along The Shadow)

SAOSIN  (Along The Shadow)
Saosin – “Control and the Urge to Pray”





2枚目:ERRA (DRIFT)

ERRA  (DRIFT)
ERRA – Irreversible (Official Music Video)





3枚目:american football (LP2)

american football  (LP2)
American Football – I’ve Been So Lost For So Long [OFFICIAL AUDIO]





4枚目:Dance Gavin Dance (MOTHERSHIP)

Dance Gavin Dance - Mothership
Dance Gavin Dance – Young Robot





5枚目:Moose Blood (Blush)

Moose Blood  (Blush)
Moose Blood – Cheek (Official Music Video)






6枚目:Danny Diablo (Dollerz Make Sence)

Danny Diablo  (Dollerz Make Sence)
DANNY DIABLO FT. DIGGY ILL-ROC, WES NIHIL, TONY SLIPPAZ – SPITFIRE (OFFICIAL HD VERSION HCWW)





7枚目:Bon Iver (22,A Million)

Bon Iver  (22,A Million)
Bon Iver – 22 (OVER S∞∞N) [Bob Moose Extended Cab Version] – Official Lyric Video




8枚目:Modern Baseball (Holy Ghost)

Modern Baseball (Holy Ghost)
Modern Baseball – Wedding Singer (Official Music Video)





9枚目:Survive Said The Prophe (FIXED)

Survive Said The Prophe  (FIXED)
Survive Said The Prophet – Tierra | Official Music Video





10枚目:NOT WONK (This Ordinary)

NOT WONK (This Ordinary)
NOT WONK – Older Odor





最高の10枚、悠樹さんありがとう!!
Saosin、american footballのレジェンドの久々の新作はやはり最高でしたね。Danny Diabloは意外な印象とともに嬉しくなっちゃいました!ニューメタルコアのブームが好きならリアルなヒップホップにも何か感じるはず硬派でギャングスタ、本物のストリート感がたまりません!Bon Iverは名前は聞いたことがあっても音源は全くのスルーでした、スルーしてたことに後悔、これはポチります!Modern BaseballもMoose Bloodも最高だったね!Survive Said The Propheも世界レベル、今後大幅にブレイクの予感を感じさせてくれるバンドだね!


NOT WONK (This Ordinary)

一位はNOT WONK、以前、悠樹さんに教えてもらった苫小牧レペゼンの3ピースバンド、パンクやメロディック、ギターポップにオルタナ、いろんな要素がクロスオーバーした最高なサウンド、名曲なNOT WONKはAshの初期や90年代のオルタナやエモな懐かくノスタルジックなイメージも浮かぶ、ギターのフレーズが頭から離れない名曲でした!







■NOT WONK – This Ordinary■







レヴェナント 蘇えりし者

店長:クマとの格闘シーンはリアルすぎてびっくり、「CGもここまで来たのか!」同撮影したんだろう?そんなことはさておき、さすがのオスカー受賞、ディカプリの演技力はすごかったですね。映画を見る際どこか客観的に見てしまう部分があるんだけどリアルに入り込める最高の映画でした!まだ見てない人は年末年始DVDで!!







ディスタービアのフーディーパーカーです。

店長:間違いなく史上最強のアウターですよね!僕も毎日愛用してるんだけどアパレルに努めている友人なんかも褒めちぎってくれます。本物ってことだね!リアルにリクエストが多数届いているから後一回限定で仕入れる予定!

悠樹さん、ありがとう!!今回も新しいバンド、スルーしてしまっていた名盤との出会い、日本勢のレベルの高さを再確認、最高な10枚でした!

※まだまだアンケート募集中!あなたの10枚教えて!!