ハードコアの礎を築いてきた「Gorilla Biscuits」ゴリビスのメンバーの経歴がとてつもない件

Gorilla Biscuits

先日の山登りのおかげで、立てないほどの筋肉痛を味わいながら朝を迎えた、そんな中うれしいニュースが届く、ニューヨークはロングアイランド産Pure Noise Records所属のハードコアバンド、Sanctionの新曲が公開!そしてアルバムが7月後半に発売だってよ!



Sanction

注目度の高いハードコアバンド、今度はKnocked Loose並みにブレイクするか?相変わらず90’sハードコアやエッジメタル感じさせる!ブルータルな極上サウンド、ZAOやLiving Sacrificeなどのメタリックでブルータルなカオティック系も感じさせる最高の新曲、ほんのり叙情的なメロディーもぶち込み絶妙な仕上がり、アルバムが楽しみである!アートワークも前作The Infringement Of God’s Planと同じく90’sな世界観、バンドルでマーチのデザインも見れるが次世代の注目のバンドだけあってしっかりトレンドを踏まえつつもブルータルに仕上がっている、発売され次第アップするね!



19年夏に向けてハードコアで注目のリリースは


・Sanction
・Knocked Loose
・Death Before Dishonor
・All Out War
・xForgiveness Deniedx

などなど、最高に楽しみである!




先日オールドスクールの特殊したところ「古い音源ばっか上げてるんじゃねーよ」という心無いお言葉をいただいたので・・・現行バンドからメタリックなバンドも紹介してみましたwww現行バンドもしっかりチェックしていますよ!!!



先日のブログはチェックした?

ゴリビス含めオールドスクールハードコアの良さがわからないとのこと連絡をいただいたんだがその後はどうだろう?まぁね、僕もオールドスクールにたどり着くまでには時間がかかったけどいろんなハードコアを聴いていけばおのずとルーツとなるバンドにたどり着くと思うんだ。それが答えかな、実際に僕も初めて聴いたときは古臭さも感じたしハマることはなかったし。

けどゴリビスなんかは有名ってのもあるしサウンドもね、とっつきやすいと思う、メロディーをうまく取り入れてそれまでのいかにも危険なノリとは違う新しい「風」をもたらせた唯一のフル・アルバム「START TODAY」のみでここまで語り継がれるバンドもそうはいないでしょ?必ず行きつくバンドそれがGorilla Biscuits /ゴリラ・ビスケッツ、メールくれたあなたもいずれ良さがわかるはず、今わからなくてもね。


軽くゴリビス全盛期メンバーに触れていくぞ、そのすごさにビックリするはずだ!


Akex Brown
惜しくも2月に亡くなってしまったAlexはSide By Side、Project Xにも在籍。


ニューヨーク・ハードコアのファンジンでありレーベルでもある「SCHISM」の編集者としても有名、先日のJudgeとProject Xのコラボアイテムでも「SCHISM」は記憶に新しいよね、早くもアレックスが亡くなって4ヶ月、思い出すと寂しくなるね。


Anthony "Civ" Civarelli

ボーカルのCIVは名前の通りCIVというバンドを結成、アルバムSet Your Goalsはご存じのSet Your Goalsのバンド名の由来になったことは有名だね。


TATTOOアーティストとしても活躍中で10年以上も前にTATTOOアーティストとして来日た際にCIVに彫ってもらおうとしたけど予定が合わずに違う人に彫ってもらった思い出もある、ちょうど再結成したあたりだったかな・・・・


Walter Schreifels

Walterに至ってはバンドQuicksand、Rival Schoolsでもおなじみのまさに天才ソングライターだよね!Rival SchoolsのUnited By Fateは今でもよく聴く名盤!

ハードコア・オルタナシーンにとてつもない影響を与え続けている人物、Warzone やYouth of Todayにも在籍していた、Walter大先生である!ソロ曲も良いからチェックしてみて!


ゴリビス ベース

ベースを奏でる、Arthur、読み方はアーサーね!CIV、そしてToken Entryにも在籍、最近だとTERRORのスコット、DESPAIRのジョー、STRIFEのアンドリュー、そしてアーサーといったハードコアスーパースターによるバンドWorld Be Freeなんかは記憶に新しいと思う。

最高にアガるスピード感、程よいメタル度数のスケートコアToken Entryもゴリビスほどではないけど神格化されているレジェンドバンドの一つ、スケートが好きな友人から教えてもらったバンド、当時ドハマりしたね、限定マーチも最近発売されているんでぜひチェックを!そうそう、アーサーのトレードマークといえばFred Perryだよね!



ルーク ゴリビス

ドラマーLuke ルークはWarzoneJudgeMoondogに在籍、ハードコアやパンクバンドのドラマーのテンプレート的になる独自なグルーブ感を持つドラマーとしての評価も大きいよね!

Walterも在籍していたMOONDOGではルークはベースを奏でる、ウォルターのボーカルもパワフルで良き!


Charlie Garriga ゴリビス
2019年3月から、新しくギターを奏でるのはCharlie、チャーリーはCIVから Judge、クリーブランドハードコアOutfaceにも在籍、 Quicksandに在籍していたけど録音には参加していないようだがこれまたすごい経歴、このOutfaceだが、現Sepulturaのシンガーであるデリックも在籍したバンド、ロック、メタル、パンクな曲によっていろんな表情を見せるサウンドは今聴くと新鮮である!


これらレジェンド以外にもゴリビスに在籍していたのはSammy(サミー)、多くのレジェンドハードコアバンドに参加しているけど、GlassjawLimp Bizkitってのがハードコア以外では有名、John(ジョン)に至っては鼻がデカいイメージが強いけど書ききれないくらいレジェンドバンドに在籍していたハードコアヒーロー、どのメンバーもなんだけど、すごい経歴、「ヤバイ!」としか言いようがないよね!現在のハードコアサウンドの礎を作ってきたカリスマしかいないとてつもないバンドがGorilla Biscuits /ゴリラ・ビスケッツということです!




このようにメンバーそれぞれがレジェンドバンドに所属、新しくバンドを生み出している、掘り下げるとつながっていくんですよね、そしてワクワクする、バンドごとで各パートを聴き分けたり、それぞれのメンバーの楽器を弾く、叩く、それら手癖や特徴がほんのり分かってくる。

表面的なサウンドだけ聴いてもわからない内面、メッセージ、姿勢、思想、が組み合わさってこそ好きになるサウンドなのかもしれないね、だから連絡をくれた先輩も「最終的にハードコアに落ち着く」といったんじゃないかな、掘り下げる人が好きな人は間違いなくいきつく先、それがハードコアなんだと。




連絡をいただいてから妙にテンションが上がりまくってしまい、ハードコアグッズも強化中しております。ここ1週間でアップしたハードコアアイテムは

Path Of Resistance / パス・オブ・レジスタンス

Better Than A Thousand / ベター・ザン・ア・サウザンド

Battery / バッテリー

BOLD / ボールド

Chain of Strength / チェイン・オブ・ストレングス

Shelter /シェルター

H2O/エイチ・ツー・オー

Year Of The Knife / イヤー・オブ・ザ・ナイフ

Gorilla Biscuits /ゴリラ・ビスケッツ

JUDGE / ジャッジ

これからはRATMの前身バンドともいえるユースクルーハードコアInside Outから、80’sNYHCの中でも最重要なバンド、Side By Side、そしてSnapcase本日中にアップ予定で~す!チェックして早めに入手しといてね!


ちょっと待って!!ハードコアアイテム強化中だからイベントにしちゃおうか?


最近はクラシックなオールドスクールばかり記事にしてきたけど19年夏もMerauderからJesus Piece、Knocked Looseの来日が決定しているしハードコア全般を盛り上げていこうってことで!


全ハードコアイベントを開催決定!



ハードコアページに登録されているアイテムすべてが対象、オールドスクールからニュースクール、叙情から激情、ビートダウンまで総数1486点!イベント特典はこれ!

ハードコア特典

買い逃しているハードコアアイテム、新しく追加されたハードコアアイテム、をこのお得な期間にお申し込みください!

ハードコアレジェンドたちのステッカーの5枚セット、

・Gorilla Biscuits
・JUDGE
・BOLD
・Chain of Strength
・Warzone



見ての通りの存在感はさすがのレジェンド、ロゴのみでこの説得力を出せるバンドもそうはいません、大好きな私物に貼っちゃいましょう、ギターにベース、パソコン、チャリにバイク、車、使い方はあなた次第!もちろんストックしてくのもあり、僕もステッカーが大好きなんで1000枚近くストックしてありますwww


2000円相当のステッカーセット特典は来週の火曜、6/11日(火曜日)夜9時まで



引き続きハードコア・アイテム力入れていくんで2019年夏もハードコア盛り上げていきましょう!

最近ハードコアが好きになったあなたもグッズから新しいバンドを知れることもあるからね!ビビっときたデザインの音源もぜひチェックしてみてくださ~い!

HARDCORE

恋愛パワースポットだと!?福井県「かずら橋」にボッチで行ってきた!(Power Tripシャツ装着)

かずら橋

キュンキュンするような恋がしたい!!そう思わせてくれたのは男どものバイブル、『I”s(アイズ)』(胸キュン恋愛漫画)の実写版を見てしまったせいだ、野郎どもはご存じだよね、たいがい実写版となるとやらかしてしまうのだが、この実写版『I”s(アイズ)』は漫画をはしょることなく細部までしっかりと再現されていた、夜中の4時「伊織ちゃ~~ん!」と思わず叫んでしまった、我ながら気持ちが悪いな・・・


ネットフリックスでも配信されたんで恋したい男子どもはチェックだ!


I”s(アイズ)』のせいでなんかフワフワした気分で早朝を過ごす、たぶん良い夢でも見たのだろう、この日も気温は30℃に届いてしまうくらいの夏日、空は雲一つない快晴、そんな日は車でぶっ飛ばして出かけたくなる!!



甘酸っぱいGet Up KidsをドライブのBGMに、胸キュンバンドといえばやはり僕はGet Up Kids、その中でもSomething to Write Home Aboutを思い出す!恋に焦がれているそこのあなた、Get Up Kids聴いちゃいましょう!



この日の目的地は福井県の山奥、スマホのグーグルマップに従いながら車を進めたらとんでもない山道に誘導される、暑さではない変な汗がタラタラ、両サイドがガケになった細すぎる道、Uターンするのも一苦労、引き返し、うねりまくった山道を超え到着したのは、福井県は今立郡池田町にあるかずら橋、吊り橋である!



歩くこと200mほどで到着!
かずら橋



気温は高いも湿気がない分、心地が良い暑さだ、とはいえ照り付ける太陽は痛いくらいだ、この日はツバが広めのバケットハットを装着し、首回りを紫外線から守る!

かずら橋

わたるには300円が必要、多くの観光客、じっちゃんばーちゃん、がキャーキャー言いながら渡っていく、もしくはカップルたちが自撮り棒で思い出を刻んでやがる!うらやましいぜ!!!渡っている人がいなくなるのを待っている図である!

かずら橋



ようやく入手したMerauderのロングスリーブを着用予定だったんだが、あまりの暑さに今回はTシャツで!そうそう、明日25日土曜日の夜9時までのNYHCイベントはチェックしたかな?

NYHC


人もいなくなってきたな、そろそろ「かずら橋」を渡っていこうかね。パスヘッドっぽいこのシャツはPower Tripである!(XLサイズ着用)

Power Trip


かずら橋POSIBG19515008

いい池田.jp参照


かずら橋の「かずら」はつる草の総称、だから「かずら橋」なんだね!

かずら橋

なかなかのスケール感でしょ?

かずら橋


想像以上に揺れます、若干重力が軽くなったような、フワフワとした不思議な感覚。

かずら橋


板と板の感覚が結構広い、つまずいてこけたとしても落ちる事はなさそうだ。

POSIBG19515012



「このかずら橋の上で愛を誓うと永遠に幸せになれる」そんなパワースポットとして人気が出ているようだ、僕みたいな一人で来てもパワーはいただけないのだろうか?チッキショー!!

かずら橋

この橋を通過中の僕の脳内はPower TripのExecutioner’s Tax (Swing of The Axe)リフが永遠にリピート!!



邪悪なリフがこの橋の渡った先を地獄に変える!そんな妄想をしてしまった、完全に中二病である!

かずら橋


橋を渡り切った後に小さい小屋でおっちゃんに300円を支払う、何度渡っても良いそうだ。

かずら橋


下から橋を見上げることもできる。

かずら橋



木陰で気のベンチに座り休憩、クロスから飛び出してきそうなバケモノ、イケてるデザインだ!

Power Trip

バッグはBDHW、シンプルな夏のコーデのアクセントにもなるし、ちょっとしたお散歩にもバッチリ活躍してくれるアイテムである、この日は、携帯、SDカード、カメラのバッテリー、小銭、を収納、ブラックもグレーもラス1になったんで早めにね!

BDHW


かずら橋、楽しめました!カップルもボッチもぜひ!!!帰りは川沿いの遊歩道を渡って。今日は太目のパンツ、アクセントとなるレッドのキックスで!

かずら橋



水もきれいで気持ちが良いんだが、虫が!!!!
Power Trip


奥の上部に見えるのがかずら橋、橋の中央で愛を語らうカップル、ド平日の今日でも5カップルを目撃、いつかまたこの世にいるはずのおなごとやってこよう・・・・

パワートリップ


ここで友人からのラインが、「All Out Warの新曲聴いた?」アルバム出るのね!!!

さらにKnocked Looseも!!!結局関西は来ないのかな?



ハードコア盛り上がってまいりました!新曲を聴いてモチ、2枚共にLPも購入決定だな!こんな大自然の中でもハードコアで頭がいっぱいになっている、今開催中のNYHCイベント、久々に取り扱いをできるSick of It AllAgnostic Front そしてNYHC御用達のPITCHFORK Hardwearと僕もいっぱい購入する予定、この夏のファッションももハードコアまみれになりそうだ!明日の夜9時までだからね!

NYHC


今日の着用アイテム

・古着のバケットハット(フリーサイズ)
Power TripのTシャツ(XLサイズ)
Guns Upのタンクトップ(XLサイズ)
BDHWのミニショルダーバッグ
リーバイス501デニムパンツ(34インチ)
Municipal Wasteのバンダナ
VANSのオーセンティック(28.5cm)

かずら橋

撮影場所:福井のかずら橋

POSIBG19515024





夕日も最高でした!

越前海岸

NYで開催される最強のハードコアフェス「Black & Blue Bowl 2019」のあまり知名度のないバンドをディグったらとんでもないバンドがいた!

BNB

夏日が続いておりますがバテてない?5月病からはもう抜け出した?5月は早くも折り返し地点、本日5月15日はストッキングの日らしい・・・先日撮影に行った通天閣に行った際に見たニューハーフが履いていたストッキングを思い出してしまう、ストッキングに圧迫されウネウネになっているすね毛・・・あまり思い出したくもないが記憶が脳裏に焼き付いてしまっている・・・


すね毛といえば、The Hirs Collectiveというバンドのマーチ、すね毛の生えた女性が描かれたマーチもサウンド共に衝撃的だったな・・・

THE HIRS COLLECTIVE


この見た目にだまされてはいけない、サウンドは超一級な変態ハードコアサウンドなのである!ハードコアパンク的でもありグラインドコア的でもありロッケンロールでもあり土臭いサザンテイストも感じさせる、The Hirs Collectiveサウンド、ライブでのパフォーマンスもぶっ飛んでいる!

続いてお勧めしたいのが、Left BehindQueensway の音源もドロップしたUnbeaten Records所属のThirty Nights of Violenceというバンド、去年末に「To Die In Your Portrait」をリリースするも全然話題にならなかったんだけど、これがまたかっこよくて!って言っても僕も完全スルーしてましたが、友人にプッシュされまして・・・・

00年代半ばのニュースクールやメタルコアシーンに完全に影響を受けているサウンド、カオティック、90’sニュースクール、スポークンワード、叙情的なフレーズ、僕と同じ世代は懐かしく、キッズたちには新鮮にこえるだろう、ZAONorma JeanMartyr ADEvery Time I Dieなんかも感じさせるよね!フルアルバムが楽しみである!

このバンドを教えてくれた友人が言っていたのは


NYHCで騒いでいる奴らいるけど、Sworn Enemy忘れてねーか!!」

わ、わ、忘れるわけないっしょ・・・・・先日もブログにアップしたところだし!確かにそこまでメディアでプッシュされているわけでもなく、とはいえプロデュースはMachine Headのロブ、これだけでもすごいことだけど、サウンドはご安心のメタリックハードコア、なんか前作よりもかなり重厚でタフな仕上がりに、これはFirst BloodのRulesに匹敵するくらいにヤバイアルバムなのかも!聴きまくるぜ!!

それよりもBorn From Painの新譜もそこまで話題にならない、メタリックなハードコアって今あまり人気ないのかね? アルバムタイトルも藤井フミヤもびっくりな「True Love」とかなりのキラーワードなのにね・・・Sworn Enemyで思い出したけどニューヨークで開催されるHugeなハードコアフェス、BLACK’N BLUE BOWLの2019が今週末開催だね!!

BLACK'N BLUE BOWL

とんでもないメンツが勢ぞろいなわけですが、今回はあまり知名度のないバンドをこのフライヤーからDIGっていきやしょう!!

初日である17日はヒップホップアーティストも多く登場する!Lord Ezecが選んだであろうDIABLO Day、メンツは

・M.O.P.
SKARHEAD
・JAYSAUN
・COUNTIME
・CONCRETE DREAM
・FTW
・DISSENT
・SAV KILLZ
・BIG RUSH

ロスの北東のストリートから2004年に産声を上げた生粋のゲットー育ちのハードコアバンド、COUNTIME、モロにLAギャングなTHUGい見た目もハードコアですね!






レジェンド Lord Ezec (Crown of Thornz, Skarhead, Danny Diablo)の目に留まり彼のレーベルE-Train Recordsからドロップ、Ezecも激プッシュしているバンド、ヒップホップとメタルのクロスオーバー、ニューメタルな聴きやすいサウンドである!バンド名はCONCRETE DREAMBNBらしくはないけど、そこはやはりEzecのプッシュがあったのだろうね!





翌日18日のメンツはおなじみのメンツが並ぶ!

KILLING TIME
OUTBURST
WISDOM IN CHAINS
DEATH BEFORE DISHONOR
・I AM
WORLD DEMISE
・BOUNDARIES
・ANTE UP
・WRONG MOVE

ピュアなハードコアの中に1126 Records所属のテキサスデスメタル、I AMの名前が!!ハードコアとデスメタルの邪悪な部分を融合させたサウンド、ハードコア好きも納得のシャープなスラミング、ブレイクダウン、まさにテキサスデスなソリッドなリフ、まだまだ知名度は低いが今後化けそうな予感がする!





先ほど紹介した>Thirty Nights of Violenceと同じくUnbeaten Records所属、コネチカット産のBoundariesこちらも18年年末にepが発売されるもそこまで話題にならず、Code Orangeを感じさせる不協和音、ジャリングギターハーモニックス、バスどらの嵐に突飛的に発生するなモッシュパートがうまく連携されている、と思えばメロデスのようなギター、このバンドも期待されているUSハードコアバンドの一つだ!






デトロイト産サウンドもまさにデトロイトの極悪さがにじみ出たタフでゴリッゴリのサウンド、ある程度知名度はあるよね!FWHからドロップされた音源は家のどこかにあるはずなんだけど・・・・極悪なメタリックハードコア好きなら間違いないっす!





NYはアルバニー産、16年に結成、デモ2枚ドロップという状況でBNBに出演とはと若手からすれば夢のまた夢、それほどのポテンシャルを持ったハードコアバンドなのだろうか?Hatebreed、Bulldoze、100Demonsのようなメタリックなハードコアサウンド、はハードコアの様式美的な定番な展開はやはり最高である!






最終日19日のメンツはおなじみのメンツが並ぶ!LEEWAYは名作「Born To Expire」リリース30数年を祝「Born To Expire」再現と何ともうらやましい最終日は

・IRON REAGAN
LEEWAY
BRICK BY BRICK
・VATICAN
・LION’S LAW
・ACTIVATE
PURGATORY
NO VICTORY

クロスオーバーのIRON REAGANにLEEWAY、若手注目のVATICANから意外なOiパンクLION’S LAWにタフガイハードコアPURGATORYと、そして

一部のみ話題となったww、Fast Break Records所属のB級ピザ・スケートスラッシュACTIVATEはいろんな意味で盛り上がりそうだが、超本格派のIRON REAGANも出るからね・・・






これまたUnbeaten Records所属のNO VICTORYはインディアナ産のザックザクのビートダウン極悪ハードコア、こてのサウンド中では大のお気に入りバンド、Time To Dieは名作です!





といった感じのレジェンドから中堅、、若手まで入り乱れる最強のハードコアフェスのバンドをディグって見た!お気に入りのバンドは見つかったかな?大好きなバンドのツアーのフライヤーを見ては参加するバンドをディグるのってマジで楽しいよね!BNBのプレイリスト造ったんでドライブ、作業中のBGMにぜひ!



夏らしいポップパンクやメロディックも最高だけど夏こそ暑苦しいまさに「漢」なハードコアサウンドで汗を垂れ流すのもアリだよね!6月にはVeinSheer TerrorINFEST、8月にはKrimewatch、9月にはMerauderKnocked Loose、10月にはCounterparts、11月にはBlack Flagと19年も夏から秋にかけてとてつもないバンドの来日ラッシュ、まだまだこれからも増えてくだろうしね!盛り上がっていきましょう!



ライブだけじゃなくニューリリースも期待しているのはH2OAgnostic Front、そろそろ、ニューアルバム出してほしいよね!アグノといえばNY/HC好きは絶対に見とかないといけないドキュメンタリー映画「The Godfathers Of Hardcore」これの日本語訳字幕ヴァージョンでないかな・・・・

こないだかのように鮮明な記憶があるAgnostic Frontの来日はもう1年も前になるんだね・・・・

では!

河内野


>

【夏が迫ってきた!】まだ5月だがオシャレバンドマンの夏ファッションチェック!

BL18-6-27040

暑い暑い、あちぃぞ~~!、を感じさせるような日差しと気温、こちらは25℃、来週末はまた寒くなるようだから、まだパーカーは出したまま、衣替えって学生の衣替えって6月1日だったよね、そろそろ夏の準備をするのもありかと、ここまで天気が良いと、そう、聴きたくなるのはメロディックやポップパンク


最近よく聴いているのはMillencolinBad Religion、さらに夏らしい、ポップパンクSeawayの、新曲やカバー曲を収録したコンピレーションアルバム「Fresh Produce」を好んで聴いております!




アルバムジャケットがもう夏っぽいもんね!海沿いのドライブにもってこいだ!この時期妙にポップパンクにハマり詳しくさせるのは確実にのせいである!ゴールデンウィークなんてなかったけど5月病も吹き飛ばしてくれるゴキゲンなサウンド、最高っす!


19夏のマストになること間違いなしのNew Found Gloryからは映画サントラ・カバーの第3弾となる「The Screen To Your Stereo 3」もゴキゲンである!



だれもが効いたことのある名曲がNFGなポップパンク節になって聴けるのって最高ですよね!!!夏までまだまだだけど、あなたが聴きたいメロディック、ポップパンクアルバムは何ですか?



夏といえばファッションも変わってくる、Tシャツにパンツとシンプルなコーデ、シンプルな分、秋冬よりも気を使わないといけないよ!



ということで、今回はバンドマンの夏スタイルファッションチェックをしていこうかと思う!

Deez NutsのファッショニスタJJによる夏スタイル、やはり夏といえば、ショーツ、ハーフパンツだが、今年もキ〇タマがはみ出んばかりの膝上丈のハーフパンツが人気である、JJのように上下のカラーを合わせてセットアップ風に着こなすのもトレンドになりそうだ!






個人的にも大好きなHellionsのボーカルDre Faivreバンドマーチでも数が増えてきたんだけどまだまだ挑戦者の少ないリンガーTシャツ、首と袖先のリブのカラーをチェンジされているTシャツ、定番のシャツにはない印象を与えるよね、一歩間違えれば体操着に見えてしまう危険性もあるが、ぜひ挑戦してほしいアイテム、ネイビーの太すぎず細すぎないパンツの丈は少し短め、ホワイトソックスを見せ、シャツとのバランスがイケているコーデである!






新曲もぶっ飛んでかっこよかった、そして来日も決定したKnocked LooseのボーカルBryan Garrisはシンプルなスタイリングだけど、90’sな絶妙なダサ加減がイケてるBiohazardのTシャツとシルエットがステキなカーゴパンツ、夏らしいサングラス、小物もこの夏には欠かせないよね、そこにレアなキックスを合わせる、一見普通なんだけどこだわりがあるスタイリングって素敵ですよね!






View this post on Instagram

BTSJ // 9.9.17

Aaron Heardさん(@aaronheard_)がシェアした投稿 –


Jesus Pieceのボーカル、NothingのベースであるAaronのファッションもイケてます!バンドマーチでも人気のオレンジシャツ、細目のパンツはロールアップ、オールスターのヒモ巻き方ひとつで見え方が変わる、ちらりと見える下着のパンツも気を付けないとね!バンドマーチでも発売されないかな・・・






View this post on Instagram

fished all afternoon and only caught a stingray

chadwick johnsonさん(@chadwickjohnson)がシェアした投稿 –

Hundredthのボーカルを務めるChadwick、個人的に大好きなグリーンのTシャツ、パタゴニアのサンプリングってのも良いよね、短めのショーツ、ハーフパンツとメッシュキャップ、チルなスタイル、ブラックだけじゃなく他の色のTシャツも挑戦してみてください!






Stray From The PathのボーカルDrewといえばバスケジャージ、生地感にスリーブレス暑すぎる夏にはもってこいだね、そこにブラックスキニーはロールアップでハイテクなキックスを合わせるスポーツミックススタイル、Tシャツの上から羽織ってもTシャツには出せないスタイルが生みだせるし使えるアイテムかと!バンドマーチでは少ないんですが・・・・・






View this post on Instagram

😕 📸: @trevorsweeney

Dursさん(@dariusspite)がシェアした投稿 –

SpiteのボーカルDarius Tehraniのファッションも好きなんだけど、オーバーオールを使用した夏コーデ、ちょっと暑いかもしれないけど、細いストライプのシャツとカーハートのオーバーオール、仲間と差をつけるならオーバーオールアリです!






View this post on Instagram

😎 FINALLY MADE IT TO VEGAS ⚡️ 📸: @easterxdaily

Varialsさん(@varialspa)がシェアした投稿 –

バンド単位でシャレオツなのがVarialsウエストバックをそのままウエストに巻いたり、シャツインスタイルなど参考になるバンド、やはりトップスは大き目、パンツは細目からストレートにどのバンドも移り変わってきているね、マーチもシャレオツなVarials時にボーカルTRAVISのスタイルが好き!

View this post on Instagram

mind ya damn business . . . 📸: @easterxdaily

Travis Tabronさん(@strawberrytrav)がシェアした投稿 –






View this post on Instagram

im the motherfuckin 7/11 cowboy

RAT BOYさん(@ratboyratboy)がシェアした投稿 –


イギリスはエセックスが生んだ悪ガキバンドRAT BOYはスケーターライクなスタイルはさすがのUKバンド、ハイセンスな最先端スケートスタイル!使用してるアイテムはそこまで奇抜ではなく定番のアイテムながらサイズ感に丈感が絶妙!キックスがAIRWARKってのもハイセンス!


View this post on Instagram

👋 LA

RAT BOYさん(@ratboyratboy)がシェアした投稿 –

常識では戸惑ってしまう淡いブルーのシャツと淡いピンクのキックスを合わせるあたりもハイセンス!色使いがとてもうまいのでインスタはフォローしとくべし!






上記以外でオシャレなバンドマンいたら教えてね!!


たぶん1000以上のバンドマンのスタイリングを1日でチェックしてきたんだけど、まだ夏は先ってことで18年度にアップされていたバンドマンを見てとても多く登場しているのは下記のアイテム。

・柄ソックス
・柄シャツ
・膝上、柄ハーフパンツ
・バスケパンツ
・ビーチショーツ
・太目のパンツ
・チェックパンツ
・リンガーシャツ
・カラーシャツ



シャツもパンツも柄物が多かったね、パンツはスキニーがやはり少なくなってきている、細目のストレートからバギー、裾に向けて細くなるテーパードが増えてきたね!

柄物のシャツはバンドマーチでは少ないからパンツに注目すると夏っていうことで色は明るめに、ハーフパンツ、ショーツは定番だね!柄物のパンツなんてバンドマーチでは多くないけど、限定アイテムでも多く発売されてきたビーチショーツは狙い目、これからも販売されると思うんでぜひ1つは手に入れといたほうが良いかもね!僕はTERRORのビーチショーツ愛用してます!

TERROR

ハーフパンツやショーツでお気に入りの形、柄ってある?2秒で終わるアンケートフォーム作成したので参加してね!


夏が迫ってきたとはいえ朝晩は冷え込む、パーカーやコーチジャケットはまだタンスにしまわないほうが良いZE☆


では!

河内野





追伸:

TurnstileのMV!カラーリングにサイズ感、めっちゃ参考になります!

【平成最後の衝撃】前回も言ったけど、「Vein」来日ってやばくね?

VEIN

いよいよ始まったね、ゴールデンウィークどこかにお出かけしてる?もちろんバンドマーチでね?

Veinの来日、先日さらっとブログでも言ったんですが、

「さらっとブログに書いていましたがVeinですよ!!衝撃ですよ!!」



VC19428001

たしかに・・・・次世代ハードコアの代表格といっても過言ではないVeinですもんね!ちょっとかるすぎました?www




ダイブ、ダイブ、ダイブ、にモッシュのとんでもないライブになるのだろうか?ちょっと毛色の違うCrossfaith、が主催ということ、そして他はhipohopアーティスト、ジャンルレスなイベント、いつもと違った景色が見れそうですね!


このフライヤーも90’sのデジタルロックやインダストリアル、テクノを感じさせるし、Nicki Minajのジャケットロゴを描けたGUCCIMAZEも感じさせるよね!




Crossfaithはボーカルのkoie君が物販に誘ってくれて見た以来だから参戦するとしたら6~7年ぶり、当時では考えないくらいの人気と知名度を獲得、音源やライブ動画はチェックしているが生ライブもとんでもないんだろうね!



続いてVeinは 90’sのニューメタルな要素からインダストリアルなども感じさせるハードコアのハイブリッド、新世代であり次世代ハードコアの代表格、最も来日が熱望されていたハードコアバンドといっても良いだろう!



そして僕は初耳のInjury Reserveはどんなアーティスト?

Stepa J. GroggsとRitchie With a Tの2人のラッパーとプロデューサー・Parker Coreyの3人で構成される奇才ヒップホップトリオ・Injury Reserveは2014年に、アメリカのアリゾナ州にあるフェニックスで結成された。彼らの最初のプロジェクトはプロデューサーであるParker Coreyの祖父が歯医者であり、そのオフィスでレコーディングが進められたという。

QUETIC参照

hiphopマニアもうならせる「奇妙なトリオ」としても紹介されているくらい、Hiphop界では要注目なアーティストのようだ!Injury Reserveをメインに見に来る人も多いかもね!



そしてCrossfaithと同じく大阪出身のラッパーJin Doggダークなトラップの不穏なビートに叩き込むアグレッシブなラップはハードコア好きも何かを感じるだろう、見た目も危険なにおいを感じさせる、



といった個性でしかないメンツ、そのライブはすぐそこまで迫ってきている!


・2019/6/19 (水曜) 大阪 味園ユニバース
・2019/6/21 (金曜) 東京 恵比寿 リキッドルーム
・2019/6/22 (土曜) 東京 恵比寿 リキッドルーム

あと1か月半月ほど、すぐですね!チケットはお早めに!



こちらも先日サラりと紹介したKnocked Looseの来日決定も結構な衝撃ですよね!

Knocked loose

Merauderと同じくBLOODAXE FESTIVAL 2019に出演、最強すぎるんですがさらにここからまだ増えていく、去年2018の海外アーティストは、All out warTurnstileLionheart、そしてXibalba、Trail of LifeにEasy moneyと6バンド、19年は現在2バンド去年と同じならあと4バンド増えるってことだよね!



その4バンドを勝手に妄想するのも楽しい、

次世代で期待のフロリダ産ハードコアThree Knee Deepとかどうでしょう!



去年の「俺の10枚(2018年度)」にえらばせていただいたハードコアRegulateも見てみたい!



これまた個人的な希望なんですがBDHWのSlopeも見てみたいね!俺的ハードコアの名曲100選にも入るGoodbye Mr. Dandyを生で聴いてみたいね!



正直BLood Axe2019でVeinを予想していたんだけど、まさかのCrossfaith主催の方ということで、Veinと同じく次世代ハードコア期待の星であるYear Of The Knifeも十分ありえるかと!



Year Of The KnifeとともにPure Noiseを盛り上げるInclinationもありえるんじゃないかと!



その他、Get The ShotSanctionEcostrike、なんかもどうでしょうか?ビートダウンがちょっと弱いかなってことでDETAINはいかがでしょうか?



Merauderと同じくもう一バンドほどレジェンドがいてもおかしくないね!妄想が止まらないんでこの辺でwwwゴールデンウィークに時間が空いたときにでもあなたも予想してみましょう!!!





では!

河内野