マジ?「American Football」来日!そして来日、新曲、新譜、ニューマーチ情報!イベントもあるよ!

AF200117012

毎日、目まぐるしく飛び込んでくるニュース、音楽ニュースだけでもついていく必死、日々更新されていく海外のメディアやyoutubeでの新曲、来日情報、先日のブログでも紹介したMurphy’s Lawの来日もびっくりだが、思わず二度見どころじゃなく3度見はしてしまったビッグニュースは、American Footballの日本ツアーが決定!Comeback KidCandyMurphy’s Lawの来日でも日程を見てガックシきた関西勢、American Footballは関西公演あります!!!ハードコアリスナーがAmerican Footballをライブ行くほどに好きなのかは謎だけど、関西勢、名古屋勢も歓喜してますね!えがった!えがった!


American football来日




にしてもAmerican Footballは6月と少し先の来日、今週末にはKnocked LooseSanction、2月からは、Cave InPower TripREGULATE KrustRenouncedThe GeeksそしてMurphy’s Lawね!と、これまでにないほどの密集し純度の高いハードコアな来日ラッシュ!あなたはどれ行く?




来日もだけど新譜や新曲情報も!!一瞬だけどHatebreedの新曲の一節が!!





一瞬すぎますがwww一聴でH8Bと分かるリフ、アルバムアートもギロチンとクロスアックスと期待させてくれます!!新曲は2月14日に公開されるようです!来日してくれないかな~2010年に観に行ったけどあれからもう10年か、2020年あるかもね!!!

結成直後の18年前の2002年に自主リリースしたデモ音源「4 Song Demo」を公開したTERROR、貴重すぎる音源!!、限定でカセットテープが発売されたんだけど、当然僕は注文済、注文後全く進展ないんだけど届くのかな・・・・速攻で売り切れましたのでもう手に入らないよ!



あと注目度の高いCode Orangeの新譜も楽しみだね!そしてそして音源もだけど、当然、バンドグッズ、バンドマーチもね!!次々と新作が発売されています!!って言っても最近はプレオーダーや限定ばかり、パッと発売してくれれば助かるんだけど、そうもいかないでしょうね!確実に生産数はポジティブダイブやり始めた頃よりも大幅に減っています、だからこそビビっときたアイテムはすぐに手続しておいてほしい!ハードコア、NY/HCアイテムに関してもニッチなせいか、人気のメタルコアやポストハードコアに比べたらホント少ないし、すぐ廃盤・・・常にチェックしているのでヤベーの見つけたら速攻でアップして速攻で終わらせる!

NYHCの中でも人気のMadballマーチは一定数確保できる、Sick Of It Allは極少のみ取扱い中、Agnostic Frontに限っては・・・・取り扱っているメーカーの倒産が連発、覚えているだけで4社はつぶれているねwww最新アルバムの発売元であるNuclear Blastはマーチ発売しないし、「どこか販売してください!」と願うしかない!



ほぼ毎日ネットサーフしてはアグノマーチを探す旅に出かけている、一昨年も去年も先月も、そして昨日も、今日も・・・諦めかけているときにパッと販売されるのが楽しいとこでもあるんだけど、今日もあきらめかけて取引ある業者を見ると・・・・


あるじゃんアグノの新作マーチが!!!


どれほど待ち望んだか・・・・限定で取り扱ったマーチを除けばThe American dream died発売頃の15年から5年ぶりになるんじゃないかな、ほんと待ちましたよ!アグノ新作マーチ!!!


ということで久々のイベント開始!
Agnostic Front新作マーチイベント開催します!


そんな新作マーチはまだまだ記憶に新しい名作Get Loud以降の新作デザイン!過去作の焼き回しではない完全な新作デザインである!



これぞバンドマーチなアルバムのアートワークを落とし込んだ一枚!NYHC史に残る名盤中の名盤CAUSE FOR ALARMを彷彿させるGet Loudデザイン、おなじみのOi!デーモンご健在の最強デザイン!



AF200117006

正直、ファンでなければよさがわからないデザイン!だからこそ最高なんですよね!これだけじゃなく、その他、多くはないですが6点の新作が登場します!それらは商品ページでご確認ください!

Agnostic Frontの商品ページはこちらをクリック!


そしてイベントといえば特典だね!気になる特典はコレ!!!




コレクターは大好きな7インチ、レコードプレイヤーもっていなくても可愛いサイズ感がインテリアにもなるんですよね!3曲中アルバムに収録されてない曲も1曲収録、これも7インチの良いところ、ダウンロードクーポンも付いてます!!


Agnostic Frontの商品ページはこちらをクリック!




ほんと久々ですよね!ポジを昔から愛用してくれている人はわかりますよね!今まで何度も何度も取り扱い、廃盤を繰り返してきたか!!これは紛れもない事件だ!今回のイベントも自分が一番楽しんでますがwwwNYHC好き、アグノファンのあなたはぜひ参加してみてください!


では、あなたからのお申し込み楽しみにしてます!


アグノ

Agnostic Frontの商品ページはこちらをクリック!

特典は2月3日の夜8時までNE




河内野






追伸:
下記の記事はもう読んでるよね?


「リリックが素晴らしいんだってばよ!」

【19年-年間ベスト】「店長」が選んだ「マジ最強な10枚」

TENCYOU2001110012

どうも!!正月に発症したぎっくり背中の痛みもようやく治まりつつある中、Mall GrabとTurnstileのコラボ作品を聴いてテンション上がって背中に電気が走った・・・今日は安静にします!!既に発表している曲をリミックスしたおしゃれサウンド!!!





新曲ではないけどこれがまた良い感じ、いつかはわからないけど次回作も楽しみだね、2020年も楽しみなリリースがわんさか、中でもHigher Powerなど次世代のグルーヴィーなハードコアから先日の新曲公開でさらに期待をあおるHeaven Shall Burn、同じくジャーマンメタルコアのNeaera、そしてデスコア回帰のSuicide Silenceなどなどが楽しみかな!あとは怒涛の来日ラッシュ、1月後半から4月頃までのメンツがやばすぎて、どれかをあきらめなくてはいけない状況だ、でもこれはうれしい悲鳴でもある、決めきれなくてチケット完売・・・ってことにはならないようあなたもチケット購入はお早めにね!



さて今回は僕が選んだ2019年度の最強の10枚を紹介、ここ数年で一番迷ったかも、それほど19年最高なリリースがたくさんあった、幅広く音楽を聴く僕にとっては把握しきれていないのも事実、自分がしっかり聴いた中で最強な10枚を紹介、自信あるアルバムばかり、名作ばかりなのでしっかり10枚共にチェックしてね!




19年度あなたが選んだ「最強の10枚」を教えて!店長ヴァージョン





ore10005




1枚目:Knocked Loose – A Different Shade of Blue

Knocked Loose

ベタと言われようが絶対に外してはいけない重要な一枚ですよね!Pure Noise Recordsのハードコアリリースラッシュの中でもやはり最終的にはKnocked Looseでしたね!メタリックでヘヴィーなサウンドはモチ、やっぱりこの高音なボーカルスタイルが最強なんですよね!力強く吐き出されるリリック、地を這うようなヘヴィーサウンド、ビートダウン、ニュースクーラーも反応してしまう単音リフ、クラスト好きもうならせるDビート、スレイヤーライクでメタリック好きはたまらないリフ、それだけで収まらずグルーヴィーでキャッチーと言える部分もありつつ邪悪なカオティックなフレーズ、これらをチョイスする、うまく曲に埋め込むセンスがピカ一、最強でしかない!いよいよ月末に来日ですね!





2枚目:American Football – (LP3)

American Football

今年一番聴いた作品、早起きし仕事へ向かう車の中、帰り道の車の中、撮影に出かける際の車の中、とにかく車の中でよく聴いていた印象、今日も聴いていたしねwww、春夏秋冬、どの季節もエモくさせてくれた名盤、眺め続ける家に17年越しに入り、そして今作3作目は家を突き抜け天へ!個人的にはキラキラしているほどエモの名作だと勝手に思っているんですが、この作品のキラキラ度は氷の結晶のように繊細で美しい作品でした。一生聴き続ける作品である!癒し効果もあるんで疲れ切ったあなたにも!





3枚目:BRUTUS – Nest

Brutus

19年はフィメールメンバーがいるバンドが良く活躍していた印象がある、このBRUTUSもそうである、しかもドラマー兼ボーカルという珍しいタイプ、しかも美しく艶やか、華があるというかまれにみるカリスマ性をも感じさせる!!3ピースでタイトでありダイナミック、ビュークを感じさせるスケールのでかい世界観、クランベリーズのドロレスも所々感じさせます!オルタナ、ハードコア、パンク、ヘヴィーロック、ポストメタル、ポストロックを取り込んだ無二のアートなサウンド、現代表曲でもあるWARの展開は鳥肌物!!レーベルメイトであるであるチェルシーウルフやロシアサークルも最高でしたね、ようやくマーチも取り扱い始めたんでチェックしてね!





4枚目:White Ward – Love Exchange Failure

WHITE WARD / Love Exchange Failure

友人に「シャレオツなポストブラックあるよ!」と鬼プッシュされてドハマリした一枚!アーバンでアバンギャルド、ジャジーでムーディーな静なパートからのトレモロリフのブラックメタルパート、冷たいブラックメタルなパートのバックに流れるサックスなど、カオティックともプログレッシブともいえる無二なサウンドはとても新鮮でした!ジャケットのような都会での孤独と闇を味わえる名作、19年数多くリリースされたポストブラック作品の中でも一番好きな作品でしたね!





5枚目:Queensway – The Real Fear

Queensway The Real Fear

バルチモアはほんとセンスの良いバンドが多いよね!極悪ハードコア/ビートダウン好きの中でも話題の前作も最高だったんだけどしれっと19年に新作がドロップ!相変わらずの治安悪い極悪サウンド、クリーンなラップ調のコーラスも加えグルーヴィーに、そして極悪に落とす、バルチモアの土地感も感じさせる極悪でありつつもセンスを感じさせる楽曲、5曲と少なめでしたが何度も何度も飽きずに聴きまくった一枚!





6枚目:Death Before Dishonor – Unifinished Business

Death Before Dishonor

10年ぶりのニューアルバム!個人的にはとてつもなくうれしかったニューリリース!ボストンハードコア特有のパンク色も残しつつこれまでの作品よりもヘヴィーに仕上げたストレートでモッシーな作品!これぞDBDな安定感は健在でさらにパワーアップしているあたり、最高です!相変わらずメロディックかつストレートなリフでモッシーに極悪に、何があってもブレない信念を感じさせてくれた名盤です!新しいグッズもチェックしてね!





7枚目:Cattle Decapitation – Death Atlas

CATTLE DECAPITATION / Death Atlas

4年ぶり8作目、待望のフル!!デス・メタル・プログレッシヴ・グラインドCattle Decapitation!!!さらにスザマジくCattle Decapitationしか奏でられない無二なサウンドがさらにパワーアップ!人類の終焉をドラマチックに奏でたエクストリーム終焉轟音サウンド!今作も多彩なアレンジは荘厳で壮大でドラマチックな展開!相当聴いてきたけど飽きがこない!クリーンと言ってよいのか、あの汚い歌い方もクセになるよね!全人類必聴な一枚!





8枚目:Renounced – Beauty Is A Destructive Angel

Renounced - Beauty Is A Destructive Angel

祝!来日決定ですね!!叙情派ニュースクールから叙情派メタルコアも虜にするRENOUNCEDの新譜、イントロから2曲目の入りがたまらないそこから泣き泣きの涙大洪水にザックザクのギターでメタリックに、スポークンパート、UK優良レーベルHoly Roarが目をつけるのも納得、前作を超える完成度、名曲だらけだけど3曲目の「In a Years Turning」はマジ鳥肌物なんです!水面下でリバイバルしつつあるニュースクールハードコアや、叙情系、聖地フロリダは特にPoison The Wellの初期も感じさせるし、さらにはMaメタルコアからEDGEメタルの要素もうまく落とし込んだこの手のサウンドの究極系ともいえるパーフェクトな一枚かと!





9枚目:PUP – Morbid Stuff

PUP - Morbid Stuff

前作がとてつもない名作だったんで期待しまくった一枚だけど、それをはるかに超えて突き抜けてしまった最強なポップパンク、インディーロックアルバム!とことんポップでキャッチーで元気になるメロディーラインは天才的!長期連休当日、テンション上がりすぎて早く目が覚めて、いつもはしないウォーキングに出かけてしまうようなポジティブなサウンド?wwwお出かけのBGMに欠かせない一枚でした!





10枚目:Angel Du$t – Pretty Buff

Angel Du$t - Pretty Buff

新しサウンドなのにクラシック!ポップでキャツチー、サウンドからアートワークまでハイセンス!初聴では本音そこまでだったんだけど聴けば聴くほど病みつきに!





「俺の10枚」の中で1位を選ぶなら、どのアルバム?

第一位American Football – (LP3)

TENCYOU2001110011

選ぶのがとても難しかったんだけど一番聴いた作品としてAmerican Footballにしました!冒頭でも言ったように一生聴き続ける一枚になりそうな名盤、いや神盤である!





19年度の最強の1曲を教えて!

最強の1曲Pijn & Conjurer – High Spirits

夏ごろにリリースされたポストメタルPijnと、Conjurerによる共作EPの中のHigh Spiritsという曲、とにかく壮大で聴いているだけで幸せが訪れそうな癒し効果もある一曲!1曲が長いけど最初から最後まで必ず聴いてください!個人的にはJesuやBARONESSを思い浮かべましたね!





と言った感じで10枚選ばせていただきましたが、僅差で入らなかったアルバムが本当に多い、今までで19年度が一番難しかったかもしれない、叙情派代表格CounterpartsやシューゲイズのDIIV、クラシカルかつモダンなAbuse of power、個人的チルミュージックなTurnoverCopeland、オールドデスのBlood IncantationGatecreeper、デスメタリックなFUMING MOUTH、メロディックではLagwagonBad ReligionMillencolinなどなどが僅差でした、19年度も幅広く聴いたつもりなんだけど、デスコア、ポップパンクはあまり深くディグれなかったね、その代わりにシューゲイズやドリームポップ、ポストブラック、ポストメタル、さらにアングラなバンドを込んで聴いていた印象がある、ポップスは皆無、紅白に出場していた新しいアーティストなんかはほぼわからないからますます世間との距離が離れていく、会話に困ることも多かったけど2020年も同じくアンダーグランド攻めまくっていこうかと思います!


19年度もたくさんのアンケート参加本当にありがとうございました!




2020年の年末も必ず行うからまた参加してね!!12000円のクーポン当選者発表は今週中に行うから参加者はお楽しみに!!あと500円クーポンのメールが届いていない参加者いたら教えてね!




では!

河内野




追伸:
Belmontの新譜も楽しみ!新曲公開されましたね!!

【19年-年間ベスト】「つよさん」が選んだ「最強な10枚」【3発目】

TUYO191222001

2019年12月22日もあと数時間!今年もあと8日でオワリ!神戸にいる友人はこの年末にスケボーで足を複雑骨折、19年から20年になる瞬間は病院のベットかも・・・・カワイソウニ・・・



年末に大けがする人って結構急増するらしいよ、あなたも気を付けてね!!年末は行ってあげないけど、近々にお見舞いに行ってやるか!骨折した友人が大好きなメロディックハードコアの最新プレイリストと熟女のエロ本を持って!


さて今回も、「19年度最強の10枚」を紹介していくわけだが、まさに90’後半から00年代初期のスケートやスノボーなどの横乗りブームにハマった30代の半ばから後半のあなたは興奮してしまう名盤だらけ!では早速チェックしてみて下さ~い!



ore10005



19年度あなたが選んだ「最強の10枚」を教えて!「つよさん」ヴァージョンNo.03





1枚目:Lagwagon – Railer

Lagwagon

FAT!90s!





2枚目:Good Riddance – Thoughts and prayers

Good Riddance

FAT!!90s!!





3枚目:Strung Outバンド名 – Songs of Armor and Devotion

Strung Out

FAT!!!





4枚目:face to face – LIVE IN A DIVE

Face To Face

FAT!!!!





5枚目:OMAHA – Ⅳ

OMAHA  - Ⅳ

skate!skate!skate!





6枚目:For I Am – Late Bloomers

For I Am

skate!girl!skate!





7枚目:Hateful Monday – Pit Stop Punk Rock

TUYO191222007

skate!punk!skate!





8枚目:Millencolin – Sos

ミレンコリン

skate!skate!skate!skate!





9枚目:Much The Same – Every Thing Is Fine

マッチザセイム

skate!skate!skate!skate!skate!





10枚目:Knocked Loose – A Different Shade of Blue

Knocked Loose

hardcore superhero!








ore10005



「俺の10枚」の中で1位を選ぶなら、どのアルバム?

第一位Much The Same – Every Thing Is Fine

Much The Same

Yes!skate!Yes!





19年度の最強の1曲を教えて!

最強の1曲Much The Same – Snake in the Grass





Lagwagon – Railer
前作よりも疾走感アップで名曲揃い、何度も言いますがBubbleはLagwagonの10本の指に入る名曲かと!

Good Riddance – Thoughts and prayers
こちらもメロディックの大御所でありポリティカルなリリックでいまだ人気!Lagwagon同様前作に比べると疾走感アップ!6曲目のPrecariatが一番好きな曲!

Strung Out – Songs of Armor and Devotion
こちらも想像を超えて傑作を生みだしてくれました!思わず「これこれ~!」となった一枚!メタリックとポップのバランスはさすが!!

face to face – LIVE IN A DIVE
ベテラン中のベテランのライブアルバムFat 恒例のLive in a Diveシリーズ!爆音でヘッドトンで聴けばライブ会場にいるかのような臨場感!!

OMAHA – Ⅳ
トロントのスケートパンクバンド!激しく高速でテクニカル、90年代のスケートやスノボーのVHSビデオで流れてそうなサウンドは懐かしく、この時代の美しいサウンドで聴けることがうれしく、ワクワクしてしまいます!

For I Am – Late Bloomers
メロディックパンクのFor I Am、疾走感あるメロディック・パンク、FATライクなメロディックサウンドに歌唱力ある女性ボーカルがナイス、程よいブレイクやポップパンクっぽさのモダンな要素もある注目のバンドとは言え結構活動歴あるのね!過去作も掘ってみよっと!!

Hateful Monday – Pit Stop Punk Rock
スイスのベテランメロディック!高速度、メロディーセンス、コーラスワークに哀愁感は健在!!フルも楽しみだね!90’sメロディックなアートワークもグッド!

Millencolin – SOS
個人的にも楽しみにしていた一枚!活動歴も25年を超えるベテラン!初期に比べると少し大人になったサウンドでありながら初期の哀愁感は健在、モンキーズ以降のアルバムでは間違いなく一番好きですね!

Much The Same – Every Thing Is Fine
15年に再結成、本作はなんと13年ぶり! メロディック好きには懐かしいバンドですよね!90年代メロディック好きにはたまらない内容なんだけど、もう少し聴きたいかなって!最高だからこそ9曲じゃ満足できません!最高なんですけどね!

Knocked Loose – A Different Shade of Blue
9枚連続でメロディックのあとにKnocked Loose!!現行のハードコアの代表格といってもないほどの人気とトップクラスのメタリックハードコアBLOODAXE FESTIVALでの来日の記憶も新しく新たに来日も決定しようやく日本でも人気が爆発中!最先端のハードコアといえば?その回答は間違いなく「Knocked Loose」文句なしの名盤!

つよさん 最強な10枚ありがとうございました。



1枚目:Lagwagon – Railer
2枚目:Good Riddance – Thoughts and prayers
3枚目:Strung Out – Songs of Armor and Devotion
4枚目:face to face – LIVE IN A DIVE
5枚目:OMAHA – Ⅳ
6枚目:For I Am – Late Bloomers
7枚目:Hateful Monday – Pit Stop Punk Rock
8枚目:Millencolin – Sos
9枚目:Much The Same – Every Thing Is Fine
10枚目:Knocked Loose – A Different Shade of Blue




今年も当然クーポンを準備しています!投稿者全員に500円クーポン!そして抽選で1名に10000円クーポンではなく!!今年は2000円アップの12000円クーポンを1名にプレゼントしちゃいます!!!

下記のアンケート欄からあなたが選んだ最強の10枚を投稿してください!できればアルバムごとに一言添えてくださいね!





アンケート参加ありがとう!このブログでガンガン紹介していくから楽しみにしてて!そして自分も知らなかった名作に巡り合うことができるでしょう!マジで楽しみです!



あなたの周りも「アンケート開始したよ!」って教えてあげてくださいね!


では!


河内野




追伸:
2019年度の最強な10枚、Vol.01、Vol.2は下記をチェックしてね!

Knocked Loose の名曲「Mistakes Like Fractures」を超訳!!

KL2019-1203019

今週に入ってからず~~っと、テンションも上がりきらない!そんな時は大好きなお音楽を聴くに限る!先日からこのブログでも登場しているKnocked Looseなんてハイテンションになるための着火剤のようなもの、雨でくすぶっていた心も現在は燃えタギっております!


各メディアや雑誌の年末行事「年間のベストアルバム」的な記事では必ずって言っていいほどにKnocked Looseの最新アルバム、A Different Shade of Blueが入っている、名作だとは思っていたけどここまで評価されているとはね、ちょっと予想外であった。



昨日のブログではPower TripRegulateか、そしてKnocked Looseか?で迷っていたんだけどね、あ、来日公演のことね、現時点ではKnocked Looseに固まってきています、やはりA Different Shade of Blueを聴けば聴くほどに好き度数が増していくアルバム、ハードコアのアルバムって発売したてはとてつもなく聴いて飽きが来るんだけど、このA Different Shade of Blueは何かが違うんだよね、スルメ的でもあり熟成されたワインのような深みも感じさせる、前作も最強なアルバムだったけど、今作の完成度は比にならないくらいヤバイと感じてます。


名作ならではのみえない語れない魅力ってのもあるのかと、数年後、数十年後確実に歴史的なハードコアアルバムとして紹介されるのだろうね、と僕は確信しています。

KL2019-1203020


サウンド的にはパーフェクト、あとはハードコアで重要なメッセージ性っていう部分、やはり好きなバンドは歌詞も理解したくなるのが当然ってことで、今回はMVにもなっている名曲、アルバムでは中盤あたりに登場する

Mistakes Like Fractures」を超訳してみた!



Fracturesっていうのがどう訳せばよいのか?難しいよね、直訳では骨折など、でも固いものが、砕ける、裂けるでもfractureは使われるからね、ん~~実に難しい「Mistakes Like Fractures」となる場合は、どういうニュアンスなのだろう・・・とにかくチェックしてみましょう!


Knocked Loose “Mistakes Like Fractures”

The light is stopped by the tree line

極地で光は止められた!

And I am chained to the ground

そして、俺は囚われの身!

I see the horns in the tall grass

草むらの中にツノが見える!

They still follow me around

やつらはまだ俺についてくる!

KL2019-1203018

Mistakes like fractures

粉砕のようなミステイク!

Hiding underneath the skin

皮膚の下に隠されて見えない!

Mistakes like fractures

粉砕のような間違い!

Buried underneath the weight of sin

罪の重さの下に埋葬されている!

ノックドルーズ

I will atone
For the things I’ve done here

ここでおかしてしまった罪を俺はつぐなう!

And God only knows
That it’s all stuck in my head

それを俺がいつまでも忘れられないことは誰も知らない!

God fell silent
When I cried out

俺が泣き叫んだとき、神は沈黙した!

I cry out

俺は叫ぶ!

ノックドルーズ

I cry out for an ending

俺は「終わりが来てくれ」と叫ぶ!

An escape that is over due

もうとっくに訪れているべきのエスケープ(脱出口)

Faced with the final judgement

最後の審判を前にして、

No hand to pull me through

俺を救い出してくれる手はどこにも見当たらない!

Mistakes like fractures

破砕のようなミステイク!

Hiding underneath the skin

皮膚の下に隠れて見えない!

Mistakes like fractures

破砕のような間違い

Buried under all my sin

俺の罪の下に埋められている

Knocked Loose

I followed the rabbit

ラビットを追いかけて!

I found my ending

俺の終わりを見つけた!

ノックドルーズ
※ビートダウン

I see the horns

ツノが見える

They follow me down

やつらが追いかけてくる!

God fell silent
When I cried out

俺が泣き叫んだとき、神は沈黙した

KL2019-1203017




いかがでしょうか?ちょっと難しいかもしれないね、まさに詩的、どうとらえるかは自分次第、アルバム前曲どういった内容かを知るべきでもある、そうすればもっと理解できるかもしれない、じっくりチェックしてみます!あなたはこの歌詞から何を感じますか?良かったら教えてね!





アルバムは最強、各メディアの評価も好評な、まさに「昇竜の勢い」のKnocked Loose、先日のBloodaxeからの再来日も決定し、われら日本での人気も急上昇中、ならね、やっちゃいます?


Knocked Looseイベント!


ってもね、メインとなるアイテムがマジ少ないんですよね、でもね取引先が激ヤバアイテムを販売開始しちゃってる!特に下記の2アイテム

1.カーハートボディーのポケT
2.ディッキースのアイゼンハワージャケット


この2アイテムはマジで一目ボレ!詳しくはサイトをチェックしてほしいんだけど、マジでヤバイとしか言いようがない、特にアイゼンハワー、Youtubeでも着用していたディッキーズのジャケットがボディーのアイテム!





着用しているのはTERRORなんだけどね、このボディーにKnocked Looseのプリント、やばいっしょ?ファッションアイコンでもあるカニエさんが着用しストリートでも注目になっているアイテムですよね!


Knocked Looseページはこちらをクリック





すでにメーカーではベストセラー、売り切れが怖いんで期限をしっかり決めた期間限定のお取り寄せにします!12月09日(月曜)夜8時まで




気になるは特典ですよね?!
ore10005

Knocked Loose

Knocked Looseページはこちらをクリック


はい、Pure Noise縛りの3バンドのポスターが特典になります!説明不要のKnocked Looseに同じく来年来日する人気急上昇中のSanction、そしてアルバムが出たばかりのLeft Behindのポスター、3枚セットであります!ディッキーズジャケット購入者には別途、何かさらにプレゼントしちゃうかも、期待していてください!



近々でハードコア系のマーチもかなり強化しているから、そちらと一緒にまとめ買いして、ポスター3枚セット手に入れちゃってください!


Knocked Looseページはこちらをクリック

ノックドルーズ

特典プレゼントは12月09日(月曜)夜8時まで



あなたからのお申込み楽しみにしています!


まだA Different Shade of Blue聴いたことないって人は今すぐに前曲聴きましょう!




では!


河内野




追伸:
大好きな動画、5歳のお女の子がBryanに質問、インタヴューする動画、やり取りが可愛いスギる!!!!

「Kocked Loose」と「Power Trip 」の来日公演、どっち観に行くべき?2020年来日ラッシュ!

Knocked Loose Power trip

「始まりがあれば必ず終わりがやってくる」、40年と半世紀近くもスラッシュの帝王として活躍してきたSLAYERがついに終わりを迎えましたね、最後のライブで最後に演奏されたのは「Angel Of Death」だったそう。


僕たちの中にもSLAYER好きは多いと思う、影響をもろに受けたエッジメタル、ニュースクール、ハードコアからメタルコア、デスコア、エクストリームな音楽のすべてに影響を与えたって言っても良いくらいのレジェンド、いや、帝王である!ちなみに僕は94年に発表した6枚目のアルバム「Divine Intervention」からリアルタイムで大好きになったバンド、僕の中でスレイヤーといえばReign in Bloodでなく、「Divine Intervention」なんですよね!この速さと攻撃力の強さ、当時はグランジに魂を売ってしまったけど、そんなの一切関係なしにスレイヤーの「Divine Intervention」は聴きまくってましたね!



96年リリースのハードコアパンクカバーアルバムである「Undisputed Attitude」も要チェックだね!


近年のメタリックなハードコアやPure Noise所属の次世代のハードコアバンドが大好きなら思わず反応してしまうフレーズがたくさんあるでしょ?



モロに影響下にあるわけではないけど所々でスレイヤーイズムを感じることのできるKnocked Loose、彼らが好きならスレイヤーも好きになれると思うよ!先日の来日、そして来年の来日が決定しているKnocked Loose、さらに日本でも人気が爆発しそうだね!余裕ぶっこいているとチケットがソールドする可能性もあるね!

KLPT191203004

1月31日(金)大阪 BEYONDに参戦予定、同じくPure NoiseからSanctionも観れるんだもんね!来年も初っ端から楽しいイベントが盛りだくさん!



さらにPower Tripもleave them all behind 2020 のextra showとして、大阪にやってくる!!!

Power Trip 2020

でも2/4とKnocked Looseの来日と日程が近すぎるんですよね!近いっちゃー近いんだけどね地方住はわかると思うんだけど、渋滞なども考えると確実に日がつぶれてしまうんですよね、働いている身としたら1週間に2日も丸々休むのはキビシー!!!!

世界を圧巻する次世代ハードコア・アクトKnocked Looseか?

新世代クロスオーヴァー・スラッシュの筆頭Power Tripか?

究極の選択である!

2月2日の東京はKnocked LoosePower Tripが被っている・・・・・これもまた究極の選択ですね!両バンド共に再重要なバンド、両方いける人がマジうらやましい!僕のように一日しか行けないならどちらを選ぶ?


迷っている間に両方のチケットがソールでっていう最悪のシナリオも想定しておかないとね!早急に、どちらに参戦するか決めるぜ!

と思いながら両バンドの音源やライブ映像見まくっているんですけど、選びきれるのか?現時点ではPower tripかな~・・・



と思ってKnocked Loose聴くとやっぱりこっちかなと・・・

遠い昔の話ではあるが、僕には不釣り合いの美人から同時期に告白されたことがある、僕は選びきれずなんとか2人とお付き合いをする方法を考えている間に二人ともに愛想をつかされる、そんなことを思い出してしまった、

二兎を追う者は一兎をも得ず

そうならないように今週中にはどちらの来日公演に参戦するか選んでチケット買っておきます!


そうだ!!!!!!1週間後にはREGULATEKrustの来日公演やん!!!!!

KLPT191203005

REGULATEは18年度のアルバム10枚にも選んだ超大好きなバンド・・・三つ巴の戦いじゃぁ~~!!!Knocked LoosePower Trip、そしてRegulate果たして僕は選びきれるのだろうか・・・・

では!

河内野



追伸:
今回のブログで登場したバンドのマーチ、とり扱ってまっせ!来日前するまえにチェックを!

Knocked Loose /ノックド・ルーズのグッズは下記をクリック!
https://positivedive.com/shopbrand/ct1624/

Sanction / サンクションのグッズは下記をクリック!
https://positivedive.com/shopbrand/ct1999/

Power Trip /パワートリップのグッズは下記をクリック!
https://positivedive.com/shopbrand/1087/

Regulate / レギュレイトのグッズは下記をクリック!
https://positivedive.com/shopbrand/ct2203/

Krust / クラストのグッズは下記をクリック!
https://positivedive.com/shopbrand/ct2116/

Pure Noise Records所属バンドのグッズは下記をクリック!
https://positivedive.com/shopbrand/ct2001/

Knocked Loose /ノックド・ルーズのこのOldham プルオーバーパーカー(ブラック)ですがメーカーのサイズ入れ間違いでMサイズのみ1点すぐに発送できるから、チェックしてね!画像クリックしたら商品ページに飛べます!

ノックドルーズ

OLDHAMシリーズ!今作は「A Different Shade of Blue」なカラーリングでフォトと組み合わせたロゴ、 バックにはメンバーのフォト、袖には頭文字のK/Lロゴとたまらない仕上がりです!