最強ボリュームを誇るWarped Tour「ワープドツアー」のコンピレーションも今年で最後!

ワープドツアー2018

昨日に引き続き今日も夏日ゴールデンウィークなんてなかったけどまさに5月病、体が重い・・・ただ食べ過ぎているせいでもあるが、この憂鬱な気分を解消してくれるのはやはり音楽である!

やっぱりこの時期、夏といえばメロディックハードコアに、ポップパンクだよね、やはりこれから始まるワープドツアーのイメージが夏、パンクバンドだけじゃないんだけど、やはりワープドの印象はパンクなんだよね、毎年楽しみにしている、とてつもないボリュームのコンピレーション・アルバムが6月に発売。

ワープドツアー

The Warped Tour 2018

発売日は6月の22日、約1月後だね!何が楽しみってこのボリューム、Neck Deepのジャケだった去年は50曲収録、今年は51曲、今年はTonight AliveのヴォーカルJennaがジャケットを飾る!
今年も一枚目はメロディックなバンドが多く2枚目はポストハードコアやメタルコア、ハードコアなどが中心、ここコンピで知れたバンドも数多くいる、まさに入門編なアルバム。



毎年の夏前の楽しみの一つなのである!

来年も

再来年も


その次の年も



当然、このコンピ買うよね・・・って

ワープドツアー今年で終わるんだった・・・


僕と同じく毎年このコンピレーションを楽しみにしていた仲間も多いはず、実際にワープドにはいけないけどこのコンピを聴いて、ほんの一ミリでもワープドに参加している気分を味わっていたが、それも今年で終わり、「始まりがあれば終わる」とても悲しいね・・・


「当たり前を続けるのって難しいですよね!」by石田ゆり子さん



悲しみはいったん置いといて、このCDに収録できる限界時間のフルヴォリュームな中身を見ていこう、収録曲はこちら!



1枚目の収録アーティスト/曲
1. Tonight Alive(トゥナイト・アライブ) – “Book of Love”
2. Senses Fail(センシス・フェイル) – “New Jersey Takes, The World Makes”
3. Real Friends(リアル・フレンズ) – “Get By”
4. Knuckle Puck(ナックル・パック) – “Double Helix”
5. State Champs(ステイト・チャンプス) – “Slow burn”
6. Sleep On It(スリープ・オン・イット) – “Distant”
7. Story Untold(ストーリー・アントールド) – “All the Same”
8. Mayday Parade(メイデイ。パレード) – “Jamie All Over”
9. This Wild Life(ワイルド・ライフ) – “Headfirst”
10. The Maine(メイン) – “Black Butterflies and Déjà Vu”
11. Palaye Royale(パレ―・ロワイヤル) – “Get Higher”
12. Doll Skin(ドール・スキン) – “Baby’s Breath”
13. Don Broco(ドン・ブロコ) – “Stay Ignorant”
14. Picturesque(ピクチャレスク) – “New Face”
15. Simple Plan(シンプル・プラン) – “Boom!”
16. The Interrupters(インタラプターズ) – “She Got Arrested”
17. Shiragirl(シーラガール) – “Get Em Hot”
18. Less Than Jake(レス・ザン・ジェイク) – “Things Change”
19. Broadside(ブロードサイド) – “Paradise”
20. Assuming We Survive(アスーミング・ウィー・サヴァイブ) – “California Stoned”
21. Makeout(メイクアウト) – “Crazy”
22. With Confidence(ウィズ・コンフィデンス) – “Keeper”
23. Summer Wars(サマー・ウォーズ) – “End of an Era”
24. Grayscale(グレースケール) – “Let It Rain”
25. As It Is(アズ・イット・イズ) – “Austen”
26. Four Year Strong(フォー・イヤー・ストロング) – “For Our Fathers”



2枚目の収録アーティスト/曲
1. Ice Nine Kills(アイス・ナイン・キルズ) – “Nature of the Beast”
2. August Burns Red(オーガスト・バーンズ・レッド) – “King of Sorrow”
3. Motionless in White(モーションレス・イン・ホワイト) – “Voices”
4. Asking Alexandria(アスキング・アレクサンドリア) – “Where Did It Go?”
5. Issues(イシューズ) – “Coma”
6. Every Time I Die(エヴリ・タイム・アイ・ダイ ) – “Glitches”
7. Wage War(ウェイジ・ウォー) – “Stitch”
8. Knocked Loose(ノックド・ルーズ) – “My Heroes”
9. Chelsea Grin(チェルシー・グリン) – “Four Horsemen”
10. In Hearts Wake(イン・ハーツ・ウェイク) – “Passage”
11. Nekrogoblikon(ネクロゴブリコン) – “Mold”
12. Twiztid(ツイズティッド) – “Nothing to You”
13. Kublai Khan(クビライ・カーン) – “Split”
14. Phineas(フィニアス) – “I Saw The Bombs Fall”
15. Dayseeker(デイシーカー) – “Cold, Dark Winter”
16. Sharptooth(シャープトゥース) – “Rise”
17. Crown The Empire(クラウン・ジ・エンパイア) – “Zero”
18. Trash Boat(トラッシュ・ボート) – “How Selfish I Seem”
19. Dead Girls Academy(デッド・ガール・アカデミー) – “I’ll Find A Way”
20. Farewell Winters(フェアウェル・ウィンターズ) – “On A Light Note”
21. Capstan(キャプスタン) – “The Wreath and The Follower”
22. The Amity Affliction(ジ・アミティ・アフリクション) – “This Could Be Heartbreak”
23. Movements(ムーブメンツ) – “Full Circle”
24. Hail the Sun(ヘイル・ザ・サン) – “Suffocating Syndrome”
25. Waterparks(ウォーターパークス) – “Lucky People”


相変わらずなヴォリューム、毎回大満足、いろんなバンドが収録されているから車のBGMとして流し、「おっ!」と思う部分があれば信号待ちなどでCDジャケットを取り出し何のバンドかをチェックする、そしてそのバンドの音源を購入するのがワープドコンピの楽しみ方、一連の流れ、この楽しい流れも途絶えるのかと思うと結構なショックである。夏の風物詩、花火が無くなるような、大げさでもなく本当に毎年楽しみにしていたからね・・・自分の中では当たり前に思っていたけど50バンドも集めコンピを作成するってすごいことだよね、ワープドのコンピにはマジで感謝でしかない!今までありがとう!!!




今回は収録されているバンドの中から夏前ってことでメロディック、ポップパンクバンドのMVを貼ってを感じていこう!※コンピに収録されていない曲でね!



Real Friends – “Loose Ends”




Knuckle Puck – Gone




State Champs “Dead And Gone”




Sleep On It “Fireworks” (ft. Derek DiScanio)




Story Untold – In Or Out




Doll Skin – Let’s Be Honest




The Interrupters – “She’s Kerosene”




Less Than Jake “Bomb Drop”




Broadside – Hidden Colors




Assuming We Survive – Better Without You




MAKEOUT – Ride It Out




With Confidence – Voldemort




Summer Wars – Something To Call My Own




Grayscale – Atlantic




As It Is – Speak Soft




Four Year Strong “Who Cares”






夏が迫ってきたぜ!!!

、感じれた?一番好きなのはハードコアだけど、夏は絶対にメロディック、ポップパンクです!



Less Than Jakeのようなスカ要素あるバンドも「ザ夏!」って感じするけど、僕のお気に入りはSummer Warsとイージーコア寄りのSummer Warsだね!



Summer Warsは、Neck DeepやAs It Is にTonight Alive等のマネージャーを務めるMichael Kaminsky が去年立ち上げたAdventure Cat Records所属だね、ポップパンクではにけど同じくレーベルメイトのポストハードコアバンドCapstanも注目のバンドだね!



ここ最近は帰り道海岸線を車で走りお気に入りのビーチでアイフォンに入れたポップパンクを大音量(ヘッドフォン)で聴くのがマイブーム、夏に向けて新しい音源を購入したいんだけどさ、そこのポップパンクマニアよ、あなたのおすすめバンド教えてくれてもかまわんよ!!

河内野

ハードコアニュース最前線!アグノスティック・フロント来日まであと1か月

アグノスティック・フロント

本日は4月の10日、ということはついに1か月をきったわけだ!!何がって?

Agnostuc Frontの来日でしょ~~!

Agnostic Front


5月9日(水曜)東京 新宿ANTIKNOCK
ETERNAL B, STRUGGLE FOR PRIDE, CIVIL DEFENSE

5月10日(木曜)大阪 CLUB DROP
T.J.MAXX, PALM, EX-C, NODAYSOFF

5月11日(金曜)愛知 名古屋3 STAR
SLAPDOWN, DIEDRO LOS DIABOLOS, FACECARZ, LOST COMMITMENT

5月12日(土曜)静岡 浜松G-SIDE
NUMB, BEYOND HATE, 九狼叫

5月13日(日曜)東京 渋谷THE GAME
NUMB, LOYAL TO THE GRAVE, BLINDSIDE

招聘元:http://alliance-trax.com/





いよいよだね!1か月なんてあっという間、ゴールデンウィーク挟んでもうすぐだね!5月病にならないようにね!!アグノスティックの来日ニュースからハードコアが世間的にも盛り上がっているんだけど、近々のハードコアニュースを今日は紹介していこう


3月の半ばだけど、まさかの25 ta lifeが新曲EPリリース!!極悪ハードコアの起源は彼らだ!というハードコア好きも多いはず、アートワークなんかも極悪ストリート、おなじみのいなたさがあるよね、ヴォーカル、リックはロジャーと同じく吐き捨てスタイル、「まだやってたの!!」って衝撃的だったんだけど、ハードコア好きにはビックリなニュースだったよね、まずは聴いてみてよ!




あれ、リックってこんな声だった?てかボーカルリックじゃないじゃん!!!!!ボーカルはStikmanってことでもろにFury Of Fiveな雰囲気だけど25 ta lifeな印象も受ける、これはこれでめっちゃかっこいい!!にしてもこの時代に25 ta lifeが聴けるとは!!





Convergeのジェイコブもお気に入りのBlacklisted新曲キタ~~!!オリジンハードコア!!「WHEN PEOPLE GROW, PEOPLE GO」以来3年ぶりの音源だよね、今回もハードコアスピリットを根本に持っているんだけど枠に収まらない、相変わらず無二な仕上がり!





Six Feet Under Recordsから、プロデュースはQuicksand, Code Orangeを手掛けるWill Yip「そりゃヤバイわ!」やはりセンス抜群!フルアルバムが楽しみである!





The Mongoloids, Suburban Scum, そして ManipulateのメンバーからなるニューバンドWorld Demise!!


MongoloidsSuburban Scum共に大好きなバンドだから期待も高まっていたんだけどかっこいいね!メタリックでモッシー、さすがの2バンド、完成度高し!!This Is Hardcore 2018にも出演、期待のバンドである!





フィラデルフィアで開かれるハードコアの祭典This Is Hardcore 2018のラインナップが公開されたね!

ハードコア



毎年思うんだが、このメンツ、ヤバすぎるどころか完全胃もたれするね!そしてなんと日本からNUMBが参戦!!





One King DownTen Yard FightE-Town ConcreteEighteen VisionsSick Of It AllArkangelAll Out WarIncendiaryHarvestMerauderDistrict 9Knocked LooseCarnivore A.D.Twitching TonguesVeinShark AttackFor The Love OfWisdom In ChainsJesus PieceShattered RealmShipwreckedKing NineTrail Of LiesYear Of The KnifeNumbCandy
Agents Of ManSworn EnemyQueenswayRegulateTrue LoveLionheartMindforceThree Knee DeepDepartedInvokeRaw BrigadeVamacharaSafe And SoundNo VictoryWorld DemisePlease Die


もはやドリームマッチ!おなじみのバンドから、Retribute RecordsからリリースされたTrail Of Liesも注目ですね!


そして、TerrorKnocked LooseJesus Pieceとのツアーで注目度アゲアゲのYear Of The Knifeはマジで注目だね!

Knocked LooseJesus Pieceくらいにブレイクするバンドは誰だろうね!やっぱりVein?






ボストンハードコアレジェンド、Slapshotのニューアルバムも強烈に楽しみ!!アルバムタイトルは「Make America Hate Again」!!

Bridge Nine Recordsからのリリース、発売は6月!11曲入り!ジャケットデザインをそのままシャツにしてほしい!!!



ハードコアニュース最前線でした!!

18年もハードコア盛り上がってるね!

では!!

河内野



この曲って「Gotta Go」だよね!!

ナイス選曲!サッカー興味ないけど少しグランパスが好きになりました。

【ハードコア】絶対に聴かなきゃハードコア好きとは語れない名盤10選【後半戦】

B180120045

3月2日にPure Noise RecordsからリリースされるハードコアバンドStoneでボーカルを務めるザックがセクハラを告発されるという最悪のニュースが届いてしまった、ここ最近本当に良く耳にするようになったね、セクハラを告発する「#MeToo」ムーブメントってのがあるようだ、Pierce The VeilのドラマーMikeやWith ConfidenceのLuke、Suicide SilenceのEddie、Moose BloodのGlenn、何処までがセクハラでどこまでがコミュニケーション内にとどまるのか、知らないうちにセクハラしていることもあるのだろうか? 決定的なセクハラは最低なことだが便乗している奴も絶対にいるはず、「どうだかな~」難しい問題です、EXPIRE時代から大好きなザック、のバンドってことで僕は変わらずStoneを応援していきます!いくつかツアーがキャンセルもされたようで、レーベルメイトのKnocked Loose TERRORも残念だろうね・・・


それでは昨日の続き、

河内野的、絶対に聴かなきゃハードコア好きとは語れない名盤10選



前半戦の6枚は見てくれた、今回は後半戦、残り4枚、紹介していくぜ!



シックオブイットオール

シック・オブ・イット・オール

17年奇跡の来日を果たしたNYHCの重鎮Sick Of It Allは4枚目のアルバム「Built to Last」アルバムタイトルであり名曲である「Built to Last」は1000回は聴いているだろう。ほのかなサウンドチェンジはあるものの一貫してぶれないヘヴィーなオールドスクールハードコアでありながらアグレッシブでメタリックでOiパンクなキャッチーな部分もある、代表曲Step DownやScratch the Surfaceが収録されている「scratch the surface 」と迷ったんですがこれまた兄貴の部屋にLP飾られており脳裏に焼き付いたデザインとファンになって初期に購入した作品ってことで選んでみた。ジャケットもよい意味でSOIAらしくない「Built to Last」ぜひ!

Agnostic Front

Sick of It All – ORIGINAL ALBUM COLLECTION
アグノ同様にコレクションアルバム3枚組があるので初聴はこのアルバムかベスト的なセルフカバーアルバムNon Stopから入ってみるのがいいかも!










B180120031

HATEBREED

ヘイトブリード
みんな大好きヘイブリですがメタリックやモッシュハードコアシーンに大きな影響を与えたバイブル的な一枚それが「Satisfaction Is The Death Of Desire」突進力は確実にこのアルバムがNo.1!
記憶に残るブレイク、モッシュパート、ビートダウン、これこそがメタリックハードコアの礎となった歴史的名盤です!「THE RISE OF BRUTALITY」と迷ったけどやはりこのアルバムだな!そういえばグラミーにもノミネートされていたよね?違ったらごめん!一番好きな曲は「Before Dishonor」








B180120031

BIOHAZARD

バイオハザード

リアルサグ感がズバ抜けた、ハードコアにヒップホップをミックスさせたクロスオーバーサウンドのパイオニア的存在、Biohazardの3枚目「State Of The World Address」最高傑作の上がるのは「URBAN DISCIPLINE」だけど、よりヘヴィーにグルーヴ感も増して個人的にはこの「State Of The World Address」を押します!多くのフォロアーを産み中でもCold Worldも10枚に入れたかったバンド、今聞いても色あせない、グルーヴメタル、ミクスチャー、ニューメタルから最近のニューメタルコア好きにも聴いてほしい最強な一枚!いまだに愛聴している傑作、リアルなストリートに生きるまさに漢なリリックにも注目してほしい、とてつもなく売れたアルバム、ブックオフの250円コーナーによく見かけるんでブックオフに行った際はぜひww








B180120031

MADBALL
マッドボール
ハードコアを好きなったきっかけであり色あせない名盤、Madballの「Set It Off」何のギミックもない混ぜ物なし、純度100%の生粋のハードコアバンド、このアルバムからハードコアにどっぷりハマった人は数知れず、名盤にして最重要な作品、マスターピース!このアルバムに入っている「Set It Off」とDemonstrating My Styleに入っている「Pride」と別れますが僕は「Set It Off」この曲を生で見たときは思わず涙がこぼれた、こぶしを突き上げシンガロングしながら流れる涙、不思議な感覚だったな、すべてのハードコアファンにお勧めの一枚です!








いかがでしたか?俺的ハードコア名盤10選結局NYHCばかりになっちゃったけど、今回はハードコアを好きになるきっけにと選んだ10枚、思いつくだけでオススメしたいアルバムは100枚以上、ハードコアって言っても幅広いしね、なんだかんだ言っても一番はMadball去年はSick Of It All、そして今年の5月にはAgnostic Front、来年はもしやMadballが・・・・なんて期待もしてます!来日お願いします!



そういえばこの極悪で倫理的にはダメなジャケットデザイン、このマーチだけで5枚は持ってるwwレアなのは持ってないんだけど、大好きなデザインなんですよね、ここ最近ではアグノのマーチは取り扱いがあるんだけどマッドボールに関してはね…アグノはあってマッボーはなぜ販売しないのか謎なんだが、これを機にリクエストしまくりますよ!


実は常にMadballマーチ探しているんだけどとんでもないブツが発売されるのは知ってる?

それがこのアイテム。Tシャツとロングスリーブなんだけどまず見てほしいのはこのフロントデザイン!

マッドボール

93年94年に使用されていたマッドボールロゴなんですよね、マニアにはたまらないこのロゴ、当時のアイテムだったらかなり高値で取引されている初期ボールロゴ。

Set It Off

よく見かけるのはこのボールロゴですよね。良い意味でチープな初期ロゴ、僕みたいなファンにはたまらないデザイン、発見したときは速攻でカートに入れたけどね!!

Madball

ロングスリーブのバックデザインはこんな感じ。「Set It Off」のアルバムアートデザイン!たまりません!袖のオールドイングリッシュもたまりませんね!

マッドボール

Tシャツのバックデザインはこんな感じ、「Set It Off」のアルバムアートデザインに注目してほしいのはバンド名のカラーリング、「Droppin Many Suckers」のエンジでもなく現時点で一番新しいアルバム「Hardcore Lives」のオレンジロゴ、新旧をミックスさせたこれまた激レアなカラーリング、「まじやっべ~!」

NYHC

あれ・・・興奮しているのは僕だけ?、このデザインがどんだけやばいか、Madballファンならわかってくれるはず、

このアイテムのヤバさが本当にわかる人だけに言いたいんだけど、

僕と一緒に注文しない?

マッドボール

MADBALL限定アイテムはココをクリック

B180120048

MADBALL限定アイテムはココをクリック


AGNOSTIC FRONTの来日決定で、ハードコア熱が急激に高まっていることでしょう!あなたのハードコアの欠かせない名盤アルバムがあったら教えてね!

河内野

【来日ラッシュ】バンドマーチもカラフルにチャレンジでライブ参戦だ!

Color



StoneがまさかのPure Noise Rcordsと契約!!!ミルウォーキーのバンドなんだけどすでにdemoや7インチもドロップしてるしハードコア好きなご存じの注目のバンドなんだど、まさかPure Noiseとはね


ポップパンク色の強かったレーベルだけど、この路線でハードコアバンドといっぱい契約してください(願)早速MVも公開されたぜ!

Stone “Lost On You” Official Music Video



Pure Noiseに移籍後、ハードコアだけじゃなく他ジャンルからも支持を受け、ハードコアのすばらしさを広め続ける、今、重要な位置にいるバンドKnocked Loose来日が決定したね!

Knocked Loose


1月18日(木)東京 新宿NINE SPICES
1月19日(金)大阪 CLAPPER
1月20日(土)愛知 名古屋HUCK FINN
1月21日(日)東京 新宿ANTIKNOCK




2018年の初頭も来日ラッシュ!メロディックからポップパンク、デスコア、スラッシュ、ハードコア、幅広いジャンルを聴く音楽好きは完全迷ってしまうねww




・Knuckle Puck
・Four Years Strong
・The Haunted
・Municipal Waste
・Thy Art Is Murder
・Fit For An Autopsy
・Gameface
・SLEEP




などなど、あなたはどのライブに行く?どんなマーチを着用する?ライブに言った感想やスタイリング写真も送ってね!!



Knocked Looseも参加していた先日開催されたLoud Festではオーディエンスとセキュリティの間でケンカが起こったようだ、セキュリティがいるような大きな会場にはほとんど行かないから全く想像がつかない、それよりもKnocked Loose, Jesus Piece, Years Spent Cold, Sanction, Left Behind,こんなヤッベーメンツが一日で見れるのがうらやましいぜ!Years Spent Coldってまだやってたんだ…



マーチでも人気のLeft Behindは新譜「Blessed By The Burn」が発売されたとこだね。


Left Behind – Early Mourning



インスタにアップされている刺繍ロゴのレッドパーカーがマジでほしいのだが、調べてみるとツアーオンリーのアイテムのようだ。ちっきしょー!!

ライブに来い!!

ってことだね!しぬまでにはいく予定の海外のハードコアフェス、ツアー限定アイテムなんて言われたら速攻購入するだろうな…マーチだけで10万円は使ってしまいそうだ!

Left Behind



刺繍デザイン旋風がバンド・マーチにも起こっているんだが、ポジでは反応が薄いwwやはり取り入れる方は少ないね。Tシャツでは3枚くらい所有しているんだけど、刺繍ロゴのパーカーがほすぅぃ~~!!



そうそう、カラーもね、やはりブラックに行きがち、昨日のコーデブログのように僕はこのシーズンはいろんなタイプのカラーに挑戦するぜ!意外と合わせやすいしね、



先ほど言った来年に来日するKnocked Looseのボーカル、Bryanもカラーをうまく使ってまっせ!


バーガンディー、マルーン、あずき色のパーカー、渋さと大人なイメージ、妖艶さも演出するカラーである!
Knocked Loose


昨日のコーデブログで着用していたパーカーと同じスタイリング、ゴールドカラーのパーカーにデニムジャケットを合わせる。
ノックド・ルーズ



抵抗があるピンクも影響力あるバンドマンが着用していると真似したくなるよね!ピンクのパーカー装着、ブルーのキャップの相性も抜群である。
BL17119005

Knocked Looseのボーカル、Bryanシャレオツだよね!しっかりトレンドも取り入れるんだけど、90’sのストリート感も絶妙にミックスさせてるし、ガチムチじゃないスタイルも日本人は参考にしやすいしね。

今後もB>Knocked Looseのボーカル、Bryanには注目していくぜ!

2018早くも11月を迎え残すところは1ヶ月半、ライブやフェスに限らずクリスマス、コンパ、年末年始、同窓会、実家への帰郷、仲間との再会、忘年会、新年会

最もバンドアウターが活躍するシーズン!

ってこと、だったらチャレンジしたカラー、スタイリングで誰よりも目立ってインパクト残さなきゃね!!!

河内野

夏のバンドマーチスタイリングはWarped Tourをチェックするべし!

ワープドツアー

こちら京都の北部は梅雨っていうのに雨は降らず最高な天気が続いてるんだけど、あなたの地域はどう?ここまで雨が降らないと本格的な夏ももう始まっているんじゃないかって勘違いしそうだ、街に出ればみんな薄着だし、中にはタンクトップのみで街を闊歩している奴もいる、

人間ウォッチングも好きなんだけど、といっても町の人のコーデやスタイルを見るのが好きなんだけどさ、やはり普通の世界では完全に毛嫌いされている部類の世界で生きている僕たちからすると一般のスタイルは正直参考にならない。

僕たちが一番参考にしているのってやはり大好きなバンドマンだよね?といってもねコアなバンドになればなるほど写真は少ないし、映像も少ない、大好きなバンドを見に行っているお客たちのスタイルもみてみたい!

この時期は確実に参考になる動画があるのは知ってる?それがWarped Tourのビデオ!バンドマンのステージ衣装からオフショット、ライブを見に来ている仲間たちのスタイリングが数多く見れる最高なツールなんだよね!

2017 Mutant Pit Blog: Salt Lake City, UT



ステージからブースでのファンたちとのやり取り、フェスってことで室内とは違って明るいしスタイリングがマジでみやすい!このビデオで一番目が行ったのはMemphis May Fireのボーカル、マティーのスタイリング!

Memphis May Fire

Tシャツのロールアップにデニムジャケットのサイジング、ワンポイントのドッグタグ、デニムのロールアップにマーチンのブーツ、インナーとなりシャツの丈感、真似したくなるロックスタイルだ!

メンフィス・メイ・ファイア

Knocked Looseのショートパンツの極短でポロリが気になってしまうパンツとハイソックスの合わせ方、色の合わせ方なんかも参考になるね!

Knocked Loose

夏のバンドマーチスタイルはワープドツアーに学べ!

ってことだね!そりゃ僕たちが大好きな音楽を奏でるバンドマンやスタッフ、お客さんで成り立ってんだから参考なるのは当たり前!その中でもビビっときたスタイリングはしかりスクショして保存しておくといいよ!これからもガンガン動画アップされていくからさ、新しいバンドに出会うこともあるし新しいスタイルを見つけることもできる、最高なツールなのである!

Warped Tourのチャンネルはこちら

Warped Tourのビデオで新たな夏スタイリングを発見したあなたは早速お出かけし写真をパシャリと撮ってポジに投稿だ!!!!6月部門はまだ2名の強者しか参加してないからね、1万円クーポンが手に入る確率はかなり高いぜ!

6月30日金曜日中に送ってくれ!!
1万円クーポンの当選者は7月の初旬に発表するね!



※スタイリング写真投稿者全員に500円クーポンもプレゼント中!

あなたからの投稿、楽しみに待ってるぜ!!!

投稿していただいた最高なスタイリング写真は一気にこちらのページから見れるからチェックしてね!投稿があり次第更新していきます!




あまり気にせず軽いノリ的なスタンスで参加していただいたら大丈夫ですよ!ただただ、仲間たちでバンドマーチ着用スタイルを共有したいんですよね!
以前インスタにあげてた写真やWearの載っけた写真などでもいいし、ぼやけてても大丈夫っす!ww送っていただく内容も上半身だけだったらその他は空欄でいいしね。


・上半身のみでもOK
・ピンボケしててもOK
・顔が映ってなくてもOK

だからガンガン送ってみてよ、

着用画像の送り先はこちら!

随時募集中!あなたからの投稿待ってるぜ!!

コピペして画像と一緒にメールで送ってね!(記入したくないとこは記入せずでともOKです!)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■あなたのお名前:
(ニックネームでも構いません)

■身長:cm 体重: kg
(教えたくない方はなしでもOK!)

■ジャケットサイズ:

■アウターサイズ:
(パーカーやトレーナーなど)

■インナーサイズ:
(Tシャツ、LSなど)

■パンツのサイズやメーカー:

■スニーカーや靴などのメーカーやサイズ:

■着用しているグッズのバンドの名前
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

着用画像の送り先はこちら!

河内野

追伸:

Top 10 Bands To Watch at Warped Tour 2017