【Stray from the Path】の新曲が酷評?叩かれすぎている件

SFTP

Rage Against the Machineの遺伝子を受け継いだバンドとしてもおなじみ、先日に来日でも記憶に新しいStray from the Pathだがいよいよ9月にアルバムが発売されるよね!

stray from the path

発売は9月8日、1ヶ月半ほど先にはなるが数多く発売されるアルバムの中でも確実に購入する一枚である。ハードコアの疾走感に立てノリなグルーブ、ラウドロックやニューメタルでもあるが今多いニューメタルコアともまた違うベクトルにいるバンド、昔から政治的なリリックだからびっくりはしなかったんだけど先日公開されたMVが批判の嵐!

STRAY FROM THE PATH – Goodnight Alt-right

19日の現在の時点で高評価が5450、低評価が45292高評価の10倍近くが低評価になるわけだ、サウンドは期待通り、サウンドチェンジをしたわけもない、なぜ?ブレイク後には「ナチパンクファックオフ」と強烈なメッセージ性もあるけど….曲名は政治色ぶっこみまくり、曲名は「グッナイ!オルタナ右翼!」ただの右翼ではなくオルタナティブな右翼? ただの保守主義ではなくさらに過激で新しい保守主義とでもいうべきか、アメリカ大統領選挙の際にはよく耳にした言葉である。

そんなオルタナ右翼に対するヘイトが込められた局になっているわけである、ビデオに登場する覆面男たちがネオナチの家に上がり込んで額に鉤十字を刻むといった非常に暴力的なMVに仕上がっている。その暴力的な行為が低評価につながっているわけ、もちろん人種差別が最低なのはわかるけどそれをバイオレンスでで押さえつけるってのもどうかと….政治色が濃く考えさせられるMV。

日本に住んでいるとリアルに伝わって来ないんだけどアメリカではやはりトランプ政権後にこう言った問題をテーマにした曲もふぃえてきているわけでただ事ではないこともわかるんだけどね、それにしてもSFTP「やっちまたな~」って感想かな、SFTPは過激な集団だと思われても仕方がなくなってしまう、もうちょっとやり方がなかったのかな?と残念に思う。

とはいえ、政治には詳しくない自分にとってはMVを見てアメリカの現状や問題など伝わってくるし右でも左でもない中立な立場から客観的に見ていろいろ考えさせられるし、そう思うとよいきっかけにもなった。

SFTPが本当に言いたいことってのはしっかりアルバムを買ってリリックを見て訳して感じ取ろうかと、もともとメッセージ性の強いハードコア、リリックの部分ももっと掘り下げてバンドが伝えたいことなどもしっかり感じ取ろうと思った19日の夜でした。

あなたはどう感じた?

河内野




追伸:

低評価の嵐といえばスーサイドサイレンスのアルバムSUICIDE SILENCEだけど聞き込むにつれかなり好きになってきたんだけどwwこれまたあなたはどう?やっぱ無理?

ブラックメタルバンド、ディセクションのTシャツを装着したメタラーがレコードを燃やすビデオなんかがアップされてるんだけど!!!燃やすんなら俺にくれよ!ついでにディセクションのTシャツもください!

【6月部門】「季節感無視」さんから届いたSuicide SilenceのインパクトT装着のハイセンススタイリング

suicide silence

来週からいよいよ梅雨本番になりそうだ、あなたが持っているグッズ、バンドTシャツのカビには要注意だぜ!湿気はバンドマーチの大敵だからね、特に白シャツなんかはこまめにたたみなおしたほうが良いぜ!

ジメジメした空気を一変してくれるような新曲たち、新しいビデオたちが毎日のようにアップされているわけだが、僕は今このビデオに夢中です。

Dance Gavin Dance – Summertime Gladness (Official Music Video)

南国を感じさせるクリップ、初夏を感じさせるさわやかさにイカれた展開、やはりDGDは最高である。オシャレなサウンドかと思いきやいきなりのスクリーム、一般人はびっくりするだろうねww

バンドマーチのコーデも同じ、オシャレだと思わせてさらにこだわりをプラスさせる、ただのおしゃれな人ではなく「こだわりのある」これがプラスさせるだけで説得力が増すんですよね。

今回届いたスタイリングを見てもらえばわかるかな、6月のスタイリングの二発目を飾ってくれるのはこの方だ!

suicidesilence

デニムジャケットの羽織り方、サングラス、クラッチバックなどを見てわかるように洗練されたスタイリング、そこにスーサイド・サイレンスのインパクト大なサムライシャツをチョイスするあたりが僕は大好き、ただおしゃれじゃない、しっかりとこだわりが伝わる、例えばこのシャツがメタリカやニルヴァーナなら「絶対、音楽好きじゃないだろうな~」って思うんだけどスーサイド・サイレンスだからね、いくらメタルシャツが流行っていても一般人はスーサイド・サイレンスをチョイスしないどころか知らないと思うんだ。

メタリカやニルヴァーナが嫌いなわけじゃないからね、ただバンドが好きでもないのに来ている人多すぎってことね!

洗練されたスタイリングであり「こだわり」のわかる季節感無視さんのスタイリングは大好き!キレイ目にまとめていてTシャツで暗黒に外すあたりはそこのあなたも絶対に参考にするべし!自分をわかっているサイジングも素晴らしい!!最高なスタイリングです!

スーサイド・サイレンス

季節感無視さん最高な写真マジでありがとう!




※スタイリング写真投稿者全員に500円クーポンもプレゼント中!

あなたからの投稿、楽しみに待ってるぜ!!!

投稿していただいた最高なスタイリング写真は一気にこちらのページから見れるからチェックしてね!投稿があり次第更新していきます!




あまり気にせず軽いノリ的なスタンスで参加していただいたら大丈夫ですよ!ただただ、仲間たちでバンドマーチ着用スタイルを共有したいんですよね!
以前インスタにあげてた写真やWearの載っけた写真などでもいいし、ぼやけてても大丈夫っす!ww送っていただく内容も上半身だけだったらその他は空欄でいいしね。


・上半身のみでもOK
・ピンボケしててもOK
・顔が映ってなくてもOK

だからガンガン送ってみてよ、

着用画像の送り先はこちら!

随時募集中!あなたからの投稿待ってるぜ!!

コピペして画像と一緒にメールで送ってね!(記入したくないとこは記入せずでともOKです!)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■あなたのお名前:
(ニックネームでも構いません)

■身長:cm 体重: kg
(教えたくない方はなしでもOK!)

■ジャケットサイズ:

■アウターサイズ:
(パーカーやトレーナーなど)

■インナーサイズ:
(Tシャツ、LSなど)

■パンツのサイズやメーカー:

■スニーカーや靴などのメーカーやサイズ:

■着用しているグッズのバンドの名前
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

着用画像の送り先はこちら!

河内野

追伸:
追伸:
COMEBACK KIDの新譜楽しみすぎるね!公開された新曲はまさかのFeat. Devin Townsend!!どこでつながったんだろう….
COMEBACK KID – Absolute – Feat. Devin Townsend (OFFICIAL TRACK)

とにかく一度聴け!批判はそれからだ!

BL17222048

先日のブログでも語ったSuicide Silenceのアルバムに関してなんだけどさアンケートイベントにも参加してくださったMETAL凛Chan さんから熱いいメッセージが届いたので紹介するね!


スーサイドのNEWアルバム聴きました。率直な感想としては、悪くないしコレはコレで有りだなと思いました。バンド側も以前のアルバムを否定してるわけじゃないし、こちら側としてはハードな音が聴きたければ、前のアルバムを聴けばいいじゃん!って思いますね。
劇的に曲調が変わったというものでは、80’後半~90年代のTHRASH METALバンド、特にEXODUSやFORBIDDEN、DEATH ANGEL、VIO-LENCEといったベイエリアスラッシュをリアルタイムで聴いてた世代なので、みんながみんなヘヴィーな曲調になってしまった「PANTERA症候群」に陥ったことにすごくショックを受けました。
特にEXODUS!「俺達は永遠にスラッシュし続ける!」なんて歌ってたのに、次のアルバム「FORCE OF HABIT」で腑抜けたロックを披露してきた時は、もうメタル聴くのやめた!って思いましたねw
その当時の劇的ショックに比べれば、今回のスーサイドのアルバムは順当とも思える進化ですね。だからといって批判するヤツらを批判するつもりは無いし、それはまともな感覚だと思います。
批判すべきは、ちょっとカジっただけで「コレは終わった!」とか豪語してる連中。河内野さんがおっしゃっていたように、まずは聴いてから言葉に出せ!と言いたいです。

フムフム!違うバンドで例えて下さるのは本当にわかりやすい!ベイエリアスラッシュをリアルタイムで聴いていたわけじゃないけどその「PANTERA症候群」ってのはすごい事件だったんだね、90年代初期の頃ですよね、なんとなく記憶にあるのはPANTERAを代表とする新世代ヘヴィネスバンドが急激に増えていった記憶はあります。

「PANTERA症候群」と言わせるほどの影響力もすごいですよね! EXODUSは「FORCE OF HABIT」から入ってしまった、Testamentでも「Low」から入ってしまった僕は逆に幸せだったんですかねww  今回のスーサイドのアルバムに関しても最新のアルバムから聞いたのならアリになってしまうのかもしれません、それがスーサイドなのだから、先日からも何度も通して聴いてるけどやっぱり、本音は昔の方が好き、良い部分もあるし耳に残るフレーズもたくさんある、思い描いていた姿と明らかにかけ離れてしまったことと「急すぎる」サウンドチェンジ、けどやっぱり好きなんですよねスーサイドサイレンスが、だから今後も聴き続ける!!

ベイエリアスラッシュやメタルバンドのモダンへヴィーネス化、更に90年代半ばではメタルバンドのオルタナ化なんて流れも当時はショックだったけど今ではね….時間が解決してくれるってことでwwでも次回作はとんでもないことになってしまうかも!

そういった期待感もあるんですよね!過去は振り向かず未来を見据えて変化し続け結果とんでもないアルバムを発売してくれたら今回の作品も重要なアルバムになるんじゃないかな、現在批判している人たちが数年後、「あのアルバムは聞き直したらメチャ良い」ってなるかもしんないしwwMETAL凛Chan さんが言うようにとにかく批判する前に聴け!ってことですね!わかりやすい例など上げていただき本当にありがとうございました!

ここでベイエリアスラッシュのEXODUS問題作「FORCE OF HABIT」を聴いてみよう!ザクザクリフでスラッシーな疾走感は確かに皆無、完全なヘヴィーネス化、以前からのファンだったらいかってしまうのも納得ですが、これはこれでかっこいいですねww

Exodus – [1992] Force Of Habit [Full Album]



続いて、先日お部屋を紹介してくれたゆうさんからもメッセージが届いたぜ!

suicide silenceの変化、自分は有りだと思います。変化というのはバンドの経験値が上がり深みをもたらし、次のステップアップに必ずつながると思います。逆に今までのデスコアを研ぎ澄まし突き進むのもありだと思いますし、
結局音は違えどsuicide silenceはsuicide silenceですし。今回のアルバムがあってこそ次のアルバムでは凄いアルバムを作ってくれると信じています!BMTHも少しずつ変化してthat’s the spiritという、もの凄いアルバムを作ってくれました。
suicide silenceの場合はいきなり音が変わりすぎて、ファンがついていけてないだけで絶対にこの変化は良い方向につながるものと信じています。昔CAVE INも変化して批判を受けていましたけど、
今ではカオティックコアの枠を超えて凄くカッコよくなっていますよね!

パンク、ハードコアを通過してポストロック、エモバンドにシフトチェンジするバンドも沢山ありますけど、そういうバンドはやっぱり深みがありますよね!
逆に変わらないバンドとしてはconverge はやっぱり凄いですよね!jane liveは3月3日の発売日に速攻でbandcampで購入しました。何百回も聴いているアルバムなのに全く飽きないのはやっぱり凄いです!あと、
変わらないバンドとしてheaven shall burnが個人的に大好きです!
音楽に正解はないので、結局はファンがどこまでそのバンドを信じてついていけるかどうかだと思います!
僕は信じて変化についていきます!!

ゆうさん的には大アリなんですね!確かに経験値は大幅にアップするでしょうね!だからこそ次回作はマジ楽しみですよね!良い意味で今作を超える裏切りを行って欲しいですww音は違えどsuicide silenceはsuicide silenceなんですよね、

変化が凄すぎてファンがついていけてない感はめちゃくちゃありますよね、でもこうやって話題になるし批判の嵐になるってこと、改めてsuicide silenceへの期待感はとんでもなかったってことだね、結局はファンがどこまでそのバンドを信じてついていけるかどうか
この言葉が全てですね、僕もゆうさん同様彼らにはついていきますよ!!ちょっと心配なのがセールスの部分で次回作が作成できなくなるとか….そういったことにはならないように祈ります。

CAVE INも大きな変化をしましたよね、オルタナ、ポストハードコア化したアンテナも顔ティックハードコア全開なUntil Your Heart Stops両アルバムともに今でも大好きな作品です!懐かしいですww
Convergeですら若干メタリックになったとか騒がれた時期もあったんですが基本的な部分はブレずに突き進んでいますよね!heaven shall burnはジャーマンメタルコア最後の砦と言われるくらいですからねw相変わらずかっこいいです、Calibanのクリーンボイスの多様は当時はショックでしたが今となっては頭から離れないメロディーもたくさんあるし、変化も、変わらないことも両方いいもんですね、

Converge “Jane Live” Official Video (Full Set)



続いて、ヤンマーさんからもメッセージが届いてます!


僕は正直ショックでした、本当に大好きなバンドなんでこの変化はちょっと、変化はいいんですよ、
でもコメントなどでも言われているようにDetones、Kornなどの焼き回し、劣化版にしか聴こえないんですよね、
オリジナリティーある変化だったら僕は許せたと思います、たとえスーサイじゃないバンドだったとしても
このアルバムはレベルが低く感じてしまうんですよね。ファンやめたいとも思いましたが、
やっぱり気になるんです(^O^) だから次回作はオリジナリティーを出してスーサイにしかできないアルバム作って復活して欲しい、
真似事はやめてほしい!これが正直な感想です。
昔の話ですが、マシーンヘッドがいきなりラップパートを取り入れたくらいショックでした。

ヤンマーさん正直な意見、ありがとうございます!確かにDetones、Kornなどを感じる部分はありました、変化はいいけど、オリジナリティーという部分!けど気になるっていう部分、好きだからこそ許せない部分もあるんですよね、変化の仕方の部分でちょっと失敗しているのかもしれません、やっぱり次回作ですね、次に全く同じことをしていたら僕もスーサイから離れてしまうかもしれませんww頼むぜ!

マシーンヘッドは衝撃的でしたよねwトレンドに乗ってもやはりメタルが染み付いているせいか「なりきれていない」感が当時は可愛くも思えましたww

批判な声も正解、肯定的な意見も正解、どう感じるのかは人それぞれ、ただこうやって語り合えるのが僕は嬉しい、もう2度と聴かないと投げ捨ててしまったらそこで全て終わるからね、どんなアルバムでも好きじゃないジャンルでもとにかく一度聴いてみよう!批判はそれからだ!

河内野

【最高?それともクソ?】スーサイド・サイレンスのアルバムどうだった?

BL17222044

寒い日が続くね~!こちら舞鶴は雪、春のスタイリングにはまだ早い、気温は5度、ヒートテックにロンT、Tシャツ、パーカー、そしてアウターと、重装備で今日も過ごしているわけだがもう春のスタイリングは考えてる?いつもどおりの定番アイテムでスタイリング?それとも、新しいチャレンジでスタイリングするのか?4月も迫ってきてさ、何かしら新しい気持ちでスタートさせたいからいろいろなスタイリングにチャレンジしていく予定だ。



そうそう、チャレンジといえば、新しいスーサイドサイレンスの音源はもう聴いた?、賛否両論というか否定的な意見が大半を占める形になっているわけだけどさ、やっぱり自分の耳で判断したいってことで購入したんだけどさ、簡単に言うと、「コレじゃない」感が否めない、スーサイドサイレンスを感じれる部分もあるけど、やっぱりね、デスコアではなくなったよね、完全ニューメタルだよね。



でもどんだけ否定されても、不買の署名を集められようとも貫いたことは凄いステキだと思うんだよね、微々たるニューメタルの影響を以前からあったわけで、ミッチの時代だってDeftonesのかヴァーもしていたわけで……

Suicide Silence – Engine No.9 – (Deftones Cover)

でもKORNやDeftonesなあの頃のニューメタルを焼きまわしで終わっている感じもする、デスコアの代表格とまで言われたバンドだからこそニューメタルなサウンドにももう少しオリジナリティーがあれば…….散々こき下ろされているわけで、逆に応援したくなってきたよ。インタヴューやいろいろな記事をみても本当にやりたかったことがこの手のサウンドなんだから彼らにデスコアなサウンドを求めるのはもうやめた、このまま突き進んでニューメタルとして最高な音源を発売して欲しい、次回作も僕は絶対に購入するぜ!あなたはどう?BMTHくらいね上手くシフトチェンジしてくれれば最高なんだがww




コレジャナイ感でいえば、「実写版ジョジョ」の予告編ってみた?

スーサイドサイレンスは許せてもコレは許せない、ジョジョの世界観が、実写ってマジで難しんだな、ドラゴンボールのハリウッド版よりかはいくらかましには見えるけど、コレジャナイ感が…………新しいことにチャレンジするのは素晴らしいことだけど、なんでこうなってしまうのだろうか?世間的にマシだと言われてる乗ってるろうに剣心の実写版くらいじゃね?『鋼の錬金術師』の実写化も心配すぎるよねww

宮藤官九郎×みうらじゅん「なぜ漫画原作の実写化は悪く言われてしまうのか」という記事で書かれていた

「問題なのは、最近って原作を忠実になぞるというか、再現できてるかできてないかばかりが語られる」

「原作を忠実に再現しているかどうかなんてどうでもいいっていうか、映画はまったく別物だと思うんです。撮る側が原作の世界にこだわっている限り、悪く言う人は必ず出てくる」




なるほど、確かに思い入れが強い分、再現率ばかり気になっている自分もいる、けどさ、完全にオリジナルな世界感が既に出ているジョジョなんてやっぱり色眼鏡で見てしまうでしょ?ちょっと反省しないといけない部分もあるけど、もし批判するならスーサイドサイレンスの新しいアルバムのようにすべてをチェックしてみてからだね。




音楽の方向から映画の話になってしまったから戻すと、否定から入るのではなく、良いと思える部分を探してみる、新しいことにチャレンジしている姿勢を尊重する、スーサイドサイレンスの新譜だって何度も聴いていくうちに好きになるかも知れないしね。わからないけどww急にタフガイハードコアになったAgnostic FrontのAnother VoiceやWarriorsだってはじめは違和感しかなかったしねwwそれでも今では最高に好きなアルバムだしww

Agnostic Front – Another Voice




急なサウンドの方向チェンジ、シフトチェンジしたバンドってたくさんいるだろうけど思いつく?いつかそんな特集でも組んでみたいぜ!よかったら教えてね!

スーサイドサイレンスの次回作にはメタリカのブラックアルバム、RadioheadのKid A並みのシフトチェンジからの破壊力を持ったアルバムを発売してくれる事を願う、さらなる成功を求めて大きく方向転換、ぶっ飛んで変な方向に行って欲しいね。

ニューアルバムの初週売上は前作の初週売上の30%にとどまってしまったって記事も見たからさ、少し心配になってきたwwもっとぶっ飛んだことにチャレンジして次回作は過去最高の売上を上げて欲しいね!




変わらずブレない、スタイルを曲げないかっこよさ、常にチャレンジして新しいものを取り入れ進化する、音楽にしろファッションにしろどっちも正解だからどちらにも否定的な意見があれば肯定的な意見もある、うまくバランスをとることが重要なんじゃないかな~なんてあったかいお茶を飲みながら今日も考えてる!新しいものを取り入れ進化したものが時が経ち定番になるってことも多いにあるからね、頭の固いオヤジにならず、最新だけを追いかけるイタいオヤジにもならないように気をつけていくぜ!



そうそう、ブレないスタイルだけど実際は進化し続けるハードコアなグッズも取り扱いが可能になったから新商品楽しみにしててね!一発目はリクエストが多発していたスラッシュメタルとハードコアのハイブリッドPower Tripのグッズも3年ぶりに復活してるからね!要チェックです!

Power Trip – “Firing Squad”

では!

河内野

ニューメタ化!!どうしちまったんだSuicide Silence!!

ブレないカッコよさ、常に進化するチャレンジ精神、どっちが良いのだろうか?いま話題になっているSuicide Silenceの新曲は聞いただろうか?

SUICIDE SILENCE – “Doris” (OFFICIAL 360° VIDEO)

完全に今までのSUICIDE SILENCEではないよね?トップの一番盛り上がっているコメントには「New Deftones song?」とかかれ……現時点の高評価は4747、低評価は6897、と低評価が高評価を上回ってしまっている。

Deftonesとは思わないけど、完全にNu-Metal化してるよね。トレンドを意識したのか、本当にやりたかったことがこのサウンドなのかはわからない、こういった現象も10数年前にはよく起こっていたこと。このSUICIDE SILENCEのNu-Metal化で一番思い出したのは前回も言ったようにMachine Headのこの曲。

Machine Head – From This Day [OFFICIAL VIDEO]

Nu-Metal全盛期、Machine Headもその波に乗って完全にNu-Metal化、これは当時ショックだったな~と思いつつも完成度は高かった。現在はポストスラッシュ/グルーヴィーな従来のメタルサウンドで頑張っているけどね、何かあまりにもMachine Headの当時の叩かれ方、そして現在の、SUICIDE SILENCEの叩かれ方、共通点がとても多い、プロデューサーにはあのニューメタ全盛期の超大御所ロス・ロビンソンってのが一緒なんだよね、なるほどって感じたよ。

ロス・ロビンソンといえば、コーン、リンプ、デフトーンズ、スリップノット、グラスジョー、アット・ザ・ドライブインそう考えるとSUICIDE SILENCEの新作は爆発的なヒットを生み出すかも知れない。あなたはこのへんかどう思う、これは新しいチャンレンジ精神で作られた新作なのか、ただトレンドに乗っただけなのか?

けどさ、ここまで知名度もあって前作も最高だったのに何故?そう思うとやはり新しいことをしたかったんだと無理にでも納得せざるを得ない、けど、お世辞にもクリーンが上手いわけでもなく、中途半端感は否めない、まだ1曲しか聴いていないからさ、判断できないけど、話題性は十分だw

「アルバムの7割にクリーン・ヴォーカルがある」

「過去のアルバムほどスクリームは無い」

「バンドが過去にやってきたこと以外をやろうと決めて、ヘヴィーなサウンドを維持しながら大好きな音楽を探求しようと思った」

本人が言っているわけだからガチなデスコアサウンドは聞けないってことだね…….

ただ、変わることは大賛成なんだよね、常に進化して欲しいし常に新しいことをやってワクワクさせて欲しい、全くぶれずに突き進むのもかっこいいけどさ、これはバンドにしかわからない、聞き手は勝手に判断するわけだし、難しい……この新曲Dorisを聞いて思ったのは「これ誰?」だった、徐々にシフトチェンジするのならわかるがこの大胆な変化はファンを混乱させて当たり前だよねww

Doris

アルバムは2/27日発売

01. Doris
02. Silence
03. Listen
04. Dying In A Red Room
05. Hold Me Up, Hold Me Down
06. Run
07. The Zero
08. Conformity
09. Don’t Be Careful, You Might Hurt Yourself

しっかり購入して全曲聴いて判断するよ!

それにしてもポストハードコアやデスコアの中でもニューメタ化が止まらないね。ニューメタ化のきっかけをもたらしたバンドは間違いなくEMMUREやATTILAだと思っているんだけどさ、EMMUREやATTILAは上手くシフトチェンジしたよね!というかやはり初期からニューメタなグルーブを大事にしたサウンドの片鱗は少なからずあったわけだから成功しているのかな?この2バンドに関しては根っこの部分はブレてないしね!ニューメタって言っても幅広いからね、一括りにできないサウンドだからうまく取り入れるバンドが2017年は大量に出てきそうだ。EMMUREやATTILAが所属するSHARPTONE Recordsも注目のレーベルだね!

そんなATTILAのVO、FRONZのブランドステイシックの
イベントが開催されているのは知ってる?

◆Stay SIck Clothing(ステイ・シック)の最新カタログはこちら

ATTILA

◆Stay SIck Clothing(ステイ・シック)の最新カタログはこちら

11年間もATTILAと過ごしてきたSean(ドラム)の脱退は悲しいね!

河内野