【2020年】の最先端トレンドの「10のキーワード」から注目すべき「バンドマーチ」をリストアップ!

ZBL20120002


1月の半ばっていうのに暖かい日が続くね~!毎年、今の時期は雪が降っているころなんだけど、春を目前とした3月のような気温、パーカーとコーチジャケットのみでも快適に過ごせる心地の良い日だった、今朝からいきなりIgorrrのMVを観ちゃって・・・・殺られております!すごい映像ですよね!さすがの奇才ですね!





そういえばKnotfestでSuicide Silenceの出演が決定しましたね!先日発表されたComeback Kid、3月だけでもパッと思い浮かぶのはBrujeriaPig DestroyerHopesfallTakenLagwagonと来日ラッシュ、どれに参戦すべきなのか迷ってしまいますよね!特に社会人、家庭のある人には苦渋の選択が必要になってくるね!

2020年も初っ端から来日ラッシュ、リリースラッシュ、と、それだけじゃなく、バンドマーチの新作、毎日更新される情報についていくのも大変だ、大好きだからうれしい悲鳴だけどね!20年バンドマーチはどんな新しい動きがあるのかどんな新しいアイテムが生まれるのか?何が流行っていくのか?とても楽しみである!


去年でいえばフォトデザイン、90’sやレトロフューチャー、アウトライン、ジャパニメーション、カラーでいえば、ナチュラルカラーなど、アイテムに関しては新しい形のマーチってのは思い浮かばないけどレディースアイテムのクロップドシャツやパーカーは19年から数点だけど販売されていたね!クロップドっていうのは今日アップしたこのアイテムみたくお腹あたりの丈のアイテムのことね!



Madball



トレンドを踏まえ発売されるバンドマーチだからこそ2020年のファッションのトレンドを知っておくべしってことで今回は20年のトレンドから注目すべしバンドマーチをリストアップしていくぜ!

トレンドカラー


トレンドカラー

クラシックブルー
トレンドカラーは、取り入れるだけで、最新のトレンドを感じさせることができるので難しいファッションの方程式などは必要ない!ただ取り入れれば良いだけ!多くのファッション雑誌や媒体を見てトレンドカラーに挙げられていたのは僕達にもなじみが深い藍やデニムのようなクラシックブルーカラー、バンドマーチでも多くはないけどちょこちょこ見かけるカラーだよね!ネイビーに近いカラーなのでネイビーのアイテムを取り入れるべしなのである!例えばこのShelter /シェルター – Jump ロングスリーブとか


Shelter


もうすぐRegulateと来日する、Krust / クラストのこのBones Handplant Tシャツとかね!

KRUST

とかね、このクラシックブルーーってのは見ていてもわかるように安らぎを与えたり、信頼などのイメージ、さらには海の底、深海のようなダークかつ美しい浮遊感、集中力を高める色でもあるんだよね!あなたのバンドマーチコーデにも取り入れよう!あなたらしいブルースタイルで!!

※ネイビーカラーのバンドマーチはこちらをクリック
※ブルーカラーのバンドマーチはこちらをクリック






ではハイブランド雑誌、20年のSSからAWのコレクションやランウェイをチェックした中ならリサーチし、特に話題になっている、はブランドの新作に使われている柄からデザイン、キーワードをいくつか厳選したんのでバンドマーチにあてはめて紹介していく!


トレンド柄やデザイン、キーワードなど


ネイチャームード

ネイチャー

ジャングル、バンドマーチでも多い南国リゾート、パームデザインとか、大自然なデザイン、身近なガーデン、キャンプなどなど、色々なネイチャーに関してのモチーフが注目されている、バンドマーチで当てはめるとすれば、このProtest the Hero/プロテスト・ザ・ヒーロー – Animal Kingdom Tシャツなんかは大自然やジャングルを感じさせつつも無二なアートに昇華させているし、ネイチャームードというキーワードにもハマっているかと!





シャーベットカラー

シャーベットカラー

バンドマーチでも人気のライムグリーンから淡い紫、ラベンダー、さわやかさに爽快感も感じれるペパーミント、などのシャーベットカラーも多くのコレクションで見かける、このGorilla Biscuits /ゴリラ・ビスケッツ – Queens Style ロングスリーブなんかはもろにシャーベットカラーである!差し色でこのカラーを使うのではなく、ワントーン、パンツも同じ系統にするのがトレンドのようだが、なかなか高度なスタイリングになりそうなのでまずはトップス、もしくはパンツどちらか、さらには小物だけでも取り入れてみよう!!




ゼブラ柄

ゼブラ柄

バンドマーチでも19年度に多くのレオパード柄が登場したけど、その流れを汲んだ新しいアニマル柄はゼブラ柄がキテイルようだ!バンドマーチではこのCHON/チョーン – Zebra カスタム・タンクトップオンリーだが、これから増えていく予感はビシビシと感じている!小物などでワンポイント取り入れるのではなく大胆にメインアイテムとして取り入れるのがポイントのよう、もう少し先になりそうだが、某バンドからゼブラ柄のパーカーが発売予定なのでお楽しみに(^_-)-☆




グリーン

グリーン

ネイチャームードにつながるジャングルを彷彿させるような鮮やかなグリーンを取り入れたルックが多くみられた、来日も決定しているこのLagwagon / ラグワゴン – Legal Speed Tシャツがまさにそんなグリーンである、鮮やか目のグリーンは少ないが、グリーンアイテム数多く取り扱ってるのでチェックし好きなバンドのアイテムがあれば取り入れるべし!※グリーンアイテムはこちらをクリック!シャーベットカラー同様にワントーンでコーデするのがポイント、先日期間限定で販売したBad Brainsのパーカーとスウェットパンツ、購入者はほぼ上下セットアップとして購入してくださっていた、すでにこのトレンドを予想していたのかもしれないね!




ニュー・ミニマリズム

極限までシンプル化した服などをブラッシュアップさせたニュー・ミニマリズム、シンプルな中にブランドが持つバックボーン、DNAを前面に出したアイテムが多く登場!そのブランドにしかないこだわり、バックボーン、アイデンティティ、バンドマーチ同様、そういった流れがファッション界にも起こっているようだ、このアイテムと選ぶのは難しいがやはりバックボーン、アイデンティティを持つアイテムはバンドマーチならではなので自信をもってバンドマーチを着用すべしだ!しいて言うなら、わかりやすいスケートスタイル、パンクスタイル、一見してそのジャンルを想像させるスタイルっていうのがより良い風潮になってくる可能性を感じさせる!




ポルカドット

ポルカドットとは、 ピンドットより大きく、コインドットより小さい水玉、ドットのこと、 シャツ、女性用のワンピースなどにでよく見る最も標準的な大きさのドット柄だね、僕的にはレトロを感じさせるドット柄、バンドマーチでは見かけたことがないね、ドットはあるけどドット柄はねなかなか難しいかな、ファッション感度の高い次世代のバンド、もしくはCHONやPolyphiaあたりから発売されるかもしれないね!頭の隅にでも「ドット柄」を入れといてください!



デニム

タイトなデニムシャツ、Gジャンやフレアパンツなど、レトロ雰囲気のデニムアイテムがトレンド、ランウェイやルックで一番見かけたのは裾が広がったフレアパンツ、00年代のインディーロック、スクリーモバンドによく見られたアイテムであるがその流れがまたキテいるようだ!音楽もファッションもトレンドを繰り返すんだね!タイトすぎず太すぎないストレートなフレアデニムってのがポイントね!思い浮かぶのはAt The Drive Inや初期のころのEvery Time I Dieとかね!フレアデニムパンツといえばブーツがよく合うイメージだけど、オールスターのハイカットの相性は抜群なので取り入れてみては?




メローイエロー

メローイエロー

先ほども出てきたグリーンとともにランウェイを席巻したのが、明るいイエロー、メローイエローであった、これはバンドマーチでも18年後半から急激に増え、定番化したカラーですよね!19年度最強の10枚にも選ばせていただいたAngel Du$T、そうAngel Du$T / エンジェル・ダスト – Pretty Buff ロングスリーブはまさにメローイエローなカラー、そこにジャングルも感じさせるアート作品、まさにトレンドアイテムではなかろうか?引き続きイエローアイテムの新作は多く登場するのでこれからも注目である!※イエローアイテムはこちらをクリック!




レトロチェック

 レトロチェック

チェック柄はバンドマーチでもシャツなどでよくみられるんだけど、ギンガムチェック、画像右寄りのマドラスチェックってのは見かけないね、インナーにバンドTシャツその上にギンガムチェックやマドラスチェックを取り入れるのもアリだな!この2チェック、レトロな雰囲気を醸し出すアイテム、子供っぽくも見えてしまうギンガムチェックを着こなすのは少し難しいのでご注意を!





これまでに紹介してきた中にも登場しているキーワードで重要なのは、ワントーンセットアップ!同色で上下を合わせるスタイルは19年同様20年もトレンド、そしてスーツなどのジャケットスタイルもワントーンセットアップを踏まえている、スーツは上下同じカラーが当たり前だもんね、近年のストリートなスタイルが男性から女性、老若男女、キッズからDGN、年配にも流行っていたその反動が今きている、だれもが着用しているSupremeなどのストリートブランドも勢いが収まっていくだろうね!そっちのほうが僕的にはありがたいのですがwwwいわゆる反ストリートスタイル、90’sなストリート、スポーツミックス、オーバーサイズなスタイルも徐々に街から消えていくと予想されている、流行ってのはほんと怖いよね!!


僕たちはそんなことも関係なしに10代の頃から変わっていないストリートなスタイル、そこに今回紹介したようなトレンドをうまく組み合わせて順応していくべきだと、芯の部分はブラさずにうまくトレンドと付き合っていこうということです!流行するといわれているスーツのスタイリングもストリート感を出すことだってできるわけだからね!



今回の記事も真に受けずぜひ参考までに!頭の隅にでも入れといてください!定期的にファッションお話もバンドマーチや音楽と組み合わせて話していくんで2020年のブログもシクヨロです!!

では!

河内野





ファッション感度も高いHigher Powerの新MVが公開されたね!ブログをしっかりと読んでくれたあなたは気づいていると思うけどボーカルは上下ワントーンのスタイリングだよね!うまくトレンドを取り入れながらも「終わる」と言われているwwストリート感ある最高なスタイリング!曲も映像の世界観も最高です!アホ面に見えてしまうスキっパもおしゃれに見えるwww

【19年まとめNo.1】ハードコア好きが選んだ19年度のアニメ「TOP5」

KLPT1912030013

12月も半分が終わろうとしている、今年のクリスマスも何の予定もない・・・・ビッグダディは結婚・離婚を繰り返すもまたまた新恋人との同棲を開始したそうだ、「チッキしょ~!」ビッグダディーの魅力とは?そういえばAV男優になったとか、なってないとか・・・どうでもいねwww


そんなことより19年度の最強な10枚も早く決定しなくてはいけない、夜な夜な19年度に発売されたアルバムをコレでもない、アレでもないと楽しみながら厳選しております、なんだけど・・・・年末も近いってのに毎日アップされていく新曲やミュージックビデオをついつい見まくってしまう、Body CountSuicide Silence、デスコアサウンドで安心、数多く公開されている新しい音源の中でもテンションが上がったのが、Neaera!!覚えてるかな?CalibanHeaven Shall BurnMaroon3大ジャーマンメタルコアに1バンドくわえるならNeaeraですよね!




MaroonCalibanも・・・な中Neaeraの復活はテンション上がるでしょ!!もろにHeaven Shall Burnの中期あたりのサウンドなんだけど「これぞ!ジャーマンメタルコア」なサウンド、たまらないね!セルフタイトルで2月末にMetal Bladeからリリース!

Neaera



ジャーマンメタルコア特集もいつかしたいね!昔からジャーマンメタルも好きだし、ドイツって何かあるね!!っていうか2019年のまとめにそろそろ入らないとね!

2019年も色々あった、ここでは書けないようなことから、嬉しいこと、悲しいこと、みんなそれぞれ違う毎日をせわしく過ごしているなかで(ネット上ではあるけど)「激しい音楽が好き」という共通点でつながっていれるのは、ある意味奇跡なんじゃないかと思ったり・・・・



この「激しい音楽が好き」じゃない点では、みんなそれぞれの趣味や好きなものがあり、人には言えないヤバい趣味なんかもあるんじゃない?僕は今年に入ってからアニメというジャンルにほんのり目覚めてしまった、それはNetflixやアニメ好きな友人たちの影響である!って言ってもかなりのニワカで有名どころしか知らないんだけど・・・・ということで僕がオススメする

2019年度に観たアニメのTop5を紹介していこう!





第5位:

「ヒナまつり」


とにかくギャグのセンスが自分好みというか言葉のチョイスとテンポ、設定、主役意外のキャラクターも最高!




第4位:

「モブサイコ100」


ワンパンマンと同じ作者ですよね、ワンパンマンも大好きなんだけど、他にはない映像美、大迫力な超能力の戦闘シーンから、主人公の「モブ」の成長していく過程も最高で、立場の違う登場人物たちそれぞれの心境などもすごく伝わってくるアニメでした!




第3位:

「進撃の巨人Season3 Part.2」


定番だけど面白いよね~続きがマジで気になる、想像をはるかに超える展開は唖然、毎シーズン観た後に毎回最初から見直して新しい発見がある、伏線の回収がすごすぎる!!!よく考えれるよね!




第2位:

「鬼滅の刃」


今テレビで絶賛されている超絶人気の作品、以前このブログでも紹介したんだけど戦闘シーンの作画、フォーカスの合わせ方、特に炭治郎 那田蜘蛛山との戦闘シーンは何度見たことか、映画も楽しみである!




第1位:

「慎重勇者」


ここ最近とんでもなく多く見かける転生系のアニメ、慎重すぎる勇者とヒロインや可愛い女性キャラとのやり取りが秀逸すぎる!ヒロインのパイオツにモザイクがかかったり、女性キャラをビンタしたりと、こんなに女の子達に厳しい主人公初めて見ましたね!斬新でした!!


ここにきてアニメにハマるとは自分でも思ってなかったね、アニメなめてました!現在は「北斗の拳2」を見返しておりますwww今見るとギャグマンガにしか見えない・・・アニメをいっぱい見たおかげで映画やドラマをあまり見なくなってしまった、見たのはストレンジャー・シングスくらいかな?あ、地上波の「(まだ)結婚できない男」も最高でした!前作は越えれなかったけどね、これから見るマイリストには100作以上がたまっている、年末年始に一気見する予定、今年は寝正月になりそう・・・・・


アニメとバンドマーチ、関係ないわけじゃないからね、今年は特によく見かけたアニメデザイン、バンドマーチではまだ少ないけどストリートシーンでは特にドラゴンボールやアキラデザインはよく見かけたね!

アニメとバンドマーチに関する記事も下記にアップしているからチェックしてね!



バンドマーチの流れでいうと、デスバンドではないバンドのデスロゴ使用が増えたね!数年前のハイブランドが使用し、ストリートでも人気が爆発し、その流れがバンドマーチでも一気に広がりましたね!Polyphiaが一早く取り入れ始めてたね!



Polyphia

その中でも人気の2アイテムがようやく再販売されたんで待ってた人はすぐに手続しといてね!


Polyphia

Polyphia/ポリフィアのマーチはこちらから!


2019年度のバンドマーチの傾向、流行なども紹介していく予定、来週中には「2019年度最強の10枚」もスタートする予定だから準備しといてくださいね!



では!

河内野




追伸:
アニメのOPとかにデスコアとか使ってほしいね!!

「I’ll be back」とは言ってないけどSuicide Silenceがデスコにカムバック!

Jared Dines

ターミネーターシリーズの最高傑作といえば「2」だよね!ちょうど16日かな?自宅に帰りテレビをつけるとターミネーター2が放送されていた、「シュワちゃん若っえ~!」と同時に今のCG技術は無い時代にこの迫力あるリアルなアクション、「すっげ~」と、にしてもこの作品観るの何度目だろう、まさに90年代初期の名作中の名作、そして2019年「ターミネーター2」の正統続編として「ニュー・フェイト」の公開がはじまった!監督にティム・ミラー、ジェームスキャメロンじゃないのね!




The Plot In You

ターミネーター2にはバイクでのチェイスシーン、液体窒素で固まるT-1000、ジョンとのやり取りで人間らしくなっていくシュワちゃんなどなど・・・


数えきれないくらいの名シーンがあるんだけど、一番い思い出すは、あの名シーン、溶鉱炉に落ちていくシュワちゃんのサムズアップと「I’ll be back」(すぐに戻る)






「I’ll be back」(すぐに戻る)と聴いてまず思い出したのが Suicide Silence / スーサイドスーサイド・サイレンス!!15日に新曲公開、まずは聴いてみて!

ニューメタル化はどうなった?完全なデスコアサウンドに回帰、カムバックしております!

「デスコアの可能性を広げたい」

デスコアの可能性を広げることなく?少しは広がったのかな?戻ってまいりました、5枚目となるセルフタイトルのアルバムは聴くうちに結構好きるも本絵は少し中途半端感が否めなかった、

ニューメタルの路線をさらに突き進め洗練されたニューメタルサウンドも少し期待していたんだけど、やっぱりSuicide Silenceはデスコアだよね!ずっこけてしまった5枚目のアルバム以降は露出も少なくなり、このままフェードアウト?なんて心配もしていたから本当にうれしい!アルバムも発売が決定!

6作目となるニュー・アルバム「Become The Hunter」
2020年2月14日にリリース

Become The Hunter

このアルバム前曲がデスコアサウンドなのかはまだ不明だが、エディーがThy Art Is Murderに対して発した言葉、

「同じような曲を何度も何度も繰り返し書いている」



これに対してThy Art Is Murderがどう反応するのかも見ものであるwww正直デスコアファンからすると現在ではThy Art Is Murderのほうが支持を受けているだろうし、相当な名作となるか名曲がない限りはね!コメント欄など見ると賛否分かれているようだけど高評価が圧倒的に多い!やはり「Suicide Silenceの人気はぶっ飛んですごいんだな」と改めて思ったね!

・あきれて何も言えない!
・バンドのルーツに戻ってくれてありがとう
・平均的なデスコアソング
・帰ってくんな!
・All Shall Perishもやってよ



酷いコメントもちらほら、デスコア船体にケンカを売ったわけでもあるからね、コメントで一番盛り上がっているのはJared Dinesの出演!Love Me To DeathのMVの4分あたりから登場します!しっかりと「Teehee」とオチをつけているのが、Jaredらしいというか・・・・


※「Teehee」とは、「えへへ」「 うふふ」「いひひ」などhahahaよりも少し下品な言い回しかな、


ってか「Jared Dinesって誰やねん!」と通込んだあなたに説明すると、Youtuberですね!メタル界No.1のエンターテイナー、個人的にはメタル好きの素人がメタル・スクリームに挑戦する動画が大好き!




いつか忘れたけどポジでもアップした、「着用しているバンドTシャツのバンドの曲を3曲答えれるか?」で、ほとんど答えられていない人たちの困った表情が最高なこの動画も話題になったね!


なぜにSuicide Silenceの新曲MVに出英したのかは謎だけど、最後のチョイっと出演するだけですべてをもっていったJared Dinesの人気も恐るべし!コメント欄の半数はJared Dinesだもんねwww



ということでSuicide Silenceがデスコアに戻ってきたって話、アルバムのサウンドはすべてがデスコアサウンドなのか?公開されている曲以外すべてニューメタルって可能性もあるからね!これまでの作品を超える名作が誕生するのか?アルバム発売まであと3ヶ月ほど震えて待ちましょう!では!!






追伸:
11月も後半戦、あっという間に2019年も過ぎ去ってしまいそうだ!その前に、毎年恒例の僕たちが選んだ「今年の10枚」アンケートも楽しみにね!海外では早速Top 40 Albums of 2019などなどアップされているのを見かける!メタルよりのマガジンサイト、Decibel Magazineのランクを見ると、Top5は下記のランキングになっていた。

5 Tomb Mold, Planetary Clairvoyance, 20 Buck Spin


4 Crypt Sermon, The Ruins of Fading Light, Dark Descent


3 Gatecreeper, Deserted, Relapse


2 Lingua Ignota, Caligula, Profound Lore


1 Blood Incantation, Hidden History of the Human Race, Dark Descent


とTop3は完全に俺得なバンドたち!この3バンドはグッズも取り扱っているんだけどそこまで知名度がないのか、そこまで注目されていないのが僕的には謎なんですが、良かったらチェックしてみてください!

Gatecreeperグッズはこちらをクリック

Lingua Ignotaグッズはこちらをクリック

Blood Incantationグッズはこちらをクリック

【リリース情報】+ またもや、やっちまったSUICIDE SILENCE

スイサイ

世間では2週続けての3連休、うらやましい、あなたはどこかにお出かけしている?ハードコアの来日ラッシュとなった今週、たくさんのうらやましい声をいただいております、Bloodaxe Festival 2018はいよいよ本日、昨日からTurnstileの公演が始まっているが、やはりダントツで多く//いただく声は彼らTurnstileである、やはり現在のハードコアを代表するバンドといっても過言ではない人気のバンド、サウンド的には異なるがYour Demiseの全盛期の時のような感覚を思い出す。



多ジャンルからハードコアの架け橋的なバンド、ポジもお客さんでもポップパンクなどからハードコアを聴くきっかけとなるバンドでもあるよね!




TurnstileにSlope、Higher Power、本日のBloodaxe Festival 2018にも出演のTrail of Liesのギター、CANDY、そして曲単位でいうとTrail of Liesのドラム、RegulateのIn The Promise Of Another Tomorrowに収録されている下記の曲なんかはビビッと感じた曲





やはりキャッチーさがあると入りやすいよね、


ただの雑音にしか聞こえない!


そうほざいていた友人もTurnstileからはまり現在ではConvergeなどのカオティックハードコアにまで到達、聴いていく順序ってのも大切なのである。僕は何でもとりあえずチェックするが信念なんだけど正直すべてを網羅するのは無理なんだよね。


9月後半から年末にかけても把握している分だけでも下記のように多くのリリースがある!

・Gouge Away 9/24
・Bruise 9/24
・Wax On Water 9/24
・AVOID 9/24
・Northern Faces 9/24
・Dead Letter Circus 9/24
・Aurora View 9/24
・Living With Lions  9/26
・Hail The Sun 9/26
・Anti-Flag 9/26
・Terror 9/26
・Tilian 9/26
・The Clay People 9/26
・Palaye Royale 9/28
・Youth Killed It 10/03
・Sylar 10/03
・Black Peaks 10/03
・High On Fire 10/03
・Atreyu 10/05
・Hands Like Houses 10/10
・Bearings 10/10
・Polyphia 10/10
・Shining 10/17
・The Living End 10/18
・Saves The Day 10/24
・Devour The Day 10/24
・The Browning 10/24
・Arlington 10/24
・Stand Atlantic 10/24
・Drug Church 10/31
・Silent Planet 10/31
・Witherfall 10/31
・Songs That Saved My Life 11/07
・Ice Nine Kills 11/07
・La Dispute 11/07
・Crooked Teeth 11/09
・Catch Fire 11/14
・Light Years 11/28
・Puppy 1/11




「どんだけ買わないけないんだ!」と言いたいくらいに好みのバンドやアーティストが音源をリリースする、上記には記載していないメタルサイドでいえばAnaal NathrakhArsisAvastbehemothBlack TongueBloodtruthBrand of SacrificeBrojobCattle DecapitationEarth Ship、などね、もうきりがないよね・・・



正直そこまで期待していなかったけど、Hands Like Housesはスクリームが復活でワクワクが止まらない!



そんなHands Like HousesですがPunk Goes 90s Vol. 2でカヴァーした、Tornあるよね?懐かしい!!


そしてNeck DeepのTornヴァージョン!


それぞれの良さがあるけど、あなたはどっち派?


新譜ではないけど、SUICIDE SILENCEの新曲は聴いた?




DMC5、デビル・メイ・クライ5というゲームのバトルシーンに使用される楽曲なようですが、ヴォーカルEddieが昨年謝罪したセクハラ行為をカプコン側が知る事になり急遽曲がゲームから削除されると

カプコンさんよ~曲依頼する前に身辺調査しろよ!!!


セクハラしたことは最低な行為だけど、SUICIDE SILENCEが不憫に感じてしまう、サウンドシフトでの批判やThy Art Is Murderとのビーフでの批判、そしてセクハラ疑惑そして今回のニュース、新曲に対しては高評価が低評価を上まっているし、コメントはボロカス、マジで不憫だ・・・・


曲自体に関しては、本音を言うと、最高ではないが悪くもない、良い意味でも悪い意味でももう少し期待を裏切ってくれるかと思ったんですが、しいて言うならエディーの前髪パッツンな髪形が衝撃だったくらいかな・・・・

スイサイド・サイレンス

ゴリゴリのデスコアに戻ることは無いのだろうか?ニューメタル路線で進むのか?どっちにしろ常に気になる存在ってこと、やはり影響力あるバンドだな!と感じますね!You Can’t Stop Me久々に引っ張り出して聴いたけどやはり最強だね!

話題を定期的にぶっこんでくれるのはうれしいけど、最高なニュースも聞きたいな!

では!

河内野

【ハードコアニュース】「NYHC」の重鎮のニューアルバムにゲスト参加したビルボード常連のロックスター!

sick of It All

早くも9月が始まったね、今年も残すところ3ヶ月、30歳を超えてからのスピードは高速ブラストビート並み、40台に突入するもあっという間だろう!このスピードがビートダウンすることなく人生は進んで行きそうだ。



毎年、言っているかもしれないが今年は特に最高な音源が発売されたり、まさかの来日公演が決定したりと、すざまじいスピードの中でもびっくりの連続を体感している気がする、個人的にも好きなハードコアシーンにおいては特に、というかハードコアが好きだから余計とそう感じるんだけどねww



ここ最近で一番テンションが爆上げしたのは記憶にも新しいMadballのニューアルバム発売からのSick Of It Allの新曲公開!





サウンドは言わずもがな最高!そしてMVのドラゴンはパワーメタルなイメージを受ける冒頭のアップから全体像はいつものドラゴンデザイン!タイトルは


“Wake The Sleeping Dragon!”


発売は11月2日

Sick of it all

映画のポスターのような仕上がり、下部にはメンバーが記載され、さらに下にはゲストの名が!!


ティム!!!まさか、Madballのニューアルバムと同じくランシドの?と思いきやなんとティム・マキルラス、そう!Rise Againstのヴォーカル・ギターであるティムなのである!!!
Rise against



それを踏まえ新曲もう一度聴くと・・・Rise Against感をほんのり感じない??ゲストだからね、プロデュースでもないから、思い込みだろうか?


さらにびっくり、もう一人のゲストはHot Water Musicのヴォーカル、チャック!!!なんなの、この渋い、いぶし銀がかったゲストは!!!最高かよ!!!
Hot Water Music



そしてゲストの横に記載されているのはプロデューサーの名前、 Jerry Farley、知識不足でさーせん、ピンときません!ということで調べた結果、Sick of It Allの前作Last Act of Defianceではエンジニアとして参加、さらに過去Jerry Farleyの携わった作品を見てみると、

PDBL1882071

何このメンツ、やばすぎる、ハードコアからヘヴィーロック、エクストリームメタル、まで幅広く多くの作品に携わっている敏腕プロデューサーじゃない!!!しかもまだ40歳だって・・・・すげ~~としか言いようがないとともに、Sick of It Allのニューアルバムへの期待がさらにググっと上がった!!!

そしてミックス&マスターはTue Madsen、ご存知の方も多いはず!

SOIA

いかにも敏腕ないで立ち、なんとMeshuggahDark TranquillityThe HauntedMnemicHatesphereEktomorfCataractExmortem、 に携わる激やば人物、 そしてあのBabymetalのアルバムもミキシング!Sick of It AllのNonstopにBased on a True StoryさらにDeath to Tyrantsでもプロデューサーとして携わっている、僕たちが好むバンドでは



・Heaven Shall Burn
・August Burns Red
・Earth Crisis
・Winds of Plague
・Born from Pain
・Suicide Silence
・Himsa
・Maroon
・Extol
・Caliban
・Knuckledust
・No Turning Back

などなど、メタルだけでなくメタルコアデスコアニュースクールハードコアまで携わる、っている人物なのである!期待せざるを得ないですよね、それを踏まえてもう一度聴いてみよう!!

Sick of It Allのニューアルバムに会いたくて会いたくて震えてきました。今この時点ではTERRORのニューアルバムよりほんの少しだけSick of It Allのニューアルバムが楽しみであるwww



・ニューアルバムのタイトルはWake the Sleeping Dragon!
・アルバムの発売は11月2日
・ゲストにはRise Againstのティムと
Hot Water Musicのチャック、
・プロデューサーにはジェリー、ミックス&マスターにはテュー・マッドセンということ!
・レーベルはCENTURY MEDIA



問題なのはCENTURY MEDIAからアルバム発売ってことで新しいマーチへの期待はできないってこと…トホホですね。




レジェンドたちも2018年はマジ熱い年だった、まだまだ進化を続けるMadball、あまり話題になっていないけど最高だったSLapshot、ぶれないストロングスタイルのWisdom In Chains、今週末にはSuicidal Tendenciesでしょ!レジェンドとはまた違うけどハードコアの代名詞のTERROR、そして11月にSick Of It Allもう一度言う!

最高かよ!!

震えて待て!!!!

では!

河内野

追伸:
最後はH2O “What Happened?”でお別れです!