【ライブ参戦】「Converge」と「Neurosis」来日公演「leave them all behind 2019」見てきたんだけど・・・・

コンバージ 

ついに来たかこの時が!

そうです、2月の14日、恋する乙女と野郎どもの祭典バレンタインデ~!!!ではなく「leave them all behind 2019」ConvergeNeurosisの来日公演当日を迎えたわけであります。


あ、「明日ジェイコブたんに会える」そう思うと前日の夜からソワソワ、修学旅行の前日のようなテンション、ワクワク、ドキドキが止まらない、エロ本を購入し自分の部屋に持ち帰る当時中学生の自分、そのなような甘酸っぱくほろ苦い・・・でもないかww、いや~興奮しすぎたせいで当日の朝4時まで寝れなかった、当然のごとく、睡眠不足で当日を迎えた。


そして眠たい目をこすりながら、事務所へ、当日の仕事にもきりがつき、出発準備を始めたお昼過ぎ、チケットが見当たらない・・・・・・・

いつもの悪い癖で大事な物などはとことんこだわって隠すんですよね、チケットを隠したのが1月の初旬、隠し場所、完全に忘れている!!!!当時の記憶を頼りに確実に自宅の自分お部屋に隠していたことはマチガイナイ、さらに記憶をよみがえらせる、ここで点と点の記憶が1本の線となり隠し場所を思い出す、答え:「低反発の枕の中」何でそんなところに??Convergeの夢が見れるかと思ってね!見れなかったけどwww



準備も終わり、当然ConvergeNeurosisの音源をBGMにね!

そんなスムーズにいかず、豊中に入ったたりから急激に込みだす、余裕をもって出発したがこの大渋滞は誤算だった、夕方5時、完全に帰宅ラッシュと被っちゃったね!さらに工事で片側通行、画像のごとくかっ飛ばしたい気分だ!

Con19214002


大阪梅田に到着したのは6時半、あと30分で始まってしまう(この時はどちらのバンドが先に演奏するのか知らず、)駐車場見つけるのも大変だね!会場から結構離れていたが一日最大料金1200円は都会にしてはリーズナブルだ!

梅田



競歩選手のごとく超早歩きで会場までダッシュ、そして会場Umeda Tradに到着、会場外にはあまり人がいない、「えっ!もう始まっちゃうの?」

Con19214004


ロッカーにアウターやバッグなどをぶち込み、受付で手続きを終わらせ、ようやく会場イン!!!ぎゅうぎゅうとはいかないもキャパ700人の会場はまんべんなく人で埋まっていた、今回マーチは購入予定なし、日本語シャツもちょっと、日本語が嫌なわけではないんだけど、もう少し日本語のフォントをデザイン性あるものにしてほしかったかな、会場に掲げられた大きなJane Doeのフラッグを見て感激、そして先にConvergeが演奏することを知る。

umeda Trad



そして会場が暗くなり、カートにネイトとメンバーが現れる、歓声が上がる、ドラムのヘルプはいかにもテクニックありそうな黒人さん、元祖デトロイト黒人パンク・バンド、デスのメンバーの息子さんのようだ、そしてジェイコブ降臨でさらに大きな歓声が上がる、メンバーそれぞれがとんでもないオーラを放っているがやはりジェイコブが現れたときの圧巻の存在感、ゴイスー!!!

始まりはReptilian妖艶なイントロで始まり、悪魔がここに降臨したかのようなサウンド、そしてスラッシーなリフで大爆発!!



そして名曲「Dark Horse」Convergeいち記憶に残る変則リフが始まった瞬間に体中に電流が走る、「生Dark Horse」やばいっす!!!!そして激烈轟音の嵐でウルウルきちゃいました。



コンバージ 来日



続いて「Aimless Arrow」哀しむように叫ぶジェイコブもまた良き、不協和音が織り成すまさにカオスなサウンドにメロウさも兼ね備えた名曲、Convergeのアルバムの1曲目は名曲が多いよね!


続いて、ミドルテンポでずっしりな「Under Duress」色鮮やかなジェイコブのボーカルとカオス全開なまさにConvergeな曲


続いても The Dusk In Usから「A Single Tear」カオティック要素は少ないけど美しく叙情的でもあるメロディアスなリフ、証明やステージングも相まってウルウルときてしまった感動的な1曲だった!


続いて以前のセトリから予想はしていたもののテンションが上がりまくった「Drop Out」に「Heartless」とブチギレジェイコブな俺得な2連ちゃん!たまらんたまらん!You Fail Meが全曲観れる、東京公演がうらやましすぎて・・・・・



続いてスローテンポで怪しいリフのな「Trigger」から激烈ハードコアナンバー「Broken by Light」とThe Dusk In Usの流れ、



Converge


そして「Worms Will Feed/Rats Will Feast」スラッジ色が強め、地を這うような重たくスローな曲、ここでいったん気持ちも落ち着いたんで周りを見渡すと、普段行くハードコアのライブとはまた違いいろんな人が入り混じっている、エクストリームサウンド好きなマニア気質な人も多かったように感じる、それよりも会場の8割以上の服の色味がブラック、会場も闇黒でした。



続いては「Runaway」と個人的にも大好きな曲、中でも上位に入る爆裂ハードコアナンバー、ライブだとより生々しい!


殺しにかかるほどの圧を感じさせる「Predatory Glow」これぞConvergeの破壊衝動、たまらなく気持ち良かった1曲、


キタキタキター!!No Herosの1曲目「Heartache」この日一番テンションが上がり会場中間で見ていたが人をかき分け前列に行こうとすると、境界線的なバーが設置されていることを知らず思わず強打・・・


続いても爽快なショートなハードコアナンバー「Cannibals」フロアももみくちゃになって盛り上がっていた。


今回のライブて一番楽しみにしていたカオティックロックンロール!「Eagles Become Vultures」、一字一句一緒に叫びましたよ(小声で)「Cashed in Crashed and burned!!」

Con19214008


Empty on the Inside」みんなで手をたたいて会場の一体感を感じれた曲、ピリピリとした殺伐とした雰囲気ではなく絵がをこぼれるジェイコブだったな~、


I Can Tell You About Pain」頭がイカれそうな不協和音とジェイコブの雄叫び、前衛的アートなカオスナンバー!!


やはり一番盛り上がったのはJane Doeの1曲目を飾る、カオティックハードコア名曲中の名曲「Concubine」!!奇跡の一種運を見ているような感覚、本当にConvergeは神だったんか?実在していることが不思議に思えるくらいに現実離れして見えたのは僕だけだろうか?





ここで、Convergeは終わり、「え?短くない?」「全然物足りない、」とてつもなくライブはすごかったんだけど、19曲も演ってくれたんだけど、マジであっという間、体感では30分くらいかな、あと3時間は余裕で観れるwww、まだまだ生で体感したい曲は数十曲以上あるし、なんなんだろう、今までにない、とてつもなくすごいライブで満足するはずなのに、Convergeを求める欲求があふれ出る、とても不思議な感覚、多くのライブを見てきてこんな気持ちになったのは初かもしれない!



Con19214009



1:Reptilian
2:Dark Horse
3:Aimless Arrow
4:Under Duress
5:A Single Tear
6:Drop Out
7:Heartless
8:Trigger
9:Eye of the Quarrel
10:Broken by Light
11:Worms Will Feed/Rats Will Feast
12:Runaway
13:Predatory Glow
14:Heartache
15:Cannibals
16:Eagles Become Vultures
17:Empty on the Inside
18:I Can Tell You About Pain
19:Concubine






そしてNeurosisが始まる。

ベースがCorruptedのTシャツを着ているのがまず目に留まる、そしてヒゲがすごい、メンバーがそろい演奏がついにスタート、会場がぶっ飛ぶんじゃないかと思うくらいにヘヴィーでうねるサウンドに圧殺されそう、会場の地面がブラックホールになりみんなが吸い込まれていくんじゃないかと思うくらいに異闇黒世界が広がる、

neurosis



それでいて美しい、自分がライブ会場にいることを忘れるくらい引き込まれていった、想像の数十倍以上素晴らしいライブ、こちらも神が降臨していた、Convergeをメインにこのライブに参戦したがNeurosisを体感しているときは完全にConvergeの存在を忘れていたからね、これはマジで予想外だわ、絶対に体感するべきだね!シーズン10ぐらいまで続く海外ドラマを見終わったくらいの満足度でした。


ニューロシス


Neurosisセットリスト


1:Given to the Rising
2:Bending Light
3:End of the Harvest
4:A Shadow Memory
5:The Last You’ll Know
6:Burn
7:An Offering
8:Reach
9:Through Silver in Blood



けど、やはりもう一度見たいのはConvergeだね、次はまた5年とか6年後、もしくはもう一生見れないのかもしれない、本日は名古屋公演、明日、明後日は東京、期待をはるかに超えてくるでしょう!



会場で余韻を少し感じながら、会場を後にするも駐車場の場所がわからない!ライブを見て幸せな気分は一気に萎え、ひたすら駐車場を探すこと1時間ようやく我が愛車を発見、ここで気分が落ち着いたんで腹ごしらえをと、駐車場のすぐ先にあった大阪王将にピットイン!ヴォリューミーなスタミナ定食をオーダー!待つこと10分ほど、でてきたのはなんと酢豚定食!「誰がそんなもんオーダーしたんだんじゃい!」とツッコミは入れず、というか、メニュー表を見ずに頼んだから、酢豚定食がスタミナ定食だと、しかしメニューをじっくり見ると全く内容が違う。


すでに酢豚に手を付けてしまっているせいで文句も言えず、おいしくいただきました!にしても付属していたスープの温度が尋常じゃない、溶岩でもぶち込んだかと思うくらい熱くてね、現在ベロの皮がベローンてしてますwww

そんな感じで、帰りは轟音は聴かず、リズミカルなラップコア、DEEZ NUTSでアメ車のハイドロのように車を具ワングワン上下に揺らしながら帰りました。


「いや~~!有意義なバレンタインデーでした!」帰ってくると机にはオカンからの「キノコの森」が・・・・・エモイっす!

では!

河内野

【2018ハードコアまとめ!】NYHC顔面凶器Sheer Terrorのポール激似のオジサンに・・・・

BL181114027

昨晩は力尽きて11時には就寝、朝の5時には目が覚め、やることはやはりハードコアの動画を漁る、Hate9sixにアップされていたRegulateのライブ映像を見てテンションが上がる、テンションを保ちつつ、完全に運動不足のためスケボーしに近所のパークへ、オーリーすらままならない状態、何度スッテンコロリしたことか、1時間近くスケートを楽しみ近くの自販機でジュースを購入しているときに現れたチワワを散歩しているおじさん、そのおじさんの顔が・・・

The Plot In You


人を数名、殺めたであろうヤ〇ザにしか見えない顔面、まさに顔面凶器、NYHCが好きだったらわかるよね、そうSheer Terror のボーカル、Paul Bearerポールにクリソツだった、元祖極悪ハードコアというイメージがあるからそのおじさんも間違いなく極悪なのだと、けど散歩しているのはチワワ、これがいわゆるギャップ萌えというヤツだろうか?


「お、おはようございます」と若干声を震わせながら挨拶、すると、「おはよう!今日はいい天気だね~!」、満面の笑みで挨拶を返してくれた、当たり前の行為だが、あの強面から出る笑顔をはステキだった、




「抱かれてもいい」とまではいかないものwww少し好意を持ってしまった、これは恋のなのか?あいのりなみに真実の愛を探しているが、その愛は男性?しかもおじさん?というわけもなく、変な妄想をして吐き気がした秋の朝。

sheer terror

ということで一発目の動画はNYHCを知るには基本バンドと言えるSheer Terror(新曲)で!



唯一無二のサグいボーカルがたまりませんね、やはりNYHCは最高である!Sheer Terrorのマーチも取り扱いがあったんだけど、先日言ったようにメーカーの倒産で現在入荷不可、新たに探しているんでまた見つかったらお知らせしま~す!



毎年行ってるかもしれないけど2018年もハードコアが盛り上がったよね、ちょっと振り返ってみよう!

1月



Code Orange盗難事件
Knocked Looseの来日!

2月



Turnstileのニューアルバム「Time & Space」が発売される!
Fallbrawlが来日!

3月



・次世代ハードコアSanctionがまさかのPure Noise Recordsと契約!!音源発売!
Cave Inのベース兼ヴォーカルCaleb Scofieldが他界。

4月



・叙情系Takenの14年ぶりの音源が発売!

5月



・モダンオールドスクールComeback Kidニューアルバム発売!
Forced Order来日!
Agnostic Front来日!

6月



NO ZODIAC来日!
SlapshotニューアルバムMake America Hate Again発売
Madball、ニュー・アルバムFor the Cause発売!
Vein、待望のアルバム発売!
ConvergeニューEP発売!

7月



・叙情系Hopesfallが約10年振りのニューアルバム発売!
・オフランス産激情ハードコアBirds in Rowニューアルバム発売!

8月



・大阪産ハードコアPALMが6年ぶりのニューアルバム発売!
Left BehaindまさかのPure Noiseに移籍!
Jesus PieceフルアルバムOnle Self 発売!

9月



Terrorニューアルバム発売!
Lionheart 来日!
All Out War 来日!
Xibalba 来日!
Turnstile 来日!
Trail of Lies 来日!
Easy Money 来日!
Harm’s Wayがツアー中に機材やマーチが盗まれる!

10月



・ポストハードコアバンドQuicksand来日!
・NYHC、Judgeが来日
Danzig、Warzone、Murphys Law、Fireburn、等で活躍したギタリストTodd が他界。
Cult Leaderのニューアルバム発売!

11月



・ハードコアバンドOld Woundsニューアルバム発売!
・ハードコアパンクバンドAngel Du$tが予想外のRoadrunner Recordsと契約
Sick Of It AllニューアルバムWake The Sleeping Dragon発売!
Rise Of The Northstarニューアルバム、ザ・レガシー・オブ・シ~SHIの伝承発売!
SHEER TERRORのニューEP発売!!
KING NINEニューアルバム発売!

12月



・注目の新世代ハードコアJesus Pieceの初来日予定!
・歓喜TRAGEDYの音源発売予定!

2019年には、

TerrorStick To Your Guns来日予定
NeurosisConverge来日予定






細かいリリースなどはもっともっとあったんだけど覚えている限りだとこんな感じ、何か重要なリリースや事件を忘れているような気もするが・・・来日にリリースに訃報、盗難事件、いろいろありましたね、個人的にはやはりAgnostic Frontのライブに参戦、



そしてMadballのニューアルバムが一番テンション上がったかな!RANCIDのティムにIce-Tもゲストボーカルで参加、Madball節全開だけどまだまだ進化している!やはり僕の中でNYHCといえばミーハーと言われようがMadballなのである!



やはりNYHCが大好きなんだな!と感じた年だった、終わってないけどね!今年に入ってMerauderDistrict9Visoion of DisorderE-town ConcreteBiohazard、などレジェンドたちのマーチは追加してきたけど、NYHCも幅広い、まだまだ取り扱えていないバンドは星の数ほどある、そこでNYHCマーチ発掘作戦を先日から開始しています、何としても今まで取り扱えなかった激やば激渋なNYHCアイテム取り扱うので期待して待っていてください!



最後は1988年のリリースから今年2018年で30年周年を迎えて発売されたWARZONEの2ndアルバム「OPEN YOUR EYES」からアルバム2曲目を飾る「Dance Hard Or Die」でお別れ!!

今は亡きRAYBEEZといえばやはりライブで装着するグローブだよね!

では!

【「俺的」2018流行語大賞】流行ってはいけない「AxCx」と逃してはいけない「Polyphia」ギターストラップ!

ハードコア

2018年もあと1か月と半分ほど、「早いね~!」Morbid Angelのピートによるバスドラくらい、 Cattle Decapitations Pinbackのメンバーを擁するAnal Trumpの曲くらい今年も早かった・・・終わってねーけど。



この時期になると世間で盛り上がるのが流行語大賞、2018年度の流行語大賞にノミネートされた言葉がこれら、



流行語大賞2018ユーキャン参照


あなたは何個わかる?僕がわかったのは、「あおり運転」,「そだねー」,「TikTok」,「#MeToo」,「悪質タックル」,「(大迫)半端ないって」,「GAFA(ガーファ)」,「ダサかっこいい/U.S.A.」,「ひょっこりはん」,「もぐもぐタイム」,それ以外は全く・・・・


事務所の陰から顔出し「はい、ひょっこりはん!」と言ってくる友人に何度殺意をいだいたことか、TikTokはYoutubeの広告で何度も出てき、こちらも殺意が芽生えた言葉であるww

全く聞き覚えのない言葉たちも調べると「なるほど」「そんなこともあったなー」とだいたいが理解できた、カメ止め、カメラは止めるなって映画そんなに面白いの?



バンド関係でも話題になったのが、セクハラ被害について当事者が声を上げた「#MeToo」じゃないだろうか?


The Gospel YouthのフロントマンSam Little
Expireのギタリスト、StoneのボーカルZach
Pierce The VeilのドラマーMike
With ConfidenceのフロントマンJayden
Suicide SilenceのボーカルEddie
Moose BloodのドラマーGlenn



などなどここ数年だけでもこれだけの・・・実際にはしていないのに訴えられるってこともあるのが怖いところ、全くの無関係でもこういった話題が出るだけでバンド人生が大きく狂っていく、難しい問題だね!

ブログを呼んでくれているあなたにはセクハラになってしまうかもしれないけど僕の周りで流行した言葉が Anal Cunt (アナルカント)、一人の仲間が Anal Cunt のTシャツを購入し、ヘビロテで事務所に遊びに来る、まさに営業妨害、



アナルカント



しかしこのデザインがなぜか身内で流行りだすwwインパクトは超ド級だもんね!ステッカーも数十枚仕入れたところ、バイクに貼るパイセンや、車に、スケボーの板に貼るヤツまで、


アナルカント



しかも、アナルカントと言ってくれればいいものの、アナルマ〇コとカントだけを訳して発言する、マジでやめてほしいwww女子は1年に1度ほどしか出現しないんで大丈夫なんですがww以前もニアミスしていたから気を付けないとね。



Cattle Decapitations Pinbackのメンバーを擁するAnal Trumpも教えてあげたらTシャツのリクエストいただきましたwwTシャツあるのかな?アナルカントのアナルロゴよりもリアルなアナルがヤバイ!


11-9Blog003



申し訳ございません、アナル連発してしまいました、以後気を付けます。一応、曲貼っとくねww







僕たちのアングラな世界でも流行した言葉やバンド、ジャンルなどがあると思うけど、あなたの周りではやった言葉なんか教えてくれると嬉しいな。

今回は僕的、俺的な流行語大賞を決定しようかなと、興味がない人はスルーかましてください!先ほど言った Anal Cunt / アナル・カントも俺的流行語大賞にノミネートされるね。



俺的流行語大賞のノミネート語はこれら!

・AxCx / アナル・カント
先ほど言った通り、身内で大流行なのであるww


・ConvergeとNeurosis
衝撃的な2バンドの来日だよね、大好きな Converge が来るだけでも発狂するのにさらにNeirosisなんだもの、何度も何度も言葉に発したバンド名だね!

Converge Neurosis


・袖プリ
もともとはハードコアマーチで主流だった袖プリントされたロングスリーブ、それがどのジャンルでも多く発売されTシャツをしのぐ人気となった、バンドマーチでも2018年一番のトレンドかもしれない!自分用に発注かけて届くのが楽しみなのは Cult Leader /カルト・リーダーのこのロンT!
Cult Leader /カルト・リーダー

ロングスリーブ・長袖シャツ一覧はこちらをクリック!



・ミニバッグ
発売される数は少ないけどこれもバンドマーチのトレンドであり一番愛用した小物がミニショルダーバッグ、 Disturbia に先日入荷した BDHW 、そして Emmure はダントツで人気、ポジ散歩でも2018年一番登場したマーチ、まだまだ取り入れる人が少ないけど、ライブ会場からフェスでもよく見かけるようになったね!

バンドマーチ バッグ BDHW



・お前に言ってんだよカス
今年リリースのハードコアアルバムの間違いなくNO.1のパンチラインでしょう!大阪はPalmのニューアルバムTO LIVE IS TO DIE, TO DIE IS TO LIVEからSCAPEGOAT



・廃盤なんで無理なんです・・・・
これはね、すでに廃盤になってしまったアイテムに関してのリクエストに対してのお返しの言葉、どうしても無理なんです、廃盤ですから!!!!!中でもダントツに多いリクエストが、 Polyphia のギターストラップ、速攻で売り切れたもんね、リクエストくれたあなたに朗報、なんとホワイトヴァージョンになって新たに登場!メーカーによると各ヴァージョン100個しか作っていないようなので早めに手続してね!

Polyphiaギターストラップ
Polyphiaマーチはこちらをクリック!


・来すぎ!!
とにかく来日公演が多く、自分好みの来日も多かった都市、結局レジェンドであるAgnostic Frontしか見れてないっていう、ローカルのライブは結構行ってるんだけどね、後悲しいニュースがります、Agnostic Front取り扱いのメーカーが倒産、また入手しにくくなりました・・・やはり存在しているうちに手に入れておかないとね、後悔だけが残ります!


マジで復活?
一番記憶に新しいのだと、来日も決まったMineralだよね、AnberlinEvery AvenueBleeding Through Eighteen Visions に叙情好きは歓喜のHopesfallやTakenなどなど復活のニュースや復活アルバムの発売、「復活!!」って結構叫んだ気がするね!As I Lay Dyingはあんなことがあったからもう二度と聴けないと思ってからの復活で新曲はパーフェクト!!!





はい!そんな感じで俺的流行語ノミネートをご紹介しました!腹減ったんで、ぼくは今からもぐもぐタイムに入ります!

では!
河内野

【ハードコア・エモ】「ポップスレジェンド」の再結成!「エモレジェンド」20年ぶりの新曲に来日が決定!

testygban015

「レジェンドの再結成が決定したぞ!!」



と興奮気味に事務所に登場した友人、数少ないハードコア好きの友人が言うレジェンドだから、相当なレジェンドかと思いきやソイツの口からこぼれたアーティストは


スパイスガールズ
※ベッカム夫人のビクトリアはいないようです・・・


マジどうでもいいっす!まさにスパイスのきいたネタをかましてくれた友人だが、本当に言いたかったことはエモバンドMineralの来日&20年ぶりの新曲が公開されたことを教えてくれたのである。




これは相当なビッグニュース、「エモバンドといえば?」の問いに10人中一人は必ず「Mineralでしょ!」と答えるだろう、本物のレジェンドだもの、しかも8分といった大作、至福の8分であった!永遠にリピートしているんですが、来日は2019年の3月の半ばから後半にかけて、関西は2公演もある!!!!


2019/3/17 (日) 東京 八王子 RIPS
2019/3/18 (月) 東京 新代田 FEVER
2019/3/19 (火) 静岡 磐田 FM STAGE
2019/3/20 (水) 名古屋 今池 HUCK FINN
2019/3/21 (木) 石川 金沢 PUDDLE / SOCIAL
2019/3/22 (金) 京都 GROWLY
2019/3/23 (土) 大阪 東心斎橋 CONPASS


Starmarketに続きMineralまでも、2019年、エモシーンもヤバイね!近年のエモではなく90sのエモで育った僕含めアダルト世代は歓喜だね!さらにエレクトロニクスを大胆に導入し浮遊感が増したThe Gloria Recordも最高なのでMineralと合わせて音源漁ってみては?Mineralの音源は入手困難ですがね!


大好きなLong Beach Dub Allstarsの名古屋公演とモロかぶりしてるんでどちらに行くか検討中、マジ迷います・・・待てよ昨日のブログでも言ったダウンロードフェスもかぶってない?ダウンロードフェスは3月21日、この期間色々かぶるね・・・

そんなダウンロードフェスですが、オーストラリアのメンツを見て思ったのが「Code Orange来るんじゃね~」って!完全に推測ですが、ツアーの日程を見ても今のところ3月21日は空いてるし、オーストラリアが3月11日、ん~ちょっと間が空いてるかな、微妙だな~~~。



小さな箱で見るほうがCode Orangeを満喫できるだろうけど、ダウンロードフェスの会場の1万人キャパであの究極のヘヴィーミュージックを体感したい、




そういえばさ、SlipknotのあたらしいMVってさ、Code Orangeっぽさを感じない、サウンドもどことなく、と思ったらボーカルの TaylorはCode Orange好きを公言しているようですね!最新EP「The Hurt Will Go On」ではCorey普通に参加してますしねwwにしてもMV公開5日間で800万回再生ってすげーなマジで!ハロウィン限定のSlipneckのライブは盛り上がったのだろうか?





スリップノットCoreyの参加曲、


「恐るべき10代」としてデヴューして6年足らずでロードランナーからアルバムだすは、グラミー賞にノミネートされるはビッグバンドとツアーするはと、飛ぶ鳥落とす勢い、数年後はさらにすごいバンドに成長しているんだろうな~、(小並感)



このブログでも何度か紹介しているDisturbia
などともコラボしているAlien Bodyとコラボしたフラッグはいまだに届かないんだけど・・・


Alienbody



Disturbiaのミニショルダーと合わせてCode OrangeのロンTを同時に注文してくれた人もいるんだけど、注文が入ったときは「わかってるな~」と思わずうなずいてしまったよね!Disturbia
、Alien Body、Code Orangeとの関連性に気づく人なんて、ほぼいないだろうけど、こういったこだわりをもってスタイリングする人って、すごい素敵だなって思う!

ダウンロードフェスの第二陣の発表っていつ頃なんだろうか?Code Orangeが来るのだったら検討しようかな!遠征するのも楽しそうだしね!


究極のヘヴィーミュージックといえば、来月にはフィラデルフィア州ペンシルバニアのJesus Pieceがいよいよ来日だよね!しかも以前にも紹介したハードコアのライブ動画でおなじみのhate5sixも来日、Jesus Pieceのツアーに同行するらしい!




あなたのご自慢のフルモッシュも全世界に配信されるってことで気合い入れて参加しましょう!大阪 火影での空間をhate5sixのハイクオリティーな映像で見れると思うと当日はもちろんその後の動画もとても楽しみである。


jesus_piece

今後は日本だけじゃなく世界中飛び回って映像を撮影するようなので世界中のアンダーグラウンドシーンを知ることができるきっかけになる、hate5six素晴らしいね!





来日熱望のCode Orange
だけど KidsがついていたLove is Love // Return to Dust発売当時は10代、それから6年、いまだ20代前半か半ば、末恐ろしいね、来年はアルバムかな?さらに電子音やノイズ部分を増やして実験的なサウンドになるのか?シンプルにヘヴィーを極めていくのか?どちらにせよ楽しみである!リクエストが多い新しいマーチも検討してみるね!



では!

河内野



Download Japan 2019「ダウンロードフェス19」で見たいバンドランキング!!

スピード

「何をするにも1番になれ!」

とは良く耳にする言葉だが全国で過去最高速度280km/hのスピード違反で逮捕というニュースがを目にした、悪い意味で1番になってしまった残念な男である、けどある意味伝説だねwwスピードを求める気持ちはわかるんだけど、「バカだな~~」

と、あきれていたその時遠くから聞こえる大型バイクから発せられるうなるヘヴィーなサウンドが近づき事務所の前で止まったのである、パイセンがツーリングから帰ってきたのであった。そして口からこぼした第一声は「240km/h」まで出たぞ!ココにもいましたスピード狂いが!!!!気持ちはわかるんですけど、「ちょっと、あんた、飛ばしすぎ!」200キロ越えって車でも当然そんなスピード出したことないし、想像もつかない、しいて言えば新幹線並みのスピード・・・・それをバイクで、風圧だけでもすごそうなんだけど、車でもついつい飛ばしたくなるんですよね。



その原因はやはり音楽にもある、スラッシュメタルやクロスオーバースラッシュの疾走感、ブルデスなどでの人間の限界を超えている機械的な高速ドラム、思わずアクセル踏み込んじゃうんですよね。かなりの前に人間離れしたドラミングで話題になった、Slaughterboxは今どうなっているのだろうか?




スピードを飛ばざるを得ないサウンドではあるが危険すぎるので車ではあまりブルデス、テクデスは聴かないようにしているww名曲Slayerの Raining Bloodぐらいが一番好きなドライブでのかっ飛ばしたくなるBGMソング、もちろんこの曲も来年の3月のダウンロードフェスで演奏してくれるであろう。




ファイナルワールドツアーの一環での来日、そうファイナル、最後の最後なのである、僕たちが大好きな数多くのハードコアバンドにも影響を与えたバンド。あなたもスレイヤーファンだよね?

3月のダウンロードフェス、あなたは行く?現在はまだ第一陣しか発表されていないけど行きます?

DOWNLOAD JAPAN 2019


毎年イギリスで3日間に渡り開催される世界有数の巨大ロックフェス、イギリスだけでなく、フランス・スペイン・オーストラリアでも開催されている世界規模なフェスである、第一陣が発表される前のランキング、


DOWNLOAD FESTIVAL JAPAN 2019出演アーティストリクエストランキング

METAL JAPAN参照


も大いに盛り上がったよね!そのランキングを見ると、


15位 TOOL , DISTURBED , ARCH ENEMY(確定)
14位 BULLET FOR MY VALENTINE
13位 AVATAR
12位 FIVE FINGER DEATH PUNCH , RAMMSTEIN
11位 DRAGONFORCE
10位 IRON MAIDEN
9位 GUNS N’ ROSES
8位 SLAYER(確定)
7位 GHOST
6位 AVENGED SEVENFOLD
5位 SLIPKNOT
4位 SYSTEM OF A DOWN
3位 BRING ME THE HORIZON
2位 METALLICA
1位 BABYMETAL


僕たちが好むバンドよりもビッグなバンドばかりなのはランキングなので仕方ないけど、もうちょっとアンダーグラウンドから人気が急上昇しているバンドのリクエストがあってもいいかと思うけど、ランキングだもんね、ダントツで一番だったBABYMETALも興味本位では見てみたい、YUIメタルが脱退というニュースも話題になったよね、やはり個人的にはダントツでSLAYERだな!

SLAYERをヘッドライナーにSLAYERに影響を置けたであろうバンドを集めても面白いイベントになりそうだけど集客できないだろうねww


例えば20年ぶりの音源をドロップしたMorning Againなんてスレイヤー好きは思わず反応してしまうのでは?



「Fury Edge」や「Edge Metal」スタイルを世に広めたレジェンドも間違いなくスレイヤー好きは反応をせざるを得ない!



先日来日した、All Out WarDead End PathXmaroonXSworn Enemy、などなど,妄想したら止まらなくなるんでここら辺で!あなただったらどのバンドをダウンロードフェスで見たい?ぜひ教えてください!


ちなみに、オーストラリアで開催されるダウンロードフェスのメンツはこちら!


ダウンロードフェス

このメンツこのまま日本上陸してもかまわんよ!



海外バンド「4」に対して国産バンド「6」程度の割合になるのだろうか?

あなたが見たい「ダウンロードフェス19」で見たいバンドでぜひ教えてください!※コメント欄に記入してください。

では!河内野