最も売れたポップパンクアルバムは何?そして誰も知らない【ポップパンクバンドを発掘】

ポップパンク

今日は比較的涼しいけどほぼ快晴、ポップパンクが最高に合う天気だね!昨晩は「明日聴くポップパンク、メロディックパンク」を決めようと、CDをかき集め、結局夜中の3時まで迷いに迷い、決めれずにCDに埋もれながら寝落ち・・・・詳しくは覚えてないけど海ではしゃぐ夢を見たww

Millencolin True Brew

MillencolinのTrue Brew

そして起きて出勤前には目をつぶり散らばったパンクアルバムの中に手をねじ込む、つかんだのは、MillencolinのTrue Brew、意外と最近の作品、正直初期~中期のほうが大好きなバンドだけど、名曲True Brewは本当に好きな曲、昔のMillencolinが戻ってきたような、少しアダルトなBad Religionも彷彿させる最高なアルバム!良かったらぜひ聴いてみてください!!

部屋に散らばったパンクアルバム、今晩も寝るのは遅くなりそう、CDの整理ってテンション上がらない!整理途中なのに無駄に再生しては違う方向に・・・あるあるだよね!


一昔前はビルボードでも常連だったポップパンク、ふと何のアルバムが一番売れたんだろうと気になってしまった。

最も売れたポップパンクアルバム、Top10というのがPop Buzzというサイトでアップされていた。

はたしてAvril Lavigneはポップパンクになるのだろうかww

10) Sum 41 – “All Killer, No Filler”, 1000万枚
9) The Offspring – “Americana”, 1000万枚~1100万枚
8) The Offspring – “Smash”, 1100万枚
7) Avril Lavigne – “Under My Skin”, 1200万枚
6) Blink 182 – “Take Off Your Pants And Jacket”, 1400万枚
5) Green Day – “American Idiot”, 1400万枚~1500万枚
4) Blink 182 – “Enema Of The State”, 1500万枚
3) No Doubt – “Tragic Kingdom”, 1600万枚 million
2) Avril Lavigne – “Let Go”, 2000万枚
1) Green Day – “Dookie”, 2000万枚~

それにしても1000万枚ってケタが・・・・・ま~時代でもあるけど、ゴイスーだね!Avril Lavigne以外のアルバムはすべて持っている、中でもいまだに聴くのはBlink 182 – “Enema Of The State” その中のAll The Small Thingsのビデオはいつ見ても爆笑してしまうwwこれぞポップパンクビデオ部門だと間違いなくNo.1、フルチンで走るWhat’s My Age Again?も名作ビデオだけど、All The Small Thingsだね!

先日のアグノ来日でハードコアブームだったんだけど、現在はポップパンク、メロディックがマイブーム、それはのせい!まだ夏ではないけどね!暖かくて最高の天気、間違いなく一番合う音楽はポップパンク、メロディックでしょう!!!



そういえば、去年の11月の少し古いランクだけど、50 Greatest Pop-Punk Albumsってのもあったよね!

50. Discount, Half-Fiction (1997)
49. RVIVR, RVIVR (2010)
48. 5 Seconds of Summer, 5 Seconds of Summer (2014)
47. Joyce Manor, Never Hungover Again (2014)
46. Good Charlotte, Good Charlotte (2000)
45. All, Breaking Things (1993)
44. The Distillers, Sing Sing Death House (2002)
43. The Ataris, Blue Skies, Broken Hearts … Next 12 Exits (1999)
42. Lagwagon, Let’s Talk About Feelings (1998)
41. The Wonder Years, The Greatest Generation (2013)
40. Bouncing Souls, Hopeless Romantic (1999)
39. Screeching Weasel, My Brain Hurts (1991)
38. Yellowcard, Ocean Avenue (2003)
37. The Undertones, The Undertones (1979)
36. Saves the Day, Through Being Cool (1999)
35. Pennywise, Unknown Road (1993)
34. The Ergs!, dorkrockcorkrod (2004)
33. Simple Plan, No Pads, No Helmets … Just Balls (2002)
32. Lifetime, Jersey’s Best Dancers (1997)
31. Tsunami Bomb, The Ultimate Escape (2002)
30. AFI, The Art of Drowning (2000)
29. Green Day, Kerplunk (1991)
28. The Damned, Machine Gun Etiquette (1979)
27. MxPx, Life in General (1996)
26. The Jam, Snap! (1983)
25. Jimmy Eat World, Bleed American (2001)
24. Stiff Little Fingers, Inflammable Material (1979)
23. Alkaline Trio, From Here To Infirmary (2001)
22. The Rezillos, Can’t Stand the Rezillos (1978)
21. Operation Ivy, Operation Ivy (1991)
20. All Time Low, So Wrong, It’s Right (2007)
19. Good Charlotte, The Young and the Hopeless (2002)
18. Bad Religion, Stranger Than Fiction (1994)
17. Rancid, …And Out Come the Wolves (1995)
16. Green Day, American Idiot (2004)
15. Sum-41, All Killer No Filler (2001)
14. New Found Glory, New Found Glory (2000)
13. The Offspring, Smash (1994)
12. Jawbreaker, 24 Hour Revenge Therapy (1994)
11. NOFX, Punk in Drublic (1994)
10. Misfits, Walk Among Us (1982)
9. Paramore, Riot! (2007)
8. Blink-182, Dude Ranch (1997)
7. Generation X, Generation X (1978)
6. Buzzcocks, Singles Going Steady (1979)
5. Fall Out Boy, Take This to Your Grave (2003)
4. Descendents, Milo Goes to College (1982)
3. The Ramones, Rocket to Russia (1977)
2. Blink-182, Enema of the State (1999)
1. Green Day, Dookie (1994)

     

The Wonder Years

The Wonder Years-The Greatest Generation
         
Blink-182, Enema of the Stateよりも聴いている音源は間違いなくNOFX, Punk in Drublicだね、パンクバンドのレジェンド達がいる中、僕たちが愛するThe Wonder Years, The Greatest Generation (2013)がランクインしてるってマジですごいことだよね!ま、2014年までに発売されたアルバムの中から選ばれているから2018年現在だったら現行で活躍するState champsStory So FarNeck Deep、のアルバムもランクインしそうな気もするね!

State Champs も収録されている、Warped Tour2018のコンピレーションもマジで楽しみである!発売は6月後半、あと1ヶ月だね!最後のワープドツアーが開催されるのも6月後半から、実際には行けないからYoutubeのライブ配信で楽しみます!!だれか行く人いる?

ワープドツアーのホームページにも記載されているラインナップを見るだけでも最高に楽しい時間が過ごせるんだけど、まさかのFenix TXの名が、ボーカルの病気などあり15年ぶりに発売されたCre.Epは最高でした、相変わらずいい声してますよね~!


そうそう、現在Neck Deepイベント開催中なんで、そちらもチェックしてね!

ネックディープ

ワープドツアー18のラインナップはこちらから、最下部にあるローカルアーティストからやばいバンドを見つけるのもありだね!!ポップパンクやメロディックに限らずポストハードコア、メタルコア、デスコア、メタル、ハードコア、たくさんの無名なバンドも参戦、未来のスターを発掘せよ!!

ロスのポップパンク・メロディックバンド!Crash Overcast




ピッツバーグ産、Four Chord Music所属のEternal Boy




ニューヨークはブルックリン産のパンクバンドFat Heaven




リッチモンド産イージーコア/ポップパンクバンドFlight Club




ロサンゼルス産、Neck DeepのベーシストFilがマネージメントをしているポップパンク/ポップロックバンドGardenside




ポートランド産、Common Ground Records所属のドリームパンクバンドGlacier Veins




ロングアイランド産、CI Records所属メロディックパンクバンドGutterLIFE




ニューヨーク産、パンクロックバンドKNUCKLEHEAD




ニューヨーク産、ポップパンクバンドLocals Only




ハンティントンビーチ産Hostage Records所属のパンクロックバンドLOVE CANAL




オレンジカウンティ産We Are Triumphant所属のポップパンク/ロックバンドSincerely, Me




ボルチモア産Common Ground Records所属のポップパンクバンドSomething More




ミシガン産、Anchor Eighty Four Records所属のポップパンクバンドSouthpaw




ロス産、メロディックパンク/ハードコアStandard Issue




ポップパンク/オルタナティブロックバンドStay Loud




ノースカロライナ産Adventure Cat Records所属のポップパンクバンドSummer Wars(トトさんもおすすめのバンドですね!)




アリゾナ産、Outerloop Records所属のエモーティブパンクバンドSundressed




ワシントン産、Altercation Records所属のパンクバンドThe Split Seconds




イギリスはウェールズ産、ポップパンクバンドWho Saves The Hero?






ローカルバンドにポジでも人気のWe Were SharksCarousel Kingsがいるのも違和感ありましたが無名でもハイセンスなバンドがたくさんいますね!その中でもあなたが気に入ったバンドはいましたか?僕はイージーコア寄りのFlight Clubにボーカルのシャウト交じりな歌い方が特徴なLocals Onlyにヤラれましたね!!!今回はポップパンク、メロディくバンドだけ集めてみましたがポストハードコア、ハードコア、デスコア、やばいバンドいっぱいいましたよ!ぜひネクストブレイクかも?な新しいバンド発掘してみてください!


ポップパンクといえば現在Neck Deepイベント開催中なんで、そちらもチェックしてね!

ネックディープ

NECK DEEPのだれが何と言おうと歴史に残る名盤「The Peace & The Panic Red」のカセットテープのプレゼントは明日5月22日火曜日夜9時までね!!

では!!

「ガキが聴く音楽」それがポップパンクだと?!ふざけんな!!

ポップパンク

今日は30℃の夏日けど土曜は15℃ってKnocked Looseのゴリッゴリにヘヴィなビートダウンよりも落としてくるね~気温がね、体調には気を付けてね!!


やはりポップパンクがこの時期にはもってこいなんだが、あなたはどの音源がお気に入り?

現行ポップパンクの王座に降臨するNeck Deepのオーストラリアツアーを一緒に回るバンドがかっこいい!

Neck Deep



昨日のブログでコメントしてくれたトトさんに教えてもらったオージー産のポップパンクバンドBetween You & Me






Rude RecordsからリリースされたデビューEP「Sidewinder」で少し話題になったオージーポップパンクStand Atlanticも最高!女性ヴォーカルってのも珍しんですが、なんせメロディーがズバ抜けて最高!!ほんでもって歌が上手い!!

ハードコアなどに比べると全然ディグできていないからポップパンクバンドの音源をガンガン掘り下げていくぜ!昨日も言ったけどヤッベーバンドいたら教えてくれてかまわんよ!

最高のな気分でポップパンクバンドを紹介しているのに、その思いを踏みにじる一言を友人に言われマジむかついたんですよね!

パンク?ガキが聴く音楽じゃね?

はらわた煮えかえるほどに腹が立った、ま、僕は永遠にガキな30代後半ですがww



その友人はもう激しい音楽をドロップアウトしてるし、ハウスやヒップホップを好んで聴いている感じ、ハウスというジャンルはいまいちわからないがヒップホップだってバトルから火が付き今ではガキがあふれているじゃない。


ポップパンクだってヒップホップだって同じ、若い子も聴くし僕みたいな30代でも好んで聴く、ポップパンクの何を知っているんだと、聴かずして批判的に判断するヤツってマジで害でしかない。


とことんポップで爽快なバンドから渋さのあるバンド、アートなバンドだっている、高校時代にNOFXBlink182で盛り上がった彼はもうそこにはいなかった。


その友人とヒップホップの話をしても最近のトラップなトラックにのせて言葉数く少なくラップするようなアーティストしか知らないし、トラップはアメリカ南部アトランタ発祥のヒップホップってことすらしらない、マジで浅いんですよね!詳しけりゃよいってもんでもないけど、好きなら掘り下げるじゃん?それが皆無!



本当に音楽が好きなのか?話していても疑問に思う、ただ「ハウスやヒップホップ聴いてる俺かっけー!」的なヤツであることは間違いないwww相手にしなければよいんだけど、マジむかつきました。


てかヒップホップ自体がアメリカ音楽の主流、ポップミュージックになっているわけじゃん?ビルボードチャート見ても8割ヒップホップじゃない?



ポップパンクは名前にポップとつくけど、ビルボードに常連なわけでもないし、Neck Deepは異例だったけどwwヒップホップのほうがアメリカではポップな主流音楽ってことが言いたかっただけ。


何処に行ってもこういうヤツはいる、逆のパターンもあるよね、「ヒップホップ?何それYo! Yo! チェケラッチョ!クソだね!男はパンクでしょ!」とかいうヤツ、幾度となくそういうヤカラに会ってきましたが・・・「パンクしか聴かない!」それはそれでかっこいいけど、もったいないなとも思う、

わざわざ、けなさなくてもよいでしょ!



聴かないなら聴かない、「それでえ~やん」ってことです!主張が明らかに間違っている非道徳的なリリックとかならわかるけど、ジャンル含めてはね・・・



その友人決して根は悪い奴じゃないんです、けど一生音楽の話はしないだろうね・・・・・



流行のトラップサウンドにラップとポップパンクという油に水を注いだら上手く混ざっちゃった的な激やヤバなアーティストlil aaronだっているわけで、





ポップパンクとヒップホップの距離感を縮めてくれるBlink-182のドラマーのトラビスが参加ってのもいいよね!


ちなみにこのlil aaronってアーティスト、Warped Tourって曲も出してるんで良かったらチェックを!




話が脱線しすぎたwwwマジむかついた話でした!ポップパンク聴いて心も晴れやか爽快になろっと!!!


そうそう、代表的なポップバンドからまだまだマイナーなバンドまでニューリリースを控えているのは知ってる?!では早速紹介していきましょう!


Trash Boat

Trash Boat 「Crown Shyness」

Hopeless Recordsから7月半ばにアルバム「Crown Shyness」を発売するUK,セント・オールバンズ産ポップパンクバンド、Trash Boat!!!

は、は、激しい・・・・オールドスクールハードコア、モダンオールドスクールハードコア、メロディックハードコアまでも虜にしてしまいそうなポップパンクといっていいのだろうか?にしても最高にクールである!!






The Home Team

The Home Team 「Better Off」

Revival Recordings所属、ワシントンはシアトル産のポップパンクバンド、6月後半に待望のフルアルバム「Better Off」が発売のThe Home Team!!

ジャケットは90’sなメロディックハードコアを連想するがサウンドはまさに旬な爽快でありながらエモーショナルなポップパンクサンド、もしかしたら一気にブレイクするかもね!






The Plot In You

Homesafe 「ONE」

Pure Noise Recordsってことでみんなの期待高まるイリノイはオークローン産のエモーショナル・ポップ・パンクバンド、Homesafe!!

アルバム「ONE」は6月後半に発売!!

ポップパンクのニュースターが登場するときのような期待感、サウンドのセンス、曲の終わらせ方好き♡レベル高くない?!!!マジやばいね!!






State Champs

State Champs 「Living Proof」

ポップパンクバンド好きで知らない奴はいない、ストレートでありまさに王道中の王道ポップパンクスタイルState Champsのニューアルバム「Living Proof」がついに6月半ばにドロップ!!!!

新曲も文句なしの100点満点!この夏一番聴きそうな予感がしている、ワクワクが止まらない!!ジャケットアートも最高、すべて最高!全曲聞いてないのにこの安心感、さすがステチャンです!






2018の夏も最高になりそうだ!

今日の帰り道は何聴いて帰ろうかな・・・・太陽が沈んた後の夏にThe Menzingersなんかもイイヨね~!



・寝起きに聴きたいメロディック/ポップパンクアルバム
・灼熱の日差しを浴びながら聴きたいメロディック/ポップパンクアルバム
・BBQしながら聴きたいメロディック/ポップパンクアルバム
・夕暮れ時の帰り道に聴きたいメロディック/ポップパンクアルバム
・ビーチで聴きたいメロディック/ポップパンクアルバム
・首都高でぶっ飛ばしながら聴きたいメロディック/ポップパンクアルバム


などなどシチュエーションごとで聴きたいアルバムなんかを特集しても楽しいかな!ポップパンクやメロディックも幅広いもんね!

河内野




追伸:
スウェーデン・メロディックパンクの重鎮No Fun At Allの新譜がやばすぎるんでポップパンクファンもぜひ!Satanic Surfersの新譜も楽しみだな!

ケラングアワード2016、各部門に受賞したアーティストたちはイケてる?


以前のブログでも紹介した英国ロック雑誌ケラングアワード2016の結果が発表されたようだ!

ケラングアワード2016、各部門に受賞したアーティストを見ていこう!




■特別功労賞■
Deftones デフトーンズ

流石だね!アメリカだけじゃなく英国でもデフトーンズの人気は不動のものだね!




■ケラング・レジェンド賞■
Iron Maiden アイアン・メイデン

さすがのレジェンド、メイデン様!!ツアーポスターが怖すぎてリトアニアでは使用禁止になったようだね!宗教的なこともあるのかな?デスコやブルデスのぐろすぎるデザインも見慣れているからなんとも思わないんだけどww

普通だよねww




■ケラング・ヒーロー賞■
Thin Lizzy シン・リジィ

まさにヒーロー!ニューウェーブやメタルにも影響を与えたんじゃないかな?ごめん、そこまで知らない!!




■アイコン賞■
blink-182 ブリンク182

まさにメロディックパンクのアイコン的な存在、もすぐアルバム発売!楽しみすぎる!新曲もさすがのブリンクって感じだけどトムの声が聞けないのはさみしい…




■パンク精神で賞■
Frank Carter フランクカーター

英国ではパンクやハードコア・シーンのアイコンでもある元ギャロウズのフランク・カーター 、彼のスタイリングが好きだ!

英国ならではのスタイルングは参考になるよ!




■ベスト・イベントで賞■
You Me At Six – The Ghost Inside Benefit Show ゴーストインサイド・ベネフィットショー

僕も投票したとおりThe Ghost Inside Benefit Showが選ばれて嬉しい!大怪我をしたアンドリューも新たにドラムセットで練習している動画をまた公開したね!いつもすごい勇気をもらってます!




■ベスト英国バンド賞■
Asking Alexandria アスキング・アレクサンドリア

ダニーが脱退してかなり心配だったけど新しいアルバムThe Black最高だったよね!ダニーとベンはいまだにもめているけど、どっちもづきだから複雑な気持ち….

Asking Alexandria – Here I Am (Official Music Video)




■英国ニューカマー賞■
Creeper クリーパー

メンバーはブラックなスタイルでメタルやゴスいイメージがあるがサウンドは正統派なパンクロックバンド、Alkaline Trioが好きなら
間違いないね!Roadrunner Recordsと契約するくらいだからブレイクは確実だね!

Creeper – Astral Projection (Official Video)




■インターナショナル・ニューカマー賞■
Cane Hill ケーン・ヒル

ニューメタルコアが本格的に主流になりつつあるねRiseから7月に発売される音源も待ちきれない!IssuesのDJ がフィーチャーした理と話題性も抜群、ブレイクは間違いなし!

Cane Hill – True Love




■ベスト・トラックで賞■
All Time Low – Missing You オール・タイム・ロー

All Time Low – Missing You

爽やか~~~な名曲、良いんだけど、個人的にはもう少しエッジが欲しいかな、にしても良い曲だ、夏の夕暮れに沈む夕日を見ながら片手にカクテルをもちたそがれたい!




■ベストライブバンド賞■
BABYMETAL ベビーメタル

すごいね、世界で人気だね、可愛い子たちが全力で踊って動いて歌って、そりゃ応援したくなるはな!もちろん曲も良いし….AP Music Awards 2016ではメタルゴッドとのコラボ!凄すぎるぜ!

BabyMetal (Part2/2)- Fortarock Nijmegen (NL) 2016-June-05




■ベストアルバムで賞■
No Devotion – Permanence ノー・ディヴォーション

Thursday のGeoff RicklやLostprophets の元メンバーのバンドだってわからないほどサウンドには面影はないけど、これが最高に完成度の高いインディーロックなサウンド、UKの人気バンドと比べても勝ってんじゃね~ってくらい最高のアルバムだね!

No Devotion – Permanent Sunlight (Official Music Video)




■ベスト・インターナショナル・バンド賞■
A Day To Remember ア・デイ・トゥ・リメンバー

流石だね、8月発売のアルバムも楽しみ、新作もチャートを賑わすんだろうな~!

A Day To Remember – Bad Vibrations [OFFICIAL VIDEO]




■ベスト・ファンベース賞■
Twenty One Pilots

ライトオンのCMで使われていた曲 Guns For Handsは恥ずかしながら韓流のグループの曲かと思っていたけど妙にメロディーが
頭から離れない、フルで聴いたら最高じゃない!ってかんじで彼らを知ったんです。ブルハのヒロト並みの病的なカリスマ性を感じる、しっかりアルバムを聞いてみよっと!

あとの賞はこんな感じ!

■BEST FILM■
Deadpool

■BEST TV SHOW■
Making A Murderer

■BEST RADIO SHOW■
Nights With Alice Cooper – Planet Rock

■BEST VIDEO GAME■
Rise Of The Tomb Raider

■BEST COMICBOOK■
The Wicked + The Divine

■BEST FESTIVAL■
Bloodstock

■BEST COMEDIAN
Amy Schumer

■TWEETER OF THE YEAR
Hayley Williams

デッドプール見たい!!

英国ロック雑誌ケラングアワード2016の結果でした。

あなたはこの結果どう思う?納得?それとも…..

アメリカとはまた違ったUKらしい結果になっているんじゃないかと、にしてももっともっと細分化して、いろいろな雑誌とコラボして、いろいろなジャンルの項目も作って欲しい、ユーロビートダウンやオールドスクール、ハードコア部門があったらもっと盛り上がるのに!

ベストマーチャンダイズ大賞
ベストフォト大賞
ワーストアルバム大賞
おバカビデオクリップ大賞
最高なのになんで人気がでないので賞

なんてあったら面白くない?

ま、UKで今何が熱いの革すごく分かった、にしてもCane Hillの注目度はすごいね!2017年も楽しみだ!

最後は勝手に選んだビートダウン大賞!xVICIOUSxでお別れです!

xVICIOUSx – BEG FOR LIFE (Official Music Video)

人気のPUNK GOESシリーズ最新版、『Punk Goes 8​-​Bit』が全曲無料でダウンロード可能に

1

人気のPUNK GOESシリーズの最新版、Punk Goes 8​-​Bit12曲が無料でダウンロードできるよ。

  1. Strung Out – Too Close To See (8-Bit) 02:50
  2. Blink 182 – Lemmings (8-Bit) 02:28
  3. Less Than Jake – 9th At Pine (8-Bit) 01:51
  4. Pennywise – Land of the Free (8-Bit) 02:25
  5. Face To Face – Icons (8-Bit) 03:18
  6. No Use For A Name – Justified Black Eye (8-Bit) 02:37
  7. Pulley – Gone (8-Bit) 02:12
  8. The Queers – Tamara Is a Punk (8-Bit) 01:49
  9. MxPx – My Mom Still Cleans My Room (8-Bit) 02:57
  10. The Offspring – No Brakes (8-Bit) 01:59
  11. Lagwagon – Know It All (8-Bit) 02:22
  12. NOFX – We Ain’t Shit (8-Bit) 03:04

ダウンロードはここをクリック。Buy Nowをクリックしたら金額を入力するところに「0」と入力してDownload Nowをクリック。お金を払ってもいいという人は寄付も可能です。

2

原曲と聴き比べても楽しいよ。ファミコンや着メロが流行った時を思い出すね。懐かしくもあたらしい。これらの8-bitサウンドを聞いてきたキッズたちはもう頭の中に8-bitサウンドが組み込まれているんだろうな。

そんなキッズたちが大きくなってニンテンドーコア、ピコリーモ、エレクトロを取り入れたバンドを結成していったんじゃないかな。原点はファミコンサウンドにあった!!

ファミコンが進化しゲーム音楽も進化して来たんだけど最近のバンドを聞くとゲーム音楽波の壮大さを感じれるバンドもいるよね。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

The Faceless – Ten Billion Years を聞いていても壮大な宇宙を舞台にしたゲームをやっているかのようなストーリーを感じさせてくれる。そう思うと激音もかなり進化してきているんだな~なんて感じてしまった。

The Facelessが所属するスメリアンレコードってそういったバンドが多いよね。そんなスメリアンレコード所属のボーン・オブ・オシリスの両面ポスターをいま期間限定でプレゼント中です。9月22日(日)夜9まで。今すぐここをクリックしてください

スメリアンレコード所属のボーン・オブ・オシリスのポスターをプレゼント中

河内野