もうすぐアルバム発売のカオティックでメタリックなハードコアバンド「END」のメンツが鬼イカツイ件!

END


「Stay Homeしてますか?」流行ってるからちょっと言いたかっただけ・・・今朝も早起きして普段しない部屋の隅々までお掃除、その時のBGMは6月の来日は決まっているもののちょっと怪しくなってきたAmerican Football、そんな彼らのStay Homeという曲があるのは知ってるよね!





なんとなく予想していたAmerican Footballファンも多いんじゃないかな?ちょうど昨日Stay Homeのホームセッション動画が公開されたね!





20度を超える心地の良い気温、American Footballの癒しサウンド、癒されすぎて掃除中に2度寝、夢を見ながらもAmerican Footballの心地よいサウンドに癒されながらふと目を開けると2時間が経過・・・・・・大遅刻決定


終わった・・・・


終・・・・


オワリ・・・・


ジ・エンド・・・・


エンド・・・・


END



という強引すぎる流れでw「END」のアルバムが6月に発売されるってよ!



END


初のフルレングス、デヴューアルバムとなるこの「SPLINTERS FROM AN EVER-CHANGING FACE」相変わらず不気味な油絵タッチな絵画デザインが最高です!


END

このENDですが前作ep「From The Unforgiving Arms of God」がとてつもなく人気で話題になったのも記憶に新しいよね!ポジでもそこまで取り上げてこなかったにもかかわらず定期的にマーチが売れ続けているバンド、大概宣伝もなしにマーチが売れるづけるバンドっているんだけど、そんなバンドたちとは違って知名度があるわけでもなく・・・・じゃあ、なぜマーチが売れ続けていたのか?その理由は簡単!サウンドが異常にかっこよいからである!




ヘヴィーで極厚なカオティックなハードコア、90’sなメタルコアバンドのサウンドにも通づる部分があるね、カオスが渦巻くヘヴィネスサウンド、主流なデスメタリックなバンドも近年大人気だけどまた少しベクトルが違う無二なカオスな世界観があると思うんだ、間違いなくLPで購入するほど楽しみな音源!



その理由以外だとやはりアベンジャーズ並みの豪華なメンバーたちこのメンバーだからこそのハイクオリティーなサウンドに仕上がっているわけだけどそれにしても

メンバー豪華すぎやしませんか?

Counterparts

ボーカルは現行の叙情派ハードコア代表格といっても過言ではないCounterpartsBrendan Murphyその実力は誰しもが知ってるよね?去年の来日、Blood Axe FestではVarialsのボーカルを担当したのも話題になったけどカウパーよりも獣感強いスクリームでヘヴィーすぎるサウンドに全く埋もれることのない素晴らしいボーカルだね!当然ステージングも素晴らしい最高なヴォーカリスト!



Misery Signals

ギターには叙情派ニュースクール・メタルコア、破壊的で美しくテクニカルなMisery SignalsGregory Thomas!元Misery Signalsだね!Silver Bullet Studiosも経営している、MSのAbsent LightからShai HuludにConveyer、Life In Your Wayなどなどの作品も、自身のENDもこのSilver Bullet Studiosで生み出されている!叙情派の重要人物である!



Reign Supreme

Blacklistedのギターであり個人的にも超大好きなReign Supremeではボーカル、そしてENDではベースを担当しているのが多彩なJay Pepito、Reign Supreme復活してくれないかな・・・・来日公演からもう10年経つんだね、Jay Pepitoは見た目変わらないね!彼はマジでオシャレなんでインスタフォローしよいたほうがいいよ!




Trade Wind

Structuresや、記憶にも新しいTrade Wind、Stick To Your GunsやStray From The Pathのメンバーもいるバンドだね、そんなTrade WindでもENDでもドラムをたたくのはイケメンAndrew McEnaneyである!変則的で複雑な展開するStructuresに至ってだけでもう安心感がパナイよね!ENDではさらに力強いタフなドラミングが聴けますね!ジャンルは違うけど彼も所属するSextapeってバンドも要チェック!




Fit For An Autopsy

大好きなビートダウンShattered Realmのメンバーも在籍する超重量級デスコア、Fit For An AutopsyのWill PutneyがENDではギターを担当!桁違いの攻撃力、引きずるような破壊的ビートダウン、ハードコア好きの中でも大好きな人も多いであろうFit For An AutopsyのギターだものENDでもその破壊的なヘビーで図太いギターサウンドが聴けます!敏腕プロデューサーとしても有名なWill Putneyだもの音質は最強クラス!




Will Putneyがとてつもない敏腕プロデューサーってとこで彼がプロデュースした作品は自身のFit For An AutopsyやENDはもちろん、歳ほど紹介したENDではベースを担当したJay Pepitoがボーカルを務めるReign SupremeCounterpartsEvery Time I DieKnocked LooseTERRORVEINからThy Art Is MurderAfter The BurialにBody Countについ先日リリースされたばかりのFour Year StrongのBrain Painとかね、もうやばい作品がありすぎて紹介しきれません!!!!SpotifyにWill Putneyが手掛けた作品のプレイリストがあったんでぜひチェックを!売れっ子プロデューサーWill Yipとは違うからね!

Will Putneyのプロデュース作品をもっと詳しく見たい人はここをクリックしてチェックしてみてくださいお!




ENDのメンバーがマジパナイっってのが分かりましたか?




フルレングスが6月に発売で、彼らが所属しているバンドを越えてしまうほどに人気が出る可能性もありますね!ENDは2020年の最重要バンドの一つってのはマチガイナイ!要チェックです!



冒頭でも言ったけど、油絵の絵画のようなアートワーク、最高ですよね?このアートワークを手掛けているのがAdam Burkeという人物、見るからに変態的な絵が得意そうだ・・・

Adam Burke

ENDのepも彼の作品、アーティストのアルバムデザインが専門ではないようだ、彼のサイトで紹介されている作品は実際には存在しない大自然からSF、ホラーと幅広く見ているとその絵画の世界に吸い込まれるような錯覚を覚える。




「最も単純な瞬間の驚くべき複雑さを探求したい。」


「人間の階級意識や美の観念を打ち破り・・・絵の無限の探求を通して表現される美しさを自分なりに再定義したい」


という彼の言葉がとても印象的である。Adam Burkeの作品はこちらをクリック


プログレッシヴ・SF・スラッシュ・メタルVEKTORのデザインもAdam Burkeだったんだね!気になってたからすっきりした(*ノωノ)
VEKTOR




メンバー最強、サウンド最強、アートワーク最強、そしてマーチも最強!マーチは売り切れ再販をハイペースで繰り返しているんだけど廃盤になったあアイテムもちらほら、そしてアルバム発売が決定し新たに4アイテムがご降臨されましたよ!中でも速攻でポチってしまったのがコレ!




見た目の恐ろしさよりも内面に響く闇な極上アート作品!Epやアルバムのアートワークと同じく油絵的でありながらも黒々とした肌はエナメルな質感で描かれる、目や口から滴れる液体、さりげなく落とし込んだバンドロゴなど2020年のアート作品ではTop3に食い込んできそうな芸術アイテムだ!見る者の記憶に残る傑作デザイン!つい先ほどから取り扱い開始したんでチェックを!コロナの影響もあり少し遅れて入荷するけど「待てる!」ってあなたは今すぐにお手続きしといてくださいね!



END

では!


河内野







追伸:
まだちょこちょこ参加してくれている、ハイテンションになれる曲のアンケート!参加ありがとね!まだ聴いてないって人は下記のプレイリストから!現時点でちょうど100曲です!

グラミー賞?何それ!僕らはへヴィーミュージックアワードでしょう!「あなたも投票しよう!」

Vote

僕の住むド田舎でも駅前からは人が消えつつある、例のコロナの影響である、小学生、中学生、高校生達は学校が休み、うらやましい!!


と言っても、この休み学生たちはどんな過ごし方をしているのだろうか?ゲーム、アニメに漫画、僕が学生なら1日中音源をディグるか、持っているマーチをたたみ直したり眺めたりするんだろうな・・・・「つまらなさそうって?」いやいやこれこそ至高!最高なぜいたく、ライブにも参戦したいんだけど、こんな状況だしね!ライブ情報も日々更新されてるんだけど、



新たに発表されたのが・・・・


Further Seems Forever Japan Tour 2020



Further Seems Forever Japan Tour 2020


青春を共に歩んできた個人的にも思い入れのあるエモバンド、Further Seems Forever、クリスチャンニュースクール、叙情派ニュースクールのレジェンドでもあるStrongarmのメンバーが結成したエモバンドですよね!




日程は東京の2日間のみ、関西がないのはとても残念・・・


■5月28日(木)東京 渋谷WOMB
■5月29日(金)東京 渋谷WOMB


招聘元:https://twitter.com/waverwaver




04年に発売のファーストアルバム「Moon is Down」は本当に良く聴いた一枚、Dashboad Confessionalを始める前のクリスがボーカルを務めていた一枚でこれもSTMで購入したね、アートワークからしてもうエモの名作の風格があるでしょ?マジ名作なのでエモ好きは聴いてみてね!







今回の来日ではこちらも名作であるセカンドアルバム「How to Start a Fire」でボーカルを務めたジェイソン、Gt:デリック・コルドバ、Gt:ジョシュ・ディアス、Bass:チャド・ネプチューン、Drums:スティーブ・クレイサスで構成されるそうだ、
甘酸っぱいクリスよりも力強い声質ジェイソンのほうが好きって人も多いですよね!ヴォーカルがしょっちゅう変わっていたバンドなんだけど今は亡きSense Fieldのジョンが務めたアルバム「Hide Nothing」も好き、クリスが復活したアルバムも好き!というか全部好きwww








にしても、今回発表されたFurther Seems Forever、6月初旬にやってくるAmerican Football、5月初旬はSave The Dayエモがハンパなく盛り上がっているね!




盛り上がっているといえば17年から開催されている、まさに僕たちのためのようなアワード、Heavy Music Awardsが投票を受け付けている!数百人の業界関係者で構成される委員会が最終候補者をノミネートし、一般の投票で結果が出るというHeavy Music Awards、


17年のベストアルバムにはArchitectsの「ALL OUR GODS HAVE ABANDONED US」、18年はWhile She Sleepsの「YOU ARE WE」去年の19年はArchitectsの「HOLY HELL」という結果だった。


ベストアルバムだけじゃなくて、


■BEST UK BAND
■BEST INTERNATIONAL BAND
■BEST LIVE BAND
■BEST UK BREAKTHROUGH BAND
■BEST INTERNATIONAL BREAKTHROUGH BAND
■BEST ALBUM ARTWORK
■BEST VIDEO
■BEST FESTIVAL
■BEST PHOTOGRAPHER
■BEST PRODUCER


写真家やプロデューサー、アートワークがあるのが最高です、では2020年にノミネートされたアーティストや作品を見て、「僕ならだれに投票するか?」に付き合ってくださいwww







ベストアルバム


ベストアルバム部門では、Dinosaur Pile-Upに投票!フジロックに出演で知ったバンドなんだけど、現行のオルタナ、グランジバンドでは群を抜いて好きなバンド!









Employed To Serve


ベスト・UKバンドでは、Employed To Serveと迷ったんだけどVenom Prisonに投票だね!Wolf Downでも活躍していたLarissa嬢、擁するUKのハードコアやグラインドコアな要素も巧みに混ぜ込んだデス・メタルバンド、アルバム「SAMSARA」でブレイクしたね!







インタラプターズ


ベスト・インターナショナルバンドにもご存知のバンドばかり、僕はThe Interruptersに投票!歴史上のスカパンクの名盤10選にもマチガイナク選出されるであろう傑作Fight the Good Fightは一生聴き続けるだろうね!Bad Guyのカヴァーも最高でした!!







Brutus


大御所や有名バンドに交じってBrutusってマジうれしい!19年度のTop10にも選ばせてもらった大好きなバンド、Brutusに投票!雑誌のほうが有名だけど、Brutusといえばバンドっていう日も近いだろうね、ネクストブレイク間違いなし!







Higer power


ベスト・UK・ブレイクスルー・バンドには個人的に好きなバンドが多い!ハードコア・バンドITHACAやニューメタル、グルーヴメタルのLotus Eater その中でも僕はHiger powerに投票!!ハードコアのオルタナ化が増えてきた近年の中でも完全にネクストレベルに到達しているバンド、ロードランナーから発売された27 Miles Underwaterも今後語り継がれる名作だ!







DH20200204078


SKYNDやThe HUは勉強不足で知らなかったけど良きアーティストだね、Jesus Pieceと言いたいところだけど、ここではPolarisに投票!オージーメタルコアこの手のメタルコアバンドの中では大好きなバンド、なんせクオリティーが異常なほど高すぎる、前作があまりも最強だったんで若干心配だったんですが「Death Of Me」も極上なブツになっております!







DH20200204079



ベスト・アルバム・アートワークではBaronessと迷ったんですがオールドデスのBlood Incantationの「HIDDEN HISTORY OF THE HUMAN RACE」のアートワークに投票!このアートワークのシャツとロングスリーブ入手したくらいに好きなアートワーク、サウンドも、もちろんね!デスとSF、配色も最高なアート作品!







Poppy

ベスト・ビデオには記憶に残る映像作品が多く登場しますが、Poppyに投票!Kawaiiコアの第二の波とか言われていますが、Sumerian所属ってこととヘヴィーなインダストリアルとポップが融合したサウンドは病みつきになります!







DH20200204081

ベストフェスティバルは・・・・どれも参加したことないんで・・・・でも良く聴くフェスばかり、行けるならアンダーグラウンドでアートと一体化したRoadburnフェスに行きたいね!







DH20200204082


ベスト・フォトグラファーですがこちらもよくわからないんですが彼ら彼女らがいるから海外のライブやフェスの写真が観れるわけで感謝しないといけないね!一人一人のフォトしっかりチェックしてみます!







DH20200204083


ベスト・プロデューサーにはHolding AbsenceやSleep TokenにLoateそしてHe Is Legendの作品などなどをプロデュースしたGeorge Leverに投票させていただきました!








という感じで楽しく参加させていただきました!アーティストの画像をクリックして、最後にメールアドレスと名前を入力するだけ!1分ほどで投票できるから、あなたもぜひ参加してみてください!結果がでたらまたブログで紹介するね!

「投票してもいいよ!」って人はこちらをクリック!

https://vote.heavymusicawards.com/参照

レッツvote!!!


では!!


河内野

【19年-年間ベスト】「サトウさん」が選んだ「最強な10枚」【5発目】

2019-12-24000.0



あと6日で2019が終焉を迎える!本日はクリスマス?クリスマスイブ?どっちなのかわからないくらいにクリスマスには縁のないワタクシですが、今宵は「聖なる夜」ではなく「性なる夜」・・・


カップル共が街にあふれかえっている、そしてラブホ前の道路は鬼込みなのである!そんなリア充どもを蹴散らす10枚が本日届いたんで僕はこのブログを読んでくれている「あなたが笑ってくれるなら悪にでもなる~♪」(空と君のあいだに)の一節である!



では早速行ってみましょう!「2019年度最強の10枚」第5回目!!

ore10005




19年度あなたが選んだ「最強の10枚」を教えて!「サトウ」さんヴァージョンNo.05





1枚目:Shokran – Ethereal

Shokran Ethereal

中東風要素は抑え気味になったがクオリティはそのまま。





2枚目:Rings Of Saturn – Gidim

Rings Of Saturn / Gidim

もはや人間を超えてるエイリアンコアの更なる挑戦。





3枚目:Born Of Osiris – The Simulation

Born Of Osiris / The Simulation

進化し続けるSumerianモンスター。





4枚目:Infant Annihilator – The Battle Of Yaldabaoth

Infant Annihilator / The Battle Of Yaldabaoth

デスコアはおろかエクストリームメタルの最先端。





5枚目:Enterprise Earth – Luciferous

Enterprise Earth / Luciferous

デスコア界の声量おばけDan Watsonのボーカルは価値あり。





6枚目:Whitechapel – The Valley

Whitechapel/The Valley

デスコアを超えたデスコアいい意味で幅が広がった一枚。





7枚目:Motionless In White – Disguise

Motionless In White / Disguise

モダンかつゴシックなメタルコアの代表格。





8枚目:Signs Of The Swarm – Vital Deprivation

Signs Of The Swarm / Vital Deprivation

このバンドはデスコアの未来





9枚目:BABYMETAL – METAL GALAXY

BABYMETAL / METAL GALAXY

もうすでにイロモノではなくなった日本代表。バラエティ豊か





10枚目:After The Burial – The Simulation

After The Burial / Evergreen

このバンドは絶対に期待を裏切らない








ore10005




「俺の10枚」の中で1位を選ぶなら、どのアルバム?

第一位Born Of Osiris – The Simulation

2019-12-2400011

全ての曲がシングルカットされても良い出来





19年度の最強の1曲を教えて!

最強の1曲Born Of Osiris – Under The Gun





■Shokran – Ethereal
独特なエジプトな世界観も好きだったんですが少し抑え気味ですね!ドラマ性は数段アップでさらに幅広いテックメタル、プログレ好きからペリフェリー好きにもに受け入れられる作品かと!間違いなく名作です!

■Rings Of Saturn – Gidim
前作より断然Gidimですね!まさに人間離れしたエイリアンだからこそのテク、見た目は人間ですが間違いなく彼らはエイリアンです!!!
気が狂いそうになった瞬間に所々に入る8ビットメロディーや美しいソロ、ピアノが狂気への限界を押さえる役目になっている!正直毎日は聴きたくないけど無償に聴きたくなってしまう時がある!


■Born Of Osiris – The Simulation
3年ぶりの待望の6作目!30分いかない短めのアルバムなんだけど満足度は1000%個人的に初期のほうが好きだったので初期っぽさもあり~のモダンという言葉ではかたずけられないいろんな要素を感じれる何度聞いても新しい発見がある最高な一枚でした!


■Infant Annihilator – The Battle Of Yaldabaoth
サウンドもマーチもぶっ飛んでますよね!マーチからも感じれるセンスはやはりサウンドにも表れる!進化し続けるテクニカルなデスでありながらハードコア好きも反応してしまうスラミングやビートダウン、極悪なエクスとリームが炸裂した傑作!



Enterprise Earth/Luciferous
身震いしてしまうほどの寒気すら感じてしまうメロが超好み!サトウさんが言われるように声量お化けの元Infant AnnihilatorでボーカルをやっていたDanの雄叫びはスザマジイです!間違いなくデスコア界の最重要バンドの一つ、個人的に暴虐性と不穏なメロディーのバランスが最高なのである!

■Whitechapel – The Valley
前作から導入したクリーンボーカルも賛否ありますが僕は断然ありありですね!例のバンドのような無理やり感もないしクリーンの入れ方ジ入りかたにもセンスを感じます!やはりマーチのセンスの良いバンドはサウンドもセンスが良いという僕の持論は間違ってないと!


■Motionless In White – Disguise
ゴシックメタルのダークヒーロー、文句なし、もはや貫禄すら感じる!ヴィジュアル面などの見た目関係なしに聴いてみてください!マジで1曲1曲の完成度が高い!良い意味でメジャーなサウンド!「そりゃ売れるわ!」ってかんじちゃいますもの!!マーチがなかなか入手できなくなってきたのが悲しいですが・・・もはやビッグバンドですもんね・・・


■Signs Of The Swarm – Vital Deprivation
2020年2月には来日も決定しましたね!結構聴いてますがこの手のバンドで一番飽きないアルバムなのは曲の展開が予測できないからか!CJ McCreeryの脱退も何のその今作からのボーカルDavidも引けを取らない!全く違和感なしに!というかサウンドの幅が広がってというか多彩になって前作よりも断然聴きごたえがありましたね!

■BABYMETAL – METAL GALAXY
僕も気に入ってしまい友人に借りたCDはいまだに手元に、小さい箱しか行かない自分にとっては大阪城ホールのでかいステージで見るライブは圧巻でした、もうちょっと近くで見たいですがね、やっぱりメロスピなArkadiaみたいな曲がもっと聴きたかったかな!



■After The Burial – Evergreen
ATBならではのリフが最高に心地よく、なぜか仕事、作業が捗どった一枚(笑)ストレートだし疾走感もあるのでハードコア好きも一度聴いてみてほしいね!
「ヤッベー!神盤じゃん!」とはならないんだけど、知らず知らず再生していた一枚なんですよね!


サトウさん 最強な10枚ありがとうございました。



1枚目:ShokranEthereal
2枚目:Rings Of SaturnGidim
3枚目:Born Of Osiris The Simulation
4枚目:Infant AnnihilatorThe Battle Of Yaldabaoth
5枚目:Enterprise EarthLuciferous
6枚目:WhitechapelThe Valley
7枚目:Motionless In WhiteDisguise
8枚目:Signs Of The SwarmVital Deprivation
9枚目:BABYMETALMETAL GALAXY
10枚目:After The BurialEvergreen





今年も当然クーポンを準備しています!投稿者全員に500円クーポン!そして抽選で1名に10000円クーポンではなく!!今年は2000円アップの12000円クーポンを1名にプレゼントしちゃいます!!!

下記のアンケート欄からあなたが選んだ最強の10枚を投稿してください!できればアルバムごとに一言添えてくださいね!





アンケート参加ありがとう!このブログでガンガン紹介していくから楽しみにしてて!そして自分も知らなかった名作に巡り合うことができるでしょう!マジで楽しみです!



あなたの周りも「アンケート開始したよ!」って教えてあげてくださいね!

アンケートの受付は12月31日まで!残り7日間です!
では!


河内野




追伸:
今回登場したバンドのグッズは下記をチェックしてね!



Rings Of Saturnのグッズはこちらをクリック
Born Of Osirisのグッズはこちらをクリック
Infant Annihilatorのグッズはこちらをクリック
Enterprise Earthのグッズはこちらをクリック
Whitechapelのグッズはこちらをクリック
Signs Of The Swarmのグッズはこちらをクリック
After The Burialのグッズはこちらをクリック

【19年まとめNo.1】ハードコア好きが選んだ19年度のアニメ「TOP5」

KLPT1912030013

12月も半分が終わろうとしている、今年のクリスマスも何の予定もない・・・・ビッグダディは結婚・離婚を繰り返すもまたまた新恋人との同棲を開始したそうだ、「チッキしょ~!」ビッグダディーの魅力とは?そういえばAV男優になったとか、なってないとか・・・どうでもいねwww


そんなことより19年度の最強な10枚も早く決定しなくてはいけない、夜な夜な19年度に発売されたアルバムをコレでもない、アレでもないと楽しみながら厳選しております、なんだけど・・・・年末も近いってのに毎日アップされていく新曲やミュージックビデオをついつい見まくってしまう、Body CountSuicide Silence、デスコアサウンドで安心、数多く公開されている新しい音源の中でもテンションが上がったのが、Neaera!!覚えてるかな?CalibanHeaven Shall BurnMaroon3大ジャーマンメタルコアに1バンドくわえるならNeaeraですよね!




MaroonCalibanも・・・な中Neaeraの復活はテンション上がるでしょ!!もろにHeaven Shall Burnの中期あたりのサウンドなんだけど「これぞ!ジャーマンメタルコア」なサウンド、たまらないね!セルフタイトルで2月末にMetal Bladeからリリース!

Neaera



ジャーマンメタルコア特集もいつかしたいね!昔からジャーマンメタルも好きだし、ドイツって何かあるね!!っていうか2019年のまとめにそろそろ入らないとね!

2019年も色々あった、ここでは書けないようなことから、嬉しいこと、悲しいこと、みんなそれぞれ違う毎日をせわしく過ごしているなかで(ネット上ではあるけど)「激しい音楽が好き」という共通点でつながっていれるのは、ある意味奇跡なんじゃないかと思ったり・・・・



この「激しい音楽が好き」じゃない点では、みんなそれぞれの趣味や好きなものがあり、人には言えないヤバい趣味なんかもあるんじゃない?僕は今年に入ってからアニメというジャンルにほんのり目覚めてしまった、それはNetflixやアニメ好きな友人たちの影響である!って言ってもかなりのニワカで有名どころしか知らないんだけど・・・・ということで僕がオススメする

2019年度に観たアニメのTop5を紹介していこう!





第5位:

「ヒナまつり」


とにかくギャグのセンスが自分好みというか言葉のチョイスとテンポ、設定、主役意外のキャラクターも最高!




第4位:

「モブサイコ100」


ワンパンマンと同じ作者ですよね、ワンパンマンも大好きなんだけど、他にはない映像美、大迫力な超能力の戦闘シーンから、主人公の「モブ」の成長していく過程も最高で、立場の違う登場人物たちそれぞれの心境などもすごく伝わってくるアニメでした!




第3位:

「進撃の巨人Season3 Part.2」


定番だけど面白いよね~続きがマジで気になる、想像をはるかに超える展開は唖然、毎シーズン観た後に毎回最初から見直して新しい発見がある、伏線の回収がすごすぎる!!!よく考えれるよね!




第2位:

「鬼滅の刃」


今テレビで絶賛されている超絶人気の作品、以前このブログでも紹介したんだけど戦闘シーンの作画、フォーカスの合わせ方、特に炭治郎 那田蜘蛛山との戦闘シーンは何度見たことか、映画も楽しみである!




第1位:

「慎重勇者」


ここ最近とんでもなく多く見かける転生系のアニメ、慎重すぎる勇者とヒロインや可愛い女性キャラとのやり取りが秀逸すぎる!ヒロインのパイオツにモザイクがかかったり、女性キャラをビンタしたりと、こんなに女の子達に厳しい主人公初めて見ましたね!斬新でした!!


ここにきてアニメにハマるとは自分でも思ってなかったね、アニメなめてました!現在は「北斗の拳2」を見返しておりますwww今見るとギャグマンガにしか見えない・・・アニメをいっぱい見たおかげで映画やドラマをあまり見なくなってしまった、見たのはストレンジャー・シングスくらいかな?あ、地上波の「(まだ)結婚できない男」も最高でした!前作は越えれなかったけどね、これから見るマイリストには100作以上がたまっている、年末年始に一気見する予定、今年は寝正月になりそう・・・・・


アニメとバンドマーチ、関係ないわけじゃないからね、今年は特によく見かけたアニメデザイン、バンドマーチではまだ少ないけどストリートシーンでは特にドラゴンボールやアキラデザインはよく見かけたね!

アニメとバンドマーチに関する記事も下記にアップしているからチェックしてね!



バンドマーチの流れでいうと、デスバンドではないバンドのデスロゴ使用が増えたね!数年前のハイブランドが使用し、ストリートでも人気が爆発し、その流れがバンドマーチでも一気に広がりましたね!Polyphiaが一早く取り入れ始めてたね!



Polyphia

その中でも人気の2アイテムがようやく再販売されたんで待ってた人はすぐに手続しといてね!


Polyphia

Polyphia/ポリフィアのマーチはこちらから!


2019年度のバンドマーチの傾向、流行なども紹介していく予定、来週中には「2019年度最強の10枚」もスタートする予定だから準備しといてくださいね!



では!

河内野




追伸:
アニメのOPとかにデスコアとか使ってほしいね!!

【Vlog】敦賀港でイルミネーション「ミライエ」観てきた!【Hatebreedのトレーナー着用!】

13日の金曜日だよ!だからって何もないんですが、イーヴォーなハードコアやメタルコアを今日は聴きまくっております!先日追加した、Disembodied / ディセンボディードはドロドロとした暗黒なメタリックハードコアサウンドで最高だね!現行バンドにも多大な影響を与えているDisembodiedのマーチもチェックしてね!


そんなDisembodiedにも確実に影響を受けている現行ハードコアの代表格Knocked Looseのボーカルいるじゃん、ブライアンだね!インスタなどをチェックしている人はわかっていると思うけど、彼、めっちゃオシャレなんだよね、そんなブライアンがロン毛時代によく着用していたマーチがHatebreed、一時妙にH8Bのマーチが売れていたのはK/Lのブライアンの影響なのだろうか?



僕も10年以上前からちょくちょく購入しているから20種以上は家のタンスに眠っているだろう、今回は新たに新調したクルーネックのトレーナー、今回着用しているヤツね、クルーネックの再熱がストリートでも僕の中でもジワジワときております!今回はビッグな2XLを装着!



目的地である敦賀のイルミネーション「ミライエ」までに赤レンガで時間をつぶそうとするも休館っていうね・・・実は以前に行った際も休館だった、その時のブログも良かったらチェックしてみて!


■着用アイテム■

・NEWHATTAN「ニューハッタン」フライトキャップ(フリーサイズ)
・Easy Money「イージーマネー」ゴールドネックレス
Hatebreed /ヘイトブリード – Stop At Nothing クルーネック・トレーナー(2XLサイズ)
・インナーにNothing / ナッシング – Nada ロングスリーブ・長袖シャツ(XLサイズ)
・LEVI’S「リーバイス」505デニムパンツ(34インチ)
・SANTA CRUZ(サンタクルーズ) のソックス
・AIRWARK 「エアウォーク」 ワンオリジナル スクウィーズ ジャパンエクスクルーシブ(28.5cm)



■スタイリングのポイント


今回は90’sをかなり意識しました、Hatebreedの2XLのクルーネックのトレーナー、パンツの太目と、そして高校時代、まさに90年代に流行したAIRWALKのキックス、僕と同じ世代は懐かしく感じることでしょう?定番のVansとかのオールドスクールはカブるんであまり履きたくないって人はAirwalkおすすめです!ブラックもあるからね!日本エクスクルーシブなカラーリングでレトロ感もあるでしょ?パイロットキャップは2.3年前にミリタリーショップで購入するも着用する機会が少なかったんで今回登場させましたが良いアクセントになっているでしょ?最近は流行っているようですね、サイズ感もファットでありながらだらしなくならないように、パンツの裾はちょっと絞ってロールアップ、ネックレスとキックスのカラーでアクセントをもたらせています、動画を見て気づいたんですがボディーやサイズが記載されているタグがベローンって外側に飛び出してるね・・・・これは緒とだらしなかったね、一緒に撮影してくれている友人は気づいていたのだろうか?「言ってくれよ!!」




90年代やレトロ感も演出できるクルーネックのトレーナーはバンドマーチでも注目だよ、一時期はほぼ発売されなかったんですが近年また、ようやく増えてきたね、パーカーの首回りが苦手って人にもオススメ、ネックレスやフード付きのアウターとの相性も抜群なんで、あなたのスタイリングにもぜひ取り入れてみてくださいな!!


クルーネック・トレーナー一覧はこちらをクリック!


先日、久々に再販売されたKnocked Loose /ノックド・ルーズ – Happiness Comes With A Price クルーネック・トレーナー(ブラック)もアートなデザインとライブフォトをマッチングさせたアートハードコアマーチ、これオススメです!

Knocked Loose /ノックド・ルーズ




この時期は特に新作のマーチが大量に発売される!ポジでもがっつりアップしていくから新作アイテムのページは毎日チェックしてね!

新追加アイテムはこちらをクリック!



■撮影場所:■

麺屋銀河(MENYA GINGA)
敦賀赤レンガ
敦賀港イルミネーション「ミライエ」





次回はどこに行こうかな?

河内野






追伸:


今年はもうイルミネーション良いかな・・・・紅葉も終わったし、12月といえば、やはりクリスマス、クリスマスといえばイルミネーションしか思い浮かばねぇ~!!!


それよりも「2019年度の最強な10枚」そろそろ始めちゃうからね!そういえばRise所属のAshlandって良いね!