【19年-年間ベスト】「店長」が選んだ「マジ最強な10枚」

TENCYOU2001110012

どうも!!正月に発症したぎっくり背中の痛みもようやく治まりつつある中、Mall GrabとTurnstileのコラボ作品を聴いてテンション上がって背中に電気が走った・・・今日は安静にします!!既に発表している曲をリミックスしたおしゃれサウンド!!!





新曲ではないけどこれがまた良い感じ、いつかはわからないけど次回作も楽しみだね、2020年も楽しみなリリースがわんさか、中でもHigher Powerなど次世代のグルーヴィーなハードコアから先日の新曲公開でさらに期待をあおるHeaven Shall Burn、同じくジャーマンメタルコアのNeaera、そしてデスコア回帰のSuicide Silenceなどなどが楽しみかな!あとは怒涛の来日ラッシュ、1月後半から4月頃までのメンツがやばすぎて、どれかをあきらめなくてはいけない状況だ、でもこれはうれしい悲鳴でもある、決めきれなくてチケット完売・・・ってことにはならないようあなたもチケット購入はお早めにね!



さて今回は僕が選んだ2019年度の最強の10枚を紹介、ここ数年で一番迷ったかも、それほど19年最高なリリースがたくさんあった、幅広く音楽を聴く僕にとっては把握しきれていないのも事実、自分がしっかり聴いた中で最強な10枚を紹介、自信あるアルバムばかり、名作ばかりなのでしっかり10枚共にチェックしてね!




19年度あなたが選んだ「最強の10枚」を教えて!店長ヴァージョン





ore10005




1枚目:Knocked Loose – A Different Shade of Blue

Knocked Loose

ベタと言われようが絶対に外してはいけない重要な一枚ですよね!Pure Noise Recordsのハードコアリリースラッシュの中でもやはり最終的にはKnocked Looseでしたね!メタリックでヘヴィーなサウンドはモチ、やっぱりこの高音なボーカルスタイルが最強なんですよね!力強く吐き出されるリリック、地を這うようなヘヴィーサウンド、ビートダウン、ニュースクーラーも反応してしまう単音リフ、クラスト好きもうならせるDビート、スレイヤーライクでメタリック好きはたまらないリフ、それだけで収まらずグルーヴィーでキャッチーと言える部分もありつつ邪悪なカオティックなフレーズ、これらをチョイスする、うまく曲に埋め込むセンスがピカ一、最強でしかない!いよいよ月末に来日ですね!





2枚目:American Football – (LP3)

American Football

今年一番聴いた作品、早起きし仕事へ向かう車の中、帰り道の車の中、撮影に出かける際の車の中、とにかく車の中でよく聴いていた印象、今日も聴いていたしねwww、春夏秋冬、どの季節もエモくさせてくれた名盤、眺め続ける家に17年越しに入り、そして今作3作目は家を突き抜け天へ!個人的にはキラキラしているほどエモの名作だと勝手に思っているんですが、この作品のキラキラ度は氷の結晶のように繊細で美しい作品でした。一生聴き続ける作品である!癒し効果もあるんで疲れ切ったあなたにも!





3枚目:BRUTUS – Nest

Brutus

19年はフィメールメンバーがいるバンドが良く活躍していた印象がある、このBRUTUSもそうである、しかもドラマー兼ボーカルという珍しいタイプ、しかも美しく艶やか、華があるというかまれにみるカリスマ性をも感じさせる!!3ピースでタイトでありダイナミック、ビュークを感じさせるスケールのでかい世界観、クランベリーズのドロレスも所々感じさせます!オルタナ、ハードコア、パンク、ヘヴィーロック、ポストメタル、ポストロックを取り込んだ無二のアートなサウンド、現代表曲でもあるWARの展開は鳥肌物!!レーベルメイトであるであるチェルシーウルフやロシアサークルも最高でしたね、ようやくマーチも取り扱い始めたんでチェックしてね!





4枚目:White Ward – Love Exchange Failure

WHITE WARD / Love Exchange Failure

友人に「シャレオツなポストブラックあるよ!」と鬼プッシュされてドハマリした一枚!アーバンでアバンギャルド、ジャジーでムーディーな静なパートからのトレモロリフのブラックメタルパート、冷たいブラックメタルなパートのバックに流れるサックスなど、カオティックともプログレッシブともいえる無二なサウンドはとても新鮮でした!ジャケットのような都会での孤独と闇を味わえる名作、19年数多くリリースされたポストブラック作品の中でも一番好きな作品でしたね!





5枚目:Queensway – The Real Fear

Queensway The Real Fear

バルチモアはほんとセンスの良いバンドが多いよね!極悪ハードコア/ビートダウン好きの中でも話題の前作も最高だったんだけどしれっと19年に新作がドロップ!相変わらずの治安悪い極悪サウンド、クリーンなラップ調のコーラスも加えグルーヴィーに、そして極悪に落とす、バルチモアの土地感も感じさせる極悪でありつつもセンスを感じさせる楽曲、5曲と少なめでしたが何度も何度も飽きずに聴きまくった一枚!





6枚目:Death Before Dishonor – Unifinished Business

Death Before Dishonor

10年ぶりのニューアルバム!個人的にはとてつもなくうれしかったニューリリース!ボストンハードコア特有のパンク色も残しつつこれまでの作品よりもヘヴィーに仕上げたストレートでモッシーな作品!これぞDBDな安定感は健在でさらにパワーアップしているあたり、最高です!相変わらずメロディックかつストレートなリフでモッシーに極悪に、何があってもブレない信念を感じさせてくれた名盤です!新しいグッズもチェックしてね!





7枚目:Cattle Decapitation – Death Atlas

CATTLE DECAPITATION / Death Atlas

4年ぶり8作目、待望のフル!!デス・メタル・プログレッシヴ・グラインドCattle Decapitation!!!さらにスザマジくCattle Decapitationしか奏でられない無二なサウンドがさらにパワーアップ!人類の終焉をドラマチックに奏でたエクストリーム終焉轟音サウンド!今作も多彩なアレンジは荘厳で壮大でドラマチックな展開!相当聴いてきたけど飽きがこない!クリーンと言ってよいのか、あの汚い歌い方もクセになるよね!全人類必聴な一枚!





8枚目:Renounced – Beauty Is A Destructive Angel

Renounced - Beauty Is A Destructive Angel

祝!来日決定ですね!!叙情派ニュースクールから叙情派メタルコアも虜にするRENOUNCEDの新譜、イントロから2曲目の入りがたまらないそこから泣き泣きの涙大洪水にザックザクのギターでメタリックに、スポークンパート、UK優良レーベルHoly Roarが目をつけるのも納得、前作を超える完成度、名曲だらけだけど3曲目の「In a Years Turning」はマジ鳥肌物なんです!水面下でリバイバルしつつあるニュースクールハードコアや、叙情系、聖地フロリダは特にPoison The Wellの初期も感じさせるし、さらにはMaメタルコアからEDGEメタルの要素もうまく落とし込んだこの手のサウンドの究極系ともいえるパーフェクトな一枚かと!





9枚目:PUP – Morbid Stuff

PUP - Morbid Stuff

前作がとてつもない名作だったんで期待しまくった一枚だけど、それをはるかに超えて突き抜けてしまった最強なポップパンク、インディーロックアルバム!とことんポップでキャッチーで元気になるメロディーラインは天才的!長期連休当日、テンション上がりすぎて早く目が覚めて、いつもはしないウォーキングに出かけてしまうようなポジティブなサウンド?wwwお出かけのBGMに欠かせない一枚でした!





10枚目:Angel Du$t – Pretty Buff

Angel Du$t - Pretty Buff

新しサウンドなのにクラシック!ポップでキャツチー、サウンドからアートワークまでハイセンス!初聴では本音そこまでだったんだけど聴けば聴くほど病みつきに!





「俺の10枚」の中で1位を選ぶなら、どのアルバム?

第一位American Football – (LP3)

TENCYOU2001110011

選ぶのがとても難しかったんだけど一番聴いた作品としてAmerican Footballにしました!冒頭でも言ったように一生聴き続ける一枚になりそうな名盤、いや神盤である!





19年度の最強の1曲を教えて!

最強の1曲Pijn & Conjurer – High Spirits

夏ごろにリリースされたポストメタルPijnと、Conjurerによる共作EPの中のHigh Spiritsという曲、とにかく壮大で聴いているだけで幸せが訪れそうな癒し効果もある一曲!1曲が長いけど最初から最後まで必ず聴いてください!個人的にはJesuやBARONESSを思い浮かべましたね!





と言った感じで10枚選ばせていただきましたが、僅差で入らなかったアルバムが本当に多い、今までで19年度が一番難しかったかもしれない、叙情派代表格CounterpartsやシューゲイズのDIIV、クラシカルかつモダンなAbuse of power、個人的チルミュージックなTurnoverCopeland、オールドデスのBlood IncantationGatecreeper、デスメタリックなFUMING MOUTH、メロディックではLagwagonBad ReligionMillencolinなどなどが僅差でした、19年度も幅広く聴いたつもりなんだけど、デスコア、ポップパンクはあまり深くディグれなかったね、その代わりにシューゲイズやドリームポップ、ポストブラック、ポストメタル、さらにアングラなバンドを込んで聴いていた印象がある、ポップスは皆無、紅白に出場していた新しいアーティストなんかはほぼわからないからますます世間との距離が離れていく、会話に困ることも多かったけど2020年も同じくアンダーグランド攻めまくっていこうかと思います!


19年度もたくさんのアンケート参加本当にありがとうございました!




2020年の年末も必ず行うからまた参加してね!!12000円のクーポン当選者発表は今週中に行うから参加者はお楽しみに!!あと500円クーポンのメールが届いていない参加者いたら教えてね!




では!

河内野




追伸:
Belmontの新譜も楽しみ!新曲公開されましたね!!

【2019年11月部門】の見逃せないパンク~ハードコア~デス、デスコア重要リリース情報!「名作の予感」

早くも11月か、2019年もあっという間だね、巷では復活のニュースが盛り上がっているね、My Chemical RomanceRage Against The Machineなど、個人的にはEurogy時代から好きだったSmash Your Enemyがいつの間にか新譜出していてそれがまた最強なわけで・・・まさにデトロイトハードコアな極悪な仕上がり!





把握できていないリリースの中でも名盤が数多くある、10月リリースもやばかったんですが11月も多くのヤッベーバンドのリリースが控えている、ということで毎月一回行うリリース情報!忙しいあなたのために11月のヤッベー、リリース情報をアップしていきます!ビビっと来る音源が一枚でも見つかれば最高だね!!








Turnover「Altogether」

11/1リリース

Turnover

ジャケットデザインからにじみ出るオシャレ感、ドリーミーでほんのりジャジーでサイケなサウンドは秋の公演でホットコーヒーで手を温めながら聴きたい!ヘッドフォンで大き目な音で聴くとさらにハマって抜け出せなくなります!
Turnoverグッズはこちらをクリック!






Greet Death 「New Hell」

11/4リリース予定

GREET DEATH "NEW HELL"

Deathwish Records所属、Nothing好きは必ずチェックしてほしいパンクやハードコア経由のシューゲイズサウンドを奏でる注目のバンドGreet Death / グリート・デス!豊かなメロディーの雰囲気と憂鬱な叙情的なメロディー交差する独創的な作品、前作は各メディアで絶賛されるもここ日本ではほぼ知名度無し、オススメな一枚です!
Greet Deathグッズはこちらをクリック!






Hawthorne Heights「Lost Frequencies」

11/6リリース予定
NOVERR191103015

エモ・スクリーモの重鎮Hawthorne Heights!相変わらずの極上なメロディーライン!初期まではいかないものの
公開されている楽曲は良曲揃い、新曲のMachineheadはド直球なスクリーモサウンド!コレコレ!!!

Hawthorne Heightsグッズはこちらをクリック!






FALLBRAWL 「Darkness」

11/8リリース予定
FALLBRAWL "Darkness"

ジャーマンブルータルビートダウンハードコア!4枚目もBDHWから!新曲を聴く限りぶれないサウンドで安心!!ながら程よいメロディーを導入で差別化を図る!ラストの落としも完璧!ジャーマンを代表するビートダウンバンドですよね!






Agnostic Front 「Get Loud!」

11/8リリース予定
NOVERR191103016

説明不要のNYHCゴッドファーザーAgnostic Frontの4年ぶりの新譜「Get Loud!」はいよいよ来週!!!!全14曲で2曲が公開!公開された曲はそうでもないけど「Cause For Alarm」を連想させるアルバムのアートワークなんでクロスオーバースラッシュなAFも期待しちゃうよね!






Macseal 「Super Enthusiast」

11/8リリース予定

Macseal  「Super Enthusiast」

NYはロングアイランド産6131Records所属のエモ、インディー、オルタナサウンドを奏でるバンド、EPは3枚発売されているがフルは初!ジャケットのアートワークのようなポップでありながら田舎の風景を感じさせる染みるエモーショナルロックサウンド、繊細な美メロディーがたまりません!






Hour Of Penance 「Misotheism」

11/8リリース予定
Hour Of Penance 「Misotheism」

AGONIA所属イタリア産テクニカル・デスの活動歴20年を超えるベテランならではの安定したデスサウンド暴虐性の高さにテクニカルなフレーズを散りばめた圧倒的サウンドは完成度高し!






Despised Icon 「Purgatory」

11/12リリース予定
Despised Icon  「Purgatory」

デスコア界のパイオニア的存在の、DESPISED ICON待望の6thフル・アルバムがもうすぐ発売!
表情豊かなツインボーカル、アグレッシブなブラストからのブレイク、圧巻の貫録を見せつけてくれるであろう全デスコアファン必須の一枚!

Despised Iconグッズはこちらをクリック!






Left Behind「No One Goes To Heaven」

11/13リリース予定
Left Behind「No One Goes To Heaven」

Pure Noiseに移籍後のニュースからようやく新譜がもうすぐリリース!新曲2曲が公開、ウルトラヘヴィーなハードコアサウンドは相変わらず、ザックザクかつグルーヴィーに、そして落とし込む、よりシンプルにストレートに仕上げたヘヴィーサウンド、早く全曲聴きたいね!

Left Behindグッズはこちらをクリック!






Hypno5e 「A Distant (Dark) Source」

リリース予定

Hypno5e

PELAGIC所属フランスのポストメタル・バンド、自身はシネマティックメタルと自称しているだけありアトモスフェリックかつ時にポストブラックのようなブラストが入ったりクリーンに歌ったり叫び散らしたりと表情豊かで1曲で一つの映画を見たような満足感を感じれるんでしっかり最後まで聴いてみてください!個人的にっても楽しみな一枚!!前作は間違いなく名盤ですよ!






Constellatia 「The Language of Limbs」

11/18リリース予定

CONSTELLATIA "THE LANGUAGE OF LIMBS"

南アフリカのケープタウン産Isolation Records所属アトモスフェリックブラック!DeafheavenやOathbreakerともまた違うドラマチックかつノスタルジックかつロマンチックな美ブラック、は土地柄もあるのだろうか?次に来るアトモスフェリックブラックはConstellatiaかも!






What We Do In Secret 「Repose」

11/20リリース予定
What We Do In Secret 「Repose」

テネシー産Facedown Records所属のクリスチャンメタルコア/ポストハードコアバンドWhat We Do In Secret !!独特の豊かで繊細なメロディー・ライン00年代半ばのクリスチャンハードコアやポストハードコアな世界観を感じさせる、少し懐かしく感じるサウンド、フルで聴けるのがとても楽しみである!






Cattle Decapitation 「Death Atlas」

11/22リリース予定
Cattle Decapitation  「Death Atlas」

通算8作目ヴォーカルは自信で最高傑作と断言するほどの自信作!すでに2曲公開、エクストリーム・ブルータル・グライド/デスの中に嫌味の無いクリーンはさすがのセンスを感じさせる!一辺倒なブルータルサウンドにはない表情豊かな傑作になること間違いなしでしょう!






Life Awaits「Fluorescent」

11/29リリース予定
Life Awaits「Fluorescent」


来日経験もある中国産ポストハードコア、Life Awaitsの待望のニューアルバムは11月の後半いリリース予定!叙情的で疾走感ありつつも現行のDjentな要素も散りばめた、ハイセンスな新曲Everlast最高じゃない!!前作よりも叙情派ハードコアな部分が増えているのが個人的にはうれしい!






これでもまだまだほんの一部、好みのアルバム、バンド、サウンドは見つかったかな?かなり幅広いジャンルとはなるけど、一つでもビビっときたバンドがいたらうれしいな!リリースラッシュは永遠と続きますね、12月~1月にかけてもヤバイリリースが控えているんでまた12月に紹介するね!

では!
11月もシクヨロで~す!!11月の新譜紹介は12月初めに!!

河内野

ヘヴィーなハードコア好きも聴けるのが〇〇デスなのである!

TERROR18102063

今年のハロウィン、渋谷も大盛り上がりなようで、痴漢やゴミ問題は相変わらずなようで、本番は31日のド平日だから実質的には先週末がピークだったんだろうね?何度も言うけど地方住の僕には全く関係ないことでハロウィンを感じれるのはさみしいかな、100均のハロウィン特設コーナーくらいかな。


何気にマミーのマスク持ってるんでパイセンに被ってもらい一枚写真撮ったくらい、このパイセン、子供をビックリさせようと個のマスクをかぶって帰宅したところ4歳の娘は大泣きだったそう、「そら、そうなるわな!!」結構リアルでしょww


スイサイダル


スイサイダルのキャップがポイント!ハロウィンといえばコスプレってイメージになってしまっているけど、僕はやはりジャーマンメタルのHelloweenがハロウィンなんだよね、31日はHelloween聴きながらカボチャのケーキでも喰らおうかな・・・デリス + ハンセン + キスク、歴代ボーカルによる新曲も記憶に新しいね!!このブログを購読している人は全く興味がないバンドだと思うけどww




せっかくのハロウィンだものもっと邪悪な曲が聴きたい。PVで話題になったWITHIN DESTRUCTIONってのもいいよね、ブルデスエアロビ、衝撃的だったね!





「ハロウィンでこんな料理出たら嫌だ!」ベテランCattle Decapitationの未発表曲などを収録したアルバムのジャケットデザイン、相変わらずのグロ、ハロウィンのコスプレよりよっぽどインパクトあるけど、子供の目の触れるとこには絶対に置いておきたくはない、完全トラウマだ!!

キャトル・デカピテイション


少ないとは思うが、ゴアやグロ、キャダバーなどの描写が多いブルデス、スラデス、グラコア好きのパパはTシャツやマーチとかはどうしているんだろうか?子供の前でも着用するの?同じくCattle Decapitationのこのシャツなんてもはやコスプレだね!意外と注文いただいているんだけど、これこそどんなふうに着用しているのか写真を送ってほしい!


Cattle Decapitation


みんな忘れてない?コーデ写真募集でクーポンゲット、今月の投稿は0件、500円クーポン、さらに1000円クーポンももらえるというのに・・・・・投稿方法などは下記の生地をチェックしてみてくれ!


けど、デス、グラコア、デスコア、ブルデスなどの激しいデザインって妙に着たくなる時ってありません?僕だけ?その衝動が最近多いのはハロウィンのせいだろうか?グッズも最近アップしまくっているんでチェックしてみてね!


・Stillbirth / スティルバース
・Rivers of Nihil / リバーズ・オブ・ニヒル
・Shadow Of Intent / シャドウ・オブ・インテント
・Infant Annihilator/インファント・アナイアレイター
・Cryptopsy / クリプトプシー
・Ingested / インジェステッド
・Within Destruction / ウィズイン・デストラクション
・Abominable Putridity / アボミナブル・ピュトリディティー

デス・グラインドコア・グッズ一覧はこちらをクリック!




デザインのインパクトはバンドマーチ史上一番手が込んでいるのがこの手のサウンドを奏でるバンドたち、シンプルもいいけど、ド派手なグロやモンスターデザインもぜひ取り入れてみよう!コーデブログにも参加してくれたユウさんのDecrepit Birthもいい感じだよね!



testygban010


コテコテのメタルなスタイリングもいいけどねユウさんみたいにオシャレにも着こなせるのがデスデザイン、マーチのデザインでも最前線を行くPolyphiaのマーチだってデスロゴなど取り入れているしね、もっともっと注目されるべしアイテムなのかもしれない!


ポリフィア


スラミング・ブルデスを得意とするチャンネルSLAM WORLDWIDEは当然登録しているよね!僕もハードコアなどに比べたらそこまで詳しくないのでこのチャンネルをとても参考にしている!ヘヴィーなビートダウンハードコアなど好きだったら間違いないよ!新しくも絶対に何かを感じ取れる世界を体験してみてください!

スラミングデス


一般人からしてみればこれこそ究極な雑音にしか聞こえないだろうけど、間違ってもポップス好きな友人にオススメしないでください!ある程度免疫のある仲間にオススメしてみよう!!

僕もそこまで詳しくないジャンルだからオススメあったらじゃんじゃん教えてくださいね!

スラミングデスではないけど、ボーカル技術がとにかく高いACRANIAなんかを最近好んで聴いています!こんな自由自在な声が出せたら楽しいだろうね!



来日してたのすら知らなかったんだけどスイス産のブルデス、CARNAL DECAYも超ドタイプ、ハードコアベースな部分も見え隠れするあたり、たまりません!!!





僕もそこまで詳しくないジャンルだからオススメあったらジャンジャン教えてくださいね!


では!

河内野

【リリース情報】+ またもや、やっちまったSUICIDE SILENCE

スイサイ

世間では2週続けての3連休、うらやましい、あなたはどこかにお出かけしている?ハードコアの来日ラッシュとなった今週、たくさんのうらやましい声をいただいております、Bloodaxe Festival 2018はいよいよ本日、昨日からTurnstileの公演が始まっているが、やはりダントツで多く//いただく声は彼らTurnstileである、やはり現在のハードコアを代表するバンドといっても過言ではない人気のバンド、サウンド的には異なるがYour Demiseの全盛期の時のような感覚を思い出す。



多ジャンルからハードコアの架け橋的なバンド、ポジもお客さんでもポップパンクなどからハードコアを聴くきっかけとなるバンドでもあるよね!




TurnstileにSlope、Higher Power、本日のBloodaxe Festival 2018にも出演のTrail of Liesのギター、CANDY、そして曲単位でいうとTrail of Liesのドラム、RegulateのIn The Promise Of Another Tomorrowに収録されている下記の曲なんかはビビッと感じた曲





やはりキャッチーさがあると入りやすいよね、


ただの雑音にしか聞こえない!


そうほざいていた友人もTurnstileからはまり現在ではConvergeなどのカオティックハードコアにまで到達、聴いていく順序ってのも大切なのである。僕は何でもとりあえずチェックするが信念なんだけど正直すべてを網羅するのは無理なんだよね。


9月後半から年末にかけても把握している分だけでも下記のように多くのリリースがある!

・Gouge Away 9/24
・Bruise 9/24
・Wax On Water 9/24
・AVOID 9/24
・Northern Faces 9/24
・Dead Letter Circus 9/24
・Aurora View 9/24
・Living With Lions  9/26
・Hail The Sun 9/26
・Anti-Flag 9/26
・Terror 9/26
・Tilian 9/26
・The Clay People 9/26
・Palaye Royale 9/28
・Youth Killed It 10/03
・Sylar 10/03
・Black Peaks 10/03
・High On Fire 10/03
・Atreyu 10/05
・Hands Like Houses 10/10
・Bearings 10/10
・Polyphia 10/10
・Shining 10/17
・The Living End 10/18
・Saves The Day 10/24
・Devour The Day 10/24
・The Browning 10/24
・Arlington 10/24
・Stand Atlantic 10/24
・Drug Church 10/31
・Silent Planet 10/31
・Witherfall 10/31
・Songs That Saved My Life 11/07
・Ice Nine Kills 11/07
・La Dispute 11/07
・Crooked Teeth 11/09
・Catch Fire 11/14
・Light Years 11/28
・Puppy 1/11




「どんだけ買わないけないんだ!」と言いたいくらいに好みのバンドやアーティストが音源をリリースする、上記には記載していないメタルサイドでいえばAnaal NathrakhArsisAvastbehemothBlack TongueBloodtruthBrand of SacrificeBrojobCattle DecapitationEarth Ship、などね、もうきりがないよね・・・



正直そこまで期待していなかったけど、Hands Like Housesはスクリームが復活でワクワクが止まらない!



そんなHands Like HousesですがPunk Goes 90s Vol. 2でカヴァーした、Tornあるよね?懐かしい!!


そしてNeck DeepのTornヴァージョン!


それぞれの良さがあるけど、あなたはどっち派?


新譜ではないけど、SUICIDE SILENCEの新曲は聴いた?




DMC5、デビル・メイ・クライ5というゲームのバトルシーンに使用される楽曲なようですが、ヴォーカルEddieが昨年謝罪したセクハラ行為をカプコン側が知る事になり急遽曲がゲームから削除されると

カプコンさんよ~曲依頼する前に身辺調査しろよ!!!


セクハラしたことは最低な行為だけど、SUICIDE SILENCEが不憫に感じてしまう、サウンドシフトでの批判やThy Art Is Murderとのビーフでの批判、そしてセクハラ疑惑そして今回のニュース、新曲に対しては高評価が低評価を上まっているし、コメントはボロカス、マジで不憫だ・・・・


曲自体に関しては、本音を言うと、最高ではないが悪くもない、良い意味でも悪い意味でももう少し期待を裏切ってくれるかと思ったんですが、しいて言うならエディーの前髪パッツンな髪形が衝撃だったくらいかな・・・・

スイサイド・サイレンス

ゴリゴリのデスコアに戻ることは無いのだろうか?ニューメタル路線で進むのか?どっちにしろ常に気になる存在ってこと、やはり影響力あるバンドだな!と感じますね!You Can’t Stop Me久々に引っ張り出して聴いたけどやはり最強だね!

話題を定期的にぶっこんでくれるのはうれしいけど、最高なニュースも聞きたいな!

では!

河内野

メタルTシャツがダサいと言っている奴は自分がダサいことに気づいていない!

posiblog16323001

隣にいたら席を2つ以上空ける!

臭そう!!

オシャレとはほど遠いところにいる人達!

メタルTを着てるとなんか引くよね!

なんか古臭い

田舎のヤンキーが着てそう!

こういう記事をネットで見ては「ふざけんな!!」一般人が!

「メタルTはダサいが褒め言葉なんだよ!」

「一周まわってかっこいいんだよ!」

なんて思っていたがこの考えも古いんではないかという考えにたどり着いた。

その理由は今から言うぜ!

思いもよらないアーティストたちがメタルTを着用しているんだよね!

定番のメイデンだけどポップシンガーのHilary Duffが着用!

posiblog16323002
ラグランシャツがいいね!ブラックパンツでロックに決めているのがグッド!

ティーンのあこがれのセレブなアーティストたちがこぞってメイデン!
メイデン

一般人が大好きなセレブがメタルTシャツを愛用しているんだぜ、流行にだけ流されているお前よそれでもメタルTシャツダサいって言える?

ほかにはスレイヤー、メタリカ、アンスラックス、メガデスなど王道のメタルシャツはセレブに人気なようだ!

中には着用しているバンドの音源自体を聞いたことのないヤカラもいそうだが、そこは今回置いといておこう!

デスメタルのロゴにインスパイヤされたハイブランドまで出てきているんだよ!

メタルアイテムやメタルデザインがオシャレ!と言わざるを得ない!

逆にど直球なデスメタルデザインをポップなアーティストがサンプリングしているグッズもたくさんある!

その例を見ていこう!
セリーヌディオンwwww

フィルコリンズ!!!!

メタルのデザインはイケているんだと証明できたよね!

コテコテのメタルデザインのワッペンを大量につけたハイブランドも去年話題になった!「蟹江さん!」 「ちがったカニエさん、あんたイケてるよ!」

特に最近はラッパーのPVにメタルシャツがよく出てくるんだ!

若手ラッパーでいま話題のBonesはBurzum シャツ!


※携帯で動画を見るにはここをクリック。

HIPHOP界の新星として大注目のTravis Scott、ファッションスターとしても有名な彼はなんとEXODASシャツ!!


※携帯で動画を見るにはここをクリック。

セレブだけでなく本気のアーティストたちもメタルシャツを愛用しているんよ、メタルデザインの流行は誠なのである!

宗教的で暗黒なシンプルデザインが流行なバンドマーチ、コテコテのメタルデザインもトレンドがきているから今のうちに取り入れておいたらあなたは最先端!

こちら日本でもメタルシャツを愛用しているラッパーもいる、


※携帯で動画を見るにはここをクリック。

メタルといってもマンソンシャツだけどKOHHのグッズではメイデンデザインのツアーシャツもある!

できればもう少しコアなバンドのデザインをサンプリングして欲しいな!

「メタルTはダサいが褒め言葉なんだよ!」「一周まわってかっこいいんだよ!」みたいな自虐的にな考えは捨てたほうが良い、堂々とメタルTシャツを着れば良いのだ!

メタルデザインがださくはないことがわかったところで次はスタイリングも重要なことがわかるよね、上記に上がったセレブやラッパーのスタイリングを取り入れることも重要!

イカニモ!なメタラースタイルも僕は好きだがやっぱりおしゃれにも着こなしたい、

これからだったらロング丈のシャツにメタルシャツを合わせるレイヤードなどもグッド!

メタルらしくないグッズをコーデのどこかに取り入れるのがポイントだね!

ゴールドのネックレスやバッシュ、ハットとかね!

コテコテのメタルシャツはダサくない!最強のアイテムだってこと!

メタルTシャツを馬鹿にしている一般人よ、よ~~くわかったか!!お前らがダサいんだよ!

そうだ、定番のメタルグッズも取り扱っているからチェックしてね!

ちなみにメイデンシャツは3枚、メガデスシャツは2枚、スレイヤー4枚、アンスラックス3枚、コテコテ王道メタルシャツも持ってます!ハードロックのシャツやロックTもいっぱい持ってます!ハードコ等は100枚以上だけど!

青春時代はメタルにどっぷりはまっていたからメタルも大好きなんです!ハードコアやデスコアとともにメタルシャツ、2016はいっぱい着用するぜ!

河内野でした。