■2022■見逃し厳禁!今週「05/08~05/14」の【注目のMVまとめ!】トレヴァーさん・・・

MV


GWの最高な天気からは一転してよどんだ空模様、梅雨の始まりを感じさせます、そんな天気のようなテンションも下がってしまうどんよりなニュースがたくさんありましたね。

芸人さんや俳優さんの悲報からミュージシャンの訃報、ここ最近は取り扱いも減っていましたがこのショップを経営する当初から常にグッズは人気、僕は大阪のタワレコの視聴で聴いたMiasma、2曲目「I’m Charming」を着た瞬間即ヘッドフォンを外しレジへ向かったのをいまだに鮮明に覚えています。





そうですブラダリことThe Black Dahlia Murderのボーカル、トレヴァー・スターナドが天国へ旅立ってしまいました、こんな悲しいことはないよね・・・・メガネをかけたナードなあんちゃんヴィジュアルながらハードコアも感じさせる咆哮に圧巻のステージング、メガネってことで勝手に親近感沸いておりました・・・



まだ記憶にも新しいVerminousも変わらず安心感あるサウンドで良作だっただけに、新作は「もう聴くことはできないのか」と思うと残念でしかありません。







さて今週「05/08~05/14」はどのようなバンドのどのようなMVが公開されたのか?見ていきましょう!














LORNA SHORE – Sun//Eater

ニュージャージー産デスコアLORNA SHOREの新曲Sun//EaterのMV公開!シンフォニックなデスコアのトレンドではあるけどももはや敵なし無敵な存在に到達してしまった感がありますね!










State Champs “Act Like That” Ft. Mitchell Tenpenny

ポップパンクの未来は安心だ!そう感じさせてくれた「State Champ」の新譜!そこからAct Like ThatのMVを公開!この夏はお世話になる楽曲になりそうだ!










Jungle Rot – Genocidal Imperium

イリノイ産、ベテランデス!Jungle Rot!!UNIQUE LEADER RECORDS からの新譜がついにリリース、Genocidal ImperiumのMV公開!独自のグルーヴ感あるデスサウンド、ハードコア好きもぜひ!










ORIGIN – Chaosmos

USはカンサス産Nuclear Blast Recordsからの新譜も楽しみなテックブルデスORIGINの新曲ChaosmosのMV公開!高速ブラストにテクニカルなギター、複雑なリズム展開、終わったかと思いきやのブレイクダウン、最高でしかない新曲です!










BLEED FROM WITHIN – Flesh And Stone


スコットランド産Nuclear Blast Records所属のメタルコアバンドBLEED FROM WITHINからFlesh And StoneのMV公開!壮大にドラマチックにグルーヴ感も強めたモダンメタルコアサウンド!










Grayscale – Motown

USはフィラデルフィア産Fearless Records所属のポップパンクバンド、Grayscaleから昨年リリースのアルバムからMotownのMVを公開!古き良きなポップソングとポップパンクが見事融合したサウンド、サックスも良きデス!










CAVE IN – Reckoning

RelapseRecords所属最新EPからタイトル曲ReckoningのMV公開、US南部を感じさせる土臭さあるアコースティック、後半に行くにつれよりダイナミックなオルタナサウンドへ、










Horse Jumper of Love – “The Natural Part”

ボストン産Run For Cover Records所属のインディー・ロックHorse Jumper of LoveからThe Natural PartのMV公開!さわやかなんだけどけだるい感じ、ヘナっとしたサウンドが妙に心地よいです!アルバムもいよいよ来月リリースですね!










HUNNY – “Speed Dial”

LA産Epitaph Records所属インディー・ポップ・バンドHUNNYから7月にリリース予定のEPからSpeed DialのMVを公開、90’sな映像にオルタナとインディーポップ、エモも感じさせる中毒性高い楽曲である!










Nerve Damage – Drip Fed. Misled.

Last Ride Records所属、オージー産ハードコアNerve Damageが新曲MV公開!The Amity AfflictionのJoel Birchがゲスト参加した楽曲、クラストやハードコアパンクも感じさせる独自の世界観を持ったサウンドである!










Deathbringer – A Place to Exist


ロシアやウクライナと隣するベラルーシ産、Unique Leader Records所属のテックデスDeathbringerからMV公開!類を見ない奇妙なフレーズ、壮大でブルータルなサウンド、独特な世界観を持った注目のバンドですね!










Young Guv – “Nowhere At All”

トロント産、Run For Cover Records所属、Young Guvが3月にリリースされたばかりのアルバムからではなく新たに6月にリリースされるニューアルバムから新曲owhere At AllのMVを公開!クラシックなパワーポップ、キラキラしたインディーロックサウンド、相変わらずの抜群のセンスを感じさせる楽曲!










Stay Inside – Fracture

USはブルックリン産、No Sleep Records所属のポストハードコアStay Insideから新曲FractureのMVを公開!00後半のエモコア、スクリーモなども感じさせるエモーショナルな楽曲!










The Linda Lindas – “Why”


USは注目のガールズパンクThe Linda Lindasからデビュー・アルバムからWhyのMV公開!!サマソニでの来日で日本でも人気が爆発しそうだね!同じく出演するクロマニヨンズと共演なんてあるかもね!










GAUPA – RA


スウェーデン産Nuclear Blast Records所属、GAUPAからMVが公開!ストーナーロックをビョーク風な艶と粘りっけある歌声がのる独特なサウンド、ビョーク好きな僕はたまりません!












さて5月07日以降の新作グッズは下記をチェック!


メロディックハードコア【 KOYO 】グッズ登場!
ブラックゲイズ【 MØL 】グッズ登場!
This Is デスメタル【 DEATH 】グッズ登場!
メロディック【 Bad Religion 】グッズ登場!
オルタナHxC【 Praise 】グッズ登場!
極悪Hiphopレーベル【 Death Row Records 】グッズ登場!
メロディックパンク【 Descendents 】グッズ登場!
オールドスクールHxC【 Turning Point 】グッズ登場



では!



河内野


【2021年間ベスト:ラスト】わたくし「店長」が選んだ「最強な10枚」※15000円クーポン当選者の発表

ORE21nenn118




2021年度の最強な10枚のアンケートの回答はワタクシ「店長の」10枚で締めくくりたいと思います!というか1日かけて書き上げた記事を間違えて削除してしまうという凡ミス・・・・一気にやる気が無くなってしまいましたがもう一度力を振り絞って再度書き上げたのでじっくり見て頂けると嬉しいな!




ore10005



2021年度「店長」が選んだ「最強の10枚」がこれだ!!










1枚目:Mental cruelty – 『A Hill to Die Upon』

Mental cruelty - 『A Hill to Die Upon』

ジャーマンデスコアMental cruelty の4作目『A Hill to Die Upon』をランクインさせました!正直21年はデスコアはあまりディぐれなかったんですが、このアルバムのラストを飾るThe Left Hand Pathのドラマティックにファンタジーした楽曲のとりこになりやして、アルバム全体を聴いてさらに気に入ってしまったこの『A Hill to Die Upon』、ブルータルな部分とドラマティックでクラシカルな部分のコントラストが素晴らしすぎる、ロードオブザリングスの3部作を全部見終わったほどの満足感を得られる








2枚目:The Dirty Nil -『Fuck Art』

The Dirty Nil -『Fuck Art』

2021年初頭にリリースされた作品ですが、先行で公開されたDoom Boyに殺られちゃいました。メタリックなリフから始まるハードコアソングかとおもいきやキャッチーかつほんのり切ないサウンドに変化していく名曲!全体的にはパワーポップ寄りのオルタナ、ポップパンク、インディーロック、エモ、たまににメタリックなリフなどがちりばめられ独自なサウンドを奏でている特殊なバンド、とにかくメロディーが良く、印象に残る曲が多く、アルバムの完成度がかなり高い一枚!








3枚目:MØL -『Diorama』

MØL  -『Diorama』

ポストブラック/ダークゲイズ、前作も名作だったが、淡く輝く美しさのなかに邪悪が同居しているサウンドに磨きがかかった名作、DeafheavenとAlcestのフォロワー的な存在から一歩抜け出した感もあります、前作ほど初聴でのインパクトはなかったものの繰り返し何度も聴きたくなってしまう魔力が隠されている、刺激的で美しいリード・ギター・メロディーも磨きがかかっていますね!アルバムが進むにつれワクワクしてしまう高揚感、それは曲の中にちりばめられた独創的なアイデアが加えられているからだと、最後まで飽きることなく音に飲み込まれていく極上な一枚でした。








4枚目:Emma Ruth Rundle – 『Engine of Hell』

Emma Tuth Rundle - 『Engine of Hell』

ドラムやエフェクトなどを取り除いたピアノとフォークギターに、たち、とにかく暗く絶望の中に響くサウンドは心を無にしてくれ闇に取り込まれてしまう、派手さはないんだけど中毒性のある一枚でした。すべての現実が夢のように感じ虚無感にさいなまれる危険なサウンドなので車の運転中などは聴かないほうが良いかもねwww「ここがすごい」「ここ○○が○○ですごい」みたいな説明すら無意味に感じてしまう、自分でも何がおすすめなのかが説明できないんだけど何度も何度も聴いていた大好きな一枚となりました。








5枚目:Turnstile -『Glow on』

Turnstile -『Glow on』

21年を代表する説明不要な一枚ですね!根底にあるのはハードコアなんだけどその枠を軽く飛び越えてしまった名作、ハードコアにオルタナ色を大胆に強めた前作のサウンドにさ
らにエレクトロ、サイケ、ラテンファンク、ポストパンク、ドリームポップなども散りばめたまさに新感覚で新境地に到達してしまった一枚かと、曲ごとに表情が変わり飽きさせない構成も素晴らしいですね!ドラムマシーンのビートやシンセの使い方も巧みでどういった音楽を聴いてくればこのようなサウンドを生み出せるのでしょうね、今年一番良く聴いた一枚です!








6枚目:DARE -『Against All Odds』

Dare -『Against All Odds』

待ちに待った待望のファーストアルバム、オレンジカウンティ産SxE/ハードコアバンドDAREの『Against All Odds』は間違いなくハードコア部門でNo1!!クラシックなオールドスクールサウンドに現代のモダングルーヴ感をミックスさせ生み出された極上のハードコアソングたち、2分ほどの楽曲が11曲で一気に聴けるアルバムながらダンスパートも豊富だしキャッチーなフレーズや展開の中で耳に残るリフやフレーズも多数、かなり練りこまれたハードコアソングだからこそ飽きがこない、世界各国のハードコアキッズが夢中になった一枚でしょう!








7枚目:Really From -『Really From』

Really From -『Really From』

昭和歌謡の歌姫のようなジャケットですが、American Footballから影響を感じさせるエモサウンドにインディーポップ、ジャズ、エモ、マスロックをミックスさせたサウンド、ホーンも特徴的ですよね、ジャジーなんだけどエモいオシャンティーなサウンド、インディーロック好きの友人が「おれ、こんなオシャレなバンド知ってるんだぜ!」とマウントを取ってきて知ったバンドではありますが見事にハマってしまいましたwww哀愁ありエモくムーディーな大人エモですがドワクワクするキャッチーさものぞかせる、繊細でもありダイナミックに爆発する展開もイケてます!ホーン隊がやはり特徴ではあるが男女両方のボーカルもいろんな印象を与えてくれます、この作品から過去2作のアルバムも聴きましたが全部名作ですね!








8枚目:Every Time I Die – 『Radical』

Every Time I DIe - 『Radical』

アルバムごとに僕の中の最高記録を更新してくれるEvery Time I Die の『Radical』も、もちろん過去最高傑作でしょう!エネルギーに満ち溢れたサザンテイストの爆走サウンドにオルタナ要素も加えさらに進化を遂げています!何と言ってもキラーチューンだらけの極上な名曲だらけ、20年一度も落ちることなく第一線で活躍し続けるているキャリアだからこそのサウンドに説得力が増しています!次回作が出るまで途切れることなく聴き続ける名作です!








9枚目:Catbite – 『Nice One』

The Last Gang の『Noise Koise Noise』も最高に良かったんですがCatbite – 『Nice One』を選ばせていただきました!今年はスカパンクの当たり年といっても良いくらいに良作がリリースされたんですがクラシックなスカとロックステデサウンド、近年流行のスカパンクとは少しベクトルの違うリアルさも感じさせる、それでいてポップスのように耳なじみの良いグッドメロディー、時代に左右されないサウンドなので10年後も聴いているであろうスカの名作です!








10枚目:One Step Closer – 『This Place You Know』

One Step Closer  -『This Place You Know』

今年の10枚には絶対に欠かせない一枚となったのがOne Step Closer – 『This Place You Know』多くのメディアが今年のベストアルバムに挙げているのを見かける一枚!Turning Pointから00’sのモダンオールドスクールのエモーショナルな部分から激情ハードコアの爆発的エネルギー、スペーシーなポストハードコア、さらにオルタナ/インディーまでもがクロスオーバーした次世代のハードコアの形、この歴史的な一枚をきっかけにエモーショナルなモダンオールドスクールが再度盛り上がるであろう!








「俺の10枚」の中で1位を選ぶなら?




ore10005



第一位:Turnstile -『Glow on 』

Turnstile

間違いなく2021年を代表する一枚、10年後20年後もきっと語り継がれているだろう20’sハードコアアンセムだ!








21年度の最強の1曲を選ぶなら?


SHORELINE – 『Meat Free Youth』

エモ・リバイバルとメロディックを行き来するようなサウンドで爆発的な人気を誇ったSHORELINEの待望新作Epのラストに収録のMeat Free Youthは一聴で脳裏に焼き付くサビのメロディーが本当に好きでいつも口ずさんでいました。他の曲も良いからぜひチェックしてみてください!









といった10枚でしたね、この10枚に絞るには本当に苦労しました、過去一で悩んだくらいに名作が豊作だった2021年でしたね!



当然ハードコアを一番聴いた年だったんだけど、オルタナ要素があるハードコアも近年多く登場したことから、オルタナやグランジ、特に90年代後半にどっぷりハマったグランジを改めて聴きなおすことが本当に多かったです。



なので2022年は王道なオルタナ系もマーチも増やしていく予定ですので期待していてください!!



音源に関しても2022年も新たな名作に出会えるかと思うとワクワクしてしまいます。

2021年度の最強な10枚、今回は9名と少なめでしたが投稿本当にありがとうございました!僕含めこのアンケートをしないと出会えなかった名作を知ることができました、参加してくれた人も、このブログを見てくれた人も本当に本当に

ありがとう!


では最後に15000円のクーポン当選者の発表です!

ぽんすけさんおめでとうございます!

真っ先に投稿してくれた「ぽんすけ」さんが見事にクーポンゲットです!!クーポン番号などメールで送らせていただきますね!当たらなかった参加者も残念でしたが500円クーポンメールさせていただきますね!今年の年末もまた開催するのでぜひ参加してみてください(^_-)-☆





河内野







追伸:
2021年度の最強な10枚、年末年始忙しくてチェックできていない人は下記からチェックしてね!知らなかった名作に出会えます!

見逃し厳禁!今週「11/14~11/20」の【注目のMVまとめ!】Convergeの新譜どうだった?

今週のMV hardcore Punk

11月も後半戦、21年もあと1か月とちょっと、クリスマスに忘年会、新年会、イベントが多いこの時期、ファッションも気合いが入りますよね!お気に入りのバンドマーチでキメ、イルミネーションキラキラな街を闊歩したい!海外からの送料など爆上がりで商品の値も上がっていますがこの時期のバンドマーチの新作ラッシュは毎年の恒例、しっかりやばいアイテムは見逃さないようにアップしていくからね!

中でもニューアルバムの発売で新作マーチも続々更新中のConvergeもぜひチェックしてみてください!完全オリジナルなConvergeではないけど音源どうでした?





さて今週「11/14 ~ 11/20日はどのようなバンドのどのようなMVが公開されたのか?見ていきましょう!





Stillbirth – Strain of Gods

ジャーマンブルデスのStillbirth!!Unique Leader RecordsからリリースされたEPからStrain of GodsのMV公開!毎度おなじみのふざけたMV、今作も振り切ったオバカMVですがサウンドは相変わらずブルータルで程よくテクニカル、ベテランの貫禄すら感じる安定感です!





Emma Ruth Rundle – The Company

ConvergeのニューアルバムでもコラボしたCHELSEA WOLFEとともにSARGENT HOUSEを代表する女性シンガーソングライターEmma Ruth Rundle からニューアルバム収録のThe CompanyのMVが公開!へビーだった前作とは真逆な静寂なサウンド、個人的にはHaydenを思い出してしまった。





Shaolin G “ICY YUH”

ラップコアUnityTXのボーカルのソロ、Shaolin Gの新曲MVが公開!UnityTXもPure NoiseということでShaolin GもPure Noiseから音源をリリース、どのレーベルもHiphop、エモラップなどのアーティストが増えてきましたね、トラップビートにShaolin Gの巧みなラップ、空耳ですが「おいしいよ、おいしいよ」と連呼しています・・・





Aeon Station – Fade

ニュージャージ産インディ・ロックのレジェンド、The Wrensのキー・ソングライター、ケビン・ウィーランによるバンド、Aeon Stationの新曲FadeのMV公開!個人的にも楽しみすぎるアルバムは12/15にリリース!ドラマティックで壮大なインディーロックサウンド、エモ好きからいるオルタナロック好きにも聴いてほしいアーティストだね!





Mayday Parade – Think Of You

フロリダ州タラハシー産、Rise Records所属のエモロックバンドMayday Parade、最新アルバムからThink Of YouのMVを公開、毎回淡い青春時代を思い出させてくれる甘酸っぱいエモソング、おじさんも胸キュンなサウンドだ!





GLOOMKEEPER – SOUR (FT. JAI BENOIT OF GOLGOTHAN)

ルイジアナ産デスコアGLOOMKEEPERの新曲MV!





Like Pacific “Waste Of Breath”

トロント産Pure noise所属のポップパンクLike Pacificから、12月リリースの新作からWaste Of BreathのMV公開!聴かせるエモーショナルなポップパンクナンバー!リリックも良し!





Pyrexia – Rule of 2

ニューヨーク産Unique leader records所属、30年以上もぶれないブルータルデスメタルスタイルを貫くPyrexia!!12月リリースのアルバムからRule of 2のMV公開!これぞNYブルデスなグルーヴ感、ザックザクなリフとこもり気味のスクリーム、王道にしてクラシックなブルータルデスメタルサウンドに磨きがかかっています!





ANIMALS AS LEADERS – The Problem of Other Minds

テクニカル/プログレッシヴ・インストANIMALS AS LEADERSから来年3月にリリースされるアルバム収録のThe Problem of Other Minds のMV!





CELESTE – Des Torrents De Coups

フランス産、Nuclear Blast Records所属の暗黒激情ハードコア/ブラックCELESTE!!来年1月にアルバムリリース、その中からDes Torrents De CoupsのMV公開!より深い闇へといざないながらも絶望の中に光を感じれるサウンド!





Magnolia Park – “10 For 10”

フロリダ産ポップパンクMagnolia Park!!Epitaph Recordsからリリースされたニューアルバムから10 For 10のMVが公開!ポップパンク好きが大注目するだけあって極上なポップパンクサウンドを奏でる、いろんな人種のいるだけあってソウルフルな部分やリリックのハメ方のうまさも彼らの強みですね!





IGNITE – The River

オレンジカウンティ産メロディックハードコアIGNITEの新曲、Holy GrailのEli Santanaが加入し先日に続き新曲MV!これぞIGNITEなメロディックハードコアサウンド!高音ボイスは聴けなくなってけど、彼らの持ち味でもあるメロディーの良さはより強みがかかっている!





HANGMAN’S CHAIR – An Ode To Breakdown

フランスのドゥーム・メタル・バンドHANGMAN’S CHAIR来年2月nuclear Blastからリリースされるニューアルバム収録のAn Ode To BreakdownのMV公開!ヘヴィーでドラマティックで壮大なドゥームサウンド!





Jim Lindberg – “You’re Not Alone”

PennywiseのJim Lindbergのソロ、You’re Not AloneのMV公開!アルバムアートみたいに焚火を囲んで聴きたくなるアコースティック、カントリーテイストな楽曲、Jimの歌声がこんな優しい楽曲で聴けるのもうれしいです!





と言った感じの今週のミュージックビデオまとめでした!気に入った曲は見つかったかな?ハードコア関連の新曲も少しずつですが更新していきます!








今週アップしたマーチです!

ニューアルバム発売!【 Converge 】新作追加!

メロディックハードコア【 IGNITE 】新作追加!

メロディックパンク【 Descendents 】新作追加!

レーベルマーチ【 Revelation 】限定スウェット追加!

期間限定【 Terror 】グッズ追加!

オールドスクール【 Mouthpiece 】Tシャツ追加!

フューリーエッジ皇帝【 Arkangel 】Tシャツ追加!

DCクラシック【 Dag Nasty 】マーチ「初」登場!






ではまた来週(^^♪


河内野







追伸:
今回登場したバンドのグッズも取り扱っていますので秋冬に向けてチェックを!





1万点のバンドグッズはこちらをクリック!









すぐ届く即納アイテムでYour Demiseのパーカーも入荷中です、残り僅かになのでお早めに!
Your Demise

見逃し厳禁!今週「10/10~10/16」の【注目のMVまとめ!】Kocked Looseの新譜サプライズリリース!

‘sKnocked Loose




寒いぞ!先週はTシャツ、今日にいたってはロングスリーブを通り越してパーカー、秋のために自分用に入荷していた10枚ほどのロングスリーブはインナーとなってしまいそうだ!



急ピッチでパーカーやクルーネックのスウェット類を注文したのであった、ここ最近追加したメロディックパンク、Pulleyのパーカーも入手予定、カラバリがすごすぎて迷ってしまいますが所持していないグリーンを注文します!このデザインとカラーリング、どこかスケートブランドPowellを連想させるよね!




PULLEY



90’sなメロディックハードコアやスケートを連想させるんでヒザが治り次第スケートの際はこのアイテムを着用予定だ!



このPulleyですがあまりにも商品すっが多すぎてサイトにアップするのに丸一日以上かかってしまいました、さっきも言ったけどカラバリがとんでもない、迷ってしまいますね!あなたはどのカラー派?下記画像をクリックしてチェックしてみてください!



Pulley



さて今週「10/10 ~ 10/16はどのようなバンドのどのようなMVが公開されたのか?見ていきましょう!





Knocked Loose “A Tear in the Fabric of Life” (Animated Film & New EP)

今週一番衝撃だったMVはこちらKnocked LooseのニューEPのサプライズリリースにEP全曲のMVだよね!いきなりだもの思わずイスから勢いよく飛び上がって机に負傷しているヒザを思いっきりぶつけたよね!サウンドはよりブルータルにカオティック要素デスメタル要素を強めた楽曲たち、邪悪度を極めたブレイク、ビートダウン、ヘヴィーになったサウンドとボーカルの高音のシャウトの対比がより鮮やかになっているように感じた!





Save Face – “Sharpen Your Teeth”

Epitaph Records所属、10/29日にリリースされたアルバムからSharpen Your TeethがMVに!マイケミ直径なサウンドは懐かしくもただフォロワーなだけじゃなく楽曲のクオリティーも高く、スクリームも多めですがとてつもなくキャッチーにQueenのようなオペラロックなテイストもミックスした名曲です!





Emma Ruth Rundle – Blooms of Oblivion

ロスを拠点に活動する女性SSW、Emma Ruth Rundle,11/05にSargent HouseからリリースされるニューアルバムEngine of HellからBlooms of OblivionのMVが公開、エクスペリメンタルダークな楽曲、MVもさすがの世界観を表現!





CRYPT ROT – SONS OF SAM

USはオハイオ産のデス・メタル、CRYPT ROT!!先日リリースされた3枚目のSelf-TitledのEpも高評価、ブラッケンドなオールドデスサウンド!!





CHERUBS – Sooey Pig (Sad) [Skrewed Version]

テキサスはオースチン産のノイズロック・バンド CHERUBS先日Relapseからリリースされた新譜からSooey PigのMVが公開!アコースティックサウンドに病んでいるボーカルがのるぶっ飛び注意のサイケサウンド!ウルトラマンも登場する映像も病んでいます!





Youth Fountain – My Mental Health/Century

カナダはヴァンクーヴァー産のポップ・パンク/エモ・バンドYouth Fountain Pure NoiseカラリリースのEPからMy Mental Health/CenturyのMV公開!エモやハードコアも感じれる疾走感、より楽曲のクオリティーも上がっている!メンバーが抜けたのも正解だったかもね!





Worm Shepherd – Ritual Hymns

ブラッケンドデスコアWorm Shepherd!!来年Unigue Leaderからリリースの新譜からRitual HymnsのMVが公開!ブラックメタル寄りなシンフォニックなサウンドから極悪なブレイクダウンが素晴らしい楽曲!





WIEGEDOOD – Nuages

ベルギー産Oathbreakerのメンバーも在籍の激情ブラックWIEGEDOODから新曲MVが公開!アトモスフェリックでスラッジーな轟音サウンド、プログレ並みの展開、映像も強烈!





FULL OF HELL – Reeking Tunnels (Ghostemane Remix)

待望のニューアルバムもついにリリース、FULL OF HELLから先行で公開されていたReeking Tunnelsのリミックス音源のMV、映像は変わりないですがこのドラムンベース的なFOHサウンドもイケイケ!アルバムには収録されていないのが悲しいね!





Whitechapel – Orphan

Metal Bladeからの新譜も楽しみなWhitechapelからOrphanのMV公開!
これまでになかったバラード調な聴かせる楽曲、クリーンな歌も上手いのね!泣かせるギターソロもステキ!





Bloodbather – We Came And You Were Silent

RISEからの音源も楽しみなフロリダはブロワード産、次世代メタルコアBloodbatherから新曲We Came And You Were SilentのMVが公開!デスコア、ハードコア、インダストリアル、Nuメタル、Code OrangeやVeinなんかにも通づるサウンド!





ORTHODOX – Body & Soul

Century Media Recordsに移籍はびっくり!テネシーはナッシュヴィル産、次世代メタルコアとして1.2年前から話題になっているORTHODOXの新曲Body & SoulのMV!曲名はSPEED(J-POP)を連想させますが、サウンドはグルーブあるブルータルなメタリックハードコアサウンド!!









と言った感じの今週のミュージックビデオまとめでした!気に入った曲は見つかったかな?ハードコア関連の新曲も少しずつですが更新していきます!

中でもブチ上がったのはSurge of Furyの新曲!ビートダウン好きは待望の新曲ですよね!相変わらず男臭く極悪なサウンドでした!アルバムリリースされないかな~!







追伸:
今回登場したバンドのグッズも取り扱っていますので秋冬に向けてチェックを!





1万点のバンドグッズはこちらをクリック!








見逃し厳禁!今週「09/05~09/11」の【注目のMVまとめ!】Angel Du$tの新譜楽しみだね!

MVまとめ



夏らしいことは一切してないんですが、最近のドライブのお供にはメロディックハードコア、いわゆるメロコアバンドの音源を聴いて夏を感じています、中でも世円日リリースされたばかりのFace To Faceのニューアルバム「NO WAY OUT BUT THROUGH」がパーフェクトすぎて、これ最高傑作かもしれない!メロディック好きは必須です!




メロディック関連でいうと、スケートをかじったことがある人なら必ず耳にしたことがあるであろうスケート界のリヴィングレジェンド、トニー・ホークがゲームプロスケーター2でも人気のMillencolinの名曲「NO CIGAR」をカヴァー!!ギターはこれまたレジェンド、スティーブ・カバレロ!!

とんでもないカヴァー、選曲も最高です!近年ではスケートミュージックといえばHiphopのイメージが強いですが、30代40代、横乗りを一度でも体験したあなたはスケートミュージック=メロコアのイメージですよね!



さて今週「09/05 ~ 09/11」はどのようなバンドのどのようなMVが公開されたのか?見ていきましょう!





SILENT GENERATION – EGO TRIP

チェコ産のデスコアxスラミングデスxニューメタルxビートダウン、これまた特殊なバンドが現れたねSILENT GENERATION!!チャライMVもサウンドとマッチしてますwww





Signs of the Swarm – Death Whistle

9月24日にリリースが迫ったSigns of the Swarmの新曲MV、クリーンパートも違和感なく曲になじんでますね!




Bound in Fear – Beyond the Mire

10月にニューアルバムをリリースするUK産デスコア、Bound in FearのMV、グルーヴ感もあるダウンテンポ・デスコア、数段落としていくビートダウンがたまりません!




Four Year Strong “Bitter Sweet Symphony”

ミュージックビデオではなく静止画なんですが、大好きな曲のカヴァーってことで紹介、一時期はテラハの曲みたくなって虫唾が走っていたんですが、The Verve の 名曲、Bitter Sweet SymphonyをFour Year Strongがカヴァー!




One Step Closer – “Autumn”

Run For Cover RecordsからリリースされるアルバムからのMV、Killing The Dream,Verseなどなど、あの頃のモダンオールドスクール、叙情的なハードコアバンドが好きなら間違いなし、号泣しながら疾走していくスタイルの曲です!




Dan Andriano & The Bygones – “The Excess”

Alkaline TrioのDanのバンドDan Andriano & The BygonesのMV、オールドアメリカ、クラシックなカントリーとロック、ブルースやカントリーほんのりとパンクも感じさせる渋みある楽曲!




Greet Death “I Hate Everything”

Deathwish RecordsのシューゲイズGreet Deathの新曲MV、シューゲイズなひずんだギターサウンドは後半で少し顔を覗かす程度のエモ/インディーロック的な楽曲!




Bearings “Get The Need”

9/15にHello It’s Youのデラックス・エディションをリリースするPure NoiseのBearings、インディーロック色強いポップパンクサウンドな良曲!




State Champs “Outta My Head”

State Champsから新曲 “Outta My Head” のMV!!これぞポップパンクなごきげんでキャッチー、この時期のドライブに最高にマッチしそうな一曲!




thoughtcrimes “Misery’s A Muse”

元The Dillinger Escape PlanのドラマーBilly RymerによるバンドThoughtcrimes、Pure NoiseからリリースのEP収録曲のMV!!




Angel Du$t – Big Bite

10月にRoadrunner Recordsから新作をリリースすることを発表したAngel Du$tの新曲MV!ヒッピーでキャッチーなロックサウンドに磨きがかかった新曲!




Mini Trees – “Moments In Between”

Run For Cover RecordsのインディーポップバンドMini Trees、デビューアルバム “Always In Motion” は9/17にリリース、そのアルバムからMoments In BetweenのMVが公開!映像は日本人photographer/filmmakerのhiro itou氏、チルムードなドリーミーな楽曲、




Jim Lindberg – “The Palm of Your Hand”

PennywiseのフロントマンJim Lindberg、ソロ作品、The Palm of Your HandのMVが公開!




Grace – “Comfort in Misery”

Upstate RecordsのNJメタリックハードコア、Grace、Suburban Scum、World Demise、The Banner、Dissentのメンバーによるバンド、9月24日に4曲のEPがリリース!Meraurder、All Out WarからArkangelのファンはたまらないサウンドでしょう!




Emma Ruth Rundle – Return

ロスを拠点に活動する女性SSW、Emma Ruth Rundle,11/05にSargent HouseからリリースされるニューアルバムEngine of HellからReturnのMVが公開、エクスペリメンタルダークなバラード曲、ダークでアートでモードなMVもさすがの世界観を表現!




Save Face – “Bury Me

Epitaph Records所属、10/29日に発売されるアルバムからBury MeがMVに!中期のマイケミ直径なサウンドは懐かしくもただフォロワーなだけじゃなく楽曲のクオリティーも高くマイケミよりもよりポップにキャッチーにWeezerなんかも感じさせるパワーポップ、エモ曲である!




The Plot In You – Paradigm

ポストハードコア/メタルコアバンドThe Plot In Youの来週発売されるアルバム収録のParadigmのMV!流行中のオルタナティヴメタルコアサウンドとは一線を画すThe Plot In Youサウンド、表現豊かなボーカルも磨きがかかっている!




Hawthorne Heights “Tired And Alone”

3年振りの新譜The Rain Just Follows Meも話題のHawthorne Heights、15年経っても全くスタイルのぶれないピュアスクリーモ曲!




Bloodlines “Lotus”

Facedown Records所属のメタルコアバンドBloodlines、リリースも控えているBloodlinesの新曲MV、FDならではのクラシックなメタルコアサウンドと現行なモダンなオルタナ要素も若干取り入れたサウンド!!




ABORTED – Dementophobia

ゴアグラインドAbortedから話題の新譜ManiaCult収録のDementophobiaのMV!アメリカンコミック、カートゥーン的映像も印象的!




KHEMMIS – Living Pyre

ドゥームメタルKhemmis!!3年振り、11月19日リリースの新譜DeceiverからLiving Pyreを公開!!キャッチーでありドゥーミー、クラシックなメタルサウンドも感じれるエピックサウンド!




Vagrants “You Still Linger”

Equal Vision RecordsのポストハードコアバンドVagrantsからニューシングルYou Still LingerのMVが公開!とてつもないポテンシャルを感じさせる楽曲、この手のサウンドを奏でるバンドの期待のバンドが現れた感、このバンドとんでもないことになるかも!






今週はこんな感じ今回も幅広いですが激やばなMVを紹介しました!!




どうしてもハードコア寄りなバンドが少なくなっていますがハードコアバンドの音源も数多くがリリースされています。お気に入りは、インドネシアのハードコアバンド、グランジ、ヒップホップ、なども取り入れたハイセンスなモダンハードコアBleachの新曲Treat the Disease、イケてます!





追伸:
今回登場したバンドのグッズも取り扱っていますので秋冬に向けてチェックを!



1万点のバンドグッズはこちらをクリック!