最強ボリュームを誇るWarped Tour「ワープドツアー」のコンピレーションも今年で最後!

ワープドツアー2018

昨日に引き続き今日も夏日ゴールデンウィークなんてなかったけどまさに5月病、体が重い・・・ただ食べ過ぎているせいでもあるが、この憂鬱な気分を解消してくれるのはやはり音楽である!

やっぱりこの時期、夏といえばメロディックハードコアに、ポップパンクだよね、やはりこれから始まるワープドツアーのイメージが夏、パンクバンドだけじゃないんだけど、やはりワープドの印象はパンクなんだよね、毎年楽しみにしている、とてつもないボリュームのコンピレーション・アルバムが6月に発売。

ワープドツアー

The Warped Tour 2018

発売日は6月の22日、約1月後だね!何が楽しみってこのボリューム、Neck Deepのジャケだった去年は50曲収録、今年は51曲、今年はTonight AliveのヴォーカルJennaがジャケットを飾る!
今年も一枚目はメロディックなバンドが多く2枚目はポストハードコアやメタルコア、ハードコアなどが中心、ここコンピで知れたバンドも数多くいる、まさに入門編なアルバム。



毎年の夏前の楽しみの一つなのである!

来年も

再来年も


その次の年も



当然、このコンピ買うよね・・・って

ワープドツアー今年で終わるんだった・・・


僕と同じく毎年このコンピレーションを楽しみにしていた仲間も多いはず、実際にワープドにはいけないけどこのコンピを聴いて、ほんの一ミリでもワープドに参加している気分を味わっていたが、それも今年で終わり、「始まりがあれば終わる」とても悲しいね・・・


「当たり前を続けるのって難しいですよね!」by石田ゆり子さん



悲しみはいったん置いといて、このCDに収録できる限界時間のフルヴォリュームな中身を見ていこう、収録曲はこちら!



1枚目の収録アーティスト/曲
1. Tonight Alive(トゥナイト・アライブ) – “Book of Love”
2. Senses Fail(センシス・フェイル) – “New Jersey Takes, The World Makes”
3. Real Friends(リアル・フレンズ) – “Get By”
4. Knuckle Puck(ナックル・パック) – “Double Helix”
5. State Champs(ステイト・チャンプス) – “Slow burn”
6. Sleep On It(スリープ・オン・イット) – “Distant”
7. Story Untold(ストーリー・アントールド) – “All the Same”
8. Mayday Parade(メイデイ。パレード) – “Jamie All Over”
9. This Wild Life(ワイルド・ライフ) – “Headfirst”
10. The Maine(メイン) – “Black Butterflies and Déjà Vu”
11. Palaye Royale(パレ―・ロワイヤル) – “Get Higher”
12. Doll Skin(ドール・スキン) – “Baby’s Breath”
13. Don Broco(ドン・ブロコ) – “Stay Ignorant”
14. Picturesque(ピクチャレスク) – “New Face”
15. Simple Plan(シンプル・プラン) – “Boom!”
16. The Interrupters(インタラプターズ) – “She Got Arrested”
17. Shiragirl(シーラガール) – “Get Em Hot”
18. Less Than Jake(レス・ザン・ジェイク) – “Things Change”
19. Broadside(ブロードサイド) – “Paradise”
20. Assuming We Survive(アスーミング・ウィー・サヴァイブ) – “California Stoned”
21. Makeout(メイクアウト) – “Crazy”
22. With Confidence(ウィズ・コンフィデンス) – “Keeper”
23. Summer Wars(サマー・ウォーズ) – “End of an Era”
24. Grayscale(グレースケール) – “Let It Rain”
25. As It Is(アズ・イット・イズ) – “Austen”
26. Four Year Strong(フォー・イヤー・ストロング) – “For Our Fathers”



2枚目の収録アーティスト/曲
1. Ice Nine Kills(アイス・ナイン・キルズ) – “Nature of the Beast”
2. August Burns Red(オーガスト・バーンズ・レッド) – “King of Sorrow”
3. Motionless in White(モーションレス・イン・ホワイト) – “Voices”
4. Asking Alexandria(アスキング・アレクサンドリア) – “Where Did It Go?”
5. Issues(イシューズ) – “Coma”
6. Every Time I Die(エヴリ・タイム・アイ・ダイ ) – “Glitches”
7. Wage War(ウェイジ・ウォー) – “Stitch”
8. Knocked Loose(ノックド・ルーズ) – “My Heroes”
9. Chelsea Grin(チェルシー・グリン) – “Four Horsemen”
10. In Hearts Wake(イン・ハーツ・ウェイク) – “Passage”
11. Nekrogoblikon(ネクロゴブリコン) – “Mold”
12. Twiztid(ツイズティッド) – “Nothing to You”
13. Kublai Khan(クビライ・カーン) – “Split”
14. Phineas(フィニアス) – “I Saw The Bombs Fall”
15. Dayseeker(デイシーカー) – “Cold, Dark Winter”
16. Sharptooth(シャープトゥース) – “Rise”
17. Crown The Empire(クラウン・ジ・エンパイア) – “Zero”
18. Trash Boat(トラッシュ・ボート) – “How Selfish I Seem”
19. Dead Girls Academy(デッド・ガール・アカデミー) – “I’ll Find A Way”
20. Farewell Winters(フェアウェル・ウィンターズ) – “On A Light Note”
21. Capstan(キャプスタン) – “The Wreath and The Follower”
22. The Amity Affliction(ジ・アミティ・アフリクション) – “This Could Be Heartbreak”
23. Movements(ムーブメンツ) – “Full Circle”
24. Hail the Sun(ヘイル・ザ・サン) – “Suffocating Syndrome”
25. Waterparks(ウォーターパークス) – “Lucky People”


相変わらずなヴォリューム、毎回大満足、いろんなバンドが収録されているから車のBGMとして流し、「おっ!」と思う部分があれば信号待ちなどでCDジャケットを取り出し何のバンドかをチェックする、そしてそのバンドの音源を購入するのがワープドコンピの楽しみ方、一連の流れ、この楽しい流れも途絶えるのかと思うと結構なショックである。夏の風物詩、花火が無くなるような、大げさでもなく本当に毎年楽しみにしていたからね・・・自分の中では当たり前に思っていたけど50バンドも集めコンピを作成するってすごいことだよね、ワープドのコンピにはマジで感謝でしかない!今までありがとう!!!




今回は収録されているバンドの中から夏前ってことでメロディック、ポップパンクバンドのMVを貼ってを感じていこう!※コンピに収録されていない曲でね!



Real Friends – “Loose Ends”




Knuckle Puck – Gone




State Champs “Dead And Gone”




Sleep On It “Fireworks” (ft. Derek DiScanio)




Story Untold – In Or Out




Doll Skin – Let’s Be Honest




The Interrupters – “She’s Kerosene”




Less Than Jake “Bomb Drop”




Broadside – Hidden Colors




Assuming We Survive – Better Without You




MAKEOUT – Ride It Out




With Confidence – Voldemort




Summer Wars – Something To Call My Own




Grayscale – Atlantic




As It Is – Speak Soft




Four Year Strong “Who Cares”






夏が迫ってきたぜ!!!

、感じれた?一番好きなのはハードコアだけど、夏は絶対にメロディック、ポップパンクです!



Less Than Jakeのようなスカ要素あるバンドも「ザ夏!」って感じするけど、僕のお気に入りはSummer Warsとイージーコア寄りのSummer Warsだね!



Summer Warsは、Neck DeepやAs It Is にTonight Alive等のマネージャーを務めるMichael Kaminsky が去年立ち上げたAdventure Cat Records所属だね、ポップパンクではにけど同じくレーベルメイトのポストハードコアバンドCapstanも注目のバンドだね!



ここ最近は帰り道海岸線を車で走りお気に入りのビーチでアイフォンに入れたポップパンクを大音量(ヘッドフォン)で聴くのがマイブーム、夏に向けて新しい音源を購入したいんだけどさ、そこのポップパンクマニアよ、あなたのおすすめバンド教えてくれてもかまわんよ!!

河内野

【リリース情報】3月4月もヤッベーリリースが続くけどハードコアバンド「Stone」どうなってんの?

Stone1837004

抹消されてる・・・

楽しみにしていたPure Noise Recordsからアルバムが発売のStoneだけどさ、アルバムが延期になるどころからメーカーにアップされていた商品は消されているしPure Noise Recordsページのバンドリストからは抹消、あらら、アルバム発売、グッズの発売は幻となってしまったわけだ。

The Plot In You


Expire時代から大好きで、ギターを務めたザックのバンドってことでepが発売されたころから待ちに待っていたアルバム、しかもPure Noiseから発売ってニュースを聞いたときは思わずガッツポーズしたんだけど、やはり「セクハラ」問題が原因で・・


何とかアルバムを手に入れることはできないだろうか?手に入らなくなると余計とほしくなってしまう人間の性、あきらめきれない・・・・



ライブ動画でも見て我慢しときますわ・・・幻となってしまったアルバム「Inch of Joy」いつまでも待ちます!アホな友人はアルバム名をインチン・オブ・ジョイトイとディスっていました。




Pure Noise Recordsといえばさ、2月後半にアルバム発売、ようやく僕の手元にも届いたSenses Failの「If There Is Light, It Will Find You」なんだけどさ、マジでさ、クソ、クソ、クソ

クソ、ヤバくない!

正直さ前作のアルバムはピンとこなかったんだけど、マジでいま一番ハマっているアルバム!

Senses Fail

見事なチャートイン、サウンドもまさにあの頃のスクリーモサウンド、

ほんでもって名曲ぞろい、ま、アルバムジャケットを見た時点で「なんかこのアルバムやばそう!」そんな印象を持っていたからさ、期待はしてんだけど期待を完全に上回る出来、キラーチューンがたくさん!!アルバムラストを飾る「If There Is Light, It Will Find You」はリアルに涙が・・・

Senses Failありがとう!





AttilaのCallout2では、なぜにディスられいたんだろうか・・・・・
ヴァリエーション豊かなSenses Failの新作もアップしたからチェックしてみて!


そしてまたまたPure Noise RecordsからスクリーモレジェンドHawthorne HeightsもアルバムBad Frequenciesが4月後半に発売だね、スクリームはないけど、新曲の完成度、安定感は期待させるね~~!!



Pure Noise Recordsさん、TERRORの新譜もよろしくおねげーしますよ!!そしてレーベルは違えど、Fearless Recordsからニューアルバム「Erase Me」が4月初旬に発売のUnderoath!!!新曲きた~~!ちょっと前だけど・・・




再生回数はすぐに100万超えるだろうね、世界中のファンが待ちに待った8年ぶりのニューアルバムだよ!待たせすぎ、てかあきらめてたけどww僕はニュースクール+ブラックメタルテイストな時代からのファンだからこれまた興奮しっぱなし!いまだに定期的に聴く名曲、長いけどww






ジャケットデザインもすでに公開、ジャケットからにじみ出た名作の予感、期待している人も多いでしょう!新曲聴いた時点で100点でしたもの!!

Stone1837003

ドハマリしたThe Changing of Timesからもう16年も経つんだね!

Stone1837005



・1999年:Act of Depression (Takehold Records)
・2000年:Cries of the Past (Takehold Records)
・2002年:The Changing of Times (Solid State Records)
・2004年:They’re Only Chasing Safety (Tooth & Nail Records)
・2006年:Define the Great Line (Tooth & Nail Records)
・2008年:Survive, Kaleidoscope (Solid State Records)
・2008年:Lost in the Sound of Separation (Tooth & Nail Records)
・2010年:Live at Koko (Tooth & Nail Records)
・2010年:Ø (Disambiguation) (Roadrunner Records)
・2011年:Play Your Old Stuff (Solid State Records)
・2012年:Anthology: 1999–2013 (Solid State Records)

・2018年:Erase Me (Fearless Records)


The Plot In You

They’re Only Chasing SafetyのSpecial EditionはConvergeのジェイコブデザインってのは知ってた?



ジェイコブらしい独特な配色とアート感、ジェイコブ好きならぱっと見でわかるよね、



3月4月もヤベーバンドのアルバムリリースラッシュだ!


・3/9・Between The Buried And Me「Automata Ⅰ」 (Sumerian Records)
・3/16・Greyhaven「Empty Black」 (Equal Vision)
・3/23・Blessthefall「Hard Feelings」 (Rise Records)
・4/20・TesseracT「Sonder」 (Kscope)

あなたが期待しているアルバムは何!ぜひ教えてください!

【チャート】2013年、ビルボードを席巻した激音バンドをおさらい

1

2013年も三分の二が終わってしまった。まだ終わっていないけど今年は神盤が本当に多い。そして激音バンドがビルボードを席巻していた。

一般人しか見ないと思っていたビルボードもチェックしだしたのは激音バンドが予想外に多く登場するから。ここで2013年度終わってないけどビルボードにランクインしたバンドたちを集めてみた。

やはりランクインしたアルバムは神盤だらけ。買い逃している音源は無いですか?チェックしておこう。

HatebreedのDivinity Of Purposeが20位にランクイン


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

さすがのHatebreed師匠、安定感半端ないっす!

Bad ReligionのTrue Northが91位にランクイン


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

哀愁漂うサウンドは心地が良い。ぶれないスタイルは尊敬です。

SilversteinのThis Is How The Wind Shiftsが59位にランクイン


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

これが正統派のスクリーモだ!!!

Senses FailのRenacerが84位にランクイン


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

最高のアルバムだったんだけど、それよりもこのパンダのぬいぐるみのPVは話題になったよね。

Killswitch EngageのDisarm The Descentが7位にランクイン


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

僕はジェシー派です!

Bring Me The HorizonのSempiternalが11位にランクイン


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

初期からは想像できないほど進化したね。これこそ神曲だ!

For TodayのPrevailer (EP)が47位にランクイン


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

なぜここ日本では話題にならないんだろうか?不思議でしかたがない。

The Dillinger Escape PlanのOne Of Us Is The Killerが25位にランクイン


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

一般人なら絶対に雑音にしか聞こえないカオティックサウンドが25位ですよ。素晴らしい!!!

Man OverboardのHeart Attackが46位にランクイン


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

メロディーが素晴らしすぎる。今年一番聴いたポップパンクアルバムだな。この時期にぴったりだ。

Sleeping With SirensのFeelが3位にランクイン


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

3位って凄すぎだよ!!手の届かない存在にならないでね。

AttilaのAbout That Lifeが22位にランクイン


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

やっぱテンションあがるな。ケツばっかり(笑)。

August Burns RedのRescue & Restoreが9位にランクイン


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

今後メタルコアのジャンルを背負って立つのはこのバンドだ。ドラマチックだな~。

Like Moths To FlamesのAn Eye For An Eyeが62位にランクイン


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

ライズ系強し!!!

DefeaterのLetters Homeが72位にランクイン


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

同世代のモダンハードコアの中では頭一つ抜きでたね。デスコアやメタルコア好きもチェックしてほしいバンドです。

We Came As RomansのTracing Back Rootsが8位にランクイン


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

アルバムが発売されるたびの安心感が半端ない。今作も最高でした。

Hands Like HousesのUnimagineが32位にランクイン


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

スクリームしないポストハードコア、メロディがイイんだよね。

SecretsのFragile Figuresが59位にランクイン


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

静と動のコントラストが心地よすぎでしょ。

Asking AlexandriaのFrom Death To Destinyが5位にランクイン


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

絶対の神盤、HM/HR好きのオヤジたちも虜です。

Norma JeanのWrongdoersが37位にランクイン


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

他のバンド達に比べれば宣伝も控えめ、しかし待っていたキッズたちは数知れず。素晴らしい。

iwrestledabearonceのLate For Nothingが93位にランクイン


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

おバカさんも突きぬければここまでこれる。おバカぶりは一生貫いてください。

blessthefallのHollow Bodiesが15位にランクイン


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

曲の流れは一番好きかな。一枚通して飽きずに聞けるアルバムだ。

Born Of OsirisのTomorrow We Die Aliveが27位にランクイン


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

BOOさん、スケールデカすぎ、ビルボードどころじゃないよ。全宇宙ランキング一位だよ。

2013年9月半ばまでのビルボードをかき乱してきたバンド、どれもヤバいでしょ。メロディーを取り入れて一般人にもアピールできるポストハードコアやスクリーモなどはなるほどって思うんだけど、一般人には受け付けないカオティックやデスコアがここまで入ってくるのは本当に凄いことじゃないかな。

2013年の残りあと3ヶ月半、どんな激音バンドたちがビルボードをかき乱してくれるのだろうか。非常に楽しみだ。

河内野