【ハードコアニュース】「NYHC」の重鎮のニューアルバムにゲスト参加したビルボード常連のロックスター!

sick of It All

早くも9月が始まったね、今年も残すところ3ヶ月、30歳を超えてからのスピードは高速ブラストビート並み、40台に突入するもあっという間だろう!このスピードがビートダウンすることなく人生は進んで行きそうだ。



毎年、言っているかもしれないが今年は特に最高な音源が発売されたり、まさかの来日公演が決定したりと、すざまじいスピードの中でもびっくりの連続を体感している気がする、個人的にも好きなハードコアシーンにおいては特に、というかハードコアが好きだから余計とそう感じるんだけどねww



ここ最近で一番テンションが爆上げしたのは記憶にも新しいMadballのニューアルバム発売からのSick Of It Allの新曲公開!





サウンドは言わずもがな最高!そしてMVのドラゴンはパワーメタルなイメージを受ける冒頭のアップから全体像はいつものドラゴンデザイン!タイトルは


“Wake The Sleeping Dragon!”


発売は11月2日

Sick of it all

映画のポスターのような仕上がり、下部にはメンバーが記載され、さらに下にはゲストの名が!!


ティム!!!まさか、Madballのニューアルバムと同じくランシドの?と思いきやなんとティム・マキルラス、そう!Rise Againstのヴォーカル・ギターであるティムなのである!!!
Rise against



それを踏まえ新曲もう一度聴くと・・・Rise Against感をほんのり感じない??ゲストだからね、プロデュースでもないから、思い込みだろうか?


さらにびっくり、もう一人のゲストはHot Water Musicのヴォーカル、チャック!!!なんなの、この渋い、いぶし銀がかったゲストは!!!最高かよ!!!
Hot Water Music



そしてゲストの横に記載されているのはプロデューサーの名前、 Jerry Farley、知識不足でさーせん、ピンときません!ということで調べた結果、Sick of It Allの前作Last Act of Defianceではエンジニアとして参加、さらに過去Jerry Farleyの携わった作品を見てみると、

PDBL1882071

何このメンツ、やばすぎる、ハードコアからヘヴィーロック、エクストリームメタル、まで幅広く多くの作品に携わっている敏腕プロデューサーじゃない!!!しかもまだ40歳だって・・・・すげ~~としか言いようがないとともに、Sick of It Allのニューアルバムへの期待がさらにググっと上がった!!!

そしてミックス&マスターはTue Madsen、ご存知の方も多いはず!

SOIA

いかにも敏腕ないで立ち、なんとMeshuggahDark TranquillityThe HauntedMnemicHatesphereEktomorfCataractExmortem、 に携わる激やば人物、 そしてあのBabymetalのアルバムもミキシング!Sick of It AllのNonstopにBased on a True StoryさらにDeath to Tyrantsでもプロデューサーとして携わっている、僕たちが好むバンドでは



・Heaven Shall Burn
・August Burns Red
・Earth Crisis
・Winds of Plague
・Born from Pain
・Suicide Silence
・Himsa
・Maroon
・Extol
・Caliban
・Knuckledust
・No Turning Back

などなど、メタルだけでなくメタルコアデスコアニュースクールハードコアまで携わる、っている人物なのである!期待せざるを得ないですよね、それを踏まえてもう一度聴いてみよう!!

Sick of It Allのニューアルバムに会いたくて会いたくて震えてきました。今この時点ではTERRORのニューアルバムよりほんの少しだけSick of It Allのニューアルバムが楽しみであるwww



・ニューアルバムのタイトルはWake the Sleeping Dragon!
・アルバムの発売は11月2日
・ゲストにはRise Againstのティムと
Hot Water Musicのチャック、
・プロデューサーにはジェリー、ミックス&マスターにはテュー・マッドセンということ!
・レーベルはCENTURY MEDIA



問題なのはCENTURY MEDIAからアルバム発売ってことで新しいマーチへの期待はできないってこと…トホホですね。




レジェンドたちも2018年はマジ熱い年だった、まだまだ進化を続けるMadball、あまり話題になっていないけど最高だったSLapshot、ぶれないストロングスタイルのWisdom In Chains、今週末にはSuicidal Tendenciesでしょ!レジェンドとはまた違うけどハードコアの代名詞のTERROR、そして11月にSick Of It Allもう一度言う!

最高かよ!!

震えて待て!!!!

では!

河内野

追伸:
最後はH2O “What Happened?”でお別れです!

【CBK】Die Knowingってアルバムはクソなのか?


昨日のブログで言ったComeback KidとMisery Signalsなんだけどさ

Comeback Kidには特に思い入れがあるんだけどさ、同じ大ファンの友人

(僕と同様に全ての音源を持っているしLPも揃えるマニア)

曰く現時点での最新アルバムが「正直CBKじゃないよ!クソだね!」
って言ったわけ、とても悲しかった。

気持ちはわからんでもないけど、クソ入っちゃダメっしょ!!

聴き込みもしないで「クソ」っていうやつほんと嫌い、

ジャンルに縛られて聴きもしないで最近のバンドを馬鹿にするし、
なんか悲しくなるとともに「もったいねーな」って思っちゃう。

なんか思い出したら腹たってきた!
      ・
      ・
      ・
      ・

話を戻して、確かに、今までのアルバムに比べ………..

とにかくファーストのやばさから紹介していくからさCBK好きは
チェックしてよ。

記憶が正しければ2003年Facedown Recordsから発売されたファーストアルバムTurn It Around
をSTMで視聴して1曲でぶっ飛ぶくらいにやられたのを覚えている。

Turn It Around

いわゆるオールドスクールって当時は軽くて古臭い、そんなイメージしかなかったんだ
よね。

メタルからハードコア好きになったからさ、ニュースクールなバンドばかりを好んで
聴いていたわけ、いわゆるフロリダのニュースクールとかMAメタルとか、当時で言う
デスコアとか、(今のでスコアではないよ。)

当時はメタリックな要素が多くないと好きになれなかったわけ、そこに突如現れた
Comeback KidのTurn It Aroundを聞いて衝撃が走ったんだよね。

オールドスクール特有のハイトーンなボーカル、ハイテンションで哀愁なリフ、
ドラマ性のあるメロディー、思わず拳を上げシンガロングしたくなるパンチライン
スピードあり疾走しているんだけどしっかりモッシュパートも入れてくる。

「こんな完璧なバンドいたんだ!」鳥肌の連続だったね。

モダン・ユースクルー、モダンオールドスクールにどっぷりハマる
きっかけになった人生の中でも最重要な一枚それがTurn It Around!!

曲が短いからササっと聞けるってのもいいよね。

Comeback Kid – Turn It Around






そしてVictory Recordsに移籍し発売された2ndアルバムWake The Dead、日本での知名度が
一気に上がったのはこのアルバムからだね。

Wake The Dead

不動の人気を誇ったのもやはりアルバムタイトルにもなっている神曲Wake The Dead!!
未だにこの曲を超えるモダンオールドスクールソングは生まれてないんじゃないかな。

1stよりも哀愁度数もアップ、ブレイクダウンもパワーアップ、絶妙な展開は計算され
付くして作られたんじゃないかって思うほどパーフェクトなアルバム。

オールドスクールを代表するアルバムがこのWake The Deadだ!

ジャケットのにもギミックがあってアートワークも印象に残っている一枚。

Comeback Kid – Wake the Dead






続いて2007年発売の3rdアルバムBroadcasting、アルバムが発売される前にVictory Records
のサンプラーに入っている曲を聴いて………….「アレ、何かが違う!!!」そう思ったわけ

Broadcasting

違和感はそう、ボーカル変わってる!!!スコットからアンドリューに!

違和感は感じたんだけどサウンドはさらにタフさもアップし幅も広がったしスケールも
格段に上がった印象。

しか~~しオールドスクール感は減少気味かな。

ギジュ的な部分や声量なんかは格段に安堵流が上なんだけど
僕はスコット派なんだよね…..

Figure Fourらしいメタリックな部分も増えてきた印象だったね、とにかく完成度の
高い名盤、カナダだけじゃなくアメリカでも認められたアルバムじゃないかな。

Comeback Kid – Broadcasting






続いては2010年Victory Recordsからアンドリューになってからは2枚目の4thアルバム
symptoms + curesが発売!

前作を聴き込むにつれ好きになるんだけどやっぱり聞いているのは1stと 2ndなんだよね。
今作symptoms + curesそこまで期待はしていなかったんだけど、ジャケット公開時には
アートワークはお馴染みのデザインってことで期待は高まる!

そしてコンポにセットしsymptoms + curesが流れる。

1.2.3.4と曲が終わるたびに、「もしや、このアルバムやばいんじゃないか!」って
最後の曲Pull Back the Reinsが終わった頃には、

「出ました!名盤決定!」

期待を遥かに超えるアルバムだった、ベースはモダンオールドスクールなんだけど
叙情性は格段にアップ、スケール感もまし壮大!CBK史上一番泣けるアルバム。

哀愁メロからのブレイク、にお馴染みのシンガロングが上手く組み立てられた
パーフェクトを超えた一枚。

メロディックハードコアファンにもアピールした一枚、このアルバムが最高傑作という
人も多いんじゃないかな!

聴き終わったとき僕は号泣し拳を天に突き上げた。

「我が人生に一片の悔いなし!」

そう思わせてくれたアルバムでした。

Comeback Kid – Symptoms + Cures






そして前作から4年ぶり、2014年に5thアルバムがVictory Recordsから発売!
その名も「Die Knowing」

Die Knowing

おなじみのアルバムアートワーク、今作はセルフプロデュース作品、そんな情報を
先に耳にし期待が高まる、届いたアルバムは早く聴きたいためバーコードのシール
ごとジャケットを開けてしまったためジャケットはバリバリに割れてしまった。

コンポにCDを装着しツマミを回し音量を上げ爆音で、レッツスタート!

1曲目、2.3.3.4.、前作のような泣きのメロは皆無!「めっちゃハードコアじゃん!」
ってイメージ、これはこれでかっこいいんだけど….

Should Know Betterでようやく叙情的なメロやリフが垣間見れるも6曲目では
CBKらしいリフや展開はあるもハードコアなストレートな曲、
泣きの拳ではなく漢なストリートパンク的なシンガロングパートもあり、
Unconditionalはミドルテンポではあるが泣きのメロディー全開の曲、後半で疾走
しメロディアスな波がなだれ込む。

Didn’t Even MindはRise Againstぽいメロディックハードコアからのモッシュパートが
印象的。

そしてFull Swingスピード前回で始まり、初期を感じさせると持ったらなんと
全ボーカルのスコットが参加していた!

ラスト曲はラストを飾るにふさわしいメロディアスなシンガロング満載の
名曲で幕を占める。

シンプルでストレート、一番アグレッシブなアルバムだった、期待したアルバムでは
なかったが何故かつい聞いてしまう不思議なアルバムだ。

とは言っても基本はCBKサウンド、CBK史上1のハードコア・アルバムだった!

Comeback Kid – Die Knowing






2014年発売当時「これはCBKじゃない!クソだ!」といった友人も今ではこの
アルバムは「最高だよ」といってる、当時の言葉は撤回してくれたし、
新作がでれば必ず買うと言ってる。

嬉しいね。

僕もなんやかんやでComeback Kidは超大好きなバンドであることに変わりはない!

これからも追っていくぜ!そろそろアルバム発売してくれないかな……

オールドスクールからモダンオールドスクール、が大好きになったきっけのバンド、
ハードコア音楽の幅を広げてくれるキッカケを作ってくれた偉大で愛してやまない
バンドそれがComeback Kidである!

なんやかんやでComeback Kidあなたも好きでしょ?

いよいよ11月に来日、予習しておかなくっちゃね!

Sick Of It Allとのツアーも終わった頃、最新のライブ動画でどの曲が
ライブの定番なのかチェックしてシンガロングポイント抑えておこう!

COMEBACK KID [HD] 17 AUGUST 2016

やっぱりCBKのライブはシンガロングの嵐!盛大に盛り上がるね!

河内野

【来日最新情報】来る来るあいつも来る2015年の来日がとんでもない!

LIVE

2015年もヤバイ来日が決まり出している!

どのライブに行くか?バンドグッズは何を装着するか?そろそろ予定を決めておいたほうが良さそうだ!

今日は東京でEMOのパイオニア、Mineral、あす大阪で18日京都、19日に名古屋、京都以外ソールドアウト!すげ~~人気!さすがのエモゴッド!Mineral!京都行こうかな~!

3月もぶっ飛んでるね!新譜がとんでもなく良かったUNEARTHに懐かしのVoodoo Glow Skulls、PUNKSPRING 2015ではRancidRise Againstそして何度も紹介してきたTURNSTILE

ICE GRILL$ TOUR 2015ではFireworks Light Years Gnarwolves

Fireworks, LIGHT YEARS ,GNARWOLVES,

arrow center

3月の注目はGIDEONHand Of Mercy そしてSHark Ethic

マーチもシャレオツなGIDEON!どんなグッズが発売されるだろうか!

3月4日(水) 神奈川 横浜LIZARD
3月5日(木) 京都 GLOWLY
3月6日(金) 大阪 SQUAT
3月7日(土) 愛知 名古屋REFLECT
3月8日(日) 東京 渋谷THE GAME

GIDEON

Hand Of MercyですがResolveとんでもなくかっこよかったよね!


※携帯で動画を見るにはここをクリック。

arrow center

Hit The Lights Skip School, Start Fights Japan Tour

新譜も楽しみですが発売される前の来日!セットリストはどうなるのだろうか!

2015/3/12 (Thu) 大阪 南堀江 SOCORE FACTORY
2015/3/13 (Fri) 名古屋 今池 CLUB 3 STAR
2015/3/16 (Mon) 東京 新宿 NINE SPICES
2015/3/17 (Tue) 東京 高円寺 HIGH (ONEMAN MIXED SET)

Hit The Light

新作もダイナミックでポップでキラキラ、相変わらずのHTL節、この手のサウンドは元気が出る!ライブ会場も笑顔が溢れそうだ!


※携帯で動画を見るにはここをクリック。

arrow center

MONSTER ENERGY OUTBURN TOUR 2015ではイギリスのメタルコアバンドBury Tomorrow!!

日本勢はCrystal LakeにFACT、チケットは早めにとっておいたほうが良さそうだ!

3/20 大阪BIGCAT
3/21 名古屋BOTTOM LINE
3/23 赤坂BLITZ

Bury Tomorrow

Bury Tomorrow、ヘヴィーとキャッチーな対比が素晴らしいバンド!日本では既に人気だね!


※携帯で動画を見るにはここをクリック。

arrow center

「東京だけかよ!!!」Being As An Ocean

めっちゃ期待したのに、東京3連ちゃん!!!何故!!!!!

3/28 (Sat) 東京 新宿 Dues
3/29 (Sun) 東京 新宿 NINE SPICES
3/30 (Sun) 東京 渋谷 GARRET

まじで東京だけって、「ずり~~よ!!(涙)」いつか関西にも来てくださいね!


※携帯で動画を見るにはここをクリック。

arrow center

4月にはグラミーでもノミネートされていたMastodon

そしてExtreme Death FeastではThe CrownAbortedそしてRotten Soundが4月の半ばに来日!

まさにエクストリームなフェス!

4/16 (Thu) 大阪 Nanba Rockets
4/17 (Fri) 東京 Shibuya duo music Exchange

前回Aborted来た時ってソールドアウトだったよね!これまたチケットは早めに入手しておいたほうが良さそうだ!


※携帯で動画を見るにはここをクリック。

arrow center

5月にはThe Haunted、そしてWar Of Agesが来日!

今はもう少なくなった貴重な正統派メタルコア、War Of Ages!日本での人気はあまり耳にしない、初期から好きなバンドだから大阪行きたいね!

東京5/27(水) 渋谷THE GAME
横浜5/28(木) CLUB LIZARD
名古屋5/29(金) CLUB ZION
大阪5/30(土) 西天満GANZ
東京5/31(日) 渋谷CYCLON

War Of Ages

フライヤーも硬派で厳格、渋いっす!Facedown Records好きにはたまらないね!


※携帯で動画を見るにはここをクリック。

arrow center

TRIPLE VISION entertainmentが主催するフェス「SCREAM OUT FEST 2015」Attilaに続きBreathe Carolinaが決定したね!

国内バンドは Her Name In Blood,にARTEMAと豪華!

SCREAM OUT FEST 2015:
2015/6/7 (Sun) 東京 新木場 STUDIO COAST
Open/14:00, Start/15:00

ATTILA

第3弾の発表も楽しみだね!にしてもBreathe Carolinaってのは意外だった!ライブ会場はダンスフロアになるだろうな!ド派手なアイテム身につけて踊り狂いたいね!

arrow center

6月は更にFor The Fallen Dreams Japan tour 2015 決定!!!

叙情派ニュースクール/メタルコア好きにはたまらないね!Heavy Heartsが好評だったからこれは楽しみだね!

大阪6/24(水) PANGEA
名古屋6/25(木) CLUB ZION
横浜6/26(金) CLUB LIZARD
東京6/27(土) 新宿NINE SPICES
東京6/28(日) 渋谷CYCLONE

For The Fallen Dreams

Caboose Recodingsさん素晴らしいね!Dream Eaterが聞きたい!!!


※携帯で動画を見るにはここをクリック。

arrow center

EMOレジェンド、アメフトこと、American Football来日!!

6/29日の渋谷は既に売り切れ!6/30(火)はまだ残っているようです!急げ!!!!

6/29(月) @渋谷 TSUTAYA O-EAST (03-5458-4681)SOLDOUT
出演:American Football、Birthmark and more

6/30(火) @渋谷 TSUTAYA O-EAST (03-5458-4681)
出演:American Football、Birthmark and more

American Football

最初で最後の来日公演、これまた東京のみですが多分二度と見れません!ぼくはライブ動画で我慢だ….


※携帯で動画を見るにはここをクリック。

arrow center

CYNIC 9月に来日決定!

もう1バンド海外から招聘予定らしいぞ!!これまた楽しみ!ライブでは完全にトリップしてしまうか、浮遊感あるサウンドで体が浮かんでしまうでしょう!

詳しい日時はまだ決まっていないようです!

CYNIC

プログレッシブメタルのベースを築いたバンドだけあって人気はすごいぞ!チケットはお早めに!!!


※携帯で動画を見るにはここをクリック。

2015年も熱い!大好きなバンドグッズでおしゃれに決めてライブ参戦!考えるだけでもワクワクするね!バンドグッズコーデのツワモノ達が集まるライブ気を引き締めてコーデしていこう!

あとはSuicide Silenceといまイベント中の Stick To Your Gunsが来日してくれたらもう死んでもいいです!

Stick To Your Gunsのライブの配信が決定しているようだ!とにかくこれをチェックして部屋で暴れます!配信日時:日本時間2/25 AM11:40

Stick To Your Guns新作グッッズのイベントアイテムはここをクリック!

最強のアルバム「Disobedient」をドロップしたてのStick To Your Gunsは本当にハードコア以外のジャンルにも人気があるバンド。ハードコアが幅広い人に聞かれる切っ掛けを作っている素晴らしいバンドなんです!

前作「Diamond」ではBillboard Heatseekers chart 1位を記録しているし今作も多分1位を取得するだろう!それほどの名盤である!僕たちが思っているよりもはるかに海外では人気、グッズはいつもすぐに売り切れる、何度入荷に失敗したことか…….

新作グッズはまだ入手しやすい、そこで一気に発注かけて手に入れてやる!もちろんあなたの分も!これのガスと多分半数近くはもう入手できないだろう!あまり再販売しないバンドって過去の経験上、認識しているからね、このチャンスは逃すな!

今ならStick To Your Gunsのピンバッチ4個セット(1450円相当)をプレゼントします!

ニット帽やカバン、パーカーやライダースジャケット、PコートMA-1ジャケットなどのアウター類からバックや楽器のケース、どこにつけてもアリの使える小物ピンバッジ、4個もあるからご自由に好きなアイテムに装着させよう!

スティック・トゥ・ユアー・ガンズ

プレゼントの入手方法はかんたん!

Stick To Your Guns「スティック・トゥ・ユアー・ガンズ」のグッズどれかと、その他なんでも好きなアイテムを合わせて10,000円以上のご注文で、
もれなくピンバッジ4個セット(1450円相当)をプレゼントします!(お一人様一セット)

15,000円以上のご注文者にはさらに特別なプレゼントも用意しているからね!こちらは数が少ないから何かは秘密!

Stick To Your Gunsの最新グッズはこちらをクリック!

今すぐにチェックしてStick To Your Gunsのピンバッチ4個セット(1450円相当)を入手しよう!

お申込み期限は明日、2月17日(火曜日)夜9時まで急げ~!

「メロコアなんて聴きやがって、高校生かよ!」とか言うアホの対処法

1

「高校生かよ!」と小馬鹿にした感じで言われたんだけど、「ムキ~~~!」。カーステレオから流れた曲に対して、知り合いに言われた言葉。

そして聴いていたアルバムはこれ。

2


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

結構強気で「高校生しか聴いたらいけないの?」と聞いたら「ガキっぽいから」の一言、世間ではメロコア、メロディクパンクなどはそういうイメージなようで。「そもそもDKMはアイリッシュパンクだから~!」と知り合いに言っても?な感じなんだよね。こんなヤツ周りに結構いるよね。

そいつと言えば、流行のラブソングを爆音でかける、そしてノリノリで歌う。そっちのほうが恥ずかしいよ!ま、趣味はそれぞれだけど、バカにするのはいただけない。

30代になっても変わらず激しい音楽を聴いている人のほうがカッコイイと思うけどな。ならば、渋いパンクバンドを聞かせたらどうなるのだろうか?見た目も渋い、声も渋い、ポップスの名曲をも超えるメロディー。

Bad Religion Live – Los Angeles is Burning


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

Pennywiseも渋いよね


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

Hot Water Musicなんかもアダルティーでいい感じ


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

メロディックパンクにも色々な種類がいるんだよね。渋いのも好きだけどとびっきり明るくておバカな「ザ、メロコア」なバンドが好きだ。

「高校生かよ!」

これは一般人からのひがみ、そしてほめ言葉としてとっておこう。そう思うと怒りもおさまってきた。わからないやつには一生わからない。デスメタル、ハードコア、グラインドなんか利かしたらもう頭がいかれちゃってるとしか思われないんだろうね(笑)。

そんな奴に限ってファッションも大衆向けのテンプレートなスタイルんなんだよね。そんな奴らは無視でファッションも己を貫いていこうぜ。

たとえ一般人でもLagwagonの哀愁漂うメロディーに反応してしまうでしょ?!


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

ん~~すばらしい!高校生の精神をもつ30代の激音好きでした。NOFXのファット・マイクみたいにおバカ前回スタイルで生きていきたい!

3

40歳を超えても50歳になっても絶対にメロディックパンクを聴くよ。逆に音楽を愛する人たちはヘビメタやメロコアなど訳した通称はニワカと言われますが呼び方なんてなんでもいいじゃん。なんとなくわかりやすいジャンル分けってことで、気にしない気にしない。

あ、そうそう、今日紹介したようなメロディックなパンクバンドたちの特集してます。ノー・ユース・フォー・ア・ネームの故トニー・スライの追悼アルバム発売記念イベントです。今ならLagwagonのニット帽を(2,850円相当)をプレゼント中だよ。今すぐ下のバナーをクリックしてチェックしてください

Merocore2013-Index-Big-Banner-2013-11-29

12月1日(日曜日)夜9時までの特別イベントです。くわしくは、今すぐここをクリックしてね。

河内野

No Use For A Nameの故トニー・スライの追悼アルバム参加者が豪華すぎる件!

0

なんで偉大なるバンドマンは早く亡くなってしまうんだ!No Use For A Nameは高校時代から現在も常に聴きたくなるバンド。フロントマン、トニーが亡くなった2012年はマジ泣きしてしまいました。初期もよいけど、後期の哀愁漂うメロディーが素晴らしいんだよね。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

笑顔なんだけど涙が出てきてしまう、哀愁感がやばい。

トニー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

Tributeアルバムを聴くと、トニーは最高のソングライターだったんだなと再確認させられる。

1

大親友でもあるNOFXのファット・マイクが企画してまとめたってのがまた泣ける。

  1. Karina Denike ‘ Biggest Lie
  2. Mad Caddies ‘ AM
  3. Strung Out ‘ Soulmate
  4. Rise Against ‘ For Fiona
  5. Bad Religion ‘ Let It Slide
  6. NOFX ‘ Shortest Pier
  7. Snuff ‘ On the Outside
  8. The Bouncing Souls ‘ Homecoming
  9. Old Man Markley ‘ Feel Good Song of the Year
  10. Lagwagon ‘ Discomfort Inn
  11. Teenage Bottlerocket ‘ Via Munich
  12. Frank Turner ‘ Keira
  13. Get Dead ‘ Pre-Medicated Murder
  14. Pennywise ‘ Devonshire and Crown
  15. Alkaline Trio ‘ Straight From the Jacket
  16. The Gaslight Anthem ‘ Capo 4th Fret
  17. Yellowcard ‘ Already Won
  18. Swingin’ Utters ‘ Not Your Savior
  19. The Flatliners – Fireball
  20. Simple Plan ‘ Justified Black Eye
  21. Useless ID ‘ Frances Stewart
  22. Jon Snodgrass & the Dead Peasants ‘ On the Outside
  23. American Steel ‘ Dark Corner
  24. Frenzal Rhomb ‘ Flying South
  25. Anti-Flag ‘ Toaster in the Bathtub
  26. Joey Cape with Scorpios ‘ International You Day

豪華だな~。メロコア、パンクバンドの大御所が参加したこのアルバム、トニーがいかに愛されていたかよくわかるね。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

今回アルバムに参加したStrung Outの来日コンサートではトリビュートソングを演奏し、No Use For A Nameのタオルを掲げているキッズも多くいたようです。Strung Outとトニーはソウルメイトだ!!


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

素敵な曲だ。歌詞も最高だね。このTributeアルバムをきっかけに、ここ最近はメロコアを聴きまくっている。

通称メロコア、メロディック・ハードコア、パンクを今、再度注目させるきっかけにしたトニーは死んでもなお影響を与える本当に偉大なバンドなんだと再確認。

僕たち日本人が好む哀愁のメロディーの旋律に疾走するサウンド、メロコアが常に人気なのもよくわかる。常に人気のメロディックなパンクバンドたち、グッズの人気も衰えない。

90’sの青春時代に聞いた名盤のジャケットデザイン、最近ファンになってグッズを購入する人たち。世代を超えて人気がある証拠だ。

最後はアコギ一本で歌うトニーの姿でお別れです。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

せつない….

河内野