イギリス老舗音楽雑誌【ケラングアワード2018】ノミネートされたイケてるバンドたち当然知ってるよね?

ケラング

例のブツが届いたからお出かけしたんだけどあいにくの、こんな日はネットでいろんな音楽のニュースや音源、ビデオを漁るのに最適である!

多くのバンドをフォローしているためインスタを見ていたら、ここ数日よく見かけるこれ、ジェイコブさん控えめww

RR18525020

そうですこの梅雨に入るか入らないかの時期はケラングアワードですよね!


ケラング! (Kerrang!) は、1981年に創刊されたイギリスのロック専門誌。創刊当初は完全なヘヴィメタル・ハードロック系アーティストの専門誌であったが、週刊誌化にともない、現在はヘヴィメタル系を中心に扱うバンドの幅が広がっている。キャッチフレーズは”The world’s biggest selling weekly rock magazine”(世界で最も売れているロックの週刊誌)。

wiki参照

10代の後半か20代前半の時は本当にお世話になった雑誌、タワレコやHMVに置いてありましたよね?今もあるのかな?

毎回CDが特典でついており、ネットがそこまで普及していない当時はケラングの付録のCDに収録されているバンドが大きな情報源でもあった、もちろん雑誌の中身もね!

そんなケラングが毎年行っているケラングアワードアワードに向けて

8つのカテゴリ。 40の候補者が発表されたぜ!



6月21日に授賞式が開催、当然、候補者からどのバンドを選ぶのかは僕たち!

ここから投票できるから時間があるあなたはぜひ参加してみてください!



■今回はノミネートされたアーティストを見ていきましょう!■



RR18525021

・Employed To Serve
・Conjurer
・Boston Manor
・Dream State
・Venom Prison

の5バンドがノミネート!!

■ Employed To Serve ■



■ Conjurer ■



■ Boston Manor ■



■ Dream State ■



■ Venom Prison ■



女性VoのデスメタルVenom Prisonに投票しました!





RR18525022

・Code Orange
・Greta Van Fleet
・Turnstile
・The Fever 333
・Waterparks

の5バンドがノミネート!!

■ Code Orange ■



■ Greta Van Fleet ■



■ Turnstile ■



■ The Fever 333 ■



■ Waterparks ■



Greta Van FleetThe Fever 333は全く知らなかったバンド、この部門は乗りに乗っているWaterparksに投票!





RR18525023


・Neck Deep 「In Bloom」
・Marmozets 「Major System Error」
・Architects 「Doomsday」
・Mike Shinoda 「Crossing A Line」
・Marilyn Manson 「Kill4me」

の5バンドによる5曲がノミネート!!

■ Neck Deep 「In Bloom」■



■ Marmozets 「Major System Error」■



■ Architects 「Doomsday」■



■ Mike Shinoda 「Crossing A Line」■



■ Marilyn Manson 「Kill4me」■



Neck Deep 「In Bloom」か Architects 「Doomsday」迷いますね~、どっちも名曲だけどDoomsdayに投票!






RR18525024


・Enter Shikari 「ザ・スパーク」
・Foo Fighters 「コンクリート・アンド・ゴールド」
・A Perfect Circle 「イート・ジ・エレファント」
・Marmozers 「ノウイング・ホワット・ユー・ノウ・ナウ」
・Rolo Tomassi 「タイム・ウィル・ダイ&ラブ・ウィル・ベリー」

の5バンドによる5枚のアルバムがノミネート!!

■ Enter Shikari 「ザ・スパーク」■
Enter Shikari ザ・スパーク


■ Foo Fighters 「コンクリート・アンド・ゴールド」■
A Perfect Circle イート・ジ・エレファント


■ A Perfect Circle 「イート・ジ・エレファント」■
Foo Fighters コンクリート・アンド・ゴールド


■ Marmozers 「ノウイング・ホワット・ユー・ノウ・ナウ」■
Marmozers ノウイング・ホワット・ユー・ノウ・ナウ


■ Rolo Tomassi 「タイム・ウィル・ダイ&ラブ・ウィル・ベリー」■
Rolo Tomassi タイム・ウィル・ダイ&ラブ・ウィル・ベリー


A Perfect Circleと迷いましたが、ノッティンガムを拠点に活動するプログレッシブ/ポストコア/マスコアRolo Tomassiの タイム・ウィル・ダイ&ラブ・ウィル・ベリー、に投票!ポストハードコア、マスコア、ブラックメタル、叙情派、激情ハードコア好きにも聴いてほしい!このアルバムまじでやばいです!エヴァさん好きです!







RR18525031


・Architects
・Creeper
・Biffy Clyro
・Enter Shikari
・Frank Carter and The Rattlesnakes

の5バンドがノミネート!!

■ Architects ■



■ Creeper ■



■ Biffy Clyro ■



■ Enter Shikari ■



■ Frank Carter and The Rattlesnakes ■



どのライブも生で見たことないから何とも言えないんだけど、DISTURBIAのモデルやギャロウズ時代から好きだったFrank Carterはステージングめちゃくちゃうまいよね!ってことで一票!






RR18525032

・Code Orange
・Foo Fighters
・Metallica
・Guns N’ Roses
・Converge

の5バンドがノミネート!!

■ Code Orange ■



■ Foo Fighters ■



■ Metallica ■



■ Guns N’ Roses ■



■ Converge ■



文句なしにConvergeだね!メタリカやガンズにはとらせたくない!!!!






RR18525033


・Architects
・Enter Shikari
・Biffy Clyro
・Royal Blood
・Iron Maiden

の5バンドがノミネート!!

■ Architects ■
■ Enter Shikari ■
■ Biffy Clyro ■

■ Royal Blood ■



■ Iron Maiden ■



ぼくはArchitectsに投票しました~!






RR18525034

・Foo Fighters
・Linkin Park
・Metallica
・Green Day
・Parkway Drive

の5バンドがノミネート!!

■ Foo Fighters ■



■ Linkin Park ■



■ Metallica ■



■ Green Day ■



■ Parkway Drive ■



Parkway Driveに一票!!






ビッグなバンドから、これからブレイクの予感がするバンドまで、いろいろなバンドがノミネートされていますね、どのバンドが受賞するのか、6月21日が楽しみである!

ここから投票できるから時間があるあなたはぜひ参加してみてください!

河内野




知らないバンドを知れたという収穫もあったが、改めて元ギャロウズのフランク・カーターのイギリスらしいスタイリングがイケてることに再確認、全身タトゥーのパンク・ガイでありながらハイセンスな服のチョイス、これは参考にしないとね!Disturbiaのモデルやってる頃から洗練された彼のスタイリングに魅了されてきた、またいつかランク・カーターのファッションチェックしてみよう!

RR18525035

何処までが服なのかTATTOOなのか?ド派手なシースルーのカットソー、このアイテムを着こなせるのは彼ぐらいだねww

【ポジ散歩】ターンスタイルのTシャツとスイサイダル・テンデンシーズのメッシュキャップを装着し「野鹿の滝」に行ってきた!!!

turnstile

暑すぎる!この日は気温29℃の晴れ!しかも雲一つない快晴晴れるとテンション上がるよね、にしても暑すぎるから涼を感じに滝を見に行こうとグーグルマップ先生を頼りに見つけたのが福井県はおおい町名田庄村にある野鹿の滝!TurnstileのTシャツとSuicidal Tendenciesのメッシュキャップを装着!

実は滝も好きでして、ポジ散歩でも4か所は訪れているんだけど、京都府宮津・金引きの滝は良かったね!

先日のイベントで入荷したTurnstileのTシャツ装着なんですが、まさかの来日決定したよね!

ターンスタイル 来日

え、関西来ないの??

話は戻って、最高な天気だったんでポップパンクが聴きたくなったけど今日はイージーコアSink The Shipを車を走らせ山道をいくつか超えた先に出てきた看板。

野鹿の滝

補装はされているけど、車一台、何とか通れそうな細い道だけど、絶対Uターンできないよね?歩いて行くにしても山の2.5kmはキビシイ・・・ガードレールないし・・・

ターンスタイル

入り口横にある橋で考える、オレ、いけるのか?以前言った絶景が見える山はUターンするだけで1時間もかかった、そんなトラウマを思い出しながらも考える、考える、

Turnstile 来日

行けばわかるさ!!

とりあえず極細の道に突入したところ意外ときれいな道、無事到着したぜ!!

野鹿の滝 入口

かなり足場の悪い道を下っていく!

バンドTシャツ

腐って底が抜けそうなウッドの橋、上部を見上げるとミニ滝がそこに存在した。

滝 関西 福井

とにかく足場が悪い、しっかりトレッキングシューズ履いていかないとツルっと逝ってしまうかもしれない!

ボルチモア

山肌を沿うように下り、ようやく安全な道に到着、奥に見えるベンチ、滝はすぐそこなはず!

バンドTシャツ

いったん休憩入りま~す!

Turnstile 日本

この小さな滝でも十分に堪能できる、にしても蚊が多すぎる!!!

ターンスタイル 日本

岩場を飛び越えながら、移動中、にしても蚊が多すぎる(2回目)!!!

野鹿の滝 turnstile

そしてゴォ~~~と爆音を立てそこに現れた野鹿の滝、写真では伝わりにくいんですがかなりの大迫力です!!

nojika18522014


安倍家の別当石王丸が戦に破れ逃げ延びたとき、滝壺より薬師如来が現れ、逃げ道を指し示したという不思議な伝説が残る滝です。若狭地方最大スケールの滝で落差30Mで雪解け時には勇壮かつ迫力満点の瀑布となります。夏でも涼しく、その水は水晶のように透き通っています。辺りはシャクナゲの群生地でもあり景観のよい所です。

nojika18522015

マイナスイオンはんぱね~!

ほんでもって蚊多すぎ!!(3回目)

nojika18522016

マジ写真では伝わらないんでぜひ生で見に来てください!案内しますよww

nojika18522017

風にも負けずにも負けず・・・マイナスイオンを感じながら滝をおよそ20分ほど眺めて癒されています。

nojika18522018

とにかく水がきれい、この日は29℃だったけど肌寒いくらいでした、真夏にもう一度来ようかな。

nojika18522019

足を踏み外せば滝つぼにGO!!といっても浅いですけどね!

Turnstile

野鹿の滝コレクションご覧あれ

nojika18522021

岩があったら上りたくなるよね~~~?

野鹿の滝 名田庄

山歩くだけで気持ちいよね~!

nojika18522023

水はなぜ流れるのだろうか?哲学的である!

nojika18522024

ありがとう野鹿の滝、およそ2時間ほど滞在、満喫しました!

野鹿の滝 名田庄 ポジ

少し時間があったんで川を下っていくと水をせき止め、小さな湖になっている景色の良い場所を発見!

名田庄村

帰り道、

道の駅、「名田庄」に寄り道!

道の駅 名田庄

クマの剥製がお出迎え、クマ=ベアー、「私一度クマとヤったことあるぜ。」ことI Wrestled A Bear Onceはどうなったんだろうか?

nojika18522028

道の駅の広場でくつろいでおります、夏も近いってことでド派手なカラーのTurnstileシャツ、頭も暑くなってきたんでSuicidal Tendenciesのメッシュキャップを装着!



・キャップ:Suicidal Tendenciesのメッシュキャップ フリーサイズ
・Tシャツ:Step To RhythmTシャツ (グリーン) XLサイズ
・デニムパンツ:33インチ
・キックス:コンバース・オールスター29cm


Suicidal Tendencies

家買いました!(大嘘)日本昔話に出てきそうなかやぶき屋根の古民家、いつか住んでみたいな~!

名田庄 

最後はビーチに立ち寄り、日が沈むのを眺めたそがれ、良き一日でした!

和田浜

では!

【イベント】新感覚のハードコア「Turnstile」ニューアルバム発売からの初取り扱いブランド!

DTS18223154

ついに出たね!世界中から注目を集めまくっているハードコアバンドの2ndフルアルバム、しかも今作はロードランナーってね!ますますビッグになるだろう!そうTURNSTILEね!オールドスクールハードコアが軸なんだけど新感覚なハードコアである!

音源が良ければCDもLPも購入するのが僕のルールなんだけど、ジャケもサウンドも相変わらずぶっ飛んでる、70、80年代のカルト的な印象も受けるアイコンやデザインがMVにもよく登場するよね、ジャケットも好きだな~!

turnstile

ライブフォトなんだけど奥に見える砂漠にピラミッド、ミラーボールがモノクロで、レトロな質感あるイエローの配色もやはりぶっ飛んでいる、まさに新感覚ハードコアだ!古臭さもアリ~のグルーヴィー、予想を裏切る斬新さ!そう思わせるって相当なセンスだと思うんだけど、あなたはTurnstileの新譜「Time & Space」どうだった?

The Pilot In Youの新譜も進化というか深化して最高だったし2月のリリースもヤベー音源ばかりだよ!We Were Sharksもお気に入りの一枚だね!3月はBetween The Buried And MeMoose Bloodでしょ!そしてTwitching Tonguesにだいぶ楽しみなStone来月もたまんないね!3月一番楽しみなのはこいつら!昨日も紹介したね!

Suicidal Tendencies好きなパイセンに教えてもらったバンド、NEGATIVE SELF、まさかのBDHWから新譜が発売、「古臭くてクソダセェーから聴いてみ!」というパイセンのお言葉通りの古臭くいなたいダサさが絶妙!Suicidal Tendenciesの中期らへんがすきだったら間違いないと思う、多分レコードも買ってしまうだろうなww


ちなみに※クソダセェーってのは誉め言葉ね!このニュアンスが伝わればいいんだけど・・・「Answers」って曲ではコーラスで「ウッ!!~~ハッ!!」って言っちゃてる!!たまりません!若干ポップだしね!アルバム楽しみだ!映像を見なくてもオールドスクールなスケート、バイク、車、のカルチャーを連想させてくるあたりハイセンスっす!!


そんなNEGATIVE SELFのインスタをのぞいてみると、スイサイダルのマーチや、ドッグタウンのデッキ、マイクなスタイリングなど相当好きなんだね!!

Dog town

去年、Suicidal Tendenciesの来日が決定してから個人的にヴェニス周辺の音楽やスタイルのリバイバルブーム、そこからここ最近のDogtownごり押しになっているんですがww

この機会にDogtownのアイテムを取り扱うことが決定しました!

Suicidal Tendencies取り扱ってから結構多くのリクエストも届いてたし、僕の周りでスケボーを改めて始める仲間が増えたこともあり、ま、一番は個人的にもほしいアイテムがいっぱいあるから(笑)せっかくなんで取り扱い記念はイベントにしまっせ~!

バンドマーチではないし、スケートブランドだし、っていう部分で今まで渋っていたんだけど、取り扱いを決定する出来事は前回のDQNに絡まれたこと、そのDQNがドッグタウンを着用してるんだもの、完全に

神のお告げでしょう!!

詳しくは前回のブログをチェックしてね!

早速デッキからその他グッズまで一気にアップしたから、すぐにチェックしてみてください!

DTS18223153

当然特典プレゼントも用意しましたよ!

LAのローカルなギャングスタイルを広めたドッグタウンのアイコンといえばクロスロゴだよね!スケートデッキからチャリ、バイク、車に貼っても良し、の5枚セットだ!

DTS18223002


独特なカラーリングやモチーフ、これらを「かっこいい」と思えるあなたは本物だと思う、生粋のハードコアスケートブランド、ドッグタウン、特典が手に入る今手に入れておいてね!


スイサイダル・テンデンシーズが4月にまた来日するじゃん?そこでスイサイダルだけじゃなく、スイサイダルに関係するドッグタウンもいま国内で注目されている、僕みたいに改めて注目するオッサン連中からドッグタウンのデザインを新鮮と感じる若者まで幅広くね!


国内だけじゃなく世界的にあらためてドッグタウンのやばさに気付いている人はマジで多い、カラフルなSex Skateboardsとのコラボ、Diamond Supply Co.とのコラボWOLVES KILL SHEEPnano・universeとのトリプルネームコラボまで、幅広くコラボしているからねその注目度もわかるはず!

バンドTHE SHRINEとのコラボ作品も話題になったよね!

今回アップしたグッズの中にもコラボ作品が隠れているからじっくりチェックしてね!

DTS18223153

バンドマーチではないけどバンドとも多くのつながりがあり影響も与え続けるハードコアスケートブランド、ドッグタウン、ぜひあなたのスタイリングに取り入れてみてください!

河内野





追伸:

TERROR


そういえばテラーも良くドッグタウンのクロスロゴをサンプリングしてたよね!

テラーもロスだしね、サウンドもクロスオーバースラッシュなリフがよく登場するし、そう考えると納得である!

当然このアイテムは廃盤である!!僕は持ってますけどね~(自慢)

【待ってた】2018年初頭「ハードコア」オススメのリリース情報

B180125004

こちら京都舞鶴は大雪、約60cmの積雪、2時間ほどかけての雪かきで腰がスクリームしております。


最近でもないけど特に1月後半からハードコア熱が急上昇中、その理由はKnocke Looseの来日のおかげ・・・・

行ってねーけど!!


FYSとともにチケットを取るも行けず、この年になればいろいろあるんですよ(言い訳)といってもそのチケットは友人に譲りしっかり参戦してきてもらいましたよ!その友人にリアルタイムでインスタでライブ配信もしてもらったんだけど、音はバリバリ、ぐちゃぐちゃ、何を見せられているのかも理解できないくらいのライブ配信でしたww
後日にその友人が言った言葉。

「ピットが地獄」

とんでもなく盛り上がったんだ,
ということがすごくわかる言葉、その友人はずっと「アウッ!アウッ!」と、口癖になっています、行けなかった悔しさで「アウッ!アウッ!」を聞くたびにイライラしてますw


この「アウッ!アウッ!」KLファンならすぐにわかりますよねww


Pure Noiseってこともありポップパンク好きのお客さんたちからハードコアライブに始めていくお客さんなどと結構な数参戦したようで。

・ハードコアが好きになりました。

これからハードコアガンガン掘り下げていきましょう(^^♪

・ピットの治安悪すぎて、帰り道自分が強くなった気がしたんですが、コンビニにたむろしているDQNからしっかり目線をそらしました!!

めっちゃわかります、僕だったら妄想でDQNをボコボコにします、妄想でねww

・多ジャンルのライブよりオシャレな人が本当に多かったイメージでした!あとインフルエンザもらっちゃいましたww

ほかのジャンルのライブはあまり参戦できていないんですが、なんとなくわかりますよ!ハードコアキッズはファッションのアンテナも高いですよね!あとお大事に!





ハードコアライブの雰囲気、空気感ってホント独特ですよね、ハードなピットは完全イカレていますもんねwwこのままハードコアも好きになってくれたらマジうれしいです!



すんません完全に脱線してますね、ハードコア熱が急上昇ってことで今回は

注目のハードコアバンドのニューリリースを紹介!

Twitching Tongues

Twitching Tongues – Gaining Purpose Through Passionate Hatred
ニューアルバムが3月にリリースのTwitching Tongues、ハードコアの枠を超えてクラシックなヘヴィメタルサウンドをクロスオーバーしたサウンドが特徴的、新曲ハラキリも最高、18年度の10枚に入るかもしれないほど期待しているアルバムです!ジャケも最高!







HARM'S WAY

HARM’S WAY – POSTHUMAN
Death WishからMetal Bladeに移籍後初となるHARM’S WAYからPOSTHUMANが2月初旬に発売!超重量級のブルータルメタリックハードコア、美しいじゃけデザインからサウンドの進化はあるのか?早く全曲じっくり聴きたい期待の一枚である!








HARM'S WAY

Vein – SELF DESTRUCT
すでに発売はされているがThis Is Hardcore Fest17の出演で強烈なインパクトを残したブレイク必須Veinのep.
ブチ切れシャウトにメタリックでノイジーなギター、不協和音、カルト的な効果音など完全にぶっ飛んだバンドが誕生です!フルアルバムが一番楽しみなバンドである!







Stone

Stone – Inch of Joy
元ExpireのギタリストZachによるハードコアバンド、ハードコア界隈でも注目のバンドがついにフルアルバム発売、しかもPure Noise Records、Knocked LooseやTerrorとレーベルメイトだね!レーベルのプッシュもありブレイクするか!?グルーヴィーでモッシーでメタリック、マチガイナシ!







American Nightmare Self-Titled

American Nightmare – Self-Titled
これまたまさかのニューアルバム発売!!!15年ぶり!!さらにRise Recordsって!!初めてこのニュースを目にした時は目を疑ったね、そしてようやく2月の半ばにセルフタイトルで発売!!オールドスクールにほんのりとメタリックを足し若干のエモさハードコアパンクな疾走感、モダンオールドスクールハードコアパンク!ワクワクが止まらない一枚!WesはCold Caveでも活躍してるよね!








Turnstile

Turnstile – Time & Space
大出世!Code Orangeと同じくRoadrunnerに移籍、アルバムTime & Spaceは2月の23日に発売、ハードコア好きなら誰もが知っている現行ハードコアシーンの中でもNo.1の人気、来日も経験で日本でも爆発的人気のTurnstile、すでに新曲も数曲公開でハードコアの枠を超えて人気が爆発しそうな予感です!今作も国内版が発売されたらうれしいな!







Wolfpack Loathe

Wolfpack – Loathe
おフランスはパリ産ビートダウンハードコア、アルバム「Loathe」は3月に発売!前作はEurogy、今作はBDHW、まだ新曲は公開されていないがユーロ圏内ならではのThugいへヴィーサウンドに鉄板のビートダウン、そしてメタリック、ニューアルバムではさらに進化しているのか!気になる!







BDHWつながりでいうと新曲の安定感もッパなかったBORN FROM PAIN、そしてビートダウン系では何よりも楽しみなのがWORDS OF CONCRETENasty好きだったら間違いないんだけどそれだけじゃなくドラマチックな要素もプラスさせているあたりがツボなんですよね、アートワークもまだ発表されていないけど新曲が公開!





Die Young

Die Young – The God In Which We Suffer
テキサス産、Good Fight Musicから2月初頭に発売されるニューアルバムThe God In Which We Suffer、ミリタント・ヴィーガン・ハードコア!ミリタントでメタリックでありモッシー、ハードコアのいろんな要素が楽しめる最高なバンドだと、新曲も数曲公開、







ハードコアも本当に幅広いですよね、気にったバンドから徐々に掘り下げてあなたが本当に好きなハードコアバンドが見つかると嬉しいな!

なんの発表もないけど、TerrorAgnostic FrontMadballあたりが今年に新譜出してくれないかな~(切望)

僕の周りのハードコア好きは「え、そんな曲あった?」ってよく突っ込まれるんだけど、しっかりepもWisdom In Chainsとのスプリットだけど発売しているんだけどな~!最後はMadballのFor the Causeでお別れです!

河内野

追伸:
そうだ、ハードコアじゃないけどSleeping giantの新譜も発売だね、解散が決定しているのが悲しい・・・・

【17年度】明けましておめでとうございます!「店長:河内野」が選んだ2017年度「最強な10枚!」で2018年スタート【No.9】

BLG16120106111



どうもどうも、明けちゃいましたね、2018年、おめでとうございます!今年もよろしくです!


新年、特に正月らしいこともせず、エクストリームな音楽まみれで過ごしています、初夢は覚えておらず、初マーチはTERRORジャケットとFit For A Kingのパーカーで朝日を見てきた。



新年一発目は「俺の10枚」河内野編でスタート!年末から考えだしたなんだけどマジで迷いましたww


BLG161201052-0

BLG161201060
AYS

ユーロ圏でいち早くモダンなテイストを取り入れたグルービーでオリジナルなハードコアサウンドを奏でるAYS から5枚目のアルバム「worlds unknown」やはり先駆者、曲ごとに表情を変え飽きない一枚、とにかくセンスが良い、ジャケットデザインも毎回独特でカルト的なのからアジアンテイストなど、他のバンドにはないセンスが爆発、マーチは癖が強く若干ダサいんでスルーしてますがww一発目はAYSでした~!





コンバージ
今回のアンケートでも多くの仲間が選んだ、説明不要、Convergeの「The Dusk In Us」100点満点としたら1万点越えしてしまう規格外のすばらしさ、すでにCD100周越えしてます、深化している部分はあるもののやはりハードコアなんですよね、文句なしの名盤、1曲を選ぶとしたら?「選びきれません!」コロコロ変わってしまうけど現時点ではConvergeの最高傑作かと!「ここまで興奮させてくれてありがとう」と言いたいねww





オールピッグマストダイ
Convergeのベン、The Hope Conspiracyのケヴィン、Bloodhorseのアダムにマット、そして最新作「HOSTAGE ANIMAL」からTrap Themのブライアンの カオティックオールスター率いるAll Pigs Must Dieの「Hostage Animal」ちょっと….やばくない、初聴、「あ、Converge越えちゃってる?」なんて思ったり、正直どちらのほうが良いのか?いまだ判断できず、、、油断する隙すら与えない怒涛の展開に今作もブラックがかったトレモロ、荒々しいブラストで爆走するデス・クラスト・メタリック・ハードコア!!!最強なアルバムでした!マーチはイケてます!






ハイアーパワー

イギリスはLeeds出身のモダンでグルービーなハードコアHigher PowerのアルバムSOUL STRUCTURE、初聴はShelterやん!!そう大好きなShelterを連想させる高音のメロディアスなボーカル、グルーヴィーでメタリック、90年代の初頭のポストハードコアを連想させるあたりも僕のツボ、ShelterからQuicksand、Leeway、Turnstileが好きなら間違いないね!






Zola Jesus
コールド・ケイヴ関連で知ったZola Jesus、アルバム「Okovi」ひそかにマイブームだったダーク・ウェイヴ、初めて聴いたのは「Exhumed」で大好きなビョークからの影響を感じたんで速攻音源ゲット、USアンダーグラウンドの若き暗黒女王”と呼ばれるのも納得な暗黒でアバンギャルドで美しいエレクトロサウンド、Okovi(「束縛」)』というタイトルも納得の傑作、前作も一緒に購入したんですがひどいくらいにポップで速攻売りましたww次回作も同じくダーク・ウェイヴな路線で行ってくれるのであればうれしいのだが
ジャケットに惚れてからサウンドに惚れたパティーンです!この手のサウンドはもっと掘っていきたい、詳しいそこのあなたいろんなアーティスト教えて!!!





コックスパーラー

ロンドンはストリートパンク、オイ・パンクのレジェンド”COCK SPARRERは10年ぶりのアルバム「Forever!」、バイク好き、サッカー好きの兄貴の友人があまりの興奮気味で「コックスパーラーアルバムでるぞ~~!」店に来るたびにCDをガンガンかけられたおかげでどっぷりハマってCD買っちゃいました!キャッチーでシンガロング必須、極上のメロディー、男らしさ、やっぱり「音楽ってシンプルでストレートがかっこいい!!」そうお思わせてくれた一枚!パンクスなスタイリングにあこがれてMサイズのマーチを買うもピチピチすぎて着用していない…..痩せなければ….Booze & Gloryと迷ったけどやはり歴史と貫録を見せてくれたCOCK SPARRERを選びました!





ノー・ウォーニング

もう二度と聴くことはできないと思っていたNO WARNINGのニューアルバム、賛否両論だった前作「SUFFER, SURVIVE」から早くも12年、ついに発売された「TORTURE CULTURE」まずジャケットを見た時点でただものじゃないセンスを感じたんだが中身は予想を超えて80~90年代パンク/ハードコアとベイエリアスラッシュのクロスオーヴァー感あふれるサンドを現代にブラッシュアップ、Alice in Chainsを連想させる曲などや人気のモダンUSハードコアな部分も若干プラスさせ完全オリジナルに仕上げた名作、当然LPも入手、今年一番聴いた作品かもしれない!






パワー・トリップ

USはテキサス産のクロスオーバー・スラッシュPower Tripの2ndアルバム「Nightmare Logic」今では引っ張りだこなバンド、マーチも初期作品から購入し愛着あるバンド、Armaggedon bluesでスラッシュ好きの仲間内で話題になったのをよく覚えている、30代40代のハートも鷲つかむザックザクに刻むリフ、80年代のベイエリアスラッシュがそのまま現代にタイムスリップしてきたようだ!仲間たちとメタルライブに行く途中の車の中では何度「Swing of the Axe!」とシンガロングしたことか、テンションを上げるとき、単調な作業をしているとき、車の運転時とどこに行くにもPower Tripがここにいた!!!






カウンターパーツ
叙情系なら間違いなくNo.1作品であろうCounterpartsの「You’re Not You Anymore」ランニングマシーンに乗りながらレックしてんじゃないかってくらいの疾走感は相変わらず、ハードコアの攻撃力と綺麗な叙情的フレーズの回復力、RPGの主人公のようなヒーロー感、さすがっす!マーチも一気にアートに寄てきまして17年人気だったな~なんて、よく撮影とかに行くんだけどその道中によく聴いた思い出が、想像通り、あの疾走感、車のスピードはみるみる上がり、リミッターカットで叙情的なフレーズに涙し爆走していたw「美しいハードコア」この言葉が一番ハマる「You’re Not You Anymore」でした!






メンジンガーズ

フィラデルフィア産、エピタフ所属ののパンク・ロック・バンド、The Menzingersの5枚目となるアルバム「After The Party」キラキラとしたポップパンクもよかったがやはり大人の哀愁、を感じさせつつもパンクってのがいいんですよね~いまだ大人になりきれない30代.40代には伝わるであろうこの大人になり切れないけど絶妙に感じさせる哀愁感、17年の初めあたりに発売されたんだけど車には常備、黄昏るときもこのアルバムは年中通して良く聴いていた思い出がある、ストリートパンク好きからポップパンク好き、にもマジ大推薦な一枚!


NO WARNINGの「TORTURE CULTURE」発売された喜び、Power Tripなどクロスオーバーやスラッシュなどにハマった17年、その中でも大好きなハードコアバンドNO WARNING、Convergeと迷ったが明らかにNO WARNINGのほうが聴いていたってことでNo.1に決定!
No Warning





BLG161201053

SWAIN – Never Clean My Room

SWAINというグランジ、オルタナバンド、いろんなサイトで音源探してたら妙にインパクトあるアルバムジャケットを発見、ピンク背景に頭部借り上げた部分にアルバムタイトル、Youtubeで検索し出てきたのがNever Clean My Room、もろに好みのグランジサウンド、名曲揃いなんだけどNever Clean My Roomが良すぎてこの曲しかほとんど聴いてない、もっと聴きこんでいたら間違いなく10枚の中にランクインしてたんだけど….根暗でナード、薄汚いんだけどリアルな美しさがある、個人的にはRadioheadのCreepやNirvanaのHeart-Shaped Boxを初めて聴いた時と同じような電流が体に走った、そんな個人的名曲、アルバムも最高なのでぜひ!





BLG161201054

August Burns Red – Invisible Enemy

August Burns Redも最高なアルバムだったんだけど購入して1か月後に友人に貸してから返ってきていないんですよね、そこでMVばっかり見てたんですがこのInvisible Enemy、サウンドも最高なんですがデジタルなMV、CG、リリックビデオが多い中アナログでしっかりと手の込んだつくりの人形劇がたまらなく好きなんです!





BLG161201055

完全にジャケットアートにほれ込んで全くの情報なしに購入した一枚!まさにジャケ買いです!17年初めに発売されたんですが知ったのは夏あたり、サウンドはアトモスフェリックなポストハードコア、後期のPoson The Wellにメランコリックをプラスさせたかのようなサウンド、暗黒で孤独で憂鬱なアートなジャケットにほれ込みました!!

The Drowned God






TERRORの限定ジャケット、今季一番お気に入りのアウター、Sylarの限定ジャケットと迷ったんだけど、バンド自体はTERRORのほうが好きなんでwwお馴染みのイーグルロゴが 胸に、バックにはHARDCORE TRUE BELIEVER、そして中期のバンドロゴがさりげなく、ハードコアなメッセが詰められた背中に仕上がっている さらに、袖にはHCハードコアの頭文字がプリントで他のMA-1をさらにハイレベルに仕上げた最強ハードコアアウター!!
テラー ハードコア





BLG161201059

みんな大好き、ウォーキング・デッドのシーズン6後半から7、「ニーガンやべ~~!」の一言に尽きますwwシーズン8はこの正月にって思ってたけど時間がない!!!じっくりと見ていきます!今年は映画ほとんど見れなかったんだよね~!






2017年はこんな感じでしたね、音源に関しては最高な音源がありすぎて….明日になればこの10枚も変わってくるくらい迷いに迷いました、17年、特にデスコア、グラインド、ブラックなどに関しては掘り下げれなかったんで18年こそ!!マーチではピンクが流行りカラーヴァリエーションが増えた年、加工されたアイテム、ブリーチ、タイダイ、ヴィンテージのヴァリエーションも増えたしアウターの種類も増えた、18年のマーチの進化も楽しみである!そしてメーカーの担当者が変わって塩対応になったのが残念wwクッソ~!

ということで2018年もよろしく!!!

河内野

追伸:
今年はガキ使見てないんだけど面白かった?