見逃し厳禁!今週「07/11~07/17」の【注目のMVまとめ!】

Valley Palace

明けましておめでとう!バンドおTシャツにとっては宿敵の湿気、年ではなく梅雨が明けました!

これからカラっと猛暑、本日もさっそく30℃越え、明日なんかは34℃、今年こそ夏らしいことがしたい、海水浴にBBQ、ライブにフェス!

しか~しヒザの調子が悪く激しいハードコアのライブなんかは当然無理・・・今年もライブ動画で我慢することになりそうだ!

夏いえばフェス!僕たちの夏フェスといえば関東はBLOODAXE FESTIVALに、関西はSUMMER BASH FEST、

BLOODAXE FESTIVAL 2021

国内の強者たちによる最強なメンツ、2021年の夏を締めくくる国内最大のハードコアフェス、コロナなどでたまりにたまったフラストレーションがビッグバンのごとく超爆発することでしょう!

ライブやフェスも少しづつ発表されてきていますが、今回はおなじみとなりつつあるMV紹介で!!




どのようなバンドのどのようなMVが公開されたのか?見ていきましょう!





Valley Palace – “Friend”

One Step Closerとの契約が話題となったRun For Cover Recordsからこちらも注目のValley Palace、うだる暑さもさわやかにしてくれそうなローファーなインディーロックサウンドが心地よい!





Memphis May Fire – Death Inside

確固たる存在感はさすがもはやメタルコア/ポストハードコアのベテランemphis May Fireの新曲!




Born Without Bones “Disappearer”

Pure niseのエモ/インディーロックバンドBorn Without Bones待望の新曲!13年リリースのBabyは名盤、Stoneって曲はマジ名曲なので!哀愁エモ好きも要注目です!





First Fragment – Pantheum

カナダ産のテクニカル・デスFirst Fragmentの新曲相変わらず終始ピロピロです!





TURNSTILE – ALIEN LOVE CALL (FT. BLOOD ORANGE)

8/20日にアルバム「GLOW ON」の発売も決定したTURNSTILEの新曲!オンリーワンになれないというリリックの一節がありますが確実にオンリーワンな存在です!





SHIVA – PLAGUED

オージー産デスコア、ドラゴンボール好きでもおなじみのSHIVA!つい先日リリースされたばかりのアルバムから!




Lingua Ignota – PERPETUAL FLAME OF CENTRALIA

リンゴ姉さん!ではなくLingua姐さん!Lingua Ignota!!ファッションデザイナーとコラボしたMV!アルバム発売まで1か月を切りましたね!




Foreign Pain – “…On Failure”

ロス産メタリックハードコア注目株Foreign Pain!!デヴュー作はGoodfightから9月にリリース!2000年代のメタリックハードコア好きは思わず反応してしまうであろう!




Calling All Captains “Undone”

Equal Vision Records所属カナダ産ポップパンクCalling All Captainsの新曲MV!!




Capstan – blurred around the edges [Feat. Saxl Rose]

ポストハードコアCapstanの新曲MV、ほんと彼らは名曲ばかり生み出しますね!心揺さぶるエモーショナルな名曲!





Cognitive – From the Depths

Unique Leader Records所属のニュージャージーデスメタル!ブルータルでテクニカルな新曲MV!





Cognitive – From the Depths

プログレッシブメタルコアCognitiveの新曲MV!





Until I Wake – Nightmares

Fearless所属NY産メタルコア~ポストハードコアUntil I Wakeの新曲MV!





DARE – Hard To Cope

REV所属オレンジカウンティハードコアDARE!!待望のファーストフルが8/20にリリース!そのアルバムから静止画ですが大注目なバンドなのでアップ!









今週はこんな感じ、お気に入りの1曲は見つかったかな?個人的にはDAREとLingua Ignotaのアルバムが楽しみすぎます!


来週もお楽しみに!




では!



河内野







追伸:
今回登場したバンドのグッズも取り扱っていますので夏に向けてチェックを!



1万点のバンドグッズはこちらをクリック!



見逃し厳禁!今週「6/27~7/03」の【注目のMVまとめ!】

MV




始まったね7月が!いつもの夏とはいかないもののライブやフェスも少しづつアナウンスされ始めている、海外は結構本格的に復活している感じだね!コロナによってたまったフラストレーションが爆発しとんでもない盛り上がりを見せてくれるカリはSan Joseで行われたRBS gigのGULCHが危険で最高です!




さて8.9月といえば多くのバンドのリリースが待っている!ってことで先行してMVも増えるこの時期、今週はどのようなバンドのどのようなMVが公開されたのか?見ていきましょう!





TURNSTILE LOVE CONNECTION” by TURNSTILE

前回のブログでも紹介したTurnstileの4曲をまとめたMV!引き込まれる映像とさらに進化し続けるサウンドは要チェックだね!





Descendents – “Like The Way I Know”

静止画ですが、7/23にアルバムのリリースが控えているDescendentsのニューソング!




plxntkid – “here we go again” (feat. Kapteinen)

こちらも静止画ですが、Epitaphからデビューを控えているplxntkid、近年爆発的に人気のポップパンク~エモなどに影響を受けたトラップビートにギターリフを加えたサウンド、歌うラップ的な?僕もあまりそこらへん掘り下げれていないんで詳しくないんですが・・・Epitaphに限らずその他のレーベルもエモラップ系のリリースがめちゃくちゃ多くて・・・あ、エモの影響って言っても2000年以降のエモね・・・




One Step Closer – “Pringle Street”

Run For Cover Recordsへの移籍は衝撃でしたが、アルバムはRun For Cover Recordsから9月にリリース予定、日本版はRetributionから!オルタナ色を強めた1曲、さらに2000年半ばのモダンオールドスクールやModern Life Is WarVERSETitle Fightなんかも連想させるサウンドですね!




Eidola – Counterfeit Shrines

ポストハードコアEidola、9/17にRiseからリリースされるアルバムから先行で公開されたCounterfeit Shrines、相変わらずテクニカルかつ美しくオシャレ!ハイセンスで完成度の高い楽曲!




Eidola – Counterfeit Shrines

ノイズバンド Daughters のフロントマン、Alexis Marshall のソロ作、デヴュー作が7/23にリリース、前衛的で精神に訴えてくるノイズサウンドとモノクロの映像がマッチしている!




Section H8 – Streetsweeper (ft. Tim Armstrong)

またまた静止画ですが以前にも紹介したSection H8、予想外なRANCIDのTim Armstrongが参加した楽曲!




KING WOMAN – Psychic Wound

Relapse Recordsのポストドゥーム/ダーク・ゲイズKING WOMANから7/30に発売されるニューアルバムからの先行で公開されたMV 妖艶な暗黒世界ドップリなサウンド!




August Burns Red – Bloodletter

20年にリリースされたGuardians収録のBloodletterがMVに!アルバムの中でも群を向いて人気の曲、コソドロを撃退する最高なストーリーのMV!




Attila – Day Drinking

7/23にニューアルバムが発売、そのアルバムからDay DrinkingがMVに!サザンロックテイストな新境地を開く一曲!相変わらずなMVも最高です!




BORN OF OSIRIS – Poster Child

先日ニューアルバムリリースしたてのオシリスパイセンからPoster ChildのMV公開!程よくキャッチーになってより聴きやすくなった印象、よりシンプルになった分、細部のこだわりはさすがだなって!




Meadows – “The Depths”

アラバマ州バーミンガム産、FacedownからEPも楽しみなMeadowsのMV、ポストハードコア~メロディックなハードコア、叙情系、印象的な美しいメロディーやポエトリ―パート、CounterpartsからBAAOなども連想させるサウンドを奏でる要注目のバンド!




Capstan – alone [Feat. Shane Told]

先日も紹介したCapstan、SEPARATEからの1曲!Silversteinの Shane Toldも参加も1曲、多様なジャンルを行き来するもしっかりまとめる技術はさすが、そして記憶に残る極上なメロディーがすばらしい!




Eighteen Visions – 1996

Eighteen Visionsの新曲がシレ~~っと公開されていた!17年に復活しドロップされたXVIIIも最高だったんですがこの新曲も最高!初期のVODなんかも連想させる独自のサウンド、カオティックかつヘヴィーネスなサウンド!少し前に公開されたAlice in Chainsのカヴァーも最高だったんで貼っときます!





今週はこんな感じかな!来週もお楽しみに!




では!



河内野







追伸:
今回登場したバンドのグッズも取り扱っていますので夏に向けてチェックを!



1万点のバンドグッズはこちらをクリック!



見逃し厳禁!今週「6/12~6/19」の【注目のMVまとめ!】

梅雨全開、雨ザーザー、ジメジメ、不快指数がたまっていくが、それらを解消するのはやはり僕たちの愛するミュージック!!


毎日毎日やっべーMVが公開されるよね、1つのビデオごとに詳しく書きたいんだけどそんな時間はなく・・・ということで毎週週末あたりにその週のMVを一気にアップしていくんでぜひチェックしてみてくれ!



Angel Du$t – Love Is The Greatest

しれーっとリリースされていたEP、ますますユルくオシャレなサウンドに、アートワークも不思議な感じ。



AFI – On Your Back

今年で30周年!アニヴァーサリーな年にリリースされたアルバムからの1曲、ゴシック要素はありながらもニューウェーヴサウンドに接近したさらに深化したサウンド!



CELESTE – Comme Des Amants En Reflet

フレンチ産のフレンチアヴァンギャルドブラックメタル/激情ハードコア!枠にとらわれず ブラック、ポストブラック、ハードコア好きをも虜にする前衛的サウンド、ニューアルバムはまさかのNuclear Blastから?!



Covey – Point Mutation

人気のCoveyことトム・フリーマンというフォークロック・アーティスト!、ライズ・レコードファミリーとなって初のアルバムからの一曲!インディーポップ、アコースティックパンク、からエモ好きまでにもオススメできるアーティスト!



Rosie Tucker – “Ambrosia”

ここ最近まで全く知らなかったアーティストなんですが激ハマリしてます!LAを拠点に活動するシンガーソングライター、Rosie Tucker、エピタフから4/30にリリースされたアルバムからの1曲、インディーシーンでは爆発的人気があるようなので覚えておくべきアーティストですね!



Fiddlehead – “Down University”

Have HeartのボーカルPatが歌うインディーロックバンド「Fiddlehead」の新譜からの1曲



Section H8 – Nightmare

大好きなFurious StylesやDownprssuer、MINUSのメンバーも在籍する危険な香りがプンプンするSection H8、待望のアルバムがFlatspot Records、日本からはRetributionから7月の終わりにリリース!危険なデトロイトあたりのThugいハードコアから荒々しいハードコアパンクをうまくクロスオーバーしたサウンド、楽しみすぎる一枚!



Lingua Ignota

THE BODYの楽曲からFull Of Hellの楽曲にも参加していたことからハードコアリスナーにも少しは知名度あるかな?ロードアイランド産、デス・ドゥーム、ゴス、クラシック、ゴスペルなど幅広くも独自の世界観をぶちまける無二なエクスペリメンタル・エレクトロニック アーティストLingua Ignotaの8月にリリースされるアルバムSINNER GET READYから先行で公開されたMV、まさに暗黒界の歌姫ですね!



SPEED – WE SEE U

2020 Flexもまだ記憶に新しいオージー産ハードコアSPEED、7月終わりにリリースされるオージーバンドのコンピに収録されているのがこのMV曲、ゴリッゴリなビートダウンスタイルとモダンなグルーブ感も兼ね備え、1分弱なショートな曲ですがエアー・ホーンや絶妙な落とし方、センスが良い!



Teenage Bottlerocket – Ghost Story

FAT MIKEも大のお気に入りパンクバンド、Teenage Bottlerocket、8月の終わりにFATからリリースされるアルバムSick Seshからの1曲!無条件に夏に聴きたいポップパンクサウンド!



CARNIFEX – Pray For Peace

carnifexの新曲MV、グルーヴィーでシンフォニックなモダンデスコアサウンド!



SHORELINE – Sanctuary

エモ・リバイバルとメロディックを行き来するようなサウンドで爆発的な人気を誇った19年リリースのEat My Soul、そんなSHORELINEの待望の新曲Meat Free Youthに続き新曲、そしてMV公開!End Hits Recordsに移籍しこれからリリースされる音源も要チェック!レーベルメイトのBe Wellも参加した曲!



Capstan – abandon

Fearless Records所属のプログレッシヴ・ポストハードコアバンドCapstan、大人気だったデヴューアルバムから2年、シングルで現在3曲公開、その中の1曲がMVに!



New Found Glory – The Last Red-Eye

ポップパンクキングNFGの新曲!グッドメロ炸裂のポップパンクサウンド!




来週末もアップするから毎週チェックしてね!




では!



河内野




追伸:
今回登場したバンドのグッズも取り扱っていますので夏に向けてチェックを!



1万点のバンドグッズはこちらをクリック!



今回登場したNew Found Gloryの新作グッズも近いうちにアップするね!現在発売されているアイテムでしたらこちらが人気!

バスケット、NBA好きは思わず反応してしまうデザイン!現在は高値で取引されている90'sのNBAブルズのTシャツやドリームチームなどによく描かれていたアニメタッチのデザインがNFGで登場!

バスケット、NBA好きは思わず反応してしまうデザイン!現在は高値で取引されている90’sのNBAブルズのTシャツやドリームチームなどによく描かれていたアニメタッチのデザインがNFGで登場!

最強ボリュームを誇るWarped Tour「ワープドツアー」のコンピレーションも今年で最後!

ワープドツアー2018

昨日に引き続き今日も夏日ゴールデンウィークなんてなかったけどまさに5月病、体が重い・・・ただ食べ過ぎているせいでもあるが、この憂鬱な気分を解消してくれるのはやはり音楽である!

やっぱりこの時期、夏といえばメロディックハードコアに、ポップパンクだよね、やはりこれから始まるワープドツアーのイメージが夏、パンクバンドだけじゃないんだけど、やはりワープドの印象はパンクなんだよね、毎年楽しみにしている、とてつもないボリュームのコンピレーション・アルバムが6月に発売。

ワープドツアー

The Warped Tour 2018

発売日は6月の22日、約1月後だね!何が楽しみってこのボリューム、Neck Deepのジャケだった去年は50曲収録、今年は51曲、今年はTonight AliveのヴォーカルJennaがジャケットを飾る!
今年も一枚目はメロディックなバンドが多く2枚目はポストハードコアやメタルコア、ハードコアなどが中心、ここコンピで知れたバンドも数多くいる、まさに入門編なアルバム。



毎年の夏前の楽しみの一つなのである!

来年も

再来年も


その次の年も



当然、このコンピ買うよね・・・って

ワープドツアー今年で終わるんだった・・・


僕と同じく毎年このコンピレーションを楽しみにしていた仲間も多いはず、実際にワープドにはいけないけどこのコンピを聴いて、ほんの一ミリでもワープドに参加している気分を味わっていたが、それも今年で終わり、「始まりがあれば終わる」とても悲しいね・・・


「当たり前を続けるのって難しいですよね!」by石田ゆり子さん



悲しみはいったん置いといて、このCDに収録できる限界時間のフルヴォリュームな中身を見ていこう、収録曲はこちら!



1枚目の収録アーティスト/曲
1. Tonight Alive(トゥナイト・アライブ) – “Book of Love”
2. Senses Fail(センシス・フェイル) – “New Jersey Takes, The World Makes”
3. Real Friends(リアル・フレンズ) – “Get By”
4. Knuckle Puck(ナックル・パック) – “Double Helix”
5. State Champs(ステイト・チャンプス) – “Slow burn”
6. Sleep On It(スリープ・オン・イット) – “Distant”
7. Story Untold(ストーリー・アントールド) – “All the Same”
8. Mayday Parade(メイデイ。パレード) – “Jamie All Over”
9. This Wild Life(ワイルド・ライフ) – “Headfirst”
10. The Maine(メイン) – “Black Butterflies and Déjà Vu”
11. Palaye Royale(パレ―・ロワイヤル) – “Get Higher”
12. Doll Skin(ドール・スキン) – “Baby’s Breath”
13. Don Broco(ドン・ブロコ) – “Stay Ignorant”
14. Picturesque(ピクチャレスク) – “New Face”
15. Simple Plan(シンプル・プラン) – “Boom!”
16. The Interrupters(インタラプターズ) – “She Got Arrested”
17. Shiragirl(シーラガール) – “Get Em Hot”
18. Less Than Jake(レス・ザン・ジェイク) – “Things Change”
19. Broadside(ブロードサイド) – “Paradise”
20. Assuming We Survive(アスーミング・ウィー・サヴァイブ) – “California Stoned”
21. Makeout(メイクアウト) – “Crazy”
22. With Confidence(ウィズ・コンフィデンス) – “Keeper”
23. Summer Wars(サマー・ウォーズ) – “End of an Era”
24. Grayscale(グレースケール) – “Let It Rain”
25. As It Is(アズ・イット・イズ) – “Austen”
26. Four Year Strong(フォー・イヤー・ストロング) – “For Our Fathers”



2枚目の収録アーティスト/曲
1. Ice Nine Kills(アイス・ナイン・キルズ) – “Nature of the Beast”
2. August Burns Red(オーガスト・バーンズ・レッド) – “King of Sorrow”
3. Motionless in White(モーションレス・イン・ホワイト) – “Voices”
4. Asking Alexandria(アスキング・アレクサンドリア) – “Where Did It Go?”
5. Issues(イシューズ) – “Coma”
6. Every Time I Die(エヴリ・タイム・アイ・ダイ ) – “Glitches”
7. Wage War(ウェイジ・ウォー) – “Stitch”
8. Knocked Loose(ノックド・ルーズ) – “My Heroes”
9. Chelsea Grin(チェルシー・グリン) – “Four Horsemen”
10. In Hearts Wake(イン・ハーツ・ウェイク) – “Passage”
11. Nekrogoblikon(ネクロゴブリコン) – “Mold”
12. Twiztid(ツイズティッド) – “Nothing to You”
13. Kublai Khan(クビライ・カーン) – “Split”
14. Phineas(フィニアス) – “I Saw The Bombs Fall”
15. Dayseeker(デイシーカー) – “Cold, Dark Winter”
16. Sharptooth(シャープトゥース) – “Rise”
17. Crown The Empire(クラウン・ジ・エンパイア) – “Zero”
18. Trash Boat(トラッシュ・ボート) – “How Selfish I Seem”
19. Dead Girls Academy(デッド・ガール・アカデミー) – “I’ll Find A Way”
20. Farewell Winters(フェアウェル・ウィンターズ) – “On A Light Note”
21. Capstan(キャプスタン) – “The Wreath and The Follower”
22. The Amity Affliction(ジ・アミティ・アフリクション) – “This Could Be Heartbreak”
23. Movements(ムーブメンツ) – “Full Circle”
24. Hail the Sun(ヘイル・ザ・サン) – “Suffocating Syndrome”
25. Waterparks(ウォーターパークス) – “Lucky People”


相変わらずなヴォリューム、毎回大満足、いろんなバンドが収録されているから車のBGMとして流し、「おっ!」と思う部分があれば信号待ちなどでCDジャケットを取り出し何のバンドかをチェックする、そしてそのバンドの音源を購入するのがワープドコンピの楽しみ方、一連の流れ、この楽しい流れも途絶えるのかと思うと結構なショックである。夏の風物詩、花火が無くなるような、大げさでもなく本当に毎年楽しみにしていたからね・・・自分の中では当たり前に思っていたけど50バンドも集めコンピを作成するってすごいことだよね、ワープドのコンピにはマジで感謝でしかない!今までありがとう!!!




今回は収録されているバンドの中から夏前ってことでメロディック、ポップパンクバンドのMVを貼ってを感じていこう!※コンピに収録されていない曲でね!



Real Friends – “Loose Ends”




Knuckle Puck – Gone




State Champs “Dead And Gone”




Sleep On It “Fireworks” (ft. Derek DiScanio)




Story Untold – In Or Out




Doll Skin – Let’s Be Honest




The Interrupters – “She’s Kerosene”




Less Than Jake “Bomb Drop”




Broadside – Hidden Colors




Assuming We Survive – Better Without You




MAKEOUT – Ride It Out




With Confidence – Voldemort




Summer Wars – Something To Call My Own




Grayscale – Atlantic




As It Is – Speak Soft




Four Year Strong “Who Cares”






夏が迫ってきたぜ!!!

、感じれた?一番好きなのはハードコアだけど、夏は絶対にメロディック、ポップパンクです!



Less Than Jakeのようなスカ要素あるバンドも「ザ夏!」って感じするけど、僕のお気に入りはSummer Warsとイージーコア寄りのSummer Warsだね!



Summer Warsは、Neck DeepやAs It Is にTonight Alive等のマネージャーを務めるMichael Kaminsky が去年立ち上げたAdventure Cat Records所属だね、ポップパンクではにけど同じくレーベルメイトのポストハードコアバンドCapstanも注目のバンドだね!



ここ最近は帰り道海岸線を車で走りお気に入りのビーチでアイフォンに入れたポップパンクを大音量(ヘッドフォン)で聴くのがマイブーム、夏に向けて新しい音源を購入したいんだけどさ、そこのポップパンクマニアよ、あなたのおすすめバンド教えてくれてもかまわんよ!!

河内野