悲しみを乗り越えさせてくれたのは叙情派ハードコアだった!


ホント2016は次から次へと…….

ここでは言えない多くの事件が、「なんでだよ!」何度もくじけそうになった。

ぶっ倒れて気を失う1月、救急車に乗れたのは楽しかった。看護婦が超絶美人で、恋をしてしまった良い思い出でもあるんだがww


2月に一回は何か起きてる、2017年を迎えられるのか不安であるww

先週は93歳のばーちゃんが亡くなった、今頃、あの世で父と仲良くしているだろうか?

お通夜では葬儀場で一人泊まることになったんだけどさ、妙に怖くてさ……..

葬儀場の人は誰ひとりいないし、葬儀場は山の中だし、

棺桶を開け祖母の顔を見るもそこにはもう魂はなく、既に抜け殻、

不謹慎だが先日見たホラー映画を思い出してしまったw




ばーちゃんごめんね!!!!夜中にいきなり現れないでね!!


怖さを紛らわせようとアイフォンでYoutubeを見ようとするも

wifi飛んでねーじゃねーか!!何も繋がらない!




音楽を聴くしかできない、断然CD派だからさ、
アイフォンにはそこまで音楽入れてないんだよね。

どちらかといえばダークで暗黒な楽曲やエモばかりが登録されている、
Aで始まる一番最初のアーティストはAftershock

若干エモいフレーズが心までもエモーショナルに、時折入るSEなどが怖くなったので
その夜は叙情派で攻めようと、

DestinyやHopesfall、A Jealousy Issues 、Poison The Wellなど王道の叙情派を聴く。

ピュアなエモコアはちょっと悲しくなりすぎるからね。



エモーショナルでありながら疾走感有り激しい、叙情派のハードコアは怖さを吹き飛ばし、
祖母との楽しい思い出も蘇らせてくれる。

知らないあいだに深い穏やかな眠りにつき、朝を向かえ無事に葬式は終了した。




そういえば、ばーちゃん、小林旭が好きだったなーなんて思い出したり。
音楽と思い出、人生、常にリンクしているよね。

お通夜に聞いた曲は僕の中でばーちゃんとの最後の思い出の一つとして心に刻まれた。

僕は父が亡くなった時、祖母、祖父が亡くなったとき毎回、「あーしておけば、」
などの後悔が残る!

どんだけ孝行しても後悔は残ってしまうんだよね。
一人暮らしのあんた!たまには実家帰って親に顔見せておけよ~!後悔すんぞ!!




ばーちゃんありがとう!ゆっくりと休んでくれ!!



叙情派ハードコアは心をギュッと掴まれたような切なくも苦しい、
エモーショナルな純情な感情を呼び起こす。

ただ悲しく切なくなるだけではなく、心の闇を吹き飛ばしてしまう激しさも
持っている素敵なサウンドだね。

いわゆるフロリダな叙情派ニュースクール、NaiadやCommunity Trustの日本勢、は未だに愛聴しているけど
ここ2.3年でよく聞いているのは



・Until We Are Ghosts
・Capsize
・Hundredth
・Being As An Ocean
・BURNING DOWN ALASKA
・Worthwhile
・Conveyer
・ERRA




ニュースクールに限らず、ポストハードコアやオールドスクール、ジェント、メタルコア、
スクリーモと叙情的なサウンドを組み合わせたバンドは無性にこの時期、秋から冬にかけて
聴きたくなっちゃうんだよね。

季節の変わり目や枯れ果てた木々などの哀しい風景が感情に訴えやすいのかと。
この時期に一番聞いてしまうサウンドである。



内に秘めておく美しさもあるが、素直に感情を前面に溢れ出すことも重要だと思うんだよね!

シンフォニックなメタル好きにも聞いて欲しいサウンドだね。

新しい曲ではないけど、今一番に聞いている曲はこれ。

◆BURNING DOWN ALASKA – ‘Phantoms’ feat. Michael McGough (Being As An Ocean)◆

現代の叙情派ハードコアの代表格と言っていいのはやはり、Counterparts

◆COUNTERPARTS “Stranger” Official Music Video◆

染みる~~~~!

そんなCounterpartsも2017年1月後半に来日!

柴犬、胸キュンなフライヤーが話題になってるね!かわいすぎる!!!!!

モフモフさせてください!!

このデザインそのままでTシャツにして欲しいくらい!
ピンクのボディーでフロントにはCのアイコン、バックに柴犬フォト、
袖にバンド名のプリントのパーカーなんていかがでしょうか?!

ところでCounterpartsをカウパっていうのやめないww僕はカパツにします!




くじけそうなとき、力をくれた叙情派のハードコアバンドたち、これからもよろしくっす!!

あなたが好きな叙情派のバンドは誰?あなたを助けてくれた名曲は何?教えてくれ~~!!

では!

河内野

バンドマンに求められるファンへのサービス精神とは?!

stage012

バンドマンへの提案、ステージ衣装の大切さなどを、1回2回3回にわたって熱弁したんだけど、もう一つ大切なことを忘れていた。

最高の衣装、最高の演奏でお客さんを感動させて、最高のステージングでこの日一番の盛り上がりを見せたとする。「完璧なライブができた~~!」と。しか~~し!ステージを下りても、まだ気を抜いちゃいけない。ライブが終わっても、バンドマンにとっては本番が続くのだ。

完璧なライブを見たら、ファンになったお客さんはブースに直行する。CDやらTシャツ、その他グッズを見に行く。そしてブースには、最高のライブを披露したメンバーの一人が汗まみれで立っている。

stage011

ステージ衣装はビッショリと濡れ、おでこからは、滝のような汗が流れている。着替えることすら苦痛なほどに体力を燃焼してしまったからそのまんま。

激しいステージ、あの運動量だもんね。それはすごくよくわかる。熱気も伝わってくる。汗だくの姿も男らしくてカッコイイよ。でも、ちょっとファンへのサービス精神が足りなくない?!

あなたのバンドに惚れ込んだお客さんは、あなたに注目しているっていうことを忘れちゃいけない。やっぱり、かっこいいライブを見た後は、その人を目で追っちゃうもんね。機会があれば、話かけちゃう、よね?ステージ上のかっこいい姿はライブ後だって見ていたい。

stage013

汗びっしょりの姿はバンドマン側からしても不快だから、着替えることは当ったり前のことかもしれないけど、ステージを下りた後の服装にもエンターテイナーとしてのサービス精神をつらぬいて欲しいよね。それに、フロアで見る姿もイケてたら、相乗効果で倍かっこよくなる。

実際に僕が衝撃を受けた、とあるバンドマンの話をするね。

彼はステージ上ではハードコアのTシャツ、そしてオシャレなメッシュパンツ、ハイテクスニーカーで派手目にカッコよく決めていた。ところが、ライブ終了後、フロアに降りてきた時は、ステージ上の衣装とは全然違う印象で、その変貌ぶりに良い意味でびっくり仰天した。

季節は冬で、ライブ終了後の恰好は、きれいなジャケットに細みのパンツ姿だった。キャップがニット帽に変わっていた。スニーカーも履き替えていた。さらに、ライブ中にはかけていなかった眼鏡をかけていた。この時も派手目のカラーリングがコーデを華やかにしてた。で、極めつけはライブ中では想像できないほどの笑顔。

ステージに立っている時だけでなく、お客さんと戯れるフロアでも最高にカッコよく決めていたんだよ。実際に目の当たりにして惚れ惚れしてしまった。ますます、そのバンドが好きになった。演奏中に着ていたバンドTシャツももちろんチェックしてたけど、ステージを下りた姿でもこの人のスタイルを参考にしよう!って強く思ったんだ。僕と同じような体験をする「音楽とファッション」がセットで好きなお客さんはいっぱいいる。むしろ増えてきている。

ライブ後も本番が続くと最初に言った意味が伝わったかな。エンターテイナーであるバンドマンのあなたは、常に見られているのであ~る(怖)。

今日からステージ衣装もライブ後のスタイルも、気合を入れていこう!

ちなみに、Being As An Oceanの最新アルバムから出たデザインは、今日話した「ライブ終了後の衣装」として何枚かはもっておきたいものばかりだ。「動」と「静」のコーデバランスをうまくとってくれるだけじゃなく、そのギャップを楽しむ意味でもオススメだ。

昨日より、「ヤバ過ぎるアルバムが発売された!」のを記念して、5月18日(日)までBeing As An Oceanの緊急イベントを開催中だ。今なら、最新アルバムのジャケットデザインのイケてるポスターをプレゼント中だよ!

Being As An Ocean How we Both Wondrously Perishがヤバ過ぎて3日間だけ緊急イベント開催!

詳しくは、今すぐここをクリックしてね。

それにしても、彼らはビデオ一つにしてもオシャレなんだよな~!


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

(↑)メンバーが愛用しているThrash talkのシャツやフォトTもイケテルね。

河内野

Being As An Ocean How we Both Wondrously Perishがヤバ過ぎて3日間だけ緊急イベント開催!Being As An Oceanの期間限定ページはここからアクセス