【ダサくて普段着れない!】と絶対に言わせない進化したバンドグッズたち!

RR18525046


「ジャニーズがまたやらかしたぞ!」



と、わざわざ報告しに事務所までやってくるゴシップ大好きな友人、


マジ「どうでもいい!」

それどころじゃない!Protest The Heroの歴史的名盤「Fortress」リリース10周年を記念した来日ツアーがキャンセルだってよ!!!

プロテストザヒーロー

僕はどちらにしろ行けないんだけど、来日に着ていくバンドマーチをと、ポジで頼んでくれていた仲間たちが不憫で仕方がない!理由が理由だけにね、怒りをぶちまける矛先もないわけで・・・


ボーカリストRodyの声じゃないとProtest The Heroじゃないですもんね、とても残念ではあるけど、仕方ない、仕方ない!よね?

残念といえば、先日コメダ珈琲で本を読んでいたんだけど

RR18525040



聞き捨てならない会話が聞こえてきた。

少しロックなテイストも感じれるファッションに身を包んだ20代は前半であろう女子たち、当然会話は耳には入らず他のお客さんたちの会話と同じただの雑音だったんだけど、ある言葉の反応してしまった。それが

「バンT」

というワード、反応せざるを得ないよねwwしかしその内容がこれまたヒドイ、会話の要点をまとめると


・ある程度のロックバンドのライブに行った
・興奮してグッズを買ってしまった
・家に帰って冷静に考えると
・ノリで買ってしまったバンドTシャツ
・ダサすぎて普段では絶対に着れない
・メルカリに出す予定

興奮して奮発してしまう気持ちはわからんでもないが、好きなバンドのTシャツは普段着用できないというとこが腑に落ちない、


「どんだけダサい」のがとても気になる、「そのTシャツどんなデザイン?」と若い女の子に声をかける勇気もなくモヤモヤした気持ちでコーヒーフロートを飲み干し店を後にした。


名前は伏せておくが、ある程度知名度ある、どちらかといえばオシャレなロックサウンドを奏でるバンド、ダサすぎて普段では絶対に着れないほどのデザインだったのだろうか?そもそもその女の子たち、普段着としてバンドTシャツを着るのだろうか?


メルカリに出すという時点でそのバンドに愛情はないのだろうけど、少し悲しい気持ちとバンドマーチのおしゃれさをその子たちにも伝えたい、そんな気持ちでいっぱいになった。


ダサイをわざと狙っているデザインもあるが、バンドマーチの進化は日々進んでいる、もはやブランドアイテム並みにね、ブランドだからよいわけではないがセンスを感じさせるストリートブランド並み、もしくはそれ以上のクオリティーを持つデザインは多く存在する。



今回は進化し続けるバンドマーチアイテムを紹介していく!
チェックしそのヤバさを再確認してください!

今回紹介するのはサンディエゴ産、Rise Records所属ポストハードコア/叙情派ハードコアバンドThousand Below!!叙情派の注目バンドだね!

サウンドのセンス同様に彼らThousand Belowがヤベ~んです!ストリートでもよく見かけるローズデザイン、オールドイングリッシュをうまく使った最先端なアイテム、激しくも美しい、純度高めなハイセンスアイテム!
Thousand Below



大手のブランドもこぞってドロップしているボーダーシャツに細心の染技術で立体的に染め上げたタイダイのシャツ、そこにシンプルなロゴを落とし込む、確実に夏のシンプルなコーデにインパクトを残してくれる2枚でしょ?

サウザンド・ビロウ



未だにアルバムのデザインをそのまま落とし込んだだけのアイテムがバンドTシャツとして認知されてるが、一般的にはね、見てわかるように問題なくコーデのメインを張れるアイテムが多く登場している。



Sumerian Records所属、DIG DEEPも名盤だったプログレッシブメタルコアAfter The Burialのこのアイテムだってそう、

After The Burial

主張しすぎないバンドロゴ、エイリアンの血がが飛び散ったかのような加工が施されたボディー、プリントだけでなくボディーでもそのバンドが持つ世界観を表現したりと、進化が見えるよね!



Sumerian Records所属、プログレッシヴ・デスコア・バンドBorn of Osirisだったらこれ、

Born of Osiris

ボディーの進化もあるがそれに頼らずプリントデザイン自体の進化も感じれる、スメリアンらしいモチーフ、古代エジプトの美女の1人ネフェルティティの像にアーバンでネオな要素をぶち込み、相反するものをうまくミックスさせたこのデザインは衝撃だったね!



先日、さらに衝撃を受けたのがこのBeing As An Oceanからドロップされ話題になっているコレ!

Being As An Ocean

ファッション好きならご存じのOff-Whiteデザインを見ごとにサンプリングしたメーカーで今一番ホットなアイテム!ま、完全にOff-White何ですけどあえてバンドロゴを見せないっていうとこがバンド自体の自信を感じれる。



シンプル、バンドロゴ小さめ、など人に見られた時を考えるのではなく

自分だけがそのやばさを「わかっている」

そんなひそやかな楽しみを感じてしまう人、かっこよさって結局は自分だけがわかっている、もしくは本当のコアな仲間たち、「わかる人にはわかる」、これなんじゃないかなって。

そう感じさせてくれる最新のバンドマーチでした!

河内野

追伸:

Dance Gavin Danceのニューアルバム、いよいよだね!ニューマーチも楽しみである!

2017年度「俺の10枚」に確実に入るであろう12月発売の「ヤッベー」アルバム5選!

Asking Alexandria

12月に入ったと思えばもう1週間が経過した、17年もあっという間だね、

前回のコーデブログでも言ったんだけどさ、そろそろ始めたいと思うんだ。

2017年度「俺の10枚」

けどね、選びきれない……

毎年言ってるけど今年も豊作すぎた、聴きまくった再生数で選ぶのか、とんでもない名曲が入っているアルバムを選ぶべきか、全体的に良かったアルバムを選ぶか、迷う、とにかく迷う、そしてさらに僕を悩ますのが12月もとんでもないアーティストによるリリースが待っているんだよね。
SP1712-7044

war of ages
Facedown Recordsの正統派メタルコアバンド「War Of Ages」も海外では昨日発売だけど、まだ届いていないし….






GRA17113011
Fearless Records所属、オージー産のエモロックバンド「Eat Your Heart Out 」もまだ届かない、かなり期待しているバンド。






hail the sun
Equal Vision Records所属のプログレッシヴ・ポストハードコアバンド、「Hail The Sun」、SaosinCirca Survive並みに好きなバンドなんだよね、知らない間にep発売されてるし、まだ届いていないし….






For All Eternity
Facedown Records所属オージー産、クリスチャンメタルコア「For All Eternity 」とんでもないポテンシャルもってんのになぜか過小評価されているバンド、ポジでも人気のFit For A KingSilent Planet好きなら間違いなんだが、いやそれ以上かもしれない、アルバムが手元に届くのは年末ごろかな….






Minors
LPのみの発売となるがHolyroar Records所属の「Minors」、聴いてもらえばわかるようにConverge好きなら間違いなしなカオティックなバンド!






Glassjaw
とてつもなく楽しみにしている「Glassjaw」のMaterial Control、すでに全曲Youtubeで聴けるけど届くまでの我慢、聴いてないけど今年の10枚に入りそうな予感がプンプンしている。15年待ったもんね!






Asking Alexandria
そして何より楽しみなのがSumerian RecordsのAsking Alexandria、ダニー復活!でさらに期待が高まる、自らのバンド名をタイトルに、自信作なんだろうよ!公開されている新曲たちも80、90年代のハード・ロックやメタルの要素を強め、ダニーのヴォーカルが渋みを増しているから最強のロックアルバムが誕生するんじゃないかと予想している。


「地獄を経験して、今こうやってまだ戻ってこれたんだ。」


ってベンも言っているくらいだからさ、


ダニーの脱退は本当に衝撃的だったよね、フロントマンとしての存在感はロックスター並みだったもんね、デニスが加入し発売されたアルバム「The Black」は名前のようにただの黒歴史にはならず最高だったし、このままAAのフロントマンとして活躍していくんだろうなと思っていた矢先に脱退。


この時点で淡い期待、「もしかしてダニーが….」なんて思ってたんだけどまさかの復帰、「戻ってくるんかい!」と思わず突っ込みを入れるほどすんなりと…オアシスの兄弟喧嘩まではいかないもの、相当な中の悪さだったんでしょ?それがたったの2年で…..


やはり新曲を聴いてわかるようにAsking Alexandriaにはダニーの声が一番!





復帰して、アルバム発売までは結構時間がかかったよね、Glassjawの15年に考えると短いスパンかもしれないけど、楽しみな分、本当に待ってたんですよね!!アルバム発売は15日、ダニーの一言がちょっと気になるんだがww

「ある意味とても新しく、とてもユニークな作品」

新曲を聴く限りでは期待を上回る予感だけど、ユニークな作品?変な方向にはいかないよねwww

2%ほど心配ではあるww



トラックリストはこんな感じ。12曲入りか、日本版は発売されるのだろうか?


1:ALONE IN A ROOM
2:INTO THE FIRE
3:HOPELESSLY HOPEFUL
4:WHERE DID IT GO?
5:RISE UP
6:WHEN THE LIGHTS COME ON
7:UNDER DENVER
8:VULTURES
9:EVE
10:I AM ONE
11:EMPIRE (FT. BINGX)
12:ROOM 138


5曲目は「RISE UP」 ライザップ(ライズアップ)!!!ダニーとベンのダイエットに関しての経験を曲にしたとかしてないとか….曲名のみで妄想をしながら楽しんでます!

ダニーのインスタを見てたら………

Askingalexandria

先日のアンケートで知ったSERPENT & CO.蛇セルパン・クロージング、のパーカーをダニーが装着、もしかしてベンからもらったの?

仲直りしたとはいえ「ビジネスだけの付き合いか?」と思いきやベン自身のブランドをダニーが装着する、これは完全に仲が良い証拠ではないか!!!!!安心したぜ!


Disturbia Clothing Psychodelic Raglan

AAのBenのブランドSerpent & CO.

この流れでSERPENT & CO.グッズの取り扱い開始だ!と言いたいところだがメーカーでも在庫数がほとんどないようだ。

イベントにするなら新作が発売されてからするから楽しみにしててね!!一応サイトにはアップしておいたから残っているサイズであなたとぴったり合いそうだったら手続しておいてね!

メーカーに残っているサイズも残りわずかだからSERPENT & CO.アイテム
48時間オンリーで販売するね!

12月9日(土曜日)夜9時まで

Serpent & CO.アイテムはこちらクリック



あと1週間ほどでアルバムが発売、実際に手元に届くのはいつ頃になるだろうか?「今年の10枚に間に合うだろうか?」



あなたも今年の10枚準備しといてね!

河内野

【無料】Invogue Records が無料サンプラーを配信中。今なら13曲全部無料でダウンロードできます

1

叙情派の中でも今一番の注目株と言えばBeing As An Ocean。そんな彼らが所属するInvogue Recordsが、無料音源を13曲もアップしましたよ。Invogue Records 2013サンプラー・コンピレーションのフリーダウンロードですよ~!ダウンロードはここをクリックしてください

まずはFREE DOWNLOADをクリック。

INV002

メールアドレス、国名:JAPAN そして郵便番号を入力しよう。

INV003

入力は終わった?もう一息だからね。メールが届くから、そのメールの中にあるFREE DOWNLOADをクリック。すると下記の画面に移動するから、DOWNLOAD NOWをクリックで完了。

INV004

ダウンロードしたデータはアイチューンやお使いのMP3のデータに入れて聴きまくっちゃおう!

トラックリストはこちら。

  1. Famous Last Words – To Play Hide And Seek With Jealousy
  2. Dayseeker – Hollow Shell
  3. Being As An Ocean – Salute e Vita
  4. The Illumination – Giving Up My Pride
  5. Let It Happen – Over My Head
  6. Liferuiner – Vacant
  7. Shreddy Krueger – Violence
  8. Sienna Skies – Achiever
  9. Restless Streets – Ijustwantyouhome (Acoustic)
  10. Idlehands – Leeches
  11. That’s Outrageous! – The New York Chainsaw Massacre Pt. II
  12. Before Their Eyes – Dream
  13. Worthwhile ? Unlovable

RiseやSumerian程の知名度は無いがやばいバンドがいっぱい揃っているんだよね。絶対にこの中から好みのバンドが見つかります。ぼくはやはりBeing As An Oceanだね。

Being As An Ocean


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

人気のバンドの特徴でもあるPVがオシャレ。そしてバンドマンがオシャレで。

Being+As+An+Ocean+BAAO

そしてグッズがお洒落なんだよね。

Mock_Up_55b51481-4ff8-468e-9d13-aa5ca0398e07_large

そもそも彼らの所属するInvogue Recordsがオシャレなんだよね。バンドにしろPVにしろグッズにしろ。最新のInvogue RecordsのPVです。

Dayseeker – “What It Means To Be Defeated”


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

やべっ、Being As An Oceanよりも好きかも?!

Liferuiner – Self Purgatory


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

久々だな!カッコよさは健在!

InDirections – Dead Legacy


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

今結構話題のバンドです。

Shreddy Krueger – Hazel The Apparition


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

Secret & Whisperの元メンバーが組んだバンドだよ。

The Illumination – Separations


※携帯で動画を見るにはここをクリック!
こんなバンドもいたんだ!

Worthwhile – Live For What Lasts


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

ここ最近すごい話題だよね。音源早く買わなくては。

Restless Streets


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

タフだな~そしてグッドなクリーン、キテマス。

まだまだやばいバンドがいるよ。Invogue Records恐るべし。RiseやSumerian程の知名度は無いけど来年は一番耳にするレーベルかもしれない。そして彼らのグッズもセンスが良いんだよね。

同じデザイナーが担当しているのか、Being As An Oceanのデザインが好きなら間違いなしだね。Invogue Recordsバンドのグッズたち、ガンガンアップしていくからね。

河内野

【知ってた?】Sumerian Recordsのロゴの秘密

SUM2013001

ビルボードの第27位にランクインしたBorn Of OsirisのTomorrow We Die Alive。

1

マジでスケール感がでかいよね。ビデオにしてもサウンドにしても。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

どんな脳みそしていたらこんな曲が書けるんだろうか?不思議でたまらない。

Born Of OsirisってSumerian Recordsに所属しているバンドなんだけど、このレーベル一貫性があって本当にかっこよいよね。あのスフィンクスのレーベルロゴがぴったりと所属バンドにはまるんだよね。

そもそもなんでスフィンクスをロゴに使用したんだろうか?オルタナティブプレス記事がアップされていたよ。

社長、取締役であるAsh Avildsenは歴史からレーベル名やロゴのヒントを得たそうです。「人類の歴史で初めて音楽の楽譜を残したというシュメール文化から、その名前をもらったんだ」と社長は言う。

ロゴのデザインは、古代の西シュメールやエジプトのスフィンクス、ピラミッドといった建造物をモチーフにしている。

「スフィンクスとピラミッドを一緒に並べることで、シュメール文化の建造物ジグラットに近い雰囲気を出せると思ったんだ。スフィンクスは、世界で最も古い巨大な像だし。何の為に、一体誰が作ったかもミステリアスな謎に包まれているのも面白い。ピラミッドやスフィンクスは、あの頃のエジプト人たちだけの手で作られたものとは、僕は考えていないんだよ。」

歴史の授業はとにかくとして、最も重要なことは、Avildsenが言う「頭部は人間、身体がライオンってのは、最高に格好良いから」ということだろう。

参照元:オルタナティブプレス

そういう秘密が隠されていたんだね。プログレッシブなデスコアやDjent系バンドを排出するパイオニアのレーベルだけあってこのロゴの秘密はすごい納得です。

かといってそれだけじゃないジャンルのバンドも所属しているんだけど、他のレーベルにはない独特なバンドが多いよね。これはSumerian Recordsでしょ!ってわかってしまうもんね。

ここ最近もとんでもないバンドがアルバムを発売、発売予定してるよね。

Dayshell

いい声だな~って思っていたらOf Mice & Menのボーカルなんだってよ!


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

The Faceless

スケールでかすぎでしょ。1枚通して聴くとRPGゲームをクリアーしたかのような満足感。素晴らしい。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

After The Burial

Sumerian Recordsの初期を支えてきたバンドだけあって貫禄がパナイ。楽しみだ!


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

††† (Crosses)

また難解なサウンドのバンドと契約したな。なんて思ったらデフトーンズのチノのプロジェクトじゃないの。社長、目の付けどころが素晴らしい!


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

Capture The Crown

ポジでもじわじわと人気が出てきているバンド、やはりこのバンドもスケール感がでかい。絶妙なエレクトロ具合が素晴らしい。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

City In The Sea

完全に見逃していた。こんなやばいバンドもいたのね。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

Lesser Key

これまた最近のスメリアンぽいDjent系になるのかな?暗黒で独特なメロディー、展開、懐かしくも新しいサウンドだな。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

Stray From The Path

待ってましたよSFTP相変わらずのアングリーなヴォーカル、テンションあがるわ。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

超絶ベーシストEvan Brewerも在籍。指なげ~~。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

Sumerian Recordsはいつも僕たちを楽しませ虜にしてくれる。難解なサウンドでもビルボードにランクインしたりと、これぞ本物の激音レーベルである。

河内野