恋愛パワースポットだと!?福井県「かずら橋」にボッチで行ってきた!(Power Tripシャツ装着)

かずら橋

キュンキュンするような恋がしたい!!そう思わせてくれたのは男どものバイブル、『I”s(アイズ)』(胸キュン恋愛漫画)の実写版を見てしまったせいだ、野郎どもはご存じだよね、たいがい実写版となるとやらかしてしまうのだが、この実写版『I”s(アイズ)』は漫画をはしょることなく細部までしっかりと再現されていた、夜中の4時「伊織ちゃ~~ん!」と思わず叫んでしまった、我ながら気持ちが悪いな・・・


ネットフリックスでも配信されたんで恋したい男子どもはチェックだ!


I”s(アイズ)』のせいでなんかフワフワした気分で早朝を過ごす、たぶん良い夢でも見たのだろう、この日も気温は30℃に届いてしまうくらいの夏日、空は雲一つない快晴、そんな日は車でぶっ飛ばして出かけたくなる!!



甘酸っぱいGet Up KidsをドライブのBGMに、胸キュンバンドといえばやはり僕はGet Up Kids、その中でもSomething to Write Home Aboutを思い出す!恋に焦がれているそこのあなた、Get Up Kids聴いちゃいましょう!



この日の目的地は福井県の山奥、スマホのグーグルマップに従いながら車を進めたらとんでもない山道に誘導される、暑さではない変な汗がタラタラ、両サイドがガケになった細すぎる道、Uターンするのも一苦労、引き返し、うねりまくった山道を超え到着したのは、福井県は今立郡池田町にあるかずら橋、吊り橋である!



歩くこと200mほどで到着!
かずら橋



気温は高いも湿気がない分、心地が良い暑さだ、とはいえ照り付ける太陽は痛いくらいだ、この日はツバが広めのバケットハットを装着し、首回りを紫外線から守る!

かずら橋

わたるには300円が必要、多くの観光客、じっちゃんばーちゃん、がキャーキャー言いながら渡っていく、もしくはカップルたちが自撮り棒で思い出を刻んでやがる!うらやましいぜ!!!渡っている人がいなくなるのを待っている図である!

かずら橋



ようやく入手したMerauderのロングスリーブを着用予定だったんだが、あまりの暑さに今回はTシャツで!そうそう、明日25日土曜日の夜9時までのNYHCイベントはチェックしたかな?

NYHC


人もいなくなってきたな、そろそろ「かずら橋」を渡っていこうかね。パスヘッドっぽいこのシャツはPower Tripである!(XLサイズ着用)

Power Trip


かずら橋POSIBG19515008

いい池田.jp参照


かずら橋の「かずら」はつる草の総称、だから「かずら橋」なんだね!

かずら橋

なかなかのスケール感でしょ?

かずら橋


想像以上に揺れます、若干重力が軽くなったような、フワフワとした不思議な感覚。

かずら橋


板と板の感覚が結構広い、つまずいてこけたとしても落ちる事はなさそうだ。

POSIBG19515012



「このかずら橋の上で愛を誓うと永遠に幸せになれる」そんなパワースポットとして人気が出ているようだ、僕みたいな一人で来てもパワーはいただけないのだろうか?チッキショー!!

かずら橋

この橋を通過中の僕の脳内はPower TripのExecutioner’s Tax (Swing of The Axe)リフが永遠にリピート!!



邪悪なリフがこの橋の渡った先を地獄に変える!そんな妄想をしてしまった、完全に中二病である!

かずら橋


橋を渡り切った後に小さい小屋でおっちゃんに300円を支払う、何度渡っても良いそうだ。

かずら橋


下から橋を見上げることもできる。

かずら橋



木陰で気のベンチに座り休憩、クロスから飛び出してきそうなバケモノ、イケてるデザインだ!

Power Trip

バッグはBDHW、シンプルな夏のコーデのアクセントにもなるし、ちょっとしたお散歩にもバッチリ活躍してくれるアイテムである、この日は、携帯、SDカード、カメラのバッテリー、小銭、を収納、ブラックもグレーもラス1になったんで早めにね!

BDHW


かずら橋、楽しめました!カップルもボッチもぜひ!!!帰りは川沿いの遊歩道を渡って。今日は太目のパンツ、アクセントとなるレッドのキックスで!

かずら橋



水もきれいで気持ちが良いんだが、虫が!!!!
Power Trip


奥の上部に見えるのがかずら橋、橋の中央で愛を語らうカップル、ド平日の今日でも5カップルを目撃、いつかまたこの世にいるはずのおなごとやってこよう・・・・

パワートリップ


ここで友人からのラインが、「All Out Warの新曲聴いた?」アルバム出るのね!!!

さらにKnocked Looseも!!!結局関西は来ないのかな?



ハードコア盛り上がってまいりました!新曲を聴いてモチ、2枚共にLPも購入決定だな!こんな大自然の中でもハードコアで頭がいっぱいになっている、今開催中のNYHCイベント、久々に取り扱いをできるSick of It AllAgnostic Front そしてNYHC御用達のPITCHFORK Hardwearと僕もいっぱい購入する予定、この夏のファッションももハードコアまみれになりそうだ!明日の夜9時までだからね!

NYHC


今日の着用アイテム

・古着のバケットハット(フリーサイズ)
Power TripのTシャツ(XLサイズ)
Guns Upのタンクトップ(XLサイズ)
BDHWのミニショルダーバッグ
リーバイス501デニムパンツ(34インチ)
Municipal Wasteのバンダナ
VANSのオーセンティック(28.5cm)

かずら橋

撮影場所:福井のかずら橋

POSIBG19515024





夕日も最高でした!

越前海岸

NYHC御用達の生粋のハードコアブランドって知ってる!ついに!!

PF19522027

今日は26℃、明日は30℃、明後日は32℃って・・・春どこ行った???完全に夏です!!事務所に遊びに来る仲間もほとんどが半袖、そんな仲間の一人が興奮気味にSlipknotの新曲聴いた?と、すみません、好きでも嫌いでもない、というか1st以外ちゃんと聴いたことがないんです、友人は僕を突き飛ばす勢いでパソコンを奪う、そしてSlipknotの新曲をYoutubeでかける、Slipknotやばくない!!!!曲、サウンドとかじゃなくて、再生回数、5日で120万回再生!!!!いや、一桁違う!よく見たら1200万回再生でした、恐るべしSlipknot・・・


Slipknotの特徴といえばマスクだと思うんだけど、マスクといえばトイショップ、Super7が発売したGorilla Biscuitsのマスク、記憶に新しい限定のLP、フィギュアなどもおなじみ、このマスクも人気で入手できなかったんですよね!あなたは手に入れた?

ゴリビス



フィギュアにしろ、このマスクにもプレ値がついている、レアスニーカーなどに比べれば入手しやすいけどね、あまりにも価格が高騰してるから入手できない!先日8時間限定で発売したGorilla BiscuitsのロングスリーブBMXデザインもプレ値が付きそうな予感、100%売らないけどね!多分もうすぐ届くから注文してくれたあなたは楽しみにね!


みんな大好きhate5sixでも最新のライブ映像が公開されたね!




ピースフルなパーティー感あるライブ、死ぬまでに体験したいね!ファンファーレのみで失禁してしまいそうだ!このビデオでところどころに写るオーディエンスのツアー限定マーチ、うらやましいっす!!!hate5sixさんも着用してるね!


昨日のブログではニューヨークハードコア、ボストンハードコアなどどの地域のハードコアが好みといったアンケートを地味に行ったんだけど、ニュージャージーNJ/HC、そしてPA/HC、ペンシルベニアハードコアの項目入れるの忘れてた!!!再重要な土地なのに!勉強不足でサーセン!!僕も大好きなCold WorldShockwave、PA/HCだよね!最近注目しているバンドだと、日本ライクなバンド名のBusido Code!!こやつもPA/HCあの伝説のFURY OF FIVEのメンバーもいるようだ!ちょうど新しい音源が5/17に発売されたようだ!

地域、それだけじゃないんだけどやはり何となくその地の特徴などがサウンドに現れているよね、そのアンケートの結果はこんな感じでした。

アンケート結果

NYHC強し!

短い期間、参加してくれた仲間も30人程度だけどやはり半数近くがNYHC、参加者が増えても同じような結果になるだろうね、その他の意見では


ジャパンハードコアでしょう!
ロシアのシーンも熱いですよ!
パリ産ハードコア!Kickback大好きです!



という意見もいただいた!ロシアはそこまで詳しくないんでディグってみます!にしてもNYHC強し!やはり来日が決定したMerauderの影響もあるだろうね!ということでMerauderイベントを!なんて思ったんだけど目新しいアイテムもないし・・・・・


そこで思い出したのは、ポジを始めて半年に一回はリクエストが来るPitchfork Hardwear、NYHC御用達のストリートブランド、当然ご存じだよね!個人的には数枚持っているけど取り扱ったことがない!というか日本ではなかなか見ないよね、ということで今から取り扱います!!といってもサイズはまばら、手に入らないサイズも多いんだけど、それでも良いよね?

pitchfork


ニューヨークのストリートシーンに古くから携わってきたDMS CREWが中心となり生まれた生粋のストリートブランド!ハードコアを中心にヒップホップ、パンク、メタルの幅広い
ジャンルのアーティストたちをサポートするブランドがPITCHFORK Hardwearである!!


そのPITCHFORK Hardwearを取り扱っているメーカーにはなんと!!!メーカーの倒産で最近取扱いが皆無だったAgnostic FrontにSick of It Allのマーチもあるじゃないの!!!!!さらにはMadballまで!!!!ということで今回はNYHCイベントして取り扱うアイテムは

・PITCHFORK Hardwear
・Agnostic Front
・Sick of It All
・Madball


てことで今からイベント開始っす!!!といってもさっきも言ったように問題が・・・・・どのマーチもサイズ切れが多発している、「このメーカー大丈夫か?」多少の心配はありますが、このメーカーも倒産の危険を感じています!ということで「今でしょ!」はい!残っているサイズや数量は少なそうですがマジで今から開始いたします!!!!



中でも僕のおすすめはやはりこのロジャーとピッチフォークのコラボアイテムだね!!

PF19522008

期限は【5月25日(土曜)夜9時まで】マジで数が少ないんで72時間限定にさせて頂きます!



後は気になる特典だよね?

NYHC

NYHCでまとめたかったんだけどなかなか見つけられなくて・・・・しかし特典のポスターはすべてハードコアバンド、多ジャンルのポスターは絶対に入れないから安心してね!届いてからのお楽しみってやつです!あなたのお部屋や事務所、ガレージなどにぜひ!!!

期限は【5月25日(土曜)夜9時まで】

特典だけじゃなくて、今回のイベントアイテムたちも夜9時を過ぎれば入手不可になるんで気を付けてね!


ore10005

NYHC


PITCHFORKの中でもバンドマーチ寄りなアグノのロジャーコラボランシドのティムコラボ、さらにPITCHFORKから発売されている音源、おなじみとなりつつある東西ハードコアスプリットデザイン、Vさらに惚れてしまったのは、PITCHFORKのコテコテなストリートデザインの中に隠れたマーフィーズ・ロウ のKiller Beer君のデザインは殺られちゃいましたね!!

NYHC



やばいっしょ?(語彙力)やばいんです!あなたに合うサイズが残っているかがネックなんですが、合う場合は入手しといてね、イベント終了後は取り扱わないからね!!!!NYHC好きは大集合でよろしくです!


ore10005

NYHC

期限は【5月25日(土曜)夜9時まで】

では!あなたからのお申込み楽しみにしています!

河内野







追伸:
SUMMER BASH FEST 2019のメンツも発表されたね!Knocked Looseの名前がないのはちょっと悲しいけど日本勢のヤバイことやばいこと!これまたディグってやばい日本バンド見つけてください!全17バンドで2ステージ、岡山のilskaが楽しみっす!

PF19522026

ボストンハードコアの暴れん坊将軍「Death Before Dishonor」10年ぶりのアルバムが発売決定!!!

ボストンハードコア代表

魔の月曜は満喫してます?先日もNYHC好きの中でもごく一部が盛り上がっている出来事があったよね!それはこのブログでも何度か紹介している、The Hundredsとハードコアバンドとのコラボ作品!



日本時間では3日前かな?お昼12時にちょうどお知らせが届いたかな、メロディック好きからハードコア好きまで幅広く支持を受ける最強のハードコア/パンク・バンドH2OとストリーとブランドThe Hundredsとのコラボです!



もう購入した?もう在庫は無いようだね!カバーアルバムでもある、Don’t Forget Your Roots「ルーツを忘れるな」のメッセージもたまらないね!ちなみに僕はカートに入れるものの、他のやばいアイテムを見つけちゃったんで泣く泣く今回はスルー・・・・今更後悔していますがね!


先日バンドマンのファッションチェックをしたけど、H2OのTobyもおしゃれだよね!憧れの親父No.1!NYHCの英才教育を受ける息子もイケメンすぎる!


ウォルターやモービーと写っている人物もすごいが、Tobyのピンクのシャツの着こなしに惚れる、どこのブランド?よく見るとピンクのシャツにはFUGAZIとモノグラムのようにプリント!え、こんなシャレオツなFUGAZIシャツあるの?と速攻で探したよね!見つかってないけど・・・・タイガーカモのパンツは入手してます!もちろんTobyの影響でね!




あなたのファッションはバンドマンから影響を受けてる?そこらへんとても気になります、僕のファッションのルーツは間違いなくバンドマンのコーデです!今のように何でもネットで見れる前は雑誌やアルバムジャケットに写るメンバー着用しているアイテム、MVはもちろんブートのライブ映像に写るメンバーのスタイルも良く参考していたね!そしてもちろん現場でも!同じライブの空間にいる人たちのスタイリング、仲良くなり話せば、いろんな情報も共有できるもんね、地元に戻ってきてからはあまりライブには参戦できなくなったけど、今年はいっぱい参戦する予定だから出演するバンドメンバーから見に来ている仲間たちのスタイリングも目を光らせてチェックして行きます!



スタイリングもバンドから地域などでも特徴がある、Hiphopらしいストリートな要素が強いニューヨーク、漢な土臭さもミックスしたストリートな印象を受けるボストン、ローライダー、ホッドロッド、スケートな印象の強いロサンゼルスと出身地ごとにも特徴があるスタイルがある、バンドマーチのプリントによってもそのバンドや地域などの特徴がある、そこらへんも踏まえてコーデしたりすると、深みが出てくるのではないかと!わかる人にはわかる、そこに行きついてしまうんだけど、薄っぺらいよりも深みがあったほうが良いでしょ?僕たちのニッチな世界の仲間たちは日ごろからディグ精神がしみついているからね、音楽にしてもファッションにしてもこだわりの強い人が多い、だからさっき言ったようにライブハウスでの出演者だけでなく見に来ている人たちのファッションもとっても参考になるんです!あなたもライブに行った際にはこのことを頭の片隅にでも・・・



地域別の話をしたけど、妙に「漢」を感じさせてしまうボストンのシーン、ニューヨークハードコアとともに人気なのがボストンハードコア、そのボストンの代表格といっても良い、ボストンハードコア暴れん坊将軍Death Before Dishonorからニューアルバム発売のアナウンスが!!!!!



Death Before Dishonor



これは事件だよね!まだ記憶にも新しかったアルバム「Better Ways To Die」から早くも10年がたっているんですね!そう、10年ぶりのニューアルバム、その名も「Unfinished Business」直訳で未完のビジネス、いったいどういった意味が込められているのだろうか?発売は7月の終わりとまだ先だけど、待ちに待った人も多くいるんじゃないかな!これまたテンションが上がるニュースだ!



今作も安定のBridge Nine Recordsからドロップ、先日解散を発表したBacktrackやもいる老舗ハードコアレーベル、おなじみのプロデューサーZeussのPLANET Z Studiosにて録音!ってことは必然的にZeussのプロデュース、ミックスになるよね、


Zeussとは?


ZEUSS (本名、Chris Harris)は、アメリカ合衆国の音楽プロデューサー、レコーディング・エンジニア、ミキサー。


マサチューセッツ州ハドリーのレコーディング・スタジオ「Planet-Z Recording」を拠点に活動。


ヘイトブリード、シャドウズ・フォール、ザ・レッド・コード、ソウルフライ、The Acacia Strain、Throwdownなど、ハードコアやヘヴィメタル・バンドのプロデュース等で知られている。

wiki参照

やばい布陣、まだ新曲は公開されていないけど、程よくストリートパンクを感じさせるタフでメロディックなギター、だれもがこぶしを突き上げ口ずさみたくなる「漢」なパンチライン、そして2ステップでモッシー、悪ブレイクダウンといつものサウンドを硬派なジャケットから読み取れる!!大幅なサウンドチェンジは100%無いだろう!聴く前から安心感がありますwww



マーチもね最近追加してるんでぜひこちらからチェックしてみてください!

Death Before Dishonor / デス・ビフォー・ディスオナー



10数年ほど前に購入したパーカーは着用しすぎて色あせが半端ない、新調しないとね!


ところで気になったんだけどあなたが好きなハードコアってどこのシーンが多い、好きになるバンドがなぜか一部の地域が多いとかもあるよね、とても気になります。

数秒で終わるアンケを用意したんでぜひ教えてください!





以前にUSオンリーだけど雑誌ケラングを参考に、各地域の代表ハードコアバンドを紹介する記事も書いてるんでぜひチェックしてみてください!




出身地の気温や宗教、食べ物、環境、ライフスタイルでサウンドの特徴が表れるのってすごい不思議だけど、探っていくと楽しいよね、ま、バンドそれぞれ、人それぞれ、違いますから、出身地、それだけじゃないですけどねそういった部分を知るのも楽しいかと思います!!わかりやすいニューヨークやボストン、フロリダは一種のブランドになっている部分もあるからね!でも長年聴いてきた人は特徴がなんとなくわかることでしょう。



では!

河内野





追伸:
今日、まさに今聴いているのはNo Turning Back、オランダのシーンもイケてるバンドが多いよね!Born From PainArkangelBackfire!Enemy Ground、などなど世界は広いよね~!

このジャケットアートかなり好みです!!アルバムと同じくボディーがレッドだったら即買いだったんだけどね!!

Backtrackの来日や解散、Jesus Peiceの来日、ニューリリースなどなど日々更新されるハードコアニュース、追いかけていくのも大変だ!!けど楽しい(^_-)-☆

【ポジ散歩】TV取材も殺到しているパラダイス、進化し続ける「陽気ハッスルランド」に行ってきた!「Suicidal Tendencies」のベースボールジャージー着

陽気ハッスルランド

朝から悲しいニュースが飛び込んできた、来日も決定したロングアイランド産NYHCバンドBACKTRACKの解散・・・生で見られるのもラストになるだろう、寝起きにショックを受けながらも、今日は最高の天気、お出かけしよう!ということできょうのBGMはBACKTRACKに!

タフでストレート、スタンダードでありクラシックな直球ハードコアサウンドはやはりかっこいい、昔からのNYHC好きも虜にしてしまうサウンド、ぼくも大好きなバンド、存在するものはすべて終わる、仕方ないよね!

BACKTRACKでノリノリになりながら目的地へと!本来予定していた目的地は閉館、休館日など、完全に行き場を無くす、よくわからない森での一枚!

Suicidal Tendencies

この日は先日届き着用氏お出かけするのを楽しみにしていたSuicidal Tendenciesのベースボールジャージー(XLサイズ)を着用!インナーはラグランシャツ、薄手のシャツなので真夏でも着用は問題ないね。

スイサイダルテンデンシーズ

次はハイセンスなステンドグラスを造っているJAHPON LAND にお邪魔するも留守・・・いよいよ行くところがない・・・

HR19517005



グーグル先生で調べるも特におもしろそうな場所はなく、目視で穴場を見つけることに、田舎道を走ると、超絶怪しいDIY看板を発見、その名も「次世代遊園地、陽気ハッスルランド」これは最高なネタが待っているのではないかと車一台通れる道を数百メートル進めると、何やら変わった軽トラックがある。

陽気ハッスルランド


AKBも撮影で来ているのか!!!チーム8と言われるとよくわからないけど・・・・・

AKB


入り口のゲートを見つめながら、やっているのか?やっていないのか?

ハッスルランド


そこに現れたのは「パイセンやぞ!」でおなじみの矢野兵頭の矢野さんにクリソツなおっちゃん!普通のキャップから「陽気」と書かれたハットにかぶり直し登場!

ハッスルランド


お休みにも関わらず「見てけ」「見てけ」と快く対応してくれたおっちゃん、名前は「吉村さん」75歳、陽気ハッスルランドへ突入です!

陽気ハッスルランド


そもそもこの陽気ハッスルランドとは?突入する前に多くを語ってくれたおっちゃん、おっちゃんが1人で20年かけて創り上げたという全てがDIY、手作りの遊園地なのである!!



関西圏にお住まいならご存じ、探偵ナイトスクープの人気シリーズ「パラダイス」がまさにぴったりな場所!と思いきやすでに探偵ナイトスクープはすでに撮影済み、「小枝師匠」とおっちゃんが絡みまくってなかなかの視聴率を上げたそう(おっちゃん談)



突入前に手作りパンフレットをいただく、そこに書いてあった多くのテレビ出演の履歴、


・探偵ナイトスクープ{朝日}桂小枝
・ナニコレ珍百景{朝日}ハイヒールモモコ、杉村太蔵
・ウラマヨ{関西テレビ}ブラックマヨネーズ
・す・またん{読売}
・AKB(チーム8)のあんた誰?{NTTドコモ}AKB5名
・関西ウィークエンド{NHK}松田玲奈
・京都ええとこ連れてって{NHK}小野田真由美
・街・村・ブラブラ{読売}ノンスタイル

などなど多くのクルーたちが取材に、完全になめてました・・・・・サーセン!




ここからハッスルランド内の遊具を1つ1つおっちゃんのガイド付きで見ていくことに!

ペットボトル倒し!
奥にあるペットボトルをゴルフボールを投げて倒す遊び、「これはなかなか倒せないよ~」とのおっちゃんの言葉を踏みにじるかのように一発目で倒してしまう・・・・ちょっとっ空気を読んでおけば、とはいっても2発目からは当たらない、

ハッスルランド


倒した後に2人で戻す、この作業含めDIYで楽しい、童心に戻った感覚、大自然の中ってのもいいよね!

陽気ハッスルランド


岩登り・本格クライミング4.8m
そびえる高い壁、覆ってあったカバーを外す、かたずけてたのにゴメンね!おっちゃん!75歳とは思えない立ち回りで梯子を上る。
陽気ハッスルランド


おっちゃんによる登り方のレクチャーを受ける、その姿、もはや忍者である!

陽気ハッスルランド


長尺ブランコ
登ろうとするもすでにブランコに乗りだすおっちゃん、登らせてくれないのね・・・

陽気ハッスルランド


鉄の重り上げ(28キロ)

ロープを引っ張り鉄の重りを上げるシンプルなアトラクションである!

陽気ハッスルランド


ハンモック
最高に気持ちが良い!とおっちゃん、僕もそのハンモックで・・・・・空を見つめるおっちゃんは完全に何かを悟っている!僕はそう感じた、おっちゃんは人間ではなく神、もしくは森の妖精か!

陽気ハッスルランド


途中ではありますがおっちゃんのファッションチェックを!森と同会思想な配色のラグランシャツをストリートでも流行のろらっくパンツにインする、キックスはロングシューズ(長靴)このキックスの配色とバッファローマンを参考にしたのかはわからないが腕先に装着した腕カヴァーと色を合わせるカラーコーデの魔術師である!!



シャツに書かれているのは「The Object Of The Life.」人生の目的、ハードコアバンドもびっくりなメッセージ性、哲学的である!

陽気ハッスルランド


振り子ボール落とし

筒に入ったテニスボールを振り子状になっている木の鉄アレイのようなもので落とすゲームである。これが意外と難しくしっかり狙いを定めてもなかなか当たらない、楽しいアトラクションであった。

陽気ハッスルランド


カップ・鈴玉入れ(ビンゴゲーム)
縦横に3つの地面に埋まったお椀に鈴玉を入れるゲームである、おっちゃんが先に、僕が後に、二人ともにお椀には1個しか鈴が入らなかった難易度の高いゲーム、(景品もあるようだ!)

陽気ハッスルランド


奥に写る瓦の何か、話を聞いてもよくわからなかったのだが、宗教的かつ科学的にとてつもないすごいことが起こるであろう何か・・・・万有引力と引き寄せの法則、ただならぬ何かを何かしている何かであるwwww

陽気ハッスルランド


守りたいこの笑顔・・・

HR19517021



ゴルフ玉・平均台

細いボックスにごるボールを敷き詰め、不安定になった道を歩くというアトラクション、足のツボが刺激され健康にも良いかもしれない!!

陽気ハッスルランド


野球ボール的当てぶちぬき
某番組で見たことあるような、とはいえ的が落ちるための工夫など細部までこだわりぬいている、おっちゃんは1球で的をぶち抜いた、驚異的なコントロール、超人である!

陽気ハッスルランド


回転式シーソー
上下にするただのシーソーではない横に360度回転する画期的、ノーベル賞もマチガイナイシーソーである!!!おっちゃんが地面を強くける回転する、生粋のS、サゾなのかもしれない、一番楽しかったな~!ディスニーランドでいえばスプラッシュマウンテンとアリスのティーカップがマッチングしたかのような夢のアトラクションであった。

陽気ハッスルランド

アラフォーのワタクシもこの笑顔である(^_-)-☆

陽気ハッスルランド


ピン球ホッケー
世界後任のダブルス用の卓球台を使用したホッケーゲーム、何がすごいって、ピン球はゴルフボール、ハードコアではないほうのボールド、もしくは混ぜるな危険ハイターを彷彿させるラケット、ボールと接地する部分が平面ではないためボールが思った方向に行かない!!これもしっかりと永さんされているのか?おっちゃん末恐ろしいぜ!

陽気ハッスルランド


左右に揺れる吊り橋
著者 長友佑都のベストセラー「体幹トレーニング20」を超えるかもしれない、楽しみつつ体幹を鍛えられる、これもまた発明である!

陽気ハッスルランド


そんな時、おっちゃんの携帯音が森に鳴り響く、満面の笑みを浮かべ、どの角度からとってもしっかりカメラに目線を送る、もともとは俳優だったのではないかというくらいの素早い視線、会話の内容は・・・・・

陽気ハッスルランド


詳しいことは言えないが、だれもが知る大手企業からの撮影依頼の電話であった、それに動じずにいつものペースで会話の主導権を握る、おっちゃん、まさにネゴシエーター!



撮影隊のクルーは20名ほど、芸能人も4名ほどがこの陽気ハッスルランドに来るようなのだ、言えないのが残念くらいにすごい企業からの依頼、この時おっちゃんは一段とかっこよく見えた!



なぜかこと細かく取材依頼のの内容を僕に話してくれるが、そこまで話していいの?と、ともに信頼してもらえているんだという喜びもあった。



名称不明ボールキャッチ
竹を真っ二つに割り、鮮やかなブルーで仕上げたこの遊具は角度がつけれ、そこにゴルフボールを入れてボールと競争、ボールが落ちる前にボールをつかまないといけない!

陽気ハッスルランド


まだまだアトラクションはあるがここでは紹介しないでおこう!実際にその目で耳で鼻で足で腕で五感と体全体で体験してほしい!


その後は調理場の紹介など、陽気ハンバーガー、陽気ラーメン、食材をもってくればBBQもでき、キッチンは無料で貸し出してくれるそうだ、陽気ラーメンはマヨネーズとコーラを使ったオリジナルのスープだそうだ・・・・


そして家にまで招いてくれるおっちゃん、陽気ハッスルランド内にある自作の家に住んでいるようです!

陽気ハッスルランド



そしてDVDを起動させ再生された映像は安住紳一郎とビートたけしが出演している番組ニュースキャスターという番組に出演した際の映像だった・・・この14インチテレビ昔もってたwww

陽気ハッスルランド


名前の通り陽気なおっちゃん、優しく楽しくも自分の信念は曲げないガンコさもある、「なぜ無料で?」という問いには、「ただ、ただ、みんなに楽しんでもらいたい!」とのこと、駐車場は借りているらしく、申し訳なさそうに駐車料金をもらうおっちゃんもなんか素晴らしいなと、アトラクションそのものも素晴らしいが、おっちゃんに会いたくなるからまた来る、そんな人が多いようです。僕もまたおっちゃんに会いに行こうかと、100歳まで頑張るって言ってたからまだまだこの次世代遊園地、陽気ハッスルランドは進化していくだろう!

ありがとう、おっちゃん(吉村さん)!そして陽気ハッスルランド!

撮影場所:陽気ハッスルランド


・開園日:土、日、祝日
・開園時間:午前10時~午後5時まで
・休館日:平日
・園内は無料ですが駐車料金(500円)かかります。
・問い合わせや仕事依頼は080-40117366まで(番号も載せてくれとのこと)


固い握手を交わし、お別れ、僕が見えなくなるまで手を振り続けてくれたおっちゃん!また会いに行くね!!

陽気ハッスルランド




着用アイテム


・ノーブランドのビーニー
PALMのタオル頭に装着
BDHWのプッシャーバッグ
・シルバーネックレス
Suicidal Tendenciesのベースボールジャージー(XLサイズ)
First Bloodのラグランシャツ(XLサイズ)
Lowlifeのスタッズベルト(M)
・古着のテーパードパンツ・ネイビー
・ホワイトソックス
・NIKEコルテッツ(28.5cm)

Suicidal Tendencies




NYで開催される最強のハードコアフェス「Black & Blue Bowl 2019」のあまり知名度のないバンドをディグったらとんでもないバンドがいた!

BNB

夏日が続いておりますがバテてない?5月病からはもう抜け出した?5月は早くも折り返し地点、本日5月15日はストッキングの日らしい・・・先日撮影に行った通天閣に行った際に見たニューハーフが履いていたストッキングを思い出してしまう、ストッキングに圧迫されウネウネになっているすね毛・・・あまり思い出したくもないが記憶が脳裏に焼き付いてしまっている・・・


すね毛といえば、The Hirs Collectiveというバンドのマーチ、すね毛の生えた女性が描かれたマーチもサウンド共に衝撃的だったな・・・

THE HIRS COLLECTIVE


この見た目にだまされてはいけない、サウンドは超一級な変態ハードコアサウンドなのである!ハードコアパンク的でもありグラインドコア的でもありロッケンロールでもあり土臭いサザンテイストも感じさせる、The Hirs Collectiveサウンド、ライブでのパフォーマンスもぶっ飛んでいる!

続いてお勧めしたいのが、Left BehindQueensway の音源もドロップしたUnbeaten Records所属のThirty Nights of Violenceというバンド、去年末に「To Die In Your Portrait」をリリースするも全然話題にならなかったんだけど、これがまたかっこよくて!って言っても僕も完全スルーしてましたが、友人にプッシュされまして・・・・

00年代半ばのニュースクールやメタルコアシーンに完全に影響を受けているサウンド、カオティック、90’sニュースクール、スポークンワード、叙情的なフレーズ、僕と同じ世代は懐かしく、キッズたちには新鮮にこえるだろう、ZAONorma JeanMartyr ADEvery Time I Dieなんかも感じさせるよね!フルアルバムが楽しみである!

このバンドを教えてくれた友人が言っていたのは


NYHCで騒いでいる奴らいるけど、Sworn Enemy忘れてねーか!!」

わ、わ、忘れるわけないっしょ・・・・・先日もブログにアップしたところだし!確かにそこまでメディアでプッシュされているわけでもなく、とはいえプロデュースはMachine Headのロブ、これだけでもすごいことだけど、サウンドはご安心のメタリックハードコア、なんか前作よりもかなり重厚でタフな仕上がりに、これはFirst BloodのRulesに匹敵するくらいにヤバイアルバムなのかも!聴きまくるぜ!!

それよりもBorn From Painの新譜もそこまで話題にならない、メタリックなハードコアって今あまり人気ないのかね? アルバムタイトルも藤井フミヤもびっくりな「True Love」とかなりのキラーワードなのにね・・・Sworn Enemyで思い出したけどニューヨークで開催されるHugeなハードコアフェス、BLACK’N BLUE BOWLの2019が今週末開催だね!!

BLACK'N BLUE BOWL

とんでもないメンツが勢ぞろいなわけですが、今回はあまり知名度のないバンドをこのフライヤーからDIGっていきやしょう!!

初日である17日はヒップホップアーティストも多く登場する!Lord Ezecが選んだであろうDIABLO Day、メンツは

・M.O.P.
SKARHEAD
・JAYSAUN
・COUNTIME
・CONCRETE DREAM
・FTW
・DISSENT
・SAV KILLZ
・BIG RUSH

ロスの北東のストリートから2004年に産声を上げた生粋のゲットー育ちのハードコアバンド、COUNTIME、モロにLAギャングなTHUGい見た目もハードコアですね!






レジェンド Lord Ezec (Crown of Thornz, Skarhead, Danny Diablo)の目に留まり彼のレーベルE-Train Recordsからドロップ、Ezecも激プッシュしているバンド、ヒップホップとメタルのクロスオーバー、ニューメタルな聴きやすいサウンドである!バンド名はCONCRETE DREAMBNBらしくはないけど、そこはやはりEzecのプッシュがあったのだろうね!





翌日18日のメンツはおなじみのメンツが並ぶ!

KILLING TIME
OUTBURST
WISDOM IN CHAINS
DEATH BEFORE DISHONOR
・I AM
WORLD DEMISE
・BOUNDARIES
・ANTE UP
・WRONG MOVE

ピュアなハードコアの中に1126 Records所属のテキサスデスメタル、I AMの名前が!!ハードコアとデスメタルの邪悪な部分を融合させたサウンド、ハードコア好きも納得のシャープなスラミング、ブレイクダウン、まさにテキサスデスなソリッドなリフ、まだまだ知名度は低いが今後化けそうな予感がする!





先ほど紹介した>Thirty Nights of Violenceと同じくUnbeaten Records所属、コネチカット産のBoundariesこちらも18年年末にepが発売されるもそこまで話題にならず、Code Orangeを感じさせる不協和音、ジャリングギターハーモニックス、バスどらの嵐に突飛的に発生するなモッシュパートがうまく連携されている、と思えばメロデスのようなギター、このバンドも期待されているUSハードコアバンドの一つだ!






デトロイト産サウンドもまさにデトロイトの極悪さがにじみ出たタフでゴリッゴリのサウンド、ある程度知名度はあるよね!FWHからドロップされた音源は家のどこかにあるはずなんだけど・・・・極悪なメタリックハードコア好きなら間違いないっす!





NYはアルバニー産、16年に結成、デモ2枚ドロップという状況でBNBに出演とはと若手からすれば夢のまた夢、それほどのポテンシャルを持ったハードコアバンドなのだろうか?Hatebreed、Bulldoze、100Demonsのようなメタリックなハードコアサウンド、はハードコアの様式美的な定番な展開はやはり最高である!






最終日19日のメンツはおなじみのメンツが並ぶ!LEEWAYは名作「Born To Expire」リリース30数年を祝「Born To Expire」再現と何ともうらやましい最終日は

・IRON REAGAN
LEEWAY
BRICK BY BRICK
・VATICAN
・LION’S LAW
・ACTIVATE
PURGATORY
NO VICTORY

クロスオーバーのIRON REAGANにLEEWAY、若手注目のVATICANから意外なOiパンクLION’S LAWにタフガイハードコアPURGATORYと、そして

一部のみ話題となったww、Fast Break Records所属のB級ピザ・スケートスラッシュACTIVATEはいろんな意味で盛り上がりそうだが、超本格派のIRON REAGANも出るからね・・・






これまたUnbeaten Records所属のNO VICTORYはインディアナ産のザックザクのビートダウン極悪ハードコア、こてのサウンド中では大のお気に入りバンド、Time To Dieは名作です!





といった感じのレジェンドから中堅、、若手まで入り乱れる最強のハードコアフェスのバンドをディグって見た!お気に入りのバンドは見つかったかな?大好きなバンドのツアーのフライヤーを見ては参加するバンドをディグるのってマジで楽しいよね!BNBのプレイリスト造ったんでドライブ、作業中のBGMにぜひ!



夏らしいポップパンクやメロディックも最高だけど夏こそ暑苦しいまさに「漢」なハードコアサウンドで汗を垂れ流すのもアリだよね!6月にはVeinSheer TerrorINFEST、8月にはKrimewatch、9月にはMerauderKnocked Loose、10月にはCounterparts、11月にはBlack Flagと19年も夏から秋にかけてとてつもないバンドの来日ラッシュ、まだまだこれからも増えてくだろうしね!盛り上がっていきましょう!



ライブだけじゃなくニューリリースも期待しているのはH2OAgnostic Front、そろそろ、ニューアルバム出してほしいよね!アグノといえばNY/HC好きは絶対に見とかないといけないドキュメンタリー映画「The Godfathers Of Hardcore」これの日本語訳字幕ヴァージョンでないかな・・・・

こないだかのように鮮明な記憶があるAgnostic Frontの来日はもう1年も前になるんだね・・・・

では!

河内野


>