FLATSPOT RECORDS激プッシュなZULUの新譜が楽しみすぎる!

BG220416049



また今晩から天気が荒れるようだね、バンドマーチのみでは耐え切れない寒さ、本格的なアウター、ダウンやジャケットでバンドグッズはインナーとなってしまいイケてるデザインが隠れてしまう悲しさ、だからこの季節は大っ嫌いである、早く春来ないかな・・・

とはいっても雪景色を拝むのは大好きでよくスノーボードの動画や雪景色と温泉街の動画をよく見てしまう、毎年なぜかこの時期欠かさず見てしまうのが雪下ろし、雪かきの動画、屋根から一気に落ちる雪の爽快さはたまんねぇ!いざ自分の地域で雪が積もりまくったらキレそうになりますけどwww気づいたら同じような動画を仕事を忘れずっと観てしまう・・・





ひたすらパソコンとにらめっこなので気分転換にと散歩に出かけるのですが今日は近所の公園に長靴でウォーキング、BGMはドイツのデプレッシヴ・ブラック・メタル、ColdWorldだったせいか無意識に森の奥地まで歩いてしまった、雪+森+ブラックメタルは至高です!



森を散策していると何かしら嫌な視線を感じたんでダッシュで下界へと脱出、帰り道のためにSpotifyでBGMを探しているとちょうど本日27日から公開されているFLATSPOT RECORDSのコンピレーションを見つける!



FSL001


2004年に立ち上げられたUSはバルチモア産1000% ハードコアレーベルFlatspot Recordsのコンピレーション「The Extermination Vol. 4」である!現行のヤッベーハードコアバンドの楽曲たち、中でもUSはシカゴ産のハードコア/パンクバンドBugginは大注目のバンドですね!




独特なグルーヴとキャッチーで聴いていると楽しくなるエネルギーに満ち溢れている!へヴィー過ぎないハードコアパンクサウンドはRzl Dzlも感じさせます!Beastie BoysのGratitudeのカヴァー曲でも一部話題になったバンド!フルアルバムがマジで楽しみなバンド!





そんなFlatspot Recordsを知るきっかけとなったのがバルチモアハードコアの伝説Trapped Under IceのDEMO音源である!





もう15年も前にリリースされた音源なんだね、アルバム「Secrets Of The World」がリリースされたころにはPositivediveでも爆発的にマーチが売れましたね、そのあたりのReaper Recordsは本当に勢いがあった時代だね!このマーチはいまだに愛用している名作だね!




Flatspot Records

BacktrackのDemoやMizerySuburban ScumHigher PowerCandyBlind JusticeTypecasteScowlSpeed、あたりがFlatspot Recordsのなかでも大好きなバンド、




そして2023年に大注目なバンドの作品がリリースされます、それがZULUの『A New Tomorrow』!!

ZULU

ボーカルLeiはニューアルバムに関して次のように説明していますね。

「私たちの過去の作品は、より直接的なアプローチで、世界中の黒人に対する扱いを率直に表現していましたが、私は一歩離れて、私たちの愛と美しさを表現したかったのです。私たちが経験するあらゆる困難な事柄は、私たちが何者であるかということではなく、私たちを定義するものでもないのです。私たちの文化はとても豊かで広大で、そのすべてを説明することはできません。でも、このレコードを作るトピックの中には、コミュニティの団結や愛、そして自分たちに対する希望も含まれているんだ。

ブルータルハードコアとパワードバイオレンスの融合しアフリカン・アメリカンならではのソウルフルも感じさせるグルーヴ、先日公開されたMVではSoul GloのPierce JordanとPlayytimeのObioma Ugonnaが参加、映像とサウンドのギャップがまた良きデスね!





Flatspot Recordsは引き続き要チェックなレーベルってわけです!

では!今日はこのへんで!






河内野





————————————
■バンドTシャツの「Positivedive」ホームページ↓
https://positivedive.com/shopbrand/all_items/
————————————
■インスタグラム↓
https://www.instagram.com/positivedive/
————————————
■ブログ↓
http://blog.positivedive.com/
————————————
★お問い合わせは
info@positivedive.com
———————————–

【BLOODAXE FESTIVAL】COUNTERPARTSにENDの来日が決定!その前にHOPESFALLにTAKENと叙情派祭り!



BLOODAXE FEST 2023

昨日も寒かったけど本日の朝はなんと-6℃と極寒、少しでも布団から足がはみ出そうものならてられないほど、いつもはエアコン足でも布団に入れば耐えられるんだけどこの日は無理、久々に稼働したエアコンですが、調子悪く一向に暖かくなってくれない、結局目覚めから意を決して布団から出るのに1時間以上かかりました。

本日は雪は降らず良き天気、白銀の雪景色と合わせてお気に入りのKOYOのスウェットと長靴を装着し近所をお散歩してきました。







そういえばCOUNTERPARTSEND の来日が決定しましたね!パチパチパチ!



Bloodaxe 2023


5/27に開催される国内最大級ハードコア・フェス”BLOODAXE FESTIVALの第1弾ラインナップとしてCOUNTERPARTS、END、LOYAL TO THE GRAVE、NUMB、PALM、が決定、COUNTERPARTSENDとご存じボーカルは同じBrendan Murphy、違うバンドで1日2ステージは尊敬でしかないね!


ENDCult Leader とのスプリットが昨年話題になりましたよね!





そしてCOUNTERPARTSは昨年アルバムもリリース、22年度の最強な5枚でも多く登場した名盤、個人的にも彼らの最高傑作と呼んでも良いくらいな極上な作品だったと思うからこの来日は最高にうれしいニュース、あとは関西にも来てくれることを願います!








公演は5月27日とまだ先ですがチケットは早めにゲットしておいたほうが良いかもね!

http://bloodaxefest.jp




その2か月前にはコロナのせいで延期になっていた HOPESFALLTAKENの来日公演も3月に控えています!叙情派好きは本当に待ちに待った来日!



Hopesfall



HOPESFALLは絶対に泣いちゃいますね、ラストはやっぱり「The End of an Era」で締めくくってくれるのでしょうか?想像しただけで天に召されそうです!!


HOPESFALLもだけどTAKENも思い入れの強いバンド、叙情派NEW SCHOOLバンドを語るうえでは絶対に欠かせない伝説、現行の叙情派バンドよりもよりドラマチックで涙腺崩壊間違いなしのサウンド、それを生で観れると思うとなんとしても絶不調な体を直さないと・・・・日本勢のSTRANDEDも極上な叙情メロディックハードコアサウンドを奏でているバンドですね!



では!今日はこのへんで!








河内野













————————————
■バンドTシャツの「Positivedive」ホームページ↓
https://positivedive.com/shopbrand/all_items/
————————————
■インスタグラム↓
https://www.instagram.com/positivedive/
————————————
■ブログ↓
http://blog.positivedive.com/
————————————
★お問い合わせは
info@positivedive.com
———————————–

Refused – Bad Religion – Rites of Spring – S.O.A.のメンバーからなるパンクロックバンド【Fake Names】

Fake Names


こちら京都の舞鶴は昼間でも氷点下、雪は30cmほど積もり白銀の世界が広がる、この歳になっても雪が積もるとワクワクしちゃいます!



こんな時に聴きたくなるのが降ってくる雪が太陽に照らされてキラキラと輝いて見えるようなEMOサウンド、今日はThe Appleseed Castを聴きながら雪景色を楽しんでいます。



逆にそんな雪も溶かしてしまうほどキャッチーでポップなメロディックパンクやパンクロックなども同時に聴きたくなるんですよね、少し悲し気なエモ聴いてはパンクをBGMに過ごした一日だった。



そういえばFake Namesの新曲が公開されたね!とはいってもあまり知名度はないんだけどなんせメンツがすごすぎる!ボーカルのDennis LyxzénはRefused、ギター/ボーカルのBrian BakerはBad Religion、ギター/ボーカルのMichael HamptonはS.O.A.、ベースのJohnny TempleはGirls Against Boys, Soulside、ドラマーのBrendan CantyはエモレジェンドRites of Springと豪華すぎるメンツによるパンクバンド!





Bad Religionに近く、それよりももう少しクラシックなパンク、80年代のインディーガレージやオルタナも感じさせるサウンドはThe CultやThe Cureにも近いかもしれませんね!

2020にリリースされたEPに続きファーストフルがエピタフから3月にリリース予定の楽しみな一枚である!










もう一つ楽しみなリリースはAmerican Nightmare(Give Up The Ghost) /アメリカン・ナイトメア(ギブ・アップ・ザ・ゴースト) !、今もなお人気のボストンハードコア、初期の頃とはサウンドは変化しノイジーなハードコアパンクサウンドもアリアリ!





6月にEPがリリース予定!久々にタンスからAmerican Nightmare(Give Up The Ghost)のパーカーを引きづりだして装着しました!カレッジテイストな王道なデザインなので毎年着ちゃいますね!

では!今日はこのへんで!








河内野













————————————
■バンドTシャツの「Positivedive」ホームページ↓
https://positivedive.com/shopbrand/all_items/
————————————
■インスタグラム↓
https://www.instagram.com/positivedive/
————————————
■ブログ↓
http://blog.positivedive.com/
————————————
★お問い合わせは
info@positivedive.com
———————————–

来日までもう少しエモーショナルオールドスクール「ONE STEP CLOSER」の新曲聴いた?

One Step Closer

年が明けたと思えば早くも1月も後半、あと10日ほどすればONE STEP CLOSERの初来日公演が始まるね!




“BLOODAXE TOUR ONE STEP CLOSER JAPAN TOUR 2023”
2月1日(水)横浜B.B.STREET
2月2日(木)大阪HOKAGE
2月3日(金)名古屋CLUB ZION
2月4日(土)下北沢ERA
2月5日(日)新宿ANTIKNOCK
公式サイト:https://bloodaxefest.thebase.in/



ハードコアシーンで話題になった1stアルバム「This Place You Know」リリースからもう1年以上が経つんだね、オールドスクールを基調に心揺さぶるエモーショナルなメロディー、Turning Pointから00年以降のエモーショナルオールドスクールにドップリとハマった人はまちがいないサウンドである!21年度のアンケートでも多くの方がこの「This Place You Know」を最強な1枚として選ばれていました。






そして記憶に新しいのが先日、1月の10日に公開された新曲3曲がこれまた最高な仕上がりだった、




要である感情を吐き出すボーカル、より繊細にエモーショナル、前作よりもヴォーカルを引き立てる形ですね、グルーブを奏でるリズム隊と相まって極上のコントラストを生み出している、HAVE HEARTからShinking shipsのGhost StoryやKilling The Dreamなんかもも感じさせつつもポップの要素を取り入れた楽曲、結構な割合をクリーンで歌うTurn To Meも新しいOSCだね。







1/15日のアトランタで開催されたライブのセットリストを見てみると新曲も2曲演奏していますね。

■Intro
■I Feel So

■Lead to Gray

■Dusk

■Dark Blue

■Pringle Street

■Time Spent, Too Long

■Chrysanthemum

■Turn to Me

■As the City Sleeps

■The Reach

といった感じなのでライブ参戦する人は新曲も予習しておくべきだね!昨年のOutbreak Fest 2022のライブ映像見てたぎっていきましょう!彼らのオシャンなスタイリングも楽しみである!






POLOベアーをサンプリングした彼らのマーチは仕入れたいんだけど現在在庫切れ、再販されたら速攻でサイトにアップするね!にしてもかなり高価になってしまいそうですが・・・・

ONE STEP CLOSER






では!今日はこのへんで!








河内野













————————————
■バンドTシャツの「Positivedive」ホームページ↓
https://positivedive.com/shopbrand/all_items/
————————————
■インスタグラム↓
https://www.instagram.com/positivedive/
————————————
■ブログ↓
http://blog.positivedive.com/
————————————
★お問い合わせは
info@positivedive.com
———————————–

【2022年間ベスト:VOL.11】「店長」が選んだ「最強な05枚」

Mindforce - New Lords

年末から募集していた2022年度「最強な5枚」アンケートの参加、本当に本当にありがとうございました!これまでに投稿された10人の「最強な5枚」は下記をクリックしてね!


さて、ここからはワタクシPositivediveの店長が選んだ2022年度の「最強な5枚」を紹介させていただきます!



2022年度「店長」が選んだ「最強の5枚」がこれだ!!



1枚目:Excide -『 Deliberate Revolver 』

Excide - Deliberate Revolver

USノースカロライナとサウスカロライナ両州産のメンバーを擁する若手ハードコアバンドExcideの「Deliberate Revolver」2020年ごろにリリースされたEPが超僕好みで注目していたところ待望のアルバムが22年にリリース!特にSnapcaseの「Progression Through Unlearning」とQuicksandやFARのオルタナ色を見事に融合したかのような90’sを感じさせつつも現代のオルタナハードコア、Turnstileやhigher Powerも感じさせるサウンド、クリーンの唄パートはVISION OF DISORDERのTimも彷彿とさせる!Turnstile以降大量に表れてきたオルタナティブなハードコアバンドの中でも完成度が高く群を抜いているんじゃないかな!今後が楽しみなバンドNo1である!








2枚目:Inclination -『 Unaltered Perspective 』

Inclination - Unaltered Perspective

USはケンタッキー産、Pure Noise所属Inclination!!90年代のSxEハードコア/メタルコアを崇拝している人はガッツリ響いたであろう「Unaltered Perspective」、基本はまさに90年代のSxEハードコア/メタルコアサウンド、程よい味付けなメロ、スポークンワード、ヘヴィーなブレイクダウン、当時のバンドにはない独自のグルーヴ感、あの頃のサウンドを昇華させた現代における最高のSxEハードコアではないでしょうか?








3枚目:Undeath -『 It’s Time…To Rise from the Grave 』

Undeath - It's Time...To Rise from the Grave

新世代オールドデスの大注目株Undeathの2枚目となるアルバム「It’s Time…To Rise from the Grave」ですね!クラシックなデスメタルの影響を大きく受けながら前作よりもヌメっとした腐敗にまみれたアングラなリフでありながらキャッチーであるも壮大なサウンド、紛れもない独自な進化を遂げている!22年も多くのOSDMアルバムがリリースされたが飽きずに何度も聴きたくなるのはこのアルバム「 It’s Time…To Rise from the Grave」である!








4枚目:Chastity -『 Suffer Summer 』

Chastity - Suffer Summer


エモやインディーロック、オルタナの中でも2022年度1番心に響いたのはChastityの「Suffer Summer」でした。浮遊感のあるインディーロック、オルタナサウンド、耳に残るキャッチーなコーラス、時折MineralやJimmy Eat World、スマパンを感じさせるパートもある、穏やかでエモーショナルでありながらもダークな側面もあり、ちょうど1年前にリリースされた作品ですがふと気づくといつも再生し僕の心を癒してくれた大好きなアルバム、派手さはないもののジンワリと心を癒してくれる未来も共に歩んでくれる大切な一枚です。








5枚目:JER -『 Bothered / Unbothered 』

JER - Bothered / Unbothered

近年世界的にも再熱しているスカ、その中でも極上なスカパンクサウンドを奏でるJERの「Bothered / Unbothered」は特に夏に夢中になった一枚!まさにあの頃90年代のスカ・パンクでありながら伝統的なスカやロックステディから現代のヒップホップまでを取り込んでいるあたりが素晴らしい!1曲1曲が素晴らしくとてもレベルが高い捨て曲なしの極上のアルバムでした!これから毎年訪れるサマーシーズンに欠かせない一枚となった!








あなたが選ぶ2022年最強な一枚は?




ore10005



第一位:Mindforce -『 New Lords 』

Mindforce - New Lords


NYクロスオーバーハードコア!Mindforceの待望のセカンド!スラッシーなリフでもクラシックな伝統も感じさせるオヤジたちも虜にさせる天才的なクリアーなスラッシュリフ、そこからクラシックなパンクやハードコアの要素もふんだんに盛り込まれたサウンド、だいたい2分以内と簡潔にまとめられた楽曲でありながら1曲の中でも2~3個はキラーなリフが現れるのでどこを取ってもテンションが上がってしまう!22年度一番聴いた最強なアルバムでしたね!








22年度、あなたの心を揺さぶった「最強の1曲」を教えて!


Soul Glo -『 Gold Chain Punk 』

ハードコアパンク、Soul Glo!!アルバムも名作だったんですが『Diaspora Problems』のオープニングを飾るこのGold Chain Punkは衝撃的でしたね!JEWのSweetnesのようなクリアなリフで始まり、ハードコアパンクなサウンドに移行する流れが大好きでWho gon’ beat my ass?「誰が俺のケツを叩くんだ?」と繰り返されるフックがお気に入り、命を削るかのようなPierce Jordanの魂の叫び、まさに現代版のモダンなBad Brainsである!








と言った感じでした、例年よりも多く音源を聴いた年、5枚に絞るのが本当に難しかった、ハードコアバンドはモチのロン、エモやオルタナバンドの名作ももっともっと紹介したいのが本音だけどいくら時間があっても足りないので今回はこの辺で!




今回もたくさんの参加本当にありがとうございました!このアンケートを開催しないと聴くことがなかったアルバム名作に出会うことができました!ほんとにほんとにありがとう!





では次回は15000円クーポン当選者の発表です!!


河内野













————————————
■バンドTシャツの「Positivedive」ホームページ↓
https://positivedive.com/shopbrand/all_items/
————————————
■インスタグラム↓
https://www.instagram.com/positivedive/
————————————
■ブログ↓
http://blog.positivedive.com/
————————————
★お問い合わせは
info@positivedive.com
———————————–