すべての光を飲み込む漆黒の激烈ハードコア Full Of Hell / フル・オブ・ヘルの来日に向けて!

full of hell

突き抜けた暑さ!連日続く35℃以上の異常な気温、早朝からマシンガンなブラストビートを刻みながらお庭の草むしり、暑いときこそさらに暑い行動を!!そのおかげで吐き気が・・・若干熱中症気味?あなたも無理はしないように!



草むしりをしながら聴いていたのはFull Of Hell / フル・オブ・ヘル!!間違いなく炎天下で聴くサウンドじゃないね!


アルバムが発売され早2か月、ようやく聴きこめた!といっていいレベルまで堪能、デスメタルにブラックメタル、ハードコア、パワーバイオレンス、グラインド、ノイズといった轟音を調合し絶妙に昇華した、まさに無秩序!狂気のドス黒サウンド、エクストリームの極みです!現時点では前作よりも好きかな!



FULL OF HELL - Weeping Choir


アートワークは前作同様のMark McCoy、おなじみなのでいえば、Pig Destroyerの「Head Cage」やNothingの「Dance On The Blacktop」とかね!見覚えあるというか記憶に残っているアートワークだと思う、今作もConvergeのカートがレコーディング、悪いわけががないよね!

LWEDDIE1975061

そして2か月半後10月には3度目の来日が決定!

10/19 (土曜) 愛知 名古屋 TIGHT ROPE
      FULL OF HELL / PALM / FIXED / UNHOLY GRAVE / BLACK GANION

10/20 (日曜) 大阪 火影
       FULL OF HELL / PALM / FIXED / SOB / RETORTION TERROR

10/22 (火曜) 東京 新大久保 EARTHDOM
       FULL OF HELL / ENDON / BUTCHER ABC / cunts / SUPER STRUCTURE

10/26 (土曜) 東京 新大久保 EARTHDOM
       FULL OF HELL / PALM / FIXED / kamomekamome / FIGHT IT OUT

10/27 (日曜) 神奈川 横浜 BB STREET
       FULL OF HELL / PALM / FIXED / nervous light of sunday / PAYBACK BOYS / BAYONETS

招聘元:PUTV fest

Full Of Hell


1回目2回目と見逃したあなたは3度目の正直!今回こそ絶対に参戦を!フライヤーデザインに描かれている異次元へのホール、暗黒世界に吸い込まれること間違いなし!冒頭でも言ったようにいろんな要素が組み込まれているサウンド、ハードコア好きからメタル好き、オールドスクールからニュースクールと全アングラサウンド好きは大集合ですね!ともにステージに立つバンドたちも激ヤバですしね!


「マーチのクセがすごすぎて・・・・」

以前にこういう声をいただいたんですが、そこまでクセ強いかな~?僕の感覚がマヒしているのかな?全然気やすいし合わせやすいと思うんだけど、

例えば、このブルーのカラーリングが印象的なWound of Wounds ロングスリーブ

Full Of Hell / フル・オブ・ヘル - Wound of Wounds ロングスリーブ・長袖シャツ(ブラック)



このロングスリーブをシャレオツに着こなすMaximさん、定番のブラックのパンツにポップなソックス、渋いキックスのスタイリング、コテコテなアングラメタルやハードコアなスタイリングでなくとも全然マッチするってことがわかるでしょ?

この投稿をInstagramで見る

w/ my pal . . . #coldcutsmerch

Maximさん(@swordbymyside)がシェアした投稿 –



そのバンドの雰囲気、FOHでいえば狂いおしいほどの暗黒、わざわざそのバンドに合わせなくてもあなたが好きなスタイルにハメ込めばよいわけです!



ちょうど先ほどFull Of Hell / フル・オブ・ヘルの新作もアップしたことだし来日が決定し久々にやっちゃいますか!

Full Of Hell来日記念イベント!



気になる特典はコレ↧

LWEDDIE1975064

Full Of HellFull Of HellFull Of Hell/ フル・オブ・ヘルのエナメルピンバッジ!デスロゴでもない邪悪なバンドロゴのピンバッジ!バッグやキャップ、デニムジャケットなどあなただけの FOHアイテムを作成しよう!

特典の入手方法は?

Full Of Hell / フル・オブ・ヘルのアイテム、その他のアイテム何でも商品合計が11000円以上でFull Of Hell /フル・オブ・ヘルのエナメルピンバッジ(1675円相当)をプレゼントします!

新作で僕が狙っているのはコレ!迷彩ボディーに邪悪なレッドのバンドロゴと機械的なデザイン、プリントのレッドを基調にスタイリングしようかと!またポジ散歩などで紹介するからお楽しみに!

この投稿をInstagramで見る

European exclusive Come grab one tonight in Leipzig!

さん(@fullofhell)がシェアした投稿 –

このアイテムに負けないクールなアイテム、新作旧作合わせて総数27アイテム!あなたのスタイリングにもFull Of Hell /フル・オブ・ヘルマーチを!


Full Of Hell / フル・オブ・ヘルマーチですが僕たちが思っている以上に海外では人気、16年にドロップしたネイルズとのスプリットはビルボードのシングルチャートでは2位にランクイン、最新作「Weeping Choir」はTop200で44位を記録!100%一般受けしない狂ったサウンドでこのランク、ランキングがすべてではないけど、ヤバいよね!


Full Of Hell


当然マーチの争奪戦もニューアルバム発売直後が一番、人気バンド故に生産数は他のバンドよりも多いかもしれないけどあくまでアングラなバンド、再生産の期待は薄い!というか最近のマーチは昔に比べ全体的に生産数が少ないんです、このお得なイベント中に必ず手に入れておいてください!Full Of Hell は下記のリンクをクリック!

FOH



あなたからのお申込み楽しみにしています(^_-)-☆



では!闇黒の週末をお過ごしください!

河内野






追伸:
かなり昔の作品だけど、USは90’s エモバイオレンンス伝説のバンドorchidのトリビュートアルバム、にFull Of Hellが参加してたのは知ってた?このカバーも狂気に満ちてるね!

暑い夏こそメロディックパンク!ではなく・・・ぶっ飛んだ暗黒ミュージックで「涼」を感じろ!!

LWEDDIE1975058

肌が焼けるような痛さ、日差しがヤバイ!連日続く猛暑、こんな猛暑にぴったりなサウンドといえばメロディックパンク!そんなメロディック界の王御所が新曲を公開!!!眠気も一気に冷めたね!朝からハイテンションLagwagonの新曲!!!5年ぶりのアルバム「Railer」は10月、秋になってから発売と少し残念だけど哀愁あるサウンドは夏にも秋にばっちりハマるね!






The Plot In You

アルバムジャケットのアートワークもオールドスクールなまさにメロコアなデザインがたまりません!このデザインのままのフォトTシャツを出してくれるなら間違いなく入手するね!ニューマーチマジ楽しみです!
にしてもこの曲もJoeyのメロディーセンスが光る!face to faceLagwagonのツアーも決まったようで、当然USだけど・・・・日本にも来てくださいな!アルバムを発売する10月にはThe Menzingersの新譜も、盛り上がるニュースが連日届くんだよね!



そんなメロディックなBGMで一日を過ごそうとしていた矢先に現れたデスやブラックメタル好きのパイセン、暑さで回路がイカれてしまったのだろうか、今日もぶっ飛んだバンド、キチ〇イのようなサウンドをプッシュしやがる!「猛暑の中聴く音楽じゃないって!!!」と心では思うも口には出さず、音楽だけじゃなくグロいブラックなニュースなどを笑いながら話し出す・・・「ブラジルの刑務所で抗争があったらしいぜ!何人ものヤツの頭部切断やで~!ブラジルヤベ~って!」あんたのほうがヤバイよマジ笑えない・・・・



まず激プッシュされたのがImperial Triumphantというバンド、ニューヨークのアバンギャルドなポストブラックなようだ!なんかトランペットのような金管楽器が聴こえるんですけど、どことなくジャジーだし、サイケだし、ちょっとおしゃれとも思ったが、やはり一貫して不気味である、ある意味夏にはバッチリなサウンドなのかもしれないwww

まさに前衛的なポストブラック、聴くものを完全に選ぶ偏食好きが好むぶっ飛んだバンドだね!MVでも登場しているマスク装着のメンバーたち、どういったコンセプトなのだろうか?ちょっと掘り下げてみようかな!グッズ取り扱えそうだからまたアップするね!


The Plot In You


パイセンあざっす!現在聴きこんでいるんだけど結構好きです、でも真夏にはあまり聴きたくないかもwwwそして「夏といえばギャルやろ!きれいなお姉さまLingua Ignota知っとるけ?」し、し、知らないっす!見た目はモダンな洋服を身にまとう気の強そうなお姉さま、おもっくそムチで叩いてほしいくらいだwwwにしてもサウンドが全く想像できない、パイセンがプッシュしてくるくらいだからぶっ飛んでいるのだろう・・・



Kristin Hayterによるプロジェクトのようだ!ALL BITCHES DIEのアルバムジャケットを見て思い出した!いろんな雑誌で絶賛されていなかったっけ?レーベルはProfound Lore Recordsに所属、BELL WITCHSoft Killに僕たちの好みでいえばFull of Hellがいるレーベルだよね!ってそういえばFull of Hellの最新作にも参加してたよね!

その時点でもう好きになっちゃったwwwそんなFull Of Hellとのスプリットでもご存じのThe Bodyの楽曲にも参加しているとんでもないお姉さまなようだ、バロック音楽的な高貴で荘厳ホーリーなサウンドに中ブチ切れたように叫ん割は闇、病むくらいの闇ねwwwだり、オペラっぽく歌ったりと光の世界と闇の世界を一度に味わっているような、といってもデス・ドゥーム、ゴス、ゴスペル・プロジェクトと紹介されているが、ノイズからクラシックの要素も感じれる、何とも形容しがたいアングラミュージックだが一気にファンになっちゃいました!ということで早速マーチアップしたんでチェキラウ!The BodyにしろこのLingua Ignotaのマーチも反応は薄いだろうねwwwあまりにも人を選ぶ偏食なぶっ飛んだアーティストだからね、そこらへん難しいよねwww現時点で大好きな女性がいるアーティスとは群を抜いてOathbreakerだけどこのLingua Ignotaも上位に食い込んできました!



The Plot In You

続いて「MIZMORってバンド知ってる?絶望を味わいたならこのバンドだな!アルバムも9月に出るぜ!」あの読めないバンドロゴ「מזמור」何語?のやつですよね。

3年前ほどに発売されたアルバムは、これまた絶賛されていたように記憶しているが、記憶にコベリついているのはこのジャケットデザイン。クレヨンしんちゃんのボーちゃんが闇落ちして暗黒世界を浮遊しているようなデザイン、空見上げてこんなのいたら完全に漏らします、トラウマ級の暗黒デザインだ!




ジャケットデザインをそのままサウンド化したような、ドゥームにダイブ寄ったブラックメタルサウンド、コテコテなドゥームは少し苦手な僕はこのMIZMORのようにブラストパートもあると一気に好きになっちゃう!先日撮影に行った鉱山跡などで爆音で聴いてみたい、怖くて撮影どころじゃなくなりそうだけどwww完全闇属性の地を這うようなドス黒いサウンド、これまた人を選ぶサウンドだね!



ニューアルバムは「CAIRN」は9月の6日に発売、そのジャケットデザイン、この独特な暗黒な世界観、見覚えない?

MIZMOR

現在59歳のポーランド生まれの画家「Mariusz Lewandowski」によるデザイン!Bell Witchのデザインがきっかけで18年はバンドからのデザイン依頼が絶えなかったそうである!

Mariusz Lewandowski

近々で手掛けたバンドは、

・ドゥーム・メタル Bell Witch
・ドゥーム・スラッジ Shrine of the Serpent
・スラッシュメタル Sepulcher
・デスメタル Rogga Johansson
・テクニカルデス Psycroptic

先日紹介した、メタリックハードコア / ヒューミング・マウスのアートワークもですよね!

Fuming Mouth / ヒューミング・マウス




Mariuszはこう言っています。


「誰にも邪魔されないという安心と自信が必要なので、私は夜だけ絵を描きます。メタルのグラフィックを作るときは、自分に託された音楽で心を満たさなければならない。しかし、バンドが提供するのは音楽だけではない。;音楽の対話や哲学や仮定も重要です。これらすべてが私の心をオープンにしてくれて、音楽と関連したものを作ることができるようにしてくれました。」

これからますます彼、「Mariusz」の絵を見ることが増えていくでしょう、現在は依頼がありすぎて追いついていない状態のまさに売れっ子なアーティストとなてしまった、彼の手掛けたアートワークのデザインのマーチも数点取り扱っているからね、デザインから入るのもいいじゃない?僕はまさにそうでした、Bell Witchのアートワーク見て惚れてしまいましたから、ConvergeのJacobのデザインと同様デザイン先行で手が出てしまう魅力的、脳裏に焼き付く作品です!

ポーランド生まれの画家「Mariusz Lewandowski

覚えておいても損はないでしょう!


人間の理解を超えた他の世界の存在、ほとんどの作品の下部には亡霊的な人が描かれている、とてつもなく大きな何かにただ見ることしかできない人なのか、生霊か、生と死、苦しみと解放、そんな言葉を僕は思い浮かべる、魅力的なアートだ!僕は一気にMariusz Lewandowskiに魅了されファンとなってしまった、あなたはどうですか?



ハードコア好きだったらFuming Mouth / ヒューミング・マウスは要チェックだよ!デスメタリックなハードコアサウンド、XIBALBAとか好きだったら間違いないね!

マーチもね、ジャンルによってそれぞれの特徴があるけど、今日紹介したようなアングラなバンドたちも即得な精悍があり魅力的、あなたの夏のスタイリングにぜひ取り入れてみてください!



真夏に邪悪なサウンドとマーチ悪くない!

現れたときは正直イラっとしたけど、パイセン!感謝してます、今日も最高なアーティストを知ることができました!「ありがとう!」といってお別れしようと思ったんだけど、最後には引くくらいのグロい動画を見せてきて、イラつくどころか殴りたくなったのでパイセンには感謝していません!!!!!今夜夢に出てきそう・・・あ~~最悪。



7月も今日で終わり、明日から8月!7月最後の夜も楽しんでください!



では!


河内野



【連続の衝撃】ブラックホールどころじゃない!!発狂してしまうほどのニュースが!!!

メラウダー

史上初、ブラックホールの撮影に成功!!と、とてもワクワクさせるニュースが発表されたね!

地球サイズの電波望遠鏡で撮影したとのこと、「地球上の8つの電波望遠鏡を結合させた」とあるけど、どうやって結合させているのか、理解不可能ですwwwそんなブラックホールパイセンの質量は太陽の65億倍・・・・・太陽は地球の109倍、これくらいの数字だと想像ができるんだが、65億倍なんてとんでもない数字を言われると想像すらできない、けど夢が広がる!このニュースを聴いて一番に浮かんだのはやはりSoundgardenの名曲Black Hole Sunなのは僕だけじゃないハズ!



「全てを飲み込む」
「ブラックホールサン」
「どうかその姿を見せてくれないか」


というリリック、その姿を見ることができた、クリスは天国でどう思っているのだろうか?少ししんみりとしてしまった、今日の夜はSF映画でも見て宇宙へ旅しようかな、大好きな「インターステラー」やゼロ・「グラヴィティー」、「オデッセイ」などの王道スペーシーSF映画が好きなんだが、近年は全くチェックしていない、「パッセンジャー」や「ライフ」と映画が気になっているんだが・・・おもしろい?オススメあったら教えてね!




あと半月もすればゴールデンウィークも始まるしね、そのうち半数はお出かけするにせよ、家でゆっくりチルするのもいいんじゃないかと、そんな時はお菓子やジュース、酒を買い込んで映画やドラマを一気に見たり、とGW早く来てくれ~!とすでにワクワクが始まっている人も多いのではないでしょうか?



そして毎日毎日公開されるミュージックビデオ、一気にGWでチェックしても良いよね、絶対に見逃してしまっている名曲もあることだろうし、僕は比較的毎日チェックしているんで、とはいってもメタル~ハードコア界隈だけだけどね、そんな中で見つけた注目な曲、バンドを今日は紹介していこうかな、しかもジャンルレスで!たまにはそんな記事も良いかと!



メタルコアキングが返ってきた!As I Lay Dying の新曲 Redefined、しかもAugust Burns RedのJakeが参加って、文句なしの1000点!!王御所なのでみんなチェックしてるか・・・・



BDHWからの最新MVはFallbrawl の Darkness さすがの極悪ジャーマンビートダウンシーンの代表格、相変わらずのサグ感、最近は多くのバンドが4kでMVアップしてくれるから映像がほんとキレい!



Rise Recordsから5月に新譜が発売されるSecret Band というバンド、全くのノーマークだったんですがDance Gavin DanceのWillとJonからなるバンドなようですね、それだけで期待値は上がるんですが、 プログレッシブでテクニカル、モダンなポストハードコアサウンド、今作は2枚目になるのね!



Holy Roar Recordsらしい玄人が好みそうな轟音かつ美しいオルタナ~カオティックポストハードコアなモダンアートを感じさせてくれるサウンドのModern Rituals、ロンドンのバンドのようだ!



EntombedNecrophobicのメンバーらによるスウェディッシュ・デスメタルFIRESPAWNはCentury Media Recordsから6月にアルバム発売!Entombedってワード出たら期待しちゃうよね!



Equal Vision RecordsからAs Cities Burn!!懐い!プログレッシヴなエモとスクリーモを掛け合わせた無二のサウンド、は当時話題になったよね!初期のころからロック色強めたサウンドに深化しそのサウンドを引き継ぎながらもほんのり初期に戻っているあたりがたまりません!



Victory Recordsからは月の終わりに新譜が出るCarousel Kings、エモーショナルにキャッチーにギターフレーズが印象的、これは大化けしてブレイクの予感がするぞ!



Closed Casket Activitiesからはブルータルなサウンドを想像させるバンド名のHATE FORCE、なんとWEEKEND NACHOSにLike RatsやHarms Wayメンバーらによるバンド、ハードコア要素も感じさせるデスメタルになるのかな、ま、ハードコア好きも納得の期待のバンド、



Facedown Recordsからは5月の初旬にアルバム発売のMy Epic、アトモスフェリックかつスペーシーなサウンド、モダンエモーショナルロック、期待の1枚、前作よりもヘヴィーになりそうな予感!マジ楽しみ~!



Mr. Fat Mikeの立ち上げたソロプロジェクト、Cokie The Clownこの新曲ももろにNOFXなんだけど、エモーショナルにさらにメロディーに磨きがかかって近年のNOFXより好きかもwww



Invogue Recordsからあのクリスチャンポストハードコアバンド、Before Their Eyesが何年ぶりだろう?久々の新曲はポップパンクとも言えそうなサウンド、けどやはり彼らが持つメロディーセンスは相変わらず、新譜楽しみだな~!



Sumerian RecordsからはCHON、先日のPolyphiaといいCHONも新曲を公開!バカテクなのに爽やか、スタジオだと想像力が奪われるという理由でニューアルバムのギタートラックはすべて自宅で録ったようですね!今現在、事務所から桜を見ながら新曲を堪能してます!

SLAM WORLDWIDEでつい数時間前に公開されたENEMY MINDの新曲がやばいんだが!!ブルータルデスメタリックビートダウンハードコア、極上ブルータルな仕上がり、テンション上がる~~~~!



みんな大好きEnterprise Earth 、近年のデスコアアルバムの中でも群を抜いて好きな1枚になりそう、先週公開されたThe Failsafe Fallacy、できればもう少しマーチを増やしてください!!



Relapse RecordsからグラインドクラッシャーFull Of HellのBurning Myrrh!!!今回も狂気に満ちてます!5/17に日本先行でアルバム発売!しかも日本盤のみボートラ収録だよ!新しいマーチも楽しみにしててね!



ニューヨークはクイーンズ産タフガイメタリックハードコア、SWORN ENEMY!!!!4年ぶり6枚目のニューアルバムが6月に!!!MACHINE HEADのロブ・フリンでパーペキ!!何と言ってもSalのボーカルが最高なのです!!!



SWORN ENEMYつながりでとんでもないニュースが飛び込んできたのはもうご存知だよね!数多くいるNYHCバンドの~

Merauder 来日 2019

MERAUDER 11年振りの来日が決定!



これはもはや事件だね!生Master Killerで殺されてブラックホールに吸い込まれても良いレベルだwww今頃、日本中のNYHC好きが、ぶちアガっているんじゃないかと!最高なニュースですよね!


BlackflagINFESTに、先日発表され盛り上がってるSheer Terrorも日本へ来ちゃいます!!!、ハードコアがまた盛り上がってきた~~~!!!!
LM19413005-4



今日は興奮しすぎて寝れるか心配だww



では!


河内野






追伸:
MERAUDER好きはどうかわからないけど、同じくらいにびっくりした来日のニュースはノルウェーのブラックメタルバンド、EMPERORとともにDeafheaven来日!!!!なんなんこの連日届く衝撃的なニュース達は!最高です!!

名古屋に「Long Beach Dub Allstars」観に行ってきた!2019年4月以降も来日ラッシュ!

来日 ハードコア パンク

なんなん?!日によって違うこの気温差、やる気はあるのに体がだるい、日によって気温差が5度以上ある場合「寒暖差疲労」という症状が出るらしい、たぶんそれだろうという言い訳で今日のお仕事もスロースタート!気温差から花粉などもあり「春なのに~♪」状態である!しかし事務所の前にあるサクラも花びらがつぼみをこじ開けようと必死になっている状態、本当の春はもう少し先なようだ!来週あたりには花が咲き始めるかな?、今日は早朝に地元の海に出かけ朝日を眺めていた。

朝日


ビーチで朝日を見ながら缶コーヒーをいただく、早起きもたまには良いね、ユルい時間の流れが最高、もちろんBGMは西海岸、カリフォルニアなレゲエ通過のレゲエロックやサーフロックのプレイリストで、先日からロング・ビーチ・ダブ・オールスターズに再度大ハマり!その理由は?

YOT19326001

そうです、生ロング・ビーチ・ダブ・オールスターズ観てきました~!友人やパイセン合わせて7人で参戦、場所は名古屋 伏見JAMMIN、開演前に到着したんでライブ前に腹ごしらえ!木村屋で熟成とんこつ、濃厚なんだけど、クセが強くなくクリーミー、美味でした~!

ラーメン

想像以上にキレイで広いライブハウスなんだね!チケットはソールド、まだ始まったばかりということでフロアは半分埋まっているくらいかな、一発目は名古屋のスカコアバンドvagarious vagabondageスカパンクはもちろん、メロディックにハードコアを感じさせる部分もあり、この手のサウンドを見る機会は今までほとんどなかったんでとても新鮮だった、



2組目はDUB 4 REASONさすがのブレないレジェンド、フロアはパンパンになるほど人気!レゲエ&ハードコア&ドゥーミーで邪悪感もありアンビエント的な要素もあるヘヴィ DUB サウンド、ベースがとにかく気持ち良かったな~!先日観に行ったニューロシス的な邪悪さと重さも感じれたね、目的でもあった物販のコーチジャケットはS,M,Lしか残っておらず断念!




続いてはハイカイハヤブサ、昔からのファンで2012年に見た以来だから7年ぶりの生ハカイハヤブサ、人生におけるベストソングTOP10に入るKOEが聴けただけでもう、、、ウルウルきちゃいました!兄貴との思い出の曲だから余計にね、サブライム魂を受け継ぐ無二な日本レゲエロックの代表格、笑顔に満ちたオーディエンス、そして大合唱!最高でした。




そしてお待ちかねのロング・ビーチ・ダブ・オールスターズはまさかのボーカルOpieが不在!!!来日し初日はしっかり歌っていたそうだが、色々あって2日目からボーカル以外のメンバーが歌うことに、とはいえ最高にユルい夏の風を感じさせるレゲエロックサウンド、サブライムを好きになって、LBDAを好きになって早15年以上、夏は毎年必ず聴いてしまうほど大好きなバンド、会場の盛り上がりも常夏でした!けどやっぱりボーカルOpieアリで見たかったのは本音。

撮った写真はこれだけです・・・

LBDA


攻撃的なハードコアとは違ったユルくピースフルなイベント、とても新鮮だったな~、残念だったのがフロアは禁煙なのにタバコを吸うヤツが2.3人ほど、煙たいサウンドばかりのイベントだけどルールだからね、そこは守らないと、


名古屋に来たということで世界の山ちゃんで手羽先をいただいて帰ってきたのは夜中の3時、途中ではまさかの雪でびっくり!
サービスエリア

持ってきたプルオーバーが役立ちましたwww

このブログを読んでくれている人は今回登場したようなバンドは興味あるのかな?ちょっと気になりました。レゲエを取り入れたロックやミクスチャーバンドは多いけど、ハードコアは少ない、一番先に思い浮かぶのはやはりBad Brainsだよね!確実にサブライムなどにも影響を与えたバンドだよね!不滅の名作アルバムを聴きながらクラシックなその他のバンドの名盤を聴き漁っている今日、Bad Brainsで始まりマイナースレッドからBoldJUDGEゴリビスなどなど、


事務所に入り浸りしている後輩はハードコアというジャンルに最近はまっているが先ほど言ったレジェンドたちの音源は気に入ってくれないんだよね!「なんか音悪いし古臭いし・・・」そう聴こえてしまうのも当然、古いんだもの!!!!


我慢してまで聴いてほしくはないしね、プッシュしまくって懐古ジジイと思われるのも嫌だしwwwそのうち現行バンドから掘り下げていって好きになっていくのを待つしかない!と思っていたんだけど、なぜかYouth of Todayだけは好きになってくれたwww



Youth of Todayが気に入るんだったらその他のレジェンドの名作も気に入るだろうと思うんだけど、Youth of Todayも決して音は良くないし・・・・僕も大好きなバンドだからうれしいんだけど、Youth of Todayにしかない魅力って何だろう?




話が大幅にずれたんですが、少しジャンルが違うようなライブも新鮮で最高だったってこと、と言っても2019年4月以降も来日ラッシュ、違うジャンルのライブに行く暇もないくらいのラッシュだよね!先日発表され叙情派好きが歓喜している人も多いCounterpartsSilent Planetの来日が決定!フライヤーのデザインもイケてるよね!

Counterparts Silent Planet



叙情派といえば叙情派レジェンドのTAKENも本日26日の東京公演でオワリ、札幌公演に参加したお客さんからもメールいただきましたよ!

TAKENのイベント、本当に最高すぎて泣けました!!
やはりTAKENのオーラは半端なく、
まじでヤバかったです!!
メンバーもすごくいい人でライブ後、
サインと写真に快く受けていただき感激しました!!
Rayさんが、さっとセットリストをプレゼントしていただき、感激しました!!
本当最強の曲順で、終始興奮しっぱなしでした!!
もちろん最前のど真ん中キープ確保して
楽しみました!!笑笑
札幌くるのはもう次はないかもなので、一生の思い出になりました!!



最高なメッセージありがとう!僕はいただいたセットリストの画像からSpotifyでプレイリスト作成して聴きまくってますよ( ;∀;)


新しい音源が発売されたことも奇跡だけど来日までも、叙情派好きは当たり年だね!


ポップパンク好きが歓喜しているのはWith ConfidenceRoamの来日
ポップパンク


デス好デスコア好き歓喜なDecapitatedの来日The FacelessとAversions Crownの来日も決定したよね!

YOT19326007






個人的にはブルータル・デスブラックBELPHEGOR見てみたいんだけど

BELPHEGOR



BELPHEGORと同じ7月にはエモーショナルメロディックSamiamは逃すと一生見れない気もするし、どのライブに行くのか、見極めるのも大変、嬉しい悩みではあるけどね!

サマイアム



注目度が高いのはやはりBlack Flagなんだけど今のメンバーって誰なんだろう?Wiki情報では

Greg Ginn – guitar (1976–86, 2003, 2013–present)
Mike Vallely – vocals (2003, 2013–present)
Tyler Smith – bass (2014-present)
Brandon Pertzborn – drums (2014-present)

ギターのGregは結成当時からのメンバー、もう64歳なんだね….ボーカルはプロレスラー、ホッケー選手、プロスケーターと多彩なMike Vallely、まだ48歳、スケート好きならご存じのレジェンドだよね!ベースのTylerとドラムのBrandonは良く知りません・・・この二人はオーディションを受けてメンバーになったとのことがWikiには書いてありました、現時点ではどうなのかはわかりませんが、行ける伝説のGreg Ginnを見れるだけでも!って相当なマニアじゃないと、正直言って僕はアルバムとマーチ数枚持っているほどのニワカ、曲に関してシンガロングできるのはRise AboveとSix PackにMy WarとSpotifyのトップにある数曲くらい、完全にニワカですよね!でもこの目で観たいんですよね!Black Flag = ヘンリーロリンズってイメージの人も多いはず、あなたは行く?それともスルーする?




早割チケット販売は3/29 14:59まで、相当注目度高いから早く行くか行かないか決めたほうがよさそうだね!行くなら神戸公演だけど、Blag FlagNo Fun At AllFrenzal Rhombというメロディック好きはびっくりのメンツだね!


Black Flagのカヴァーアルバムも記憶に新しいけどもう10年以上も前なんだね・・・・このアルバムメンツ最高なんです豪華なんです!特にconvergeからのDillinger Escape Planのカオティック流れ最高だね!



話が脱線しまくりなんだけど、今年の来日も最高、ライブにいっぱい行こうぜ!って話でした!

では!

河内野




追伸:
Mineral観に行った人いる?どうだった?

「ハードコア」に「メタル」、「激音」好きが絶対にハマる映画のサントラがこいつらだ!!VenomとSpawnって似てない?

Venom

昨日のブログを書いてからヴェノムにどっぷりはハマっています、イギリスのカルトメタルバンド、ブラックメタルの生みの親ヴェノムではなくアメコミのヴェノムね!

実写映画の予告編は昨日から今日までで何回見たことか!こうなったら観に行くぞ!!と近所の映画館の公開情報を見てもやってない、少し離れた都市でもやっていない!!!!行くとしたら先日行っためんたいパークの近く、三田市に行くか京都市内に行くか、車でも2時間はかかる、今日は発送も大量にあるし、ということでいったん諦めヴェノムの歴史をwiki先生で探ったりと映画を見る前からこんなに調べてしまって、ちょっと後悔してますww


やっぱりダークヒーローってそそりますよね!バットマンしかりレイドにパニッシャー、地味の好きなのがゴーストライダーwwゴーストライダーってなぜか不人気ですよねww


ヴェノム関連調べてて一番心を躍らせたのは、映画版の脚本はダークヒーロー、『スポーン』の原作者でもあるトッド・マクファーレンってこと、スポーンとヴェノムやはり関係性は直接的ではないけどあったんですね!!ブルーレイからサントラまで持っているスポーン、久々にサントラ聴いたらこれがまた良い!!!


The Plot In You

SPAWNサントラ
当時全盛期だったニューメタルやインダストリアルなどのオルタナバンドからメタルバンドとテクノ系のアーティストが大胆にコラボしたサントラ。


メンツは、Filter、Marilyn Manson、Kirk Hammett、Korn 、Butthole Surfers、Metallica、Stabbing Westward 、Prodigy、Tom Morello(RATM)、Silverchair、Henry Rollins(Black Flag)、Incubus、Slayer、Atari Teenage Riot、と超豪華!!!




ダントツで好きだったのはこのサタンだね!


今では当たり前かもしれないけど、水と油の別世界同士のコラボは当時本当に斬新だったのを覚えている、ヒップ・ホップとロックが混ざりあったJudgment Nightのサントラも衝撃的だったよね、

Biohazard & Onyx





ディスタービアがサンプリングしたことで知っている人も多いであろうThe Crowのサントラ、
Pantera – The Badge (Poison Idea cover)



Demon Knightのサントラとかね!
Sepultura – Policia



The Plot In You

Gummoサントラ
サントラで一番、衝撃的だったのは、2000年代半ばくらいかな、キュートでアーティスティックなジャケに誘われてレンタルしたGummoという映画、全くストーリーは覚えていないんだけど、子供が猫を殺害しているシーンや、風呂場でパスタむってるシーン、チャリンコに乗って移動しているシーンのバックにブラックメタルが流れるという違和感、不思議な映画だったな~。

サントラに参加しているバンドは、EYEHATEGOD、SPAZZ、BETHLEHEM、BURZUM、BATHORY、DARK NOERD、SLEEP、BRUJERIA、NAMANAX、NIFELHEIM、MORTICIAN、MYSTIFIRE、DESTROY ALL MONSTERSとアングラすぎるっしょ!!!







Equimanthorn by Bathory


激しいハードなサントラアルバムって見かけなくなったよね・・・僕が知らないだけ?スラミングデスばっかりが流れる映画とかあたら最高なんですが、うるさいと映像の邪魔になっちゃうのかな?耳が慣れている僕達なら問題なさそうだけどww


昨日のブログでも紹介したアメコミデザインシャツをドロップしたArchspire/ アークスパイアなんかもパニッシャーの映画でぜひ使ってほしいものだ!



デスコア、テックデス、ブルデス、スラミングデスのマーチデザインはモンスターやSFを感じさせるデザインが多いからさ、巨大モンスターとのバトルシーンで流れたらもう鳥肌もんでしょう!!!


PVはふざけているけどマーチデザインは硬派なWithin Destructionのサウンドのようにスラミング特有のダウンテンパートでモンスターのとどめを刺すシーンがスローモーションで流れる!最高でしょ!!いや~今日も妄想が止まらないww




アメコミで例えるとスラミングデス界のアベンジャーズ的なメンツが参加している南アフリカのVULVODYNIAに今、ハマってます!



まさにアベンジャーズな豪華で多彩なメンツの参加!!


・SLAUGHTER TO PREVAIL
・WAKING THE CADAVER
・INGESTED
・OCEANO
・KRAANIUM
・CLAWHAMMER




そうそう、友人がリクエストくれたヴェノムデザインをサンプリングしたバンドマーチ、これ探してたら激やばマーチ見つけちゃいました!

見つけちゃいました!
見つけちゃいました!

大事なことなので3回言いましたww明日にでもアップする予定だからヴェノムファンは期待してて待っててね!!!

では!

河内野