【俺の10枚】2017年度の最強の1枚を決定!(Top5もあるよ!)

GG18113013


ありがとう!!!マジでありがとう!!総勢43名の仲間たちに参加していただきました!といっても20名近くの「俺の10枚」はまだ紹介できてないわけで…..さーせん!!ちょっとずつアップしていくから待っててね!



あなたのおかげで知らなかったバンド、スルーしていたバンドとも出会え、音源は20枚ほど購入、だから先月末からマーチが買えていないのがネックなんですがww

とにかく感謝感謝です!!ありがとう!!


ということで今回は届いたアンケートをまとめ合計430枚の中から2017年度の最強の1枚を選んでいくぜ!!

最強の1枚を発表する前にTop5を紹介!!!と思ったんだけど、6枚がズバ抜けて票数を獲得したんでTop6ね!!!

その前にTop6に入らなかったアルバムで上位にランクインしたアルバムも紹介しておこう!!

ハードコアでは

Backtrack – Bad To My World
Get The Shot – Infinite Punishment
Varials – Pain Again

が多く票を集めました。Get The Shotは海外のハードコアファンの中でも評価が高かったです!

ポストハードコア/メタルコアでは

Our Hollow, Our Home – Hartsick
While She Sleeps – You Are We
Ocens Ate Alaska Hikari
Miss May I – Shadows Inside
EMMURE – LOOK AT YOURSELF

Our Hollow, Our Homeが大健闘でしたね!Miss May Iもねクリーンが増えて離れたファンもいたけど大健闘!!そしてEMMUREは相変わらず人気、もうすぐ来日だね!!

Hundredth – Rare
The Black Dahlia Murder – nightbringers

が大健闘、Hundredthに関してはサンドチェンジしたけどそれでもアルバムの完成度がずば抜けていたことから上位にランクイン、ブラダリは貫禄ですね!




ではここから2017年度のTop6を紹介します!



Alazka – Phoenix
ALAZKA

6位に輝いたのはAlazka、Burning Down Alaskaから改名したポストハードコアバンドですね、しかも名曲揃い、Legasy、Blossomが好みですが、キラーチューンだらけの名盤でした! 2017年最高の1枚として選ぶ仲間も多かったです!ポストハードコアのドラマティック部門ならダントツで1位でした!!!グッズも取り扱いたいんですが発売が延期の連続!!購入できるようになったらすぐにアップするね!





Counterparts – You’re Not You Anymore
カウンターパーツ
叙情派ハードコアの代表格CounterpartsのYou’re Not You Anymoreが第5位!メンバーも大幅に変わって結構心配してたんですが、なんのそのこれぞCounterpatsって感じで安心、というかそうぞを超えて名盤でした、泣きの疾走、程よいクリーン、結構スラッシー、前も言ったけど泣きながら全力疾走しているような不思議な感覚を覚える、僕もお世話になった名作でした!





Code Orange – Forever
コードオレンジ
第4位に輝いたのはCode Orange のForeverでした、数多くある海外の2017のTop10アルバムなどチェックしてたんですが一番よく見かけたアルバムでしたね!2ndアルバム「I Am King」で僕たちの世界でも知名度が大幅に広がったんですが今作「Forever」ではさらに多くの音楽好きに広がった作品、超重力を感じる重低音サウンド、穏なエフェクト、これぞ究極のヘヴィーネスバンドではないでしょうか!





Neck Deep – The Peace and the Panic
ネックディープ

第3位に輝いたのはポップパンクの代名詞といっても過言ではないくらいに人気超爆発したNeck Deep、3枚目『The Peace And The Panic』アルバムチャート全米2位&全英4位だもんね、ポップパンクの歴史上語り継がれる名作かと!In Bloomは初めから最後まで全部歌えるくらいに聴いた名曲、前作に比べ落ち着いた感あるけど、前作よりも大好きな一枚、UkだけじゃなくUSそして日本でも大人気、来日のチケットは争奪戦になるかも?





Darkest Hour godless prophets & the migrant flora
ダーケストアワー
第2位に輝いたのはDarkest Hourの godless prophets & the migrant flora、多少のサウンドチェンジはあるけど良い意味でコア寄りに深化した一枚かと!聴く前から安心と信頼の「Darkest Hour」!前作は個人的には微妙だったけど、アルバムが出るたびに購入してしまう数少ないバンド。レコーディング・エンジニアにKurt、コンヴァージのね、最強でしょう!!日本盤のみボーナス・トラックにMINOR THREATとJUDAS PRIESTのカヴァーが入ってんだけどこれがまた良い!!買うなら日本版ね!そしてジャケデザイン最強です!!!最高なんだけど第2位になるとは!!良い意味で予想外、CDラックの一軍入り、数年たっても聴くだろう個人的に神作!今日のBGMもこのアルバム!





見事2017年度の最強な一枚に輝いたのは!!!



BLG161201052-0




Converge – The Dusk In Us
コンヴァージ
Converge毎回神ってるんだけど、今作の神度数は天文学的数字、現実に存在する唯一の神です!言い過ぎ?Convergeにしか出せない圧倒的な個性は今作も爆発、毎回想像を超える前衛的な進化、今作では「おとなしくなってしまった」そんな意見も耳にしたけど、「ちゃんと聴きこんでる?」って言いたいね。もともと持っていた叙情性も強くなり、そのおかげで相反する暴力性が際立つ、引き立ててくれるんだよね、全体を通して聴いたときの満足度は2時間の映画以上、アンケートを見ていてもメタルコア好き、パンク好き、デス好き、ハードコア好きがNo.1として挙げた作品、そこがすごいって思ったね!更なる高みへと突き進見続ける孤高なバンド、コンヴァージが総まとめ、17年度の頂点に選ばれました!





・第6位:AlazkaPhoenix
・第5位:CounterpartsYou’re Not You Anymore
・第4位:Code OrangeForever
・第3位:Neck DeepThe Peace and the Panic
・第2位:Darkest Hourgodless prophets & the migrant flora
・第1位:ConvergeThe Dusk In Us

という結果になりました。



ここでいったん、2017年度「俺の10枚」を終了させていただきます!!!

参加してくれたあなたマジありがとう!

1万円クーポンの当選者発表も楽しみに!!

先日はConvergeのジャケットを装着して夕日を眺めてきた、神々しいでしょ?

Converge

では!

マッドーボールのプルオーバーにアイスピックのコーチジャケットでキメて、福井県高浜町にあるCafe Zooにライブを見に行ってきた

waeh006

今回はマッドーボールのプルオーバーにアイスピックのコーチジャケットで決めて福井県高浜町にあるCafe Zooにライブを見に行ってきたよ!

waeh001

福井県と言っても、舞鶴の自宅から車でおよそ15分程度の場所にあるかなりの田舎。そんなところで熱いイベントが行われる。

waeh002

建物の後ろは海、都会ではありえない最高のロケーションにあるCafe Zoo。普段はカフェだけど、地元の若者が企画して定期的にライブを行っている。

海の見えるカフェ ライブハウス

周りの駐車場には大量の車、かなり賑わっている。さっそく入ってみよう。

バーカウンターもあり、外から見る以上に中はかなり広く、カフェだけあってオシャレだ。

waeh003

DJがレゲミュージックを流し、ゆったりした空気が心地よい。

モッシュ

ラッパーもいて、オールジャンルのイベントのようだ。

hiphop

物販スペースでは、本日のライブで演奏する舞鶴のリアルレゲエに、大阪のTiger M.S.Kのグッズ、写っている彼は、TigerのパーカーにDOGGYHOOD$のスナップバックを装着。

HARDCORE

会場に入る前に気になっていたブースを見に行くと、

ジャマイカ

焼肉サンドの販売があり、もちろん注文(400円)。

waeh009

出来上がり!肉の香りが最高だ。

waeh010

かなりうまい!イベントの際はよく販売しているらしいので、また食べたいな。

焼肉サンド

本日は、迷彩のTシャツ(XLサイズ)、マッドボールのプルオーバー霜降りグレー(Lサイズ)、そしてアイスピックのコーチジャケット(Mサイズ)のコーデ。

パーカーとスニーカーの色、キャップのアンダーバイザーと迷彩の色を合わせる。迷彩はワンサイズ大き目で、チラ見せの重ね着で決める。

ジョーダン3

会場ではスカバンドが終わっていて、舞鶴ハードコア、リアルレゲーがスタート。20周年を迎える重鎮、何度見ても最高だ。

リアルレゲエ

arrow center


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

arrow center

REAL REGGAE - NO!!

最高!続いて、福井高浜のバンド吉原炎上、ヘヴィーでラウド。

waeh014

地元にも「こんなバンドがいるんだ」と嬉しくなっちゃう。音源はまだ出て無いようなので、次に期待したい。

続いて、大阪Tiger M.S.Kの前に、ポジティブダイブの愉快な仲間たちのスナップ写真。

地元のパイセンの娘さん、みゆきちゃんです。ポジでも人気のスウェットスタジャンにNeck Deepのクルーネック。地元では皆無のバンドファッションだ。シャレオツでキュートなスタイリング、そして、どでかいホールのボディーピアスがイケてるね。

waeh015

バックもイケてる。クルーネック女子、可愛いね!

waeh016

パイセンも負けずにカッコいい。Story So FarのTシャツもイケてる。

The Story So Far

いよいよTiger M.S.Kスタート、こんな地方で見れるのは奇跡だ。

Tiger M.S.K

arrow center


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

arrow center

Locked Up F#%k Ayers - TIGER M.S.K

最高に盛り上がってて、楽しかったなぁ。

帰りは、眠気よりも食欲ってことでラーメン食って帰る。

waeh021

Cafe Zoo、今度は昼間に来ておしいもん食べてみよう。

次の日の朝は、キャップとスニーカーをブルーで統一して、てくてくお散歩。

waeh022

次はどこに行こうかな!

河内野

撮影場所

撮影で着用したアイテムについて

【激音発掘】2014年はこいつらがブレイクする!Part3

hakkutu003

お正月はバンドグッズで決めて女の子と初詣も兼ねてドライブだ。気合入れて選曲したデスコア+メタルコアアルバム。(※かけたのはデスコアです)

「CD変えて」

見事に撃沈。いかに素晴らしいかを熱弁しても全く伝わらない。ならこれはどうだ。

The Wonder Years


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

お別れのとき女の子が言った一言に感動。

「さっきかけてたCD貸してくれへん」

小さくガッツポーズ!ポップパンクの中でも飛ぶ鳥を落とす勢いのThe Wonder Years、確かに聴きやすいし極上のメロディーだしね。と言っても椎名林檎やCoccoを愛する女の子にもThe Wonder Yearsは染みるんだな。

まずはポップパンク→イージーコア→スクリーモ→ピコリーモ→モダンオールドスクール→NYHC→ビートダウンハードコア→デスコア→カオティック。最終的にはConvergeを心から良いと思いら激音ライブに参戦。この女の子を激音の世界へ引きずり込んでやる。

ちょっと変態っぽいですが(笑)激音を広めていくぜ。激音への入り口としてポップパンクやインディーロックにエモコアはもってこいだな。入口がパンクやメロコア、ポップパンクの人も多いはず。

と言っても酸いも甘いも激音の良さを知った僕はなんでも聞くけどポップパンクが大好き、最終的には戻ってくるのかもしれませんね。ということで前回に続き2014年こいつらがブレイクする。このバンドやばくないか!ってバンド特集第3弾だ。

3回目はポップパンクやインディーロックにエモコア特集だよ。

State Champs

アンケートから問い合わせまで今一番多いのはこのState Champs。すでに人気は爆発していますがさらなるブレイクが確実に2014は待っていますね。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

Neck Deep

UKのポップパンクバンド、Neck Deepようやくアルバムが出るね、もうメロディック隙なら絶対なバンドでしょう。アルバムも確実イブレイするよ。マーチもオシャレ。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

Very Americans

このバンド聞くと泣きそうになる、懐かしさを感じさせてくれるし心にしみる、田舎道のドライブにはもってこい、2014にアルバムは多分出ないけどじわじわと人気が出てきている要チェックなバンドですね。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

Dot Hacker

なにこれ~~もっと早く知っておくべきだった。Red Hot Chili Peppersのギタリスト、ジョッシュクリングホッファー率いるバンドだってよ。まじかエレクトロニカも愛する僕はやられちゃいました。CD買お。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

Reggie and the Full Effect

大好きなんだよね~。前作とかはピンとこなかったんだけど今回のアルバムはやばい。最先端のシンセではなくどこか懐かしい電子音、ポップで少し悲しいメロディー、そしてこの曲のタイトルKanji Tattoos…. Still in Styleってどういうこと。再注目されてブレイク決定だ。オモローなマーチも発売してくれ。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

Forever Came Calling

まずは想像を裏切るボーカルのふくよかさにはびっくりしたけどもっともっと話題になっていいバンドだと思うんだけどな、ファストなチューンも最高だよ。

※携帯で動画を見るにはここをクリック!

Front Porch Step

インディー・アコースティック、染みます(涙)Pure Noise最高、もう曲がよすぎ、誰もが知る存在になるかもね。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

Sights & Sounds

またまたPure Noise、他のバンドにはないスケール感があって個性的、声を聴くとわかりますがComeback KidのAndrew、なんで話題になっていないんだ。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

I Can Make A Mess

The Early Novenberのフロントマン、Riseなのに全くスルーしていた、舞鶴の雪景色を見ながら聞いてます。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

William Beckett

元The Academy IsのフロントマンWilliam Beckettですよ。しかも来日決定、こりゃ日本でも人気が爆発するね。メジャー級のポップソングだね。

※携帯で動画を見るにはここをクリック!

Strawberry Girls

まさかのTragic Hero Records、アダルティーなサウンドが病みつきになりそう。普通に売れそうだ。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

War Generation

誰が何を言おうとSense Fieldが最強の絵もロックだと思っている自分はWar Generationが最強なのである、ブレイクしてほしいな。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

Royal Teeth

インディポップバンド、すでにマニアの中では話題になっているんですね、クオリティ高いもんね、声が誰かに似ている….


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

The Undecided Majors

声もサウンドも好み、グッズがあったから調べてみたら紺バンドいましたって感じ、アルバム出てないのかな~非常に気になる。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

TALLHART

Equal Vision Recordsから、友人に教えてもらったバンド、ビブラートの使い方、高音の歌い方がMUSEに似てない?


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

The Limousines

キャッチーなメロディーの効いたシンセポップサウンド、たまに無性に聴きたくなります。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

今日もいっぱいのバンドの動画をアップしましたがポップパンク、インディーロックって最高だね。ポップパンクはそこまで詳しくないからヤバいバンド教えてくれると助かるな~。簡単なアンケートフォーム用意したから参加してくださ~い。

河内野