【2020年10月部門】の見逃せないインディー・パンク・ハードコア・デス・ポストハードコア、リリース19選!

bl201005020



暑くてたまらない日々も終わり秋到来、早くも10月に突入!そろそろアレの準備してね!!「あれ」とは毎年恒例の「今年の10枚!」である、ライブに行けなかった分、お出かけできなかった分、余計に音源を聴く時間も増えたのではなかろうか?あなたが選んだ2020年の10枚、楽しみにしてるね!11月個後半ごろにはアンケート始めるから用意しといてね!


さて今回はあなたが選んだ2020年の10枚に入るかもしれない2020年度10月のリリース情報をお届けします!




今回は8月のリリース作品を紹介していこう!ってブログ!今回もジャンル幅広く紹介していきまっせ!


見逃してはいけない10月のリリース音源紹介!


あなたの感性に刺さる音源が1枚でも見つかるとマジ嬉しです!では早速いってみよう!!!





ore10005



ore10005




ore10005





■ Deconsecrate – 「Dark Night Of The Soul」 10/上旬

Intronaut


ベルギーH8000エッジメタル / ニュースクールハードコア、Deconsecrateが約5年ぶりにニューアルバム「Dark Night Of The Soul」をリリース!ユーロダークネス好きは歓喜ですな!ブレることのない相変わらずスリリングで邪悪なデスメタリックサウンドは健在!グッズも取り扱う予定なんでお楽しみに!







■ Hit The Switch – 「Entropic」(再発) 10/01

Intronaut

オフスプのデクスターもお気に入りの高速メロディックHit The Switchの18年リリースの「Entropic」が!!ニューアルバムではなく再発なんですがどうしてもプッシュしたく再発を記念して紹介!入手困難だった一枚でしたがカナダのPeople Of Punk Rockがやってくれました!もちろんフィジカル、LPは注文済!サウンドがもう完璧なんです!グッドメロディーにボーカルの声質、スピード、最強のメロディックバンド!!!







■ ANAAL NATHRAKH – 「Endarkenment」 10/02

Intronaut


UKバーミンガム産Metai Blade所属、グラインドコア、ブラックメタル、美メロデス、正統派パワーメタルなクリーンで歌い上げる!などをミックスしたANAAL NATHRAKHにしかできないエクストリーム・メタルサウンドはニューアルバム「Endarkenment」 でも健在!!!今作のアナールも最高です!全エクストリーム・メタル好きにオススメな一枚!







■ Elder Brother – 「I Won’t Fade on You」 10/02

Intronaut


The Story So FarのKevinと、DaybreakerのDan によるバンドElder Brotherのニューアルバム「I Won’t Fade on You」が発売されたね!落ち着いたIndie Rockサウンドに表情豊かな2人の歌が染みる!激しすぎる音楽の合間に!







■ Touche Amore – 「Lament」 10/09

Intronaut


モダン激情ハードコア〜ポスコア・シーンの最重要バンドTouche Amoreから待望のニューアルバム「Lament」 がもうすぐ発売!個人的にも待ちに待った1枚!プロデューサーがRoss Robinsonってのも期待を膨らませます!いち早く公開されたLimelightが名曲すぎて・・・先日公開されたキャッチーな楽曲Remindersは豪華すぎる多数のミュージシャンがペットと出演話題になってますね!わんこにゃんこ好きはぜひ!







■ Ten Foot Pole – 「Simmer Down」 10/09

Intronaut

西海岸メロディックTen Foot Poleの新譜はアコースティックアルバム!「Simmer Down」 10/9にリリース!新曲6曲と今までに発表してきた名曲のアコギヴァージョンと従来のファンも楽しめる一枚!90年代に爆発的ブームだったメロコアバンドの中でも派手さはないものの安定感と曲の良さは公開されている新曲でもわかりますよね!伸びやかな高音なDennisのボーカルはアコースティックサウンドにもバッチリとハマります!







■ Seaway – 「Big Vibe」 10/16

Intronaut


カナダ産、Pure Noise所属のポップ・パンク/ロックバンドSeawayが3年ぶりにニューアルバムを10/16にリリース!
アルバムアートからも感じれる深化が見られるアルバムになるかと!ポップパンクに収まらない極上なキャッチーなメロディー、ポップでありながらもレトロ感、オールドスクール、特に80年代のパワーポップを連想させる新曲、別次元に到達してしまう一枚になるかと!







■ Mad Caddies – 「House on Fire」 10/16

Intronaut


スカ/レゲエ/メロディック、FAT WRECK CHORDSのMad Caddiesがレゲエカヴァー以来2年ぶりのニューアルバムではなく5曲入りのEP何ですが10/16にリリース、公開されている2曲はノリの良いスカソングではなく西海岸サーフ・ロックテイストな緩い仕上がり!







■ Distant – 「Dawn Of Corruption」 10/16

Intronaut


オランダはロッテルダム産ブルデスDISTANTのニューアルバム「Dawn Of Corruption」がUnique Leader Recordsから10/16にリリース!
ビートダウンハードコア好きも反応してしまう極悪なビートダウンに極悪なグルーヴがさらにパワーアップしている新曲、超重量級な胸焼け確実な一枚になるであろう!







■ Chamber – 「Cost of Sacrifice」 10/16

Intronaut


テネシーはナッシュビル産、Unbeaten RecordsからまさかのPure Noise Recordsへ移籍、Ripping/Pulling/Tearingもまだ記憶に新しいんですが早くもニューアルバム「Cost of Sacrifice」 が10月後半に!2枚目とはいえこれが本当のファーストフル!00年代のカオティックハードコアやメタルコア、ハードコアをブラッシュアップした次世代ハードコアサウンド!アルバムアートから感じるアート感もサウンドに昇華され、破壊力、カオティック度数も数段にアップした新曲を聴き限りかなりの名作かと、楽しみな一枚!







■ Bouncing Souls – 「Volume 2」 10/20

Intronaut


渋く大人の色気すら感じさせるベテラン・メロディック、ハードコア好きらも愛されるThe Bouncing Souls から過去の名曲をアレンジしたコンピレーションアルバムVolume 2がPure Noise Recordsから10月後半にリリース!アレンジと言ってもアメリカの広大な田舎を思い浮かべるカントリーテイストな仕上がりで秋のドライブにも欠かせない一枚になりそう、既に3曲公開されていますがGhosts on the Boardwalkはすでに100回以上聴いてる!マジ楽しみな一枚だ!







■ Discrepancies – 「The Rise」 10/20

Intronaut


ラップコアやラウド系のリヴァイバルシーンの中でもレベルの高いサウンドを奏でるDiscrepanciesの新譜が前作同様INVOGUEレコードから!セカンドフルになるのかな?メタリックなサウンドを基盤にキャッチーでフックの効いたメロディ、黒人ならではの縦ノリのグルーヴ感あるラップパートも最高ですが、新曲を聴く限りではよりエモーショナルに仕上げた良曲に仕上げリリースを期待させてくれる!







■ SCOTT SELLERS(RUFIO) – 「Influence」 10/20

Intronaut


高速メロディックの雄、Rufioのフロントマン、Scott Sellersのカバーアルバム「Influence」 既に全曲公開されていますがフィジカルは10/22にリリース!Rufioファンから全メロディックファン必聴な一枚!ミレンコリンのOlympic に殺られちゃいました!





1. Virginia Madison (Strung Out)
2. You Lied (Face To Face)
3. For Better, For Worse (Slick Shoes)
4. Island Of Shame (Lagwagon)
5. Your Problem My Emergency (Mxpx)
6. The Longest Line (Nofx)
7. A New Hope (Blink-182)
8. Olympic (Millencolin)
9. Life Size Mirror (No Use For A Name)
10. Best Of Me (Bigwig)
11. When I Get Old (Descendents)
12. Influence







■ Repuked – 「Dawn of Reintoxication」 10/23

Intronaut

ストックホルム産、Soulseller所属のデスメタル・バンドRepukedが3枚目のアルバム「Dawn of Reintoxication」を10/23にリリース!タイトでクラシックなデスメタルサウンド、アートワークも最高です!!







■ SOUVENIRS – 「love for the lack of it」 10/28

Intronaut


カリ産エモ、インディーロックSOUVENIRSが10/23に新譜「love for the lack of it」がリリース、公開されている新曲を聴く限りエコーやリヴァーヴを多用し浮遊感ああるドリーム・ポップ 寄りのサウンドへと変化していますね、僕的にはうれしい変化でもある、とても楽しみな一枚である!







■ Nothing – 「The Great Dismal」 10/30

Intronaut


フィラデルフィアのシューゲイズ/インディーロック・バンド2年ぶり4枚目となるニューアルバム 「The Great Dismal」 が10月のラストにリリース!名作Tired of Tomorrowを手掛けた Will Yipがプロヂュースということで期待も高まる!公開されている新曲は沼地のことを意味するアルバムタイトルやアルバムアートから感じれるダークな要素が強くより深みを増している印象、ハマってしまうと抜け出せない一枚になりそうだ!







■ Emma Ruth Rundle and Thou – 「May Our Chambers Be Full」 10/30

Intronaut


米ドゥーム/スラッジThouとEmma嬢のまさかのコラボアルバム「May Our Chambers Be Full」が10月ラストにドロップ!両アーティストの良さが見事にハマった楽曲、これまた米ピッチフォークで高得点が出そうだ!







■ Nuclear Power Trio – 「A Clear and Present Rager」 10/30

Intronaut


金正恩 x トランプ × プーチン という世界最強の男がつにバンドを結成?世界平和を目指すインストバンドNuclear Power Trioがアメリカ大統領選挙直前の10月30日にアルバムをリリース!!!ぶっ飛んだMVではあるがテクニカルなサウンド、Polyphiaとツアーしてほしいな・・・







■ War On Women – 「Wonderful Hell」 10/30

Intronaut


ボルチモア産フェミニストハードコアパンクバンドWar On Womenが前作同様Bridge Nine Recordsからニューアルバム「Wonderful Hell」をリリース!より洗練され歪みが生み出した芸術なハードコアパンクサウンド、ほんのり感じるスラッシュフレイヴァ―もあるシーンの中でも大注目の一枚である!







といった感じの10月のリリース情報でした、気にいったバンドはいたかな?さみしさも漂うTouche Amore/トゥーシェイ・アモーレNothing / ナッシングなんかはこの季節にぴったりなサウンドかもね!11月のリリースもさらにヤバいんで楽しみにしててね!



では!


河内野




追伸:
ニューリリースではないんだけど、ニュージャージーの伝説!エモ・メロディック・ハードコアLifetime / ライフタイムのまさかのニューマーチが登場ってことでLifetimeを聴きまくっている今日この頃!





Lifetimeのニューマーチは下記バナーをクリックしてチェックしてみてね!!

LIFETIME

かつてのポップパンクモーブメントを予感させるNeck Deepのアルバム「All Distortions Are Intentional」さらに17年ぶりのリリースでファストでメタリックなパンクがジワジワと・・・

Neck Deep


久しぶりです!病んでいたわけではございません、冷房が壊れてしまい、30度を超える中汗をかきながら今日も頑張っております、にしても湿気が・・・・汗をかいてはお風呂、一日3回はシャワー浴びてるね!といっても1週間も経てば8月!梅雨も終わって本格的な夏がついに始まる!




ライブやフェス、お祭り、花火大会はまだまだ難しそうだけど、海水浴にBBQなどなど、田舎の良さを生かしてプライベートビーチでごく一部の仲間だけでBBQを予定している、想像しただけでワクワクが止まらない!



そんな夏の最高の一日にと注文したアイテムがコレ、Descendents /ディセンデンツ – Milo Pattern ボタンシャツ・オープンカラー半袖シャツ(アクアブルー)

Descendents /ディセンデンツ - Milo Pattern ボタンシャツ・オープンカラー半袖シャツ(アクアブルー)



まさにって感じのアイテム!さらりとした生地感が最高に心地よい、汚れが付きやすいBBQに着ていくのは少しもったいない気がしてきた・・・肉汁がぶっ飛んでシミにならないように気をつけなきゃね!


あなたもこの夏のメインになるアイテムはもう手に入れた?帰郷もなかなか難しい世の中だけど、久々に合う仲間や、初恋のあの子との再会、気合い入れた夏アイテム入手しといてね!


といえばやはりメロディックやポップパンクがどうしても聴きたくなってしまうのはやはり無条件にテンションが上がってしまうキャッチーさ!そこにザクザクなリフを追加するFour Year Strong、新譜最高だったよね!そしてポップパンク代表格、New Found Gloryの新譜も相変わらずの安定感、地味に楽しみにしていたBroadsideは少しダークでエモい1曲目で少しびっくりしたけど素晴らしいメロディーラインで感動!まさにポップパンクなキャッチーな曲もあるし、良い意味で期待を裏切ってくれた一枚、捨て曲は一切なく、名曲だらけといっても過言ではない!




夏の夕暮れから夜にかけてぴったり合いそうな一枚、夜の海に沈んでいきそうなDeepなラスト曲の締めくくりも最高、キャッチーでポップな分、飽きが気やすいポップサウンドでもバラエティーに富んでいるから何度も聴きなる一枚だった!



にしてもアルバムのアートワークはダークでアート、レーベルはSharptoneなんだね!前作はVictory、そんなVictoryは大手音楽レーベルに買収されて今までのマーチは消滅!!Sharptoneからのお取り寄せで!と思ったらほぼ在庫切れ・・・またいつかアップするから楽しみにしてて!



全米アルバムチャートで2位を記録したThe Peace And The Panicから早3年!
2月の初旬からプレオーダーが開始し早5か月、待ちに待ったのがNeck Deepの新譜!「All Distortions Are Intentional

Neck Deep



アートワークのように一皮むけたサウンドに?前作から一切ブレずにポップパンクでありながらさらに深化、メロディーの良さはさらにレベルアップし、もはや「ポップパンクというくくりを超越してしまうのでは?」と感じさせるハイクオリティーな楽曲、初聴で虜にしてしまうキラーシューン、Fallを生みだした時点でもう名作だと確信はしていたけど、それ以上だったね!



日本版は和訳も付いているし歌詞カードを観ながら改めて聴くとサウンドだけじゃなくリックの重要性、リリックの乗せ方のうまさなどにも気づく、この名盤はサブスクで済まさずにしっかり手に入れることをおすすめします!当然日本版で!!と言いながらも僕はまだ手に入れていませんが・・・日本版にレコードも手に入れます!ラストのPushing Daisiesもかなりの名曲!サブスクで先に聴いてしまってもCDやレコードをこの手にしたい!そう思わせるのは間違になく本物の名盤だからである!




少しオシャンティーな部類に入るけどオーストラリアはシドニーのポップパンクStand Atlanticやカリフォルニアはロス産ポップパンクバンドPoint North、Neck Deepの新譜後、最も期待されているKnuckle Puckのアルバム、そしてアコースティックだけどState Champsのepと2020年後半のリリースがとてつもない!ポップパンクが全盛期を超える盛り上がりを魅せてくれるのかと期待しております!



ポップパンだけじゃない!メロディックパンク全般が例年よりもさらに盛り上がるんじゃないかと!そう思わせてくれるのは来日はできなかったけどLagwagonの新譜、Masked Intruderの新譜、先日発売されたばかりのThe Lawrence Arms、スカパンクレジェンド、The Suicide Machines、秋ごろにepをリリースするMadcaddies、エモーティブパンクバンドSundressedの新譜もかなり期待しているし・・・・もっとアングラなバンドたちもたくさんいるんだけどキリがないね。



そんな中でも、30代40代は歓喜したであろう!ファストでメタリックなメロディックハードコアSlick Shoesはなんと17年ぶりのアルバムが9月の25日にリリース!



Slick Shoes






ファストでメタリックなリフにエモーショナルなメロディーこれぞSlick Shoesな新曲はアルバムを期待させてくれます!去年19年にはライブアルバムが発売されるも限定での再結成だったからまさかニューアルバムが聴けるとは!!若い日知たちは多分知らないと思うんで過去作要チェックです!


Rufioなど00年初期に出てきた高速メロディックはどっぷりハマってましたね!SecondshotのメンバーからなるファストなメロディックSymphony of Distractionもふと頭に浮かんだバンドなんだけど調べてみると新曲公開されてた!!テンション上がる~~~!!去年ニューアルバムを発売したMuch The Sameもだけどファストなメロディックもポップパンク共にブームが来るかもしれない!!



そ似た以外にも調べると地味ながらアルバムや新曲を公開しているバンドがたくさんいた、ハードコアに比べるとまだまだ掘り下げが足りないこの手のサウンド、あのバンドが音源出してる!などなどの情報あったらぜひ教えてくださいね!



梅雨が明けたらいよいよ夏本番、夏に一番ハマるジャンル、ポップパンクにメロディック、2020年夏あなたが一番聴きたいポップパンク、メロディックのアルバムは何?





では、ポップパンクにメロディック聴いて2020年、最高な夏に!





河内野



【7月部門】忙しい人のための埋もれている「音源」「MV」紹介!あなたの琴線に触れる名曲はどれ?

今週はポジ散歩に出かけたんだけど途中でまさかのカメラ故障・・・・・これを機にフルサイズの一眼カメラへグレードアップするか!!とカメラチェックをするも想像以上に高い!ついつい「バンドTシャツ何枚買えるねん!」と、手を出すのはまだ早いかな・・・オススメあったら是非教えてほしい、


狙っているのは人気のソニー SONY フルサイズミラーレス一眼 α7RM3、レンズも入れると50万は越えるね・・・・無理無理無理無理!!!!



撮影場所は滋賀の怪しすぎるB級スポット、また今度リベンジしやす!着用しているのは

オースブレイカー
ベルギー産、DEATHWISH所属のネオクラスト・ポストブラック、ダーケスト・ハードコアの枠を超えたエクストリームバンドOathbreakerオースブレイカーのTシャツ!

カリスマのスクリームとクリーンボーカルを使い分ける女性ボーカリストのCaroのフォトを落とし込む! もはやブランドアイテムだと言われてもわからない洗練されたフォトやフォトの大きさ、バックにはWhere I Leaveのリリック 「ill-suited to breed」がプリント!アート寄りのマーチの究極系かもしれない!お気に入りの一枚である!

オースブレイカー



カメラどうしようかな・・・・・・小4の時にうんこを漏らした時くらいにヘコんでいます。そんな気持ちを払拭させるのはやはり音楽、新しい音源やMVを聴きまくる、だれも知らないような名曲を見つけたときの興奮度はヤバいよね!昨晩も夜な夜な動画や音源漁り、毎日のように新しい音源やMVが公開される、ハードコアオンリーではなくメタルもチェックするからもう追いつかないよね!今回は忙しい人のためのあまり前面に出ていない音源やMVを紹介していこうと思う!


【7月部門】忙しい人のための隠れた「音源」「MV」紹介!

アンダーグラウンドながら良質なバンドを輩出するHoly Roar Records、以前にも紹介したので知っている人も多いはずだけどまだまだアングラ、要チェックなレーベルだね!定期的にチェックするレーベルなんだけど全身鳥肌が立つくらいの名曲がアップされていた。

Pijn & Conjurer – High Spirits

9分を超える大作なんだけどしっかり最初から終わりまで聴いてほしい。一本の短編映画を見たくらいの満足と美しすぎて聴き終わった後は自分が天に昇っていくんじゃないかと思うくらいの多幸感、脳内のセロトニンがぷっしゃ~~状態だね!PIJNConjurerというアーティスト、Conjurerね、ブルータルなハードコア、PIJNは良く知りませんがこんなに美しいサウンドになるとは!アルバムは8月にリリース予定、楽しみな一枚!



Renounced – Self Inflicted

同じくHoly Roar Recordsから公開されたRenouncedの新曲、こちらはハードコア好きならおなじみのバンドだよね!90’sなニュースクールハードコアや00年台のTrust Kill当たりのメタルコアサウンドを彷彿させるサウンド、泣きのサウンドにスポークワード、叙情派ニュースクール好きからエッジメタル、古き良きメタルコアが好きなら間違いないよね!



Brutality Will Prevail – Misery Sequence

来日経験もあり知名度も高いイギリスのハードコアバンドBrutality Will Prevailの新曲だけど意外と話題にならないのが不思議なくらいの完成度高いウルトラヘヴィーなハードコア!BDHW RECORDS
から9月に新譜が発売!



Desolated – A New Realm of Misery

Brutality Will Prevailと同じく人気の地を這うようなゴリゴリのヘヴィーなハードコアサウンドを奏でるDesolated少し前となるけど新しい音源を発売、これまたイマイチ話題になっていない、やはりUSハードコアのトレンドとはベクトルの違うサウンドだからね仕方ないのか、にしてもここまで完成度の高いウルトラヘヴィーなハードコアな音源、絶対に聴いておかないといけない!



The Geeks – “More Than Ever”

政治的には何かともめている韓国のユースクルーハードコア、The GeeksおなじみのTHINK FAST!ではなくSix Feet Underからリリースされた7 song EPも厳格でクラシカルなオールドスクールハードコアサウンド、ハイトーンでハイエナジーなサウンドたまりませんよね!



War of Ages – “Miles Apart” OFFICIAL VIDEO

Facedown Recordsの看板バンドWar Of Agesピュアなメタルコアサウンド、ヘヴィーでありメロディアスかつドラマティックな鉄板な展開、すでに大御所なんだけど、話題にならないのはなぜ!Facedown Recordsも以前に比べ勢いがないから、この「Void」がきっかけに盛り返してほしいね!アルバムは9月に発売!マーチも楽しみにしていてください!



FACEWRECK – Eternal Pit

タイトでド直球ストレートなハードコアサウンドはやはりテンション上がるよね!FACEWRECKである!Positive Beatdown Hardcoreからリリースされた新しいEPで、2019年に収録された6曲だけでなく、2018年にBootleg Bonus Tracksとして収録された7曲も収録の音源が発売!



BURIED DREAMS – Nightmare

ジャケっとのアートワークが好み!ボストン産ハードコアのデヴュー作!



BYSTANDER – Where Did We Go Wrong

TrialのGreg と、SpiritsTest of TimeDeclineの現メンバーと元メンバーで結成されたオールドスクールハードコアBystander、オールドスクール好きの間では話題になっているのかな?80年代のタフなハードコアが好きなら間違いないバンド!



HARD MIND ***GODS HATE*** OFFICIEL MUSIC VIDEO

良質なビートダウンハードコアを輩出するFilled With HateからHARD MIND!



Jeromes Dream — Drone Before Parlor Violence

90年代後半から00年代の初めあたりまで活動していたコネティカット産のエモバイオレンスバンド、ねんだいのはじめJeromes Dream!!エモバイオレンス好きならご存じのバンドなんだけど、エモバイオレンス自体がニッチすぎるジャンルなのでなかなか知名度はないんですが2019年ここにきてまさかの音源を発表!一部ではとてつもなく盛り上がっている話題、エモバイオレンスのゴッドのまさかの新譜を聴き逃すな!ここからエモバイオレンスというジャンルを開拓していくのも良いね!!



Wear Your Wounds “Shrinking Violet”

ご存じConvergeのジェイコブ・バノンをリーダーにCave In、Trap Them、Twitching Tongues、The Red Chordのメンバーからなるとんでもないバンドなんだけど、Convergeに比べるとやはり話題には上がらない・・・ドラマチックで美しいヘヴィーロックサウンド、何度か聞くことによってどっぷりハマります!中毒性の高い一枚!この梅雨時期にもピッタリだね!


Landon Tewers – Something To Lose

Pilot In YouのLandonのソロ!!


Portrayal Of Guilt – Scarcity

雑誌やメディア、ロック、メタルサイトでも絶賛された前作も記憶に新しいPortrayal Of Guiltから早くも新曲公開!そして新しい音源も9月に発売!カオティック好きは大注目な音源、形容詞外ほどいろんな要素が、といっても激音の要素がちりばめられている、前作は救いようのないほどの冷たさを感じたけど新曲は0.3%ほどの温かみを感じさせる!




ANTAGONIZE – EL Toro

このブログでも何度か紹介している元Baneのフロントマン、カリスマ、アーロンによるバンドANTAGONIZE、デモ音源に続き本格デヴューはTripple B Recordsから、8曲収録のSLIP DEATHが8月に発売予定、メタリックにモダンなハードコアサウンドにアーロンにしか出せないフロウ、無二のハードコアである!全曲早く聴きたい!



SWAIN – Negative Space

オランダのオルタナ、グランジ、パンク、バンド、2017年度にはその年1の名曲にえらんだのがこのSWAINの曲、こちらの新曲も個人的には2019年の名曲トップ5に入るだろう、暗く陰湿ながら美しいメロディーニ、そして静と動の展開、たまりません!もっと話題になっても良いと思うんだけどね、マーチも近々に取り扱う予定です!公開されている新曲は2曲共に初期のRadioheadを感じさせます!



braqkotone/それぞれの報い

山形産、激情カオティック・ハードコアバンドbraqkotone



BIG|BRAVE · SIBLING

カナダ産エクスペリメンタルバンドBIG BRAVE

やべ~紹介したいバンドまだまだあるんだけど・・・・追いつかない・・・・また定期的に紹介していくね!あなたの琴線に少しでも触れたバンドがいたら幸いです!

では!

週末楽しんで!!!!

河内野





追伸:

H2O とSharp Shock のスプリットも楽しみ!H2OはSuicidal Tendenciesのカヴァー、Sharp ShockはDescendentsのカヴァー曲の2曲が収録!ジャケットデザイン目的で7インチ購入します!

H2O

梅雨入りしたけど気分は夏モード!BBQで必須のバンドマーチとは?

DES161027090

昨日までの天気が嘘のように灰色の空に大粒の雨、ようやく近畿地方も梅雨入り、やはりやってきましたね、10日間の天気予報を見ても晴れる日は一日もない、永遠に雨が続きそうな・・・気持ち的にも滅入るけど、逆にこの梅雨さえあければ「夏本番」がやってくるんだな~~。そう思うとこの雨も楽しまなくっちゃ~ね!



そんな雨の日に聴きたい曲は?もちろん検索してもJ-popや有名な洋楽など、オモシロクナイ、「X」のENDLESS RAINは好きだけど雨の歌ではないよね・・・



雨のことはいったん忘れて待ち遠しい「夏」で妄想しよう!ビーチでギャルと水をキャッキャ言いながらかけあう・・・・妄想が止まらん!!!甘酸っぱい恋がしたい!あなたもそうDA☆YO☆NE??

zatukora19627001

そんなあなたにぴったりなのがThe Ataris の The Boys of Summer、ドンヘンリーの名曲、原曲と聴き比べてみ!




サビのリリックが


But I can see you-
Your brown skin shinin’ in the sun
You got your hair combed back and your sunglasses on, baby
And I can tell you my love for you will still be strong
After the boys of summer have gone

でもぼくにはきみが見える
小麦色の肌が太陽の中で輝いていた
髪をうしろにとかして
サングラスをかけて
誓ってもいい
ぼくの愛はブレたりしない
夏の少年たちが行ってしまっても



胸がキュンキュンしちゃうリリックである。比較的メロディックやポップパンクは恋や愛の歌が多いから日本版持ってる人は和訳チェックしてみるといいぜ!

恋よりも何よりも今は食欲、食いっけが勝る!夏の食べ物といえば、スイカやソーメン?いや、ミート!でしょう!そうBBQでしょう!!!!!!腹減ってきた・・・・



DIYなホームパーティーがてら、バンド呼んでBBQしながらチルしたい、そんなMVもよく見かけるよね!

Backtrack “Erase The Rat”



だれかプール付きの別荘、貸してくれね~かな~・・・

IN OTHER CLIMES – “This is Your Time”




夏といえばBBQでバカ騒ぎ!これ最高でしょ!!!いろんなMVを見ていたんだけど、TATTOOまみれでおしゃれなエプロンしている野郎どもをよく見かけるんだよね、そこで思ったのはなぜバンドマーチではエプロンがないの?



いや、無いことはない、以前にモーターヘッドは見かけたし、アルバムが出たばかりのUSスラッシュDeath Angelもエプロン販売している!

Deatangel


今年のGWでもBBQしたんだけど、急遽開催したからその日はホワイトT、案の定、肉汁はかかるは炭を抱えたら黒い汚れがつくわでもう大変、バンドマーチを守る役目でもある!っていってもエプロンがバンドマーチならそれすら汚れるのが嫌になりそうだけどwwww



思い出した!!!!そういえば去年の今頃Descendents からエプロン発売されていたじゃん!!!とはいっても発売の2日後には完売、たしか限定100枚程度だったような、当然購入できず、それがコレ!

descendents

燃えるような情熱の赤にまさにクッキングなMilo君デザインたまらないね、まさか今年は発売されないよね?絶対発売されないよね????!!!!

なんて思ったら昨晩から発売開始されてるじゃん!!!しかもまさに夏なブルーカラー!限定150枚!!!すでに70枚近くが売れ残り80枚ほどの在庫!



ということでポジでも期間限定で販売開始します!!!!ってエプロンだよ、需要あるのかなwwwwとりあえずエプロン探している人は入手しときましょう!!!※画像クリックしてね!

【世界限定150枚】Descendents /ディセンデンツ




期限は明日6月28日(金曜)夜8時まで!

24時間限定です!って言ってもそれまでに売り切れると思うんですが、ポジの客はこのエプロンに反応してくれるのだろうか?僕はすでに手続き済み、確実に手に入れます!先にサーセン・・・

BBQはもちろん、普段の料理の際にも、通っているお料理教室でも、彼女に着させるのも良し!もちろん裸にエプロンで!普段着としては使えないけど、ここぞって時のBBQなどで着用すればヒーローですね!

Descendents /ディセンデンツのエプロンはこちらをクリック!



さっき紹介したBacktrackのMVみたいにハンバーガーをBBQで作るのもアリだね!
梅雨が明ければ夏本番!エプロンもだけど、クールなBBQ用品をそろえてがっつりパーティーしたいな!狙っているのはMASTERBUILTのバレルグリル、お値段は諭吉が3枚必要、それだったらバンドマーチ買うか・・・・・

DES161027088



海水浴、祇園祭、七夕、土用の丑の日、花火大会、お盆休みで仲間たちと再会、増える飲み会!夏が迫ってきている!バンドマーチは早めに注文しといてね!



では!雨音を聴きながら夏を待つことにしよう!

河内野




追伸:

ラストはまさに「夏」な甘酸っぱいビーチソングでお別れ!

Seaway “Lula On The Beach”

【ポジ散歩】「ディセンデンツ」のTシャツを装着し「日本遺産」に決定した兵庫は朝来にある「神子畑選鉱場」に行ってきた

Disturbia

梅雨も明けたようで連日猛暑この日も35℃と真夏並みの気温、このままいくと8月は40度を超えるんじゃないかと思うくらいハイピッチで気温が上がっていく、Tシャツオンリーでも暑いもんね・・・・・


今回訪れた場所は、パイセンに教えてもらった神子畑選鉱場、読みかたは(ミコバタセンコウジョウ)一発で読めたあなたはジーニアス!!


こちら舞鶴からは下道でおよそ1時間半ほど、兵庫県は朝来市という日本海と瀬戸内海の中心あたりに位置するスポットである!



この日、着用しているのはDescendents /ディセンデンツTシャツってことで移動中のBGMはアルバム「HYPERCAFFIUM SPAZZINATE」


Descendentsはいつ聴いてもDescendents当たり前なんだけど、月日が経ってもいつもハイクオリティーな楽曲、夏のドライブのテンションをアゲアゲにしてくれる最高な一枚!


街を超え山を越え、さらにうねる山道の途中に現れてきたのは神子畑鋳鉄橋

神子畑鋳鉄橋

きれいな川、鉄の橋、そして眼下に広がる大自然、田舎最高です!

神子畑鋳鉄橋

特に見どころはないんでメインの神子畑選鉱所跡へ、到着し神子畑選鉱所跡とは何なのかと看板をしっかりと読む!

kami18713006


大正8年、明延鉱山から運び込まれた鉱石を選鉱する大規模な「機械選鉱場」

山の斜面を利用した機械選鉱場はその規模・産出量ともに「東洋一」と謳われた。

特に「比重選鉱技術」は国際的にも高い評価があり海外からも視察団が訪れるほどだった。

また、24時間稼働しており、夜中になると選鉱場が光る姿が印象的で不夜城のようだったという。

残念ながら昭和62年、円高の急激な進行で競争力を失った明延鉱山の閉山に伴い、本選鉱場も操業を終了し閉鎖。

その後も建物は残っていたが平成16年には解体。

参照元

不夜城と呼ばれる光る選鉱場もみてみたかったな。


この神子畑選鉱場なんと日本遺産に認定されて知名度が爆上がりなようだ

メインを見に行く前に見えていたのはキュートな小さい電車、

kami18713007

鉱石を神子畑選鉱場に運ぶために造られた鉱山鉄道の電車で、正式名称は明神電車と呼ぶらしい。


乗客数を把握するため、運賃を一人一円にしていたことから「一円電車」と呼ばれるようになったようだ、


お金の価値は今とは違うけど格安であることはマチガイナイ!当時の映像をアップしている方がいた、鉄道マニアにはたまらんだろうね!

名は「わかば」

kami18713008

広いとこよりも狭いところが好きな僕はこの絶妙な広さがたまらなく好き!だけど対面に座られると窮屈だろうね。

kami18713009

そしてメインディッシュを目の前に、そのスケール感に感動、で、デカイ!!苔の生えたコンクリの冷たさは少し恐怖すら感じる。

kami18713010

このデカさが少しでも伝われば、生で見ると圧巻でっせ!

最上部にさっきの電車で功績を運び、上から順に鉱石を選別し純度の高い鉱石が最終的に残る、そんなとこだろうか?

kami18713011

残念なのは中に入れないってこと、侵入してやろうかとも思ったけどね、グッと我慢!

kami18713012

山の脇道からぐるっと回り撮影してみた。

kami18713013

選別場の急斜面を結構な長い時間眺めながらも「どうしても入れないんだ!」と何とかあきらめがつき先へすすむ、見えてきたのはムーセ旧居新緑という洋館?


外国人宿舎のひとつであったそう、現在は資料館として存在するのだがこの日は閉館していた、残念!

kami18713014

マップをチェック!

kami18713015

さっきの選別所にも映っていたレール、当時の写真がマップに、あの急斜面を重たい鉱石を乗せて運ぶ、とんでもないエネルギーがかかりそうだ。

kami18713016

そして現れたUFOではなく液状となった鉱石と水分を分炉させる施設、これまたその大きさに圧巻です!

kami18713017

kami18713018

kami18713019

kami18713020

kami18713021

こちらも中に入りたい衝動にかられるも、なんとかグッとこらえた。

kami18713022

何度も言うけど、マジ圧巻なんです!ぜひお近くの人は「生」で見てください!


ほんでもってだれか一緒に潜入しない?

kami18713023

ドローン撮影の動画があったんでぜひ!

完全に満喫でいたわけではないが、神子畑選鉱所跡を後に周りの探索を開始する。


見えてきたのは大きな廃墟、若干のやばい空気も感じつつ・・・・

kami18713024

どうやらこの建物は学校だったよう、石碑を見てみると昭和41年に廃校になっているらしい、西暦だと1966年、ビートルズ来日した年だね!

kami18713025

虫の鳴き声、木々を揺らす風の音、自然のサウンドだけが響く、耳をすませば子供が遊ぶ声も聞こえてきそうである。

kami18713026

サビで朽ちる寸前のジャングルジムに遊具たち、どこか切ないグラウンド。

kami18713027

グラウンドを抜けると小川が、この川、とてつもない透明度を誇る流れる水、やばいっす!

kami18713028

鍾乳洞みたいな「木」も珍しい、吊るしてある草履、お地蔵さんと神秘的な木である!

kami18713029

先へ行くも人が住んでいる気配がしない家など、この世界で自分だけが存在するんではないかと錯覚するくらいの静けさ、自然の音だけである!少しジブリ感のある場所ww

kami18713030

先ほどの川、どうやら下に降りれるようだ。

kami18713031

川のふもとにやってきてびっくり、補装された水路の奥からはとてつもなく詰め痛い冷機、16℃に設定し強風にしたエアコン並みの冷たさ、まじで寒いくらいである。



この水路を超えると・・・・頭の中は完全に「千と千尋の神隠し」

kami18713032

水温もかなり低い、押してやはりその透明度にびっくりである!

kami18713033

見たことのないカエルもいたが撮影できず、逃げられた、少し紫がかった、もしか新種?ガマ親分かもしれない!

kami18713034

今回は珍しくネイビーのほんのりテーパードパンツはいてます!ネイビーだし、スラックステイスト、よそ行き感であるよね!

kami18713035

もちろん今回もディスタービアのショルダーバッグは装着!どんな場面でも大活躍してくれるカワイイやつである!

kami18713036

久々にベレー帽を装着してみたんだけど、漫画家感が出てしまうな・・・

kami18713037

川を探索し涼むこと30分、メインよりも川にいた時間のほうが長いような・・・・

ディセンデンツ

現実世界に戻ると、メガネとカメラのレンズが曇る曇る!!相当気温差があるんだな。

kami18713039

今回の着用アイテムは


・ベレー帽:フリーサイズ
・シルバーネックレス
・Tシャツ:ディセンデンツ(Lサイズ)
・インナータンクトップ:フィット・フォー・ア・キング (XLサイズ)
・バンダナ
・ディスタービア:ミニショルダーバッグ
・パンツ:32インチ
・エレクトリックゾンビ:ソックス
・コンバースオールスター:29cm




ディセンデンツは新作グッズが発売、しかも夏にばっちりのアイテム!!ぜひチェックしてみてください!

Descendents


最後に見つけた看板には坑道や銀山を見れる施設が!と思いきやもう時間切れ次回だね!

kami18713041


まるで異世界に来たような施設、周りはジブリに出てきそうなほど、のどかでファンタジックな大自然、兵庫朝来良いところでした!


撮影場所:神子畑選鉱場

次回はどこ行こうかな?

河内野








あなたのバンドマーチスタイリング募集中!



あまり気にせず軽いノリ的なスタンスで参加していただいたら大丈夫ですよ!ただただ、仲間たちでバンドマーチ着用スタイルを共有したいんですよね!以前インスタにあげてた写真Facebookで使用した写真などでもいいし、少しくらいぼやけてても大丈夫っす!ww送っていただく内容も上半身だけだったらその他は空欄でいいしね。


・上半身のみでもOK
・顔が映ってなくてもOK
・バンドマーチは1点装着していればOK
・Positivedive以外で購入したアイテムでもOK

だからガンガン送ってみてください(^^♪

着用画像の送り先はinfo@positivedive.comにお願いします!

随時募集中!あなたからの投稿待ってるぜ!!

コピペして画像と一緒にメールで送ってね!(記入したくないとこは記入せずでともOKです!)



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■あなたのお名前:(ニックネームでも構いません)

■身長:cm 体重: kg(教えたくない方はなしでもOK!)

■ジャケットの名前とサイズ:

■アウターの名前とサイズ:(パーカーやトレーナーなど)

■インナーの名前とサイズ:(Tシャツ、LSなど)

■アクセサリ(バンド、ブランド)

■パンツのサイズやメーカー:

■スニーカーや靴などのメーカーやサイズ:

■スタイリングのポイントを教えてください。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



着用画像の送り先はinfo@positivedive.comにお願いします!

あなたの2018年の春夏スタイリング楽しみにしてます!

河内野




7月部門のスタイリングお待ちしています!

あなたの投稿で毎月一名のクーポン価格がアップしますよ!