【2020年10月部門】の見逃せないインディー・パンク・ハードコア・デス・ポストハードコア、リリース19選!

bl201005020



暑くてたまらない日々も終わり秋到来、早くも10月に突入!そろそろアレの準備してね!!「あれ」とは毎年恒例の「今年の10枚!」である、ライブに行けなかった分、お出かけできなかった分、余計に音源を聴く時間も増えたのではなかろうか?あなたが選んだ2020年の10枚、楽しみにしてるね!11月個後半ごろにはアンケート始めるから用意しといてね!


さて今回はあなたが選んだ2020年の10枚に入るかもしれない2020年度10月のリリース情報をお届けします!




今回は8月のリリース作品を紹介していこう!ってブログ!今回もジャンル幅広く紹介していきまっせ!


見逃してはいけない10月のリリース音源紹介!


あなたの感性に刺さる音源が1枚でも見つかるとマジ嬉しです!では早速いってみよう!!!





ore10005



ore10005




ore10005





■ Deconsecrate – 「Dark Night Of The Soul」 10/上旬

Intronaut


ベルギーH8000エッジメタル / ニュースクールハードコア、Deconsecrateが約5年ぶりにニューアルバム「Dark Night Of The Soul」をリリース!ユーロダークネス好きは歓喜ですな!ブレることのない相変わらずスリリングで邪悪なデスメタリックサウンドは健在!グッズも取り扱う予定なんでお楽しみに!







■ Hit The Switch – 「Entropic」(再発) 10/01

Intronaut

オフスプのデクスターもお気に入りの高速メロディックHit The Switchの18年リリースの「Entropic」が!!ニューアルバムではなく再発なんですがどうしてもプッシュしたく再発を記念して紹介!入手困難だった一枚でしたがカナダのPeople Of Punk Rockがやってくれました!もちろんフィジカル、LPは注文済!サウンドがもう完璧なんです!グッドメロディーにボーカルの声質、スピード、最強のメロディックバンド!!!







■ ANAAL NATHRAKH – 「Endarkenment」 10/02

Intronaut


UKバーミンガム産Metai Blade所属、グラインドコア、ブラックメタル、美メロデス、正統派パワーメタルなクリーンで歌い上げる!などをミックスしたANAAL NATHRAKHにしかできないエクストリーム・メタルサウンドはニューアルバム「Endarkenment」 でも健在!!!今作のアナールも最高です!全エクストリーム・メタル好きにオススメな一枚!







■ Elder Brother – 「I Won’t Fade on You」 10/02

Intronaut


The Story So FarのKevinと、DaybreakerのDan によるバンドElder Brotherのニューアルバム「I Won’t Fade on You」が発売されたね!落ち着いたIndie Rockサウンドに表情豊かな2人の歌が染みる!激しすぎる音楽の合間に!







■ Touche Amore – 「Lament」 10/09

Intronaut


モダン激情ハードコア〜ポスコア・シーンの最重要バンドTouche Amoreから待望のニューアルバム「Lament」 がもうすぐ発売!個人的にも待ちに待った1枚!プロデューサーがRoss Robinsonってのも期待を膨らませます!いち早く公開されたLimelightが名曲すぎて・・・先日公開されたキャッチーな楽曲Remindersは豪華すぎる多数のミュージシャンがペットと出演話題になってますね!わんこにゃんこ好きはぜひ!







■ Ten Foot Pole – 「Simmer Down」 10/09

Intronaut

西海岸メロディックTen Foot Poleの新譜はアコースティックアルバム!「Simmer Down」 10/9にリリース!新曲6曲と今までに発表してきた名曲のアコギヴァージョンと従来のファンも楽しめる一枚!90年代に爆発的ブームだったメロコアバンドの中でも派手さはないものの安定感と曲の良さは公開されている新曲でもわかりますよね!伸びやかな高音なDennisのボーカルはアコースティックサウンドにもバッチリとハマります!







■ Seaway – 「Big Vibe」 10/16

Intronaut


カナダ産、Pure Noise所属のポップ・パンク/ロックバンドSeawayが3年ぶりにニューアルバムを10/16にリリース!
アルバムアートからも感じれる深化が見られるアルバムになるかと!ポップパンクに収まらない極上なキャッチーなメロディー、ポップでありながらもレトロ感、オールドスクール、特に80年代のパワーポップを連想させる新曲、別次元に到達してしまう一枚になるかと!







■ Mad Caddies – 「House on Fire」 10/16

Intronaut


スカ/レゲエ/メロディック、FAT WRECK CHORDSのMad Caddiesがレゲエカヴァー以来2年ぶりのニューアルバムではなく5曲入りのEP何ですが10/16にリリース、公開されている2曲はノリの良いスカソングではなく西海岸サーフ・ロックテイストな緩い仕上がり!







■ Distant – 「Dawn Of Corruption」 10/16

Intronaut


オランダはロッテルダム産ブルデスDISTANTのニューアルバム「Dawn Of Corruption」がUnique Leader Recordsから10/16にリリース!
ビートダウンハードコア好きも反応してしまう極悪なビートダウンに極悪なグルーヴがさらにパワーアップしている新曲、超重量級な胸焼け確実な一枚になるであろう!







■ Chamber – 「Cost of Sacrifice」 10/16

Intronaut


テネシーはナッシュビル産、Unbeaten RecordsからまさかのPure Noise Recordsへ移籍、Ripping/Pulling/Tearingもまだ記憶に新しいんですが早くもニューアルバム「Cost of Sacrifice」 が10月後半に!2枚目とはいえこれが本当のファーストフル!00年代のカオティックハードコアやメタルコア、ハードコアをブラッシュアップした次世代ハードコアサウンド!アルバムアートから感じるアート感もサウンドに昇華され、破壊力、カオティック度数も数段にアップした新曲を聴き限りかなりの名作かと、楽しみな一枚!







■ Bouncing Souls – 「Volume 2」 10/20

Intronaut


渋く大人の色気すら感じさせるベテラン・メロディック、ハードコア好きらも愛されるThe Bouncing Souls から過去の名曲をアレンジしたコンピレーションアルバムVolume 2がPure Noise Recordsから10月後半にリリース!アレンジと言ってもアメリカの広大な田舎を思い浮かべるカントリーテイストな仕上がりで秋のドライブにも欠かせない一枚になりそう、既に3曲公開されていますがGhosts on the Boardwalkはすでに100回以上聴いてる!マジ楽しみな一枚だ!







■ Discrepancies – 「The Rise」 10/20

Intronaut


ラップコアやラウド系のリヴァイバルシーンの中でもレベルの高いサウンドを奏でるDiscrepanciesの新譜が前作同様INVOGUEレコードから!セカンドフルになるのかな?メタリックなサウンドを基盤にキャッチーでフックの効いたメロディ、黒人ならではの縦ノリのグルーヴ感あるラップパートも最高ですが、新曲を聴く限りではよりエモーショナルに仕上げた良曲に仕上げリリースを期待させてくれる!







■ SCOTT SELLERS(RUFIO) – 「Influence」 10/20

Intronaut


高速メロディックの雄、Rufioのフロントマン、Scott Sellersのカバーアルバム「Influence」 既に全曲公開されていますがフィジカルは10/22にリリース!Rufioファンから全メロディックファン必聴な一枚!ミレンコリンのOlympic に殺られちゃいました!





1. Virginia Madison (Strung Out)
2. You Lied (Face To Face)
3. For Better, For Worse (Slick Shoes)
4. Island Of Shame (Lagwagon)
5. Your Problem My Emergency (Mxpx)
6. The Longest Line (Nofx)
7. A New Hope (Blink-182)
8. Olympic (Millencolin)
9. Life Size Mirror (No Use For A Name)
10. Best Of Me (Bigwig)
11. When I Get Old (Descendents)
12. Influence







■ Repuked – 「Dawn of Reintoxication」 10/23

Intronaut

ストックホルム産、Soulseller所属のデスメタル・バンドRepukedが3枚目のアルバム「Dawn of Reintoxication」を10/23にリリース!タイトでクラシックなデスメタルサウンド、アートワークも最高です!!







■ SOUVENIRS – 「love for the lack of it」 10/28

Intronaut


カリ産エモ、インディーロックSOUVENIRSが10/23に新譜「love for the lack of it」がリリース、公開されている新曲を聴く限りエコーやリヴァーヴを多用し浮遊感ああるドリーム・ポップ 寄りのサウンドへと変化していますね、僕的にはうれしい変化でもある、とても楽しみな一枚である!







■ Nothing – 「The Great Dismal」 10/30

Intronaut


フィラデルフィアのシューゲイズ/インディーロック・バンド2年ぶり4枚目となるニューアルバム 「The Great Dismal」 が10月のラストにリリース!名作Tired of Tomorrowを手掛けた Will Yipがプロヂュースということで期待も高まる!公開されている新曲は沼地のことを意味するアルバムタイトルやアルバムアートから感じれるダークな要素が強くより深みを増している印象、ハマってしまうと抜け出せない一枚になりそうだ!







■ Emma Ruth Rundle and Thou – 「May Our Chambers Be Full」 10/30

Intronaut


米ドゥーム/スラッジThouとEmma嬢のまさかのコラボアルバム「May Our Chambers Be Full」が10月ラストにドロップ!両アーティストの良さが見事にハマった楽曲、これまた米ピッチフォークで高得点が出そうだ!







■ Nuclear Power Trio – 「A Clear and Present Rager」 10/30

Intronaut


金正恩 x トランプ × プーチン という世界最強の男がつにバンドを結成?世界平和を目指すインストバンドNuclear Power Trioがアメリカ大統領選挙直前の10月30日にアルバムをリリース!!!ぶっ飛んだMVではあるがテクニカルなサウンド、Polyphiaとツアーしてほしいな・・・







■ War On Women – 「Wonderful Hell」 10/30

Intronaut


ボルチモア産フェミニストハードコアパンクバンドWar On Womenが前作同様Bridge Nine Recordsからニューアルバム「Wonderful Hell」をリリース!より洗練され歪みが生み出した芸術なハードコアパンクサウンド、ほんのり感じるスラッシュフレイヴァ―もあるシーンの中でも大注目の一枚である!







といった感じの10月のリリース情報でした、気にいったバンドはいたかな?さみしさも漂うTouche Amore/トゥーシェイ・アモーレNothing / ナッシングなんかはこの季節にぴったりなサウンドかもね!11月のリリースもさらにヤバいんで楽しみにしててね!



では!


河内野




追伸:
ニューリリースではないんだけど、ニュージャージーの伝説!エモ・メロディック・ハードコアLifetime / ライフタイムのまさかのニューマーチが登場ってことでLifetimeを聴きまくっている今日この頃!





Lifetimeのニューマーチは下記バナーをクリックしてチェックしてみてね!!

LIFETIME

かつてのポップパンクモーブメントを予感させるNeck Deepのアルバム「All Distortions Are Intentional」さらに17年ぶりのリリースでファストでメタリックなパンクがジワジワと・・・

Neck Deep


久しぶりです!病んでいたわけではございません、冷房が壊れてしまい、30度を超える中汗をかきながら今日も頑張っております、にしても湿気が・・・・汗をかいてはお風呂、一日3回はシャワー浴びてるね!といっても1週間も経てば8月!梅雨も終わって本格的な夏がついに始まる!




ライブやフェス、お祭り、花火大会はまだまだ難しそうだけど、海水浴にBBQなどなど、田舎の良さを生かしてプライベートビーチでごく一部の仲間だけでBBQを予定している、想像しただけでワクワクが止まらない!



そんな夏の最高の一日にと注文したアイテムがコレ、Descendents /ディセンデンツ – Milo Pattern ボタンシャツ・オープンカラー半袖シャツ(アクアブルー)

Descendents /ディセンデンツ - Milo Pattern ボタンシャツ・オープンカラー半袖シャツ(アクアブルー)



まさにって感じのアイテム!さらりとした生地感が最高に心地よい、汚れが付きやすいBBQに着ていくのは少しもったいない気がしてきた・・・肉汁がぶっ飛んでシミにならないように気をつけなきゃね!


あなたもこの夏のメインになるアイテムはもう手に入れた?帰郷もなかなか難しい世の中だけど、久々に合う仲間や、初恋のあの子との再会、気合い入れた夏アイテム入手しといてね!


といえばやはりメロディックやポップパンクがどうしても聴きたくなってしまうのはやはり無条件にテンションが上がってしまうキャッチーさ!そこにザクザクなリフを追加するFour Year Strong、新譜最高だったよね!そしてポップパンク代表格、New Found Gloryの新譜も相変わらずの安定感、地味に楽しみにしていたBroadsideは少しダークでエモい1曲目で少しびっくりしたけど素晴らしいメロディーラインで感動!まさにポップパンクなキャッチーな曲もあるし、良い意味で期待を裏切ってくれた一枚、捨て曲は一切なく、名曲だらけといっても過言ではない!




夏の夕暮れから夜にかけてぴったり合いそうな一枚、夜の海に沈んでいきそうなDeepなラスト曲の締めくくりも最高、キャッチーでポップな分、飽きが気やすいポップサウンドでもバラエティーに富んでいるから何度も聴きなる一枚だった!



にしてもアルバムのアートワークはダークでアート、レーベルはSharptoneなんだね!前作はVictory、そんなVictoryは大手音楽レーベルに買収されて今までのマーチは消滅!!Sharptoneからのお取り寄せで!と思ったらほぼ在庫切れ・・・またいつかアップするから楽しみにしてて!



全米アルバムチャートで2位を記録したThe Peace And The Panicから早3年!
2月の初旬からプレオーダーが開始し早5か月、待ちに待ったのがNeck Deepの新譜!「All Distortions Are Intentional

Neck Deep



アートワークのように一皮むけたサウンドに?前作から一切ブレずにポップパンクでありながらさらに深化、メロディーの良さはさらにレベルアップし、もはや「ポップパンクというくくりを超越してしまうのでは?」と感じさせるハイクオリティーな楽曲、初聴で虜にしてしまうキラーシューン、Fallを生みだした時点でもう名作だと確信はしていたけど、それ以上だったね!



日本版は和訳も付いているし歌詞カードを観ながら改めて聴くとサウンドだけじゃなくリックの重要性、リリックの乗せ方のうまさなどにも気づく、この名盤はサブスクで済まさずにしっかり手に入れることをおすすめします!当然日本版で!!と言いながらも僕はまだ手に入れていませんが・・・日本版にレコードも手に入れます!ラストのPushing Daisiesもかなりの名曲!サブスクで先に聴いてしまってもCDやレコードをこの手にしたい!そう思わせるのは間違になく本物の名盤だからである!




少しオシャンティーな部類に入るけどオーストラリアはシドニーのポップパンクStand Atlanticやカリフォルニアはロス産ポップパンクバンドPoint North、Neck Deepの新譜後、最も期待されているKnuckle Puckのアルバム、そしてアコースティックだけどState Champsのepと2020年後半のリリースがとてつもない!ポップパンクが全盛期を超える盛り上がりを魅せてくれるのかと期待しております!



ポップパンだけじゃない!メロディックパンク全般が例年よりもさらに盛り上がるんじゃないかと!そう思わせてくれるのは来日はできなかったけどLagwagonの新譜、Masked Intruderの新譜、先日発売されたばかりのThe Lawrence Arms、スカパンクレジェンド、The Suicide Machines、秋ごろにepをリリースするMadcaddies、エモーティブパンクバンドSundressedの新譜もかなり期待しているし・・・・もっとアングラなバンドたちもたくさんいるんだけどキリがないね。



そんな中でも、30代40代は歓喜したであろう!ファストでメタリックなメロディックハードコアSlick Shoesはなんと17年ぶりのアルバムが9月の25日にリリース!



Slick Shoes






ファストでメタリックなリフにエモーショナルなメロディーこれぞSlick Shoesな新曲はアルバムを期待させてくれます!去年19年にはライブアルバムが発売されるも限定での再結成だったからまさかニューアルバムが聴けるとは!!若い日知たちは多分知らないと思うんで過去作要チェックです!


Rufioなど00年初期に出てきた高速メロディックはどっぷりハマってましたね!SecondshotのメンバーからなるファストなメロディックSymphony of Distractionもふと頭に浮かんだバンドなんだけど調べてみると新曲公開されてた!!テンション上がる~~~!!去年ニューアルバムを発売したMuch The Sameもだけどファストなメロディックもポップパンク共にブームが来るかもしれない!!



そ似た以外にも調べると地味ながらアルバムや新曲を公開しているバンドがたくさんいた、ハードコアに比べるとまだまだ掘り下げが足りないこの手のサウンド、あのバンドが音源出してる!などなどの情報あったらぜひ教えてくださいね!



梅雨が明けたらいよいよ夏本番、夏に一番ハマるジャンル、ポップパンクにメロディック、2020年夏あなたが一番聴きたいポップパンク、メロディックのアルバムは何?





では、ポップパンクにメロディック聴いて2020年、最高な夏に!





河内野