ディスタービア・クロージングとSick Of It Allのキャップでキメて「近畿百景第1位」の五老岳公園に行ってきた

ディスタービア

最高の天気だったので、僕が大好きなUKロックブランド「ディスタービア・クロージング」のワークジャケット+ラグランシャツ+バックパック、そしてシック・オブ・イット・オールのスナップバックで決めて、「近畿百景第1位」の五老岳公園に行ってきたよ。

自宅から車で15分ほど走り、五老岳公園に到着。

DISTURBIA

五老ヶ岳公園は山頂にあって、舞鶴湾が一望できる。僕的には、山の頂上の公園というよりも、運動不足の身体にほどよいウォーキングコースって感じの五老岳公園。園内には「五老スカイタワー」と呼ばれる、日本有数の高さを誇る海抜325mの展望台とかもあるけど、2年前に上ったので、今日はウォーキングだ。

ちなみに、これがその展望台(2012年9月22日の店長コーデブログより)。

YOUR DEMISE

超スローに探索、石碑を発見。

日本海が永久に平和と友情の海であるように!

フムフム、中国や韓国に見せたやりたい(笑)。

桜も散り、青々とした草木が気持ち良い。とはいえ、山の中、まだTシャツでは寒いってことで、今回はラグランシャツにワークジャケットを合わせています。

gorow004

青々とした木々からこぼれる光を浴びてパワーを充電中。

gorow005

ウォーキングで暑くなってくる。こんな時はワークジャケットよりも、ボタンシャツがほしくなる。

gorow006

今狙っているのはこれ(↓)。ディスタービアクロージングの最新ボタンシャツ。シャツのすそに注目してほしい。グラデーションになっているあたりは周りと絶対かぶらない。

gorow016
Disurbia Clothing Vedder 格子シャツ

およそ10分探索するも、山頂の公園はまだまだ先…….

gorow007

急斜面の階段が出てきたぞ。いよいよ山頂か。

gorow008

しんどいぞ!!!太ももの乳酸が半端ない、4足歩行でフィニッシュ!

gorow009

400メートル走をした後のような疲労感。たまらなく気持ちがいいぜ。

gorow010

5分の休憩。復活。

今回のコーデのポイントは、アクセントカラーのホワイト。ラグランシャツの色とスニーカーの色を合わせている。ベースカラーが黒だから、アクセントカラーのホワイトが入ることで引き締まって見えるでしょ。

つづいて、今日着用しているアイテムを説明していこう。

まずは僕のお気に入り、ディスタービア・クロージングのワークジャケットとラグランシャツ。ジャケットはたしか、4,5年前に登場して、一気に世界中から注目を浴びた最強アイテムだ。残念ながら完売で、今は手に入らない…。

Disturbia Clothingはイギリスブランドだけあって、アメリカにはない世界観がある。独特のデザインがとても刺激的だ。それに、何と言ってもボディーのラインが美しい!シルエットが良く見えるように作られている。

そして、肌ざわりだ。生地が最強。買った人のみが知ることができる「着ていて気持ち良い」高品質素材が使われている。ディスタービアは一般のバンドTシャツとは異なるクオリティーで作られているから、単純に値段を比較して高いと言ってる奴らはずいぶんと損をしているよなー。

イギリスではとんでもなく人気だけど、まだまだ日本での知名度は低いから、誰ともかぶらないはず。まだ持っていない人は、「みんなが知ってるブランド」になる前に、コーデに取り入れて楽しんでおいた方がいいよ(2014年春夏の新作はここをクリック)。

gorow011

gorow012キャップは薄いグレーのシック・オブ・イット・オールのスナップバック!爽やかさが出ているでしょ。

ロックなブランド物を着用していても、やはりバンドグッズはどこかに絶対取り入れたい。NY/HC好きをアピールだ。

NY/HCと言えば、マッボー師匠(マッドボール)の新譜が発売されるね。楽しみすぎる。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

山頂より、入り組んだ舞鶴湾を眺める。絶景を堪能中。

gorow015

「近畿百景第1位」に選ばれだけあるな。納得の絶景。

若狭湾国定公園の一部をなす舞鶴湾の複雑に入り組んだ海岸線や、紺碧の海に浮かぶ緑の島々・・・変化に富んだ景観は、「近畿百景」の第一位に選ばれています。季節ごとに装いを変える景色は、新緑の春、海が碧く輝く夏、山が紅葉する秋、雲海が広がる冬と、一年を通じて多彩な表情を見せ、いつ訪れても新鮮な感動が味わえます。- 舞鶴市のHPより抜粋


gorow014

舞鶴に来られた際は案内しますよ~!

gorow013

次はどこに行こうかな!

撮影場所

撮影で着用したアイテムについて

Rotting OutのTシャツでキメてバンドマンの邪魔をしてきた!

ロッティングアウト

寒い寒い、舞鶴は氷点下2度、こんな日は体を動かしたい。ということで舞鶴市にある市民プラザ、舞鶴のダンサーやバンドマンが練習できるスタジオがある憩いの場。

そんなスタジオにマッドボールのプルオーバーパーカーにロッティング・アウトのTシャツで決めてバンドマンの邪魔をしてきたよ(笑)。

studio002

市民プラザの前で一枚。霜降りグレーのマッドボールのパーカーにグリーンのTシャツ。(身長173cm、体重70kg)

マッドボール.パーカー

赤のニット帽に赤のVANSのスニーカーを合わせた。

studio004

ローなスニーカーなので靴下がチラ見えする。ディスタービア・クロージングのソックスでオシャレに。

エラ スニーカー パンク

さっそくスタジオに入り、まずはドラムだ!(全く叩けない)

アイデンティティー

次はギターだ!(全く弾けない)

ハードコア パーカー

そしてベース(これまた全く弾けない)。

studio001

この体制って結構きついね(笑)。

イメージはDirty Finger(1:46)。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

それにしても、ロッティング・アウトのTシャツのデザインが最高だ。

Rotting Out Tシャツ

動きまくっていい汗かいた。かなり邪魔になってきたので、次は着替えてライブハウスRATTに行ってきた。

ライブハウス ハードコア

なんだかんだいってディスタービアのバックパックはいつも利用している。スタイルを選ばないし、本当に使えるアイテムだ。

グレイブテイカー

グレイブテイカーのカットオフ・デニムジャケットをカスタムしたもの(自分でマッドボールのTシャツ切り抜いて、バックパッチとして背中に縫い付けた)。

Disturbia

カスタム・デニムジャケットの作成方法はこちらからチェックできるよ!

マッボー NYHC

胸にもしっかり刺繍パッチを貼ってカスタムしているよ。

ハードコア NYHC

スタッフの人と話をしたりバンドマンと話をしたり、バンドマンって最高だ。楽しい。

studio013

次回は何をしようかな!

撮影場所

撮影で着用したアイテムについて

【流行ウォッチ】90年代に流行ったあのハードコア・ファッション、復活の兆し

90btf003

歴史は繰り返すというが、ファッションも一回り周って、いまや90年代にはやった格好が復活してきてるね。僕が10代から20代前半を過ごした青春時代だ。

記憶をたどって十数年前にタイムスリップしてみよう。

90btf001

90年代後半、ハードコアを知った青春時代。

やはりきっかけはNYHC。ネットなどが普及していない時代、舞鶴という田舎でもCD屋さんでは取り扱われていた。相当勢いがあったんだと思う。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

この頃はスケートブームでみんなオーバーサイズ、そして、スニーカーのブーム。ジューダンからスケシュー、そしてハイテク・スニーカー、エア・マックスなんかを良く履いてたな。

この頃から人と同じファッションが嫌で、妙に変なエア・マックスを買って失敗したなんてこともあった(笑)。

バンドTシャツはメタリカやモトリークルーを古着屋で目にするくらいで、当然ハードコアのシャツなんかは手に入らず。メタルも大好きだったからメタル雑誌BURRN!(バーン)の最後のほうに載っている通販を利用したりした。

90btf002

メガデスのシャツにぶっといパンツを合わせ、スラッシャーのパーカーを羽織ってコーチジャケット。これはいまだに愛用するアイテム。舞鶴から神戸の学校に行き、本格的にハードコアはまっていった。

ここからヒップホップなんかも流行りだし、さらに服のサイズはアップ。友人を通じてハードコアのビデオを見て(当然VHS)バスケジャージ、短めのハーフパンツからメッシュパンツ、バケットハット、クルーネックスウェット、コーチジャケットなどなどがイケていると感じて真似してみたり。

現在は細めのパンツをはくけど、90年代に愛用していたアイテムもいまだに愛用する。雑誌での90’Sのファッション特集を見ていると本当に懐かしい気持ちになるなあ。

実際、ポジティブダイブでも、ハイテクスニーカーから短めのハーフパンツ、そしてとくにクルーネックのトレーナーが売れているから、やっぱり90’Sのファッションが再び今、熱くなってきているんじゃないかな。

ヒップホップのハネたリズムを取り入れたNYHCから僕はハマったんだけど、ここからさらに掘り下げて、ユースクルーや初期のハードコアにも少しずつはまっていった。神戸ではハードコア・キッチンというレコ屋に通い、パイセンなどにいろんなバンドを教えてもらった思い出がある。

見た目は本当にイカツイんだけど、話すとめっちゃやさしい人だったな。もしあの頃、じゃけんに扱われていたら、僕、田舎のもやしっ子だもん、ハードコアが嫌いになっていたかもしれない(笑)。

そう考えると「自分に厳しく他人には優しい」パイセンの姿を見続けたことが、僕がハードコアを聴き続けてきた理由の一つなのかなぁ。

ファッショの話に戻るけど、時代は回る。ファッションも不思議なもんで特定の周期でトレンドが回ってくる。

だからこそ今注目され始めている90’Sのファッションに注目して欲しい。90’Sのハードコアバンドなど、検索してスタイルを真似して欲しい。きっと若いキッズたちは新鮮に感じると思うよ。

最新のバンドをチェックするのと同時に、レジェンドなバンドたちもしっかりチェックした方が絶対に楽しいよ。このバンドはこのバンドに影響されているんだ!とか考えるだけでも楽しい。

レジェンドなバンドのアイテムとか着用しているだけで、なんかすげー知識を持っていそうに感じちゃうしね。モッシュ・ハードコアにどっぷりはまっているならJUDGEを聴きなおすとか、グッズを愛用するとか。きっとそこに新しい発見があるよ!

グッズのデザインに関しても、レジェンドバンドの影響を受けてデザインされたグッズなんかも結構多いから、これだけで仲間との会話が弾む。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

2014年もさっそくThrowdownのとんでもないアルバムが発売されたし、Comeback Kidなど大御所バンドからこれからブレイクするバンドの音源も発売される。

大型のハーコーフェスで、日本と世界のバンドが共演。世界で認められるヤバいハードコアバンドがここ日本にも数多く登場しているのをきっかけに、ハードコアが今までにない盛り上がりを見せている。

そこにファッション的にもハードコアなスタイルが再燃し、2014年は間違いなくブレイクするだろう。時代が回る法則にもハードコアは当てはまっているからね、間違いないよ!!

スリムにキメるスタイルからビッグサイズでキメるスタイルにも挑戦しよう。ファッションはいろんなスタイルで楽しまないとね。

BANEのボーカル(Aaron)ってホントオシャレだ。クルーネックのトレーナー、サイジングはいつ見ても神がかっています。キャップのメーカーにも注目。「STARTER」懐かしい。

当時スナップバックと言えばこのブランドだった。そしてPOLO、ラルフローレンを良く装着している。90’Sが再燃している今、Aaronスタイルを参考にするのはアリアリ。というか最先端なのかもしれない。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

そんなハードコア・レジェンドにしてファッションリーダーBANEの特大ポスタープレゼント中です

Hardcore-Index-Big-Banner-2014-02-01

詳しくはここをクリックして特設ページにGO!レジェンドなハードコアバンドから最新のハードコアバンドまで大量にグッズをアップしたからね、そちらもチェックだよ。

河内野

ディスタービアのバックパックとマッドボールのレアTシャツを合わせたら、こんなにカッコよくなった

1

夏だね~お気に入りのディスタービア・バックパックを手に入れたら無性に散歩がしたくなった。マッドボールの廃盤シャツで決めてお散歩だ~。散歩ってことで近所の山に車を止めて行ったことのない道を探索中。眼下に海が広がる~。

ちなみにディスタービアの最新グッズやばすぎ。「他人と同じじゃつまらない!」そんなあなたは今すぐここをクリックしてください。変わったグッズを詳しく解説しました。

sampo002

ボリューミーなバックパック気に入っております。というか欠かせないグッズ。とにかくこの坂を下りて行こう。

2

海がだんだん近くに見えてきたよ~。

3

海のほうへ歩くと周りは田んぼ、これはイノシシや猿から畑を守る電流線。触ったらやばいかな?

4

「ウォォォォォォォォォォォォォォォ!」

5

さわる勇気はありませんでした(笑)。田んぼ道、大好きなんだよね~。田舎ならどこでも見られるんだけど……頭の中では森山直太郎の夏の終わりが鳴り響いている。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

夏はまだまだ続きそう。舞鶴では連日35度超え、猛暑が当分続くそう。

6

階段を下りると……

7

海が広がる。夕方の海が一番好きなんだよね~。

8

いつかできるパートナーを思い波際で妄想遊び(悲)。

9

パンを取り出し海を見ながらモグモグ。ピクニック気分だ。バックパックが大容量だから何でも入れれる。

10

今日はタイダイ柄のシャツを重ね着として選んでいるんだけど、タイダイシャツって便利だよね。(店長:身長:173cm、体重73kg)

色がいっぱい使用してあるから、コーデに何色を持ってきても合う!

11

今回はグリーン+ブラックのスニーカーを合わせてみたよ。タイダイ以外では、ブルーにラインの入ったパンツ、紺色に赤色、グリーン、ブラック。色を多めに使ってのコーデ。

12

バックパックもスタイルを選ばないから、入れるものがなくても出かける際は背負ってしまう。

イカの死骸を発見。これくらいでっかいイカ釣ってみたいな!

13

まわりもくらくなってきたから帰ろう。

14

空がきれいだな~。毎日忙しく過ごしているあなたも、たまには空見上げて「ぼ~~っと」しようね。

15

それでは自慢のマイカーで帰りま~す。

16

次はどこに行こうかな。

河内野

追伸:ディスタービアの最新グッズ、大好評お取扱い中です。他人と違うファッションを楽しみたいあなたにお勧め。今すぐ下のバナーをクリックして特設会場に入場してください。

ディスタービア・クロージングの最新グッズ取り扱い中

撮影場所

  • 福井県、高浜街、名もない海

撮影で着用したアイテムについて