【Vlog】敦賀港でイルミネーション「ミライエ」観てきた!【Hatebreedのトレーナー着用!】

13日の金曜日だよ!だからって何もないんですが、イーヴォーなハードコアやメタルコアを今日は聴きまくっております!先日追加した、Disembodied / ディセンボディードはドロドロとした暗黒なメタリックハードコアサウンドで最高だね!現行バンドにも多大な影響を与えているDisembodiedのマーチもチェックしてね!


そんなDisembodiedにも確実に影響を受けている現行ハードコアの代表格Knocked Looseのボーカルいるじゃん、ブライアンだね!インスタなどをチェックしている人はわかっていると思うけど、彼、めっちゃオシャレなんだよね、そんなブライアンがロン毛時代によく着用していたマーチがHatebreed、一時妙にH8Bのマーチが売れていたのはK/Lのブライアンの影響なのだろうか?



僕も10年以上前からちょくちょく購入しているから20種以上は家のタンスに眠っているだろう、今回は新たに新調したクルーネックのトレーナー、今回着用しているヤツね、クルーネックの再熱がストリートでも僕の中でもジワジワときております!今回はビッグな2XLを装着!



目的地である敦賀のイルミネーション「ミライエ」までに赤レンガで時間をつぶそうとするも休館っていうね・・・実は以前に行った際も休館だった、その時のブログも良かったらチェックしてみて!


■着用アイテム■

・NEWHATTAN「ニューハッタン」フライトキャップ(フリーサイズ)
・Easy Money「イージーマネー」ゴールドネックレス
Hatebreed /ヘイトブリード – Stop At Nothing クルーネック・トレーナー(2XLサイズ)
・インナーにNothing / ナッシング – Nada ロングスリーブ・長袖シャツ(XLサイズ)
・LEVI’S「リーバイス」505デニムパンツ(34インチ)
・SANTA CRUZ(サンタクルーズ) のソックス
・AIRWARK 「エアウォーク」 ワンオリジナル スクウィーズ ジャパンエクスクルーシブ(28.5cm)



■スタイリングのポイント


今回は90’sをかなり意識しました、Hatebreedの2XLのクルーネックのトレーナー、パンツの太目と、そして高校時代、まさに90年代に流行したAIRWALKのキックス、僕と同じ世代は懐かしく感じることでしょう?定番のVansとかのオールドスクールはカブるんであまり履きたくないって人はAirwalkおすすめです!ブラックもあるからね!日本エクスクルーシブなカラーリングでレトロ感もあるでしょ?パイロットキャップは2.3年前にミリタリーショップで購入するも着用する機会が少なかったんで今回登場させましたが良いアクセントになっているでしょ?最近は流行っているようですね、サイズ感もファットでありながらだらしなくならないように、パンツの裾はちょっと絞ってロールアップ、ネックレスとキックスのカラーでアクセントをもたらせています、動画を見て気づいたんですがボディーやサイズが記載されているタグがベローンって外側に飛び出してるね・・・・これは緒とだらしなかったね、一緒に撮影してくれている友人は気づいていたのだろうか?「言ってくれよ!!」




90年代やレトロ感も演出できるクルーネックのトレーナーはバンドマーチでも注目だよ、一時期はほぼ発売されなかったんですが近年また、ようやく増えてきたね、パーカーの首回りが苦手って人にもオススメ、ネックレスやフード付きのアウターとの相性も抜群なんで、あなたのスタイリングにもぜひ取り入れてみてくださいな!!


クルーネック・トレーナー一覧はこちらをクリック!


先日、久々に再販売されたKnocked Loose /ノックド・ルーズ – Happiness Comes With A Price クルーネック・トレーナー(ブラック)もアートなデザインとライブフォトをマッチングさせたアートハードコアマーチ、これオススメです!

Knocked Loose /ノックド・ルーズ




この時期は特に新作のマーチが大量に発売される!ポジでもがっつりアップしていくから新作アイテムのページは毎日チェックしてね!

新追加アイテムはこちらをクリック!



■撮影場所:■

麺屋銀河(MENYA GINGA)
敦賀赤レンガ
敦賀港イルミネーション「ミライエ」





次回はどこに行こうかな?

河内野






追伸:


今年はもうイルミネーション良いかな・・・・紅葉も終わったし、12月といえば、やはりクリスマス、クリスマスといえばイルミネーションしか思い浮かばねぇ~!!!


それよりも「2019年度の最強な10枚」そろそろ始めちゃうからね!そういえばRise所属のAshlandって良いね!

さようなら・・・Victory Records / ヴィクトリー・レコード!!今だからこそ改めて聴きたいVictory Recordsの名作たち!【15選】

Victory Records

青春を共にした、ハードコアを好きになったきっかけでもあるVictory Records終了のお知らせ!


インディー系の有力レーベルであるConcordは、Tony Brummelが1989年に設立したシカゴのパンク・エモ系レーベルVictory Recordsを買収した!!

との記事が9月の30日にBillboardにアップされていた。


・Victoryからリリースの4,500枚のマスターと3,500曲の楽曲がConcordへ
・買収は2,700万〜3,400万ドル、日本円で30~35億円!!
・Victoryの名前とBulldogのロゴを取得
・Victoryのレーベル社員30名は引き続きマーチ事業に携わっていく
・Victoryアーティストのアルバムをリリースする場合は、Fearless Recordsからのリリースとなる予定

内容は、こんな感じ気になる点もたくさんあるが、そもそも今回買収をしたConcordって何?


Concord Music Groupは、カリフォルニア州ビバリーヒルズに本拠を置く独立系音楽会社であり、Universal Music Groupを通じて世界中に販売されています。同社は録音と音楽出版に特化しています。 Concordのカタログは、12,000以上のアルバムと390,000の楽曲で構成されています。

※ウィキペディア参照

インデペンデントだけどでっかいレーベルってことだね、パッと30億円を払えるんだから相当な資産があるようだね、Concord Musicは年間約4億5000万ドルの売上を上げているらしいから余裕なんだろうね、てか現時点のVictoryに30億以上の価値があるのかも不思議だが、条件がとてつもなく良かったから売却になったわけだろう。


なぜVictoryのアーティストの今後のリリースがFearless Recordsからのリリースとなるのかよくわからんが、Fearless RecordsもConcord Musicの傘下にあるわけだが、それ聞いてもいまいち理由はわからない。

当初は、音楽出版社からレーベルまで200近い買収を行ってきたそうで、僕たちもなじみのある、Fearless Records、Razor&Tie、Nitro、Time Bomb、Vanguard、なども買収!


Victory Recordsが終わるかも?とはいったもののFearless Recordsも絶好調に運営されているし、その心配はないのかもね!よく考えると、Victory RecordsのニューリリースはFearless Recordsからと考えると、Victory Recordsやあのブルドッグは残らないってこと?そうなるとちょっと寂しいな。30代半ばや40代前半に人はまさにあの頃のメタルコア、ハードコア、スクリーモ、エモに青春をささげていたと思う、僕もハードコアを好きになったきっかけの一つでもあるVictory Records、その中でもオムニバスには本当にお世話になりました。Victory Style!!懐かしいでしょ?

Victory Style


Victory Style 5はSpotify(スポティファイ)にもアップされているね!この5も名曲揃いなので必聴ですよ!




当時は今ほどネットも普及してなかったし、オムニバスからバンドを知るっていう方法が必須だった、自分好みのバンドを見つけたときの喜びは今では味わえないね、とはいっても収録されているバンドのアルバムの半分は入手していましたがwwwそれほどに名曲が収録されています!Victory Styleの1~5はアマゾンで安く入手できるんで必ず手に入れておいてください!当時のVictoryの勢いを感じれます!



今回は今だからこそ聴いておかないといけないVictory Recordsの「名盤15選」を紹介していきます!!


完全に個人的な15枚ですが、なるべくジャンルは幅広く選びました!あなたが選ぶVictory Recordsアルバムも良かったら教えてね!




Victory Recordsの「名盤15選」

1.Warzone – Old School To New School


NYHCバンドWARZONE!!IZONEよりもAs Oneですよねwww再結成作品ではああるがパイセンにプッシュされたけど当時は良さがわからず、改めてハードコア音楽を掘り下げていくうちになんてっかっこよいアルバムなんだと再確認、やはりRaybeezの熱いボーカルはテンション上がります!カリスマですな!





2.Earth Crisis – Destroy The Machines


NYはシラキュースのヴィーガンSxEバンドEARTH CRISISの超超超名盤のファーストフルアルバムDestroy The Machines!!このアルバムも完全い後追いなんですが、恥ずかしながら賛否両論へヴィネスな要素の強いSlitherから聴き始めてからさかのぼってこのDestroy The Machinesにたどり着く、これぞメタリックなニュースクールハードコアの名盤、いや神盤である!





3.Path Of Resistance – Who Dares… Wins


こちらもNYはシラキュース!Earth Crisis聴くならやはりPath Of Resistanceも絶対に忘れてはいけない!ま、Earth Crisis活動停止中に結成されたバンドなんだけど、ガラの悪いジャケットも最高だが3人のボーカルの掛け合いに、極悪でモッシーなメタリックハードコアサウンド!久々に発売されたマーチは一部だけど大歓喜してましたねww





4.Killing Time – Brightside


ひょっこりはんなジャケットはバンドを知らなくても見たことあるはず!Killing Time!!89年にリリースされていたんだけど、95年に再販、僕はBrightsideといえばVictoryなんで今回入れさせていただきやした!ザックザクのギターとストンピンなボーカル、タフガイ、メタリックニューヨークハードコアの教科書的な超クラシックな一枚!





5.Snapcase – Progression Through Unlearning


NY・バッファロー産、ニュースクールハードコアバンドの中でも異才を放っていたレジェンドSnapcase、Snapcaseといえばやはりこの2ndアルバム「Progression Through Unlearning」、1曲目のCabooseはハードコア史に残る名曲!擦り切れるくらいに聴いた1枚、クリアで今聴いても全く古さを感じさせない名盤である!





6.By The Grace of God – Perspective


USケンタッキー産エモーショナル SxE ハードコアバンド、去年18年まさかの新作が発表されびっくりしましたがほとんど話題にならなかった・・・・これまたパイセンに教えてもらった一枚!パイセン曰くBy The Grace of Godは号泣ハードコアと、これこそがエモーショナルハードコア、エモコアだね!





7.Strife – In This Defiance


カリフォルニア出身SxEメタリックハードコアStrife!!ファーストも良いけどさらに磨きのかかったセカンドアルバム「In This Defiance」神戸在住時のショップで買ったStireのシャツをきっかけにハマったバンド、DVDでもなくVHS、Victory Video Collection Vol. 2に収録されていたBlisteredの映像は神がかっていますよね!Blisteredもハードコア史に残る名曲!





8.Hatebreed – Satisfaction Is The Death Of Desire


もはや説明不要ですよね、不動の人気を得たHatebreedのファーストフル!今もなおこのアルバムが最高傑作という人も多いよね、数多くのフォロワーも決して追いつくことのできない完成度、通っていたツタヤのワゴンセールで見つけて購入し帰宅しコンポに入れ再生を押した瞬間の衝撃は今も鮮明に覚えている!





9.Fury Of Five – At War With The World


ニュージャージーの極悪ストンピンハードコア野郎Fury Of Five!!ヒップホップzメタルxハードコアをセンス良くミックスしたそのサウンドは衝撃的でした!骨太でタフなボーカルも極悪、ちょこちょこブックオフでたたき売りされてるんで見つけたらすぐ入手しとくべし!





10.All Out War – For Those Who Were Crucified


デススラッシュとハードコアを最高な形で融合させたデスメタリックなニューヨーク・ハードコアバンドAll Out Warの大名作「For Those Who Were Crucified」、HatebreedやMerauderとともに当時でいうデスコアをシーンで流行らせた究極な一枚!ダークなアートワークも最高です!





11.Buried Alive – Death Of Your Perfect World


TERRORとして活動しているScottが以前にプレイしていたハードコアバンドBuried Alive、Terrorよりもメタリックにモッシーに仕上げた名作「Death Of Your Perfect World」このアルバムに影響を受けたと公言しているバンドもよく見かけるくらいに影響力ある一枚!





12.Reach the Sky – So Far From Home


ボストン産REACH THE SKY初のフルアルバム「So Far From Home」!SxExオールドスクールタイプのサウンドにメロディーを加えたモダンオールドスクールの名盤!セカンドよりも僕はこのファーストの完成されすぎていない初期衝動が好き!ボストンオールドスクールが好きなら絶対にマチガイナシ!PMAなポジティブな思想も好感持てます!





13.Grade – Under The Radar


ハードコア、エモ、パンク、程よいメタリックなニュースクール感を見事にマッチングさせたスクリーモの先駆者的なバンドの一つ、このバンドもVictoryのオムニバスで知りどっぷりとはまったバンド、その中でもこの「Under The Radar」が一番の名盤だと!





14.Skarhead – Kings At Crime


リアルなストリートヘッズから多大な支持を受けるDANNY DIABROを中心にDMS クルーのオールスターで結成されたSkarheadの名盤「Kings At Crime」ボーカルの掛け合い、まさに漢なハードコアサウンド、ストリート全開でサグ感からタフガイたちによるパーティー感、たまりませんね!NYHCクラシック!!





15.Integrity – Humanity Is The Devil

クリーヴランドの暗黒ハードコア帝王Integrityの3枚目の超名盤アルバム「Humanity Is The Devil」前曲が最高な名盤、暗黒に染まったメタルハードコア、だれもが取り入れなかった弾きまくりのギターソロが泣きまくり!きっかけはPUSHEAD作のジャケット!完全にジャケ買いして大当たりなパターンでしたwww





2000年までのリリースでこの名盤揃い、とてつもないレーベルってのが分かるでしょ?これ以外にもVictory一枚目のリリースInner Strength 、Ice Burn、Cause For Alarm、Doughnuts、Guilt、Bloodlet、In Cold Blood、Catch 22、とお勧めしたいバンド、アルバムはまだまだある、2000年までのリリースでは上記の15枚かな!1ページでは全く収まりきらなかったんで2000年以降のリリースは次のページで

ore10005

Victory Recordsの「名盤」後半戦はこちらをクリック!

Hatebreedとコラボした「猫動画」がやばい!ネコブリードのグッズがあるの知ってる?

HATEBREED


犬派ですか?猫派ですか?



僕が犬派なのか猫派なのかだれが興味あるのだろうか?ポジも利用したことない人からの問い合わせ、こんな問い合わせはショップやって10年で初めて・・・それを聴いたところで何が生まれるのか?真剣に答えると猫派である。一応返事もしたんだけど、それから何かが進展することもなくマジで謎すぎる、


飼っているわけでもないのだが、あのツンデレ感がたまらなく好き、犬も好きだけどね。ついついYoutubeなどで猫動画を永遠とみてしまう場合がある、そのため関連動画は激しい音楽の合間に猫動画と、癒されては激しい音楽、癒されては激しい音楽と実は猫動画がうまいクッションになっており激しいサウンドを中和させているのかも・・・・・



謎の犬派ですか?猫派ですか?の問いから猫が気になって仕方ない、そんな中、僕の求めている激しい音楽と可愛いがイーヴォーな動画を見つけてしまったのである、それがこれ






HatebreedのDestroy Everythingにあわせていろんなものを破壊しまくる猫たち、ヤバイ、これはヤバイ、結構な話題になってるようで、猫好きでありHatebreed好きな極まれな人はたまらないんじゃない?


そんなバズっている猫によるDestroy Everythingですがそれ以前にもこの飛んでない猫とHatebreedとのコラボ作品があるのは知ってる?それも8年以上も前、猫ブリード、そうCatBreedである!







さらにはグッズまで・・・・



CATBREED
フロントは完全にVictory Recordsのブルドッグロゴのサンプリングwww バックはCATBREEDのフレイムロゴにクロスアックスを爪トギ棒にチェンジ、ネコもしっかりと描かれたこだわり、本気のオフザケが過ぎます!!!





キャットブリード
フロントはCATBREEDのフレイムロゴ!バックには邪悪なキャット、画素数が荒いのがポイントであるww





CATBREED
フロントはCATBREEDのフレイムロゴ!に猫の鳴き声「ニャー!!」を意味するMEOWがリピートで描かれバックには 何も言わずに獣医に連れていかれたニャー!究極な不正な犠牲者!!とフォトのネコとマッチしすぎるメッセージ!ヤバス!!!





意外とこだわって、しっかりとHatebreedをリスペクトしているのがわかりますww欲しい人いるのかは謎であるが一応アップしておきましたんで、ぜひww このアイテムはハードコア色が強いメーカーから仕入れることができるんだけど、だれの発案なのか?Hatebreedに許可とってるのかは不明である!!!

CATBREEDグッズはこちらから!


「俺は犬派だ!!」

って人はボーカルが犬のCaninusを聴きましょう!



犬でもネコでもね~よ!!おれはインコ派だ!

そんなあなたは2人と1羽からなるHatebeakを聴きましょう!!




世界って広いね!!

では!

【アンケート】「ヤギ@Rethpa.」さんが選んだビーチで聴きたい夏の名曲がこれだ!No11

コミューン

ラストスパート!今回も夏アンケートの回答を紹介していく!!


第11回目を飾るのはヤギ@Rethpa.さん、ありがとうございます!


では、早速、いってみよう!!!


1曲目:commune – same dawn number

爽快感が半端ないって!短パンが似合うジャパニーズハードコアバンドNo1!!!






2曲目:fc five – new greed

彼らを知ったのがちょうど夏だったので思い出深いです。





3曲目:Loyal To The Grave – Forecast

モッシュしたい!






4曲目:Hatebreed – Puritan

ゴリッゴリのタフガイ感に夏を感じる(語彙力)






5曲目:purification – holy war

WODしたい・・・w






夏に聴きたい最強アルバムは?

Commune – Get A Trophy

コミューン

ジャパニーズハードコア(メロディック)を代表する爽快感がやっぱり推しポイントです!!!爆音で聴きながら海岸線を車で走りたい!!!そして短パン!!!!!





夏に大活躍のバンドマーチといえば?

ハーフパンツ





今年夏一番のお気に入りのバンドTシャツは何?

CommuneのTシャツ!

12年経っても現役です!!





ヤギ@Rethpa.さん、ありがとうございます!初っ端からCommune!!激熱です!ハードコアの持つ疾走感ありポップでキャッチーなメロディー、当時はタマ〇ンがはみ出るくらい短い短パンをはいていたのを思い出す!後半のヘヴィーなパートやシンガロング、現在のイージーコアあたりが好きな人にもお勧めしたい名曲中の名曲!ビーチを抜け出してライブいに行きたくなる名曲ですね!そして2曲目にはfc five の new greed、1.2曲目と俺得な選曲、たまりません!日本が世界に誇るハードコアバンドですよね!僕は兄の影響でドはまりしたバンドです!!モダンオールドスクールハードコアから激情ハードコア、叙情派好きにもオススメ!最近ハードコアに目覚めたキッズたちにも何の迷いなくオススメできるバンドですね!そしてLoyal To The Grave の Forecast!!テンションぶち上げですね!ご存じ日本最大のハードコアフェス「Bloodaxe Festival」を主宰しているのがLoyal To The Grave!!

Bloodaxe fest

Still Climbin Still Believinに収録曲Forecast、ブルータルでメタリックでモッシー、レッツダンシング!そしてHatebreed の Puritan、ハードコア好きは間違いなく最高傑作に上げるSatisfaction Is the Death of Desireに収録されているこれまたハードコアの名曲!ま、名曲しかないんですがwwビーチでモッシュしているタフガイに吹っ飛ばされる自分を想像してしまったwwそしてラストはpurification の holy war!!イタリア産のまさにピュアなニュースクール!!!WODでビーチが地獄絵図になってしまいそうだ!・・・徐々に極悪になってく夏ソングでした!



そして夏に最強な一枚はCommuneのGet A Trophy!!色あせない名盤ですね!僕は少し後追いで好きになったバンドなんですが、何と言ってもバックボーンにハードコアがある!ここが大事!!今も色あせない名盤、久々に聴きなおします!!!



そしてこの夏のお気にのバンドTシャツはCommuneのTシャツ!12年物!!素晴らしいですね!しかも現役で活躍されているシャツ、保存方法を教えてほしい!!歴史と思い出、汗と涙、そんなすべてが詰まった一枚なんだろうと勝手に想像しています!



ヤギ@Rethpa.さん、最強な5曲に最強な一枚、その他の回答、マジでありがとう!


今回登場した5曲、持っていない曲はもちろん購入してプレイリストに追加しますね!!!!!

河内野

「ここまでか!」4K画質で見るHatebreedが最高な件!

ヘイトブリード

ここまでか!!




毎日、毎朝チェックする新しいビデオ、毎日毎日新しいビデオがアップされ知らなかったバンドやそのバンドのスタイリングをチェックしているんだけどさ、先週アップされたHatebreedのビデをを見てびっくり

とりあえず見てみて、

HATEBREED – Seven Enemies (OFFICIAL MUSIC VIDEO)

「マジやべ~!」サウンドはもちろんだけど画質よ画質、スマホユーザーは残念!パソコンの大画面で見る4K画質にマジびっくり!毛穴どころかけつの穴まで見えそうなほどクリア、グラフィティーが描かれたコンクリートの質感、ジェレミーのひげ、衣類の質感までばっちり、4Kまじすげーぜ!


これからはPVも4K画質になるとすれば大好きなバンドのPVがさらにリアルに、ライブ映像なんかもよりリアルに、スタイリングの参考にもしやすくなるのは良いがリアルすぎてライブに行かずに映像で我慢してしまうデメリットもあるね。

Hatebreed

スクショした画像も高画質の写真くらい繊細だね!バンドマーチには欠かせないバンドロゴ、やっぱりHatebreedのフレイムロゴは最高だね!


このフレイムロゴを見て思い出したのは、HundredthとBeing As An Oceanのツアーバスが燃えたってこと、朝起きたらバスが炎上してたって…災難すぎるね。とはいえメンバーにケガなどは一切なかったのは本当に良かった。



Hundredth

そういえばHundredthの新譜は 賛否両論だったね、シューゲイザーな美しいサウンドは個人的には大好物なんだけど、ここまで極端にサウンドチェンジがあるとは思わなかったから少し戸惑ったけど今はどっぷりはまってるで!あなたはどう?ハードコアからシューゲイザーの流れは自然なのだろうか?結構いるよねww



Hundredth – Vertigo (Visual)

叙情派ハードコアがこよなく愛する者にとっては結構否定的な意見があるけど、このサウンドチェンジは許せるどころか僕はアリアリだと思う。Counterpartsは相変わらず最高の叙情派ハードコアサウンド、新譜楽しみすぎる!!



Counterparts “Bouquet”

意外と知られていないんだけどVictory Recordsconveyerってバンドもチェックすべき!このバンドジワジワと人気出てきてるね!始まりはCBKを彷彿させるね!



Conveyer – No Future (Official Music Video)

最新のビデオで最高なのあったら教えてね!!



そうそう今日はTouché Amoréの真っ赤なシャツ装着(Lサイズ)派で色を着ると心躍るしテンションも上がる、この夏はいろんなカラーのシャツを装着してバンTライフを楽しむぜ!あなたもブラックなっかりじゃなくてヴィヴィッドなカラーも取り入れてみよう!

Touché Amoré

今日のコーデは


・Touché AmoréのTシャツLサイズ装着
・CBKのガチャベルト
・チノパンツ34インチ
・コンバースオールスター29cm






まだまだ1万円クーポンが手に入る確率はかなり高いぜ!

6月30日金曜日中に送ってくれ!!
1万円クーポンの当選者は7月の初旬に発表するね!



※スタイリング写真まだまだ募集中!投稿者全員に500円クーポンもプレゼント中!

あなたからの投稿、楽しみに待ってるぜ!!!

投稿していただいた最高なスタイリング写真は一気にこちらのページから見れるからチェックしてね!投稿があり次第更新していきます!




あまり気にせず軽いノリ的なスタンスで参加していただいたら大丈夫ですよ!ただただ、仲間たちでバンドマーチ着用スタイルを共有したいんですよね!
以前インスタにあげてた写真やWearの載っけた写真などでもいいし、ぼやけてても大丈夫っす!ww送っていただく内容も上半身だけだったらその他は空欄でいいしね。


・上半身のみでもOK
・ピンボケしててもOK
・顔が映ってなくてもOK

だからガンガン送ってみてよ、

着用画像の送り先はこちら!

随時募集中!あなたからの投稿待ってるぜ!!

コピペして画像と一緒にメールで送ってね!(記入したくないとこは記入せずでともOKです!)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■あなたのお名前:
(ニックネームでも構いません)

■身長:cm 体重: kg
(教えたくない方はなしでもOK!)

■ジャケットサイズ:

■アウターサイズ:
(パーカーやトレーナーなど)

■インナーサイズ:
(Tシャツ、LSなど)

■パンツのサイズやメーカー:

■スニーカーや靴などのメーカーやサイズ:

■着用しているグッズのバンドの名前
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

着用画像の送り先はこちら!

河内野

追伸:

Top 10 Bands To Watch at Warped Tour 2017

河内野