【サウンド】「初期は良かった」というのは正解なのか?

PB18424007

「3人もチェンジしたわいや~!」朝から下ネタ大好きなパイセンのデリヘルの話を小一時間も聞くことになるとは・・・ツライ、まじでツライ、そのパイセンは週3で事務所にやってくる、下ネタも嫌いじゃないけど、リアルさとグロさを兼ね備えたエゲツない話ばかり、3人チェンジしてもかわいい子には巡り合えなかったそうです・・・・


チェンジといえばさ、そのパイセンは大のメタリカ好きの40代後半、初期が大好き、And Justice For Allまでは何とか、ブラックアルバムでのミドルテンポでヘヴィーになったサウンドが許せなかったようである。いまだに言ってくるからねww


サウンドチェンジというか深化というか、Radio headFall out boyBrand New、一番記憶に新しいのだと、Suicide SilenceのNu-メタ化、Hundredthの叙情ハードコアからのシューゲイザー化などなど、BMTHもオルタナ化したか、ま~結構いるよね。



Suicide Silenceなんてボロっカスに言われてたけど、意外とアマゾンなどレヴューは評価が良いんだねwwマジで意外でしたwwwぼくは好きですよ~!


特にメタルコアやポストハードコアはNu-メタ化やオルタナ化、ロックバンドへと変貌するバンドが多いんだけど、Nu-メタ化は一時に比べると落ち着いてきたんだろうか?

The Word Aliveも、その一組、まモダン化ってい言ったほうがいいかな、アルバムは5月初旬に発売、新曲もかなりメロウなんだけど上手くポストハードコア/メタルコアな部分をマッチングさせてるから素晴らしいよね。




いろんな年代の音楽好きとよく話をするんだけど、30代半ばから40~50歳くらいとよく話して出てくるキーワードが


「初期はよかった」


本当に良く聞く言葉だと思わない?実際に初期のほうがよかったバンドもいるとは思うんだけど、結構な割合で「思い出補正」が入ってしまっていると思うんだよね。


初期からファンのバンド、やはり聴き始めた初期ってのはね、思い入れも強くなるし、おじさんがよく言う、「今の音楽は耳に入ってこない」ってのと似ているような、おじさんたちが青春時代に聴いていた音楽と今の音楽、サウンドの進化もあるけど音楽に対する思い入れも全然変わってくると思うんだ、今の20代が30代になればすごくわかるお思うんだけど、ま~これはポップスのことなんだけど。生活もがらりと変わるし音楽に触れる機会も減るわけでもある。


僕は相変わらず音楽まみれな生活を送っているわけだから同年代のやつよりかはすんなりと最新の音楽も吸収できている・・・・と思うww


僕たちの世界でも「初期はよかった」このワードは良く聞く、やはり粗削りで初期衝動なファーストが勢いがあるってのはすごくわかる、けどアルバムを出すたびに洗練もされていく、難しいところだ。


商業に変化するバンドはマジわかりやすくダサいけどwwといってもやはり生活もしていかなくちゃいけないし、バンドマンって大変だね(他人事)流行を狙わず深化して成功するのが一番かっこいいんだけど・・・・

話は戻って「初期はよかった」、この言葉僕も良く使っているような気がする、気を付けよう!あなたの周りにもいませんか?



初期はよかったおじさん

正解でもありそうでもない、ただの懐古主義のおじさんはスルーすればよい、けどやはり経験値や知識は多いおじさん、邪険にせずじっくり話を聞いて判断すればいいわけだ。


ぶれずに己の信念を突き通している変わらないバンド、常に新しいことにチャレンジし続けるバンド、どちらも正解なんだなとしみじみパイセンの下ネタを聞きながら思っていたことであった。



アドバイスとして言えるのは


現行のバンドばかり追いかけるのではなく、そのバンドのコアとなっている部分は何なのか?どんなバンドに影響を受けて今のサウンドを奏でているのか?ルーツを辿ると本当に面白いし楽しいんだよ、それはサウンドだけじゃなくスタイルやファッション、バンドマーチのデザイン、バンドのロゴなどなど、色々ね!!同じ趣味を持つ仲間との会話も弾むしね!

時間があったら、あなたが好きなバンドのルーツを探ってみてください!



ここからはリリースが迫っているバンドの音源を聴いていこう

そのバンドはどんなバンドに影響を受けているのか?いろいろ考えながら聴く方法も楽しいんじゃないかな!

The Plot In You

Convictions / Hope For The Broken

inVogue Recordsから5月後半に発売、オハイオ州フリーモント出身のポストハードコアバンド。

叙情性もありスケール感が壮大、前作「I will become」は結構話題になったよね、昨晩新作のMVが公開、Underoathを感じさせる部分もあるよね、2:30からのブレイクダウンもグッド、哀愁パートとの出し抜きがマジでうまいっす!



Blue Heaven

Blue Heaven / Volume One

アルバムは6月の初旬に発売、No Sleep Records所属メリーランド産、オシャレなインディーロックサウンド、ジャケットはSense FieldのTonight And Foreverに似ている気もしないでもない、さわやかですがもともとはハードコアやパンクをやっていたそうだ、幅広く愛されていきそうな期待感のあるバンド、今後が注目である!



State Champs

State Champs / Living Proof

Pure Noise Records所属、もはや説明不要ポップパンクバンドのステチャンことState Champsの3枚目となるNewアルバムが6月初旬に発売!!

下記のビデオはなんとBlink-182のMarkと共作っていう最強ソング、プロデューサーはGold FingerのJohn Feldmannもう聴く前から
とんでもないアルバムが出来上がるのが予想されるね!



Elder Brother

Elder Brother / Stay Inside Red

またまたPure Noise Records所属、The Story So FarのKevin Geyer、DaybreakerのDan RoseによるサイドプロジェクトElder Brotherのニューアルバムは5月半ばに発売!前作の大ファンとしてとても楽しみしていた音源、草原に寝転んで暖かみのあるギターサウンドにどっぷり浸りたい!



Modern Maps

Modern Maps / hope you’re happy

ここ最近では幅広いジャンルのリリースが目立つRise Records所属のオルタナロックバンド、エレクトロな次世代ロックの注目株!
Rise Recordsの後押しもあり人気が爆発するかもね!

アルバムは6月に発売!



Impending Doom

Impending Doom / The Sin and Doom

マジで待ってました!!!タフガイデスコアImpending Doom !!アルバムは6月後半!

一時期はスイサイよりもグッズが売れていたデスコア、デスロゴでは一番好きかも!!前作から5年だよ!待たせるね~!

今作もタフガイな暴虐サウンド期待してます!

相変わらずVo最強でしょう!!!

これらのバンドのMVを見て、「ここ〇〇っぽい!」「この展開〇〇っぽい!」「あのバンドに似ている!」感じる部分があるよね!純粋に楽しんでから聴きこむ過程でいろいろな発見をしてルーツを探るっていう聴き方も楽しいので是非!

では!

河内野

【17年度】てぃーやんさんが選んだ最強にハイセンスな10枚!!【NO.2】

俺の10枚

2017年も残すところ15日2週間と1日ってことだ。

今絶賛話題中なのは

ワープドツアーが正式に日本にやってくる!

ヘッドライナーはKornProphets Of Rage、そしてLimp Bizkit大好きなバンドではあるがワープドツアーっぽくないっていうか・・・・・

ま、開催されるだけ「すげ~」ってことでこれから発表されるメンツが楽しみである。

2018年も多くの来日やリリースが決定している、来年も初っ端から盛り上がっていきそうだね!



その前に2017年度「俺の10枚」で盛り上がっていきましょう!

今回はてぃーやんさんが選んだ「俺の10枚」を紹介!

ではスタ~~~~~ト!!!


2017ベスト10

BROCKHAMPTON

LAを中心に活動する新世代クルー、「ブロックハンプトン」ヒップホップの世界も幅広いですね、注目のクリエイティブ集団、Asapやタイラーとはまた違った新しい何かを生みだしてくれるような期待感、MVのセンスも抜群ですね!






Hundredth

Hundredthインディーロック/シューゲイザーのジャンルへと挑戦した「RARE」叙情派のハードコアからのサウンドチェンジで賛否両論だった作品、しかしそのインディーロック/シューゲイザーのサウンドがあまりにもレベルが高いため見つめざるを得ない、僕も大好きな作品である!






joji

なんと大阪出身でNYで活動する Joji Miller こと Joji 、2017年最高の新人アーティストの一人とも評価されるほど期待されまくりの注目のアーティスト、Rich ChiggaやIt G Ma!でおなじみのKeith Apeなどのアジア系アーティストを擁するクルーの88 Rising所属のようだ、アンビエントでエモーショナルなトラックにjojiのボイス、激音好きにも一度聴いていただきたい!






The White Noise

Fearless Records所属、ロス産、オルタナティブなハードコアパンクバンド、「The White Noise ホワイトノイズ」 Fearless Records所属なのに「AM/PM」はあまり日本では話題になりませんでしたね。個人的にはThe Plot in Youのランドンが参加した8曲目「Rated R」が大好き!






The Dirty Nil - Minimum R&B

カナダはダンダスを拠点にするエモ/グランジ/ガレージ/パンクポップ・トリオ「The Dirty Nil
ザ・ダーテー・ニル
」僕のような90年代に青春を迎えた世代、30代には懐かしくキッズたちには新しいサウンド、激しくポップでジャリジャリのディストーション、たまらんぜよ!懐かしいぜよ!






Code Orange

Roadrunner Records所属、圧巻のヘヴィネスとカオスをぶちまけるサウンドがなんとグラミーにノミネート、アンダーーグランドがオーバーグラウンドへとひっくり返る歴史的瞬間を見ることができるだろうか?Metal Hammer誌の今年のベストアルバムランキングではなんと3位、世界中がCode Orangeに夢中である!






Converge コンヴァージ


ですよねですよね~「Converge コンヴァージ」のThe Dusk In Us!個人的には今年のリリースでもっと待ち望んだ一枚!カオティック・ハードコア番長はやはり神ってました!人間離れしているんだけど人間味があるリアルな内容、伝わりにくいか….聴いてない人は間違いなく損しますよ!






私立恵比寿中学


コンヴァージからの急転直下ビートダウン!!私立恵比寿中学!!2009年8月結成、現役中学生が1人もいない「永遠に中学生」のグループ。通称「エビ中」、自称「King of 学芸会」。オジサンにはワカリマセン……しか~し普通に曲が良いじゃないか!!ほかの曲も聴いてみます。






Nothing But Thieves

UK/ サウスエンド出身の5人組、新世代UKロック・シーンの異端児、と言われてるんですが全く知らなかった!!Nothing But Thievesナッシング・バット・シーヴスすばらしい歌唱力がまず一番に印象に残った、If I Get Highという曲はダウンロードしました!来年1月に来日するようですね!ジャケ最高です!






Brand New  Science Fiction

約8年振りのアルバム「Science Fiction」は自身のレーベルProcrastinate! Music Traitorsからリリース、大手ではないインディペンデント流通による1位獲得したモンスター級のアルバム、毎回良い意味で裏切られてきたが、それが毎回アルバム出るたびに楽しみだった、それがなくらると思うと…ま、その期待も裏切っていきなりアルバムが発売されることもあるかもね!






BLG161201052

ハンドレッス

てぃーやんさんが選んだ2017年の最強の1枚
Hundredth の Rareでした!






BLG161201053

BROCKHAMPTON – LAMB






BLG161201054

Holding Absence – Heaven Knows

Holding Absence – Saint Cecilia






BLG161201055

銀杏BOYZ – 骨

ore171215023






BLG161201057

Polyphia/ポリフィア – Fallen Angels プルオーバーパーカー(ピンク)

Polyphia






My Girl (1991)


1972年、夏。
ペンシルベニアの田舎町に住むベーダは、優しいパパとおばあちゃんと一緒に暮らす11才の女の子。
ママはいないけれど、幼なじみのトーマスが心の支えになっていた。
ある日パパの葬儀社に美容師のシェリーが雇われた。
思春期を迎えたベーダはパパとシェリーの間に愛が芽生えたのを知って大ショック。
その夏、ベーダは初めてのキスと一生忘れない悲しみを経験する…。
初々しい演技が光るマコーレー・カルキンとアンナ・クラムスキー主演で贈る、フレッシュでちょっとセンチメンタルな初恋物語。






てぃーやんさんの最強の10枚いかがでしたか?去年も参加してくださったてぃーやんさんの10枚は今回も個性あるれるチョイス、幅広いジャンルを聴いていると自負してたけどまだまだ、知らない世界ばかり、私立恵比寿中学は衝撃でしたww


The Dirty Nilはしっかり購入するかレンタルしてみます、10枚の中のNo.1がHundredthのRare、まずジャケットに引き付けられますよね!かきむしるギターに浮遊感、クリーンのうまさも意外でした。さっきも言ったけどシューゲイザーサウンドとしての完成度も高く、中途半端なサウンドチェンジではなく本気、ハードコアを通過したシューゲイザーサウンドってことでハードコアな要素もよく聴けば散りばめられています、まさに最強な一枚でした!


最高なんですが最強な名曲がBROCKHAMPTONのLAMBってのが意外でした。トラックが気持ち良すぎます!てぃーやんさんはHiphopも詳しいんですか?大御所しかわからないんでまた教えてくださいね!


Holding Absenceにかんしてはさすがのウェールズ産、独特な世界観がMVでも表現されてますね!マーチも取り扱いしたんですが発売日が毎回延期されてしまって…


銀杏BOYZの「骨」とてつもないインパクトがありますね!ポップであり、リアルなドクロのマッチング、ポップだけど毒のあるジャケットデザイン、音源も聴いてみます!


今回も自部の中にない新しいジャンル新しい音源に出会えました!


ティーヤンさん最強な「俺の10枚」ありがとう!

そんなてぃーやんさんですがmsnthrpeという名でsoundcloudで活動しておられます!イケてるトラックばかり何でぜひチェックしてみてください!

msnthrpeのSoundcloudページはこちらをクリック!




引き続き2017年度「俺の10枚」アンケート募集中です!