【俺の10枚】2017年度の最強の1枚を決定!(Top5もあるよ!)

GG18113013


ありがとう!!!マジでありがとう!!総勢43名の仲間たちに参加していただきました!といっても20名近くの「俺の10枚」はまだ紹介できてないわけで…..さーせん!!ちょっとずつアップしていくから待っててね!



あなたのおかげで知らなかったバンド、スルーしていたバンドとも出会え、音源は20枚ほど購入、だから先月末からマーチが買えていないのがネックなんですがww

とにかく感謝感謝です!!ありがとう!!


ということで今回は届いたアンケートをまとめ合計430枚の中から2017年度の最強の1枚を選んでいくぜ!!

最強の1枚を発表する前にTop5を紹介!!!と思ったんだけど、6枚がズバ抜けて票数を獲得したんでTop6ね!!!

その前にTop6に入らなかったアルバムで上位にランクインしたアルバムも紹介しておこう!!

ハードコアでは

Backtrack – Bad To My World
Get The Shot – Infinite Punishment
Varials – Pain Again

が多く票を集めました。Get The Shotは海外のハードコアファンの中でも評価が高かったです!

ポストハードコア/メタルコアでは

Our Hollow, Our Home – Hartsick
While She Sleeps – You Are We
Ocens Ate Alaska Hikari
Miss May I – Shadows Inside
EMMURE – LOOK AT YOURSELF

Our Hollow, Our Homeが大健闘でしたね!Miss May Iもねクリーンが増えて離れたファンもいたけど大健闘!!そしてEMMUREは相変わらず人気、もうすぐ来日だね!!

Hundredth – Rare
The Black Dahlia Murder – nightbringers

が大健闘、Hundredthに関してはサンドチェンジしたけどそれでもアルバムの完成度がずば抜けていたことから上位にランクイン、ブラダリは貫禄ですね!




ではここから2017年度のTop6を紹介します!



Alazka – Phoenix
ALAZKA

6位に輝いたのはAlazka、Burning Down Alaskaから改名したポストハードコアバンドですね、しかも名曲揃い、Legasy、Blossomが好みですが、キラーチューンだらけの名盤でした! 2017年最高の1枚として選ぶ仲間も多かったです!ポストハードコアのドラマティック部門ならダントツで1位でした!!!グッズも取り扱いたいんですが発売が延期の連続!!購入できるようになったらすぐにアップするね!





Counterparts – You’re Not You Anymore
カウンターパーツ
叙情派ハードコアの代表格CounterpartsのYou’re Not You Anymoreが第5位!メンバーも大幅に変わって結構心配してたんですが、なんのそのこれぞCounterpatsって感じで安心、というかそうぞを超えて名盤でした、泣きの疾走、程よいクリーン、結構スラッシー、前も言ったけど泣きながら全力疾走しているような不思議な感覚を覚える、僕もお世話になった名作でした!





Code Orange – Forever
コードオレンジ
第4位に輝いたのはCode Orange のForeverでした、数多くある海外の2017のTop10アルバムなどチェックしてたんですが一番よく見かけたアルバムでしたね!2ndアルバム「I Am King」で僕たちの世界でも知名度が大幅に広がったんですが今作「Forever」ではさらに多くの音楽好きに広がった作品、超重力を感じる重低音サウンド、穏なエフェクト、これぞ究極のヘヴィーネスバンドではないでしょうか!





Neck Deep – The Peace and the Panic
ネックディープ

第3位に輝いたのはポップパンクの代名詞といっても過言ではないくらいに人気超爆発したNeck Deep、3枚目『The Peace And The Panic』アルバムチャート全米2位&全英4位だもんね、ポップパンクの歴史上語り継がれる名作かと!In Bloomは初めから最後まで全部歌えるくらいに聴いた名曲、前作に比べ落ち着いた感あるけど、前作よりも大好きな一枚、UkだけじゃなくUSそして日本でも大人気、来日のチケットは争奪戦になるかも?





Darkest Hour godless prophets & the migrant flora
ダーケストアワー
第2位に輝いたのはDarkest Hourの godless prophets & the migrant flora、多少のサウンドチェンジはあるけど良い意味でコア寄りに深化した一枚かと!聴く前から安心と信頼の「Darkest Hour」!前作は個人的には微妙だったけど、アルバムが出るたびに購入してしまう数少ないバンド。レコーディング・エンジニアにKurt、コンヴァージのね、最強でしょう!!日本盤のみボーナス・トラックにMINOR THREATとJUDAS PRIESTのカヴァーが入ってんだけどこれがまた良い!!買うなら日本版ね!そしてジャケデザイン最強です!!!最高なんだけど第2位になるとは!!良い意味で予想外、CDラックの一軍入り、数年たっても聴くだろう個人的に神作!今日のBGMもこのアルバム!





見事2017年度の最強な一枚に輝いたのは!!!



BLG161201052-0




Converge – The Dusk In Us
コンヴァージ
Converge毎回神ってるんだけど、今作の神度数は天文学的数字、現実に存在する唯一の神です!言い過ぎ?Convergeにしか出せない圧倒的な個性は今作も爆発、毎回想像を超える前衛的な進化、今作では「おとなしくなってしまった」そんな意見も耳にしたけど、「ちゃんと聴きこんでる?」って言いたいね。もともと持っていた叙情性も強くなり、そのおかげで相反する暴力性が際立つ、引き立ててくれるんだよね、全体を通して聴いたときの満足度は2時間の映画以上、アンケートを見ていてもメタルコア好き、パンク好き、デス好き、ハードコア好きがNo.1として挙げた作品、そこがすごいって思ったね!更なる高みへと突き進見続ける孤高なバンド、コンヴァージが総まとめ、17年度の頂点に選ばれました!





・第6位:AlazkaPhoenix
・第5位:CounterpartsYou’re Not You Anymore
・第4位:Code OrangeForever
・第3位:Neck DeepThe Peace and the Panic
・第2位:Darkest Hourgodless prophets & the migrant flora
・第1位:ConvergeThe Dusk In Us

という結果になりました。



ここでいったん、2017年度「俺の10枚」を終了させていただきます!!!

参加してくれたあなたマジありがとう!

1万円クーポンの当選者発表も楽しみに!!

先日はConvergeのジャケットを装着して夕日を眺めてきた、神々しいでしょ?

Converge

では!

【17年度】「つよさん」が選んだ2017年度「最強な10枚!」【No.4】

TUYO171220001

2017年も残すところ10日をきったぜ!いよいよ2017年も終焉を迎える!!

17年度、「俺の10枚」も数多く届いているんだけど、自分の10枚が選びきれない、そう思うとあなたも悩んで悩んで最高の10枚を「時間かけて選んでくれたんだ!」と思うとマジでうれしいです!!そしてありがとう!

先日発売されたFacedown Records所属For All Eternityの最新アルバム「The Will To Rebuild」がやばすぎたんだよね、俺の10枚に入るか?入れないか?マジで迷う……..

迷ている間にも数多くの「俺の10枚」が届いているわけで、今回は「つよさん」が選んだ「俺の10枚」を紹介していくぜ!!

BLG161201052-0俺の10枚


コンヴァージ

1枚目はConverge最新アルバム「The Dusk In Us」狂気で彩られた暗黒かつ美しい最強のアルバム、何に形容もしがたい無二のサウンド、わたくし毎日聴いてます!!








コード・オレンジ


Code Orangeからはグラミーにノミネートされている作品「Forever」やはり彼らの魅力は圧巻のライブパフォーマンス、ライブ映像も必見です!!








カムバックキッド

カナダを代表するハードコアバンドComeback Kid、6枚目のアルバム「Outsider」前回は減っていた叙情性も復活し疾走かつエモーショナルでモッシュ&シンガロング必須の最強のモダン・オールドスクールハードコア、ゲストも豪華でまさかのDEVIN TOWNSENDってのは意外だった!








バックトラック

Bridge Nine Records所属、前作同様、Terrorのニックがプロヂュース!「ついこないだ」と思っていた前作から3年、待ちに待ったBacktrack 、現行のハードコアのスタンダード的な一枚!さらっと聴けるんで100回以上は軽く愛聴してます!タフでストレートでグルーヴィー、ハードコアの魅力がすべて詰まった最強アルバム!








スロープ

BDHW Records所属のジャーマンハードコア、TurnstileやTrapped Under IceやAngeldustなどのPop Wig Records好きならたまらないバンド、BDHWのサンプラーの1曲目を飾っていたぐらい期待されているハードコアバンド、MVやジャケットアート、マーチのセンスも抜群です!








ゲット・ザ・ショット


カナダはケベック産メタリックかつグルーヴィーな注目のハードコアバンド、ハイピッチなボーカル、グルービーに歌ったりと個性が爆発している!ハードコアxクロスオーバーな作品の中でも群を抜いて完成度高い一枚!僕も購入する予定!








ヴィクティム・オブ・ディセプション

TRIPLE VISION所属、東京産5ピースのデスコアバンドVictim Of Deception世界基準のサウンドそしてヴォーカル….才能あふれるボーカリスト・Daichiさんは急病で亡くなられたようで……日本だけでなく世界の中でも重要な17年度のデスコア作品である!








ウィー・ライド

Victory Records所属スペイン産ハードコアバンド、なぜかYoutubeの広告でよく流れてきたときは「女版Comeback Kidか?」という印象で速攻チェックしたのを覚えています!ハイトーンが心地よく、程よいエモーショナル、モッシュパートやブレイクもレベルが高くコーラスでは思わずこぶしを上げて一緒にシンガロングしたくなる最高な一枚でした!








テラー


まさかのPure Noiseへの移籍、からのあいさつ代わりのEP、MADBALLの「Step To You」のカバーには震えましたね!NYHC、極悪兄弟、フレディーとロジャーがゲストボーカルで参加と俺得な一枚、日本盤歌詞対訳付のALLIANCE TRAX盤、日本版を買うべき!相変わらず己の信念を貫くぶれない奴ら!お気に入りはKill ‘Em Off です!「キルモ~キルモ~♪」








ディス・パッチ・オブ・スカイ


バンド自体知らず、ダンケルク産に教えていただいたバンド、ジャケットのような浮遊感、別世界、異空間にトリップできる一枚、このアルバムのおかげでよい夢見れました!








BLG161201052

つよさんが選んだ2017年の最強の1枚
Code Orange の Foreverでした!

コードオレンジ








BLG161201053

つよさんが選んだ2017年の最強の名曲
ConvergeI Can Tell You About Painでした!








BLG161201054

GET THE SHOT – BLACKENED SUN FEAT. JESSE BARNETT









BLG161201055

This Patch of Sky / These Small Spaces

This Patch of Sky These Small Spaces








BLG161201057

Alazkaのblack×goldのパーカー

ちょっと画像が見つかりませんでした…








BLG161201059

仮面ライダー平成ジェネレーションズfinal








つよさん最強の10枚はどうだった?頭文字がCOで始まるバンドの3連ちゃんで始まり、ハードコアをメインにデスオアVictim Of Deception、そしてインストゥルメンタル/ポスト・ロック・バンドThis Patch of Skyで幕を閉めた。


そんな最強の10枚の中でつよさん最強の1枚Code OrangeForeverこれでグラミーを獲ればハードコアだけでなくラウドミュージックの歴史的傑作に!グラミーが楽しみである。まさか異形のハードコアバンドがこんな大きい存在になるとは!!


Get The Shotはついさっきポチりましたよ!超好みなサウンド、ボーカルの声も大好き!MVも最高でした。


This Patch of Sky の These Small Spacesのアートワークが出来上がるまでの工程がMVになっていますね!これくらいイジれたら楽しいだろうな~!



Alazkaのblack×goldのパーカーはどんなデザインなのかとても気になりますね、そして最後は仮面ライダー平成ジェネレーションズfinal、全く未知の世界、仮面ライダーの進化にびっくりでしたww

つよさん、最強な「俺の10枚」ありがとう!



引き続き2017年度「俺の10枚」アンケート募集中です!

【17年度】てぃーやんさんが選んだ最強にハイセンスな10枚!!【NO.2】

俺の10枚

2017年も残すところ15日2週間と1日ってことだ。

今絶賛話題中なのは

ワープドツアーが正式に日本にやってくる!

ヘッドライナーはKornProphets Of Rage、そしてLimp Bizkit大好きなバンドではあるがワープドツアーっぽくないっていうか・・・・・

ま、開催されるだけ「すげ~」ってことでこれから発表されるメンツが楽しみである。

2018年も多くの来日やリリースが決定している、来年も初っ端から盛り上がっていきそうだね!



その前に2017年度「俺の10枚」で盛り上がっていきましょう!

今回はてぃーやんさんが選んだ「俺の10枚」を紹介!

ではスタ~~~~~ト!!!


2017ベスト10

BROCKHAMPTON

LAを中心に活動する新世代クルー、「ブロックハンプトン」ヒップホップの世界も幅広いですね、注目のクリエイティブ集団、Asapやタイラーとはまた違った新しい何かを生みだしてくれるような期待感、MVのセンスも抜群ですね!






Hundredth

Hundredthインディーロック/シューゲイザーのジャンルへと挑戦した「RARE」叙情派のハードコアからのサウンドチェンジで賛否両論だった作品、しかしそのインディーロック/シューゲイザーのサウンドがあまりにもレベルが高いため見つめざるを得ない、僕も大好きな作品である!






joji

なんと大阪出身でNYで活動する Joji Miller こと Joji 、2017年最高の新人アーティストの一人とも評価されるほど期待されまくりの注目のアーティスト、Rich ChiggaやIt G Ma!でおなじみのKeith Apeなどのアジア系アーティストを擁するクルーの88 Rising所属のようだ、アンビエントでエモーショナルなトラックにjojiのボイス、激音好きにも一度聴いていただきたい!






The White Noise

Fearless Records所属、ロス産、オルタナティブなハードコアパンクバンド、「The White Noise ホワイトノイズ」 Fearless Records所属なのに「AM/PM」はあまり日本では話題になりませんでしたね。個人的にはThe Plot in Youのランドンが参加した8曲目「Rated R」が大好き!






The Dirty Nil - Minimum R&B

カナダはダンダスを拠点にするエモ/グランジ/ガレージ/パンクポップ・トリオ「The Dirty Nil
ザ・ダーテー・ニル
」僕のような90年代に青春を迎えた世代、30代には懐かしくキッズたちには新しいサウンド、激しくポップでジャリジャリのディストーション、たまらんぜよ!懐かしいぜよ!






Code Orange

Roadrunner Records所属、圧巻のヘヴィネスとカオスをぶちまけるサウンドがなんとグラミーにノミネート、アンダーーグランドがオーバーグラウンドへとひっくり返る歴史的瞬間を見ることができるだろうか?Metal Hammer誌の今年のベストアルバムランキングではなんと3位、世界中がCode Orangeに夢中である!






Converge コンヴァージ


ですよねですよね~「Converge コンヴァージ」のThe Dusk In Us!個人的には今年のリリースでもっと待ち望んだ一枚!カオティック・ハードコア番長はやはり神ってました!人間離れしているんだけど人間味があるリアルな内容、伝わりにくいか….聴いてない人は間違いなく損しますよ!






私立恵比寿中学


コンヴァージからの急転直下ビートダウン!!私立恵比寿中学!!2009年8月結成、現役中学生が1人もいない「永遠に中学生」のグループ。通称「エビ中」、自称「King of 学芸会」。オジサンにはワカリマセン……しか~し普通に曲が良いじゃないか!!ほかの曲も聴いてみます。






Nothing But Thieves

UK/ サウスエンド出身の5人組、新世代UKロック・シーンの異端児、と言われてるんですが全く知らなかった!!Nothing But Thievesナッシング・バット・シーヴスすばらしい歌唱力がまず一番に印象に残った、If I Get Highという曲はダウンロードしました!来年1月に来日するようですね!ジャケ最高です!






Brand New  Science Fiction

約8年振りのアルバム「Science Fiction」は自身のレーベルProcrastinate! Music Traitorsからリリース、大手ではないインディペンデント流通による1位獲得したモンスター級のアルバム、毎回良い意味で裏切られてきたが、それが毎回アルバム出るたびに楽しみだった、それがなくらると思うと…ま、その期待も裏切っていきなりアルバムが発売されることもあるかもね!






BLG161201052

ハンドレッス

てぃーやんさんが選んだ2017年の最強の1枚
Hundredth の Rareでした!






BLG161201053

BROCKHAMPTON – LAMB






BLG161201054

Holding Absence – Heaven Knows

Holding Absence – Saint Cecilia






BLG161201055

銀杏BOYZ – 骨

ore171215023






BLG161201057

Polyphia/ポリフィア – Fallen Angels プルオーバーパーカー(ピンク)

Polyphia






My Girl (1991)


1972年、夏。
ペンシルベニアの田舎町に住むベーダは、優しいパパとおばあちゃんと一緒に暮らす11才の女の子。
ママはいないけれど、幼なじみのトーマスが心の支えになっていた。
ある日パパの葬儀社に美容師のシェリーが雇われた。
思春期を迎えたベーダはパパとシェリーの間に愛が芽生えたのを知って大ショック。
その夏、ベーダは初めてのキスと一生忘れない悲しみを経験する…。
初々しい演技が光るマコーレー・カルキンとアンナ・クラムスキー主演で贈る、フレッシュでちょっとセンチメンタルな初恋物語。






てぃーやんさんの最強の10枚いかがでしたか?去年も参加してくださったてぃーやんさんの10枚は今回も個性あるれるチョイス、幅広いジャンルを聴いていると自負してたけどまだまだ、知らない世界ばかり、私立恵比寿中学は衝撃でしたww


The Dirty Nilはしっかり購入するかレンタルしてみます、10枚の中のNo.1がHundredthのRare、まずジャケットに引き付けられますよね!かきむしるギターに浮遊感、クリーンのうまさも意外でした。さっきも言ったけどシューゲイザーサウンドとしての完成度も高く、中途半端なサウンドチェンジではなく本気、ハードコアを通過したシューゲイザーサウンドってことでハードコアな要素もよく聴けば散りばめられています、まさに最強な一枚でした!


最高なんですが最強な名曲がBROCKHAMPTONのLAMBってのが意外でした。トラックが気持ち良すぎます!てぃーやんさんはHiphopも詳しいんですか?大御所しかわからないんでまた教えてくださいね!


Holding Absenceにかんしてはさすがのウェールズ産、独特な世界観がMVでも表現されてますね!マーチも取り扱いしたんですが発売日が毎回延期されてしまって…


銀杏BOYZの「骨」とてつもないインパクトがありますね!ポップであり、リアルなドクロのマッチング、ポップだけど毒のあるジャケットデザイン、音源も聴いてみます!


今回も自部の中にない新しいジャンル新しい音源に出会えました!


ティーヤンさん最強な「俺の10枚」ありがとう!

そんなてぃーやんさんですがmsnthrpeという名でsoundcloudで活動しておられます!イケてるトラックばかり何でぜひチェックしてみてください!

msnthrpeのSoundcloudページはこちらをクリック!




引き続き2017年度「俺の10枚」アンケート募集中です!

たまには音源の紹介もしていこうかな!今回は【ハードコア】最新クリップ特集で!

hardcore

Convergeの新譜「DUSK IN US」手に入れました!!!

という声をいただいた。しか~し、ワタクシには


届いていないんですけど!!!


これだから地方は……


チェックしてみると、タワレコやユニオンには到着して、店頭販売が開始しているようだ。


ということは僕の手元に届くのは明日?Youtubeでは全曲が公開されているけど、「何としてもこの手に入れるまでは!」とMVになっていない曲は聴いていない!!ようやく明日この手に「DUSK IN US」が!!!Quicksandの新譜「Interiors」は全曲Youtubeで聴いちゃったけどwwこれまた激やばかった!!



で、「DUSK IN US」どうだった? 自分が良ければいいんだけど、やはり大好きなバンドだとほかのファンたちの声も気になっちゃうんだよねww

今はこの曲で我慢します!

今晩は玄関に布団を引いて、翌日「DUSK IN US」がポストに投函された瞬間にドアを思いっきり開けて郵便局員をびっくりさせてやるぜ!今晩は震えて眠ります!

てか、今年の10枚アンケートを開催する予定なんだけどさ、マジで今年も豊作だったよね、間違いなくConvergeはオレの10枚にランクインします(※まだ聴いてないけど)しかも17年後半に発売されたアルバムを多く選ぶ形になりそうだ。

あなたも選んどいてね!



たまには音源の紹介もしていこうかな。今回はハードコアMV特集で!


ConvergeのメンバーHope ConspiracyのメンバーによるハードコアバンドAll Pigs Must Dieプロデュースはお馴染みKurt、コンヴァージの新譜並みに重要な作品だね!

All Pigs Must Die





ハードコア好きからは微妙な位置づけとされる前作「Suffer,Survive」からもう12年か!! 「I’ll Blood」のころに回帰か?!と思いきやごっちゃまぜ!1曲目はもろにベイエリアスラッシュ、ボーカルの音質まで、あれ、テスタメント?って思っちゃうくらいwwけどこれがまた良いんです!!Alice in chainsみたいな曲があったりと幅広いサウンドの一枚、これまた今年の10枚に入りそうな予感だ!

NO WARNING






Trapped Under Iceよりも人気出ちゃってしまった感が否めないハードコアのニューヒーローTurnstileのニュービデオ!この曲、Snapcaseを思い出したのは僕だけじゃないはず!またまた進化しちゃってますww

Turnstile






思わずジャケ買いしてしまいそうなシャレオツなアートワークのアルバムは7年ぶり!ジャーマンビートダウンUNITED AND STRONG!!ストレートなNYHCでほんのりハードコアパンクな要素、NYHC好きなら間違いないね!

UNITED AND STRONG






ニューヨークはあるバニーを拠点にRiseからのepもついに発売された期待のハードコアバンドDownswingRiseもハードコアバンド増えてきたね!

Downswing






同じくRise Recordsからオージー産、暗黒ハードコア、ボーカルはなんと女性!Code OrangeNAILSなども影響を感じさせるヘヴィーサウンド!Kublai Khan好きなら間違いないね!

Cursed Earth





Good Fight Music所属、ボストンハードコアGreat American Ghost、カオティックかつメタリックでヘヴィーかつ暗黒でしっかり落とす、マーチもイケてます!

Great American Ghost





相変わらずのストロングなモッシュ・コアスタイルで安心!BDHWから新譜もついに発売!ライオ~~ンハ~~♪

Great American Ghost





NY産オルタナティヴ要素が強いが紹介させていただきたいオルタナ/ハードコアパンクDrug Church、No Sleep RecordsからPure Noise Recordsに移籍!!Pure Noiseさん、センス良いバンドしっかりとつかまえるよね~!オルタナなサウンドに骨太なボーカルの違和感が最高に好きなんです!

Drug Church





最後はやっぱりマッボー!!Wisdom In Chainsとのスプリットも全然話題になっていないのが悲しすぎる!前作のアルバムHARDCORE LIVES以来の新曲だよね!ユーロ圏などのビートダウンハードコアのほうが聴く回数は多くなっているがやはりNYHC相変わらずクールです!来年はアルバム発売予定らしいぜ!!!!

Madball





Madballフレディーの兄貴ロジャーといえばAGNOSTIC FRONT! そんなアグノの活動を追ったドキュメンタリー・フィルムTHE GODFATHERS OF HARDCOREのトレイラー映像が公開されたね!スティグマのおじきはもう還暦60歳を超えてるんだぜ!

Pure NoiseやRiseなどのようにいろんなレーベルからゴリゴリのハードコアバンドの音源が発売されたらピュアなハードコア人気がとんでもないことになりそうだね!

では!

河内野

「松崎しげる」に学ぶブラックの魅力!

ブラック

黒のカリスマ、Shigeru Matuzaki「松崎しげる」とカルビーのスペシャルコラボ作品

黒いポテリッチ

が発売されたのはご存じだろうか?

ブラッケンド・ハードコアにも負けない漆黒なブラックしげるが「デヴュー!!」とスクリーム、雄たけびを上げるこの動画、そこら辺のMVよりもインパクトがあり僕の記憶の中に漆黒なブラックの愛のメモリーを刻んでくれた!

ポテリッチ「濃厚!しげるTV」 浮き出るしげる編

ブラックボディーにうっすらと映る漆黒のしげるシャツが販売されるなら僕は迷わず購入するだろう。

松崎しげる

35周年に発売されたアルバムはなんと14曲入り、すべてがしげるの代表曲(※それ以外知らねーけど)「愛のメモリー」という一般人が理解できないカオスなアルバム。さすがのカリスマ、やることが違うぜ!

この夏もいろんなカラーリングでバンドマーチのスタイリングをしてきたわけだけど、結局のところやっぱりブラックのTシャツを一番着用していた、バンドマーチの生産されているカラーの割合でいえば仕方がないんだが昔に比べればカラーヴァリエーションも増え柄のアイテムも増えている、のになぜブラックを選んでしまうのだろうか?

■黒色の心理効果といえば

 

・実際よりものを重く感じさせる
・強さや圧力、権力など力を感じさせる。
・高級感を与える。
・自己主張を強くする。
・暗い気持ちになる。
・老化を促進させる。


・ポジティブイメージ(一例): 高級、神秘、自信、威厳
・ネガティブイメージ(一例): 絶望、孤独、恐怖、暗い

■黒の性格・キャラクター


無口、ひとりが好き、音楽が好き、打ち解けない、嫌われ者と思っている、才能があると思っている、他人が怖い、孤独、独立心が強い、完璧主義、威厳、粘り強い、ポーカーフェイス、自信過剰、近寄りがたい、秘密主義、強情、干渉されたくない、芸術肌、反骨精神旺盛

参照元


合わせやすいってのが一番の理由なのかもしれないけど、「自己主張」「近寄りがたい」「芸術肌」「反骨精神旺盛」という部分ではすごく共感できる。もしブラックくらいほかのカラーが生産されていたのならわざわざブラックを選ぶのだろうか?もしそうであってもブラックを選んでしまうんだろうな。

僕に当てはまったのは

無口、(無駄なことはあまり話したくない)※若干コミュ障ですww
ひとりが好き、(群れるのがあまり好きではない)
嫌われ者と思っている(一般人からすれば…)
干渉されたくない(ほっておいてほしいw)

当てはまる項目が多すぎる。けどネガティブな要素、多くない?!!

けどブラックが大好きだ

ブラックのイメージ、あなたは当てはまった?

ブラックといえば、ベルギー産の暗黒大将Integrityと、東京のハードコアバンドCreepoutによるジャパンツアーがいよいよ来月からスタート!

INTEGRITY

INTEGRITY – “Burning Beneath the Devils Cross” (Official Video)



暗黒なハードコア、アングラ間でまくりのハードコアも人気ってことでおすすめのバンド貼ってくぜ!



ロス産、暗黒ハードコアTWITCHING TONGUES、ダークでメタリック、超絶ヘヴィーなサウンド!

Twitching Tongues “Insincerely Yours” (OFFICIAL VIDEO)





シカゴ産 、極悪ハードコアバンドNo Zodiac精神と時の部屋で修行しているような、とにかく重苦しいサウンドは病みつきになります!

No Zodiac – Santisima Muerte





極悪といえば忘れていけないのがXIBALBA

Xibalba- “GUERRILLA”





落としまくる落としまくる!もはや地獄絵図のような横網級スローパートは暗黒極まりない!Code Orange!!

Code Orange – Forever [OFFICIAL VIDEO]





僕の中ではやはり暗黒帝王といえばToday Is the Day!!聴いてるだけで体調が悪化しそうな病的変態サウンド。最初は受け継無かったんだけどね、今でもうやめられません!

Today Is the Day ‎– Sadness Will Prevail

掘り下げればきりがないほどいる暗黒ハードコアあなたのおすすめは?

では!

河内野