【2020年8月部門】の見逃せないインディー・パンク・ハードコア・デス・ポストハードコア、リリース14選!

202007AB042

暑い暑い暑すぎる!!!クーラーは壊れ、室内温度39℃の環境で頑張っております、楽しみにしていた夏がやってきたけどここまで暑いとね、仕事の合間には冷房フルマックスにしてドライブがてらに佐川急便へと梱包袋を取りに行く。


そして帰り道に事件が起こる・・・車のダッシュボードから何か動く物体が、深い森のようなグリーンにうねるように動くいくつもの足、そうですム・カ・デ!!!

202007AB043



マライアキャリーの高音、ホイッスルボイス並みに悲鳴を上げてしまった、しかも国道で止まることもできない、ムカデはダッシュボードから完全い飛び出し、サイドの窓の縁を上り天井に・・・・

事故らないよう前を見ながら、ムカデの動きもチェック、写真で撮ったら完全い顔だけブレてしまうくらい斜め左前とブラストビート並みに高速に首を動かす。イメージはこのCode Orangeのマーチデザインのような・・・・



Code Orange


ムカデはもう頭上近くまで這ってきている、このまま落ちてきたらジ・エンド

しっかりと安全確認しながらコンビニの駐車場に止め、速攻で脱出、ムカデは運転席の天井、頭上位置に陣取る、「何とかしなければ」と後部座席にあったアマゾンの段ボールでムカデと天井の間にスゥ~っと、段ボールに移動したムカデを反対側の開けたドアの方向に段ボールごと全力投球するも・・・



段ボールがまっすぐ飛ぶはずもなく、助手席に不時着、そしてムカデはそこにいない・・・・・帰れない・・・・


灼熱の紫外線を浴びながら徒歩でドラッグストアへ、そして購入したのが



車内のどこか気いるのはマチガイナイ、車内にスプレーを全力噴射!!!ちょっと吸ってしまって気分が・・・コンビニで20分ほど待機して車をチェックするもムカデの屍は一向に見当たらず・・・・諦め無事に帰路に就いたのであった。



いかがでしたか夏のある意味怖い話2020、ムカデはこの時期多いらしいよ!あなたの車にもムカデキンチョール 駆除・忌避スプレー 300mL 行動停止プラスを一本常備しときましょう!!




では!



河内野




じゃなくて・・・すでに6日経過しましたがついに8月に突入!

今回は8月のリリース作品を紹介していこう!ってブログ!今回もジャンル幅広く紹介していきまっせ!


見逃してはいけない8月のリリース音源紹介!


あなたの感性に刺さる音源が1枚でも見つかるとマジ嬉しです!では早速いってみよう!!!




ore10005



ore10005




ore10005





■ Misery Signals – 「Ultraviolet」 08/07

Intronaut

Absent Lightから早7年、Misery SIgnalsの新譜がついに!!!!The Ghost Insideの復活とはまた違う感動だね!歓喜したファンも多いはず!全叙情派好きにお勧めしたい1枚!このブログがアップされる頃のはもうすでに公開されているかもね!5月に書いた記事を見てもらえればわかると思うんだけど、ほんとほんとに楽しみにしていた1枚!

■ニューマーチもアップしたから下記バナーをクリックしてチェックしてね!

Misery Signals / ミザリー・シグナルズ

<







■ Throw The Fight – 「Settle Your Sins」 08/07

Intronaut


ロック寄りのスクリーモ、ポストハードコアバンドThrow The Fight、程よくメタリックでキャッチー、まだやってたんだね!突出した個性はないものの引き込まれてしまうのはやはりグッドメロディー、公開されている曲もすべてがグッドメロディー、Funeral For A FriendやStory Of The Year好きなら間違いないね!







4枚目となるNewアルバム「To Better Days」

■ Slaves – 「To Better Days」 08/07

Intronaut

何度も解雇されているJonny Craigから新ボーカルにMatt McAndrewを迎えたニューアルバムが遂に!Jonnyにも引けを取らない歌うまマット!今作もシャレオツなポストハードコアサウンドを奏でる、さらに空間の広がりを見せるスケールのでかい楽曲、公開されている曲共にハイクオリティーな楽曲、ジョニーじゃなくてもソングライティングのレベルが極上なので安心して聴けますね!







■ Year Of The Knife – 「Internal Incarceration」 08/07

Intronaut


デラウェア産、Pure Noise Records所属、新生代ブルータルハードコアバンドYear Of The Knife待望のニューアルバム「Internal Incarceration」がいよいよ!公開されている楽曲も相変わらずのブルータルでウルトラヘヴィーサウンド、前作よりもミックス、マスタリングが向上しているのかヘヴィーなサウンドの迫力が増し増しですよね!!Pure Noiseのハードコア勢の中でも一歩、2歩と飛び出してしまうかもね!あとニューマーチもアップしたんで要チェックね!

Year Of The Knife       Internal Incarceration







■ Stand Atlantic – 「Pink Elephant」 08/07

Intronaut

オージー産ポップパンク!Stand Atlanticのニューアルバム「Pink Elephant」よりダイナミックなトレンドでもあるエレクトロなロックテイストを強め、脱ポップパンクを図っていこうという流れも見える一枚!ポップパンクとロックが絶妙なバランスで保たれている、ポップパンク、ロック好きからも支持を受ける一枚かと!







■ Ingested – 「WOGMT」 08/14

Intronaut

ブルデスIngestedのニューアルバムがもうすぐ発売!TOOL – SoberやStatic-X – Push It のようなクレイアニメーションの動画が一部でバズった新曲 Another Breathでは新境地を感じさせるボーカルにメロディーを導入しサウンドもさらに深化している、まだ1曲のみの公開なのでわからないがトーンでもないアルバムがドロップされてしまうんじゃないかと期待しております!







■ State Champs – 「Unplugged」 08/14

Intronaut

説明不要、ステチャンことState Champsから結成10周年を記念して作られたアンプラグド作6曲入りのEPではあるがIce Grillsから発売される日本版はさらに7曲追加とサブスクで聴いてCDは日本版を買うのがおすすめ!さすがのソングライティング、アコースティックなサウンドになろうが群を抜いてハイセンスなメロディーは極上!避暑地に行ってコーヒーでも飲みながら聴きたいね!







■ Cytotoxin – 「Nuklearth」 08/14

Intronaut

ジャーマンテックデス、3枚目GAMMAGEDDONから3年ぶりの新作「Nuklearth」がもうすぐリリース!ゲルマンソルジャーのような見た目通りブルータルでありながらも繊細でテクニカル、テックデスとブルデスを見事に融合させたサウンドは新曲でも健在、テックデスの中でも一番期待している楽しみな一枚!







■ No Redeeming Social Value – 「Wasted For Life」 08/14

Intronaut

NY・ドリンキン・パーティー・ハードコア!先日THUG RIOTとのスプリットも記憶に新しいNo Redeeming Social Value!!Dead City Recordsからニューアルバムリリース、公開されている新曲も相変わらずノリノリ、oi、ハードコア、パンクのごっちゃ混ぜサウンド、さすがのベテランの風格!アルバムのアートも最高なんでこのデザインのマーチが発売されたらうれしいのですが・・・







■ Be Well – 「The Weight And The Cost」 08/21

Intronaut

BANE、CONVERGE、TEN YARD FIGHTを渡り歩いてきたAaron DalbecにBATTERYのBrian McTernan、同じくBATTERYやDARKEST HOURにも在籍したMike Schleibaum、個人的に思い入れのあるエモバンドFAIRWEATHERのメンバー二人の激やばメンツで結成されたBe Well、待望のファーストフルがEqual Visionから!彼らの経験を生かした渋さも持ち合わせたエモーショナルなハードコアサウンド、メロディックから、モダンオールドスクール、パンク好きも思わず反応してしまうでしょう!8月のリリースの中でも特に楽しみな一枚!







■ RESERVING DIRTNAPS – 「ANOTHER DISASTER」 08/21

Intronaut

War RecordsからニューEPをリリースするメタリックハードコアバンドRESERVING DIRTNAPS!筋金入りのThug感あるヘヴィーなメタリックサウンド、初期THROWDOWN、Full Brown Chaos、Thick As Bloodなんかが好きなら間違いないね!Quennswayのパトリックもゲスト参加!EPだけど楽しみな一枚!モッシュコア、メタリックハードコア好きは必聴!!







■ Gorgatron – 「Pathogenic Automation」 08/21

Intronaut

ノースダコタ産デスメタル、Gorgatronのニューアルバムが8月後半いリリース!オールドスクールなデスラッシュスタイルなサウンド、Anthrax、Testament、Black Dahlia Murderなどとも共演しある程度の知名度はあるバンドだが日本ではまだまだ知名度の低いバンド、デスメタルからフロリダあたりのオールドデス、メタリックなハードコア好きにもアピールできるバンド、15年リリースの前作からサウンドのクオリティーも数段にアップしています!







■ Narrow Head – 「12th House Rock」 08/28

Intronaut

RUN FOR COVER RECORDSがプッシュするオルタナ/エモバンド、公開されている新曲はオージーを代表するグランジSilverchairやスマパンも感じさせる。90’sオルタナグランジサウンドからエモコア、シューゲイズと近年のトレンドでもあるオルタナシューゲイズ、Nothing好きにも激プッシュしたいバンド!個人的には先日リリースされたHUMの新譜よりもNarrow Headの新譜のほうが楽しみだったりする・・・







■ VENOMOUS CONCEPT – 「Politics versus the erection」 08/28

Intronaut

Napalm DeathやBrutal Truthなどグラインドのレジェンドが結成したグラインドコア/ハードコアパンクバンドVENOMOUS CONCEPTのニューアルバム「Politics versus the erection」が8月の終わりにリリース!前作同様ハイスピードのハードコアパンクに乗るKevinのヴォーカルが最高なんです!公開されている新曲は珍しく3分を越えているし、Lemonadeは少しエモーショナルなギターのメロディーラインとキャッチーで爽快で爆走するサウンドが少し深化しているイメージ!







■ BRACKET – 「Best of Wurst」 08/28

Intronaut

カリ産メロディックパンク!BRACKET!!19年リリースされたニューアルバムも記憶に新しいが早くもニューアルバムが!と思いきや未発表曲やBサイド曲デモ曲やアコースティックソングを集めたアルバム!と言ってもこのリリースはマジうれしい!どこまでもキャッチーでありながらも哀愁あり、天才的な独特なメロディーライン!、1曲も公開されていないから余計と楽しみだ!MVは去年リリースのアルバムから1曲!







といった感じの8月のリリース情報でした、気にいったバンドはいたかな?9月のリリースはさらにヤバいんで楽しみにしててね!前半紹介したバンドのアルバムはすでに配信がスタートしましたね!Misery SIgnalsのUltravioletがスザマジく素晴らしいのだが!と言ってみたもののまだ2曲目Sunliferまで聴いていないんだけどこのSunliferで鳥肌立ってしまった!!久々なこのぞくぞくする感覚、今夜はMS祭りだ!!!やはりヴォーカルはJesse派です!





では!



河内野






追伸:



HEALTHとFull of Hellのコラボ曲Full of Healthも最高ですね!1曲じゃなくてアルバムだしてほしい!

「叙情派好き歓喜の嵐!「Misery Signals」7年ぶりのアルバムタイトルは「ULTRAVIOLET」

ML2059041

いや~、こうも続くと気が滅入るよね・・・・少し病み気味の心を癒してくれたのはウーピー・ゴールドバーグ師匠率いるゴスペルグループのライブパフォーマンス、そうです金曜ロードショーでやってた「天使にラブソングを」何度観ても飽きない最高な作品だなね!


The Plot In You

ウーピー・ゴールドバーグ師匠クリソツな小学校の担任、山田先生を思い出しノスタルジーに浸る!先生元気してるかな?家から一歩も出ず花の金曜の夜を過ごしました。

ゴスペルで思い出したんだけど、ブラックメタルとゴスペルを融合させたとんでもないバンド Zeal & Ardor は知ってる?ゴスペルというかソウルフルな黒人音楽をミックスした感じだけどゴスペルも感じさせるよね!良かったらチェックしてみてね!





「天使にラブソングを」を見たからというもの懐かしの映画を観ようと所持しているDVDをチェックするも結局はCDを漁っているという、いつもこの流れ・・・昨夜は「天使にラブソングを」で気分爽快にハイテンションになったせいか眠気が一切こない、永遠と音楽漁り、先日のブログでも紹介した復活したThe Ghost Insideを聴いてはその流れで叙情派を攻める、久々に聴いて胸キュンしたのはPoison The Wellの元とボーカルがやっていた叙情派ニュースクール、A Jealousy Issue のアルバム「if the flames don’t kill us we will」から名曲 Who Crucified The Chaperone? を鬼リピート!



心を大洪水にしてくれる、激しくも癒し効果ある叙情派サウンドは至高である!



そこからフロリダニュースクール経由から叙情に年代を引き上げてたどり着いたのは叙情ニュースクール/メタルコアの名作中の名作である、Of Malice & The Magnum Heart、そうです、Misery Signalsのファーストアルバム!いまだ影響力ある伝説の1枚ですよね!目まぐるしい展開ながらも聴きやすい圧倒的な構成力、鳥獣系ボーカル、ジェシーの雄たけびと決して歌いはしないエモーショナルパート、初めて聴いた「The Year Summer Ended In June」の衝撃はスザマジかったね、週一で聴いてしまう名曲である!




セカンド以降も最高な名作を生みだしているMisery SIgnalなんだけど僕は思い出補正も若干あるんですがOf Malice & The Magnum Heartが最高傑作かと!ボーカルもカールよりもジェシー派だね!
とMisery SIgnalの作品を聴きまくっていた金曜の夜中にCDではなくSpotifyを開きMSの中で「一番再生されている今日は何ぞや?」とチェックをした瞬間に時は止まりました・・・・・


ML2059038

ん?最新リリース?そんなわけが、これは夢なのか?新曲公開されてるやぁ~~ん!



そしてさっそく再生ボタンを・・・



1回目再生:嬉しさと興奮のあまり曲が入ってこない。
2回目再生:泣き要素強くない?!
3回目再生:スポークンパートで確信、これボーカルジェシーじゃね?
4回目再生:最高だ!
5回目再生:最強だ!
6回目再生:そして涙・・・





Absent Lightから早7年、Misery SIgnalsの新曲が聴けるとは!!The Ghost Insideの復活とはまた違う感動だね!歓喜したファンも多いはず!さらにアルバムも発売が決定している、発売は8月とまだ先になるがアルバムタイトルもアルバムジャケットも公開!



ML2059039




レーベルはbasick Records、Sleep TokenやNapoleonも所属するロンドンのレーベルである、最新のメンバーのアー写も!渋いオジサマになってやがる!ギターは現在Comeback Kidでも活躍しているスチューもMSに復活したんだね!

Misery signals




Misery SignalsのニューアルバムはThe ghost Insideとともにこの混沌とした世界に光をもたらしてくれる欠かせない一枚になるだろう!アルバム発売まで3ヶ月ほど!震えて待ちましょう!





こういった最高なニュースはほんとにモチベ―ションが上がるよね!アルバムが発売される8月ころには世界中の音楽フリークがライブ会場で暴れていたら最高だね!

では!



河内野







追伸:

そうだ、叙情派の流れで最後にニュースがあります!
叙情派では間違いなくトップクラスのCounterpartsと現行ハードコアのトップを走るKnocked Looseのダブルネーム!コラボマーチが登場したのは知ってる!

Knocked Loose Counterparts


購入はこちらをクリック!05月24日(日曜)夜8時までの再販無し完全限定アイテムです!


まさかの現行のハードコアを代表する2バンドによるコラボ作品が登場するとは!フロントにはOLDHAM ILTONと描かれるK/LではおなじみのOLDHAMデザインに ILTONをプラス、互いの出身地を落とし込んだデザイン!CPはHAMILTONとファンにしかわからないこだわりデザイン!バックには互いのアイコン、ハンドアイコンとストップアイコンを融合、「YOU’RE NOT BLUE ANYMORE」互いのアルバムタイトルをうまくミックス、CPはブラックで、K/Lはブルーで描くハイセンスデザイン!エクスクルーシブでレア度数高い一枚である!




全く関係ないんだけど本日は5月の16日、lAGWAGONの名曲May16を聴きました?

もうすぐアルバム発売のカオティックでメタリックなハードコアバンド「END」のメンツが鬼イカツイ件!

END


「Stay Homeしてますか?」流行ってるからちょっと言いたかっただけ・・・今朝も早起きして普段しない部屋の隅々までお掃除、その時のBGMは6月の来日は決まっているもののちょっと怪しくなってきたAmerican Football、そんな彼らのStay Homeという曲があるのは知ってるよね!





なんとなく予想していたAmerican Footballファンも多いんじゃないかな?ちょうど昨日Stay Homeのホームセッション動画が公開されたね!





20度を超える心地の良い気温、American Footballの癒しサウンド、癒されすぎて掃除中に2度寝、夢を見ながらもAmerican Footballの心地よいサウンドに癒されながらふと目を開けると2時間が経過・・・・・・大遅刻決定


終わった・・・・


終・・・・


オワリ・・・・


ジ・エンド・・・・


エンド・・・・


END



という強引すぎる流れでw「END」のアルバムが6月に発売されるってよ!



END


初のフルレングス、デヴューアルバムとなるこの「SPLINTERS FROM AN EVER-CHANGING FACE」相変わらず不気味な油絵タッチな絵画デザインが最高です!


END

このENDですが前作ep「From The Unforgiving Arms of God」がとてつもなく人気で話題になったのも記憶に新しいよね!ポジでもそこまで取り上げてこなかったにもかかわらず定期的にマーチが売れ続けているバンド、大概宣伝もなしにマーチが売れるづけるバンドっているんだけど、そんなバンドたちとは違って知名度があるわけでもなく・・・・じゃあ、なぜマーチが売れ続けていたのか?その理由は簡単!サウンドが異常にかっこよいからである!




ヘヴィーで極厚なカオティックなハードコア、90’sなメタルコアバンドのサウンドにも通づる部分があるね、カオスが渦巻くヘヴィネスサウンド、主流なデスメタリックなバンドも近年大人気だけどまた少しベクトルが違う無二なカオスな世界観があると思うんだ、間違いなくLPで購入するほど楽しみな音源!



その理由以外だとやはりアベンジャーズ並みの豪華なメンバーたちこのメンバーだからこそのハイクオリティーなサウンドに仕上がっているわけだけどそれにしても

メンバー豪華すぎやしませんか?

Counterparts

ボーカルは現行の叙情派ハードコア代表格といっても過言ではないCounterpartsBrendan Murphyその実力は誰しもが知ってるよね?去年の来日、Blood Axe FestではVarialsのボーカルを担当したのも話題になったけどカウパーよりも獣感強いスクリームでヘヴィーすぎるサウンドに全く埋もれることのない素晴らしいボーカルだね!当然ステージングも素晴らしい最高なヴォーカリスト!



Misery Signals

ギターには叙情派ニュースクール・メタルコア、破壊的で美しくテクニカルなMisery SignalsGregory Thomas!元Misery Signalsだね!Silver Bullet Studiosも経営している、MSのAbsent LightからShai HuludにConveyer、Life In Your Wayなどなどの作品も、自身のENDもこのSilver Bullet Studiosで生み出されている!叙情派の重要人物である!



Reign Supreme

Blacklistedのギターであり個人的にも超大好きなReign Supremeではボーカル、そしてENDではベースを担当しているのが多彩なJay Pepito、Reign Supreme復活してくれないかな・・・・来日公演からもう10年経つんだね、Jay Pepitoは見た目変わらないね!彼はマジでオシャレなんでインスタフォローしよいたほうがいいよ!




Trade Wind

Structuresや、記憶にも新しいTrade Wind、Stick To Your GunsやStray From The Pathのメンバーもいるバンドだね、そんなTrade WindでもENDでもドラムをたたくのはイケメンAndrew McEnaneyである!変則的で複雑な展開するStructuresに至ってだけでもう安心感がパナイよね!ENDではさらに力強いタフなドラミングが聴けますね!ジャンルは違うけど彼も所属するSextapeってバンドも要チェック!




Fit For An Autopsy

大好きなビートダウンShattered Realmのメンバーも在籍する超重量級デスコア、Fit For An AutopsyのWill PutneyがENDではギターを担当!桁違いの攻撃力、引きずるような破壊的ビートダウン、ハードコア好きの中でも大好きな人も多いであろうFit For An AutopsyのギターだものENDでもその破壊的なヘビーで図太いギターサウンドが聴けます!敏腕プロデューサーとしても有名なWill Putneyだもの音質は最強クラス!




Will Putneyがとてつもない敏腕プロデューサーってとこで彼がプロデュースした作品は自身のFit For An AutopsyやENDはもちろん、歳ほど紹介したENDではベースを担当したJay Pepitoがボーカルを務めるReign SupremeCounterpartsEvery Time I DieKnocked LooseTERRORVEINからThy Art Is MurderAfter The BurialにBody Countについ先日リリースされたばかりのFour Year StrongのBrain Painとかね、もうやばい作品がありすぎて紹介しきれません!!!!SpotifyにWill Putneyが手掛けた作品のプレイリストがあったんでぜひチェックを!売れっ子プロデューサーWill Yipとは違うからね!

Will Putneyのプロデュース作品をもっと詳しく見たい人はここをクリックしてチェックしてみてくださいお!




ENDのメンバーがマジパナイっってのが分かりましたか?




フルレングスが6月に発売で、彼らが所属しているバンドを越えてしまうほどに人気が出る可能性もありますね!ENDは2020年の最重要バンドの一つってのはマチガイナイ!要チェックです!



冒頭でも言ったけど、油絵の絵画のようなアートワーク、最高ですよね?このアートワークを手掛けているのがAdam Burkeという人物、見るからに変態的な絵が得意そうだ・・・

Adam Burke

ENDのepも彼の作品、アーティストのアルバムデザインが専門ではないようだ、彼のサイトで紹介されている作品は実際には存在しない大自然からSF、ホラーと幅広く見ているとその絵画の世界に吸い込まれるような錯覚を覚える。




「最も単純な瞬間の驚くべき複雑さを探求したい。」


「人間の階級意識や美の観念を打ち破り・・・絵の無限の探求を通して表現される美しさを自分なりに再定義したい」


という彼の言葉がとても印象的である。Adam Burkeの作品はこちらをクリック


プログレッシヴ・SF・スラッシュ・メタルVEKTORのデザインもAdam Burkeだったんだね!気になってたからすっきりした(*ノωノ)
VEKTOR




メンバー最強、サウンド最強、アートワーク最強、そしてマーチも最強!マーチは売り切れ再販をハイペースで繰り返しているんだけど廃盤になったあアイテムもちらほら、そしてアルバム発売が決定し新たに4アイテムがご降臨されましたよ!中でも速攻でポチってしまったのがコレ!




見た目の恐ろしさよりも内面に響く闇な極上アート作品!Epやアルバムのアートワークと同じく油絵的でありながらも黒々とした肌はエナメルな質感で描かれる、目や口から滴れる液体、さりげなく落とし込んだバンドロゴなど2020年のアート作品ではTop3に食い込んできそうな芸術アイテムだ!見る者の記憶に残る傑作デザイン!つい先ほどから取り扱い開始したんでチェックを!コロナの影響もあり少し遅れて入荷するけど「待てる!」ってあなたは今すぐにお手続きしといてくださいね!



END

では!


河内野







追伸:
まだちょこちょこ参加してくれている、ハイテンションになれる曲のアンケート!参加ありがとね!まだ聴いてないって人は下記のプレイリストから!現時点でちょうど100曲です!

【メタル】あのイギリス雑誌が「各50州」それぞれを代表する「アメリカメタルバンド」を選出したようだ!え、あのバンドってメタルなの?

ケラング メタル

カーモン ベイビー アメリカ~♪DA PUMPのUSAはどうでもいいがカーモン ベイビーアメリカンメタルでぃ!!



アメリカンメタルは好きだ!1981年に創刊されたイギリスのロック専門誌、Kerrang!ケラング! がまたしても面白い記事を上げていたね!

これが各州の最強のアメリカンメタル達だ!



アメリカの雑誌が選んだわけでなくイギリスの雑誌が選んだというとこがポイント、ケラングの記者さんが時間をかけて選んだのだろう。


これを見て議論してくれ!

ということも記載されていることから、これが正しいとか間違っているとかの問題ではないってこと!ただみんなで、「あれやこれやと意見して盛り上がっちゃえ」的な!楽しみましょう!ってことね!

ケラング

「あのバンドってメタルなの?」とツッコミを入れたくなるが、僕たちが愛するバンドもちらほら、ピンとこないバンドもいるかもしれないけど、僕たちが好んで聴くバンドもちらほら、わからないバンドは音源聴いてみてチェックしてみて!意外とやばいバンドに巡り合えるかもよ!




アラスカ州: 【36 Crazyfists






アリゾナ州: 【Flotsam & Jetsam






アーカンソー州:【Pallbearer






カリフォルニア州:【Metallica







コロラド州: 【Cephalic Carnage







コネチカット州:【Fates Warning







デラウェア州: 【Scorched







フロリダ州:【Death







ジョージア州: 【Mastodon







ハワイ州:【Hawaii







アイダホ州:【Wolvserpent







イリノイ州:【Ministry







インディアナ州:【The Gates of Slumber







アイオワ州: 【Slipknot







カンサス州: 【Origin







ケンタッキー州:【Panopticon







ルイジアナ州: 【Eyehategod







メイン州: 【Ogre







メリーランド:【Clutch







マサチューセッツ州:【Converge







ミシガン州:【Repulsion






ミネソタ州: 【Powermad






ミシシッピ州:【Octagon







ミズーリ州:【Angelcorpse







モンタナ州: 【Martriden







ネブラスカ州:【Cellador







ネバダ州: 【Guttural Secrete







ニューハンプシャー州:【Vattnet Viskar







ニュージャージー州: 【Overkill







ニューメキシコ州:【Predatory Light






ニューヨーク州: 【Anthrax






ノースカロライナ州:【Corrosion of Conformity







ノースダコタ州: 【Egypt





オハイオ州: 【Skeletonwitch







オクラホマ州: 【Forté







オレゴン州: 【Red Fang







ペンシルヴァニア州:【Code Orange







ロードアイランド州: 【Vital Remains







サウスカロライナ州:【Nile







サウスダコタ州:【Woman Is the Earth







テネシー州: 【Today Is the Day







テキサス州: 【Pantera







ユタ州: 【Visigoth







バーモント州:【Barishi






ヴァージニア州:【Lamb of God







ワシントン州: 【Melvins







ウェストバージニア州:【Zao







ウィスコンシン州: 【Misery Signals






ワイオミング州:【Ea







ケラング


いかがでしたか?突っ込みたくなるバンドもいるけどこれはこれで楽しい、さすがのケラング!さんの企画、楽しませてくれます。パンクヴァージョンやハードコアヴァージョンもあるからまた紹介するね!


マサチューセッツ州代表に選ばれたConvergeはいよいよ来年、来日、少しづつ迫ってきたね!!



日本公演の後は、Modified Ghost主催でXIBALBACult Leaderと KenModeとThe Atlas MothにNeck of The Woods、そしてNumenoreanのライブ、これまたゴイスーなメンツ!ハイテンションカオティックなKenMode観てみたいな~!


今回参考にさせていただいたケラング!だけどメルマガ登録していたら楽しい情報がいっぱい届くからオススメ、僕が大好きなのは毎回最後に紹介されるTerrible Metal Album Cover of the Week ひどすぎるアルバムジャケットデザインが毎週見れるの、これが意外に楽しいYO!!中でも大好きなジャケット、Winter Coldという意外とイケてるブラックメタル、にしても「鼻どこ行った!」素人がフォトショップでいじりました的なコープスフェイス、やばいっす!!!

Coldwinter

続きのPUNKヴァージョンは次回!!
では!

河内野

【感激】Rise Recordsツアー・ジャパン参加者からのスペシャルフォトが届いた!

まだまだ暑いけどさ、夏も終わりに近づいてきたね。

今年の夏はどんなライブやフェスに参加した?

先週はRise Recordsツアー・ジャパンも盛り上がったみたいだね!

そんなRise Recordsツアー・ジャパン大阪公演に参加した渡邊さん
から最高のメールを頂いたんだ。

彼女とフル装備での参戦が出来ました。

crown the empireものすごくかっこよかったです。

そして何より大阪に着いてライヴまで時間がかなりあったのでアメ村
をぶらついていたらライヴを待たずして迷子になっているデイヴィッド
とブレントに遭遇し、会場まで案内するというミラクルまで起きて、
バンダナとTシャツのおかげですんなり話せました。

本当に持ってきていただいて助かりました!

これがあるとないとでは全然違っていたと思います。
本当にありがとうございました!

当然二人と写真も撮りましたので一応添付します。

追伸:
あと全然関係ないですが大阪に向かう新幹線では石野卓球に会いましたw

その写真がこちら

渡邊さんが着用しているのはCrown The Empire – Beak White TシャツのMサイズ
彼女さんが着用しているのはCrown The Empire – Masks Album Art TシャツのSサイズ
そしておそろいのCrown The Empire – Double Skull Blackバンダナ!




まずは「ナイスカップル」と言いたい!一般人にはあまり理解されないヘヴィーな
サウンドが大好きな彼女なんてそうそう見つからないよね!

羨ましいぜ!!!!!

バンダナもばっちり決まってるし最高ですね!

そして写真に写っているのはデイヴィッドとブレント、
「お届けしたグッズがきっかけですんなり話せた」ってのがたまらなく嬉しい!!!

迷子のデイヴィッドとブレントってのがなんだか可愛い…….

lights up the skyのメンバー友写真が撮れたようで最高の一日でしたね!

渡邊さん本当にありがとう!我が事のように嬉しかったです!

石野卓球さんにも会えるなんて渡邊さんは強運の持ち主ですね!

僕は全然ライブイケてないからさ、話を聞くだけでもすごい嬉しい、
田舎好きだから都会に引っ越す予定はないけど

来日が続くと地方はツライね、僕と同じ思いの仲間もたくさんいるんだけどさ、

ライブ好きでよく参加するそこのあなた!あなたからの投稿も待ってるよ!

・ライブに着ていったバンドグッズ
・バンドマンはどんなスタイルだった
・ライブは盛り上がった?

などなど、バンドマーチのショップだからさただ単にライブレポじゃなくてさ、
来日バンドのファッションや会場にいるファンたちのスタイルとか、
絶対に仲間たちも喜ぶと思うんだ。

だから本気で募集します。

あなたのライブ体験

参加してくれた方には必ずプレゼントを用意するからさ投稿待ってるよ!

info@positivedive.com

まで送ってね!できれば写真付きで!!!!!



夏も終わりが始まってきたけどさ来日ラッシュはまだまだ続くね!

来週から始まる国内最大のハードコアフェスBloodaxe Festival 2016では

・Despeised Icon
・Xibalba
・Trapped Under Ice
・Chokehold
・Capsize
・Lifeless

とんでもないメンツが来日!!

10月6日~10月10日にはハードコアパンクバンドAngel Dustが来日





10月12日~10月16日には叙情派ハードコア/ポストハードコアバンドNapoleonの来日でしょ!





カオティックハードコアRolo Tomassiに叙情派ハードコアHigh Hope、
ドイツのハードコアバンドColdburn
、インディーロックのCitizen、そしてラウパーやノットフェス、

やっべーぞ!!

夏あたりはポストハードコアバンドなんかが多かったけど秋からはハードコアバンドたちの
ガッツリなスケジュール。

ここまでのラッシュだと迷っちゃうよね!

あなたはどのライブに参戦する?

参戦するあなたからのライブレポ待ってるぜ!!

中でもレジェンドなComeback KidとMisery Signalsの最強なタッグでの来日がやばす!

このライブだけはなんとしても参加しておきたい。

僕の中のヒーロー的なバンドしかも2バンドともにこの手のサウンドがさらに
好きになったきっかけのバンドだからね。

カナダのハードコアバンドComeback Kidとカナダの叙情派/カオティックハードコアバンドMisery Signalsが来日します。
日程は下記の通りです。


11月16日(水) 東京 渋谷THE GAME
11月17日(木) 大阪 CLUBDROP
11月18日(金) 愛知 名古屋3STAR
11月19日(土) 神奈川 横浜LIZARD
11月20日(日) 東京 新宿ACB

招聘元:http://alliance-trax.com/tour/

あと二ヶ月、この頃は完全に秋、冬に突入するあたり、平均気温は20度くらいかな、

バンドマーチも完全にTシャツからパーカーやコーチジャケットに移行している頃、

「どんなグッズを装着し参戦するのか?」そろそろ考えて新しいグッズ仕入れておかなくちゃね!

河内野