The Hundredsと Revelation Recordsとのコラボ「完全乗り遅れた!!!」

REV

超絶にへこんでるんですけど!!!

SICK OF IT ALL来日のニュースに金玉大爆発するくらい大喜びしている間にさ、とんでもないことを見逃してしまっていたんだ。

今では超有名になったブランド、The Hundredsってあるじゃん?僕もバックやパンツ、ジャケットなど数アイテムは愛用している大好きなブランドなんだけど。

The Hundreds

パンク・ヒップホップなどの音楽や、グラフィティ・スケートなどのカルチャーの影響を感じさせシンプルでアーバンなロサンゼルスストリートスタイルなブランドなんだけどさそのThe Hundredsがさなんとあのレーベルとコラボ作品を発売させたんだよね!

そのレーベルとはハードコア好きならご存じ、Revelation Records

B17-6-26003

JudgeBoldYouth Of Today、そしてみんな大好きゴリビスなんかが有名だよね!

The HundredsとRevelation Recordsとのコラボなんて完全に俺得じゃん!

こんなヤバイコラボを知ったのは友人から電話、そして購入ができるサイトをのぞいてみるとすべてのアイテムが

ゴリビス

マジか……..再販売なんてありえないだろうし………どのアイテムもやばすぎるっしょ!だれか手に入れた?

BOLD

ゴリビスのGBロゴが爆弾になっているあたり最高のコラボデザイン!!!多少高くてもほしくなるよね、売り切れになってしまったが、一目ぼれしちまったんでプレ値が付こうが購入予定!

硬派なハードコアデザインもリゾート感がミックスされ、コラボじゃないとあり得ない配色、たまらんぜよ!

ただのグチみたいなブログになってしまったwwこのコラボアイテムを手に入れた強者よ、
ちょ~~だい!

The HundredsとRevelation Records実は二回目のコラボなんだよね、ということは3回目も?数年先になるだろうけど必ずコラボが実現するだろう!次回は絶対に見逃さないぞ!!

今回のコラボに関してアリ?ナシ?あなたはどう思う?

河内野

追伸:
このコラボアイテムを着用しているモデルはハードコアは好きなのだろうか?
ちょっと気になったww

そうそう、ちょうどYouth Of Todayの新作追加したから、コラボ作品手に入れられなかったあなたはチェックしてみて!

いくらコラボじゃないとはいえ生産数は少なめだからね!!

Youth Of Todayの新作はこちら

着用するだけで「貫禄」と「説得力」を醸し出してしまう不思議なバンドマーチとは?

暑い炎天下のなか観光地としても有名な場所でピザを焼いて販売してたことがあって、
そこで起きた話なんだけどね、

熱風を発生させる大きな釜からピザを取り出しては嫌いな奴を思い出し
念を込めてカットしてたわけ、

そしたら後ろから炎天下なのにスタッズまみれの革ジャンにボロボロでパッチ、
ワッペン貼りまくりのパンツ、そんなイカツイ、ジャパコア兄ちゃんが
話しかけてきたわけ。



やべ、なにかのクレームか?などと悪い予感、
けどそのジャパコア兄ちゃんの言葉にテンションが上がった。

ジャパコア兄ちゃん)「それMadballのシャツですよね~!」




敬語使ってる~!!意外といい人ww(偏見ありすぎ?)



僕)「あ、はい、Madball知ってるんですか?」




ハードコアの「ハ」の字も思い浮かばないような観光地に
「Madballを知っているヤツがいるんなんて」と思うよね!



ジャパコア兄ちゃんいわく「こんな場所でMadballのTシャツ見るとは思わんかった」
とのこと、

これぞバンドTシャツの醍醐味だね!

当然店にあるラジカセにはMadballのをイン!

MADBALL – Look My Way [Full Album]

madballをBGMに、どのアルバムが好きなのか?どの曲が好きなのか?
シャツのデザインについて、ハードコアシーンについてなどなど

店はスタッフに任せおよそ20分以上も話し込んでしまった。



ちなみにMADBALLの名曲Look My Wayの歌詞を落とし込んだデザインのグッズはこちらから購入可能です。

大阪から観光にやってきていたジャパコア兄ちゃんは
ピザを喰らい満足気な顔をして去っていった。

もちろん僕も大満足、クソみたいな仕事が楽しく感じれた一日だった。


当然ジャパコア兄ちゃんの着用していたシャツもしっかりチェックしておいた、
もちろんジャパコアシャツ、知らないバンドだったから
帰宅してからしっかり調べましたww



Madballシャツを着ていて本当に良かったと思った瞬間である。

多分まだ歴史を刻んでいないバンドアイテムを着用していなかったら起きなかった
ことなのかと、

特にNYHCのアイテムを着用しているとこういった嬉しい事が起きる、NYHCのアイテム
が好きな理由の一つでもある。




Madballは結成28年くらい?、SIck Of It Allは30年、
Agnostic Frontにいたってはもう36年、

歴史を刻んできたレジェンドたち、NYHCに限らず歴史を刻んできた
バンドは本当に素晴らしい!



グッズに関しては○○周年ってはいってるだけでマニア心を揺さぶられる!当然SIck Of It Allの30周年記念のシャツは手に入れたよね?

0000000099632



長年の歴史て培ったものはデザインの魅力を超越してしまうんですよね!

もちろんデザインも大切だけど、デザインの中に歴史が詰まった
アイテムにはどんなバンドの、どんなおしゃれなデザインのアイテムにも
かなわない魅力がある。



着用している人を見たら、なんかこの人「すごそう」っていう貫禄まで出してしまう、
なんとも説明しにくい不思議な魅力があるアイテムたち!



だからキッズ達にもおすすめしたいのがレジェンドのバンドたちのアイテム、
当然そのバンドが好きなのが前提だけど、

「○○というジャンルを語る上で欠かせない!」そんなバンドのアイテムは
一枚は持っておいたほうが良いよ、妙に説得力がますんだよね!



「最新のバンドもおっかけつつ、レジェンド級のバンドもディグる!」

そして「最先端のバンドグッズでおしゃれに決める!」
と同時に「レジェンド級のアイテムで貫禄、説得力を出す!」

・ジャンルの創始者
・刻んできた歴史
・ハードコアなタフな部分
・流行に流されないスタイル
・多くのジャンルから支持を受ける
・影響を与えている

これらが貫禄、説得力を醸し出している理由だと思っている。

ちなみに、Sick Of It AllのキャップBOLDのキャップ
Cro-MagsのキャップMerauderの廃盤シャツShockwaveの廃盤シャツ

も入荷してるよ!全て1点ものこちらからチェックしてみてね!
シャツに関してはSサイズ、サイズが合えばぜひ!



Stigmataのシャツなんかもあるよ!15年ぶりに発売されたアルバムは
相変わらず極悪で最高だったね!

Stigmata “Conditioned to Murder”




歴史を刻んだバンドもいいけど、からあげくんは30周年、
じゃがりこ20周年なんだって、「刻んでるね~~!」

今日はSick Of It All聞きながらからあげくんを食べよう!



VICEで公開されている「ユースクルー〜モッシュ・ハードコアの祖 JUDGE物語」
はどんな映画よりも魅力的だ!

ハードコアにハマっていないあなたはハードコアにハマるキッカケになるかもね!



ちなみにJUDGEグッズはこちらから購入可能です。


ジャパコアの兄ちゃんは3年後、偶然大阪のライブハウスで出会った、その時、
僕の着用TシャツはOne Life Crewだった!ジャパコア兄ちゃんは
One Life Crewを知らなかった………..

では

河内野

早くも2014年度、ハードコアの名盤が発売されたと噂に!

TD2014002

昨日は、マー君にハードコア精神を感じるっていう話をしたんだけど、今、世間のハーコー野郎の間で盛り上がっているバンドがあるのを知っている?とにかく音源を聴いて「おかえり」と言いたくなった。Haymakerでどっぷりはまり、あれからもう10年以上の時がたつのか…

ライブ会場やハーコー野郎の中でも今一番話題になっているバンドがこいつらだ。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

そうThrowdownだ。名作Haymakerで初めて知ったバンドで、掘り下げBeyond RepairやYou Don’t Have To Be Blood To Be Familyの声も好きだった、若干PIMPでタフなハードコアアルバム、いまだに聞くアルバムだ、初期も最高ってこと。

やはりモッシュコアと言えばHaymaker、やっぱりこの名曲は色あせない。Trustkillも全盛期だったころだ。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

そして賛否両論だったVendettaやVenom & Tears、さらにはDeathlessでは…正直僕も嫌いじゃないんだけどね。そこにきて2014年最新作Intoleranceが発売。

TD2014001

初期のオリジナルメンバーで再編成されたって聞いた時点で、もう期待度は上がっちゃたんだけど、その期待をはるかに超えた名作だ。と言ってもパンテラ臭も根に若干残しつつってことで、昔のまんまってわけじゃなく新しい、モッシュコアの名作が誕生した。マー君の渾身のストレート並みの衝撃だ。

2014年のしょっぱなからこんな名盤が発売となって今年はハードコアがガガッと来るんじゃないかと期待しています。

Comeback Kidの新譜も楽しみすぎるね。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

河内野

追伸:

世界で認められるヤバいハードコアバンドがここ日本にも多数いる。ハードコアが今までにない盛り上がりを見せている。イベンターやバンドマンが頑張っているこその盛り上がりだ。

Bloodaxe Festival 2014行きたかったな~~(涙)。

ヤンキース入団決定のマー君に、ハードコア精神を見た!

NYM001.

7年総額160億超で契約、額がでかすぎて良くわからん(笑)。年俸は約23億円とのこと。1試合当たりの給料を割って計算してみると、マー君は1球投げるごと76万円を稼ぐことになる。思わず「どんだけ~~」とつぶやいてしまった。

1日で100球投げて760万ってことだよね。1日分でいいからください(小並感)。自分が宝くじが当たったときを想像するみたいに今回の契約金額でも妄想してしまった。CDが1枚1000円~2000円くらいとして、1日で1万枚のCDが買えるってことだ!!

NYM002.

「1万枚も聞けね~よ!」と思わず妄想中に言ってしまった。う、うらやましい。何の意味のない妄想をしてしまう。お金のことは置いといて、本当にうれしいことだ。ニューヨークヤンキースってのがまた嬉しいよね。

このロゴを見るだけでニューヨークハードコアを思い出すよね。

NYM003.

マー君、似合うだろうな~。偶然にも俺は最近、アグノスティック・フロントのコーチジャケットを愛用しまくっているから、友達に言われるんだよ。「マー君ヤンキース入団記念?」って(笑)。

hatu013

そんなつもりはないんだけど、このジャケットをきっかけにニューヨーク・ハードコアが広まれば嬉しいな。一番いいのは、マー君にニューヨーク・ハードコアのグッズを着てもらうこと。結構、ストリートなファッションが好きそうだから絶対に合うでしょ。

NYM004.

マッドボールTなんて似合いそうじゃない?

NYM005.

渋くジャッジTなんか着てたらもう発狂もんですね(笑)。

NYM006.

ニューヨーク・ヤンキースの選手でハードコア好きはいないのかな?モモクロ大好きなマー君にハードコアを勧めてください!

ハードコアのシャツを着る、着ないにしても、マー君のピッチングや鬼の形相を見ていたら「カッコイイ」と素直に思えるよね。剛速球を投げた後の気合の入ったガッツポーズにハードコアを感じるよ。

本当の男のカッコ良さを感じる。練習風景や生活などから「自分の信念に向かって突き進む」姿勢を感じ、球場改修や、仙台、東北への地域貢献などでは「自分に厳しく、人にやさしい人」という、本当の男のカッコ良さを感じます。

信念に向かって突き進む、まさにハードコアな精神、本当にかっこいいと思える男。惚れてしまいそうです(笑)。

マー君の選手テーマ曲(入場曲)は勝手にこれに決定。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

河内野