【Victory Records買収事件】Tシャツやパーカーやキャップ!マーチはどうなるの?もう消滅した?

Victory Records イベント

昨日アップしたVictory Records買収の記事は見てくれた?数件のメールをいただきました!ブログにコメントしてくれると助かるんですけど・・・


正直、全盛期は過ぎ去ってしまったレーベルのように感じられてもいるが前回のブログで紹介した音源などを見ると、とてつもないレーベルなんだと、ハードコアにしろ、この手のジャンルの分岐点となるバンドを多く輩出している、改めてそのすごさに気づいた人も多いはず、改めて思ったのはVictoryという響き、今更ですがネーミングも素晴らしいwww

では、今回は仲間からいただいたメールの1件を紹介しよう!



僕はやっぱりVictory Recordsといえばハードコアレーベルって印象が強いですね。


00年の半ばあたりからはあまり掘っていないんでいろんなジャンルのバンドがいたんですね、意外でしたw僕はHOONDSのTIME THE DESTROYERまでくらいですかね。


ブログ拝見したんですがVictoryの買収、初めて知りました、老舗のインデペンデントなレーベルが大手に買収されるのはとても切ないですね。僕もオムニバスは持っていますよ!


VRに所属してたバンドのアルバムが新しく出る場合はFearless Recordsからと拝見しましたが、あのブルドッグは消えてしまうんですか?そしてグッズも心配です!!



現在あるアイテムが売り切れれば廃盤なんてことはないですよね??とても気になります。





「ヤスさん」、メッセージありがとう!買収の記事見てくださいましたか、ありがとうございます!HOONDSの「TIME THE DESTROYER」最高ですね!ダイナマイトな危険なアートワークと同様にサウンドも超危険なモッシュサウンド!18年も前の作品ですが色あせないっす!!



いや~さみしいですよね、Victoryで働いてたスタッフはクビにはならず残って仕事ができるようですが、いまいち新譜はFearless Recordsからってのがよくわからんですよね、Fearless Recordsからっていうんだからあのブルドッグロゴは今後見れないかもしれないですね・・・

Victory Records


引き続き進展がありましたら直でメールしますwww


そうなんですよ~グッズにマーチですよね!?こればかりは全く分からないですよね、いろんなメーカーやレーベルとも取引してきましたが、そのレーベルマーチのすべてが突如、取引不可、というかサイトから抹消されることもまれにあったんでね、今手に入るアイテムは早めに手続きしておいたほうが良いかもしれませんね!

このメールをいただいたかなり怖くなってきたんだけど、恐る恐るマーチのリンクを開いてみた・・・現状は問題ないようだ、けど今までの経験上、急遽サイト閉鎖もあり得ないことではない、担当者のマイクにも連絡済だが今のところ返事はない、今日は土曜だもんね、日本時間の火曜日の午前中には返事があるとは思うんだが、なんかとてつもなく心配になってきた!!!!!!大丈夫だよね!?大丈夫だよね?

ということで急遽ではあるんだけVICTORYから入手できるマーチでイベント開催しちゃいます!



一番心配なのは、やはりVICTORYといえばブルドッグのロゴだよね、そのブルドッグを落とし込んだマーチ、このロゴは継続するのか?それとも消滅してしまうのか?消滅ならまず一番にこれらのマーチの販売が不可になるよね!


Victory Records



買い逃していない?僕は数種類所持していますがやはりレッドのバックのクラシックロゴはまだ未購入、急いで注文する予定、その他、バンドのマーチでもVICTORYロゴががっつり入っているアイテムがありますよね!このTERRORのアイテムとかね!

TERROR

こういったアイテムはもちろん、Victoryからドロップされたマーチたちも当然消えてしまう心配がある、今回のイベントアイテムとしては350アイテム有名どころでいうと、



・TERROR / テラー
・Counterparts / カウンターパーツ
・WARZONE / ウォーゾーン
・Blood Fro Blood / ブラッド・フォー・ブラッド
・EMMURE / エミュア・アンミュレ
・EARTH CRISIS / アースクライシス
・Comeback Kid / カムバックキッド
・Snapcase / スナップケース
・Path Of Resistance / パスオブレジスタンス
・Thursday / サーズデイ
・Cro-Mags / クロマグス
・All Out War / オールアウトウォー



ハードコア、その他ジャンルの歴史を刻んできたバンドばかり、やっぱVictoryすげーな、これらのバンドのマーチが手に入らなくなる可能性がるのです!その他もたくさんいます!いますぐに手続きをお勧めします!



当然イベントなんでね、豪華な特典を付けますよ。その特典は!!!!


ore10005VICTORY MERCH

ステッカーは消滅した時用に、使う一枚とストックする一枚と2枚、そして何かと使えるトートバッグ、僕はレジ袋として使ってますwww「お!Victory Recordsじゃん!」と気づかれたことは無いのですが、都心部にお住みのあなたは気づかれるかもよ!ということでステッカー二枚とトートバッグのセット2580円相当をプレゼントします!入手方法はしっかり上記の画像をチェックしてね!

心配性ってのもあるんだけど、いきなりの消滅もあり得るので
10月10日(木曜)夜8時
でいったん締め切ります!!



10月10日(木曜)夜8時以降も問題がなければグッズは引き続き販売しますが、いつ消滅するかわからないからね、このイベント終了後、はっきりとしたお知らせはできなくなると思っていてください!気づいたときには「もう消えてた」これはVictoryに限らずいえることだからね、何度も何度も言っていますがTERRORのスコットの名言を紹介!

「ほしいと思った瞬間に確保しておかないと永遠に後悔するのがバンドマーチだ!」

ANBN037



では、あなたからのお申込み楽しみにしています!




Victory




河内野





追伸:

VICTORY RECORDS 789枚目となる音源は先日7インチを発売したところのCro-Mags、またしても3曲入りの7インチ「From the Grave」を11月に販売する予定、はっきりアナウンスはされていないが、果たして本当にリリースされるのか?こちらも少し心配である!あとCro-magsのドラムがドリカムに居たっていう話も盛り上がっているのだが真相は?マッキー・ジェイソン?・・・・

ANBN038

さようなら・・・Victory Records / ヴィクトリー・レコード!!今だからこそ改めて聴きたいVictory Recordsの名作たち!【15選】

Victory Records

青春を共にした、ハードコアを好きになったきっかけでもあるVictory Records終了のお知らせ!


インディー系の有力レーベルであるConcordは、Tony Brummelが1989年に設立したシカゴのパンク・エモ系レーベルVictory Recordsを買収した!!

との記事が9月の30日にBillboardにアップされていた。


・Victoryからリリースの4,500枚のマスターと3,500曲の楽曲がConcordへ
・買収は2,700万〜3,400万ドル、日本円で30~35億円!!
・Victoryの名前とBulldogのロゴを取得
・Victoryのレーベル社員30名は引き続きマーチ事業に携わっていく
・Victoryアーティストのアルバムをリリースする場合は、Fearless Recordsからのリリースとなる予定

内容は、こんな感じ気になる点もたくさんあるが、そもそも今回買収をしたConcordって何?


Concord Music Groupは、カリフォルニア州ビバリーヒルズに本拠を置く独立系音楽会社であり、Universal Music Groupを通じて世界中に販売されています。同社は録音と音楽出版に特化しています。 Concordのカタログは、12,000以上のアルバムと390,000の楽曲で構成されています。

※ウィキペディア参照

インデペンデントだけどでっかいレーベルってことだね、パッと30億円を払えるんだから相当な資産があるようだね、Concord Musicは年間約4億5000万ドルの売上を上げているらしいから余裕なんだろうね、てか現時点のVictoryに30億以上の価値があるのかも不思議だが、条件がとてつもなく良かったから売却になったわけだろう。


なぜVictoryのアーティストの今後のリリースがFearless Recordsからのリリースとなるのかよくわからんが、Fearless RecordsもConcord Musicの傘下にあるわけだが、それ聞いてもいまいち理由はわからない。

当初は、音楽出版社からレーベルまで200近い買収を行ってきたそうで、僕たちもなじみのある、Fearless Records、Razor&Tie、Nitro、Time Bomb、Vanguard、なども買収!


Victory Recordsが終わるかも?とはいったもののFearless Recordsも絶好調に運営されているし、その心配はないのかもね!よく考えると、Victory RecordsのニューリリースはFearless Recordsからと考えると、Victory Recordsやあのブルドッグは残らないってこと?そうなるとちょっと寂しいな。30代半ばや40代前半に人はまさにあの頃のメタルコア、ハードコア、スクリーモ、エモに青春をささげていたと思う、僕もハードコアを好きになったきっかけの一つでもあるVictory Records、その中でもオムニバスには本当にお世話になりました。Victory Style!!懐かしいでしょ?

Victory Style


Victory Style 5はSpotify(スポティファイ)にもアップされているね!この5も名曲揃いなので必聴ですよ!




当時は今ほどネットも普及してなかったし、オムニバスからバンドを知るっていう方法が必須だった、自分好みのバンドを見つけたときの喜びは今では味わえないね、とはいっても収録されているバンドのアルバムの半分は入手していましたがwwwそれほどに名曲が収録されています!Victory Styleの1~5はアマゾンで安く入手できるんで必ず手に入れておいてください!当時のVictoryの勢いを感じれます!



今回は今だからこそ聴いておかないといけないVictory Recordsの「名盤15選」を紹介していきます!!


完全に個人的な15枚ですが、なるべくジャンルは幅広く選びました!あなたが選ぶVictory Recordsアルバムも良かったら教えてね!




Victory Recordsの「名盤15選」

1.Warzone – Old School To New School


NYHCバンドWARZONE!!IZONEよりもAs Oneですよねwww再結成作品ではああるがパイセンにプッシュされたけど当時は良さがわからず、改めてハードコア音楽を掘り下げていくうちになんてっかっこよいアルバムなんだと再確認、やはりRaybeezの熱いボーカルはテンション上がります!カリスマですな!





2.Earth Crisis – Destroy The Machines


NYはシラキュースのヴィーガンSxEバンドEARTH CRISISの超超超名盤のファーストフルアルバムDestroy The Machines!!このアルバムも完全い後追いなんですが、恥ずかしながら賛否両論へヴィネスな要素の強いSlitherから聴き始めてからさかのぼってこのDestroy The Machinesにたどり着く、これぞメタリックなニュースクールハードコアの名盤、いや神盤である!





3.Path Of Resistance – Who Dares… Wins


こちらもNYはシラキュース!Earth Crisis聴くならやはりPath Of Resistanceも絶対に忘れてはいけない!ま、Earth Crisis活動停止中に結成されたバンドなんだけど、ガラの悪いジャケットも最高だが3人のボーカルの掛け合いに、極悪でモッシーなメタリックハードコアサウンド!久々に発売されたマーチは一部だけど大歓喜してましたねww





4.Killing Time – Brightside


ひょっこりはんなジャケットはバンドを知らなくても見たことあるはず!Killing Time!!89年にリリースされていたんだけど、95年に再販、僕はBrightsideといえばVictoryなんで今回入れさせていただきやした!ザックザクのギターとストンピンなボーカル、タフガイ、メタリックニューヨークハードコアの教科書的な超クラシックな一枚!





5.Snapcase – Progression Through Unlearning


NY・バッファロー産、ニュースクールハードコアバンドの中でも異才を放っていたレジェンドSnapcase、Snapcaseといえばやはりこの2ndアルバム「Progression Through Unlearning」、1曲目のCabooseはハードコア史に残る名曲!擦り切れるくらいに聴いた1枚、クリアで今聴いても全く古さを感じさせない名盤である!





6.By The Grace of God – Perspective


USケンタッキー産エモーショナル SxE ハードコアバンド、去年18年まさかの新作が発表されびっくりしましたがほとんど話題にならなかった・・・・これまたパイセンに教えてもらった一枚!パイセン曰くBy The Grace of Godは号泣ハードコアと、これこそがエモーショナルハードコア、エモコアだね!





7.Strife – In This Defiance


カリフォルニア出身SxEメタリックハードコアStrife!!ファーストも良いけどさらに磨きのかかったセカンドアルバム「In This Defiance」神戸在住時のショップで買ったStireのシャツをきっかけにハマったバンド、DVDでもなくVHS、Victory Video Collection Vol. 2に収録されていたBlisteredの映像は神がかっていますよね!Blisteredもハードコア史に残る名曲!





8.Hatebreed – Satisfaction Is The Death Of Desire


もはや説明不要ですよね、不動の人気を得たHatebreedのファーストフル!今もなおこのアルバムが最高傑作という人も多いよね、数多くのフォロワーも決して追いつくことのできない完成度、通っていたツタヤのワゴンセールで見つけて購入し帰宅しコンポに入れ再生を押した瞬間の衝撃は今も鮮明に覚えている!





9.Fury Of Five – At War With The World


ニュージャージーの極悪ストンピンハードコア野郎Fury Of Five!!ヒップホップzメタルxハードコアをセンス良くミックスしたそのサウンドは衝撃的でした!骨太でタフなボーカルも極悪、ちょこちょこブックオフでたたき売りされてるんで見つけたらすぐ入手しとくべし!





10.All Out War – For Those Who Were Crucified


デススラッシュとハードコアを最高な形で融合させたデスメタリックなニューヨーク・ハードコアバンドAll Out Warの大名作「For Those Who Were Crucified」、HatebreedやMerauderとともに当時でいうデスコアをシーンで流行らせた究極な一枚!ダークなアートワークも最高です!





11.Buried Alive – Death Of Your Perfect World


TERRORとして活動しているScottが以前にプレイしていたハードコアバンドBuried Alive、Terrorよりもメタリックにモッシーに仕上げた名作「Death Of Your Perfect World」このアルバムに影響を受けたと公言しているバンドもよく見かけるくらいに影響力ある一枚!





12.Reach the Sky – So Far From Home


ボストン産REACH THE SKY初のフルアルバム「So Far From Home」!SxExオールドスクールタイプのサウンドにメロディーを加えたモダンオールドスクールの名盤!セカンドよりも僕はこのファーストの完成されすぎていない初期衝動が好き!ボストンオールドスクールが好きなら絶対にマチガイナシ!PMAなポジティブな思想も好感持てます!





13.Grade – Under The Radar


ハードコア、エモ、パンク、程よいメタリックなニュースクール感を見事にマッチングさせたスクリーモの先駆者的なバンドの一つ、このバンドもVictoryのオムニバスで知りどっぷりとはまったバンド、その中でもこの「Under The Radar」が一番の名盤だと!





14.Skarhead – Kings At Crime


リアルなストリートヘッズから多大な支持を受けるDANNY DIABROを中心にDMS クルーのオールスターで結成されたSkarheadの名盤「Kings At Crime」ボーカルの掛け合い、まさに漢なハードコアサウンド、ストリート全開でサグ感からタフガイたちによるパーティー感、たまりませんね!NYHCクラシック!!





15.Integrity – Humanity Is The Devil

クリーヴランドの暗黒ハードコア帝王Integrityの3枚目の超名盤アルバム「Humanity Is The Devil」前曲が最高な名盤、暗黒に染まったメタルハードコア、だれもが取り入れなかった弾きまくりのギターソロが泣きまくり!きっかけはPUSHEAD作のジャケット!完全にジャケ買いして大当たりなパターンでしたwww





2000年までのリリースでこの名盤揃い、とてつもないレーベルってのが分かるでしょ?これ以外にもVictory一枚目のリリースInner Strength 、Ice Burn、Cause For Alarm、Doughnuts、Guilt、Bloodlet、In Cold Blood、Catch 22、とお勧めしたいバンド、アルバムはまだまだある、2000年までのリリースでは上記の15枚かな!1ページでは全く収まりきらなかったんで2000年以降のリリースは次のページで

ore10005

Victory Recordsの「名盤」後半戦はこちらをクリック!