【Victory Records買収事件】Tシャツやパーカーやキャップ!マーチはどうなるの?もう消滅した?

Victory Records イベント

昨日アップしたVictory Records買収の記事は見てくれた?数件のメールをいただきました!ブログにコメントしてくれると助かるんですけど・・・


正直、全盛期は過ぎ去ってしまったレーベルのように感じられてもいるが前回のブログで紹介した音源などを見ると、とてつもないレーベルなんだと、ハードコアにしろ、この手のジャンルの分岐点となるバンドを多く輩出している、改めてそのすごさに気づいた人も多いはず、改めて思ったのはVictoryという響き、今更ですがネーミングも素晴らしいwww

では、今回は仲間からいただいたメールの1件を紹介しよう!



僕はやっぱりVictory Recordsといえばハードコアレーベルって印象が強いですね。


00年の半ばあたりからはあまり掘っていないんでいろんなジャンルのバンドがいたんですね、意外でしたw僕はHOONDSのTIME THE DESTROYERまでくらいですかね。


ブログ拝見したんですがVictoryの買収、初めて知りました、老舗のインデペンデントなレーベルが大手に買収されるのはとても切ないですね。僕もオムニバスは持っていますよ!


VRに所属してたバンドのアルバムが新しく出る場合はFearless Recordsからと拝見しましたが、あのブルドッグは消えてしまうんですか?そしてグッズも心配です!!



現在あるアイテムが売り切れれば廃盤なんてことはないですよね??とても気になります。





「ヤスさん」、メッセージありがとう!買収の記事見てくださいましたか、ありがとうございます!HOONDSの「TIME THE DESTROYER」最高ですね!ダイナマイトな危険なアートワークと同様にサウンドも超危険なモッシュサウンド!18年も前の作品ですが色あせないっす!!



いや~さみしいですよね、Victoryで働いてたスタッフはクビにはならず残って仕事ができるようですが、いまいち新譜はFearless Recordsからってのがよくわからんですよね、Fearless Recordsからっていうんだからあのブルドッグロゴは今後見れないかもしれないですね・・・

Victory Records


引き続き進展がありましたら直でメールしますwww


そうなんですよ~グッズにマーチですよね!?こればかりは全く分からないですよね、いろんなメーカーやレーベルとも取引してきましたが、そのレーベルマーチのすべてが突如、取引不可、というかサイトから抹消されることもまれにあったんでね、今手に入るアイテムは早めに手続きしておいたほうが良いかもしれませんね!

このメールをいただいたかなり怖くなってきたんだけど、恐る恐るマーチのリンクを開いてみた・・・現状は問題ないようだ、けど今までの経験上、急遽サイト閉鎖もあり得ないことではない、担当者のマイクにも連絡済だが今のところ返事はない、今日は土曜だもんね、日本時間の火曜日の午前中には返事があるとは思うんだが、なんかとてつもなく心配になってきた!!!!!!大丈夫だよね!?大丈夫だよね?

ということで急遽ではあるんだけVICTORYから入手できるマーチでイベント開催しちゃいます!



一番心配なのは、やはりVICTORYといえばブルドッグのロゴだよね、そのブルドッグを落とし込んだマーチ、このロゴは継続するのか?それとも消滅してしまうのか?消滅ならまず一番にこれらのマーチの販売が不可になるよね!


Victory Records



買い逃していない?僕は数種類所持していますがやはりレッドのバックのクラシックロゴはまだ未購入、急いで注文する予定、その他、バンドのマーチでもVICTORYロゴががっつり入っているアイテムがありますよね!このTERRORのアイテムとかね!

TERROR

こういったアイテムはもちろん、Victoryからドロップされたマーチたちも当然消えてしまう心配がある、今回のイベントアイテムとしては350アイテム有名どころでいうと、



・TERROR / テラー
・Counterparts / カウンターパーツ
・WARZONE / ウォーゾーン
・Blood Fro Blood / ブラッド・フォー・ブラッド
・EMMURE / エミュア・アンミュレ
・EARTH CRISIS / アースクライシス
・Comeback Kid / カムバックキッド
・Snapcase / スナップケース
・Path Of Resistance / パスオブレジスタンス
・Thursday / サーズデイ
・Cro-Mags / クロマグス
・All Out War / オールアウトウォー



ハードコア、その他ジャンルの歴史を刻んできたバンドばかり、やっぱVictoryすげーな、これらのバンドのマーチが手に入らなくなる可能性がるのです!その他もたくさんいます!いますぐに手続きをお勧めします!



当然イベントなんでね、豪華な特典を付けますよ。その特典は!!!!


ore10005VICTORY MERCH

ステッカーは消滅した時用に、使う一枚とストックする一枚と2枚、そして何かと使えるトートバッグ、僕はレジ袋として使ってますwww「お!Victory Recordsじゃん!」と気づかれたことは無いのですが、都心部にお住みのあなたは気づかれるかもよ!ということでステッカー二枚とトートバッグのセット2580円相当をプレゼントします!入手方法はしっかり上記の画像をチェックしてね!

心配性ってのもあるんだけど、いきなりの消滅もあり得るので
10月10日(木曜)夜8時
でいったん締め切ります!!



10月10日(木曜)夜8時以降も問題がなければグッズは引き続き販売しますが、いつ消滅するかわからないからね、このイベント終了後、はっきりとしたお知らせはできなくなると思っていてください!気づいたときには「もう消えてた」これはVictoryに限らずいえることだからね、何度も何度も言っていますがTERRORのスコットの名言を紹介!

「ほしいと思った瞬間に確保しておかないと永遠に後悔するのがバンドマーチだ!」

ANBN037



では、あなたからのお申込み楽しみにしています!




Victory




河内野





追伸:

VICTORY RECORDS 789枚目となる音源は先日7インチを発売したところのCro-Mags、またしても3曲入りの7インチ「From the Grave」を11月に販売する予定、はっきりアナウンスはされていないが、果たして本当にリリースされるのか?こちらも少し心配である!あとCro-magsのドラムがドリカムに居たっていう話も盛り上がっているのだが真相は?マッキー・ジェイソン?・・・・

ANBN038

今だからこそ改めて聴きたいVictory Recordsの名盤15~30!!

無くなってしまうかもしれないVictory Recordsの名盤15戦前半戦は見てくれたかな?まだの人は下記をクリックしてね!

2000年までにすでに15枚を超えてしまったんで今回は2000年以降のVictoryリリースの名盤を紹介していきやす!ハードコア色強かった90年代、00年以降はVictoryと大モメあのバンドも登場するぜ!では16枚目からスタート!





16.Shutdown – Few and Far Between

ニューヨークハードコアShutdownこちらはセカンドアルバム「Few and Far Between」アグノのロジャーがプロデュースでしたよね!ファストなオールドスクールハードコアサウンドからのいきなりのモッシュパートが特徴中でもMadballのフレディー参加のFew And Far Betweenは名曲ですよね!





17.Thursday – Full Collapse
Victoryに移籍し発売されたセカンド「Full Collapse」で大ブレイクしたThursdayといえばこの作品ですよね!エモーショナルなロックサウンドでありスクリーモ好きからも支持を受けた名盤、やはり彼らの代表曲といえばUnderstanding In A Car Crash、ドラマチックなメロディーから曲の展開、リリックに至るまで芸術の領域!!そして19年の12月には来日!





18.Boy Sets Fire – After The Eulogy
デラウェア産ニュースクール、ポストハードコア、エモコア、スクリーモとして90年代後半からカリスマ的存在だったBoy Sets Fireの「After The Eulogy」ニュースクールな曲から王道の美メロなロックな曲、ほんのりカオティックな曲までバラエティーに富んだ楽曲、その1曲1曲が名曲といっても過言ではないほど!





19.Student Rick – Soundtrack For A Generation

インディアナ産ポップパンクバンド、Student Rickのアルバム「Soundtrack For A Generation」極上のメロディーラインと美しいコーラスワーク、名曲揃いの一枚です!現行のポップパンクやエモ寄りのポップパンク好きは絶対に聴いておいたほうが良いですよ!





20.Blood For Blood – Outlaw Anthems
4枚目にして最高傑作だと!ボストンハードコアBlood For Blood の 「Outlaw Anthems」メタリックでタフガイなグルーヴなハードコアにOiやロッケンロール、ストリートパンクな要素を詰め込む、これぞボストンハードコアな危険なストリート感がぎっしりと詰め込まれたBlood For Bloodにしか出せない世界観、それが一番現れているのがこのアルバムかと!





21.Atreyu – Suicide Notes And Butterfly Kisses

ニュースクールからMaメタルなメタルコアの流れが生まれだした時代の代表的なアルバム、Atreyuの「Suicide Notes And Butterfly」メタリックかつデスいサウンドにシンフォニックなサウンドを注入し時にキャッチーでエモく、ドラムが歌い上げる姿がいまだ印象に残ってるね、中でもラストを飾るLip Gloss and Blackは名曲中の名曲、先日の来日では歌ったのかな?





22.Hoods – Pray For Death
CAサクラメントのWEST COAST 極悪ハードコア代表Hoods によるセカンド「Pray For Death」完璧なブレイクダウンにビートダウン、モッシュパート、シンガロング、まさにフロアを意識したパーフェクトなモッシュコアアルバム!定期的に聴いてしまう名盤ですな!Eurogyからリリースの次回作のKing Is Deadも名盤中の名盤!





23.Waterdown – The Files You Have On Me
そこまでは知名度はないが個人的に大好きな一枚なのでオススメしたいのがWaterdownの「The Files You Have On Me」当時のスクリーモバンドに多大な影響を与えたバンドの一つ、finchも彼らのファンで影響を受けたと公言してましたよね、僕の中ではスクリーモといえばこのアルバム、ニュースクールハードコア的なザクザクなメタリックなサウンドに極上なエモーショナルを注入し時にDeftonesのような妖艶さもミックスさせた大名盤!この次の作品は普通のメタルコアになってしまってかなりショックだったな・・・





24.Silverstein – When Broken Is Easily Fixed
歴代スクリーモTop10に確実に選ばれるであろう、カナダ産スクリーモSilversteinによるファーストフル「When Broken Is Easily Fixed」、メロディアスでドラマチックな展開、ひ弱に感じる感情的なスクリームはサウンドの繊細さとマッチしてこれまた最高なんです!





25.Dead To Fall – Villainy And Virtue

シカゴ産、ニュースクールハードコアをしっかり通過したブルータルなメタルコアにスウェディッシュデスなリフが交差するサウンド、日本での人気はすこぶるなかったイメージだけど、隠れた名盤アルバムだと!テクニックだけのメタルコでは血がたぎらないあなたはこの当時のメタルコアを聴くべし!





26.Bury Your Dead – Cover Your Tracks

ボストン産のゴリッゴリのヘヴィーなメタリックモッシュコア、Bury Your Dead の セカンドアルバム「Cover Your Tracks」スーツ姿で演奏するMVはあなたの記憶にも残っているはず!





27.Comeback Kid – Wake The Dead

これまた説明不要のモダンユースクルー、モダンオールドスクール、Comeback Kid のFacedownからVictoryに移籍しドロップされたセカンド「Wake The Dead」とにかくすべてのセンスがズバ抜けている、やはり神曲Wake The Deadですよね!世界的にもブレイクした名盤、





28.A Day To Remember – For Those Who Have Heart
やってきましたA Day To Remember、ブルータルなモッシュコアかと思ったら突如現れるメロディックパート、スクリーモでもない、メタルコアでもない、これは何ぞや!当時はマジで衝撃でしたね、歴史が大きく動いた重要作品、やはり初期が好きだね!その後Victoryの看板バンドへと、Victoryの稼ぎ頭となり裁判沙汰に・・・





29.Emmure – Goodbye To The Gallows
これまた説明不要、Emmure のファーストフル作品「Goodbye To The Gallows」ブルータルでカオティック、重力を感じるくらいにへヴィーでドロドロなローテンポでザクザクなブレイクダウン、変幻自在の多彩なボーカル、時にエモーショナルに日に多くのフォロワーを生み出しているがEMMUREの世界観には一切太刀打ちできていない強烈なインパクトを残した名作!





30.The Warriors – Genuine Sense of Outrage
これまた衝撃的だったThe Warriors の「Genuine Sense of Outrage」モッシュコアにラップスタイル、サグ感あるストンピンなハードコアではなくRATMとモッシュコアをミックスしたような無二のサウンド、新しいハードコアスタイルを創り上げたバンド、ほんのりとロッキンな要素も散りばめられてハイセンス、当時マーチがバカ売れした記憶があります!





あれ・・・・30選でもまだ00年代半ば、終わりが見えない、上記に上がっていない名盤アルバム、バンドでいうと、A Perfect Murder、Beneath The Sky、Endwell、Spitalfield、Between The Buried And Me、The Autumn Offering、Sinai Beach、Hawthorne Heights、いくらでも出てきます、恐ろしやVictory!!!ハードコアからメタルコアスクリーモが00年代は一気に増えてきたよね、00年代半ば以降は、また次回にでも・・・・・

今回はこれまで!!!!

では!

河内野

追伸:

80年代後半から90年代のリリースは前のページでチェックしてね!

ore10005

Victory Recordsの「名盤」前半戦はこちらをクリック!

大けがをしたConvergeの剛腕ドラマー「ベン」の状況は?来日できるの?

コンヴァージ

月がキレイ、というかいつもよりデカくない?調べてみると「スーパーブラッドウルフムーン」アニメキャラが叫びながら繰り出す必殺技か何か?と思うくらいに中二病なネーミングだ!


月と太陽が地球をはさんで一直線に並ぶ皆既月食の「ブラッドムーン」、満月が地球に最接近する「スーパームーン」、さらには月に向かって吠える飢えたオオカミをイメージした1月の満月「ウルフムーン」3つが重なったての「スーパーブラッドウルフムーン

スーパーブラッドウルフムーンというネーミングを見て浮かんできたのはConvergeの作品、Blood Moonパーカーである!

Converge


Convergeの来日まで1月をきったね、3つが重なったスーパーブラッドウルフムーンよりもレアで奇跡的な来日なんじゃないかと、


Converge_Neurosis



12月の半ばに事故で大けがをしたConvergeのドラマー、Ben Kollerは現在どうなっているのか?医療費の寄付は目標の25000ドルを大幅に超え現時点では$32512と日本円で350万円ほど集まっているよう、金銭的なことは置いといた気になるのはBen Kollerのヒジの状態、ドラマーにとっては命のヒジ、ベンのインスタを見ると



Converge


びっくりするくらいの高額の請求書とともに描かれていたうれしいニュース、でも20~60度回転って、良い方向には向かっているけど、まだまだ完璧にドラムをたたくことは難しのだろうね、この投稿が1/12、そこからはオジーオズボーンと自分の写真を並べたり、Jane Doeと今ではテラスハウスでおなじみとなってしまったVerveの名曲も有名だが、The Verveのボーカル、リチャードとJane Doeのマッシュアップ画像がアップされていたりと、ConVERVEというコメントは笑ってしまったが。


The Verve


もちろん、Jacobがデザインしたわけでなく、ハイセンスなマッシュアップやサンプリングデザインで人気のbeatrix.bourbonという方が作成、なかなか面白いので@beatrix.bourbonをフォローしてみては?

来日まであと23日、Ben Kollerはけがが順調に治り日本にやってくるのか?


引き続きBen Kollerの動向をチェックして行きます!また進展があればお知らせするね!マッシュアップで思い出したけど、ConvergeのJane Doeマッシュアップは有名だよね、バンドxバンドっていうのが最高にたまらない、去年来日したAmenra そして来日するNeurosisConvergeのJanedoeのマッシュアップ作品、しかも配色が一新されたこのデザインは速攻で売り切れ手に入らなかった、1度で3度おいしいトリプルネームマーチだ!


Converge



一番新しい作品でいえば、レジェンド、スウェディッシュDeath n’ RollのENTOMBEDConvergeのマッシュアップ、プレオーダー作品だからと迷っていたらすでには売り切れ・・・・



コンヴァージ


思いつく限りJane Doeマッシュアップを紹介していこう!

Converge Mash up
Converge

Mash Up 最強でしょ?
バンドとバンドのおなじみのデザインが一体になる、コレクター心を揺さぶられる、スペシャルでレアな作品たち、Axe to fallのツアーで発売されたConverge x Thursday x Coalesce x GAZA x Lewd Acts x Touche Amore x Black Breathという8バンドによるマッシュアップ、これ最強、持っている人いる?



これらのデザイン、9割がもう手に入らないんだけどね!!!登場したアイテムの内2アイテムは手に入るからConvergeページからチェックしてみてね!2019年の新しいマッシュアップ、コラボアイテムも楽しみだね!来日公演限定のNeurosis x Convergeマーチなんかももしかしたら販売されるかもね!

来日(神降臨)まであと23日!


最後はConvergeのライブ映像でテンション上げながらお別れです!

「マイナースレット」とビール好きのパーティーバンド!!

BL181114023

昨晩は早く布団に入ったせいか夜中の2時に目が覚める、Jesus Piece来日の際に同行してくるhate5sixにアップされていた最新のTERRORのライブ映像をがっつり見てしまい・・・そりゃテンション上がるよね、一睡もせず、4時ごろにはお腹がすいたのでお菓子を喰らいといっても全く好きでもない麩菓子(フガシ)を4本も喰らってしまった、


フガシ(フガシ)


夜中に目が覚めてハードコア聴いたら目がバキバキにさえるって僕たちのアルアルだよね!麩菓子(フガシ)で思い出したけど、1文字違いで大違いの(FUGAZI)フガジ、と言えばストレートエッジ思想の原点とされるイアン・マッケイ、彼といえばMinor Threat / マイナースレット、まさかのあの伝説なEP『Salad Days』ジャケットのフォトが!!!!しかも同じ場所じゃない?ハードコア好き、ストレートエッジな人たちがとてつもなく盛り上がっているよね!最高な写真である!



マイナースレット


イアン変わってないね、この写真が公開されたときに見つけたコメント「シニアスレット」は、うまいこと言うな~と妙に感心してしまったのだが、レジェンドを超えたゴッド、Minor Threatがまたこうして何か動きを見せてくれることに感動した。そりゃ期待は高まるよね?



・再結成!!
・ニューアルバム?!
・リユニオンショー?

このような声があふれていた、リアルタイムで聴いていたわけでもない、完全後追意で知ったバンドだけどハードコア好きなら誰でも知っているこの写真の再現、心が熱く煮えたぎるような感覚、とてもテンションが上がる出来事だ。数枚所持しているシャツもあるがすべてサイズがSで着用できず、音源聴いて我慢しています!ちなみにわたくしはSxEではありません・・・




慰安の名言として有名なのが

本当にラディカルで素晴らしい音楽は、常に少数の人々だけが目撃できる

ラディカルは「急進的な」を意味だと思う、心に響く言葉である!

現行バンドばかり聴いてると古臭く感じますが、サウンドだけじゃなくてカルチャーを知るともっとハードコアが好きになるからぜひチェックしてみてください、ハードコアといえば今一番聴いているのがSick Of It Allの新譜「WAKE THE SLEEPING DRAGON!」17曲とヴォリュームも満点、もう聴いた?



そしてMadballTERRORの新譜、Agnostic Frontの来日、Judgeの来日、Quicksandの来日All Out Warの来日とレジェンドから中堅の来日とNYHC好きと俺得な1年だったなと、Slapshot のMake America Hateも名作だったね! あまり話題にならなかったけど、Murphys Law / RANCIDの最強なスプリット発売も最高にアガったね!それぞれ1曲の2曲オンリーなので物足りない感は否めないが、うれしいリリースだった、Murphys LawっていえばJimmy Gっていうイメージが大きいよね!

マーフィーズロウ

画像のようにお茶目なオジサンさんだが、NYHCシーンの中で1番喧嘩が強い男としても有名だよね、彼のカリスマ性もあるけど、とてつもなくメンバーチェンジが多いバンドだからこそMurphy’s Law = Jimmy Gってイメージなのかもしれない!Murphys Lawとしても在籍していた強者たちのバンドは

Agnostic Front, Warzone,Dog Eat Dog,Stigma,Subzero,Inhuman,Sheer Terror,New York Dolls,Underdog,DFA,Skarhead,Crown of Thornz, Merauder,The Misfits,Cro-Mags, The Bouncing Souls,
Thursday,The Slackers, 
などなど



とんでもないバンドなんだよね、50人を超えているようですwwTATTOOアーティストとしても有名ですよね、


JImmy G


MadballAgnostic FrontSick Of It Allに比べるとあまりプッシュしていないですが大好きなバンド、ニューヨーク・ハードコアといってもキャッチーなパンクサウンドなのでポップパンク好きにもチェックしてほしいバンド!いわゆるパーティーハードコア、Minor Threatとはある意味対極なバンドかもしれないww




この曲に入ったアルバム「DEDICATED」はブックオフの激安コーナー250円コーナーでもよく見かけるからぜひその手に取って入手してください!安いのはねサウンドが悪いだけじゃなくて日本でも人気でいっぱい流通したからだからね!!安心して聴いてください!後悔は絶対にしないから!



あまりプッシュしてこなかったのはH2Oと一緒でマーチが少ない!!!!とはいっても数少ない中のKiller Beerデザインは常に売れているベストセラーアイテム、先日にはAgnostic Frontからオイパンクバンドのマーチも多く取り扱っていたメーカーが倒産するし、ポジやり始めて10社以上は倒産してるね・・・・アグノもそうだけどMurphys Lawマーチも探しているからお楽しみに!!!



マーチもハードコアなストリート感と、パンクやメロディックが持つポップやキャッチーな部分がミックスされているのもMurphys Lawマーチの人気の理由かもしれない!彼らはBeerやBong、酒や草ネタが多いんでやはりMinor Threatとは対極ですねwwBeer、酒好きで思い浮かべるハードコアバンドといえば?そうこいつら!!




NYパーティHCバンドNo Redeeming Social Value、おバカなパーティー集団、マーチもアルバムジャケットの多くにBeerが登場します!Minor Threatデザインのサンプルングもイケてます!リスペクトはあるけど皮肉な要素も垣間見えるのがポイントですね


BL181114022



昔から活動しているバンドばかり紹介してるけど、僕は懐古主義ではない、現行バンドも好んで聴くし、でもやはり今回のようなレジェンドが現役で頑張っている姿やニュースは最高にうれしいし、「自分もまだまだいける!」って勇気をもらえる、現行バンドから入った人でも掘り下げていけば今日紹介したようなバンドにすぐにたどり着くしね!服も音楽も、見た目やサウンドだけじゃなくそこにあるバックボーンやカルチャーを知ってもっともっと楽しもう、知っている人と表面だけの人との会話の中の言葉には歴然の差を感じることでしょう!


では!

河内野

ケラングアワード2016、各部門に受賞したアーティストたちはイケてる?


以前のブログでも紹介した英国ロック雑誌ケラングアワード2016の結果が発表されたようだ!

ケラングアワード2016、各部門に受賞したアーティストを見ていこう!




■特別功労賞■
Deftones デフトーンズ

流石だね!アメリカだけじゃなく英国でもデフトーンズの人気は不動のものだね!




■ケラング・レジェンド賞■
Iron Maiden アイアン・メイデン

さすがのレジェンド、メイデン様!!ツアーポスターが怖すぎてリトアニアでは使用禁止になったようだね!宗教的なこともあるのかな?デスコやブルデスのぐろすぎるデザインも見慣れているからなんとも思わないんだけどww

普通だよねww




■ケラング・ヒーロー賞■
Thin Lizzy シン・リジィ

まさにヒーロー!ニューウェーブやメタルにも影響を与えたんじゃないかな?ごめん、そこまで知らない!!




■アイコン賞■
blink-182 ブリンク182

まさにメロディックパンクのアイコン的な存在、もすぐアルバム発売!楽しみすぎる!新曲もさすがのブリンクって感じだけどトムの声が聞けないのはさみしい…




■パンク精神で賞■
Frank Carter フランクカーター

英国ではパンクやハードコア・シーンのアイコンでもある元ギャロウズのフランク・カーター 、彼のスタイリングが好きだ!

英国ならではのスタイルングは参考になるよ!




■ベスト・イベントで賞■
You Me At Six – The Ghost Inside Benefit Show ゴーストインサイド・ベネフィットショー

僕も投票したとおりThe Ghost Inside Benefit Showが選ばれて嬉しい!大怪我をしたアンドリューも新たにドラムセットで練習している動画をまた公開したね!いつもすごい勇気をもらってます!




■ベスト英国バンド賞■
Asking Alexandria アスキング・アレクサンドリア

ダニーが脱退してかなり心配だったけど新しいアルバムThe Black最高だったよね!ダニーとベンはいまだにもめているけど、どっちもづきだから複雑な気持ち….

Asking Alexandria – Here I Am (Official Music Video)




■英国ニューカマー賞■
Creeper クリーパー

メンバーはブラックなスタイルでメタルやゴスいイメージがあるがサウンドは正統派なパンクロックバンド、Alkaline Trioが好きなら
間違いないね!Roadrunner Recordsと契約するくらいだからブレイクは確実だね!

Creeper – Astral Projection (Official Video)




■インターナショナル・ニューカマー賞■
Cane Hill ケーン・ヒル

ニューメタルコアが本格的に主流になりつつあるねRiseから7月に発売される音源も待ちきれない!IssuesのDJ がフィーチャーした理と話題性も抜群、ブレイクは間違いなし!

Cane Hill – True Love




■ベスト・トラックで賞■
All Time Low – Missing You オール・タイム・ロー

All Time Low – Missing You

爽やか~~~な名曲、良いんだけど、個人的にはもう少しエッジが欲しいかな、にしても良い曲だ、夏の夕暮れに沈む夕日を見ながら片手にカクテルをもちたそがれたい!




■ベストライブバンド賞■
BABYMETAL ベビーメタル

すごいね、世界で人気だね、可愛い子たちが全力で踊って動いて歌って、そりゃ応援したくなるはな!もちろん曲も良いし….AP Music Awards 2016ではメタルゴッドとのコラボ!凄すぎるぜ!

BabyMetal (Part2/2)- Fortarock Nijmegen (NL) 2016-June-05




■ベストアルバムで賞■
No Devotion – Permanence ノー・ディヴォーション

Thursday のGeoff RicklやLostprophets の元メンバーのバンドだってわからないほどサウンドには面影はないけど、これが最高に完成度の高いインディーロックなサウンド、UKの人気バンドと比べても勝ってんじゃね~ってくらい最高のアルバムだね!

No Devotion – Permanent Sunlight (Official Music Video)




■ベスト・インターナショナル・バンド賞■
A Day To Remember ア・デイ・トゥ・リメンバー

流石だね、8月発売のアルバムも楽しみ、新作もチャートを賑わすんだろうな~!

A Day To Remember – Bad Vibrations [OFFICIAL VIDEO]




■ベスト・ファンベース賞■
Twenty One Pilots

ライトオンのCMで使われていた曲 Guns For Handsは恥ずかしながら韓流のグループの曲かと思っていたけど妙にメロディーが
頭から離れない、フルで聴いたら最高じゃない!ってかんじで彼らを知ったんです。ブルハのヒロト並みの病的なカリスマ性を感じる、しっかりアルバムを聞いてみよっと!

あとの賞はこんな感じ!

■BEST FILM■
Deadpool

■BEST TV SHOW■
Making A Murderer

■BEST RADIO SHOW■
Nights With Alice Cooper – Planet Rock

■BEST VIDEO GAME■
Rise Of The Tomb Raider

■BEST COMICBOOK■
The Wicked + The Divine

■BEST FESTIVAL■
Bloodstock

■BEST COMEDIAN
Amy Schumer

■TWEETER OF THE YEAR
Hayley Williams

デッドプール見たい!!

英国ロック雑誌ケラングアワード2016の結果でした。

あなたはこの結果どう思う?納得?それとも…..

アメリカとはまた違ったUKらしい結果になっているんじゃないかと、にしてももっともっと細分化して、いろいろな雑誌とコラボして、いろいろなジャンルの項目も作って欲しい、ユーロビートダウンやオールドスクール、ハードコア部門があったらもっと盛り上がるのに!

ベストマーチャンダイズ大賞
ベストフォト大賞
ワーストアルバム大賞
おバカビデオクリップ大賞
最高なのになんで人気がでないので賞

なんてあったら面白くない?

ま、UKで今何が熱いの革すごく分かった、にしてもCane Hillの注目度はすごいね!2017年も楽しみだ!

最後は勝手に選んだビートダウン大賞!xVICIOUSxでお別れです!

xVICIOUSx – BEG FOR LIFE (Official Music Video)