【ハードコアニュース】「NYHC」の重鎮のニューアルバムにゲスト参加したビルボード常連のロックスター!

sick of It All

早くも9月が始まったね、今年も残すところ3ヶ月、30歳を超えてからのスピードは高速ブラストビート並み、40台に突入するもあっという間だろう!このスピードがビートダウンすることなく人生は進んで行きそうだ。



毎年、言っているかもしれないが今年は特に最高な音源が発売されたり、まさかの来日公演が決定したりと、すざまじいスピードの中でもびっくりの連続を体感している気がする、個人的にも好きなハードコアシーンにおいては特に、というかハードコアが好きだから余計とそう感じるんだけどねww



ここ最近で一番テンションが爆上げしたのは記憶にも新しいMadballのニューアルバム発売からのSick Of It Allの新曲公開!





サウンドは言わずもがな最高!そしてMVのドラゴンはパワーメタルなイメージを受ける冒頭のアップから全体像はいつものドラゴンデザイン!タイトルは


“Wake The Sleeping Dragon!”


発売は11月2日

Sick of it all

映画のポスターのような仕上がり、下部にはメンバーが記載され、さらに下にはゲストの名が!!


ティム!!!まさか、Madballのニューアルバムと同じくランシドの?と思いきやなんとティム・マキルラス、そう!Rise Againstのヴォーカル・ギターであるティムなのである!!!
Rise against



それを踏まえ新曲もう一度聴くと・・・Rise Against感をほんのり感じない??ゲストだからね、プロデュースでもないから、思い込みだろうか?


さらにびっくり、もう一人のゲストはHot Water Musicのヴォーカル、チャック!!!なんなの、この渋い、いぶし銀がかったゲストは!!!最高かよ!!!
Hot Water Music



そしてゲストの横に記載されているのはプロデューサーの名前、 Jerry Farley、知識不足でさーせん、ピンときません!ということで調べた結果、Sick of It Allの前作Last Act of Defianceではエンジニアとして参加、さらに過去Jerry Farleyの携わった作品を見てみると、

PDBL1882071

何このメンツ、やばすぎる、ハードコアからヘヴィーロック、エクストリームメタル、まで幅広く多くの作品に携わっている敏腕プロデューサーじゃない!!!しかもまだ40歳だって・・・・すげ~~としか言いようがないとともに、Sick of It Allのニューアルバムへの期待がさらにググっと上がった!!!

そしてミックス&マスターはTue Madsen、ご存知の方も多いはず!

SOIA

いかにも敏腕ないで立ち、なんとMeshuggahDark TranquillityThe HauntedMnemicHatesphereEktomorfCataractExmortem、 に携わる激やば人物、 そしてあのBabymetalのアルバムもミキシング!Sick of It AllのNonstopにBased on a True StoryさらにDeath to Tyrantsでもプロデューサーとして携わっている、僕たちが好むバンドでは



・Heaven Shall Burn
・August Burns Red
・Earth Crisis
・Winds of Plague
・Born from Pain
・Suicide Silence
・Himsa
・Maroon
・Extol
・Caliban
・Knuckledust
・No Turning Back

などなど、メタルだけでなくメタルコアデスコアニュースクールハードコアまで携わる、っている人物なのである!期待せざるを得ないですよね、それを踏まえてもう一度聴いてみよう!!

Sick of It Allのニューアルバムに会いたくて会いたくて震えてきました。今この時点ではTERRORのニューアルバムよりほんの少しだけSick of It Allのニューアルバムが楽しみであるwww



・ニューアルバムのタイトルはWake the Sleeping Dragon!
・アルバムの発売は11月2日
・ゲストにはRise Againstのティムと
Hot Water Musicのチャック、
・プロデューサーにはジェリー、ミックス&マスターにはテュー・マッドセンということ!
・レーベルはCENTURY MEDIA



問題なのはCENTURY MEDIAからアルバム発売ってことで新しいマーチへの期待はできないってこと…トホホですね。




レジェンドたちも2018年はマジ熱い年だった、まだまだ進化を続けるMadball、あまり話題になっていないけど最高だったSLapshot、ぶれないストロングスタイルのWisdom In Chains、今週末にはSuicidal Tendenciesでしょ!レジェンドとはまた違うけどハードコアの代名詞のTERROR、そして11月にSick Of It Allもう一度言う!

最高かよ!!

震えて待て!!!!

では!

河内野

追伸:
最後はH2O “What Happened?”でお別れです!

こち亀は終わったけどSick Of It Allは終わらない!30周年を記念して発売される音源がやばいぞ!

始まりがあれば終わりがある。

終わってしまったね、「こち亀」40年だってよ、

ブログを読んでくれている9割以上の方は生まれていない時に始まってんだね、
すごいね。

こち亀といえば高校時代3年をかけて授業中に全て読んだ記憶がある。

といってもその頃は100巻を超えていた程度だったと思う。

ずば抜けて面白いわけでもなかったんだけど、読んでいくと生活に欠かせない
自分の一部になっていた記憶がある。

リアルではないけどリアリティーが有り実際に両津は存在しているんでは
ないかと錯覚してしまうこともあった。

こち亀は存在して当たり前、高校以降は読んでいなく決してファンではないが
※アニメは見ていた。

常に存在するものと思い込んでしまっていた、なくなってしまうと寂しいもんだ。

約40年におよぶ連載を一度も休んだことがないってのが本当にすごいよね!

毎週必ずだよ、普通じゃできないよね。

作者の秋本さん、そして両津お疲れさまでしたと言いたい。

200巻だけでも読んでみようかなww

葛飾ラプソディーが妙に悲しく聞こえてしまう…….









40年には満たないけどさNYHCレジェンド、Sick Of IT Allは30周年を迎えたよね!


このデザインはハードコア界で有名なジョナサン・バスク師匠!(※テラーのジャケとかね)

もちろん30周年シャツは手に入れてるよね?

そしてなんと結成30周年を記念して新しい音源
「When The Smoke Clears」が発売されるね!!

アルバムじゃなくEPなんだけどさ、楽しみすぎる、最高のニュースだ!

新曲5曲に、レアなフォト、AFI、REFUSED、HOT WATER MUSIC、GORILLA BISCUITS、DROPKICK MURPHYS、
などのメンバーによる解説文も付属ていう最高な作品!

発売は11月4日、待ちきれないね!

ということは新作グッズも発売か?これまた楽しみだ!

今もなお精力的にツアー中だが来年の1月はオーストラリア、その流れで日本!!
って期待しちゃうよねww

どういうつながりかわからないけどベテラン・ニューメタルのP.O.D.の曲に
ボーカルLou Kollerが参加したよね!

P.O.D. – Revolución (Audio) ft. Lou Koller

ファンにとっては異なるジャンルでLou Kollerの声が聞けるのは新鮮で最高だ!

Lou KollerフィーチャリングだとBorn From PainとかH2Oとかが有名だけど香港ハードコアの
リーチーワンに参加した曲がやばい!

King Ly Chee 荔枝王 – Lost in a World (featuring Lou Koller of Sick of it All)

どんな曲でもLou Kollerが叫べばSick Of It Allになってしまう。

そんな存在感のでかい個性的で無二の魅力あるボーカルがLou Kollerだ!

そんなLou Kollerのスタイルも大好き、年を取ってくるとやっぱり存在感があって説得力のある
アーティストのスタイルは

真似したくなっちゃうんだよね、若いバンドには出せない渋みがあるよね。

ファッションも人間力って大事だなってすごく感じる!

Lou Kollerといえばやっぱりポロシャツ!

ナイキのコルテッツにポロシャツ、真似させていただいてますww




チェックのシャツもLou Kollerは結構愛用してるけど渋いよね~!

このスタイリングに憧れて僕はディスタービアのチェックシャツをこの夏はいっぱい愛用しました!

こんなオヤジになりたい選手権があるなら間違いなくNo.1だ!!!

ポーランドで行われた30周年ライブ動画!テンション上がる~~!!

SICK OF IT ALL – 30 ANNIVERSARY | Live @ PROXIMA | Warszawa 16.03.2016 | Poland |

相変わらずPete Kollerは元気だねww

飛び跳ねるPeteデザインのシャツはメーカーでももう在庫が少ないようだよ!

始まりがあれば終わりがある、SICK OF IT ALLもいつかは解散してしまうんだね……

そう考えると悲しくなってきたわ….あと10年は頑張ってこち亀の40年記録抜いちゃってください!

河内野

追伸:

Agnostic Frontは結成34年、あと6年でこち亀を抜いちゃうね!!

ネイセイヤーのバスパンとテラーのTシャツでキメて釣りに行ってきた!

「釣り大好き!」

ってことで今日はネイセイヤーのバスパンにテラーのTシャツを着用して釣りに出かけるぜ!

釣具店にてルアーを購入。

ハードコアと刻印されたルアー、間違いなし!

釣り、実はあまり経験がない私、この友人に道具を借り、穴場まで爆走で
つれていってもらっています。

今日はかなり暑い。
窓を開け風を感じています。

テラーの時計が渋いっしょ?

釣り場に到着。セッティングを友人にたのむ。

装着完了「ドヤッ!」

海を眺めると魚が跳ねている。
大物釣るぞ~~~!

釣り開始。

サオを置いて今日の着用アイテム紹介。このテラーシャツは、僕のお気に入りのブラックスケールとテラーのコラボシャツのブラックバージョン。下記写真がホワイトヴァージョンだよ。

ネイセイヤーのメッシュパンツに、ブラックのスパッツ(ヒートテック)を装備。
前回のバスパンコーデで紹介したスタイルを真似てみた。

が、スパッツ(ヒートテック)は暑すぎた(笑)。
夏用のを買わなければ….

今日はオールブラックでコーディネート。
ハードコアの良さとストリートの良さがミックスされてナイスな感じ。

ブラックってことで足細効果もあり、秋冬にはこれにパカーなどを合わせたいね。

ちなみにこのバスパン、Mサイズでちょうど良いです。
(店長:身長173cm、体重71kg)

でも何と言っても、ネイセイヤーのハードコアなロゴが素敵でしょ!

大好きなバンドのロゴはどんなデザインよりもバンドマーチには映えるんだ。
バスパンがその最たる例。

でね、バスパンだけ集めてみたら100種類くらいもあった。
一気に見れるようにズラリとこのページに並べたから見てみてね。

そんなこんなで釣りを始めて1時間経過…..

何の動きもね~~。

ルアーを変えたりしても、結局釣れず….
ボウズってやつです。

今日狙っていた魚はこれ↓

シーバスってやつです、スズキです。
この画像は友人が先週に釣った大物。

くやし~~~。

悔しいからもう脱いじゃいます!!!

真夏にヒートテックなんて履いてられるか!!!!!
夏でも履ける通気性抜群のスパッツ、買わないと。

やっぱり夏はシンプルに履くのが一番かな。

大好きなこのバックプリント、ブラックにブラックのプリントってのも少ないでしょ。
コラボだけあってヤバい仕上がりだ。

釣りはリベンジします。

帰りま~す。

帰り道にラーメン屋発見。

とんこつ塩ラーメンに決定。さらに大盛りのオプション。

なんじゃこの蓋は。

斬新だ~。

「うまそ~~~!」
てか、量が半端なく多い!

「いただきます」

「ご馳走様です」

おいしく頂きました。

鶏とんこつの濃さ、塩ラーメンのさっぱり感、そしてレモンの皮がアクセントになって、背油のしつこさを調和する隠し味。

麺も細麺で固め、超好み。

また来ようっと。

ところで、関東地方も梅雨明けが発表されたね。
関西もそろそろかな?

本格的な夏の到来まであと少しだ。

バンドTシャツの夏がもうじきやってくる。
テンションが上がるぜ。

来週もアクセル全開でいくぞ。

追伸:
上から2枚目の写真なんだけど、これって心霊写真?

丸で囲んだ部分、顔に見えません?

恐ろしや~~~。

Hot Water Musicのジャケットを連想させる心霊写真だ。

追伸2:

バスパンが気になったあなたは、7月8日(月曜日)までに申し込んでね。期間限定でプレゼントもあるよ。くわしくは、ここをクリック

撮影場所

撮影で着用したアイテムについて

【GW特集】ゴールデンウィークのお出かけバンドファッションは Rise Records がお勧め

rise records logo

最先端のバンドファッションをチェックしてきたけど、やっぱりサウンドも最先端を行っているバンドが「シャレオツだ!」ってことだよね。

毎年数多くのバンド、レーベルが生まれているけど、常に流行を生み出して影響を与え続けているのはRise Records。Rise Recordsに所属すればほぼ話題になる、人気が出る。でもレーベル効果だけではなく、契約を交わすレーベル側のセンスも良いってことだよね。

初期はある程度予測できるバンドと契約を交わしてきたけど、ここ最近では激音のいろんなジャンルのバンドを輩出している。最先端を常にキープして僕たちに激音を届けてくれる。

そんな偉大なRise Recordsから今新作ビデオが続々と登場してます。
きょうは一緒に逃さずチェックしていこう。

最先端を行くバンドのファッション、スタイルにも注目です。

Woe, Is Me – A Story To Tell


動画が見れない場合はここをクリック

現再生回数:139,966

Of Machinesの元ドラマーであるオースティンを中心に結成されたWoe, Is Meだけど、すでにOf Machinesを軽く超えてしまうほど人気。アルバムも飽きないんだよね。クリーンパートも激しいパートも頭からこべり付いて離れない。


Issues – Princeton Ave


動画が見れない場合はここをクリック

現再生回数:251,861

元WOE, IS MEのメンバーによるニュー・バンドで、ポジでもじわじわ人気が出てきているバンド。RISEのお騒がせバンドWOE, IS MEみたくあまりメンバーチェンジは避けてほしいな。期待を裏切らないサウンドだからこのまま長~~く続けてほしい(笑)。


Misser – Goddamn, Salad Days


動画が見れない場合はここをクリック

現再生回数:7,090

今一番新しいRISEのバンド。インディーロック、エモ、大人な渋めのポップパンク、ここ最近RISEも力入れてるジャンルだね。90年代後半の男らしい、インディーロック、エモ好きは反応してしまうサウンド。

二日前に公開されての7000の再生回数、期待度もでかいバンドだ。


The Plot In You – Fiction Religion


動画が見れない場合はここをクリック

現再生回数:75,028

Before Their Eyesのメンバーも含む注目のバンド。とにかくメロディーが極上すぎるんだよね。ボーカルのイカレ具合もかっこいい。歌詞や曲名も結構残虐的。だから結構コアなファンにも人気なバンドだ。


Transit – Weathered Souls


動画が見れない場合はここをクリック

RISEと契約した時はビックリだったんだけど、今となってはRISEにとって欠かせないバンド。メロディックパンク、ポップパンク、エモ、インディーロックファンはもう堪らないサウンド。激しいRiseバンド好むあなたは、中休みにはぜひTransitを!

あ~癒される~。

バンド全体を包み込むオシャレな空気感、なかなか出せないよ。


The Color Morale – Smoke and Mirrors


動画が見れない場合はここをクリック

現再生回数:40,937

海外では相当な人気なんだけど、イマイチ、日本では話題に上がってこないね~。(僕の周りだけかな?)こんなかっこいいのに…..けどグッズは人気なんだよね(笑)。

もともと叙情ニュースクールから最先端のスクリーモ、メタルコアに派生したサウンドだから叙情ニュースクールファンにも人気なバンド。こっち系のRISEバンドは緩急の展開がほんと得意。


Face To Face – Bright Lights Go Down


動画が見れない場合はここをクリック

現再生回数:18,220

マジで!

目を疑っちゃいました。あのメロディックハードコアの大御所Face To Faceだよ。まさかRISEから音源が発売される日が来るとは!!!RISEセンスいいよな~。Face To Faceだよ。

ベテランが出すサウンドは安定感抜群。メタルコア、スクリーモしか効かない方はぜひ聞いてほしい。若いキッズがFace To Faceグッズ着用してたら絶対二度見してしまう(笑)。

マッシュアップ/リミックスユニットThe Legion of Doomもやっていたからけっこうスクリーモ系にも繋がりがあるのかもしれないね。


動画が見れない場合はここをクリック


Thick As Blood – Diente Por Diente


動画が見れない場合はここをクリック

現再生回数:19,984 回再生

Thick As Blood!!!

こういった硬派のモッシュコア、ハードコアバンドがいるのもRISEの魅力です。This Is HellもRiseだよね。


Man Overboard – White Lies


動画が見れない場合はここをクリック

来月発売のアルバムも楽しみなMan Overboard。クラシックなエモサウンドと現代のポップパンクサウンドをうまく調合したMan Overboard、人気爆発中だよね。こちらのバンドもオシャレな空気感をうまく出している。

メンバーもシャレオツだし、ジャケットのセンスもグッド。勿論、グッズもハイセンス。


Poison The Well – Botchla


動画が見れない場合はここをクリック

フロリダの伝説ニュースクーラーPoison The WellもRISEなんだよね。新譜はぜひ初期、中期のころのサウンドで!


RISE、そうそうたるメンツでしょう。
ダサい二番煎じのバンドなんて一つもいない。

激音の流行を生み出している最高のレーベルだ。

Sharks
Crown The Empire
Legend
Dave Hause
The Jealous Sound
Bleach Blonde
Rescuer
Of Mice & Me
Make Do And Mend
Like Moths To Flames
SECRETS
Further Seems Forever
Sleeping With Sirens
Miss May I
Palisades
In Fear And Faith
The Acacia Strain
The Early November
Bouncing Souls
I Am King
Hands Like Houses
Hot Water Music
American Me
Ghost Runner On Third
Your Demise
MSWHITE

このメンツを見たらRise Recordsがとんでもないレーベルだってのがわかるでしょう。
これ以外にもまだまだいるけどね。

激音にも色々なジャンルが存在するけど、特定のジャンルにこだわるあなただって
きっとRise Recordsに好きなバンドが一組はいるはず。

Sleeping With Sirensの再生回数は中でも驚異的だな。

Sleeping With Sirens – If You Can’t Hang


動画が見れない場合はここをクリック

現再生回数:13,022,760

1千万越えって!

最先端を行くRise Recordsの最先端グッズ、
デザインも流石にカッコいいんだよね。

早く見てあなたにびっくりして欲しいので、
今から急ピッチで新作アップします。

河内野