マジ?「American Football」来日!そして来日、新曲、新譜、ニューマーチ情報!イベントもあるよ!

AF200117012

毎日、目まぐるしく飛び込んでくるニュース、音楽ニュースだけでもついていく必死、日々更新されていく海外のメディアやyoutubeでの新曲、来日情報、先日のブログでも紹介したMurphy’s Lawの来日もびっくりだが、思わず二度見どころじゃなく3度見はしてしまったビッグニュースは、American Footballの日本ツアーが決定!Comeback KidCandyMurphy’s Lawの来日でも日程を見てガックシきた関西勢、American Footballは関西公演あります!!!ハードコアリスナーがAmerican Footballをライブ行くほどに好きなのかは謎だけど、関西勢、名古屋勢も歓喜してますね!えがった!えがった!


American football来日




にしてもAmerican Footballは6月と少し先の来日、今週末にはKnocked LooseSanction、2月からは、Cave InPower TripREGULATE KrustRenouncedThe GeeksそしてMurphy’s Lawね!と、これまでにないほどの密集し純度の高いハードコアな来日ラッシュ!あなたはどれ行く?




来日もだけど新譜や新曲情報も!!一瞬だけどHatebreedの新曲の一節が!!





一瞬すぎますがwww一聴でH8Bと分かるリフ、アルバムアートもギロチンとクロスアックスと期待させてくれます!!新曲は2月14日に公開されるようです!来日してくれないかな~2010年に観に行ったけどあれからもう10年か、2020年あるかもね!!!

結成直後の18年前の2002年に自主リリースしたデモ音源「4 Song Demo」を公開したTERROR、貴重すぎる音源!!、限定でカセットテープが発売されたんだけど、当然僕は注文済、注文後全く進展ないんだけど届くのかな・・・・速攻で売り切れましたのでもう手に入らないよ!



あと注目度の高いCode Orangeの新譜も楽しみだね!そしてそして音源もだけど、当然、バンドグッズ、バンドマーチもね!!次々と新作が発売されています!!って言っても最近はプレオーダーや限定ばかり、パッと発売してくれれば助かるんだけど、そうもいかないでしょうね!確実に生産数はポジティブダイブやり始めた頃よりも大幅に減っています、だからこそビビっときたアイテムはすぐに手続しておいてほしい!ハードコア、NY/HCアイテムに関してもニッチなせいか、人気のメタルコアやポストハードコアに比べたらホント少ないし、すぐ廃盤・・・常にチェックしているのでヤベーの見つけたら速攻でアップして速攻で終わらせる!

NYHCの中でも人気のMadballマーチは一定数確保できる、Sick Of It Allは極少のみ取扱い中、Agnostic Frontに限っては・・・・取り扱っているメーカーの倒産が連発、覚えているだけで4社はつぶれているねwww最新アルバムの発売元であるNuclear Blastはマーチ発売しないし、「どこか販売してください!」と願うしかない!



ほぼ毎日ネットサーフしてはアグノマーチを探す旅に出かけている、一昨年も去年も先月も、そして昨日も、今日も・・・諦めかけているときにパッと販売されるのが楽しいとこでもあるんだけど、今日もあきらめかけて取引ある業者を見ると・・・・


あるじゃんアグノの新作マーチが!!!


どれほど待ち望んだか・・・・限定で取り扱ったマーチを除けばThe American dream died発売頃の15年から5年ぶりになるんじゃないかな、ほんと待ちましたよ!アグノ新作マーチ!!!


ということで久々のイベント開始!
Agnostic Front新作マーチイベント開催します!


そんな新作マーチはまだまだ記憶に新しい名作Get Loud以降の新作デザイン!過去作の焼き回しではない完全な新作デザインである!



これぞバンドマーチなアルバムのアートワークを落とし込んだ一枚!NYHC史に残る名盤中の名盤CAUSE FOR ALARMを彷彿させるGet Loudデザイン、おなじみのOi!デーモンご健在の最強デザイン!



AF200117006

正直、ファンでなければよさがわからないデザイン!だからこそ最高なんですよね!これだけじゃなく、その他、多くはないですが6点の新作が登場します!それらは商品ページでご確認ください!

Agnostic Frontの商品ページはこちらをクリック!


そしてイベントといえば特典だね!気になる特典はコレ!!!




コレクターは大好きな7インチ、レコードプレイヤーもっていなくても可愛いサイズ感がインテリアにもなるんですよね!3曲中アルバムに収録されてない曲も1曲収録、これも7インチの良いところ、ダウンロードクーポンも付いてます!!


Agnostic Frontの商品ページはこちらをクリック!




ほんと久々ですよね!ポジを昔から愛用してくれている人はわかりますよね!今まで何度も何度も取り扱い、廃盤を繰り返してきたか!!これは紛れもない事件だ!今回のイベントも自分が一番楽しんでますがwwwNYHC好き、アグノファンのあなたはぜひ参加してみてください!


では、あなたからのお申し込み楽しみにしてます!


アグノ

Agnostic Frontの商品ページはこちらをクリック!

特典は2月3日の夜8時までNE




河内野






追伸:
下記の記事はもう読んでるよね?


「リリックが素晴らしいんだってばよ!」

パーティー!パーティー!NY/HCバンド「MURPHY’S LAW」の来日が決定!

ZBL20120023



グラミーの受賞結果で大盛り上がりだね!とはいえ今朝、入ってきたコービー・ブライアントが事故で無くなったとのニュース、悲しいね、まじ悲しい・・・バスケに少しでも携わっている人ならわかると思うけど、マイケルジョーダン級のレジェンドプレーヤーだったよね、グラミーでもコービー追悼ムードで一色で始まったようだね、


The Plot In You

そんな中ビリー・アイリッシュが主要4部門を総なめにし、トータルで5冠を達成だって!!「いつもなら興味ねーわ!」っていうところだけど、ビリー・アイリッシュのサウンドホラーやインダストリアル、中二病フレイバー、嫌いじゃない、自宅のベッドルームスタジオでのレック、ツアーのビジュアルからアルバム・ジャケット、グッズのデザイン、SNSの管理、キャリアにおける全ての側面に関わっている!そのDIY精神はまさにパンクだしハードコアである!!兄弟愛もステキである!





兄弟といえばAgnostic Frontのギタリストで兄でもあるVinnie Stigmaの兄貴、JIMMY G(極悪兄弟だねw)率いるMurphy’s Lawの来日が決定したね!!招聘は、Aggressive Dogs!!

Murphy’s Law Announce Japan Tour

NYHCシーンの中でも最古であり重鎮でありながらロックンロール、スカ、レゲエ、ダブなどの要素も取り込むジャンルの壁に囚われない柔軟さに器の広さ、そして圧巻のライブパフォーマンス!日本公演での衣装にも期待が高まる!

NYHCシーンの中で1番喧嘩が強い男としても有名だよね、彼のカリスマ性もあるけど、とてつもなくメンバーチェンジが多いバンドだからこそMurphy’s Law = Jimmy Gってイメージなのかもしれない!Murphys Lawとしても在籍していた強者たちのバンドは

Agnostic Front, Warzone,Dog Eat Dog,Stigma,Subzero,Inhuman,Sheer Terror,New York Dolls,Underdog,DFA,Skarhead,Crown of Thornz, Merauder,The Misfits,Cro-Mags, The Bouncing Souls,
Thursday,The Slackers, 
などなど



とんでもないバンドなんだよね、50人を超えているようですwwTATTOOアーティストとしても有名ですよね、


JImmy G

ご存じ!New York Hardcore Tattoosですよね!Vinnie Stigmaと共同経営しているNew York Hardcore Tattoos、来日の際Tattooスタジオでのゲストとして彫ってくれるなら足を運びたい!!そんなNew York Hardcore Tattoosですがマーチも販売されています!本日からお取り寄せ開始です!


NYHC Tattoos



その他デザインも5種あるからぜひこちらからチェックしてみてください!

そういえばJimmy G師匠って、たんのうの摘出手術したじゃない、わずかながら寄付させていただいたんだけど、ライブを見るかぎり元気そうでなにより!パーティーバンドだから仕方ないけどお酒の飲みすぎには気を付けてほしいねwww発表されて間もないんですが、来日公演は2/8からスタートと1週間半後と迫ってきている、20年の来日ラッシュ、マジパナインですが関西来ないのね!・・・・


Murphy’s Lawはまさかの写真集の発売決定したらしいよ!!来日公演でも発売されるとのこと、田中みな実の写真集を買うなら間違いなくMurphy’s Lawの写真集ですね!両方欲しいけどねwww僕はライブ行ける予定ではないのでだれか買っといてくれません?

最新ライブ、ついこないだ1月25日に行われたライブでのセットリストは下記の15曲、

■1曲目:Intro■

■2曲目:Quest for Herb■

■3曲目:Dogs(Rockstar Racecar cover)■
■4曲目:Beer■

■5曲目:Tight■

■6曲目:Vicky Crown■

■7曲目:Ska Song■

■8曲目:Skinhead Girl■

■9曲目:Sarasota■

■10曲目:Crucial Bar-B-Q■

■11曲目:Secret Agent S.K.I.N.■

■12曲目:Panty Raid■

■13曲目:Don’t Bother Me■

■14曲目:Cavity Creeps■

■15曲目:Someone’s Gonna Get Their Head Kicked In Tonite■


予習復習してライブに望みましょう!!



では!


河内野






追伸:
Higher Powerの新譜がリリースされたね!

「Kocked Loose」と「Power Trip 」の来日公演、どっち観に行くべき?2020年来日ラッシュ!

Knocked Loose Power trip

「始まりがあれば必ず終わりがやってくる」、40年と半世紀近くもスラッシュの帝王として活躍してきたSLAYERがついに終わりを迎えましたね、最後のライブで最後に演奏されたのは「Angel Of Death」だったそう。


僕たちの中にもSLAYER好きは多いと思う、影響をもろに受けたエッジメタル、ニュースクール、ハードコアからメタルコア、デスコア、エクストリームな音楽のすべてに影響を与えたって言っても良いくらいのレジェンド、いや、帝王である!ちなみに僕は94年に発表した6枚目のアルバム「Divine Intervention」からリアルタイムで大好きになったバンド、僕の中でスレイヤーといえばReign in Bloodでなく、「Divine Intervention」なんですよね!この速さと攻撃力の強さ、当時はグランジに魂を売ってしまったけど、そんなの一切関係なしにスレイヤーの「Divine Intervention」は聴きまくってましたね!



96年リリースのハードコアパンクカバーアルバムである「Undisputed Attitude」も要チェックだね!


近年のメタリックなハードコアやPure Noise所属の次世代のハードコアバンドが大好きなら思わず反応してしまうフレーズがたくさんあるでしょ?



モロに影響下にあるわけではないけど所々でスレイヤーイズムを感じることのできるKnocked Loose、彼らが好きならスレイヤーも好きになれると思うよ!先日の来日、そして来年の来日が決定しているKnocked Loose、さらに日本でも人気が爆発しそうだね!余裕ぶっこいているとチケットがソールドする可能性もあるね!

KLPT191203004

1月31日(金)大阪 BEYONDに参戦予定、同じくPure NoiseからSanctionも観れるんだもんね!来年も初っ端から楽しいイベントが盛りだくさん!



さらにPower Tripもleave them all behind 2020 のextra showとして、大阪にやってくる!!!

Power Trip 2020

でも2/4とKnocked Looseの来日と日程が近すぎるんですよね!近いっちゃー近いんだけどね地方住はわかると思うんだけど、渋滞なども考えると確実に日がつぶれてしまうんですよね、働いている身としたら1週間に2日も丸々休むのはキビシー!!!!

世界を圧巻する次世代ハードコア・アクトKnocked Looseか?

新世代クロスオーヴァー・スラッシュの筆頭Power Tripか?

究極の選択である!

2月2日の東京はKnocked LoosePower Tripが被っている・・・・・これもまた究極の選択ですね!両バンド共に再重要なバンド、両方いける人がマジうらやましい!僕のように一日しか行けないならどちらを選ぶ?


迷っている間に両方のチケットがソールでっていう最悪のシナリオも想定しておかないとね!早急に、どちらに参戦するか決めるぜ!

と思いながら両バンドの音源やライブ映像見まくっているんですけど、選びきれるのか?現時点ではPower tripかな~・・・



と思ってKnocked Loose聴くとやっぱりこっちかなと・・・

遠い昔の話ではあるが、僕には不釣り合いの美人から同時期に告白されたことがある、僕は選びきれずなんとか2人とお付き合いをする方法を考えている間に二人ともに愛想をつかされる、そんなことを思い出してしまった、

二兎を追う者は一兎をも得ず

そうならないように今週中にはどちらの来日公演に参戦するか選んでチケット買っておきます!


そうだ!!!!!!1週間後にはREGULATEKrustの来日公演やん!!!!!

KLPT191203005

REGULATEは18年度のアルバム10枚にも選んだ超大好きなバンド・・・三つ巴の戦いじゃぁ~~!!!Knocked LoosePower Trip、そしてRegulate果たして僕は選びきれるのだろうか・・・・

では!

河内野



追伸:
今回のブログで登場したバンドのマーチ、とり扱ってまっせ!来日前するまえにチェックを!

Knocked Loose /ノックド・ルーズのグッズは下記をクリック!
https://positivedive.com/shopbrand/ct1624/

Sanction / サンクションのグッズは下記をクリック!
https://positivedive.com/shopbrand/ct1999/

Power Trip /パワートリップのグッズは下記をクリック!
https://positivedive.com/shopbrand/1087/

Regulate / レギュレイトのグッズは下記をクリック!
https://positivedive.com/shopbrand/ct2203/

Krust / クラストのグッズは下記をクリック!
https://positivedive.com/shopbrand/ct2116/

Pure Noise Records所属バンドのグッズは下記をクリック!
https://positivedive.com/shopbrand/ct2001/

Knocked Loose /ノックド・ルーズのこのOldham プルオーバーパーカー(ブラック)ですがメーカーのサイズ入れ間違いでMサイズのみ1点すぐに発送できるから、チェックしてね!画像クリックしたら商品ページに飛べます!

ノックドルーズ

OLDHAMシリーズ!今作は「A Different Shade of Blue」なカラーリングでフォトと組み合わせたロゴ、 バックにはメンバーのフォト、袖には頭文字のK/Lロゴとたまらない仕上がりです!

今だからこそ改めて聴きたいVictory Recordsの名盤30~45枚目!!これにて終了!

ヴィクトリーレコード

ラグビーが世間ではにぎわっているので先日の試合をテレビで見てみたんだけどルールがむずい!!!すごい視聴率をたたき出したそうだけど、みんなルール分かってるのかな?



にしてもあの鍛え抜かれた肉体、あんなのでタックルされたら即死亡だね・・・



サウンドで例えるならゴリゴリ重低音リフのメタリックハードコアKublai Khan!!Newアルバム「Absolute」のカラーリングも白と赤の日本代表のユニフォームカラーと一緒、そんなことはどうでもよいが、新譜クッソやばくない?





こんな名盤が次々にドロップされている10月に新たな来日ビッグニュースが届いたよね!叙情派のレジェンド、神っているHopesfallとTakenが来日!同日にこの2バンドが観れるなんて奇跡以外の何物でもない、



Hopesfall

Takenのepも最高だったが、HopesfallのArbiterは18年度の10枚に選んだほど大好きな作品、「Satellite Years」や「No Wings to Speak of」からも何曲かやってくれるのか?現在ツアーは演っていないようだけど、18年のライブのセットリストを見ると、

1曲目:April Left With Silence (アルバム:No Wings to Speak Of)
2曲目:Rx Contender the Pretender (アルバム:Magnetic North)
3曲目:The Ones (アルバム:A Types)
4曲目:Decoys Like Curves (アルバム:The Satellite Years)
5曲目:Aphelion (アルバム:Arbiter)
6曲目:Tunguska (アルバム:Arbiter)
7曲目:The End of an Era (アルバム:No Wings to Speak Of)
8曲目:Faint Object Camera (アルバム:Arbiter)
9曲目:Only the Clouds (アルバム:The Satellite Years)
10曲目:Saskatchewan (アルバム:Magnetic North)
11曲目:H.A. Wallace Space Academy (アルバム:Arbiter)
12曲目:Indignation and the Rise of the Arbiter (アルバム:Arbiter)
13曲目:Waitress (アルバム:The Satellite Years)
14曲目:The Bending (アルバム:The Satellite Years)



一応、全音源から演ってるようで、WaitressやThe End of an Eraも、個人的に大好きなDead in Magazinesはやんないのね、ってかまだ分からないよね?とても楽しみ、当然Takenもね!




話の趣旨がずれてしまったが本日は「Victoryマーチどうなるの?イベント」も開催中(そんな名前だったか?)のVictoryの名盤紹介、前半1~15、中盤15~30は紹介したんだけど、2000年半ばから現在までの名盤は紹介しきれなかったということで、今回は後半30~45枚目の名盤を紹介していこうかと!そんなのやってた?って人は下記の過去記事チェックしてみてください!




今だからこそ聴いておかないといけないVictory Recordsの「名盤30~45枚目」を紹介していきます!!


31.Darkest Hour – Deliver Us

baronessのJohn Baizleyが手掛けたアートワークも印象深いこの「Deliver Us」ですがプロデュースはデヴィン・タウンゼンドのずるむけ大先生だもの最の高なのである、デスラッシュの要素は薄まりクリーンも増えるもどれもが完成度の高い楽曲ばかり、僕はUndoing RuinかこのDeliver Usが最高傑作かと!





32.Between The Buried And Me – Colors
何が始まるのかわからないおもちゃ箱をひっくり返したかのようなワクワク感、まさにタイトルの「Colors」色彩豊かなサウンド、パワーポップ、ジャズ、フュージョン、アイリポストロック、メタル、デスメタル、プログレ、ハードコア、などなど、目まぐるしく変わる展開、その一つ一つがハイセンスである、人間離れした極上サウンド、カオティックやメタルコア、ハードコアという枠を跳びぬけてしまった名作!!





33.Carnifex – The Diseased And The Poisoned

僕がCarnifexにどっぷりとハマったのはこのセカンド「The Diseased And The Poisoned」、衝撃はとてつもなかった、Suicide Silenceのファースト共にデスコアの時代を切り開いた名作かと!ビートダウンハードコアすきもハマってしまう急転直下のブルータルビートダウン/ブレイクダウンはテンション上がります!





34.Within The Ruins – Creature
来日キャンセルの記憶も新しい、テクニカルでプログレッシブなメタルコア/デスコアのファースト「Creature」!!ピロピロバカテクツインギターは心地よくも気分が悪くなるほどに動き回る、今までに感じたことの無い何かを感じさせてくれた衝撃だった重要な一枚!このころからVictoryもデスコアが増えてきたね!今回は入れないけどWretchedってメロデスよりのデスコアバンドもかっこよいよ!





35.Close Your Eyes – We Will Overcome
当時のVictoryも鬼プッシュしていたClose Your Eyesのファーストアルバム「We Will Overcome」A Day To RememberやSet Your Goalsを足してモダンオールドスクールな要素もうまく昇華させた話題になったバンドですよね、疾走感あり、シンガロングパートも豊富、当時Facedownからも現れたTake It Backとともにハードコアを感じさせるイージーコアなバンドたち、今では本当にいなくなったね・・・・





36.Jamie’s Elsewhere – They Said A Storm Was Coming
この時期に急増したポストハードコア×エレクトロのいわゆるピコリーモバンドJamie’s Elsewhereの2枚目になるのかな「They Said A Storm Was Coming」スクリームとクリーンのバランスもよくとても聴きやすいポストハードコア!とにかくメロディーが良くあなたの記憶にも残っているであろうアルバム!2010年あたりに発売されたアルバムだけど、多くのスクリーモ好きが絶賛していたのを覚えている!





37.Amber Pacific – Virtues
Hopelessから発売された前作が大ブレイクするもジャケットがブラックメタルみたいでスルーしてしまった記憶がある!そして多くのエモロック好きの期待が高まっている中発売されたのがこの「Virtues」まさに王道なエモロックでありながらとにかく洗練された完成度の高い楽曲たち、全曲が名曲といっても過言ではないくらいに素晴らしい名作ある!





38.Grave Maker – Ghosts Among Men
Victoryからのハードコアのリリースは久々となった中、ドロップされたのがバックーバー産メタリックかつモッシーなハードコアバンドGrave Makerのセカンドアルバム「Ghosts Among Men」、かなりイケイケで話題になったんだけどその後は音沙汰無しですね!モッシーなハードコアにモダンな要素も感じさせる名盤といっても過言では無し!





39.Dr. Acula – Slander
NY産パーティーデスコアバンドDr. Acula!!3枚目か4枚目の「Slander」モッシュコア、デスコア、グラインド、ヒップホップ、シンセ、まさにパーティーな何でもありのデスコアバンド、Victoryの稼ぎ頭としても活躍してたんですが、次回作を出して活動停止中・・・





40.Counterparts – The Current Will Carry Us
説明不要だね!ちょうどいま日本ツアー中のCounterpartsのセカンド「The Current Will Carry Us」一気に知名度を上げた作品ですよね!叙情派ニュースクールのジャンルに改めてハマるきっかけとなった僕の中でも重要な一枚、現行の叙情派では次世代代表格と言われるCounterpartsもすでに10年近くの活動歴、新譜も楽しみだが、初期のPropetsとこのアルバムも一家に一枚的な名盤です!





41.Islander – Violence & Destruction
ニューメタルリバイバルなバンドが増えてきた中、群を抜いてハイセンスで人気を得ていたのがIslanderのファーストアルバム「Violence & Destruction」アリーナ級とのバンドとの競演などから、Bad BrainsのHRとの衝撃的な共演曲、ただリバイバルなサウンドにならず、ブレイクダウンやポストハードコアやメタルコアなどの要素もプラスさせたハイブリッドなニューメタルなコアである!話題になった寿司のMV以降何をしているのだろうか・・・・





42.Abandoned By Bears – The Years Ahead
イージーコアのブームも落ち着き、いることはいたんだけどここまで完成度の高いポップコア/イージーコアが現れたのは久々だろう!16年リリースのファーストアルバム「The Years Ahead」キャッチーなポップサウンドからのヘヴィーなブレイクダウン!「コレコレ!!!」このサウンドを待っていたイージーコア好きも多かったはず、個人的にはポップなパートのメロディーセンスはADTRを越えているんじゃないかって!それくらいに完成度の高い名盤である!





43.Carousel Kings – Charm City
VICTORYへと移籍してのリリースとなったCarousel Kings の4枚目のアルバム 「Charm City」メロディー至上主義をもうならせる極上のメロディーセンス、時折見せるメタリックな部分もハードコアを感じさせるし、ポップパンクだけじゃなくメロディックパンクなルーツも感じさせるのが特徴、派手さはないものの何年経過しようが聴き続ける本物の名盤である!





44.For The Win – Heavy Thoughts
近年はイージーコアに強いレーベルとしても認識されてきたVictoryが送り込んできたのはFor The Winのセカンド「Heavy Thoughts」ポップパンク要素は少し薄まったけども程よくポップなパートからのヘヴィーかつメタリックなサウンドへ移行する展開のうまさはこの手のサウンドの中でも頭一つ飛び出している、シンガロングパートも多くハードコア好きもポップパンク好きも納得の名盤です!





45.Conveyer – No Future
叙情系好きの中でも話題になっているのかな?日本ではまだまだ知名度が低いんですがかなりの完成度の高い叙情派サウンドを奏でているConveyer の セカンドアルバム「No Future」!!現Victoryを代表する叙情派、泣き度数でいえばCounteroartsを越えているくらい、目頭が熱くなる名曲達、今後一気にブレイクする予感さえする注目のバンドです!







いかがだったでしょうか?45枚にまとめましたが、45で抑えるのは難しかったですねwww2013年あたりからのリリース数が急激に落ちたのはやはり裁判などの影響だろう、現在は昔ほど勢いはないものの上質なバンドの音源をちょこちょこリリースしている、個人的にはハードコアのリリースを増やしてほしいのだが、掘り下げていくととてつもない名盤がリリースされている、あなたのお気に入りのアルバムが1枚でも見つかればマジうれしいです!



買収のニュースからの流れで急遽イベントも開催中です。

VICTORY MERCH

果たしてVictoryのマーチはどうなってしまうのか?いきなり入手不可の可能性もあるんで特典があるお得な期間にお申込みしといてね!


ANBN037



特典プレゼントは10月10日(木曜)夜8時まで!

Victory



では!河内野






追伸:
関係ないんですがYoutubeに新しい動画もアップしたんでぜひ!

Power Trip来日決定とロングスリーブとバンダナとイベントと・・・

t

涼しくなったは良いものの、この3連休はすべて雨、なんかテンションも上がらないね、本日は21日関東ではハードコア大運動会、Blood Axe Festが開催中、Knocked Looseが演奏しているころかな?アゥアゥしてるのかな?



今週は全国でハードコアが大いに盛り上がったね、参加したSummer Bush楽しかったな~!そしてMurder They Fall、そしてBloodaxe Fes、明日も明後日も続くハードコア強化月間である、大阪での公演から早い週間たってもまだ余韻を引きずっており、Merauderは夢にまで出てくるくらいwww


9月の後半も10月も、11月も豪華来日アーティストの公演があるわけだが、新たに新しい来日情報が飛び込んできましたね!


Power Trip


Cave In も OLD MAN GLOOM も衝撃だったんだがやはり最高に歓喜してしまったのはPower Trip


前回の来日公演は見逃してしまった!今回こそと思いそっとスケジュールをチェックすると!下北沢GARDENに恵比寿LIQUIDROOM・・・・・

関西来ないんかい!!!!



いや、まだわかないよね、定期的にPower Tripシャツ装着して、もう少し詳しい情報がでるまで待ってみよう。

Power Trip




一昨年はSick Of It Allの来日、去年はAgnostic Frontの来日、今年はMerauderとこの3年は毎年NYHCバンドが来日しているわけで・・・期待しちゃうよね、2020年は誰?

epを出したCro-Magsは分裂しているから無いとして、こちらもepを発売したLeeway?、以前にドタキャンして信頼を失っているH2O?、いろんな意味で一番見たいのがBiohazard!!!Billy Bioは音源出してるけどね、なかなかにかっこよい音源だったね!あまり話題にならなかったけどねwww

バイオでは難しいかな~、だとするとMADBALLか!!なんて妄想ばかりしているんですが、あなただったらどのNYHCバンドが来てほしい?


そういえば先日にはAgnostic Frontの新曲、アルバムのアートワークが公開されたわけで、



ニューアルバムのタイトルは「Get Loud!」で11月15日にNuclear Blastからリリース、あと2か月ほど、とても楽しみである!新しいマーチも公開されているんだけど、なんせNuclear Blast、1デザインのみ・・・・他のメーカーが販売してくれるのを待つしかないね!とはいってもAgnostic Frontのマーチって本当入手しずらい・・・なぜかUSでは少なく、ヨーロッパのほうが多いんだけど、今までに4度はメーカーの倒産で入手がいきなりできなくなったりといろいろと曰く付きなのである!



特にアグノのロングスリーブがほしいんだけどね、なかなか見つけられない、所持している3枚はすべてLサイズで着丈短めで今の自分のスタイルには合わない、というか自分が太ったせいもあるのだがwwwこの時期はやっぱりロングスリーブだよね!今日は22℃とTシャツでは肌寒い、パーカーだと暑い、そんな時に活躍するロングスリーブ、今お気に入りなのはこの2枚!

デザインが最高なのはもちろん、夏を除く、春、冬、秋と着用できるマジ活躍すんのがロングスリーブ、冬はインナーとしてになるけどね、ロングスリーブでもほんのりと寒いときは上記の動画のようにベストを装着してもイケてるよね、その際はやはり袖プリントが映える、ストリートでは定番になっているけど袖プリはバンドマーチ発信でのトレンドだとわかっていない人も多く、90’sバンドマーチでは定番でしたよね!

Tシャツよりもアレンジ力が聴くマーチ、だからこそTシャツやパーカーに勝るほどの人気なんだと、袖プリのカラーに合わせてソックス、もしくはキックスを合わせたりね、コーデもより楽しくなります!いまだとロンTxショートパンツの合わせも最高だよね!腕が出ない分、上下のカラーを合わせるセットアップのコーデも統一感とモード感が出る、トレンド的な要素を取り入れるなら

・ワンサイズアップのビッグシルエット
・袖プリント
・アースカラー

だね、バンドマーチでも多いからぜひチェックしてみてくださいね!

全国的にハードコア強化月間なのでハードコアに特化したロングスリーブを探しているんだけど、なかなか見つからない、昨晩は「意地でも見つけてやる!」ととにかく検索しまくり、数時間、ほぼ朝方まで探していた、けど結果は同じ、見つかりませんでした、けどね極小しか扱っていないメーカーは数件発掘済み、数は少ないけどやっちゃおうかな?ハードコアロングスリーブイベント!!今回は数が少ないのとちらほらサイズ欠けがあるんだよね!それでも良い!って場合はぜひ参加してみてください!登場するバンドは


・Madball / マッドボール
・Knocked Loose / ノックドルーズ
・Backtrack / バックトラック
・Agnostic Front / アグノスティックフロント
・Have heart / ハブ・ハート
・Turnstile / ターンスタイル
・Sick Of It All / シックオブイットオール
・Incendiary / インセンダイアリー


と、NYHCから人気のハードコアバンドのロングスリーブ達、13点オンリーだから上記のバンドでドンピシャに好きなバンドがいたらチェックしてみてください!

気になる特典は?

https://positivedive.com/shopbrand/ct2289/

何が良いかと迷ったんですけど、僕も所持しているSOIAのバンダナに決定、なぜこのバンダナなのか?というと、先日、新しく知り合った女子とデートしてきたんですよね、夜には明石大橋のふもとで黄昏ることに、ベンチも濡れているから、ポケとから取り出したのがこのSOIAバンダナ、それをそっと出して座るところに敷いてあげたわけよ、するとね、その女子はとても喜んでくれたわけ、なのでSOIAのバンダナに決定しましたwww


https://positivedive.com/shopbrand/ct2289/



とはいってもね、バンダナの用途は無限!頭に巻いたり腕に巻いたり足首に巻いたり、パンツに装着したり、ジャケットのポケットに入れたり、ハンカチとして使ったり、お弁当包みに使ったり、今回のような汚れている場所の敷物に使ったり・・・一枚持ってるとマジで役立ちます!



バンダナ自体も在庫数はそこまでなく売り切れれば廃盤なので、SOIA好きはもちろんNYHC好きは手に入れておいてください。



持っているバンダナはその彼女が持って帰ってしまったので手元にはないのですが、次回会う約束もバンダナきっかけでこじつけたので、バンダナ様様なのであるwww


今回のロングスリーブ、メーカーに残っている数も少なさそうなのであまり人に伝えないでおいて下さいwwひっそり行います!気になる各デザインは下記のバナーをクリックしてください!

https://positivedive.com/shopbrand/ct2289/


この秋、ハイセンスなハードコアマーチ、ロングスリーブを装着し街を闊歩するあなたが一段と輝くこと、仲間の視線を集めることを期待しています!


個人的に入手する予定なのはピンクのTurnstileAgnostic Frontのブラック、Trapped Under Iceのホワイトかな、

Trapped Under Ice



緩いタッチのクロスデザインやもTATTOOモチーフデザインも最高なんですが、今活躍するAngel Du$tTurnstileもこのバンドがいなければ存在しなかったカモ!ですよね!そういうルーツやバックボーンを仲と話したり新規のファンたちと共有したりするのも楽しいかと!


今回の限定お取り寄せのロングスリーブ9割が袖プリントあるからね、ベストなどとのレイヤードも楽しんでください!

https://positivedive.com/shopbrand/ct2289/


期間は2日間と短めなのでお見逃しなく!

9月23日(月)夜8時まで




では!

あなたからのお申込み楽しみにしています!

河内野






追伸:

今回のイベントアイデムでも登場するAgnostic Frontですが「Victim In Pain」から35年が経つんですね!その35周年を記念して9月からツアーも回っているようで、そのツアーを一緒に回っているのがPRONGってのも渋いですよね!初期のスラッシーでオルタナ要素もあるハードコアサウンドもインダストリアルを取り入れてからも最高にイケてるバンド!ぜひチェックを!




NYHCつながりで、SUBZEROが動き出しましたよね!!!これまた楽しみである!