味園ユニバース(みその)に「Vein」「Crossfaith」観に行ってきた!「NITROPOLIS vol.2」それはまさに!爆発都市

nitropolis

平日だが、どうしてもVeinが見たいと友人3名の仕事を半日休ませて見にって来たよ~!大阪も散策したかったんで早めに出発!渋滞に巻き込まれることなく15時には到着し会場でもある「味園ユニバース」付近の駐車場に車を止める!


よく見る風景だと思ったらGWの時にポジ散歩で来ていた場所に近く、メイド喫茶の誘惑にも負けず路地裏などのステッカーやグラフィティーのアングラな世界観に引き込まれみんなで写真撮影大会wwwステッカーもグラフィティーもアート、素晴らしいっす、治安悪そうに見えるけど平和です。

MISONO1962011

だれもが振り向いてしまう看板を発見してしまう!「ヘヴィーメタル」うん!わかりやすい!

ヘヴィーメタル


めたる屋S.A.MUSICというヘヴィーメタル専門のお店、マーチや音源、中古の音源なども販売、メタラーな店員さんも感じがよく、ワッペンパッチ数枚購入デスメタルやスラッシュ、ブラックメタルも豊富だったんで大阪に来た際はぜひ立ち寄ってみてはいかがだろう。

S.A.MUSIC

目的もなくブラブラし軽く飯を喰らい、会場を目指す!会場は鮮やかなネオンに包まれ怪しさとレトロ感を演出、すでに長蛇の列、平日なのにゴイスー!!

味園ユニバース

フライヤーのデザインはNicki Minajのデザインチームにも参加する日本人デザイナーGUCCIMAZEと超豪華、一目でGUCCIMAZE作品だとわかる文字をアートのように、魅力的に華やかに表現しているメタリックなロゴは一度は見かけたことあるはず!、すでにマーチでも彼っぽいデザインを見かけるようになるほどの影響力、

NITROPOLIS

会場で販売していた今回のツアーTもGUCCIMAZE氏によるもの、入り口ではバッグなどのチェックもあり警備も万全、G20大阪サミットの影響なのだろうか、普段からの日課なのかはわからない・・・



ワンドリンクチケットを購入しいざ潜入、いつものライブハウスとは全く違うレトロ感が逆に新しくどこかエロい煌びやかな天井。

味園ユニバース


フロアの手前にも煌びやかな装飾がいたるところに。

味園ユニバース



かつてはキャバレーとして営業していたようで現在はライブハウス、レンタルホールとして活躍している、フロアはとてつもなく広く、スタンディングで最大1,000人収容の大きな箱、体験はしていないがバブリーな装飾、ドコモかしくもお金がかかっていそう、別世界な空間にまず感動を覚えた。

味園ユニバース

味園ユニバース


そして19時を回り、nitropolisがスタート!オープニングを飾るのは

Jin Dogg



日本語のみならず韓国語と英語も操る大阪のみならず全国的に注目を浴びるラッパー、おもっくそハイテンションなステージング、叫びまくるラップにハードコアリスナーも藩王していたんじゃないかなとてつもなく盛り上がり、モッシュする人もちらほら、MCではモッシュやウォールオブデスをあおってましたね、意外でした、そんな時ヌンチャクの都部ふぶくをカバーした曲やる!ってMCで会場もそりゃ大盛り上がり・・・てか今回の会場全体的に若い気がしたんだけど、ヌンチャク知ってるのねってのも意外、トラップ特有のヘビーな低音が心地よく、そこにドストレートな歌詞、僕も速攻で魅了されてしまいました。、気づけばフロアのほうに足を運んでいました。良い意味でラッパーぽくないいで立ちがクールだったし人として魅力的だな~と、ラストはシャウなトラップサウンドではなく聴かせるエモいというかチルな感じの曲、個人的には一番好みでした、たぶんこの曲だと思うんだけど。






JUMEX


シカゴ出身の若手ラッパー、年齢は18歳と何ともフレッシュなラッパー、開演前も無邪気にはしゃぐ姿がキュートでしたwww、そしてパフォーマンスがスタート、ステージを縦横無尽に動き回り、こちらむシャウトなラップ、例えるなら、ブログでも数回登場したSCARLXRDを感じさせるトラップにシャウトなラップ、底知れぬ体力にまず脱帽、そしてグリーンの髪の毛がブラックライトに照らされて光っている・・・数曲演ったあとにステージから姿を消す、「え、短くね?」と思ったらアニメっぽい曲がかかって、衣装チェンジで登場し会場が盛り上がる、よくわからんけどイエ~イって叫んどきましたww何かのコスプレなのかな?


トラップな曲ありエモーショナルに歌い上げる良曲あり、ALIVE IN MY COFFINは最高にエモかった、エモトラップともいわれているらしいよ、友人も「コーヒーって言ってた曲良かったな!」とコーヒーじゃなくてコフィンね!






VEIN


そして短い転換があり、フロアには治安悪そうな人が集まりだす、やってきました!待望の生Vein!!!機械的なサンプラーのビートサウンドが流れてからのメンバーが現れスタート、すでにテンションメガマックスなフロア、速攻でメガネが飛んでいきそうになったんでメガネをポケットにそっとしまい、ほぼモザイクがかかった状態でよくわからず生音のみを楽しむ・・・・ハードコアのライブ行くたび、フロアの最前列に行くたびに思うメガネ邪魔!でも外すと見えない、以前ゴム装着してたんだけど引きちぎれたし・・・ぼやけた光景でもしっかり伝わる熱量、ふいに飛んでくる拳やニーがアバラ直撃で倒れそうになるが足を広げ踏ん張る、 パワーバイオレンス的でしっかり落としてくるし要所でエモーショナルなパートあるしまさに混沌、カオティックな生サウンドはイッテしまいそうなほど至福でした。セキュリティーの人も大変だっただろうねwwwま、セキュリティーがいるので海外のライブ映像のようなステージダイブは起こらず、ですが、メンバーたちは幾度なく飛んできましたwww最後は神がかっているドラムンベースなビートで始まるVirus://Vibranceではもうサウンドをじっくり聴くこともできず、最前列にいたのに後方のサイドまで瞬間移動していたのはメガネをそっと装着し気づいた・・・結果、目では楽しまず体と耳とハートで生Vein満喫しましたとさ!

ちなみにVeinのマーチは間に合わなかったようで予約販売のシステムに、東京公演には間に合ったのかな?

セットリストは


Sample//Slam
———–
Progenitor
Old Date In a Dead Mchine
Idention:Self-Destruct
Rebirth Protocol
Heretic
———–
Broken Glass Complexion
Anesthesia
Ripple
Demaise Automation
Terrors Realm
———–
Doomtech
Untitled
Virus://Vibrance

アルバムVirus://Vibranceからの曲がほとんど、Self-Destructからは2曲が披露されました!

東京ではセトリの変化があるのか?曲数が増えるのか?気になるところ、アンコールはなしでした。





ピュピュッと出ていたアドレナリンも収まってくると体中に痛みがジワジワと、ヒジとアバラ、そして首に痛みが・・・箱の最後部にあるレトロなソファーで休む、そして始まったのが

INJURY RESERVE




アリゾナはフェニックス産、三人組の奇才ヒップホップトリオ、全世界のヒップホップシーンが注目するの3人組のようだ、ごめんなさい、体力がお亡くなりになった僕はソファーでゆっくりとドリンクをいただいておりました、箱中に響く歓声、相当盛り上がっていたよう、サウンドはいわゆるトリップ系になるのかな、今日出ているアーティストの中でも個人的には一番リズム、ビートへの乗せ方が心地よく、ソファーに座りながらも体を揺らしながらノってましたが音につられ前方へと移動、フロント2人のキャラが立ってたしステージングプラス音で圧巻されてしまいました、最初から近場で見ていればと・・・・





そして、長めの転換があり、今回のイベント、NITROPOLIS主催でありトリのあのバンドが!フロアはみっちり埋まる、前方に行くも我も我もと多くのファンが詰めかけ、おじさんははじかれ後部へ、目の前にいるのは高身長の野郎どもが連なる、全く前が見えない!!!「じっくりと見よう」と先ほどにもいたソファー席へwww

Crossfaith


生で見るのはいつぶりだろうか?多分7.8年ぶり、めちゃくちゃ楽しみにしてた!!味園ユニバースという空間が見事にハマっている、無機質な天井や宙に浮かぶ惑星のような球体、バックのカラフルでありレトロな照明、Crossfaithが持つ近未来的なエレクトロな要素、WIPEOUTのアートワークを生で体験しているかのようだ。

味園ユニバース

世界各国のフェスへ出演し、しかもメインアクトしてのステージも幾度も経験してきたからこそのロックスター感、初っ端から度肝を抜かれました!マジでゴイス~!!ヘヴィーでラウドでVeinとはまた違うデジタル感、シャレオツなハイセンスな展開、会場全体を一体にさせるMCのうまさ、それぞれメンバーのステージング、他のアーティストを目的で来ていたお客さんたちも虜になっていたはず!すべてがプロフェッショナル、格の違いを見せつけたライブだったなと!



記憶にいつまでも残るイントロなOmen、そしてラストのMonolithはとてつもない盛り上がり、最高潮を迎えたまま無事終了!

セットリストは

Destroy
Rx Overdrive
Freedom
Kill ‘Em All
Quasar
Omen
The Perfect Nightmare
Monolith







どのアーティストも最高、聴くけど普段は見に行かないトラップ系のアーティストは初体験で超刺激的だったし、楽しみにしていたVeinやCrossfaithは想像を超える良さ、アーティストがどうとかよりも最高な異世界のような空間で極上なサウンドを体感できたことがうれしかった、「もっとその場にいたい」「帰りたくない!」と思わせてくれる、そんなライブ、そして帰った後に続く余韻、「誰かに話したい!」それがすべてだと思う、そう思わせてくれる演出がちりばめられていた、最高なライブ、NITROPOLIS vol.2、でした!


地元に帰ってきたときの現実感は逆に増し増しだったけどねwww

ありがとう!NITROPOLIS vol.2



逆に物申したいのは、ゆるふわギャングSHADOWSが観れる東京ずっち~~な~~!!!

NITROPOLIS vol.2

では!

河内野

追伸:

BLOODAXE FESTIVAL 2019にVARIALS追加されてる!!!!!関西は来ないの???

BLOODAXE FESTIVAL 2019 FULL LINEUP

【ポジ散歩】TV取材も殺到しているパラダイス、進化し続ける「陽気ハッスルランド」に行ってきた!「Suicidal Tendencies」のベースボールジャージー着

陽気ハッスルランド

朝から悲しいニュースが飛び込んできた、来日も決定したロングアイランド産NYHCバンドBACKTRACKの解散・・・生で見られるのもラストになるだろう、寝起きにショックを受けながらも、今日は最高の天気、お出かけしよう!ということできょうのBGMはBACKTRACKに!

タフでストレート、スタンダードでありクラシックな直球ハードコアサウンドはやはりかっこいい、昔からのNYHC好きも虜にしてしまうサウンド、ぼくも大好きなバンド、存在するものはすべて終わる、仕方ないよね!

BACKTRACKでノリノリになりながら目的地へと!本来予定していた目的地は閉館、休館日など、完全に行き場を無くす、よくわからない森での一枚!

Suicidal Tendencies

この日は先日届き着用氏お出かけするのを楽しみにしていたSuicidal Tendenciesのベースボールジャージー(XLサイズ)を着用!インナーはラグランシャツ、薄手のシャツなので真夏でも着用は問題ないね。

スイサイダルテンデンシーズ

次はハイセンスなステンドグラスを造っているJAHPON LAND にお邪魔するも留守・・・いよいよ行くところがない・・・

HR19517005



グーグル先生で調べるも特におもしろそうな場所はなく、目視で穴場を見つけることに、田舎道を走ると、超絶怪しいDIY看板を発見、その名も「次世代遊園地、陽気ハッスルランド」これは最高なネタが待っているのではないかと車一台通れる道を数百メートル進めると、何やら変わった軽トラックがある。

陽気ハッスルランド


AKBも撮影で来ているのか!!!チーム8と言われるとよくわからないけど・・・・・

AKB


入り口のゲートを見つめながら、やっているのか?やっていないのか?

ハッスルランド


そこに現れたのは「パイセンやぞ!」でおなじみの矢野兵頭の矢野さんにクリソツなおっちゃん!普通のキャップから「陽気」と書かれたハットにかぶり直し登場!

ハッスルランド


お休みにも関わらず「見てけ」「見てけ」と快く対応してくれたおっちゃん、名前は「吉村さん」75歳、陽気ハッスルランドへ突入です!

陽気ハッスルランド


そもそもこの陽気ハッスルランドとは?突入する前に多くを語ってくれたおっちゃん、おっちゃんが1人で20年かけて創り上げたという全てがDIY、手作りの遊園地なのである!!



関西圏にお住まいならご存じ、探偵ナイトスクープの人気シリーズ「パラダイス」がまさにぴったりな場所!と思いきやすでに探偵ナイトスクープはすでに撮影済み、「小枝師匠」とおっちゃんが絡みまくってなかなかの視聴率を上げたそう(おっちゃん談)



突入前に手作りパンフレットをいただく、そこに書いてあった多くのテレビ出演の履歴、


・探偵ナイトスクープ{朝日}桂小枝
・ナニコレ珍百景{朝日}ハイヒールモモコ、杉村太蔵
・ウラマヨ{関西テレビ}ブラックマヨネーズ
・す・またん{読売}
・AKB(チーム8)のあんた誰?{NTTドコモ}AKB5名
・関西ウィークエンド{NHK}松田玲奈
・京都ええとこ連れてって{NHK}小野田真由美
・街・村・ブラブラ{読売}ノンスタイル

などなど多くのクルーたちが取材に、完全になめてました・・・・・サーセン!




ここからハッスルランド内の遊具を1つ1つおっちゃんのガイド付きで見ていくことに!

ペットボトル倒し!
奥にあるペットボトルをゴルフボールを投げて倒す遊び、「これはなかなか倒せないよ~」とのおっちゃんの言葉を踏みにじるかのように一発目で倒してしまう・・・・ちょっとっ空気を読んでおけば、とはいっても2発目からは当たらない、

ハッスルランド


倒した後に2人で戻す、この作業含めDIYで楽しい、童心に戻った感覚、大自然の中ってのもいいよね!

陽気ハッスルランド


岩登り・本格クライミング4.8m
そびえる高い壁、覆ってあったカバーを外す、かたずけてたのにゴメンね!おっちゃん!75歳とは思えない立ち回りで梯子を上る。
陽気ハッスルランド


おっちゃんによる登り方のレクチャーを受ける、その姿、もはや忍者である!

陽気ハッスルランド


長尺ブランコ
登ろうとするもすでにブランコに乗りだすおっちゃん、登らせてくれないのね・・・

陽気ハッスルランド


鉄の重り上げ(28キロ)

ロープを引っ張り鉄の重りを上げるシンプルなアトラクションである!

陽気ハッスルランド


ハンモック
最高に気持ちが良い!とおっちゃん、僕もそのハンモックで・・・・・空を見つめるおっちゃんは完全に何かを悟っている!僕はそう感じた、おっちゃんは人間ではなく神、もしくは森の妖精か!

陽気ハッスルランド


途中ではありますがおっちゃんのファッションチェックを!森と同会思想な配色のラグランシャツをストリートでも流行のろらっくパンツにインする、キックスはロングシューズ(長靴)このキックスの配色とバッファローマンを参考にしたのかはわからないが腕先に装着した腕カヴァーと色を合わせるカラーコーデの魔術師である!!



シャツに書かれているのは「The Object Of The Life.」人生の目的、ハードコアバンドもびっくりなメッセージ性、哲学的である!

陽気ハッスルランド


振り子ボール落とし

筒に入ったテニスボールを振り子状になっている木の鉄アレイのようなもので落とすゲームである。これが意外と難しくしっかり狙いを定めてもなかなか当たらない、楽しいアトラクションであった。

陽気ハッスルランド


カップ・鈴玉入れ(ビンゴゲーム)
縦横に3つの地面に埋まったお椀に鈴玉を入れるゲームである、おっちゃんが先に、僕が後に、二人ともにお椀には1個しか鈴が入らなかった難易度の高いゲーム、(景品もあるようだ!)

陽気ハッスルランド


奥に写る瓦の何か、話を聞いてもよくわからなかったのだが、宗教的かつ科学的にとてつもないすごいことが起こるであろう何か・・・・万有引力と引き寄せの法則、ただならぬ何かを何かしている何かであるwwww

陽気ハッスルランド


守りたいこの笑顔・・・

HR19517021



ゴルフ玉・平均台

細いボックスにごるボールを敷き詰め、不安定になった道を歩くというアトラクション、足のツボが刺激され健康にも良いかもしれない!!

陽気ハッスルランド


野球ボール的当てぶちぬき
某番組で見たことあるような、とはいえ的が落ちるための工夫など細部までこだわりぬいている、おっちゃんは1球で的をぶち抜いた、驚異的なコントロール、超人である!

陽気ハッスルランド


回転式シーソー
上下にするただのシーソーではない横に360度回転する画期的、ノーベル賞もマチガイナイシーソーである!!!おっちゃんが地面を強くける回転する、生粋のS、サゾなのかもしれない、一番楽しかったな~!ディスニーランドでいえばスプラッシュマウンテンとアリスのティーカップがマッチングしたかのような夢のアトラクションであった。

陽気ハッスルランド

アラフォーのワタクシもこの笑顔である(^_-)-☆

陽気ハッスルランド


ピン球ホッケー
世界後任のダブルス用の卓球台を使用したホッケーゲーム、何がすごいって、ピン球はゴルフボール、ハードコアではないほうのボールド、もしくは混ぜるな危険ハイターを彷彿させるラケット、ボールと接地する部分が平面ではないためボールが思った方向に行かない!!これもしっかりと永さんされているのか?おっちゃん末恐ろしいぜ!

陽気ハッスルランド


左右に揺れる吊り橋
著者 長友佑都のベストセラー「体幹トレーニング20」を超えるかもしれない、楽しみつつ体幹を鍛えられる、これもまた発明である!

陽気ハッスルランド


そんな時、おっちゃんの携帯音が森に鳴り響く、満面の笑みを浮かべ、どの角度からとってもしっかりカメラに目線を送る、もともとは俳優だったのではないかというくらいの素早い視線、会話の内容は・・・・・

陽気ハッスルランド


詳しいことは言えないが、だれもが知る大手企業からの撮影依頼の電話であった、それに動じずにいつものペースで会話の主導権を握る、おっちゃん、まさにネゴシエーター!



撮影隊のクルーは20名ほど、芸能人も4名ほどがこの陽気ハッスルランドに来るようなのだ、言えないのが残念くらいにすごい企業からの依頼、この時おっちゃんは一段とかっこよく見えた!



なぜかこと細かく取材依頼のの内容を僕に話してくれるが、そこまで話していいの?と、ともに信頼してもらえているんだという喜びもあった。



名称不明ボールキャッチ
竹を真っ二つに割り、鮮やかなブルーで仕上げたこの遊具は角度がつけれ、そこにゴルフボールを入れてボールと競争、ボールが落ちる前にボールをつかまないといけない!

陽気ハッスルランド


まだまだアトラクションはあるがここでは紹介しないでおこう!実際にその目で耳で鼻で足で腕で五感と体全体で体験してほしい!


その後は調理場の紹介など、陽気ハンバーガー、陽気ラーメン、食材をもってくればBBQもでき、キッチンは無料で貸し出してくれるそうだ、陽気ラーメンはマヨネーズとコーラを使ったオリジナルのスープだそうだ・・・・


そして家にまで招いてくれるおっちゃん、陽気ハッスルランド内にある自作の家に住んでいるようです!

陽気ハッスルランド



そしてDVDを起動させ再生された映像は安住紳一郎とビートたけしが出演している番組ニュースキャスターという番組に出演した際の映像だった・・・この14インチテレビ昔もってたwww

陽気ハッスルランド


名前の通り陽気なおっちゃん、優しく楽しくも自分の信念は曲げないガンコさもある、「なぜ無料で?」という問いには、「ただ、ただ、みんなに楽しんでもらいたい!」とのこと、駐車場は借りているらしく、申し訳なさそうに駐車料金をもらうおっちゃんもなんか素晴らしいなと、アトラクションそのものも素晴らしいが、おっちゃんに会いたくなるからまた来る、そんな人が多いようです。僕もまたおっちゃんに会いに行こうかと、100歳まで頑張るって言ってたからまだまだこの次世代遊園地、陽気ハッスルランドは進化していくだろう!

ありがとう、おっちゃん(吉村さん)!そして陽気ハッスルランド!

撮影場所:陽気ハッスルランド


・開園日:土、日、祝日
・開園時間:午前10時~午後5時まで
・休館日:平日
・園内は無料ですが駐車料金(500円)かかります。
・問い合わせや仕事依頼は080-40117366まで(番号も載せてくれとのこと)


固い握手を交わし、お別れ、僕が見えなくなるまで手を振り続けてくれたおっちゃん!また会いに行くね!!

陽気ハッスルランド




着用アイテム


・ノーブランドのビーニー
PALMのタオル頭に装着
BDHWのプッシャーバッグ
・シルバーネックレス
Suicidal Tendenciesのベースボールジャージー(XLサイズ)
First Bloodのラグランシャツ(XLサイズ)
Lowlifeのスタッズベルト(M)
・古着のテーパードパンツ・ネイビー
・ホワイトソックス
・NIKEコルテッツ(28.5cm)

Suicidal Tendencies




【平成最後の衝撃】前回も言ったけど、「Vein」来日ってやばくね?

VEIN

いよいよ始まったね、ゴールデンウィークどこかにお出かけしてる?もちろんバンドマーチでね?

Veinの来日、先日さらっとブログでも言ったんですが、

「さらっとブログに書いていましたがVeinですよ!!衝撃ですよ!!」



VC19428001

たしかに・・・・次世代ハードコアの代表格といっても過言ではないVeinですもんね!ちょっとかるすぎました?www




ダイブ、ダイブ、ダイブ、にモッシュのとんでもないライブになるのだろうか?ちょっと毛色の違うCrossfaith、が主催ということ、そして他はhipohopアーティスト、ジャンルレスなイベント、いつもと違った景色が見れそうですね!


このフライヤーも90’sのデジタルロックやインダストリアル、テクノを感じさせるし、Nicki Minajのジャケットロゴを描けたGUCCIMAZEも感じさせるよね!




Crossfaithはボーカルのkoie君が物販に誘ってくれて見た以来だから参戦するとしたら6~7年ぶり、当時では考えないくらいの人気と知名度を獲得、音源やライブ動画はチェックしているが生ライブもとんでもないんだろうね!



続いてVeinは 90’sのニューメタルな要素からインダストリアルなども感じさせるハードコアのハイブリッド、新世代であり次世代ハードコアの代表格、最も来日が熱望されていたハードコアバンドといっても良いだろう!



そして僕は初耳のInjury Reserveはどんなアーティスト?

Stepa J. GroggsとRitchie With a Tの2人のラッパーとプロデューサー・Parker Coreyの3人で構成される奇才ヒップホップトリオ・Injury Reserveは2014年に、アメリカのアリゾナ州にあるフェニックスで結成された。彼らの最初のプロジェクトはプロデューサーであるParker Coreyの祖父が歯医者であり、そのオフィスでレコーディングが進められたという。

QUETIC参照

hiphopマニアもうならせる「奇妙なトリオ」としても紹介されているくらい、Hiphop界では要注目なアーティストのようだ!Injury Reserveをメインに見に来る人も多いかもね!



そしてCrossfaithと同じく大阪出身のラッパーJin Doggダークなトラップの不穏なビートに叩き込むアグレッシブなラップはハードコア好きも何かを感じるだろう、見た目も危険なにおいを感じさせる、



といった個性でしかないメンツ、そのライブはすぐそこまで迫ってきている!


・2019/6/19 (水曜) 大阪 味園ユニバース
・2019/6/21 (金曜) 東京 恵比寿 リキッドルーム
・2019/6/22 (土曜) 東京 恵比寿 リキッドルーム

あと1か月半月ほど、すぐですね!チケットはお早めに!



こちらも先日サラりと紹介したKnocked Looseの来日決定も結構な衝撃ですよね!

Knocked loose

Merauderと同じくBLOODAXE FESTIVAL 2019に出演、最強すぎるんですがさらにここからまだ増えていく、去年2018の海外アーティストは、All out warTurnstileLionheart、そしてXibalba、Trail of LifeにEasy moneyと6バンド、19年は現在2バンド去年と同じならあと4バンド増えるってことだよね!



その4バンドを勝手に妄想するのも楽しい、

次世代で期待のフロリダ産ハードコアThree Knee Deepとかどうでしょう!



去年の「俺の10枚(2018年度)」にえらばせていただいたハードコアRegulateも見てみたい!



これまた個人的な希望なんですがBDHWのSlopeも見てみたいね!俺的ハードコアの名曲100選にも入るGoodbye Mr. Dandyを生で聴いてみたいね!



正直BLood Axe2019でVeinを予想していたんだけど、まさかのCrossfaith主催の方ということで、Veinと同じく次世代ハードコア期待の星であるYear Of The Knifeも十分ありえるかと!



Year Of The KnifeとともにPure Noiseを盛り上げるInclinationもありえるんじゃないかと!



その他、Get The ShotSanctionEcostrike、なんかもどうでしょうか?ビートダウンがちょっと弱いかなってことでDETAINはいかがでしょうか?



Merauderと同じくもう一バンドほどレジェンドがいてもおかしくないね!妄想が止まらないんでこの辺でwwwゴールデンウィークに時間が空いたときにでもあなたも予想してみましょう!!!





では!

河内野

もうすぐゴールデンウィーク!1泊の旅行に役立つバッグ教えて!!「WAKING THE CADAVER」「THE GET UP KIDS」の来日が決定!

夢のゴールデンウィークまで2週間をきったね、僕の周りでは6連休から10連休、14連休という強者まで、まさにゴールデンなウィークが始まろうとしている、始まる前が一番ワクワクするよね、遠足前の小学生のような気分、


僕も2日~3日ほどは休みをいただこうかと検討中、せっかくなのでお泊りで、もちろん国内にはなるけど、年に1回あるかないかの連休だもの、ゴージャスな旅にしたいな~、京都から西へ進むか?東へ進むか?それすらも決まってないけど、気を使わない友人たち3人での旅、早く予定決めないとね。南へ攻めるのもありかな!

Blog19417002



旅といえば車での移動中のBGM、会話は弾むけどBGMは必要!仲間たちとの思い出の青春の曲、からネタになる曲、ポップスのメタルカヴァーからCHONなどのインストも夕方当たりのBGMにも最適だね!



ライブにも行きたいんだけどゴールデンウィーク時期は特に行きたい来日公演もなく、地元のライブハウスにでも行こうかと、ライブといえば、先日言ったハードコアMerauderSheer Terror、ブラックメタルのEmperorにポストブラックのDeafheaveneあたりがビッグニュースだったけど、またまたとんでもない来日のニュースが届いたよね!

WAKING THE CADAVER



ブルデスWaking The CadaverにポップなロゴでおなじみのブルデスParty Canonの来日!両バンド共にグルーヴ感ありのスラムパートでしっかり落としてくれるしハードコア好きも好きなバンドたちのライブ、結構話題になっているようだ!



やはりこのロゴ、一発で脳に焼き付くよね、海外の甘すぎるお菓子のロゴやトイザラスのロゴのような超ポップなバンドロゴ、このParty Canonを知らなかった人にとっては、来日のフライヤー見ても「何でポップバンドが・・・」って思っちゃうよねwww安心してください!とてつもなくブルータルなデスですから!!!



トイザラスで思い出したけどゴールデンウィーク5月の5日はこどもの日、甥っ子や姪っ子たちにプレゼント、GWではないけど母の日も待っている、出費がかさみますな・・・・、


ゴールデンウィークのここぞっていうときに着用するマーチに衣類などは準備してあるんだけど、予定しているお泊り旅行に持っていくバッグが・・・・・


ちょっとしたお出かけでは大活躍のBDHWのミニプッシャーバッグでは何も入らないし・・・・

BDHW


Disturbiaのミニショルダーでは財布と携帯、鍵くらいの収納だし・・・・

Disturbia



Electric Zombieのドラムバッグは1泊では大きすぎるし・・・・・

Electric Zombie


今一番のお気に入りのGuilt Tripのバッグだと1泊の荷物は入らない・・・・・

Guilt trip




そうなるとゴールデンウィークの1泊旅行に最適なバッグとは何になる?教えて~~!簡単なアンケート作成しました、参加したからといっても何も出ないけど、そこは河内野のためだと思ってぜひ参加を!!!!2秒で終わるから~~!



ゴールデンウィークの予定を立てる、もうこれだけでワクワクが止まらないんだけど、このワクワク感をバンドに表すとThe Get Up Kidsの Something to Write Home Aboutなんだよね!

いつも何かあるときに側にいてくれたアルバム、青春真っ只中の10代の後半で出会い、来年でリリースから20年にもなるんですね!なのに色あせない、そんな素敵なアルバムに出会えるのもそうそうないもんね、とこのブログを書いているときにまたまたニュースが飛び込んできた!!

Get Up Kids 来日 2019

“THE GET UP KIDS 来日公演”
10月9日(水)渋谷TSUTAYA O-WEST
開場 18:30 / 開演 19:30
 
10月10日(木)梅田CLUB QUATTRO
開場 18:30 / 開演 19:30
 
[チケット]
前売:¥6,500(スタンディング/D代別)
■主催者先行:~4月22日(月)23:59
受付URL:https://w.pia.jp/t/thegetupkids19/
■一般発売:4月27日(土)
 
総合問い合わせ:SMASH 03-3444-6751




東京はCounterparts来日公演とまるかぶりじゃないの~!両バンド好きな人は残念だね、苦渋の決断だけど僕はTHE GET UP KIDSかな~!




新しいアルバム、Problemsもゴールデンウィーク後に発売!楽しみな1枚!

そうそう、ため込んで聴けていないアルバムに見れていない映画、これを一気に見るゴールデンウィークも最高だね!4月の28日から始まるとしたら



ゴールデンウィークまであと10日!

あなたは何する?どこ行く?何着ていく?楽しい予定をいっぱい組んで最高なゴールデンウィークにしましょう!!僕はというと、さっきも言ったバッグを用意することだな!あなたの意見もぜひ聞かせてくださいね!

花粉症じゃなくても涙と鼻水必須のモダンオールドスクールハードコア/メロディックハードコアは奇跡のジャンルである!

DLF19028

ヤクルト400



止まらない・・・・・クシャミに鼻水が!


花粉量は「例年の2.5倍」やばくない!でもこの例年の何倍!とか毎年言ってない?あれは本当なのか?

さておき、オカンによるとヤクルト400が花粉症に効く!という、信じがたいが、今すぐにでもこのクシャミに鼻水、目の痒さを止め痛い!ってことでコンビニに直行するもヤクルト売ってないやん!!!!ヤクルトは普通に売ってないのね、オワタです・・・・・



そんな僕をいやしてくれた今日の最高な天気、夕方の空はまるでKilling The Dreamの「IN PLACE, APART」


killing The Dream




を連想させる神々しいサンセット!ジャケットのように太陽を囲む輪っかは何?虹?雨も降っていないにこの虹みたいな輪っかは何?その答えは



大気中に飛散した大量のスギ花粉によって生じる光環。光の回折現象の一種で、虹のような輪が二重三重に広がって見える。



「花粉かい!!」


あの美しい太陽を囲む神々しい虹の原因は花粉なようだ・・・・止まらない涙に鼻水、泣きじゃくる小学生みたいな状況だが、これはいつ回復するのやら、特効薬もないようで、我慢するしかなさそうだ、クシャミに鼻水、目がかゆいのも困るんだけど、この倦怠感、まるで風邪をひいたみたいに体がだるい、昨日のブログで紹介したダークなソングを聴いても余計にぼ~っとしてしまう。

感情は花粉への怒り、だけど涙と鼻水の垂れ流し、先ほども言ったが「泣きじゃくる小学生」状態!この状況にこそぴったりな音源が思いついたんだけど、怒りながら涙を流す、そうモダンオールドスクールサウンドこれが今の僕を表しているオールドスクールハードコアに叙情性をミックスさせたようないわゆる泣きのオールドスクールサウンド!先ほど登場したKilling The Dreamもそうだが、一番い頭に浮かんだのはHave Heartである!



そんなHave Heartですがまさかの再結成でライブが決定したよね!

Have Heart

チケットはSoldoutしているようで2009年解散後、10年が経つのにこの人気、恐るべしHave Heart!!



90年代後半から00年代半ばまでおもっくそハマったジャンル、ここ最近ではあまり新しいバンドが出てこないけど、ハードコアの中でも大好きなサウンドの一つ、メタリックな要素よりもパンクの要素が強いからメロディック好き、ポップパンク好きも聴いてほしい!そこで泣きじゃくるセットリスト作成したよ~!涙と鼻水を垂らしながらの通学、通勤中、ドライブのBGMにどうぞ!


花粉症じゃなくても泣けたでしょ?

このセットリスの中でも大好きなバンドがDefeater / ディフィーターなんだけど新譜が楽しみすぎてツラい!先行で公開された新曲聴く限り、相変わらず泣きじゃくってるし、ボストン・ハードコア・シーンの最重要バンドと言われるだけありますよね!





泣きじゃくりながらこぶしを上げ全力疾走するモダンオールドスクール、奇跡のジャンルですよね!!Defeater / ディフィーターに関してはオールドスクールというよりも激情、メロディックハードコアだからCounterpartsTouche AmoreBeing As An Ocean好きにも絶対に聴いてほしい!ニューアルバムの発売は5月!毎回、渋すぎるジャケット、見事復活し歓喜した15年ドロップの「abandoned」から早くも4年だもんね、マジ待ってました!ここまで待ち遠しい新譜もなかなかないからね!



Defeater / ディフィーター

そんなDefeater / ディフィーターですが数年ぶりにグッズアップしたぜ!!普通に販売しても面白くないということで、待望のニューアルバムの発売もあるし

今回は Defeaterイベント!

を開催したいと思います!ハードコアの聖地でもあるボストン、その中でも重要視されているDefeaterのグッズは他のハードコアバンドとは一線を画すデザインが多い、硬派なハードコアデザインよりもアートな叙情系やエモバンドを連想させるデザインが多いのもメロディーを取り入れた幻想的サウンドでありながらストレートさのあるボストンハードコアのスタイルもしっかり継承している部分も独自なマーチを発売する理由の一つかと!春が来て夏が来る、Tシャツ一枚でのお出かけも増えてくる、そんな時にもお勧めしたいのがDefeaterのマーチ!



Defeaterらしい1枚といえばこの普段の情景が落とし込まれたフォトデザイン!
DF18104060




とはいってもまさにハードコアなライブフォトデザインもある!

DF18104046




20点ほどアップしたからぜひチェックしてみてください!


気になる特典は?

DF18104057


特典の入手方法は?

Defeaterのグッズを1点、その他何でも合計1万円以上のお買い物で1600円相当のエナメルピンバッジとステッカーをプレゼント!


画像のようにデニムジャケットからバッグにキャップ、ジャケットの襟(えり)などに装着しあなただけのオリジナルなマーチを作成してください!

DF18104052

Defeaterイベントは3月12日(火曜)夜9時まで!

topnanner16-03-20SS220603

Defeaterグッズは今すぐこちらをクリック!



アップしたあアイテム、すでに売り切れているサイズもあるけど、アルバム発売後はさらに入手が難しくなるんでこのお得な期間、アルバム発売前に手に入れておきましょう!





では最後はおなじみHate5sixのライブ動画でお別れ!

河内野