名作ばかりをドロップするとんでもないレーベル【Holy Roar Records】って知ってる?

BL19-1-10002

こちら京都、早朝は氷点下まで気温が落ち、布団から出られない状態、アイパッドでYoutubeを開きエモレジェンドの American Footballの新曲Silhouettesをチェック、気温が下がり透き通った空気に至るとこに霜が降り、その霜を朝日が照らす、キラキラと光る氷の結晶、まさにそんな景色をサウンドに落とし込んだような新曲、凍てつく寒さの中にあるほんのりの暖かさ・・・・これこそが正真正銘エモい!ということなのである!



アルバムは3月の終わりごろに発売、Mineralは新曲だすし来日するし、Starmarketは再始動して来日とエモのレジェンドたちでエモがとてつもなく盛り上がっている今日この頃、19年度の最強な10枚はエモずくしになってしまうかもねwww僕はエモとはド反対の暗黒なPortrayal of Guiltにどハマりしているわけで、



Portrayal of Guiltもだけど、18年度数、雑誌やメディア、ロック、メタルサイトをチェックし18年度のアルバムランキングをチェックしていて分かったのが闇黒でアンダーグラウンドな要素の強いバンドが多くベストアルバムとして取り上げられている、河内野の18年度最強の10枚でも登場したMØLも良く名前を見たことだろう。



一切バンドを知らなくてもこのジャケットは誰しもが目にしただろう、Rolo Tomassiですね、パンク・エモ・ポストロック・カオティックが入り混じった闇属性と聖属性を兼ね備えたサウンド、どのメディアでも大絶賛でしたよね!



Rolo TomassiほどではないがSvalbardというバンドもよく目にした、叙情派のメロディックハードコア好きにもアピールできるバンド、ちなみにボーカルは女性です。



これらのバンド、Rolo TomassiSvalbardPortrayal of GuiltMØLnの共通点ってわかる?そうなんです、今回のブログのタイトルにもなっているHoly Roar Records所属のバンドなんです、赤ちゃんのアイコンでおなじみのね!

BL19-1-10001

一つのインディーレーベルが年間ベストを圧巻するほどの勢いを感じた、実際に数多く登場しているのは事実だしね!Holy Roar Records絶対に知っておかなくてはいけないレーベルなのである!Deathwish並みの独特な世界難を醸し出しているよね!



今から12年も前2016年にイギリスはロンドンにて設立されたレーベル、レーベルの最初のリリースとなったのはPhoenix Bodies、やKayo Dot、Bloody Panda、が注目されていたよう、今年のベストに選出されまくり、先ほども登場したRolo Tomassiの音源のセールスは当時は全然だったそうだ。初期のリリースができたのは当時付き合っていた彼女のパパの融資だそう!



創立から10年が経過した2016年にはMetal Hammer Golden Gods賞による最優秀インディペンデントレーベルにノミネートと結構有名なレーベルなんだけど、いかんせん新鋭的でアンダーグラウンドなサウンドを奏でるバンドが多く、玄人バンド好きなレーベルってイメージが強かったけど、今年のベストアルバムではいくつものバンドが選出され、一気に知名度も上がっていることだろう!海外ではね・・・・


レーベルの設立者であるAlex Fitzpatrickは、TVにも出演している、内容はHMVの終結について話し合い、すごいね!イメージした風貌ではなかったけどねw



Holy Roar Recordsから音源を出したバンドで知名度があるのはGallows、Strife、This is Hell、Desolated、Touché Amoré、Trash Talk、Coliseum、Full of Hell、などなど、結構すごいレーベルってのがわかるでしょ?



コレから先にリリースが決定しているのは、

A.A. Williams – S/T




ITHACA – The Language Of Injury



Minors – Abject Bodies



これらのバンドが19年度のベストアルバムに選出される可能性は高いね!

Holy Roar Records所属の全バンド、リリース情報は必ずチェックしておきべし!!

ってことですね!信頼と安心の数少ないとてつもないレーベルである!

BL19-1-10001

Holy Roar Records所属のマーチも増やしていくんでヨロシク!!!冒頭にも登場したPortrayal of Guiltマーチは取り扱い開始したんで要チェックね!!!このデザインは見た者の足を止めてしまうほどにアートだ!名作だね!!!

BL19-1-1000

では!!!

河内野

23組もの激音バンドが登場するゴージャスなA Day To RememberのPVが凄い!

AIWADTR001

We Are The WorldよりもゴージャスなPVと言えば?

そう、A Day To RememberのAll I Want!


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

何がゴージャスって、23組もの激音バンドが登場するんだよね。全部わかったあなたは激音マニアです。

  • 0:39 Crime In Stereo
  • 0:40 Tom Denney (もとADTRのギタリストですよね!)
  • 0:43 Veara
  • 0:45 Bring Me The Horizon
  • 0:48 Silverstein
  • 0:50 Parkway Drive
  • 0:54 The Devil Wears Prada
  • 1:00 AndrewWK
  • 1:06 Pete Wentz (Fall Out Boy)
  • 1:25 Millencolin
  • 1:28 As I Lay Dying
  • 1:31 The Red Chord
  • 1:33 August Burns Red
  • 1:36 Comeback Kid
  • 1:40 Seventh Star
  • 1:43 Maylene & The Sons of Disaster
  • 1:50 Architects
  • 1:56 MxPx
  • 2:00 Your Demise
  • 2:03 Trivium
  • 2:05 Pierce the Veil
  • 2:10 The Acacia Strain
  • 2:38 This Is Hell
  • 2:42 Set Your Goals

意外過ぎたのはMillencolinにSeventh Star。Seventh Starは髪の毛があるからちょっとびっくり。


※携帯で動画を見るにはここをクリック!

復活してほしいな。にしても、よくここまでのメンツを集められたな。彼らの人柄なんだろう。すばらしい!

Keep your hopes up high
and your head down low

希望は高く!
頭は低く下げておくことを知るんだ!

歌詞も最高だ。

早くCommon CourtesyのCD発売されないかな。すでに全曲聴いてしまったけど、絶対に買うね。新しいPVも楽しみだ。それまでは今まで発売されたアルバムをすべて聴きなおそう。

A Day To Remember 特集開催中

A Day To Rememberグッズのイベント開催中です。10月20日(日曜日)夜9時までに申し込んでね。期間限定でArkaik Clothingのリストバンドとステッカーの2点セットのプレゼントもあるよ。

くわしくは、今すぐここをクリックしてください。

河内野