【連続の衝撃】ブラックホールどころじゃない!!発狂してしまうほどのニュースが!!!

メラウダー

史上初、ブラックホールの撮影に成功!!と、とてもワクワクさせるニュースが発表されたね!

地球サイズの電波望遠鏡で撮影したとのこと、「地球上の8つの電波望遠鏡を結合させた」とあるけど、どうやって結合させているのか、理解不可能ですwwwそんなブラックホールパイセンの質量は太陽の65億倍・・・・・太陽は地球の109倍、これくらいの数字だと想像ができるんだが、65億倍なんてとんでもない数字を言われると想像すらできない、けど夢が広がる!このニュースを聴いて一番に浮かんだのはやはりSoundgardenの名曲Black Hole Sunなのは僕だけじゃないハズ!



「全てを飲み込む」
「ブラックホールサン」
「どうかその姿を見せてくれないか」


というリリック、その姿を見ることができた、クリスは天国でどう思っているのだろうか?少ししんみりとしてしまった、今日の夜はSF映画でも見て宇宙へ旅しようかな、大好きな「インターステラー」やゼロ・「グラヴィティー」、「オデッセイ」などの王道スペーシーSF映画が好きなんだが、近年は全くチェックしていない、「パッセンジャー」や「ライフ」と映画が気になっているんだが・・・おもしろい?オススメあったら教えてね!




あと半月もすればゴールデンウィークも始まるしね、そのうち半数はお出かけするにせよ、家でゆっくりチルするのもいいんじゃないかと、そんな時はお菓子やジュース、酒を買い込んで映画やドラマを一気に見たり、とGW早く来てくれ~!とすでにワクワクが始まっている人も多いのではないでしょうか?



そして毎日毎日公開されるミュージックビデオ、一気にGWでチェックしても良いよね、絶対に見逃してしまっている名曲もあることだろうし、僕は比較的毎日チェックしているんで、とはいってもメタル~ハードコア界隈だけだけどね、そんな中で見つけた注目な曲、バンドを今日は紹介していこうかな、しかもジャンルレスで!たまにはそんな記事も良いかと!



メタルコアキングが返ってきた!As I Lay Dying の新曲 Redefined、しかもAugust Burns RedのJakeが参加って、文句なしの1000点!!王御所なのでみんなチェックしてるか・・・・



BDHWからの最新MVはFallbrawl の Darkness さすがの極悪ジャーマンビートダウンシーンの代表格、相変わらずのサグ感、最近は多くのバンドが4kでMVアップしてくれるから映像がほんとキレい!



Rise Recordsから5月に新譜が発売されるSecret Band というバンド、全くのノーマークだったんですがDance Gavin DanceのWillとJonからなるバンドなようですね、それだけで期待値は上がるんですが、 プログレッシブでテクニカル、モダンなポストハードコアサウンド、今作は2枚目になるのね!



Holy Roar Recordsらしい玄人が好みそうな轟音かつ美しいオルタナ~カオティックポストハードコアなモダンアートを感じさせてくれるサウンドのModern Rituals、ロンドンのバンドのようだ!



EntombedNecrophobicのメンバーらによるスウェディッシュ・デスメタルFIRESPAWNはCentury Media Recordsから6月にアルバム発売!Entombedってワード出たら期待しちゃうよね!



Equal Vision RecordsからAs Cities Burn!!懐い!プログレッシヴなエモとスクリーモを掛け合わせた無二のサウンド、は当時話題になったよね!初期のころからロック色強めたサウンドに深化しそのサウンドを引き継ぎながらもほんのり初期に戻っているあたりがたまりません!



Victory Recordsからは月の終わりに新譜が出るCarousel Kings、エモーショナルにキャッチーにギターフレーズが印象的、これは大化けしてブレイクの予感がするぞ!



Closed Casket Activitiesからはブルータルなサウンドを想像させるバンド名のHATE FORCE、なんとWEEKEND NACHOSにLike RatsやHarms Wayメンバーらによるバンド、ハードコア要素も感じさせるデスメタルになるのかな、ま、ハードコア好きも納得の期待のバンド、



Facedown Recordsからは5月の初旬にアルバム発売のMy Epic、アトモスフェリックかつスペーシーなサウンド、モダンエモーショナルロック、期待の1枚、前作よりもヘヴィーになりそうな予感!マジ楽しみ~!



Mr. Fat Mikeの立ち上げたソロプロジェクト、Cokie The Clownこの新曲ももろにNOFXなんだけど、エモーショナルにさらにメロディーに磨きがかかって近年のNOFXより好きかもwww



Invogue Recordsからあのクリスチャンポストハードコアバンド、Before Their Eyesが何年ぶりだろう?久々の新曲はポップパンクとも言えそうなサウンド、けどやはり彼らが持つメロディーセンスは相変わらず、新譜楽しみだな~!



Sumerian RecordsからはCHON、先日のPolyphiaといいCHONも新曲を公開!バカテクなのに爽やか、スタジオだと想像力が奪われるという理由でニューアルバムのギタートラックはすべて自宅で録ったようですね!今現在、事務所から桜を見ながら新曲を堪能してます!

SLAM WORLDWIDEでつい数時間前に公開されたENEMY MINDの新曲がやばいんだが!!ブルータルデスメタリックビートダウンハードコア、極上ブルータルな仕上がり、テンション上がる~~~~!



みんな大好きEnterprise Earth 、近年のデスコアアルバムの中でも群を抜いて好きな1枚になりそう、先週公開されたThe Failsafe Fallacy、できればもう少しマーチを増やしてください!!



Relapse RecordsからグラインドクラッシャーFull Of HellのBurning Myrrh!!!今回も狂気に満ちてます!5/17に日本先行でアルバム発売!しかも日本盤のみボートラ収録だよ!新しいマーチも楽しみにしててね!



ニューヨークはクイーンズ産タフガイメタリックハードコア、SWORN ENEMY!!!!4年ぶり6枚目のニューアルバムが6月に!!!MACHINE HEADのロブ・フリンでパーペキ!!何と言ってもSalのボーカルが最高なのです!!!



SWORN ENEMYつながりでとんでもないニュースが飛び込んできたのはもうご存知だよね!数多くいるNYHCバンドの~

Merauder 来日 2019

MERAUDER 11年振りの来日が決定!



これはもはや事件だね!生Master Killerで殺されてブラックホールに吸い込まれても良いレベルだwww今頃、日本中のNYHC好きが、ぶちアガっているんじゃないかと!最高なニュースですよね!


BlackflagINFESTに、先日発表され盛り上がってるSheer Terrorも日本へ来ちゃいます!!!、ハードコアがまた盛り上がってきた~~~!!!!
LM19413005-4



今日は興奮しすぎて寝れるか心配だww



では!


河内野






追伸:
MERAUDER好きはどうかわからないけど、同じくらいにびっくりした来日のニュースはノルウェーのブラックメタルバンド、EMPERORとともにDeafheaven来日!!!!なんなんこの連日届く衝撃的なニュース達は!最高です!!

【2019-01月部門】「Taitan」さんによる「August Burns Red」「disturbia」「Beartooth」グッズを使ったスタイリンング!【No.54】

TITAN2019-01-15



TITAN2019-01-17




TITAN2019-01-16








2019年一発目は「Taitan」さんのスタイリング写真!ありがとう!!ノスタルジックな駅内での一枚!昭和レトロなイスに座る「Taitan」さん、August Burns Redのダッドハット、Disturbiaの本格派アウターに大人気のショルダー、インナーにはBeartoothのフランネルシャツを装着、キックスもブラウンでダークなトーンの中に、レイヤードのホワイトシャツとブルーデニムでカジュアルに仕上げたコーデ、色のバランスが物悲しい駅内の背景ととてもマッチしている、お気に入りで固めただけでなくしっかりとスタイリングが考えられている、素晴らしいコーデです!キャップにジャケット、シャツの中にあるホワイトの使い方がうまいと感心しました!!

「Taitan」さん最高な写真ありがとう!




では!500円クーポンを発行させていただきますね!最新のバンドマーチのお買い物の際にぜひ使ってくださいね!





2018年のラスト12月は「ヘイ」さんのみの塔異なったので5000円クーポンは抽選することなく「ヘイ」さんに決定!確率は100%こんなお得な企画だが、まだまだ知名度が低いスタイリング写真投稿、今月は「Taitan」さんのみの投稿で5000円クーポンをゲットしてしまうのか?刺客が現れるのか?あなたからの投稿待ってるぜ!



※スタイリング写真投稿者全員に500円クーポンプレゼント中!
 
そして毎月1名に当たるクーポンですが

18年11月からルールが変わりました!写真投稿の数に関係なしに5000円クーポンを投稿者の中ら1名に抽選でプレゼントします!

さらに投稿が5件を超えると1件につき1000円アップ!6件あれば6000円10件あればなんと10000円クーポンにもなります!

投稿数が増えればクーポン金額がアップは変更なし1件でも5000円クーポンは1名に当たるってことです!

あなたからの投稿、楽しみに待ってるぜ!!!

投稿していただいた最高なスタイリング写真は一気にこちらのページから見れるからチェックしてね!投稿があり次第更新していきます!






あなたのバンドマーチスタイリング募集中!



あまり気にせず軽いノリ的なスタンスで参加していただいたら大丈夫ですよ!ただただ、仲間たちでバンドマーチ着用スタイルを共有したいんですよね!以前インスタにあげてた写真Facebookで使用した写真などでもいいし、少しくらいぼやけてても大丈夫っす!ww送っていただく内容も上半身だけだったらその他は空欄でいいしね。


・上半身のみでもOK
・顔が映ってなくてもOK
・バンドマーチは1点装着していればOK
・Positivedive以外で購入したアイテムでもOK

だからガンガン送ってみてください(^^♪

着用画像の送り先はinfo@positivedive.comにお願いします!

随時募集中!あなたからの投稿待ってるぜ!!

コピペして画像と一緒にメールで送ってね!(記入したくないとこは記入せずでともOKです!)



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■あなたのお名前:(ニックネームでも構いません)

■身長:cm 体重: kg(教えたくない方はなしでもOK!)

■トップスの名前とサイズ:

■インナーの名前とサイズ:

■アクセサリ(キャップ、バッグ、指輪、ネックレスなど)

■パンツのサイズやメーカー:

■スニーカーや靴などのメーカーやサイズ:

■最後にスタイリングのポイントを教えてください。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



着用画像の送り先はinfo@positivedive.comにお願いします!

あなたの2019年のスタイリング楽しみにしてます!

河内野

【ハードコアニュース】「NYHC」の重鎮のニューアルバムにゲスト参加したビルボード常連のロックスター!

sick of It All

早くも9月が始まったね、今年も残すところ3ヶ月、30歳を超えてからのスピードは高速ブラストビート並み、40台に突入するもあっという間だろう!このスピードがビートダウンすることなく人生は進んで行きそうだ。



毎年、言っているかもしれないが今年は特に最高な音源が発売されたり、まさかの来日公演が決定したりと、すざまじいスピードの中でもびっくりの連続を体感している気がする、個人的にも好きなハードコアシーンにおいては特に、というかハードコアが好きだから余計とそう感じるんだけどねww



ここ最近で一番テンションが爆上げしたのは記憶にも新しいMadballのニューアルバム発売からのSick Of It Allの新曲公開!





サウンドは言わずもがな最高!そしてMVのドラゴンはパワーメタルなイメージを受ける冒頭のアップから全体像はいつものドラゴンデザイン!タイトルは


“Wake The Sleeping Dragon!”


発売は11月2日

Sick of it all

映画のポスターのような仕上がり、下部にはメンバーが記載され、さらに下にはゲストの名が!!


ティム!!!まさか、Madballのニューアルバムと同じくランシドの?と思いきやなんとティム・マキルラス、そう!Rise Againstのヴォーカル・ギターであるティムなのである!!!
Rise against



それを踏まえ新曲もう一度聴くと・・・Rise Against感をほんのり感じない??ゲストだからね、プロデュースでもないから、思い込みだろうか?


さらにびっくり、もう一人のゲストはHot Water Musicのヴォーカル、チャック!!!なんなの、この渋い、いぶし銀がかったゲストは!!!最高かよ!!!
Hot Water Music



そしてゲストの横に記載されているのはプロデューサーの名前、 Jerry Farley、知識不足でさーせん、ピンときません!ということで調べた結果、Sick of It Allの前作Last Act of Defianceではエンジニアとして参加、さらに過去Jerry Farleyの携わった作品を見てみると、

PDBL1882071

何このメンツ、やばすぎる、ハードコアからヘヴィーロック、エクストリームメタル、まで幅広く多くの作品に携わっている敏腕プロデューサーじゃない!!!しかもまだ40歳だって・・・・すげ~~としか言いようがないとともに、Sick of It Allのニューアルバムへの期待がさらにググっと上がった!!!

そしてミックス&マスターはTue Madsen、ご存知の方も多いはず!

SOIA

いかにも敏腕ないで立ち、なんとMeshuggahDark TranquillityThe HauntedMnemicHatesphereEktomorfCataractExmortem、 に携わる激やば人物、 そしてあのBabymetalのアルバムもミキシング!Sick of It AllのNonstopにBased on a True StoryさらにDeath to Tyrantsでもプロデューサーとして携わっている、僕たちが好むバンドでは



・Heaven Shall Burn
・August Burns Red
・Earth Crisis
・Winds of Plague
・Born from Pain
・Suicide Silence
・Himsa
・Maroon
・Extol
・Caliban
・Knuckledust
・No Turning Back

などなど、メタルだけでなくメタルコアデスコアニュースクールハードコアまで携わる、っている人物なのである!期待せざるを得ないですよね、それを踏まえてもう一度聴いてみよう!!

Sick of It Allのニューアルバムに会いたくて会いたくて震えてきました。今この時点ではTERRORのニューアルバムよりほんの少しだけSick of It Allのニューアルバムが楽しみであるwww



・ニューアルバムのタイトルはWake the Sleeping Dragon!
・アルバムの発売は11月2日
・ゲストにはRise Againstのティムと
Hot Water Musicのチャック、
・プロデューサーにはジェリー、ミックス&マスターにはテュー・マッドセンということ!
・レーベルはCENTURY MEDIA



問題なのはCENTURY MEDIAからアルバム発売ってことで新しいマーチへの期待はできないってこと…トホホですね。




レジェンドたちも2018年はマジ熱い年だった、まだまだ進化を続けるMadball、あまり話題になっていないけど最高だったSLapshot、ぶれないストロングスタイルのWisdom In Chains、今週末にはSuicidal Tendenciesでしょ!レジェンドとはまた違うけどハードコアの代名詞のTERROR、そして11月にSick Of It Allもう一度言う!

最高かよ!!

震えて待て!!!!

では!

河内野

追伸:
最後はH2O “What Happened?”でお別れです!

【人気バンドが続々と発売している〇〇】人気爆発する前に狙え!

RR18525053

高校の時にハマったのが服、ファッションである、買うよりも作るほう。


近所にある生地屋でたくさんの生地を買い、パターンの雑誌を買うか、好きなシルエットの服をばらしパターンを作成するか


総柄の派手な生地に、サイドにはイエローのリフレクターのラインを入れたシャツとパンツのセットアップを作成し自慢げに着用し街を闊歩していたこともあった、雑誌にも掲載されたこともある・・・と自慢してみる。

自分のブランドを立ち上げる!!そんな夢を見ていた時代、オリジナルのタグを作成したいとミシンでブランド名を刺繍する、そのタグを作成した服に装着し完成。


細かいことはできないけど自身が作ったブランド名を無地のシャツに刺繍しては喜んでいた当時、自分だけが知っている自分のブランド、完全に自己満足だがww



そんなことを思い出させてくれたのは最近のバンドマーチのアイテムのデザイン、2017の半ばからジワジワと増え現在では多くのバンドから登場している刺繍ロゴのアイテムである。

グッチのブートレグ風のデザインを販売したりとストリートのトレンドにも敏感なStay Sickは春夏コレクションで多くの刺繍ロゴを発表!

Stay Sick





シドニー産Hopeless Records所属のポップパンクバンドWith ConfidenceからはピンクのボディーにBetter Weatherにも描かれている太陽と雲のアイコンの刺繍ロゴ

With Confidence/ウィズ・コンフィデンス



知名度も人気も急上昇中のWaterparks/ウォ-ターパークスからは 18年一月に発売されたアルバム「Entertainment」に収録されているヘヴィーな曲「Tantrum」、曲名がレッドのボディーにゴージャスな刺繍で 描かれた一枚!Fear of Godなどを連想させるストリートなフォントの刺繍ロゴと絶妙な配色!

Waterparks/ウォ-ターパークス



ニューアルバムも楽しみなHopeless Records所属のポップパンクバンドTrash Boat! ロゴはアルバム「Nothing I Write You」でも描かれている 指先がロウになり燃えているおなじみのアイコンの刺繍デザイン!

Trash Boat/トラッシュ・ボート



こちらもアルバム発売が楽しみなニューヨーク産Pure Noise所属のポップパンクバンド、ステチャンことState Champs、アルバムAround The World And Backのジャケットのアイコンの刺繍が胸にワンポイント、バックにはさりげないバンド名、このさりげなさがグッド! シンプルな刺繍デザイン!

State Champs /ステイト・チャンプス

きりがないんでこの辺にしとくけど、



No Zodiac/ノー・ゾディアック
The Acacia Strain/アカシア・ストレイン
August Burns Red /オーガスト・バーンズ・レッド
Between the Buried and Me / ビトウィーン・ザ・ベリード・アンド・ミー
Dillinger Escape Plan/デリンジャー・エスケイプ・プラン
Stick To Your Guns /スティック トゥ ユアー ガンズ
Counterparts /カウンターパーツ
Trophy Eyes /トロフィー・アイズ
TERROR / テラー

などなど多くのバンドから発売されているんですよね!




一見では何のバンドかもわからない、自分だけが「わかっている」もしくは趣味の合う仲間だけがわかってくれる、そんなひそかな喜びを味わえるアイテムなのだが・・・


本音を言うと、そこまで人気があるわけでもないんです・・・
※僕は2枚所持しています(完全限定アイテム)


この刺繍ロゴ「なぜ人気が出ないのか?」その理由を考えてみた。




・何のバンドかわからない
・シンプルすぎる
・インパクトがない
・主張がない
・シンプルすぎるアイテム慣れていない


考えつくのはそのあたり、けどさ考えてみてよ、何のバンドかわからないこそ、さっきも言ったけど、自分だけが「わかっている」もしくは趣味の合う仲間だけがわかってくれる、そんなひそかな喜びを味わえるアイテムなんだよね!

といっても全く人気がないわけじゃなく先見の明がある人はすでに取り入れているんですよね、購入してくれた方には特に何も言っていないけど、心の中で「さすがです!」とつぶやきながら発送しているww

普通のプリントもいいけど、1枚持っていても絶対に損はないアイテムだからぜひあなたも刺繍ロゴ取り入れてみてください!

生産数も少なめ、僕が入手できず一番後悔しているのはこのアイテム!

ネックディープ

オリジナルのタグも装着してるし、ネックディープ好きだからこそわかる刺繍デザイン、マジ後悔でしかない!!!



柄のボタンシャツを合わす
キャップにインパクトがある
派手なパンツをはいている

そんなスタイルにもぜひ刺繍ロゴTを!


河内野

追伸:

まだまだ数は少ないからさ、手先が器用な人は自分が持っているバンドTシャツにトレンドのフラワーの刺繍をミックスさせてもいいかもね!

最強ボリュームを誇るWarped Tour「ワープドツアー」のコンピレーションも今年で最後!

ワープドツアー2018

昨日に引き続き今日も夏日ゴールデンウィークなんてなかったけどまさに5月病、体が重い・・・ただ食べ過ぎているせいでもあるが、この憂鬱な気分を解消してくれるのはやはり音楽である!

やっぱりこの時期、夏といえばメロディックハードコアに、ポップパンクだよね、やはりこれから始まるワープドツアーのイメージが夏、パンクバンドだけじゃないんだけど、やはりワープドの印象はパンクなんだよね、毎年楽しみにしている、とてつもないボリュームのコンピレーション・アルバムが6月に発売。

ワープドツアー

The Warped Tour 2018

発売日は6月の22日、約1月後だね!何が楽しみってこのボリューム、Neck Deepのジャケだった去年は50曲収録、今年は51曲、今年はTonight AliveのヴォーカルJennaがジャケットを飾る!
今年も一枚目はメロディックなバンドが多く2枚目はポストハードコアやメタルコア、ハードコアなどが中心、ここコンピで知れたバンドも数多くいる、まさに入門編なアルバム。



毎年の夏前の楽しみの一つなのである!

来年も

再来年も


その次の年も



当然、このコンピ買うよね・・・って

ワープドツアー今年で終わるんだった・・・


僕と同じく毎年このコンピレーションを楽しみにしていた仲間も多いはず、実際にワープドにはいけないけどこのコンピを聴いて、ほんの一ミリでもワープドに参加している気分を味わっていたが、それも今年で終わり、「始まりがあれば終わる」とても悲しいね・・・


「当たり前を続けるのって難しいですよね!」by石田ゆり子さん



悲しみはいったん置いといて、このCDに収録できる限界時間のフルヴォリュームな中身を見ていこう、収録曲はこちら!



1枚目の収録アーティスト/曲
1. Tonight Alive(トゥナイト・アライブ) – “Book of Love”
2. Senses Fail(センシス・フェイル) – “New Jersey Takes, The World Makes”
3. Real Friends(リアル・フレンズ) – “Get By”
4. Knuckle Puck(ナックル・パック) – “Double Helix”
5. State Champs(ステイト・チャンプス) – “Slow burn”
6. Sleep On It(スリープ・オン・イット) – “Distant”
7. Story Untold(ストーリー・アントールド) – “All the Same”
8. Mayday Parade(メイデイ。パレード) – “Jamie All Over”
9. This Wild Life(ワイルド・ライフ) – “Headfirst”
10. The Maine(メイン) – “Black Butterflies and Déjà Vu”
11. Palaye Royale(パレ―・ロワイヤル) – “Get Higher”
12. Doll Skin(ドール・スキン) – “Baby’s Breath”
13. Don Broco(ドン・ブロコ) – “Stay Ignorant”
14. Picturesque(ピクチャレスク) – “New Face”
15. Simple Plan(シンプル・プラン) – “Boom!”
16. The Interrupters(インタラプターズ) – “She Got Arrested”
17. Shiragirl(シーラガール) – “Get Em Hot”
18. Less Than Jake(レス・ザン・ジェイク) – “Things Change”
19. Broadside(ブロードサイド) – “Paradise”
20. Assuming We Survive(アスーミング・ウィー・サヴァイブ) – “California Stoned”
21. Makeout(メイクアウト) – “Crazy”
22. With Confidence(ウィズ・コンフィデンス) – “Keeper”
23. Summer Wars(サマー・ウォーズ) – “End of an Era”
24. Grayscale(グレースケール) – “Let It Rain”
25. As It Is(アズ・イット・イズ) – “Austen”
26. Four Year Strong(フォー・イヤー・ストロング) – “For Our Fathers”



2枚目の収録アーティスト/曲
1. Ice Nine Kills(アイス・ナイン・キルズ) – “Nature of the Beast”
2. August Burns Red(オーガスト・バーンズ・レッド) – “King of Sorrow”
3. Motionless in White(モーションレス・イン・ホワイト) – “Voices”
4. Asking Alexandria(アスキング・アレクサンドリア) – “Where Did It Go?”
5. Issues(イシューズ) – “Coma”
6. Every Time I Die(エヴリ・タイム・アイ・ダイ ) – “Glitches”
7. Wage War(ウェイジ・ウォー) – “Stitch”
8. Knocked Loose(ノックド・ルーズ) – “My Heroes”
9. Chelsea Grin(チェルシー・グリン) – “Four Horsemen”
10. In Hearts Wake(イン・ハーツ・ウェイク) – “Passage”
11. Nekrogoblikon(ネクロゴブリコン) – “Mold”
12. Twiztid(ツイズティッド) – “Nothing to You”
13. Kublai Khan(クビライ・カーン) – “Split”
14. Phineas(フィニアス) – “I Saw The Bombs Fall”
15. Dayseeker(デイシーカー) – “Cold, Dark Winter”
16. Sharptooth(シャープトゥース) – “Rise”
17. Crown The Empire(クラウン・ジ・エンパイア) – “Zero”
18. Trash Boat(トラッシュ・ボート) – “How Selfish I Seem”
19. Dead Girls Academy(デッド・ガール・アカデミー) – “I’ll Find A Way”
20. Farewell Winters(フェアウェル・ウィンターズ) – “On A Light Note”
21. Capstan(キャプスタン) – “The Wreath and The Follower”
22. The Amity Affliction(ジ・アミティ・アフリクション) – “This Could Be Heartbreak”
23. Movements(ムーブメンツ) – “Full Circle”
24. Hail the Sun(ヘイル・ザ・サン) – “Suffocating Syndrome”
25. Waterparks(ウォーターパークス) – “Lucky People”


相変わらずなヴォリューム、毎回大満足、いろんなバンドが収録されているから車のBGMとして流し、「おっ!」と思う部分があれば信号待ちなどでCDジャケットを取り出し何のバンドかをチェックする、そしてそのバンドの音源を購入するのがワープドコンピの楽しみ方、一連の流れ、この楽しい流れも途絶えるのかと思うと結構なショックである。夏の風物詩、花火が無くなるような、大げさでもなく本当に毎年楽しみにしていたからね・・・自分の中では当たり前に思っていたけど50バンドも集めコンピを作成するってすごいことだよね、ワープドのコンピにはマジで感謝でしかない!今までありがとう!!!




今回は収録されているバンドの中から夏前ってことでメロディック、ポップパンクバンドのMVを貼ってを感じていこう!※コンピに収録されていない曲でね!



Real Friends – “Loose Ends”




Knuckle Puck – Gone




State Champs “Dead And Gone”




Sleep On It “Fireworks” (ft. Derek DiScanio)




Story Untold – In Or Out




Doll Skin – Let’s Be Honest




The Interrupters – “She’s Kerosene”




Less Than Jake “Bomb Drop”




Broadside – Hidden Colors




Assuming We Survive – Better Without You




MAKEOUT – Ride It Out




With Confidence – Voldemort




Summer Wars – Something To Call My Own




Grayscale – Atlantic




As It Is – Speak Soft




Four Year Strong “Who Cares”






夏が迫ってきたぜ!!!

、感じれた?一番好きなのはハードコアだけど、夏は絶対にメロディック、ポップパンクです!



Less Than Jakeのようなスカ要素あるバンドも「ザ夏!」って感じするけど、僕のお気に入りはSummer Warsとイージーコア寄りのSummer Warsだね!



Summer Warsは、Neck DeepやAs It Is にTonight Alive等のマネージャーを務めるMichael Kaminsky が去年立ち上げたAdventure Cat Records所属だね、ポップパンクではにけど同じくレーベルメイトのポストハードコアバンドCapstanも注目のバンドだね!



ここ最近は帰り道海岸線を車で走りお気に入りのビーチでアイフォンに入れたポップパンクを大音量(ヘッドフォン)で聴くのがマイブーム、夏に向けて新しい音源を購入したいんだけどさ、そこのポップパンクマニアよ、あなたのおすすめバンド教えてくれてもかまわんよ!!

河内野