【待ってた】2018年初頭「ハードコア」オススメのリリース情報

B180125004

こちら京都舞鶴は大雪、約60cmの積雪、2時間ほどかけての雪かきで腰がスクリームしております。


最近でもないけど特に1月後半からハードコア熱が急上昇中、その理由はKnocke Looseの来日のおかげ・・・・

行ってねーけど!!


FYSとともにチケットを取るも行けず、この年になればいろいろあるんですよ(言い訳)といってもそのチケットは友人に譲りしっかり参戦してきてもらいましたよ!その友人にリアルタイムでインスタでライブ配信もしてもらったんだけど、音はバリバリ、ぐちゃぐちゃ、何を見せられているのかも理解できないくらいのライブ配信でしたww
後日にその友人が言った言葉。

「ピットが地獄」

とんでもなく盛り上がったんだ,
ということがすごくわかる言葉、その友人はずっと「アウッ!アウッ!」と、口癖になっています、行けなかった悔しさで「アウッ!アウッ!」を聞くたびにイライラしてますw


この「アウッ!アウッ!」KLファンならすぐにわかりますよねww


Pure Noiseってこともありポップパンク好きのお客さんたちからハードコアライブに始めていくお客さんなどと結構な数参戦したようで。

・ハードコアが好きになりました。

これからハードコアガンガン掘り下げていきましょう(^^♪

・ピットの治安悪すぎて、帰り道自分が強くなった気がしたんですが、コンビニにたむろしているDQNからしっかり目線をそらしました!!

めっちゃわかります、僕だったら妄想でDQNをボコボコにします、妄想でねww

・多ジャンルのライブよりオシャレな人が本当に多かったイメージでした!あとインフルエンザもらっちゃいましたww

ほかのジャンルのライブはあまり参戦できていないんですが、なんとなくわかりますよ!ハードコアキッズはファッションのアンテナも高いですよね!あとお大事に!





ハードコアライブの雰囲気、空気感ってホント独特ですよね、ハードなピットは完全イカレていますもんねwwこのままハードコアも好きになってくれたらマジうれしいです!



すんません完全に脱線してますね、ハードコア熱が急上昇ってことで今回は

注目のハードコアバンドのニューリリースを紹介!

Twitching Tongues

Twitching Tongues – Gaining Purpose Through Passionate Hatred
ニューアルバムが3月にリリースのTwitching Tongues、ハードコアの枠を超えてクラシックなヘヴィメタルサウンドをクロスオーバーしたサウンドが特徴的、新曲ハラキリも最高、18年度の10枚に入るかもしれないほど期待しているアルバムです!ジャケも最高!







HARM'S WAY

HARM’S WAY – POSTHUMAN
Death WishからMetal Bladeに移籍後初となるHARM’S WAYからPOSTHUMANが2月初旬に発売!超重量級のブルータルメタリックハードコア、美しいじゃけデザインからサウンドの進化はあるのか?早く全曲じっくり聴きたい期待の一枚である!








HARM'S WAY

Vein – SELF DESTRUCT
すでに発売はされているがThis Is Hardcore Fest17の出演で強烈なインパクトを残したブレイク必須Veinのep.
ブチ切れシャウトにメタリックでノイジーなギター、不協和音、カルト的な効果音など完全にぶっ飛んだバンドが誕生です!フルアルバムが一番楽しみなバンドである!







Stone

Stone – Inch of Joy
元ExpireのギタリストZachによるハードコアバンド、ハードコア界隈でも注目のバンドがついにフルアルバム発売、しかもPure Noise Records、Knocked LooseやTerrorとレーベルメイトだね!レーベルのプッシュもありブレイクするか!?グルーヴィーでモッシーでメタリック、マチガイナシ!







American Nightmare Self-Titled

American Nightmare – Self-Titled
これまたまさかのニューアルバム発売!!!15年ぶり!!さらにRise Recordsって!!初めてこのニュースを目にした時は目を疑ったね、そしてようやく2月の半ばにセルフタイトルで発売!!オールドスクールにほんのりとメタリックを足し若干のエモさハードコアパンクな疾走感、モダンオールドスクールハードコアパンク!ワクワクが止まらない一枚!WesはCold Caveでも活躍してるよね!








Turnstile

Turnstile – Time & Space
大出世!Code Orangeと同じくRoadrunnerに移籍、アルバムTime & Spaceは2月の23日に発売、ハードコア好きなら誰もが知っている現行ハードコアシーンの中でもNo.1の人気、来日も経験で日本でも爆発的人気のTurnstile、すでに新曲も数曲公開でハードコアの枠を超えて人気が爆発しそうな予感です!今作も国内版が発売されたらうれしいな!







Wolfpack Loathe

Wolfpack – Loathe
おフランスはパリ産ビートダウンハードコア、アルバム「Loathe」は3月に発売!前作はEurogy、今作はBDHW、まだ新曲は公開されていないがユーロ圏内ならではのThugいへヴィーサウンドに鉄板のビートダウン、そしてメタリック、ニューアルバムではさらに進化しているのか!気になる!







BDHWつながりでいうと新曲の安定感もッパなかったBORN FROM PAIN、そしてビートダウン系では何よりも楽しみなのがWORDS OF CONCRETENasty好きだったら間違いないんだけどそれだけじゃなくドラマチックな要素もプラスさせているあたりがツボなんですよね、アートワークもまだ発表されていないけど新曲が公開!





Die Young

Die Young – The God In Which We Suffer
テキサス産、Good Fight Musicから2月初頭に発売されるニューアルバムThe God In Which We Suffer、ミリタント・ヴィーガン・ハードコア!ミリタントでメタリックでありモッシー、ハードコアのいろんな要素が楽しめる最高なバンドだと、新曲も数曲公開、







ハードコアも本当に幅広いですよね、気にったバンドから徐々に掘り下げてあなたが本当に好きなハードコアバンドが見つかると嬉しいな!

なんの発表もないけど、TerrorAgnostic FrontMadballあたりが今年に新譜出してくれないかな~(切望)

僕の周りのハードコア好きは「え、そんな曲あった?」ってよく突っ込まれるんだけど、しっかりepもWisdom In Chainsとのスプリットだけど発売しているんだけどな~!最後はMadballのFor the Causeでお別れです!

河内野

追伸:
そうだ、ハードコアじゃないけどSleeping giantの新譜も発売だね、解散が決定しているのが悲しい・・・・

【17年度】「ktさん」が選んだ2017年度「最強な10枚!」【No.11】

KT170105001

終わりが見えない「俺の10枚」2017ヴァージョンですが今日も相変わらずぶっ飛んだ作品が登場!、10枚をもう一回やり直したくなるくらいの名作が登場しています、あのハードコアバンド忘れてた!!!



今回はKtさんが選んだ極上の10枚を紹介するぜ~~!!



BLG161201052-0

BLG161201060

1枚目:Ocean Grove – アルバム:「 The Rhapsody Tapes

オーシャングルーブ





2枚目:FIRST BLOOD – アルバム:「Rules

ファーストブラッド





3枚目:Brutality Will Prevail – アルバム:「In Dark Places

ブルータリティーウィルプリベイル





4枚目:TIGER – アルバム:「ROUGH IT

タイガー





5枚目:A Lot Like Birds – アルバム:「DIVISI

ア・ロット・ライク・バーズ





6枚目:Head North – アルバム:「The Last Living Man Alive Ever In The History Of The World

ヘッドノース





7枚目:Captain, We’re Sinking – アルバム:「The King of No Man

キャプテン・ウィア・シンキング





8枚目:No Warning – アルバム:「Torture Culture

ノー・ウォーニーング





9枚目:Amenra – アルバム:「Mass VI

アメンラー





10枚目:Friendship – アルバム:「HATRED
フレンドシップ





BLG161201052

ktさんが選んだ2017年の最強の1枚
First Blood の 『Rules』でした!

ファーストブラッド





BLG161201053

ktさんが選んだ2017年の最強の名曲
SLOPEGoodbye Mr. Dandyでした!





BLG161201054

Fazerdaze – Lucky Girl





BLG161201055

Power Trip / Nightmare Logic

パワートリップ





BLG161201057

American NightmareのChampion Hoodie

レッドのカレッジロゴのパーカーでしょうか?まさかのRiseからのアルバム発売にファンは歓喜しているでしょう!僕もその一人、18年度の「俺の10枚」にランクインしそうな予感です!新しいマーチも発売、Riseってことで取り扱いもできる、コンプリートするくらい大ファンだからマジ楽しみです!!





BLG161201059

『スプリット 』/ M・ナイト・シャマラン監督


ここ近年のシャマラン監督はハズレなしですね!

3人の女子高生ケイシー、クレア、マルシアは、クレアの誕生日パーティーの帰り道、見知らぬ男に拉致され、密室に監禁されてしまう。

そこには神経質な雰囲気を漂わせた1人の男がいた。ケイシーたちは男が部屋から立ち去った後、脱出する方法を必死に考える。

すると、ドアの外から男女の会話する声が聞こえてきた。ケイシーたちは助けを求めて声を上げるが、そこに現れたのは、女性の服に身を包み、女性のような口調で話す先ほどの男だった。

その男は何と23もの人格を持つ多重人格者で、堅物で潔癖症なデニス、品格のある女性パトリシア、9歳の少年ヘドウィグと、人格が次々と激しく入れ替わっていく。そして、24番目の人格”ビースト”が現れた時、ケイシーたちは絶望の淵に追い詰められるのだった。





1枚目はモダンヘヴィーネスを取り入れたオージー産バンドOcean Grove、 UK産ブルータルメタリックハードコアBrutality Will Prevail 今作もジャケットのセンスが爆発してます!今作もとんでもない破壊力でした!


そして大阪ハイブリッドハードコアTIGER、ノリノリのグルーヴにモッシュブレイク、日本語詞のラッピング、ここ最近のニューメタルなバンドが好きならTIGERも間違いなしでしょう!


プログレッシブ・ポストハードコアバンドA Lot Like BirdsのDIVISIはテクニカルでカオス全開ながらドラマチック、完全に無二な名作でした!


エモ/インディーロックバンドHead Northは心地よくも胸熱なエモーショナルなサウンド、ボーカルの掛け合いもいい感じです!


90’sなエモ/インディーロックを感じさせる渋めのエモ・サウンドがたまらなかったCaptain, We’re Sinking


そして僕が1位にえらんだNo WarningのTorture Cultureがランクインってのもうれしい!


そしてジャケットアートが印象的なAmenra、激情カオティック・ポストメタル・バンド、ベルギーではカリスマ的人気、僕はDeathwishつながりで知ったバンド、ドス黒さに悲壮感、Neurosis好きなら間違いないね!


そして暗黒で疾走するDビートがたまらないパワーバイオレンス、全てを塗りつぶす高密度の暗黒音っていうのがぴったりなバンドFriendship、NAILS、FULL OF HELL、のアルバムよりも個人的に好きです!2017年アンダーグラウンド大賞は間違いなくFriendshipの HATREDでしょう!!!

そしてktさんが選んだ2017年の最強の1枚First BloodのRules、前作からは7年、待ちに待ったハードコアの決定版、今作も、メタリックでブルータルな重戦車ハードコアサウンドはもはやモッシュコアの黄金比、最強な一枚でしたね!そしてktさんが選んだ名曲、SLOPEのGoodbye Mr. Dandy!!BDHWのサンプルCDの1曲目をかざったくらいの名曲、キラーチューン、キャチーかつメタリックかつハードコアクラシックの良さも感じれる名曲でした!


最強のMVにはニュージーランドから美しい宅録ギターポップ女子 Fazerdaze!!全く知らなかったアーティスト、まず「かわいい!」そしてレトロな映像、脳裏に記憶されるリピートされる映像、シャレオツです!来日も果たしているんですね!アルバムジャケットにはPower Trip の Nightmare Logic、前作のManifest Decimation同様、ドロドロとした暗黒世界が広がる、油絵のようなタッチってのもポイント、これはLPで持っておきたい一枚である!



ktさん、最強な「俺の10枚」ありがとう!



では次回もお楽しみに!

「俺の10枚」まとめてみたい方はこちらをクリック!

【春コーデ】カウンターパーツのコーチジャケット、コールドケイブの長袖シャツ装着で福井県小浜市にある久田の里森林公園に行ってきた。

Counter parts

春が近づいてきたってことで今回はCold CaveのホワイトのロングスリーブシャツにCounterpartsのコーチジャケットを装着し福井県小浜市にある久田の里森林公園に行ってきた。

今回も完全B級観光地、いつも大自然に囲まれている僕には刺激がない場所wwてかネットで調べてきた場所だから若干の期待はあるのだが、看板を見ても…………

Cold Cave

春も近づいてきたからさ春コーデを意識して薄手出来てしまった……この公園は山の上部、気温は4度、寒すぎる。

駐車場に車を止め早速公園の中心部へと、まず見えた吊り橋の手前には「クマ注意」ここ最近マジで熊が出没するらしい、若干ビビり始めた河内野であった。

カウンターパーツ

なかなか立派な橋が掛かっているが強烈な冷風が体を突き刺す、早く春よ来い!

コールドケイブ

さすがの上流、川は結構な深さがあるにも関わらず透明感はアイドル並!夏はアユなど釣れそうである!

コールド・ケイブ

川を渡るとそこには、超絶にしょぼいアスレチック、BBQができそうな広場があった。一応遊んでみた。らせん状の滑り台、

Counterparts マーチ

いつぶりだろうか、ブランコって楽しいね、となりに誰かがいればもっと楽しいのに……ボッチは寂しい。

Counterparts Tシャツ

思いのほか楽しんでますww大自然を眺めマイナスイオンを感じてます。

Counterparts キャップ

さてさて、ご自慢おアイテムを紹介しよう。今日のコーチジャケットはCounterparts,CPのオールドイングリッシュがかっこいいでしょ?軽くて着脱しやすいコーチは最高だね、さらにデザインが最高にイケている!お気に入りのアイテムである。

Counterparts コーチジャケット

バックデザインはお馴染みのアートデザイン、大自然にも大都会の街並みにもマッチする主張しすぎないナチュラルな最高のデザインだ。

サイズはMサイズを装着、(店長173cm 70Kg)実はLサイズを注文したのにMサイズが届く、メーカーよ毎回サイズ間違いが1点以上あるんだが、頼むぜ!!とは言ってもMサイズでジャスト、若干僕の体型だと腕周りがきついかな。

カウンターパーツ ジャケット

インナーはCold Caveのホワイトロングスリーブ(XLサイズ)を着用。フィラデルフィアとNYを拠点とするニュー・ウェイヴ~テクノポップを織り交ぜ、芸術性を持ったロック・バンド、 ボーカルはなんとボストン・ハードコアレジェンド、American Nightmare、 Give Up the Ghostのウェスリー!!

Cold Cave – Confetti

世間のストリートファッションでも流行の袖プリントのロングスリーブ、流行りのルーツは完全バンドマーチなんだけどね!春も迫っている!ってことでホワイトのロングスリーブを装着!

コーチジャケットを脱いだ時に袖のプリントでシャレオツ感をアピールできる、かっこいいジャケット脱いだらダサいインナーだったらガッカリだもんね!

コールドケイブ ロングスリーブシャツ

小さい橋を渡る、バンドやっているならこういう大自然の中でPVを撮ってみたい、カラフルな煙を出して演出したりね!あるあるだよね!

カウンターパーツ グッス

大きなサークル状の広場の中心で宇宙と更新している図、ちょっとしたフェスもできそうな広場である。

デスウィッシュ

美しい川の堤防前、ドカンの上で一枚、コーチとロングスリーブでレイヤード!

レイヤードコーデ

コーチジャケットはストリート感、スポーツ感が強くさらりと着こなせる、そこに最高なバンドマーチのデザインが落とし込まれる。マストなアイテムだ!年中愛用できる使えるブツなんだがやはり春先に一番バッチリとハマるアイテム、お花見そしてGWも愛用するであろう!僕のストックでは18枚もコーチジャケットがタンスに眠っている!これから毎日違うデザインで春コーデを楽しむぜ!

デスウィッシュ

特に目立った場所がないから川の付近まで降りてみた。指差す橋がわたってきた場所である。

Counterparts パーカー

春コーデできたがまだまだ寒い、早く帰って暖まろう。

カウンターパーツ 長袖

今日の着用アイテム。

バンドマーチ

そうそう、あなたのスタイリング随時募集中です!毎月1名様に1万円のクーポンプレゼント中!次回は4/1に当選者発表するね!

スタイリング

撮影場所

撮影で着用したアイテムについて

Terrorのジャケットを着て、かつてMadballのパーカーやKnuckledustのパーカー、Cold WorldのTシャツを着て何度も遊びに行ったあの場所に再び行ってきた。

今日はテラーのスタジャン風ジャケットで決めて福井県高浜町にある五色山公園に行ってきたよ~。

そろそろ桜が咲く季節だな。

こちらはまだ一分咲き、満開まではまだ時間がかかりそう。

坂道をゼイゼイいいながら印の部分までやって来た。

今日はあいにくの雨だけど、暗黒な感じがしてこんな天気も嫌いじゃない。

晴れたたらこんな感じできれいな景色が楽しめます(↓)。

この場所、実は3年ほど前にMadballのパーカーを着て遊びにきた。

その時の動画(↓)


動画が見れない場合はここをクリック

Knuckledustのパーカーを着て遊びに来たこともあるぞ(笑)

動画が見れない場合はここをクリック

月日が経つのは本当に早い。
よし!坂を下って、いつものところを目指すぞ~。

坂道を下って一休み。

今日はテラージャケットの赤に合わせて
スニーカーも赤黒のエアーマックスで決めてきました。

KOTFと最新作6枚目となるアルバム「Live By The Code」がダブルで
デザインされた珍しいアイテム。

テラーといえば、やはりこのイーグルの紋章だ!

バックもこの広範囲にプリントされたハードコアなデザインがたまらない。

主張する赤がメインカーラーなので、パンツは淡いグレーを使用。
足元と上半身がはっきりするでしょ?

坂道を下っている時は頭の中で新曲Hard lessonがぐるぐると流れる。

LPプレーヤーはもってないけど、最近のLPには音源をダウンロードできる
クーポンが付いているから嬉しい。

日本版はいよいよ4月3日に発売だね!
来週だよ、来週!!!

待ちきれな~~~い!!!!

さて、ようやく地図の部分までやってきました。
ここからの眺めも絶景です。

現在地を確かめています。

アスレチックで楽しんでおります。

この球体はもしや?!

そうです、ここもお気に入りの場所でよく来るところです(笑)。この時は、Cold WorldのTシャツを着てた。


動画が見れない場合はここをクリック

ほんと好きな場所なんですよね(笑)

晴れた日にはラジカセ持って大音量でハードコアを流す。

周りに家はないから迷惑にもならないし最高の癒しスポットです。

楽しぃ~~ぜ!

雨がひどくなってきたので雨宿り。

テラーのジャケットはこのリブのラインがたまりません。

インナーはBetrayalのTシャツ。
赤ロゴがジャケットと合ってるでしょ?

今日は赤がメインだけど、ブラックコーデをする際は
さし色に赤を持ってくるのが良いね。

ちなみに、このBetrayalシャツはアメリカン・ナイトメア(ギブ・アップ・ザ・ゴースト)ロゴのリップオフ。
気づいた?!

隠されたデザインで仲間と語るのも楽しいよ。


動画が見れない場合はここをクリック

このジャケットも、リミテッドアイテム(限定品)だからテラーファンのあなたは見逃さないようにね!
僕は、ジャケットはMサイズ、TシャツはXLサイズ愛用してます!(店長:173cm、70kg)

雨が止まないから今日は帰るかなぁ。

テラーの新作、本当に楽しみだよね。


動画が見れない場合はここをクリック

次はサクラが満開だったら桜をバックにいっぱい写真を撮ってくるからね~!

今日のビックリマン伝説

名称:反省四天王
種類:天史
レア度数:★★☆☆☆

星2つッ!

河内野

撮影場所

撮影で着用したアイテムについて